« 世界の広さを自分で決める・・・若者 | メイン | メンタルヘルス・・・ »

デザインと・・・民度・・・下品と個性

ちょっと・・・もう・・・限界・・・かも?

見ていると・・・胸が悪くなるような・・・むかつくような・・・嫌悪感を感じるデザインが・・・日本で横行している

もう終わった!!!私の時代が終わったのか?日本と云う国の未来が終わったのか?・・・いずれ近い内に明白に結果はでると思います。人間の持つ・・・美感・・・ものが美しく見える感性・・・そんなに時代と共に変化するモノでは無いと私は思う。

美しいモノは・・・時を経て、時間の洗礼を受けても・・・時代の変化を通して・・・美しいものは美しい

日本の劣化が強烈なスピードで進行している危機感を感じる。利口バカ増殖故の・・・悲しさである。それは精神に美学が無いのである。魂に美が無いのである。・・・美学の本質さえ教えられていない悲しい民族

原理原則・・・美学の無い者に美しいモノなど出来るハズも無い・・・本田宗一郎が墓場で泣いて声が私には聞こえる。

日本大好きのこの私でさえ・・・今の大企業日本産のモノに魅力を感じる商品はただの一つも無い!!!

日本産の1000万円を越すような商品でも・・・380円の牛丼以下の価値しかない・・・悲しいけど現実である。・・・近未来ナイアガラの滝を落ちるかのごとき・・・激烈な衝撃が日本の産業界に起きる予感さえする。すでにその予兆は変化の速い半導体業界等や複数の産業で現実に起きて居る。

日本はバブル崩壊からアホ政治屋を選び続けた結果30年近く思考停止・行動停止・進化停止してしまった・・・それゆえに強烈な精神劣化が民を蝕んだ・・・AIにしても最先端技術はアメリカの5年遅れである。種もみをむさぼる様に食い尽くすドン百姓である。

注:種もみ(若者・未来の子供)をむさぼる様に食い尽くすドン百姓(老人・権力者)である。

その劣化の本質は・・・商品に作り手のパッション、情熱、愛を全く感じられない。恐ろしく悲しい事である。

お客様が火傷するほどの熱い、熱い、熱すぎる情熱を持ちお客様のオンリーワンのベストを模索して頑張っている私としては・・・

言葉が無い

ジャーナリズムも・・・大企業の寄生虫化をしてしまっている日本では・・・もはや進化は無いのかも知れません。

日々の我が家の会話

奥さん、(私に向けて)・・・今日何か見るテレビあるぅ〜〜〜〜???
私    (奥に向けて)・・・何にもないよぉ〜〜〜じむいくぅ〜〜〜

毎日必ず交わされる我が家の会話である。

そして・・・いかがわしい訳の分からない企業のコマーシャルが延々と流される。ふー

プロスポーツ、アマチュアスポーツの世界も・・・銭の臭いしかしない。パッションの欠片も感じない!ひたむきさ、道を究める闘魂、そして感動の欠片さえない・・・テレビ向けの作り笑顔のみが延々と流される。まるで賞味期限切れの商品ばかり並んでいる潰れかけたスーパーの様相である。そしてその腐りかけた商品にこれまた品質期限(価値ゼロ)を大幅に過ぎた・・・元、商品がハエのごとくたかりまくって・・・好き放題を言い放っているに過ぎない。

ほんのちょっと・・・プリンシプルな思考で学んだ私には・・・えせジャーナリストやえせコメンテーターの或る意図を持ったコメントのウソがすぐに解る。・・・そして・・・うそ云うな!!!と声を上げてしまう。

宣伝文句の・・・実質5掛け、6掛けの性能しかないのに・・・我が商品はすごいとばかりうそをつきまくる大企業・・・こいつらの会社にコンプライアンスなんてない

企業哲学なんて・・・銭・・・のみである。

すたれないはずが無い

下品極まりない!!!・・・・私が行くジムでも・・・脱衣場の床は何時もビタビタにアホに濡らされている・・・浴室の中で体を拭いて脱衣室に出てくるのは・・・私だけである。

民度に合った社会になっているのだろう???民度にあったデザインになっているのだろう・・・下品極まりない!!!

腹さえ・・・たたない

しかし・・・脱衣場の床がビタビタだけなら私の新しい靴下が濡れるだけで済む・・・しかし、下品は日本の若者の未来を奪う・・・我欲が原因の殺し合いが必ず起きる。歴史が証明済みである!グローバル社会とはそういう社会である。