« ドキュメンタリー冤罪弁護士・・・を見た! | メイン | 人生には・・・がくぅ〜〜〜となる時が必ずある! »

たまには自らの意志でリアリティーもって電卓たたいてみたら!!!

トランプ大統領が対中制裁に踏み切った真の理由とは?中国が各国の知的財産をあらゆる方法を駆使して盗みまくっているからだ。問題の出発点は、コピー天国、知的財産権の無視中国の泥棒行為にある。困った事に中国はこの知的財産の泥棒のみで急速に発展した事実がある。中国がソフトの価値を認めるという事は自国の発展を拒否する事に通じる。このソフトの価値に付いての理解力そのものが無い又は拒絶している民族なのである。罪悪感を感じる能力の無いものに罪を問うても反省などあり得ないのである。

これは日本人の過去を反省する能力や現状認識力が恐ろしいほどに民族として決定的に欠落している事にも通じる。

精神異常者に罪は問えないという事である。(当事者能力、判断力の無きモノに罪は問えない)


(心神喪失及び心神耗弱)

刑法第三九条 心神喪失者の行為は、罰しない。

2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。


違法な行為を行った者に対して責任を問うために、事理弁識能力(物事の善し悪しが判断できる能力)と行動抑制能力(自身の行動を律することができる能力)が必要とされているからです

何にしても日本版ヒットラーを毎年、毎年、日本の為政者がお参りをしている愚について当事者も国民も全く何も感じない事から証明できる。そしてさらに津波で流された土地に再度家などのまた流される構築物を・・・しょうがない・・・と云う理由で建てて来た過去を見ても100%証明できる。

これら事象から類推すれば73年前にマッカーサーが日本に降り立った時、日本人全てに向けて言った言葉

”こいつら全部中学生だ!”・・・・が正解と云う事の様です。

そして未だにこの言葉が日本人を正確に言い表している言葉なのです。

中国も日本も・・・実はまともな人間と云う思考する生き物からみたら・・・空恐ろしい事が平気でなされる民族なのである。

この現実をマスゴミやジャーナリストと称する人間は意図的に無視をしている!

論証1

東京近郊の耐震性の無い住宅に暮らす300万人(余波を入れれば1000万人超)の命と生活そして命が続く事による未来に向けての経済効果の合計と倒壊や火災当の天文学的経済的損失の合計の防止が・・・運動会1回の費用で全部まかなえるとしたら・・・

まともな神経の思考できる人間ならどちらをえらぶか???

ただ、フーン?っとこのブログをみて思うのだけでは無く、自分で電卓もって電卓たたいてリアリティーをもって計算してみて下さい。!!!

怒りがこみ上げて来なかったら・・・あなたは確実に壊れています。

論証2

こんな簡単な足し算引き算、割り算、掛け算を・・・誰もしない!!貴方は私のこのブログと同様の記事をここ以外で見たことがありますか???

故に・・・日本人は99.9%壊れている・・・結論

論証3

借金には限度がある!!!国民が激減しジジババばかりの国、そして教育が100年前の時代遅れの教育をやり続ける成長力の著しく欠落した国民が身の丈以上、欲にかまけて借金を延々に天文学的に増やしたらどうなるか?

2018年現在、世界の時価総額ランキングの上位を占めるグーグル(社名はアルファベット)、アップル、フェイスブック、アマゾンのIT4社をGAFAと呼びます。今世界で成長力抜群の企業群です。これらは10年前はただのユニコーンです。そして今、10年間でアマゾンはたった1社でトヨタ自動車の5倍強に成長したのです。世界はそんなスピード感で激動しています。

注:ユニコーン;企業評価額が10億ドル以上の非上場ベンチャー企業。数が非常に少ないこと、また、有望なビジネスモデルをもちながら現状では実質的な製品やサービスを生み出せていない状態を、幻の動物ユニコーンになぞらえたもの・・・つまりこれから爆発的に成長する可能性を秘めた企業を指します。

そして世界にはこのユニコーン企業が現在241社存在します。GDPかろうじて3位の一応経済大国と思い込んでいる国民の居る日本にはたった1社しかありません。そしてその現在の企業価値は・・・世界全体の828分の1です。1社しかないけど、しかもそれがどちっこい!!!と云う事です。

中国はこの世界のユニコーンの知的財産もパクりまくって居ます。あの考える事が大嫌いな中国でさえユニコーンは71社も存在しているのです。そしてその経済規模は日本の309倍も有るのです。あらゆるモノが日本はゆるゆるのテイタラク!

貴方も是非リアリティーをもって電卓たたいて見て下さい。・・・5分で結論がでます。

*************************

そしてこのままでは確実に没落が見えてきましたので・・・政治屋どもは延命を画策していて・・・労働基準法の見直しに手を付けました。アメリカ型の雇用に行くしか延命策は有りません。

つまり・・・契約型労働・・・です。それは世界に向けての労働市場の開放です。

大企業と言えども力の無いもの、価値の無い者は・・・即クビです。貴方の上司が中国人やベトナム人なんて当たり前の事になります。そして・・・時代と共にスキルを成長できない者は即・・・クビ

これが・・・原理原則・・・です。

それはそうでしょ・・・電卓すらたたけないモノに未来などあり得ません。

さすがにボンボン社長の某氏も業界の会長となり・・・その挨拶で言外に・・・日本での生産はおお幅に縮小するしか道が無い!と意味深な発言をし始めました。実際には逆説的な耳心地の良い表現を意図的に使っていましたが・・・真意は日本脱出です。いざその時の批判と衝撃を緩和する為の布石と私は感じました。・・・まぁ〜原理原則に沿った当然の事を言うとボロッカスに批判されちゃう国ですから・・・

企業の目的・・・それは利潤

安い賃金、安い材料で船でアメリカまで運ばなくて済めば、その分は確実に利潤アップですから当然です日本のマーケットが少子高齢化・・・スカスカスキル・・・ド貧乏人・・・ばっかりになって誰が車買うの?現在でも日本では軽四しか売れていないじゃないですか!!!金がなければモノは買えません。金が無いキューバでは60年前の車が適当に直しまくり公害まき散らしながら大量に今も平気に走って居ます。

企業は誰のもの・・・それは株主(上場企業の場合、経営者が過失又は意図的に株主利益の棄損をすると株主代表訴訟で負ける、敗訴の場合の賠償は経営者個人が負担)

原理原則・・・投資無きところに回収は有りません。金をだしているのは株主です。当然です。株主第一ではなく社員や社会貢献を考えるのなら弊社の様に100%の株を持ち社長道楽の出来る零細企業になるしか無いのです。

人間にとって一番大事なモノ・・それは命(正確には時のクオリティー)曹洞宗経典・修証義第5章参照の事

それはそうでしょ・・・命より大事なモノなんて無いのに・・・命を守る大事な大事な学びの場に所要で行けませんでは???・・そもそも論として???どうでしょうかね?だって今現在!本日只今の南海トラフ地震、首都直下地震の発生確率は70〜80%であり、2週間前の北海道地震を予測した地震予知の第一牽引者、東京大学村井名誉教授も・・・今!!!やばい(観測データーに異常あり)と警鐘をならしています。

ちなみに北海道胆振東部地震の発生確率は7〜40%でした。70〜80%で殆ど何も知識なし、何も準備無で・・・平気?・・・命より大事なモノがある!!!

運動会が大事!!!と心底錯誤しているマインドと何ら変わらないと私は危惧します。

まぁ〜〜〜死ぬも人生、助かるも人生・・・どうぞお好きなように!!!そんなリアリティーの欠落した親に生まれた子が可哀そうすぎるだけですね(涙・・・