« 法律は・・・万能か? | メイン | お掃除ロボット・・・ »

来年度は・・・空き家調査年、そして不動産の評価見直し年

2013年度の空き家調査では820万棟の空き家があるとの発表です、これは5年に一度の調査ですので5年ごとにさかのぼり空き家の増加を推定すると・・・おおよそ1年に10万棟の空き家が増えている計算になりそうです。つまり、820万棟+50万棟・・・とんでもない空き家が急増しています。この増え方は今後加速度が付く予測もあり得ます。

今日本は5333万世帯あり、そのうち一人暮らしの世帯は1845万世帯、つまりおおよそ34.5%、3軒に1軒は一人暮らしという現状が日本と云う国です。そしてその一人世帯の内・・・65歳以上の老人の一人暮らし世帯が593万世帯(約11%)有ります。この老人一人暮らしの世帯はやがて・・・空き家になります。

この今までの推移で10年後を予測すると・・・おおよそ3軒に1軒は空き家となる計算になります。たった10年後です。色々な空き家問題の書籍によると3軒に1軒の空き家は2030年ころと書かれている本が多いです。しかも・・・大都市にいまだに人口は集中し続けて居ますので・・・地方の小都市や町や村は・・・この推定を上回る勢いで空き家が増加する可能性も大です。

こんな未来がほぼ確実なのに・・・政治屋どもは・・・何もしません。おそろしく無責任なやから・・・それが政治屋です。

都市部はまだ・・・10年程度では、その問題は深刻にはならないかも知れませんが田舎町では10年経たなくても・・・その空き家の深刻な問題は早く訪れることは容易に推定できます。

田舎の土地や条件の悪い土地は・・・値段が下がるどころか、売りたくても売れない近未来、10年後になる恐れが大です。その売れない土地の維持管理費や税金をただ、ただ、払い続ける人生がダメ地主に襲い掛かります。50坪や100坪程度でしたら・・・まだ被害はなんとか自分の稼ぎ出す収入でまかなえるかもしれませんが・・・これが500坪、1000坪となると・・・自分の収入の大半がこの土地の税金と維持費で消えていくなんて事が現実に起きるのです。

時代は激変しています。

論証、30年前は・・・田舎の田畑は坪単価10万円前後の値段が付きました・・・そして10年前ではそれが半分の5万円となり、そしていまは坪単価は約3000円〜5000円が田畑の相場です。300坪で100万円が上限の値段とつい最近農協の人に言われました。条件が悪ければ・・・ただでももらいてが無いのが現状です。

農地に現実に起きたことが・・・宅地に起きない保証など全くありません。

農家が減る・・・農地の価格が下がる

住まう人が減る・・・宅地の価格が下がる。

時間差で起きる両方とも当たり前の事です。そして・・・いまだに男性社会のこの日本では・・・女性の働く場が都会にしか無いので・・・まずは若い女性が都会で就職する。そして田舎は男ばかりとなり・・・さらに田舎は独身者が増えて・・・人口減少に加速度が付く

さらに、さらに、AI、ロボット化、Eコマースで・・・働く場が激減(推定50%減)する。

我が豊橋でも・・・今はトヨタ様様で・・・それなりに経済は悪くはないかも知れませんが・・・もうオールドエコノミーの自動車産業も先は見えています。急激にシュリンクする未来は確実なのです。トヨタ関連のお偉いさんが言っています。もう・・・マーケットは日本では無い(断言)と明確に述べられています。当然、製造だってコストの低いところで無いと・・・伸びるマーケット(低開発国)にはコスト的に合わない事は・・・容易に想像が付きます。・・・あらゆる税収が減少する・・・無いところからは取れないので取れる所から取る・・・当たり前の事です。

故に・・・財政が火の車の日本では国も地方行政も・・・今の固定資産税等を下げる事が出来ない。深刻な悪循環です。

こんな10年後が解っているのに・・・なぜに貴方が土地探しに苦労をしているか???

それは・・・政治屋どもが土地のキーププライスオペレーションをしているからのです。その目的は、土地の供給が増えて土地の値段が下がっては困る人々がこの政治屋どもを圧倒的に支持をしているからに他なりません。例えば、銀行屋や資本家・・・貸借対照表のバランスが崩れると・・・経済もシュリンクするしか方法が無い・・・それを防ぐゆえに・・・どんどん、どんどん、官僚や政治屋の大得意の先送りをしているからに他なりません。

そして・・・限界点を迎えたとき・・・底が抜けるのです。ドドドドドッドドドドド9江尾0p9あ4うぇドン・・・と

良いですか・・・どんなに遅くとも10年後の話です。

本当に日本の民が・・・目明きなら・・・山を下るしか選択肢の無い場合は・・・山をぐるぐる回り長い緩い下り坂に順応しながら徐々に休み休み下がるのが一番負担のない下がり方です。しかし、愚民(教育屋の罪)ばかりの我が国では・・・山はエイヤーっと頂上からがけを飛び降りる道を選択している事に気付きさえもしていません。

おそろしい事です。そんな・・・時に、そんな近未来を考えなくてはいけないときに・・・

山ほど借金して大運動会なんてやってる場合でしょうかね?????

マスゴミも・・・ふた月も・・・肉団子の豚のぶつかり合い・・・いじくっている場合でしょうかね????

とにかくテレビを見ている人に未来はありません。本を読みなさい、とにかく・・・経済の本を読みなさい。徹底的に時代を感じ、真剣に学び、未来をイメージしなさい!!!

それしか・・・助かる道は有りません(断言)