« キッチンセミナーお疲れ様でした・・・そしてその時は100%来ます。 | メイン | 眼鼻からの汗・・・あぁ〜ありがたい! »

刮目相待・・・かつもくそうたい

ありがたい反響続々です。弊社の学びは、どうも参加者の皆様をバージョンアップする力がある様です。人の行動が進化する力!!!親でも変える事が出来なかった若者を激変させる気付きの力と思います。

「男子三日会わざれば刮目して見よ。」原文は、「士別れて三日なれば刮目して相待(そうだい)すべし。」 これは中国の古典三国志の中の出来事です。

男子は気付きを得て、学問を希求すれば・・・あっと云う間に別人の様に進化しているから目を見開きよくよく見なさい!!!

注;「刮目」(かつもく)は、目を擦(こす)ってしっかりと見開いて良く見る
  「相待」(そうだい)二つのものが互いに相対関連して存在すること

学び、学び、死ぬほど学ぶと・・・その先に貴方だけの”天命”が見えてくるようになります。そうするともうその人間の求学の意志の爆発となります。あっと云う間に知識や哲学やスキルや行動力は爆発的にバージョンアップします。

戦う相手はどこまで行っても自分自身です。今の自分自身との闘いです。否、今を否定できない人に進化などあり得ないのです。否とはとてもシンドイ事であり、辛い事です。簡単な表現で言えば・・・今の自分ではまだ、まだ、まだ!!!だ!!!さらにさらに高みを目指さなければ生きてる意味がないと思える心境です。

私には刮目相待する若者が複数居ます。私が26歳の時わが師により気付きを得て、否を積み重ねて死ぬほど学び今がある様に多くの若者に生きる事は学ぶ事の原理原則を大切に生き抜いて欲しいと思います。それは・・今の若者が進む未来は私が進んできた年月の何倍も苦難(つけを払う時代)に満ちた時代だからです。

注;刮目相待とは・・・人の著しい進歩や成長を待ち望むこと

悲しい事に世の常識と云う呪縛を長年積み重ねると人は気付きを得る事がだんだん、だんだん、出来なくなります。60歳を超えて常識の呪縛にがんじがらめになった高齢者はもう・・・気付きを得て自己否定することなど・・・恐ろしすぎて普通は出来ません。60有余年と云う歳月をゼロにする事などとんでもなく恐ろしいことです。自殺するに等しい心理状態となります。

しかし、昨日のセミナーはこの60歳オーバーの人さえ・・・変化、進化が起きたとの報もありました。確率1000万分の1の事象かも知れません。

心が柔らかな内に・・・出来るだけ早く一刻も若い年齢で気付きを得る事が重要なのです。つまり、今が一番大事、今変われ(進化)ない人は一生変わる(進化)事などできないのです。

どの様な学びを得ても・・・今度やろう、時間を見つけてやろう、またやろう、暇になったらやろう!!!なんて人間は死ぬまで現状維持どころか死ぬまでコモディティーの洗礼を受けて・・・死ぬときはぼろ雑巾のごとくです。カスとしての死

私も39年前に気付きがなければ・・・カスとして今を生きていた事でしょう。

人生はどこまで行っても・・・運・・・です。どれだけ努力しようが運が無ければ意味がありません。運とは気付きで有り利他心そのものです。

神様はいかなる人にも公平に運を運んできてくれています。それに気付くも、気付かないも人それぞれです。

ほんのちょっとの差が・・・天と地ほどの差になります。素直な心が無い人は気付きを得る事は無いのかも知れません。

即今充実・・・良い出会いを・・・素直なこころで!!!