« 秋晴れぇ〜〜〜 | メイン | やっぱ・・・学ばない人は・・・居る!!! »

ちょっと・・・過重労働かも???

ブログを付けるエネルギーが有りませんでした・・・土日は・・・命がヤバイ感じがするほど疲労困憊しました。お客様のご希望する土地をお売りいただけるために・・・真剣に地主様とお話をさせて頂きました。

残業絶対しない私が・・・日曜日午後10時過ぎまで4時間超(累計時間は膨大)・・・地主様に土地をお譲り頂けますようにお願いをさせて頂きました。ふー・・・この土日で10組超(セミナー9組19名の方は1組としてカウント)、合計40人以上のお客様に私は合計すると、ほぼ連続20時間休みなしで・・・真剣に超集中してお話をさせて頂きました。さすがにノドがヒリヒリです。

本日、土地測量の立ち合いに久しぶりに市中を走ると・・・空き地、空き家だらけです。なぜにこんなに需要と供給にギャップが出るか???それは一重に・・・政治屋どもの意図的な私利私欲政治の結果です。

人間なんて・・・脆(もろ)い生き物です。・・・政治屋になったとたんに・・・むしろ成る前から我欲しか無いのかも知れません。ハーバード出たって東京大学出たって・・・日々マスゴミを賑わす人間的美学の欠片も無い”畜生道”を生きるやからばかりです。以前にもブログに書いた六道・・・この六道のエリアを人は行ったり来たりする生き物です。そして学び精神を鍛え続けると・・・その人の生き方がこの六道の一つの道に多くいる様になる様です。そして同じハートレベルの人がその同じ道の人と集う事となる様です。

天道
天道は天人が住まう世界である。天人は人間よりも優れた存在とされ、寿命は非常に長く、また苦しみも人間道に比べてほとんどないとされる。

人間道
人間道は人間が住む世界である。四苦八苦に悩まされる苦しみの大きい世界であるが、苦しみが続くばかりではなく楽しみもあるとされる。また、唯一自力で仏教に出会える世界であり、解脱し仏になりうるという救いもある。

修羅道
修羅道は阿修羅の住まう世界である。修羅は終始戦い、争うとされる。苦しみや怒りが絶えないが地獄のような場所ではなく、苦しみは自らに帰結するところが大きい世界である。畜生道畜生道は牛馬など畜生の世界である。ほとんど本能ばかりで生きており、使役されるがままという点からは自力で仏の教えを得ることの出来ない状態で救いの少ない世界とされる。他から畜養(蓄養)されるもの、すなわち畜生である。

餓鬼道
餓鬼道は餓鬼の世界である。餓鬼は腹が膨れた姿の鬼で、食べ物を口に入れようとすると火となってしまい餓えと渇きに悩まされる。他人を慮らなかったために餓鬼になった例がある。旧暦7月15日の施餓鬼(お盆のお参り)はこの餓鬼を救うために行われる。

地獄道
地獄道は罪を償わせるための世界。

ハゼはハゼで群れ、イワシはイワシで群れ・・・アジはアジで群れ・・・カツオはカツオで群れる。もちろん、マグロはマグロでしか群れません。

魚の世界は形が違いますが・・・人の世界は形はみな同じように見えますので(達人が良く見ると心の形の違いが明確に見えてしまう)一見まじりあって生活している様ですが・・・実は全く別々に生きているのです。

そして多くの不幸は・・・この一番大事な事実を・・・日本の教育は教えないのです。福沢諭吉なんてアホーが間違った価値観を流布した責任はとても大きいのです。

1. 天は人の上に人を造らず人の 下に人を造らず・・・こんなの普通の人には真に理解など出来ません。普通の人の普通の人生には何の役も立ちません、むしろ害毒100倍です。真に理解できな事故に大間違いです。

福沢諭吉の教えは少なくとも天道、を生きる人にしか理解できない言葉なのです。ほとんどの人が生きる人間道以下の人はこの言葉を間違って自己認識し害毒をまき散らす悲しい現実が多々あります。

何でもネットで検索し・・・貴方の知恵や貴方の感性や貴方の脳みそを使う事をサボタージュする・・・五欲の人・・・ネットにオンリーワンの貴方にとってオンリーワンの真実など無いのかも知れないのですよ!!!
むしろ・・・真実が有ったと仮定しても・・・それは一般論

他人様の価値で貴方の人生を錯覚したまま生きてしまうリスクが大です。

まさにネットも学ばない人真に思考しない人、真に感じない人に取っては・・・合成の誤謬(「正しいこと+正しいこと+正しい事・・・・=間違った結果」)・・・そのものかも知れません。

世界のトップ50社の中に・・・今・・・日本の企業はトヨタ自動車たった1社のみです。しかし、このトヨタ自動車の生産の70%、マーケットは85%外国に在るという現実を思う時・・・もうスカスカ国家日本・・・が正しい見方かも知れません。

そんなスカスカ国家で・・・山ほど借金をする若者を一人でも、たった一人でも多く・・・気付き・・・を与えたいと思うと・・・何時も命がけ・・・そして・・・何時もへとへと