« めっきり・・・涼しくなりました・・・ | メイン | 世界の広さを自分で決める・・・若者 »

怒り(公憤)心頭・・・原理原則無視社会

日々・・・怒り、怒り、怒り・・・怒りが収まらない・・・ふー・・・まともな神経だと気が狂いそうである。

日々目にする交通死亡事故の写真・・・圧倒的に死亡率が高いと推定される車両構造の弱い車の大破した写真・・・居住空間がぶっ潰れて・・・死に至っている。この構造問題・・・

私も技術者の端くれとして・・・あと1万円・・・車両構造にお金をかけていたら・・・この運転者、同乗者は死ななくて済んだと推定できる車両がつぶれた写真が多々あります。たった1万円をケチり・・・大切な顧客の命を奪い・・・何兆円も利益を上げている大企業の哲学とは???

時々最新の車のホワイトボディーの写真を見る事がありますが・・・間違いなくこれでは潰れると容易に推定できます。

特にひどいのが・・・日本の車のホワイトボディー(骨組みだけの写真)です。基本的な設計条件がヨーロッパの車に比べて衝突エネルギーの前提が推定10分の1程度しか計算されていないと思われるほどです。新車に出来上がるとカバーが付きそれなりの太さの構造物に見える様にしていますが・・・骨組みはチョロチョロです。20トンオーバーの大型トラックとの衝突や電柱や鉄柱衝突のピンポイント衝撃に対する強度など全く考慮されていません。

ヨーロッパは長い歴史の中で速度無制限のアウトバーンなどがありましたから諸突スピードの可能性が250キロ走行時なども考慮に入れていると思います。方や日本の高速道路は100キロ規制ですからその走行物のエネルギーはけた違いに小さい事は明白です。

当然、企業の目的は第一に利潤ですから・・・オーバースペックなど絶対に許さないのが大企業の企業ポリシーです。これは某大企業の設計者の実話ですが・・・ヨーロッパ仕様と日本仕様は間違いなく違いがあるとの事です。

大切なお客様の命まで危険にさらして・・・そうまでして金が儲けたいのか???そこのボンボン

公憤、怒り心頭です。

人は実害に合って初めて・・・その真実を知ろうと思えば・・・知ることが可能です。多くのごまかしの中から真実がかいま見えてくることがあります。・・・私も・・・流れ続ける血の涙が時を於き枯れて必死の学びの末に見える様になった一人です。

車だけでは無いので・・・私のお仕事の建築でも・・・構造の安全性を極限まで高めるのにそれほどのお金はかかりません。全体の建築費用の1%前後余分にかければ・・・構造強度は圧倒的に高める事が可能です。そして、さらに3%だけ余分にかける事が出来れば・・・地震の衝撃を最大7割も減衰する技術もすでに存在して何度も震度7に耐えうる建物が可能になっているのです。

この本当の意味でお客様の安全、お客様の幸せな人生の基礎の基礎を・・・多くの建築会社は正しくお客様に伝えようとはしません。金儲けの基本・・・意図的老朽化をこっそり仕込んでいるのです。

公憤、怒り心頭です。

そして・・・政治屋・・・こいつら・・・悪党の権化

そして・・・マスゴミ・・・こいつら・・・悪党を利用して甘い汁吸う・・・ハイエナ族です。

私が真なるマスコミ、ジャーナリズムの経営者なら・・・政治家の評価書をAIで出して・・・公正な選択基準を国民に明示します。人がやるから私情や欲が絡むのです。これは公正に評価基準を備えるべく当初プログラミングされたAIであり・・・量子コンピューターで計算させれば・・・20秒以下で公正な判断が可能です。そしてこの判断は・・・毎日でも更新可能です。

ハイブリッドカーを・・・大企業の利潤第一主義やマスゴミのミスリードによりエコカーと信じ込まされている無思考な人間ばかりが構成する日本と云う国ですから・・・

このままでは・・・未来は・・・超暗いです。断言!!!!

そして貴方は・・・この超暗い国で・・・正しい知識の無いまま家と云うただの箱に、とんでもない大借金を人生をかけてするのです。・・・貴方の知識のままの私なら恐ろしすぎて借金なぞ出来ません。しかし・・・真なる学びは・・・この恐ろしさやリスクを軽減する唯一の方法です。

そして・・・後は運が良ければ・・・終わり良し・・・となる未来が開けます。

真なる学びは・・・うん・・・さえ良くすることが可能なのです。

それでも・・・学びの意思表示を妨げるのは・・・世の常識・・・

ハイブリッドカーが環境負荷車と教えてあげても・・・・自ら電卓たたく事すら放棄して私の真実の言葉を否定する人々です。

まさに・・・哀れ

縁無き衆生