2015年08月03日

蜂の巣の撤去

本日も午前5時より・・・庭の自動水やり機の増設をして居たところ・・・なにやらアシナガバチがブンブン飛び回り始めました・・・よくよく見ると庭の植え込みの中に大型の蜂の巣が一つ(直径約15センチほど)一斉に蜂が飛び回りだし、その数約30匹・・・フー・・・早々に自宅の中に退避

フマキラーを取り出し蜂と応戦・・・最近のフマキラー蜂でも効く!!!毒性がアップしている様です。

蜂の半分をフマキラーで撃退、半分の蜂は遠くに飛び去りました。

約2時間後、水やりの装置を付け終わり・・植え込みの蜂の巣をノコギリで撤去です。蜂の巣は約150匹〜200匹の幼虫がいました。

今年になり我が家の庭の蜂の巣の撤去は2回目です。

蜂も巣を造るところを安全に選ばない為に・・・2度も撤去(一族死滅)の憂き目に遭いました。

我が家の廻りを見ても・・・蜂に取って安全な人間の手の入らない茂みや木々は山ほど有るのに???何故に我が家の玄関前の植え込みに巣を作るか???

蜂は大雨が降り洪水が起きそうな年には蜂の巣の高さを高い所に造るという不思議な未来予知能力が有ると聞き及びます。野生の感とでも言いましょうか?生きる知恵と申しましょうか???

しかし・・・大自然の危険な予兆は感じるのに何故に人間の脅威を感じないのか???・・・実に不思議と言えば不思議です。

散乱する蜂の幼虫を見ながら・・・

ふと・・・

この幼虫・・・馬鹿に出来ない、哀れで踏みつぶす事も出来ない・・・人間界もこの幼虫の運命に等しい行動をしている人間が山ほど居る!!!アスファルトの上でうごめく蜂の幼子、この幼子が人間の幼子にかぶって見えてしまう。・・・人間にも愚かな親は山ほど居る。幼子は親を選ぶ事は出来ない!!!哀れ

危険な所に巣(住宅)を造り・・・家族の運命は大自然の運(高確率の危険な運)任せ的な生き方をしている人が山ほど居る現実を思うとき・・・

ため息が出てしまいました。フー

津波が来て、高潮が来て、川が氾濫し、液状化が確実に起き、この4重苦の所に莫大な借金をして家を築く!!!愚かな人間の山ほど居る現実を見たとき・・・

さらに悪いのは・・・この4重苦を知りながら・・・家を売りつける人々(ブランド企業)そして、その許可申請を危険と自ら発表している行政が建て主にこの危険を教える事もせず無言で許可を出す。

こんな愚かな行為が・・・・人間界のインテリと云われて居る人々の中で普通に行われている。

フー

人間と蜂・・・頭脳はほぼ一緒・・・と云う事の様です。

蜂も人間も人生はまさに・・・運・・・次第?真理に気付かせてもらえる真の賢者と出会えるか出会えないかで・・・ほぼ全てが決まるようです。フー

良い出会いを!!!

しかし・・・良い出会いは全てのこの世に生まれた人が確実にしているという節もあります。

キリスト?曰く

人生に於いて出会うべき人には全ての人が出会っている。しかし、その出会いを生かすも殺すも、その人の心の有りようが全て決めてしまう。

感性を豊かに・・・素直なこころで・・・なるべく生きよう。

2015年08月02日

斎藤一人さんの言葉

斎藤一人・・・さん、皆様ご存じの事と思います。銀座まるかんの創業者です。超有名なスリムドカンの販売もとです。納税者番付の日本の上位に何時も入っていた人です。

気が付いたら大金持ちになっていたそうです。

私は合ったことも見たことも・・・やたら出している成功のコツの本を読んだことも有りません。

しかし・・・なんだかシンパシーを感じてしまいます。新聞に斎藤さんの本の宣伝が出ていました。その中の一行に・・・

”正しい事を言う人は人気者になれない”・・・と有ります。

確かにその通りと思います。身をもって・・・その通りと感じます。私も若い頃より結構廻りから浮いて皆と仲良しになりたいのだけれども何故か?私の思うところを言葉に出すと受け入れてもらえずに孤独を感じながら育ったことを思い出します。

確かにこの日本国は・・・なあなあの文化、なあななの空気感が何よりも大事にされる不思議な国の様な気がします。

組織やコミュニティーの方向性を出すときに・・・その組織、コミュニティーの親分の、そのまた子分(小役人)が親分の顔色をうかがって上申したことが、良いとか悪いとか議論もなく決められて全員その方向に流れていく日本文化

たしかに、たしかに・・・その通りです。

これを家作りに当てはめると・・・

”本当に快適な家を創る建設会社は世間に評価されない”・・・と成ります。

たしかに・・・なるほどと思います。

建築士と云えども・・・料理人と同じく、山ほどその専門性が分化しています。料理出云えば和食もあり、中華もあり、イタリアンもあり、フレンチからベトナム料理まで・・千差万別有るように建築士もその専門性は山ほど分化しています。

不肖、私めは住宅を建築士になるまえから追求をしてきて、建築士になっても高級住宅から一般住宅まで・・・・住宅を専門に追求してきた建築士です。住まう事の本質や子育ての本質、家のお掃除から家事労働まで体験して真剣に追求をしてきました。この探求心は今も寸分と衰える事は有りません。

一昨日より合計3日間、午前五時より午前八時まで合計9時間・・・我が家の快適性向上の為に知恵を出してそしてその知恵を実践してきました。・・・これはいける・・・と弊社の家創りに使えるアイデアが湧き出て来ました。

そんな住宅のプロの私が昨今の人気住宅や人気テレビ番組、ビフォーアフター等を見ると・・・おいおい、それホントにやるの???まったく不快でムダな事だよね・・・ただ、奇抜なだけ!!!

日本で一番と云われて居る建築家の某氏が運動会の会場問題でアホをやり雲隠れ、この方の作るマスゴミに有名な住宅は・・・

夏ド暑くて、冬ド寒くて、昼間ド暗くて、又は昼まぶしいほど明るすぎて、光熱費が山ほどかかり、収納が殆ど無く、やたら臭くて、住人の暮らしより本に載るための写真写りを最優先し、そしてやたら馬鹿高い!!!

快適とは縁の無い住宅・・・すでに日本は亜熱帯地方にも関わらず日射取得の適正など全く考えずに、とにかく格好優先、何を置いても格好一番

それでも世間では日本一の評価

この馬鹿げた日本一を肩書きに依存し、肩書きの作り出した空気感を善し悪しを考えもせずに大手ハウスメーカーやデザイナー住宅と称する金儲け主体の大企業、中企業の若くて経験など殆ど無い設計士がまねまくる!!!

どうだ!!!かっこういいだろう!!!・・・と

普通の神経をしてる人間なら・・・全てガラス張りの温室の中では生活しない、暮らしはしない。

しかし、この温室と同じ構造の家やオフィスを”肩書き有名デザイナー”とやらが設計をすると・・・

文句も云わずに・・・暑い寒いを我慢して、もしくはエアコンバンバンに焚いて・・・生活や仕事をしている不思議???世間は誰も不思議と言わない。

私の知り合いが・・・有名建築家・・・の設計の家に住んで居ます。超親しくなり本音が聞けました。本音の所は、この上なく住みにくく文句だらけ、不満だらけだそうです。この話を決して他人様には言わないとの事、自分の馬鹿を証明することになるとの事でした。

大都会に大自然とは全く異質な・・・ガラスの塔(温室)・・・やまほどある。この温室で何百万人の人が大自然を汚染しながら仕事をしている。

汚染だけならまだしも、そして何時の日か?多くの命を奪うガラスの雨を降らす

愚か者のモニュメントである。

2015年08月01日

地域振興券の愚・・・

人間がぁ〜壊れている!!!昨今、ちまたでは地域振興券なるモノが役所より配布されています。経済を活気付けるためとか???・・・大間違いである。こんな事をやる政治家を選ぶのは納税意識の有る国民なら噴飯モノである。

確かに人は損得で動く・・・私もそうだ!!!損するより得したい、しかし、この見かけの得が後日何倍もの損になって帰って来たとしたら・・・普通の神経をしている人間なら手を出さない!!!

税金をばらまいてどうするのか?只でさえ莫大な借金を国も地方自治体も抱えて居るのに・・・馬鹿か!!!5千円出して地域振興券を買うと6千円まで使えると言う2割お得な券です。

よぉ〜〜〜く考えてよ!!!

この2割はもちろん、税金です。2割だけではないですよ、この券のデザイン代から印刷代、お役人の配布代、コマーシャル代、これに使われた税金は基本的に借金ですから金利が推定100年以上の金利が付きます。(この借金を塩漬けにして返さないつもりなら永遠に金利が付きます。)

推定・・・発行額に匹敵する程の税金がムダに使われている可能性が大です。

馬鹿以外の何物でも有りません。発行する方も使う方も!!!

この券は平等とやらの論理で・・・列べば誰でも買えるとか、昼間列ぶことが出来る人間、つまり働いて居ない人・・・平等でも何でも無い

仮に普通、平均的な人がこの券を獲得して使えば・・・経済なんて絶対に良くならない!見かけお得な券は使うが現金は使わないからである。

新しい価値、つまり・・・皆が欲しくなるような新しい価値の創出に税金は使わなければ経済なんて絶対に良くならない。

真逆である。経済の呼び水のつもりでこの券を考えたらしいが・・・大馬鹿である。

呼び水は・・・・・お金を使わないでジッとしていると損する政策が重要なのである。一般国民は得より損の方が遥かに皆行動を起こす。

使っていない土地はガンガン税金を上げるべきである。土地を使えば税が割り引かれる政策でなければならない。農地でも小さな土地ほど税を高くしなければならない、それに農作物の面積あたりの収穫量で税を差別しないとダメである。広大な農地に収穫もしない梅の木数本で税金が100分の1になるなんて・・・誰がどう考えてもおかしい!!!

そもそも・・・土地などは所有権という概念が有る事がおかしい、実際に、我が国でも所有権と称していても税金を毎年払うことでの永代使用権が有るに他ならない。土地など所有できるモノであるはずが無いのである。

何度も言う!!!

貴方に取って一番大切なモノ、一番愛しいモノはなんですか???

私もそうですが・・・殆ど全ての人が・・・言う言葉・・・それは・・・・家族(特に子ども)

将来・・・貴方の一番大切な愛しい我が子が困る(場合に依っては子が死ぬ)政治がなされていて・・・

あなたは・・・それでも・・・廃品回収が大事ですか?子どもの習い事が大事ですか?

原理原則

人は行動の優先順位を間違うと絶対に幸せなどにはなれない!!!

考えずに・・・世の常識とやらに流されるだけの人は・・・絶対に幸せなどにはなれない!!!

その国の政治はその国民の民度以外の何物でもない!!!

目の前の我が子の未来の環境(国)を・・・今よりホンの少しだけ具体的にイメージして見よう。

2015年07月31日

エネルギーの配給制が地球を救うかも?

エントロピーの増大の法則・・・エネルギー保存の法則・・・等々熱や情報に関する法則に頼るまでもなく・・・

人間と云う生き物のかすかに残る感性でも・・・このままではMAZUIと云う事は何となく感じるし、なんとなく先行き行き詰まる的な事はかすかな感性でも容易に解る。

省エネ、省エネと連呼してもうかれこれ15年・・・しかし、エネルギーの絶対使用量は省エネ連呼にも関わらず4割も増えている現実を誰も問題視したがらない!

エネルギー使用量はここ50年で何倍にも増えている現実は・・・ある日突然私達の頭の上から悪の大魔王として降り注いで来るかも知れません。イヤ、このままでは確実に起きえるでしょう。

今の時代は省エネ、省エネ・・・と言うし行動しているし、断熱住宅やらゼロエネ住宅やら、ハイブリッドカーやら・・・時代は省エネだけれども・・・人口もそれほどの変化は無いにも関わらず・・・エネルギーを4割も増やしている現実は・・・どうなんだ!!!

昨日のブログでは無いけれど・・・負の連鎖、減らせば減らすほど実は増えてしまう現実をどう見るか?

例えばハイブリッドカーや省エネサッシ等々・・・使うときは確かにエネルギーを減らす、しかし、この商品を開発したり商品そのものを作成するときに在来品より莫大なエネルギーを消費する。

例えばペアガラスサッシ・・・単板ガラスより間違いなく2倍の面積量のガラスが1棟の住宅に必要になる。つまり、ガラスを作成するエネルギーは2倍必要になると云う事で有る。ガラスを作成するエネルギーを50%に減らしてその上で単板ガラスから二重サッシにすれば効果は間違いなく有る。この視点が全ての省エネ製品に欠けているような気がする。

産業の隆盛を意図した・・・製品寿命を意図的に短く設定する”意図的老朽化”ソニータイマーやiPod電池問題・・・家もそうです。長期優良住宅とは言うけど・・・たかだか最大60年程度に寿命

これをさらに伸ばす方法は確実に在るのに・・・その方法をどのメーカーも、どの行政機関も指導もしないし採用もしない。

無垢材は適正な乾燥状態を維持出来れば最大1,000年以上の寿命を持つ、しかし基礎を担うコンクリートの寿命は今のものでは推定60年程度である。これを伸ばす技術は確実に有るのに・・・どこも採用をしない。

大いなる矛盾を含み、それを問題視しようともしない。

人間の行動もそうで有るような気がする。

私は実は信じられないのである。人間の移動手段の一番は自動車なのだけれども・・・今後自動車よりもより遠くへの移動手段の航空機需要が莫大に伸びるとの予測もある。インターネット時代にこのジェット機の莫大な需要とは何だろうと???不思議でしょうがない!!!

省エネ住宅でも・・・同じような事が言える。確かに設計数値からすれば遥かに省エネ住宅だけれども・・・人の居ない部屋まで、床下まで、天井裏まで冷暖房する必要性が有る住宅って???なんだろう???

これって・・・私の大嫌いな某国の・・・生活スタイルそのものの様な気がするけど・・・

某国のハンバーガーのでかさや飲み物のカップのでかさ(Lサイズなどバケツである)はもう・・・人間の食い物ではない!!!この国の1人あたりのエネルギー消費量は日本人の2倍程度も有るのである。

でかいことは良い事と云う・・・時代はすでにこの地球上では通用しない。通用させるとすれば地球そのものが破壊される。否、地球が破壊されると云うより地球の大自然が均衡を取ろうとして、この愚かな行為をする生き物を絶滅させる事の方が間違いなく早いし、正確性を持って行われるであろう。

ちょうどよい・・・が一番で有る。

足を知る・・・が一番で有る。

家は安いが一番で有る。貴方の家が約37,000リットル(ドラム缶185本分)の石油をムダに燃やして出来ていて、その費用(広告宣伝費等)を負担させられているとしたら・・・どう思いますか???

上記の無駄遣いの数字がピンと来ない方のために申しあげれば・・・貴方のほぼ一生分の車のガソリン代(約60万キロ走れる量)と思って下さい。今時の宣伝バンバンの住宅はこんなに膨大なムダを覚悟で売り出されているのです。このムダは・・・大手ハウスメーカーやブランド工務店を選ぼうとしている貴方が負担させられるのです。

建設会社の支出するあらゆるモノ全てが貴方の買う家の原価になります。あらゆる支出、広告宣伝費から展示場経費からコマーシャル代、あんパンマンショー、豪華パンフレット代まで・・・あらゆるムダな支出も貴方が負担するのです。

現実はこんな大ムダ食いの住宅なのに・・・”最高の省エネ住宅ですよ!”・・・の宣伝を信じて買っていたとしたら??

貴方は・・・賢者・・・?・・・だろうか???

弊社の様に徹底的にお客様にご負担頂くムダなコストは乾いた雑巾をさらに絞り出すように徹底的にカットした上での長寿命省エネ住宅でなければ意味が無い!!!

しかし・・・世の常識とやらは・・・何時の時代も行き着くところまで行き着き、ニッチもさっちも行かなくなるまでは変わろうとしない・・・これも世の常(大泣)

もう最後の手段は・・・エネルギーの配給制ですね(笑)・・・富の平等な再配分にもなりそうだし・・・

2015年07月30日

炎天下・・・の・・・知恵

とにかく・・・暑いですねぇ〜・・・ホント参ってしまいます。

日本の住宅造りの言い伝えとして昔から云われて居た事・・・それは・・・夏に涼しい家を作れ!!!

です。ホント・・・寒いのは洋服を着たり、コタツに入れば問題無いですが・・・暑くてエアコンバンバン付けるのは浪費ですね・・・コタツやストーブの様にエアコンの前にただ、座るだけでは・・・ひからびてしまいます。

洋服でも・・・サーモグラフィーを見れば、白い服と黒い服では約10度近く体の表面の温度が違うというデーターが有ります。外を歩くときは白い服、そして、日傘は絶対に白がよろしいかと思います。

当然、

A:家も夏に対してのお金のかからない特に効果的な注意点は以下の3点です。

1,直射日光が部屋や外壁に直接さして熱エネルギーを家の中に持ち込まない設計をする事、適度な庇等が如何に重要かと云う事です。・・・この点では最近流行の庇のないデザイナー住宅やキューブ住宅は最悪かもね???

2,構造躯体を熱容量の少ない材料とすること・・・これは夜涼しい家の実現になります。
コンクリートの打ち放し住宅や発砲コンクリート等は熱容量が大きいですが・・・とにかく寝る時間の午後10時頃から午後11時頃が一番暑くて、暑くて死にそうなぐらいに暑いです。・・・命を守るために当然エアコン頼みです。非効率この上ない家になります。いくら断熱性が良いと云われて居る素材でも熱容量が大きいのは基本的に断熱性もそれほど良くないし、とにかくアカンですわ!!!

3,外壁屋根の色・・・白系の色が夏には一番ベストですね・・・冬は反対に黒がベストです。しかし、夏に対しての快適性がより重要ですから・・・外部は白系が良いですね。

以上がお金がそれほどかからない・・・クレバーな夏対策です。

B:お金は少しかかっても夏に対して快適な家は・・・

1,断熱窓・・・とにかくこれがベスト

2,断熱材、反射材・・・お金をかければかけるほど高性能

3,高性能な空調機器

とにかく・・・尋常でない熱さです。人間の欲が招いたヒートアイランド現象です。ビルを全面ガラス張りにする必要など全く無いのに・・・・格好とデザイン優先でどのビルも全面ガラス張り・・・とんでもないエネルギーを太陽から吸収していますから・・・とんでも無い超大型のエアコンがガンガン廻っています。そしてその廃熱は・・・・都市空間にまき散らされます。フー

自動車の廃熱だって・・・とんでもない量です。殆ど1人しか乗らないのに・・・イス(空席)だらけの車があちこちに走り回って居ます。

電気を作るために・・・エネルギーを使い・・・廃熱を捨て・・・大気が暖まり・・・住空間が加熱され・・・エアコンをかけまくり・・・廃熱を捨て・・・電気を山ほど作り・・・エネルギーをさらに大量に使い・・・廃熱がさらに出て・・・

今や・・・人間の命さえ奪うほどの灼熱地獄!!!

どう考えても・・・負の連鎖・・・馬鹿の馬鹿たる所業!!!

熱の事を考えない設計やデザインを見ると・・・どんなに格好良くとも、美辞麗句を並べ立てようとも・・・

インチキ野郎(設計士)と直ぐに判別が付く!!!

人間は考える葦とやらとの事です。もうちょっと考えて・・・もうちょっと正しく判断をしましょう。

それにしても・・・メチャ暑

2015年07月28日

補助金の削減・・・

お役所は・・・お役所の望む方向に社会を向かせる為に・・・色々な補助金を出しています。この補助金が良いのか?悪いのか?私には良く解りませんが???個人的には補助金なるモノはあんまり好きでは有りません。なぜなら?大借金国家の補助金とは・・・

未来の子ども達から有無を言わさず集める税金に他なりません。

役人は・・・仕事をしている振りをやたらしたがる生き物ですから・・・補助金制度大好きです。次から次へと色々な補助金を変遷させて行きます。

補助金申請書をかかせて・・・”許可してやる!!!”・・・と役人が高みに立ちたいのかも知れません。

補助金の代表格は・・・エコカー補助金、少し前のエコカー補助金は年間6000億円の予算でしたが・・・対象となる車はハイブリッドカーや電気自動車しか該当車が有りませんでしたから・・・超大企業の利益が単純に6000億円増えただけでした。フー

あほらしくて・・・あほらしくて・・・

思考の深掘りをすれば・・・この某大企業の作る人気エコカートやらは・・・本当の意味の環境保全には全く役に立たないモノで有る事も事実です。製造過程から使用過程、廃棄までこのエコカーの全ての寿命的にエコ度を計れば・・・実はちっともエコでない事は明白です。一台で普通のガソリンエンジンと電気エンジンを二つ持つわけですから作ること、廃棄する事はそれぞれ動力部分では単純に2倍のエネルギーが必要です。当然値段も高い差額の50万円をガソリン代の差額(普通の車15キロ、ハイブリッド25キロ、ガソリン一リットル135円)にした場合・・・138800キロも走れちゃうのです。簡単に言えばハイブリッドカーは138800キロ走ったの後にハイブリッドカーとしての使用過程の内のみでメリットが出てくると云う事です。そして約7年でバッテリーの取替になりますのでバッテリー取替代が車種により約45〜100万円ほどがかかりますから・・・永遠に元が取れない?かも???そして製造や廃棄を含めたら絶対にエコでは無いのです。

10万キロ程度でハイブリッドカーを乗り換える人は・・・エコカーと云うとんでも無いムダ車に乗っていると云う事になりそうです。世の常識とは・・・?かくもいい加減なモノなのです。それにも増して悲しい現実はハリウッドの有名俳優や日本では社長クラスの人が大型セダンからこのハイブリッドカーにイメージ優先で、安全性を犠牲にして命の危険増大を知らずに、ただ見かけのインテリ度、社会的好感度を増すために乗り換えている現実を見たときに・・・もうアングリです。

如何に???日本人は真に頭を使わないか???の証明でも有ります。ハイブリッドカーを買っていて私の意見にムカツク方は是非そのハイブリッドカーで7年間程度で30万キロ程度(1年に4.3万キロ以上)走って下さい。(毎日平日も土日も豊橋から名古屋に通勤する様な使い方)そうすれば使用過程でのみの元は取れそうです。

世の知識人と云われて居る人、ジャーナリズム等々・・・殆ど真実を伝えようともしません。嘆かわしい事です。この問題はエコカーだけではないのです。それがこの日本の真に恐ろしい所です。

誰がどう言おうと・・・本当のエコは・・・単純人力です。徒歩、自転車等々、次ぎに公共交通機関、タクシーもとてもエコな乗り物です。

車を作り出したり、廃棄したり、維持したりするときのエネルギー・・・莫大です。単純に燃費だけでエコなど計れないのです。

私がどうしても自動車を所有する意味でのエコを考えると次なる2点が一番のエコです。

1,車の車体は使い続けて・・・燃費の良いエンジンに10万キロごとに取り替える。
2,衝突予防レーダー装置を既存の車に取り付ける

この2点が一番のエコです。このエコに補助金を出すのは一番のエコのエコたるところと思います。

家作りのエコも・・・同様です。建て替える事は本当のエコでは有りません。本当のエコでないエコ住宅が山ほど有ります。うらんかな!!!の見かけのエコ住宅にはまってはいけません。

1,リビングのみの超エコリフォームで全くOKです。
2,耐震性、耐火性のリフォーム

家の無い人は・・・もうすでに820万棟もこの日本には空き家があり、まだまだ十分使える空き家が推定400万棟もあり得るのですから・・・上記2項目のリフォームに対する補助金を最優先すべきです。

そうすると・・・普通の人の人生の可処分所得は推定2,000万円ほど余裕が出ます。

この2,000万円で人生をより豊かに過ごして欲しいと思うのです。

どうしても新築する必要性を強く感じる人のみが・・・キチンと勉強できる学校を創るべきです。

なぜなら・・・今の大手ハウスメーカーの家の中身は数百万円の住まい手に役に立たない宣伝広告費等が包含されています。人生を豊かにする為に家と云う空間を買うのか???莫大は無駄な販売経費を買うのか???訳の分からない家を、殆どの日本人が買わされて居ます。人生の本当の意味の豊かさ、幸せの為のお金を犠牲にして・・・

あほらしくて・・・やってられません。

本日のチラシの様にもっとひどい建設会社になると・・・津波が来たり川が氾濫したり、液状化の所に家を作り、それを、貴方の人生を幸せにする的な美辞麗句の入ったチラシをばらまき見学会と称して新たな客(人生壊滅の被害者)を呼び込む犯罪的な営業さえしています。

本当にお客様の事を考えるとは・・・時には・・・家など建てるのおやめなさい・・・と真剣に云う事が出来る事なのです。お客様の能力や希望や経済的な背景や価値感や・・・お客様の人生のエンディングまでプロとしてそのリスクを明確にし・・・取れないリスクは取らせない判断が出来る・・・それがプロです。

補助金・・・ドンドン削減されるカテゴリーも有ります。例えば、地域ブランドの長期優良住宅の補助金100万円、受付口数が激減との報告が昨日有りました。

何時までも無いのが補助金・・・

補助金などアテにせずに・・・学び、学び、考え、考え・・・イメージし・・・そして果敢にチャレンジする!!!

真にクレバーな人間になる目標、真に人様(顧客様)に役に立ち、真に社会に役立つ人間になる!!!

後にも先にもこれしか有りません。今できるコレを今やりきる!!!

2015年07月27日

最近・・・つくづく思う・・・親は選べない!

最近、ほんとつくづく思います。親は選べないと・・・

お陰様で私の親はそれなりに可もなく不可もなく・・・生まれた当初は私をとても大切に、大切にしてくれたようです(伝聞より)それなりの教育もキチンと付けて頂けました。とてもありがたい事です。五体満足にこの世に生み出して頂けただけでも大感謝です。

しかし・・・私はそれほど幸運に恵まれてその後育って来たわけでもなさそうです。

それは私に・・・学ぶ事の本質・・・を教えてくれませんでした。親も教師も大学の先生も・・・本当に学ぶと云う事を知ったのは26才の時でした。その26才の出会いの時・・・26才を遅いと感じるか?早いと感じるか?人それぞれとは思いますが・・・今の私は学ぶ事にどん欲ですから・・・もう少し早く学ぶ事の本質に付いて悟る時期が早ければ・・・私の廻りの景色は今と随分違って居ただろうとも思います。

その意味では・・・とても残念と思います。

しかし・・・多くの人は人生をかけて・・・人生のエンディングまで行っても・・・学ぶ本質に触れることさえ無い人々が殆どと云う現実を見ると・・・私は学ぶ本質を途中とは云え悟る事が出来て、あぁ〜〜〜ラッキー!!!とも思います。

仕事柄・・・多くの若者のこれからの人生を考えながら、イメージしながら、時として祈りながら・・・日々仕事をしていると色々な思いが湧き出てきます。

あぁ〜〜〜〜〜実にもったいない人生を今まで歩いてきた方だぁ〜と思う事も有れば・・・・

希に・・・あぁ〜〜〜キチンと自分の足で自分の力で歩んできた方だなぁ〜〜〜と感心する事も有ります。

そして・・・その感心の裏側には・・・立派な親御さんの存在を感じざるをえません。!!!

私は自分の親からは・・・全力で生きる事はキチンと教えてもらえました。何時、如何なる時も、逃げない前向きな生き方を教えてもらえました。しかし・・・学ぶ事の本質に付いては全く教えてもらえる事は有りませんでした。また、気付きのチャンスも、気づきの何たるか?も有りませんでした。”””戦う事!!!”””これだけは骨の髄までたたき込まれました。

若い頃は良くも悪くも・・・・岡田 以蔵(おかだ いぞう、天保9年1月20日(1838年2月14日) - 慶応元年閏5月11日( 1865年7月3日))の様なギラギラした馬鹿で孤独な、戦う事のみで自分の存在価値を自分自身で確認するような若者だったと思います。

だから・・・孤独にはメチャメチャ強く鍛錬されました。廻りの事など殆ど配慮せず、我が道を我が思いのまま進む、岡田衣蔵の様に敵だらけの薄汚れて陰気な何時もひとりぼっちの考える事、学ぶ事が大嫌いな若造でした。

社会人になっても・・・・・仕事は出来るが嫌われ者・・・的な生き方を4年ほど過ごしました。

そして26歳の時・・・和菓子ではなく、我が師に出会うことが出来ました。

本当に幸運でした。

学ぶ事の本質に気付かされました。ありがたい事です。本当にありがたい事です。まったく縁もゆかりもない赤の他人様の師との出会い!!!それ以来今まで一瞬たりとも学ぶ事をおろそかにした事は今の、今まで有りません。これからも学び続けて生きていくと思います。

我が亡き息子殿・・・私は我が息子の若いとき(3歳と9歳の時)に、学ぶ事の本質をキチンと伝授しました。それは、それは、若竹が数日で何倍にも伸びるように人間的成長をしてくれました。私から見たら小学生の我が子の方が先生より人間的には、人格的には遥かに上に見えたモノです。

子は親を選べません!!!人生にとり学ぶ事の本質に気付くか?気付かないか?では・・・その生きた意味は天と地ほど違います。

子は親を選べません!!!

2015年07月26日

世界で一番高い相続税・・・

昨日の新聞に相続税の記事が出ていました。とにかく世界一の相続税55%だそうです。アメリカですから40%とか・・・???ホント・・・

相続税ゼロなんて国も結構あるようです。

税を納めることは国民としての義務ですから・・・キチンと法律に従います。当然です。しかし、しかし、しかし、です。この国では税の使い方に付いて私は大いに疑問が在ります。世界一の重税国家なのに世界一の借金大国でも有ります。どうなって居るのでしょうかね???

だれも責任を問うこえっっっも有りません。

せめて・・・或る一定割合以上の税を納める人は・・・税の使い道に付いて納税者が指定できる制度を設けて欲しいと思います。

私は・・・私の納める税を・・・真の教育もしくは恵まれない交通遺児の教育費に使って欲しいと思います。

土木工事や政治家、役人のお給料などには一円も使って欲しく有りません。

グローバル化、国際化、ボーダーレス時代に向けて優秀な人財は今の日本の政治や社会のあり方を見て居るとアホらしくなり税の低い国に流失する可能性が大です。トマ・ピケティさんも同様の事を言っています。

トマ・ピケティ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3

そうなったら・・・この日本は哀れなモノです。ギリシャと同じような・・・なんともならない国に成り下がります。

私は大好きな日本(日本人では無い)に・・・愛着も誇りも持っています。

なんとか、なんとかしたいのです。愛する日本のために・・・日々頑張って居ます。

2015年07月25日

お尻の皮・・・フー

腹筋をやり過ぎて・・・お尻の皮がむけたところが・・・まだ、直りません。フー・・・ちょっと痛いかも?(笑)

故に・・・ジムはもう1週間?行っていませんし、公園の朝ウォーキング&筋トレも出来ていません。なんとなく、なんとなく・・・お腹周りがたるんできたかも???これではいかん!!!と反省し、直っていないけど筋トレをしなくてはと本日決断をしました。かさぶたの状態での筋トレですから・・・どの程度出来るか解りませんが???本日より筋トレ再開です。

それにしても日本のあちこちで小さめの地震が頻発しています。とても気になりますので昨日、非常食を約40食分買い足しをしました。だいたい1週間で42食我が家では必要になりますから・・・ホームセンターで売っている衣装ケースが一週間分でほぼいっぱいになります。

今度の地震はまともに来た場合には規模が今までとは段違いに大きいので行政の言っている3日分の非常食では全く足りないと推定されます。とてつもなく広域に地震被害で壊滅的な打撃を受けますので・・・推定まともに食料等が調達出来る迄に1ヶ月ほどかかると推定されます。1ヶ月分の備蓄とはとんでも無く膨大になりますから・・・頭の痛いところです。我が家では200食分の備蓄ですから相当の量になります。

政治家が政治をしない国

国民が知能を使わない国

ですから・・・ほんとイヤになってしまいます。

防災の一丁目一番地は・・・以下の二つしか無いのにこの本丸の二つの事は殆ど誰も言わないし、私達プロの建築士も私以外は殆ど言った事を聞いたことが有りません。

本丸、絶対に行わなければならない事

1,既存不適格建物の耐震化・・・これは強制的にして頂く必要が有ります。コレをするだけで300兆円とも200兆円とも云われて居る被害が半分以下に確実になります。

2,都市計画の見直し・・・安全な都市計画に移行させる。・・・津波エリアには普通の人は住まわせない等々、コンビナートや石油タンクが津波エリアに有り、この施設も建築物ではないので耐震の義務化は全く無し。現状は恐ろしいほどの事が放置されたママです。・・・危険を防ぐ等々の安全な都市計画です。

人的被害想定30万人の死が・・・推定9割減らす事が可能です。

この二つの事をやれば人的被害、経済的被害含めて被害は推定9割は減らせます。つまり、これ以外の事をどれだけやっても、殆ど減災の効果は無いと言うことです。

今、アンポンタンの脳みそを全く使わない行政や政治家は・・・上記以外の事にしゃかりきになり防災計画を立てているようです。アホー???鳥がブンブン飛び回っています。

私は・・・痛いお尻のかさぶたをさすりながら・・・・・貴方に問う!!!!!!!

この国はオリンピック(運動会)をしている場合ですか?この国は集団的自衛権なんて親分のしもべ法案に血道を上げている場合ですか???

今、本当に議論すべきは・・・・・発災時に安全な都市とは?を真剣に議論すべき事です。例えば、皇居を避難所にするのか?天皇を大事にするために国民を犠牲にするのか?を真剣に議論すべきです。

高層ビルから降ってくる大量のガラス破片、どう防ぐか?万が一降ってきてケガをしたり死んだ場合、誰が責任を取るのか?ビルの所有者、設計士、ゼネコン?誰も責任を取らない!!!

目の前の幼子の本当の未来・・・貴方は少しは考えたことが有りますか???

私は、毎日、毎日、毎日がお尻の皮などどうでも良いほど気分がブルーでブルーでしんどくて、しんどくて、たまりません。

未来が見えるから・・・・・・・フー

2015年07月24日

やっと・・・夏本番!

ありがたい事です。本当にありがたい事です。このクソ熱いのに現場で頑張って下さる職人さん、現場監督さん・・・等々!熱中症のギリギリのところで命がけで頑張って下さっています。

これを・・・ありがたい・・・と思わずして人間では有りません。本当に、本当に、ありがたい事です。

私は常々このブログでも書いていますし心底思っています。この世の中光が平等に当たらない世の中を創ってしまったと・・・なぜなら・・・

この日本で、世界で民主主義の負の側面がドンドン、ドンドン、拡大をしている様です。

ちまたを騒がせるオリンピック問題・・・メインスタジアムだけではなく途方もないお金(未来の子ども達が強制的に支払わされる税金)が何も考えられずに湯水のごとく無駄に使われようとしています。

オンリピック・・・そんな大運動会は先進国でするモノでは有りません、インフラの不十分な途上国でするものです。オリンピックの経済効果はインフラの充実に最大の効果が有るのです。まだ、まだ、使えるモノをぶっ壊して見栄のためのホラを吹くために作られる関連施設

この国が借金超大国でなければ・・・そのホラもまた良し?かも知れませんが・・・何時潰れてもおかしく無い莫大な借金を抱える国のする事では有りません。・・・知的な人はみんな私と同意見です。

アスリート達・・・確かに国威発揚は価値が無いとは言いませんが・・・国家の運命までかけてするモノでは有りません。たかが運動会です。100mを9秒で走ったとして・・・それが何の価値が有るのですか???私には・・・そりゃすごい・・・ただそれだけです。一瞬の1秒の価値しか有りません。商業主義のオリンピック、商業主義のマスゴミ、商業主義の政治、商業主義が蔓延する世の中!!!

殆どが個人の価値(アスリートの目標、存在)に莫大な税金を使わないで欲しい・・・ただ、泡と消える瞬間の価値に莫大な借金をしないで欲しい・・・未来の子ども達の生活を犠牲にしてアホな使い方をしないで欲しい

国威発揚は・・・・スポーツでなくても可能で有る。

人類のためのクリエイションそんな研究に、そんな具体的に全ての人々に役立つ文化に、価値感に、教育に使って欲しい・・・そして・・・クールジャパンを目指して欲しい。未来に向けて継続的に雇用や富を生み出し続ける生き銭としての分野に使って欲しい

適正な労働価値に適正なフィーを支払う世の中にして欲しい

運動会なんてお祭りと一緒である。やっているときは楽しいが・・・後片付けは大変である。或る意味の瞬間的な浪費の快感である。適正な余った金でやるのは結構な事だが・・・借金してまでやるモノでも無いし、やり過ぎるべからずである。

こんどの大運動会・・・関連予算等等、全部で1兆円ほどのお金がかかるとちまたの噂で聞き及びます。あほくさくて・・・アホくさくて・・・

一兆円有ったら・・・保育園がどれだけ出来るか?老人ホームがどれだけ出来るか?待機児童問題ほぼ全て解決出来てしまう位の施設が作れちゃいます。一施設100人として2億2,000万円/一施設

国民1人1人の幸せとは真逆の事が世の常識として行われている民主主義

マスゴミにしても・・・本当にゴミ以外の何物でも有りません。全ての公共工事は費用対効果を具体的な数字(税金使途)全部明らかにして報道すべきです。こんな当たり前の事も出来ていません。

例えば長良川の河口堰・・・1,500億円をかけて20年前に完成、毎年10億円の維持費(今までに239億円が使われた)がかかるとか、しかし、予定利用率の16%しか使われていないとの事・・・誰か責任取った人居ますか???

なぜ?マスゴミは騒がないの?こんな馬鹿げた話なのに・・・

こんな話し日本では山ほど有ります。キチンと信賞必罰を与えないから馬鹿が繰り返されます。

私達の日本は世界の笑いもの国家・・・ギリシャ・・・より大借金国家なんです。その事を国民1人1人がキチンと自覚をして正確な判断基準を持たないと・・・貴方の一番大切な、一番可愛い、生きる希望たる目の前の幼子の未来は無いのかも知れません。

貴方は何の為に生きて居るの?

貴方は何の為に家を必要としているの?

貴方の一番大切なモノは何???

原理原則・・・借金は返す!

原理原則・・・熱いときは外で働かない!!!命がけの労働・・・我が職人さん達!!!ありがたい事です。

2015年07月21日

エネルギーコスト・・・莫大です。

普通の住宅・・・省エネ住宅・・・そしてゼロエネ住宅・・・そしてライフカーボンマイナス住宅(LCCMh)

普通の人が普通の家に住み新築からエンディング迄にどれだけの住まうことによるエネルギーコストがかかるか???試算をしてみました。

一ヶ月・・・水道、電気、ガス・・・生涯平均3万円(今後は確実に値上げになる)と仮定をしましょう。そうすると33才から83才迄で1,800万円が必要となります。当然、家はローン(65才完済と仮定)を使うと云うことはこの金額がゼロで有れば金利負担もゼロですが、住宅ローンでは無くても借金が有る家と無い家の比較としては発生コストに金利分を加味して比較することがより生活レベルを把握しやすくなります。つまり、仮想金利分200万円ほどかかると推定されますから・・・

ゼロエネ住宅と普通の住宅では・・・生涯で2,000万円ほどの差になる計算になります。

普通の住宅とゼロエネ住宅の建設コストの差は規模や仕様にもよりますが300万円〜500万円程度と推定されますから・・・おおよそ1,500万円以上が生涯コストの差として出てしまいます。

こう試算すると・・・ゼロエネ住宅は採用しなければ損的な発想に結び付きます。当然と言えば当然です。

今時普通の家を作るのは勉強していない大工さんか、田舎の工務店しか無いと思いますが・・・しかし、高性能を求めて現在、省エネ住宅でギリギリのローンの方が・・・何も勉強せずに足し算、引き算だけの動機付けで建設コストの増額に安易に進むと・・・

オーバーローン・・・ローン地獄・・・多重ローン・・・家族という病の罹患・・・

是非、是非・・・弊社ライフシュミレーションも、このエネルギーコストまで含めて皆様に提供したいと思って居ます。

家作りと家創り・・・は全く別の行為です。学ぶこと無しに残念ながら幸せにはなれない時代を私達は生きて居ます。

たかが3,000円/月・・・の事で地獄に堕ちることあり得るのです。

たかが300,000,000,000円と言いはなったデブで顔はでかいのだけれども顔の作りが真ん中に集中した元首相が云いましたが・・・とんでもない御仁です。

皆様の家創りと同じ大借金なんです。この3,000億円、維持費も莫大・・・金利まで含めたら1兆円ほどいっちゃうとの試算も有るようです。

昔から・・・馬鹿に付ける薬は無いと云います。フー

私も貴方も馬鹿にならないためにご一緒に学びましょう。日々、学び!!!です。

2015年07月20日

祗園花火・・・

昨夜、豊橋祇園祭の打ち上げ花火大会に行って来ました。わたしもかれこれ10年ぶりぐらいの見学です。今回は桟敷席では無く・・・無料の立ち見とピクニックシートに座り花火に合わせて場所を移動です。さすがに間近で見て、そしてその大音量の爆裂音に接すると迫力は有りますね・・・会場はそれなりに混んでは居ましたが・・・不自由になるほどの混み具合ではありませんでした。

しかし・・・しかし・・・しかし・・・帰りの市電の待ち時間はそれなりに有りました。

花火はそれはそれは壮大でしたが昔ほどの感動を何故か?感じる事が無かったのも事実です。マンネリ化の空気感で・・・私にはこの花火大会の進化を感じられなかった故の不満だったのかも知れません。

花火大会が進化???花火大会は伝統だから毎年同じの前年踏襲で良いのでは?と言う声が聞こえてきそうですね・・・しかし、しかし、良いも悪いも別にして日々進化し続けて居る現代社会に身を置き、また自分自身も年齢に関係なく日々進化している努力をして居る身からすれば・・・

どんなに盛大でも・・・たるい・・・のです。・・・ふぅ〜〜〜ん?で終わりです。エンターテイメントとしては可もなく不可もなくなのです。過去のノスタルジー、遺物的な感覚

例えば・・・若い頃欲しくて欲しくて喉から手が出るほど欲しくて・・・・・当時はあきらめていたモノが・・・自分の日々の努力、進化する事が出来た故に相当の歳月を経過して・・・今・・・手に入れる事が出来た時・・・慶びは一瞬であり・・・すぐさま、ふーっと消えていく感覚に似ています。

俺って・・・むかしは・・・こんなモノがほしかったんだぁ〜〜〜的な・・・感覚

若い頃の物欲強き未熟な自分には相当の価値が有ったモノが・・・それなりに努力の時を経て手に入れてみると・・・ふぅ〜〜〜ん???なんだこれ???的な感覚

ノスタルジーにひたり続ける様になると・・・もうその人間の進化が止まるのかも知れません。

時が加速度を付けて流れる現代社会、その流れに遅れまいと真剣に努力をしてきて・・・はたして自分は心から満足をして居るのだろうか???何とも言えない・・・空虚感が漂う!!!その空虚感を払拭してさらなる中身を求めてさらに、さらに額にしわを寄せて必死に努力をする自分自身

時を経ても変わる事なき空に打ち上がる花火を見て・・・

しばしの光陰を見て・・・

今を大事に真剣に!!!と・・・思った祗園花火でした。

2015年07月19日

成人してもジャイアンの言うことばかり聞いていたら家族は守れない!

ほんと・・・原理原則を踏み外しっぱなしだよ!!!

今、一番やることは・・・税制の見直し(借金体質の改善)・・・そして正しい教育・・・教育の自由化です。義務教育の廃止!そして防災、特に現在の危険な都市計画から自然災害に安全な都市計画に移すべきです。

税は無い所からは取れません。消費税はその殆どが無い所から取ろうとする税制です。国民皆が負担できる限界以上に逆進性の高い消費税を取るべきでは有りません。

税は・・・財産税(使われてない土地は超高率の税を課し社会の皆が利用できるように流動性を高めるべきです。そもそも土地の所有権とは・・・国家による個人への永代使用権の付与・・・です。使用する事が社会に福利をもたらす前提での権利です。使わない土地に梅の木数本植えるだけで、収穫もせず税金が10分の一以下なんてそもそも馬鹿げているし・・・法の下の平等を定めた憲法にも違反しています。

数年後に使う事を前提で取得した農地であれば・・・建築物を建てて使わない時には前倒しをして過去から税を加算して適正に徴収すべきです。

そうすれば皆様が苦労している住宅地不足の無駄な時間と途方もない土地代を人生をかけて負担する愚から解放されます。

そもそも・・・日本の土地本位制は銀行のための制度です。日本の銀行は貸し手責任を殆ど負担をしていません。商売でリスクを取らない商売があり得ない事は世界の常識です。しかし、日本だけはやたらと銀行、金融機関をメチャメチャ過保護にしています。土地の流動性が高まり土地の値段が下がれば担保力が無くなるから銀行が金を貸さなくなり経済がダメージを受ける的な短略的な発想しか、日本の役人と政治家は持ち合わせて居ないのです。

土地、土地、土地・・・なんです。住宅なんてなんでも一緒、20年経てば銀行評価ゼロ!弊社が社員、職人、全員が魂を込めて創りあげる感動住宅も、そこらの儲け主義の建売住宅もいい加減なディスカウント住宅も・・・銀行に言わせれば価値は同じなんです。馬鹿野郎です。頭に来ます。広告宣伝費や利益が半分も有り、職人を馬車馬のようにこき使い超短期間で取りあえずの形にするスカスカの住宅と私達がお施主様と命がけで心血注いで長い歳月をかけて創り出す住宅が・・・銀行には価値が同じなんです。

住宅政策でも都市計画でも教育問題でも税制問題でも・・・こんな原理原則を大きく踏み外した事をやっているのは先進国と言われる国では日本だけです。よく日本の官僚や議員は日本は消費税10%で諸外国の半分だと言います。諸外国は教育費がほぼゼロです。日本の様に莫大な教育費を個人負担する国は希です。信じられない事に教育のための奨学金でさえ金貸し教務として金利元本をキッチリ回収しているのです。金儲け(金貸し)の奨学金なんて世界でどこにも有りません。

教育だって・・・なにも教育者が代々の食い扶持を稼ぐ為の義務教育でなくても・・・1人あたりの教育費を出来れば諸外国のように教育を受けるモノには支払い義務を課さなければ良いのです。政府が教育費を負担すれば良いのです。哲学や使命感が希薄な幼い子ども達が嫌な事をやって能力が伸びるハズもないのです。世の中に役立つ子ども達の好きな事を好きな所で学べば良いのです。単位制にして色々な学びの場で自由に学び、生徒も教育者も、教育関係者も教育組織も・・・全部が公平に適正に競え合えば良いと思うのです。色々な自分の最適の教育の場で取得した単位の合計又は国民取得義務教育能力テイストの合格くを持って国民の教育取得義務とすればよいのです。
こうすれば簡単に、いじめ問題なんてゼロになります。1人1人の基礎能力の差が教育達成度の差にならない1人1人の学習進捗度が適正化されたオーダーメード教育が可能になります。当然、落ちこぼれもゼロになります。

そして最適な適正を100%生かし切った熱いハートを持った若人をこの日本から排出できると思います。

学ぶ事は快感、学ぶ事は慶び、学ぶ事は生きる事(真の生涯教育)・・・・・そんな教育にしなくてはなりません。

民度を上げること・・・

そうすれば・・・マスゴミも自然淘汰され・・・本来のマスコミ、ジャーナリズムも復活出来ると思うのですが・・・

自分の利益のみで世界で一番戦争をする国の子分にならない・・・そんな大和民族の誇りを取り戻すことができると思います。

原理原則・・・

大事にしませんか?

2015年07月18日

台風一過とならず・・・

今朝も朝の5時に起きて約2時間・・・3キロほど離れた公園までウォーキングに行って来ました。どんより曇り途中から雨まで降り出し・・・ほんと汗と雨が目に入り、少しばかりブルーウォーキングでしたが・・・(涙)

さすがに何時もの2割程度の人しか歩いていませんでした。

毎回、公園を一周した後にベンチで腹筋運動と腕立て伏せを2セットほど行うのですが・・・本日は2セットを続けてやったせいか・・・尾てい骨の皮が3センチ角ほどむけちゃいました・・・痛い、痛いです。

それにしても空模様がすっきりしません・・・

梅雨空の

木々も濡れなむ

飽き飽きと

池に輪を描く

雨しずくかな・・・

***************
ほんと・・・今年の雨は良く降ります。野菜が十分に育たないほどの日照不足ですね・・・

洗濯物も部屋干しの前提で家を設計しなくてはならない時代です。湿気を上手くコントロールする設計がとても大事です。湿気により内部結露が起きますと家の寿命は極端に短くなります。また、カビ等が壁の内部に発生しますと・・・アトピー等の原因にもなりますので最悪の住環境になってしまいます。

この湿気を案外住人の方は安易に考えて居る傾向が有ります。それは建設業界の営業マンや現場マンは殆ど正確な知識が無いので、お客様に住み方の注意喚起を殆どしないと思います。最近の高気密、高断熱住宅は・・・この設計想定外の湿気や内部結露にメチャメチャもろい設計になって居ます。昔のすきま風すうすうの住宅ならいざしらず、今は致命傷になる事を住人の方はキチンと認知すべきです。

雨降りに部屋がなんとなくかび臭い的な感覚は・・・メチャメチャ危険のサインです。

人間は万物の霊長とチヤホヤされていいる教育を受けてきたかも知れませんが・・・人間はウイルスを始めとするとてもプリミティブな生き物にはメチャメチャ弱いのです。カビ類にもメチャメチャその抵抗力は有りません。人間にもカビが生えるのです。それも不治の病となり得ます。

現代科学を盲信し原理原則を無視したり、軽んじたりすると・・・気が付いたときには取り返しのつかない事態となってしまうこともかなりの確率であり得ることです。

原理原則・・・民主主義の原理原則

1,51%以上の民が賢く正しい投票行動が出来る事
2,信賞必罰がきちっと行われる事
3,多様性を認めバランスが取れる政治を出来る議員の存在する事
4,税をキチンと納める、納税意識が民に有る事
5,大自然の摂理を大切にする事
6.学ぶ事の本質に沿った正しい教育のなされている事

と云う事で昨今の地球上の民主主義はどうもおかしな方向性に向いているようです。為政者の都合の良い方向へ・・・戦争もビジネスと云うどこやらの国に都合の良い方向へゴマすり政治家が導いているような気がしてなりません。

家創りにも・・・キチンとした原理原則が有ります。

これを守らずに、この原理原則を見栄心で軽んじて家を創るととんでもない人生が待っています。雨降りばかりの人生は誰しもイヤでしょ!!!この努力もせずに原理原則を無視し・・・

今を刹那的に生きる者の全く罪のない他者にまき散らす毒素・・・迷惑千万です。そして理不尽そのものです。

例えば北海道の無謀運転による一家4人の死亡一人生死をさまよう重体・・・理不尽

例えば・・・オリンピック問題,、たった2500億円(無駄)と云う政治家を選び続ける石川県民、知性のかけらも無し!

少なくとも石川県には民主主義は機能していません。(まぁ〜日本全体も怪しいモノですけどね?)

この途方もない金は貴方の子ども達が返していくお金です。全部借金ですから金利まで入れたらどれだけ途方もないお金になるか?また、この野放図の使い方は一事が万事・・・この国の破滅さえ導くのです。

例えば・・・昨今のアホ議員の強行採決

例えば・・・車を大事に長く乗ると・・・税金が上がる理不尽、古い車が環境に悪いと云うのならCO2の発生源たるガソリンの税率を上げるべきである。私の様に、なるべく徒歩、なるべく自転車、なるべく公共交通機関を心がけて車に乗らない人に税を過大に課す・・・不思議、税は払うモノ、私は不満は無い、しかし、税を今のように無駄に使うことにははなはだ抵抗感がある。

毎日、毎日、耐えがたい絶えることのない理不尽の垂れ流しのニュース

今できる事は・・・正しく学び、スキルを向上させ・・・理不尽を乗り越えるほどの英知を持つしか方法が無い、リスクを正しく認識し、リスクヘッジが出来る人になろう。

雨降りにも・・・そらの雲のそのまた上に有る青空が感じられる人間になろう

雨上がる・・・お天道さまが笑って居る!!!ありがたきかな!!今!!!

2015年07月17日

ダウンサイジング(Downsizing)

ダウンサイジングとは、広義にはサイズ(規模)を小さくすること全般を指しており、特に、なんらかの不都合を減らしたり、何らかの利益を大きくするために、サイズを小さくする、ということである。

弊社みたいに最初からミニマムサイズの会社でも・・・もっともっとダウンサイジング(Downsizing)を求めて、やらなくて良い事を徹底的に考えて居ます。何時も、何時も、社員にやらないで良いコとを探し出し、やめなければならない・・・と・・・申しあげています。

例えば・・・100万円を数えるとき、間違いが無いように2度数えると云うのが今までの金融界の常識でした。そして金融マンはそう教育されてきました。

しかし・・・

一度数えるだけで100%間違わなければ・・・一度で良いのでは???と思うのが私です。

さらに数えることそのものをやらなくて100万円キッチリ在る事を確認する方法は無いのとか考えるのが私です。例えば重さで有ったり、厚さであったり・・・即座に解る方法は無いのかと私は考えてしまうのです。

建築の都市計画でも最近言われ初めて居るのが・・・コンパクトシティー、行政効率を最大限に上げ、便利で住みやすい町創り・・・コンパクトシティー

住宅も・・・快適性、満足性を下げずにどれだけ最小限の面積にするかを考え抜く・・・無駄なスペースの極力排除・・・この設計、私、けっこう好きで得意なんです(笑)当然、充填率が高いわけですからコストパフォーマンスも最高になります。

移動手段に付いても・・・最近、ミニマムムーブを真剣に考えて居ます。究極のミニマムムーブは・・・行かない事、動かない事、例えば私の通勤時間は徒歩3分です。車でも3分です。徒歩も車も変わらないのです。この事が私の人生にもたらす時間の有効利用は計り知れないモノが有ります。とにかく考える時間、学ぶ時間、読書の時間が確保出来ると言う事です。これは究極のエコでも有ります(笑)

真のダウンサイジングとは・・・車の排気量を小さくしてターボチャージャーを付ける事では無いのです。つまり車を極力使わない事が真のダウンサイジングと云う事です。車という一つのカテゴリーの中で、どう小さく、とう効率を上げるかという事よりも、もっと、もっと、カテゴリー横断的な総合的な効率化、ダウンサイジングが重要となります。

モノと人間の関係に付いても同様の事が言えます。

例えば洋服

私などは・・・なぜ家庭用小型全自動ドライクリーニングマシンを家電メーカーは発売しないのか不思議でなりません。たとえばクローゼットが上記マシンで有れば・・・掛けておくだけで綺麗になる、背広からシャツ、下着まで全部に至り究極の2着でOKと云う事になります。自己主張たるファッションはワンポイントのアクセサリーでOK

例えば働く場所

在宅勤務で全くOKと思うのですが・・・もちろん、大事な事はフェイスツーフェイスに異論は有りません。

等々・・・ダウンサイジングは山ほど有ります。そして・・・効率化できて浮いた時間を・・・思考・・・に使う

時の質を高めるクリエイティブな生き方をする。

例えばオリンピック

なぜ?世界持ち回りでやるの???アテネでもどこでも同じ場所、一箇所でやれば良いのでは・・・殆どの人99.99%がオリンピックを映像で見て居るのですから・・・毎年同じ施設ならどれだけ節約出来るか?どれだけ選手の競技が平等に出来るか?素晴らしいと思うのですが・・・

どうもオリンピックとは選手や観客の為では無く土木工事屋の為に存在する事になったようです。そしてその土木屋から政治献金をもらう目的???なんて・・・勘ぐってしまいます。

どのお祭りでも・・・やるは楽し、しかし、後片付けは誰も来ない的な・・・不思議な虚無感を感じます。

私は思うのです。そもそも・・・

生きる為の糧を稼ぎ出す労働が年間2,000時間(日本人はどうも2600〜以上)も必要ないと思うのです。

真のダウンサイジングが出来、効率化が出来たら・・・人間の労働時間は・・・年間1,000時間程度で全くOKと思うのですが・・・

勤勉で際限なく働かないと生きて行けないなんて・・・世の常識に洗脳された生き方なんて・・・私が考えるとどうにも変です。

人は・・・そんなに多くのモノを本来必要としない生き物なんです。衣食住足りて礼節を知る。

まさに足を知る・・・この価値感で生きていけば・・・今の日本の様に1,000年かかっても返せるかどうか解らないような大借金は必要ないと思うのですが・・・

バランス感覚・・・物事中庸をもって旨とすべし・・・まさに・・・まさに・・・

わたしなぞは・・・莫大な金をかけたオリンピックやサッカーのワールドカップを見て居るより、自らが額に汗してスポーツして居る時間が100倍楽しいけどね・・・そして、俳句や短歌をひらめく瞬間がとても歓びに満ち満ちた時間ですけどね・・・

良いモノをほんの少しだけ、大事に、大事に・・・長く使う・・・この価値感が少し前までは普通で有ったのですが・・・今は山ほど大量に持ちきれないほど使いもしないモノを持たないとなんだか不安、なんだか低劣、なんだか・・・劣等感を感じてしまう世の中

人間は確かに自分の存在を主張する事が出来て、それが肯定されると快感を感じる生き物です。しかし、経済という物欲のみでの存在感の主張欲求は・・・働きすぎて自分自身の心と健康が壊れるか?もしくは地球が壊れちゃうと思うけどね・・・

今の世の常識とやら・・・どう考えても・・・不合理

どう考えても・・・原理原則に合わない

ダウンサイジング・・・不動心

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP