2016年08月29日

本日は集中の中の集中

本日は・・・一日中・・・クリエータータイムで没頭していました。もう頭脳がオーバーヒート状態です。ブドウ糖欠乏でふらふらします。ふー

クリエィティブ思考・・・私の最も得意とする時間の使い方です。

ナイスアイデア!!!バンバン吹き出てきます。ふー

集中の中の集中・・・すべてが消える無感覚!!!もう限界かも???ふー

2016年08月27日

本日も・・・例外なく超、超、∞、多忙

葬送の・・・

時も暇見て・・・

仕事せり

馬鹿かタワケカ・・・

あきれなりけり

*******************

ふー・・・もう完全にあほーの領域

仕事中毒?

2016年08月25日

常識という牢獄・・・

日本の常識は世界の非常識・・・という言葉を聞いたことが有る人は多いと思います。しかし、この日本の常識を疑い検証し、自らの行動を変える人は殆どいないのが日本と云う国の様です。

なんで?そうなるか???・・・それは村社会のDNAと日本の教育の貧困

役人は時代がどのように変化しようが、世界がどのように変化しようが・・・変えない・・・事が一番楽なのです。楽どころか???この国の縦割り社会の強硬な壁を侵すような変化は・・・役人政治家国民が強烈なアレルギー症状を呈するからです。

自由ということの意味を全く理解不能な日本人の脳構造なんですね・・・

例えば今、インダストリー4.0の真っただ中、そして時代は車の自動運転をはじめとするAI時代は間違いなく世界の趨勢になることはバカでない限り容易に推定できるのに・・・AI関連の特許は日本はアメリカの200分の一しか出されていないのです。その予算配分でさえ・・・同様のあまりにも少ない予算しかありません。

どう・・・世界と戦うか???

負けは確実です。

75年前にアメリカに戦争を吹っ掛けた時と同じ・・・確実に負ける戦争を仕掛ける日本のエリートと政治家

当時のアメリカと日本では国力が10分の一の日本で、経済の血液足る石油の8割をアメリカから輸入をしていたのに・・・アメリカに喧嘩を売る恐ろしく無知蒙昧なことが日本の歴史には確実に存在するのです。

何百機というB29のじゅうたん爆撃の火災を市民のバケツリレーで消す訓練をし、実際に行う愚かさ

自動小銃(小型の機関銃)のいかつい敵兵に女、子供が竹やりで命がけで戦えと訓練指示する軍部の教官・・・ここには300年の時代錯誤があります。

戦地に兵隊は何万人と送り込むが・・・食料は送り込まない・・・・幹部軍人

今・・・我が国日本で同じことが起きています。・・・おそろしく無知な時代錯誤

この恐ろしく無知な時代錯誤が・・・この日本の今の常識・・・です。

我欲のじいちゃん政治家を選び続ける無知極まりない日本人という生き物

大きな・・・大きな・・・ため息が出ます。

殆どの人が家創りに返済期間30年程度の莫大なローンを使います。日本の経済が万が一戦後と同じようになれば・・・・どんな素晴らしい家を心血注いで創ったとしても・・・普通のサラリーマンにはなんの意味を持たないどころか???時限爆弾を抱え込むような話に180度変化してしまうのです。

恐ろしいけど・・・近未来に来るべき日本の姿の確率は相当高い!!!日本人のサガ

弊社とご縁がある方は・・・このとんでもない時代を想定して・・・今できる最善を今やりきって・・・

いかなる時代が来てもつつがなく生き延びることができる学びとスキルを獲得して欲しいと日々熱く、熱く、語っています。

生きるとは・・・学ぶこと・・・

日本では常識という壁の向こうにしか・・・真に学ぶ英知は無い!!!断言

常識という壁を破壊したうえで真の学び気付きを提供する弊社キッチンセミナーにぜひご参加ください。

原理原則・・・プリンシプルな行動・・・共に大切に今を生き切りましょう。

2016年08月24日

こまめに保存を!!!弊社スタッフのご指摘です。

製作中の長文のブログがなぜか?消えたぁ〜〜〜もう疲れました。ふー

2016年08月23日

毎年の被害・・・知恵のない行政の結果

毎年の被害・・・知恵のない行政の結果・・・そんな政治家を悪さをしても選び続ける愚民政治の結果

昨日の・・・それほどでかくない台風でも・・・台風の通路は大騒ぎ・・・

自然災害防止の一丁目一番地は・・・都市計画の見直し、安全な土地の安全な建物・・・この当たり前のことを誰も指摘しない・・・あほー集団

なんでもそうですが・・・基礎の無い状態で・・・家は建ちません、それと同じく安全幸せな人生は・・・・安全な土地に住むこれがなければ100%成立しななんてことは・・・小学生でもわかることを誰も無視です!!!

日本は世界で一番自然災害の超、超、超・・・ぶっちぎりに危険な国なのです。

バカばっかりの国民・・・ふー

ぜひとも9月3日の弊社キッチンセミナー(防災セミナー)にご参加ください。あなたの人生がかなりの確率で救われます。

行政の行うあほセミナーなんてなんの役にも立ちません。だって何十年も行政は防災セミナーやりつづけているのに被害は増えるばかりです。

原理原則

原因が悪ければ結果は絶対に悪い・・・あったりまえの事さえ利口バカはわからないのです。

チャンスの扉はそれを開けないものには絶対に幸運など運んできません。ドツボの人生か???ノアの箱舟に乗れる切符を手に入れるか???人生の分かれ目です。

2016年08月22日

花作り・・・

今年の夏は・・・遅ればせながら夏の花を庭のプランターに植えました。・・・8月、お盆前の花植えおじさんです。夏は水やりが大変ですから・・・自動水やり装置を朝早くから2時間ほど自作する毎日でした。

やっとお盆明けに完成して・・・庭の花もそれなりに満開状態です。それこそ20年ほど前は町内の花屋敷と言われたほどプランター100鉢程度作っていましたが・・・ある時、やめて以来15年ぶりの花作りを再開しました、いつまで続くかわかりませんが・・・負担にならないように20鉢程度でとどめたいと思っています。

私は何でも凝り性でとことんやらないと気が済まない性格ですから・・・凝り性もそれなりに弊害も出てきますので・・・やりすぎはやめようと思っています。

お仕事以外は、なんでも・・・そこそこ・・・で良しとする!!!そんな時間配分にできたらいいなぁ〜〜〜なんてね(微笑)

お仕事は・・・コリコリ・・・が治る気配は全くありませんが!!!(笑)

事務所も昔はそれなりに店頭全面が花満開、花事務所でしたが・・・花泥棒にごそっと盗まれてしまった苦い経験がありますから大変です。しかし、今も事務所にもそれなりの花は何時も咲いているようにスタッフの皆様がしてくれています。あれだけ大量の花をごそっと盗んでいくとしたら小型トラックで荷台いっぱいで盗んで行ったんでしょうね???

土に親しみ花に接し・・・植物の生長に目を輝かせ・・・毎日の小さな楽しみとすると・・・なぜか?日々のストレスが癒される不思議な効果があります。

花の手入れや庭いじりで朝の時間が2時間ほど使われますので・・・その分、読書は1時間ほどしか毎日できなくなりましたが・・・活字中毒の私は朝のモーニングコーヒーを飲みながらの読書は欠かすことができません。

小さな楽しみ

自ら創らないと・・・楽しみは勝手に自分の所へは来てくれません。悲しみや苦しみは頼みもしないのにある日突然遠慮なく来てしまいますが・・・

あなたも・・・毎日の小さな楽しみ・・・見つけてみてください。

コツは・・・何かをやめるところから・・・楽しみは見つかるモノです。私は朝の読書の2時間をやめた夏でした。今はもう水やりの20分程度しか時間はかかりませんので読書の復活です。今はモーニングコーヒーを飲みながら読書をして・・・同時に窓辺の花を楽しんでいます。

さて、さて、花創り・・・いつまで続くことやら???

2016年08月20日

ちょうどいいの探求

日々設計をしていると・・・お客様のちょうどいいをどう見つけ出すのか???試練の連続ですね・・・設計もお客様のご希望をそのまま聞いていると・・・どんどん、どんどん、家の大きさが大きくなってしまいます。

当然その分・・・適正予算をどんどん、どんどん、オーバーして行きます。

ちまた建設会社とお客様の人間関係の場合・・・オーバーした分をA社、B社、C社と天秤にかけ値段競争をさせて値切り倒します。ちまたの家つくりのほとんどがこのパターンの様な気がします。私もサラリーマン時代は・・・まさにこの値切り倒しパターンが100%でした。

その結果・・・値切り倒された金額、全額の値引きを、建設会社は弱い立場の下請けの職人さんや協力企業に押し付けます。基本的に工務店や建設会社、HMはどれだけ値切られても利益はきちんと確保すると云うことです。

そして・・・値切られた弱者は・・・もともと乾いたぞうきんを絞りあげられている状態でさらに、さらに、値切られ絞りあげられますから・・・生きるためにできることは何でもやります。

それが・・・悪魔に魂を売り渡す事・・・そしてつぶやくのです。・・・・・私を悪魔にしたのはあなた(お施主様)だと・・・私の意志でこの手抜き工事をするわけでは無い!!!と心の中でつぶやくのです。

私たちの業界は・・・悪魔とともに生きる業界なのです。

こんな悪魔な人生ではもったいなさすぎるし・・・生んでくれた親に申し訳ないと思い・・・

私は悪魔とともに生きる道に分かれを告げ・・・独立しました。私の心に忠実に、自分自身を裏切らなくてよい道を選択したのです。それは・・・私の存在そのものを有意義なモノにするための決意でもありました。

本日のお客様にもお伝えしました。

人は・・・”食う、寝る、遊ぶ”・・・後にも先にもこれが全てです。この3つがきちんと適正にバランスされて生を最後まで全うできるのだと思いますと・・・この3つの事は家の良し悪しに深い、深い、かかわりを持っています。

この3つが正しくバランスされていないと・・・人は・・・病気になったり、喧嘩をしたり、不快な悲しい生きざまとならざるを得ません。

ちょうどいい家・・・これが一番大事な家創りの基本中の基本です。家つくりに五欲がおもむくまま人生の可処分所得の全てをつぎ込んではなりません。こんな愚かなことをすると・・・まず、食うと、遊ぶがきちんと適正に出来ずに・・・イライラ、ストレスだらけになり、人間関係もぎくしゃく・・・そして家しかできない寝ると云うこともままならなくなります。人間が壊れて不眠症、うつ病、そして・・・天井を見上げて、俺の人生?私の人生って???なんだろうなぁ〜と・・・涙する事となります。

450坪の土地に100坪の家が建ち・・・そして広大な庭は草だらけ・・・・ぼうぼう・・・モスキートが大量発生してご近所迷惑く・・・そんな金持ちの悲しい家を知っています。

推定するに・・・この350坪の庭をきちんと適正に心地よく管理するには年間150万円程度は必要と推定されます。税金まで入れると・・・年間200万円ほどの維持費です。

家は建てたら終わりではありません、適正に維持するためには適正な維持費が必ずかかるモノなのです。

日々スーパーで大根が10円安い、ティッシュが5円安いと・・・考える人は欲のおもむくまま身に余る大きな家、維持費のかかる家を買ってしまうと・・・快適さより大きな家が負担になる精神的な苦悩が死ぬまで続きます。

家創りは・・・自分自身を見つめるところから始まるのです。

自分自身の本当の能力を知って・・・初めて適正ローンの額が決まるのです。能力以上のローンをすることの恐ろしさは計り知れないものがあるのです。この日本は一度ダメになった過去が有ればもう二度と立ち上がれない国なのです。そして適正ローンと悪魔のローンの分水嶺は・・・学ぶ意志と学ぶ行為の無い人には、たった月々返済に例えれば数千円の差でも破綻人生は起こりうる現実なのです。

そして今・・・恐ろしいことにインダストリー4.0・・・第四次産業革命の真っただ中です。真に時代の変化に対応できる能力を絶えず身に付ける学びや努力をしていない人に・・・未来などありません。

企業は・・・自社が生き残るためには・・・社員など簡単にくびにする組織です。役立たないやつには一円も給料を払いたくないと思う組織です。特に大企業はこの傾向が顕著です。私たちの住む日本に労働者を真に守る法律などありません。労働基準法なんて形ばかりのなんの意味もない法律です。労働基準法を守れとばかり雇用主に逆らえば・・・人間が壊れてしまうほどの労働時間だけは法律範囲の超高ストレスの仕事を命じられます。

例えば・・・超単純作業とか・・・顧客苦情係とか・・・人間のプライドを踏みにじる仕事とか・・・毎年転勤とか・・・労働基準法を守りながら人間そのものを壊す事なんて簡単な事です。うつ病に追い込む業務命令は違法でも何でもありません。

ちょうどいい・・・を知り・・・なるべくお金をかけないで良い家を見つけ出すためには・・・真の学び・・・は不可欠です。

学びの無い人が・・・目先の欲のおもむくまま理想の家を買うと・・・・確実に苦悩の人生に突き落とされます。

学びの無い人の理想の家と最悪の人生は表裏一体です。

学ぶことは・・・生きる事です!!!まさに原理原則

2016年08月19日

運動会も一等賞何度も取っても・・・???

運動会=人生なんて・・・なんとももったいない気がします。運動会は一度でも一等賞取れば・・・あとは人生をより有意義に過ごすためにいろいろな可能性へのチャレンジができるのに・・・実にもったいない!

幼子の時に・・・親に勝手に決められた人生を・・・わき見も振らずにまっしぐら!!!そしてストイックな時が流れ人生を終わる!!!

観客の私としては・・・トップアスリートのパフォーマンスでハラハラドキドキで・・・それなりに楽しめるので感謝申し上げるのですが・・・時々このメッキの丸い鉄板?アルミ板???を後生大事にしている人々が・・・なんともなんとも・??もったいなく思えてしまう。

マスゴミに親子ともどもちやほやされて・・・有頂天になっている図など・・・ふーっと深いため息が出てしまう。

どこまで行っても・・・それは見る側にしてみれば感動の涙を流す娯楽・・・それ以上でもそれ以下でもない

一人のアスリートが金色メッキのメダルを取ろうが取らまいが・・・99.999%の人の人生になんの変化もなんの影響もない・・・マスゴミがウハウハするだけである。政治屋が悦に入るだけである。

私の持論は・・・運動は見るものではない・・・自らするものである。自ら行動して初めて意味がある。巷のマスゴミコメンテーターは嘘ばかり垂れ流す。メダリストの行動を見て・・・あなたはメダリストと同じスポーツをしてみたくなるだろうか???メダリストが生まれたから・・・運動をする動議付けが起こるのであろうか?

マイナーなスポーツを紹介する大運動会に過ぎない!!!それは・・・太古の昔から娯楽以外の何物でもない

太古昔、昔なら・・・スポーツ交流での国対国の戦争は防げたかもしれないが・・・グローバル化でぐちゃぐちゃになった現在で・・・その意味は無いよりまし???程度・・・まぁ〜ほとんどないと思う。

なんでもそうですが・・・運動会やお祭りで盛り上がるのは楽しい・・・しかし、あと片付けは誰も参加しない嫌な現実も理解すべきである。

開催国の・・・・ガラガラのスタンドを見れば・・・・この運動会の真の姿が見えてくる!!!

もう・・・大運動会は・・・賞味期限切れの壮大な官製セレモニー以外の何物でもない・・・もっと優先順位のはるかに高い喫緊の大問題解決が有るのに・・・それは放置・・・見て見ぬふりでしらんぷり

まったく赤の他人のパフォーマンスに・・・自分自身の人生を妄想してなんの意味がある。自分の人生は自らの学びで自らを正しく見つけ自らの足で歩いてのみ真の意味がある。

こんな・・・マスゴミ利益しかほとんど意味のない妄想が蔓延するから・・・それが世の常識とやらになるから

莫大なローンをする家つくりでもほとんどの人が学ばずに・・・マスゴミ・サプライヤーの仕掛けた妄想で何とかなると見かけだけの家を買う!!!家族4人を幸せにする確率の非常に低い・・・リスクだらけの家を買い・・・笑いどころか・・・イライライライラ・・・イライラ家族になり孤独な人生を顧みるエンディングを迎えてしまう。・・・なんとも・・・

病根は・・・同じ

そして・・・力なき私は・・・大きなため息が出る。ふー

2016年08月10日

人はパンのみに生きるに在らず!!!

人はパンのみに生きるにあらず・・・

イエス・キリスト曰く「人はパンだけで生きるものではない。(マタイによる福音書4・4)

パン=経済・・・なんですね

大企業はパン、パン、パン、パン、パンの数字しか存立の目標はなさそうな・・・愚劣、低劣な企業理念の会社しか見当たらない日本の大企業中心の経済界の様な気がします。

半沢直樹が爆発的にヒットするのに・・・人々はなぜか?大企業信奉をやめることをしません。自己矛盾も甚だしい日本人が生まれてしまいました。

人はパンのみに生きるにあらず・・・弊社社員に念仏のごとく語りかけたら・・・

弊社社員:曰く

社長!!!そんなことちゃんとわかっていますよ!!!解ってなかったら・・・こんな会社(弊社の事)で働いていませんよ!!!(暗に低賃金を匂わせて・・・笑)

まさに・・・”こんな”会社・・・の意味するところは深層心理では大企業・ブランド信奉が抜けない現実が垣間見えます。

私のもとで顔つき合わせて何年も働いていても・・・人は深層心理まで正しくリセットすることができないのです。これが・・・洗脳・・・の解除のいかに難しいかの現実です。

人はパンのみに生きるにあらず・・・の神の言葉の浸透の限界でもあります。

私は神でもなんでもなくただの普通の五欲バリバリの凡夫ですから私の言葉が染み透るはずもなく当然といえば当然です。ゆえに人は絶対に生涯を通して幸せな人生は送れない証拠でもあり得ます。

できれば・・・昼と夜が半々の様に・・・明暗半々、善悪半々、幸せ不幸半々で行きたいものですが・・・今、パン、パン、パン、しか頭にない人間が巷にはあふれかえっています。それもやたらと多くの食することは絶対に不可能なほど多くのパンを独り占めするやからが増えて・・・そしてこのパン独り占め輩が・・・世間的には・・・・・偉大な人・・・と評価される世の中です。

ほんの数パーセントの人間が地球全体の富の50%を抱え込む世の中、それが私たちが世の常識の元
真剣に希求する経済発展の社会の実像・・・その実像を誰も正しく見ようともしない恐ろしさ

当然・・・エネルギー保存の法則よろしく・・・実態としての富が増えたとしてもその偏在はさらに加速しますから・・・食えない人も当然増える世の中になります。

政治と教育は・・・この偏在を均衡化する本来の役割を現在は放棄している悲しい現実ゆえに・・・経済が発展すればするほど・・・人々の悲しみの総量は経済発展に比例して増え続けているようです。

つまり・・・夜(悲しみ・貧困・病気・紛争・戦争・涙・人間崩壊)の多い社会にまっしぐらです。

人々は・・・こんな夜ばかりでは生きていけないので・・・瞬時の明かりをともそうとひと時の享楽に価値を見つけるのかもしれません。例えばオリエンタルランド、例えばUSJ、例えば・・・コスプレ・・・

そのひと時の明かりさえともせないほど疲弊した人々は・・・人間としての本来の感性を封じ込めて生物としてただ、ただ、内面に引きこもるしか選択肢が無いのかもしれません・・・引きこもることさえできない人間の形をした生物は・・・憤怒のエネルギーをため込み・・・ある時、爆発するのかもしれません。

多発する多くの若者、最近は年寄りさえ・・・わけのわからない自暴自棄の爆発を起こしてしまうと推定されます。

原理原則・・・人は一度にカツ丼10000杯は絶対に食べられないのに・・・なぜか???行いを改めようとはしない不思議な生き物・・・こんなの生物の中で人間ぐらいのものです。しかし、かつての人間はこんなあほなことしない生き物だったんですけどね・・・

人はパンのみに生きるにあらず=物事中庸をもって旨とすべし

大宇宙のバランス感覚がとても重要であり、それを無視し続ける人間社会の現在、未来ははどうも明るくない様な気がします。

大企業の経営者・高度管理職で・・・本来の人間らしいみずみずしく、やわらかく、温かい、人物にお眼にかかった記憶がありません。

それが経済至上主義・・・こころより・・・数字の高が価値を持つ今

パンのみに生きない会社・パンは必要なだけあとから付いてくるだけでOK・・・それが

”こんな”会社!!!されど・・・エデュケーションファースト・・・ハートレベルファーストの唯一無二の会社

2016年08月09日

銀行格付けランキング一覧

あまたある銀行の調査をしています。お客様にジャストフィットする低金利で安定性の有る金融機関をプロとして評価しお客様にアドバイスする大事なお仕事です。

なぜか?私の経営哲学の一つに

”銀行を信用したら経営者として失格である。”

銀行に限らず・・・私たちの社会で・・・銀行、不動産会社、建設会社、医者、弁護士・・・等々は信用するモノではありません、自分が真剣に学び・・・これらを自分の意志で使い切るモノです。

弊社も信用してはだめです!!!自分がきっちり学び判別し、使い切ってほしいと念じています。

それは・・・あなたの人生全てに於いて発生するリスクの損害を私は一つでも負担してあげることはできないからです。

家つくりの”莫大なお金”を借りるということは・・・”莫大なリスク”も一緒に付いてきます。

これからの時代は・・・真剣に近未来私たちを襲い来るリスクをきちんとヘッジするスキルを持たなければ生きては行けません。金融機関は今までは護送船団で良くも悪くも公的な談合をしてきました。大蔵省に箸の上げ下ろしまで指図され文句も一切言わずに・・・従ってきたのです。その代り、政府に圧倒的な多くの利益と安定性を約束されてきました。

しかし・・・今・・・

あの三菱○京UF○が・・・今まではお客様だけに慇懃無礼でしたが・・・私たちお客様を銀行に紹介する業者にはもう・・・慇懃無礼を通り越して虫けら扱いです。この大銀行がこのたび保護者たる大蔵省に反旗を翻しました。もう・・・この銀行の慇懃無礼はとどまることを知りません。勝てば官軍!!!この御旗の元やりたい放題です。

大蔵省の役人の思いは・・・飼い犬に手をかまれた心理状態と思います。毎日、毎日、餌をくれる飼い主であっても・・・犬の自分の気分を損ねることをすれば・・・上下関係が希薄な犬は・・・ご主人の手を、がぶぅ〜〜〜!です。

そろそろ・・・飼い主もあまりにも多くの犬を犬が満足する状態で飼い続けることができなくなりそうです。犬のしつけも民営化の名のもと・・・あまりにも手薄になったからかもしれませんが・・・???犬のわがままと犬の欲望と、犬の慇懃無礼の増大で・・・もう・・・しつけは無理の常態かもしれません。

つまり・・・飼い主と飼い犬の形勢逆転が起きる予兆があり得ます。

グローバル化の名のもと体力のある大型犬は自分の飼い主の家だけでは飽き足らず・・・いろいろな外の家に出向き勝手に餌を獲得するすべを身に着けたようです。もうこの大型犬は・・・自分自身が見えなくなり末端の事務員まで・・・慇懃無礼・・・でもあたりまえ!!お客がどんなに不快でも!何が悪い!!!という態度です。

そして・・・大型犬ほど弱者を餌に、その餌をむさぼり尽くしてぶよぶよと太り続けている現実があります。

大型犬の周りになぜか???本質を見ずに、コマーシャルの効果か??餌になるとも知らないお客様がいっぱい押しかけている現実があります。

どんなにお客様対応が悪くて・・・気分が悪かろうが・・・潰れるリスクの少ない大型犬に頼るしかない現実も片方では厳然と有ることも事実です。

これからのローンの借り入れは・・・金利等の商品力だけではなく、金融機関の倒産リスクの少ないことも一つの選択肢として確実に考えなければならないことです。

不条理の極み・・・ふー

この国の我欲政治屋は・・・もう愚民政治をとことんやり尽くす、ポピュリズムをとことんやり尽くして行き詰れば・・・あとは知らん!!!を決めたようです。

まさに大銀行と餌顧客の関係と瓜二つです。

確実に・・・国家破綻・・・時におけるわが身のリスクヘッジも織り込んで・・・想定されるあらゆるリスクを理解したうえで今の決断を正しくすることがとても重要です。

確実に・・・嵐の前・・・それが我が国の現在の状態です。あらゆる指標が・・・継続すべき安定的未来への整合性を取ることを放棄しているようです。

原理原則を大きくずらし続ける国・・・それがどうも日本の姿の様です。

2016年08月08日

灼熱地獄ぅ〜〜〜

ほんと・・・熱い!!!経済、経済、経済・・・馬鹿の一つ覚えのように政治家や経営者は叫んでいる。

経済と環境破壊は正比例するのです。この暑さも経済と正比例します。経済、経済、経済と叫んでばかりいると・・・人間という生き物の住めない地球になることは明白なのに誰も本質的未来についての危機について語らない。

欲=経済・・・こんな価値観が蔓延した地球は・・・近未来灼熱地獄、砂漠と暴風雨の星になることはそんなに遠い先ではないかもしれません。

人は大事なことの優先順位を間違うと・・・絶対に幸せにはなれない生き物です。・・・原理原則

人間はクウネルアソブが有れば本質的にはあんまり多くのものを本来必要としない生き物なのに・・・

食う・・・寝る・・・遊ぶ・・・の持続性が一番大切なのです。そして”足るを知る”

灼熱地獄の外で・・・なぜか?無駄ばかり、間違いばかりしている不思議な人間社会

マッチポンプにそろそろ気付かないと・・・

バッファローの様に・・・涼しい地方へ移住しますか???

回遊魚の様に・・・・快適な環境へ回遊しますか???

人間も環境の動物です。

環境や価値観は大変革をしているのに・・・過去の世の常識・・・は全く変えようとしない生き物・・・日本人

上手くいくはずが有りませんね・・・100%・・・上手くは行きません。

2016年08月07日

土日は寸暇の余裕も無い状態・・・ふー

本日のランチは1時間遅れのたったの5分・・・ふー

もう・・・この狭い事務所にお客様の行列です。ふー

アポなしのお客様が数組ご来店をいただき・・・ふー

ご予約のお客様には大変ご迷惑をおかけしました本日は3つのブースが空く時がありませんでした。・ふー

土日の超繁忙は毎度の事ですがぁ〜?・・・・・・・・ふーって出てしまいます・・・ふー

この忙しさには何年たっても慣れませんね!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・ふー

あぁ〜〜〜もう時間がないぃ〜〜〜上棟式が始まってしまう・・・ふー、急げぇ〜ゴー

2016年08月06日

本日も・・・超多忙・・・

右に左に接客ブースを飛び回り・・・超多忙な土曜日・・・ふー

2016年08月05日

逆走車に遭遇・・・おぉ〜〜〜やばぁ〜

昨日・・・高速道路をバックで逆走してくる車に遭遇しました。・・・まいりましたぁ〜〜〜話は聞いていましたがわが車の横を逆走車が走り抜ける光景は・・・本当に・・・ふーです。

運転されている方は・・・当然高齢者でした。

この日本の未来を象徴するような光景です。私もそれなりに年を経ていますが・・・それにしてもこのままではとんでもない日本の未来を象徴するような深く考えされる思いを致しました。

政治家にも定年制と基礎試験、まったくの第三者による成果評点性を設けないと・・・この日本の未来は無いかもしれません。やるべきことがキチンとわかっていても何もしないやつらに任せる国民って何だろうかな???

運が悪ければ・・・昨日をもって私はこの世に今いないかもしれなかったのです。ブログでぼやくこともできない・・・そんな本日、今であったかも知れないのです。

やられ損国家・・・やられ損社会

どうしたもんじゃろのぉぅ〜〜〜

自己コントロールができないジジ、ババ・・・が市中ちまたに・・・うようよはびこる社会

私もその一人にならないように・・・セルフチェック、セルフトレーニング、自己管理を真剣にしなくては!!!と改めて心に深く刻んだ昨日でもありました。

目指せ!!!加山雄三!!!(79歳永遠の若大将)

目指せ!!!三浦雄一郎!!!(84歳プロスキーヤー・登山家)

目指せ!!!日野原 重明!!!(104歳現役医師)

2016年08月02日

社長!そんなこと考えていたら楽しく無いでしょ!!

本日に限らず・・・時々社員の皆様から私に投げかけられる言葉です。ふー

生きるとは、突然襲い来るどうしようもないリスクをどう回避したり、できるだけ軽減させるかという常時オンタイムの思考がないとまともに安全に生きられない世の中を私たちは創ってしまい、その潜在的なストレスの中で生きています。

そして・・・まさか?・・・の言葉とともに運が悪い人だけ地獄に落ちていく!!!

もちろん、あらゆる甚大な被害を及ぼすリスクを常時オンタイムで考えながら生きるということは実に、実に、ブルーでしんどいことです。

しかし・・・人間以外の野生の動物は・・・すべてこのオンタイムリスク思考で生きているのです。これが野生の感です。野生の動物がストレスで脳をやられて・・・うつ状態になったなんて聞いたことはありません。

人間は・・・野生を忘れて相当な時を経過していますので・・・ほとんどの人間はゲージの中のブロイラー状態です。無思考でリスクに対するストレスなど常時包含しながら生きることなどできない状態にあります。それが近代社会なのかもしれませんが・・・???

真実は・・・現代社会はとんでもなく脆弱な基盤の上に成り立っています。AIにしろIOTにしろ・・・その安定性の根幹はコンデンサーの寿命です。たった一つの目に見えないような10円もしない部品一つが壊れただけで・・・すべてのシステムがブロークンアウトする世の中が身の毛がよだつほど恐ろしいなんて・・・私以外は誰も考えないでしょう。

道を歩いていたら・・・後ろからくる車の運転手のスマホが床に落ちて、それを取ろうとしてわき見をしてひき殺される可能性を感じながら道を歩いている人なんて・・・私以外に居ないと思います。私は徒歩の場合はそのリスクの一番少ないルートをいつも考えながら行動をしています。それでも・・・ひき殺されるリスクはゼロにはなりません。当然、ゼロにはならない以上・・・そうなった場合の対応策は考えながら感じながら生きるのが野生です。

私はリスクを無視して成り立つ社会って何だろうね???いつも思います。

人間が生きていくうえで一番大事なことは・・・”未来への安定的な持続性”です。・・・この一番大事なことをほとんどの人間が無視して・・・我欲をむさぼり続けている世の中の・・・あわれ・・・さえ感じることが多々あります。

例えば・・・年収500万円の普通の自営業者のAさん家庭で・・・町内運動会の主催者に立候補して嘘をついてまでその主催者の権利を獲得しました。

その町内運動会の・・・主催者の自己負担分は20〜万円ほどかかります。このAさん家は、毎年500万円ほどの借金をしていて累積する借金が現在1億円を軽く超えています。このまま行けば10年後の借金はとんでもない膨大な借金になるのです。そもそもAさんの月給は41万円程度なのに・・・その半分も町内活動に使うのです。そしてその運動会の参加者は・・・運動を見せて金を稼いで生計を成り立たせているプロばかりです。町内の人のほとんどは参加とは名ばかりの・・・ただ、見るだけの人々です。

そして・・・Aさんは間もなく働けなくなるほどの高齢者なのです。子供たちは教育程度も低く・・・残念ながら勤労意欲はほとんどなく親のすねかじりしかできない状態です。

私にはこのAさん家庭の住人は必ず返済を強要される大借金に押しつぶされて・・・未来への安定性も幸せも無いような気がします。この”気”は確信的な恐ろしさを伴うものです。

そのほかにも・・・世の常識とやらが求める価値観には・・・その多くにとんでもないリスクが潜んでいるのに、そのリスクを誰も見ようともしません。恐ろしすぎて・・・呼吸さえままならぬ恐怖に襲われることもあります。

こんな強欲社会で・・・まともな心優しき母に育てられた感性豊かな子供たちや青年がどんどん壊れていく現実には誰も対応策を講じようともしません。すでに母そのものも壊れているので・・・子供たちの多くはすでに人間としては異次元の進化(感性微弱)をしてしまったのかもしれません。

何が善で何が悪か?何が成功で何が失敗か???何が幸せで何が不幸か???ぐちゃぐちゃでわからなくなっている世の中に向かいつつあるのかも知れません。

それでも・・・己が信じる道を・・・リスクを包含しながら・・・今できる最善を今!やりきるしか道はありません。

せめてもの・・・救いは・・・ご縁がある方の100点満点の笑顔のみ・・・(笑)

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP