« 最近やたらと経済記事(マイナス)が多い・・・忖度の限界かも? | メイン | ドキュメンタリー冤罪弁護士・・・を見た! »

凡夫は凡夫の悩み有・・・・愚ぐう愚ぐう

人間は客観的事実よりも現在の自分が”信じたいこと”を信じる、自分の感情を害すものを如何に真実だろうと否定して自己の心の安定を求める生き物である。現在の自分にとって有益と思える情報のみを選んで取得している。後はどれだけその情報が事実であろうと・・・否定するかもしくはスルーをする。
人は真実(自分が肯定される解)を追求する。それぞれの人にとっての真実とは事実に、自己の経験や生物本能の直観による信念を加えたものが、真実である。客観的事実は一つでも真実は主観的で人の数だけある。 真実を求める本能は思考する能力を持った人間と云ういきもの自己肯定欲求から始まるのだと思う。
人は感情に支配され事実と違っていても信じたいことを信じる。情が理より強い生き物故に原理原則を踏み外す。そして・・・”負”・・・が生まれる。

そして全く別々の価値観や真実を持ったややこしい生き物が狭い一つの空間に約60年も同居する。問題が発生するのは当然の帰結となる。

某研究によると・・・

人間は「伝えたい」と思う情報の3分の1しか言語化できません。また、人間は伝えられた情報の3分の1しか受け取れません。つまり、伝えたいと思っていることを100%とるすと言語化できるのは33%。相手が受け取るのはさらに3分の1、全体の11%(9分の1)になるということ(「同じ話も3回聞けばだいたい分かる」のはこういうこと)

そして大問題はこの事実を夫婦間、親子間で全く理解をしていない現実である。愛とはインフルエンザと同じと私は何時も目の前の若者に云う、早ければ数か月遅くとも5年で愛と云う病気は治るのである。インフルエンザの熱でもうろうとしているので本来の違い89%が顕在化、問題化しないのである。

赤の他人ならもっとこの差は激しくなるのが当然である。実際わが社の様な小さな人間関係が空間的にも精神的にも濃密と思われる会社でも10年以上一緒に働いてても私の思考の一部しか理解をしていない現実がある。

そして・・・ちまたの経済活動の中のサプライサイドが行う学びと称する売るためのイベントもその内容は売るための意図をもって構成されている事が当たり前である。実はファクト(事実)はあるやなしや???甚だ疑問である。故に私は弊社のセミナーの後には・・・何時も強く参加される人に云う!!!私の話がファクト(事実)かどうか自分でキッチリ検証し原理原則を大事に学び直してください!!!


弊社の各種セミナーは・・・とても専門的な内容で構成されています。先の人間の伝達脳力33%、受け取り能力33%のファクトからすれば・・・同一テーマ10回聴講してやっと全てが理解できると云う事になります。

私は日々勉強会や具体的設計になっても平均打ち合わせ回数は30回以上は取る様にお客様のご要望を聞くだけのちまたで行われる数回程度の打ち合わせはしていません。お客様の夫婦間で真剣に学び、そして意思疎通の打ち合わせをちまたの平均の10倍以上して頂きたく思っているのは・・・この人間の本質を理解しているからです。夫婦とて全く違う価値観を持ち全く違う生き方をするのですから相当な努力なしに良い家、良い家族の心が安らぐ家など出来るハズが無いのです。

残念ながらこのファクトが理解できているお客様はたった1組です。先の防災セミナーのテーマに8回参加されています。もちろん2〜3回と云うお客様は多数見えますが・・・今後もこのお客様は防災セミナーにご参加されるでしょう。家族全員、人が生きていく上で一番大事な家族愛に満ちたご家族です。それは弊社のセミナーは毎回進化している事をご理解していただいているからです。学びのスイッチ、気付きのスイッチがキッチリ、ばっちり入られたお客様です。

多くの日本人は・・・人が生きていく上で大事な事の優先順位を間違えて・・・運・・・のみで生きている様な気がします。命以上に大事なものなどあろうはずが無いのに・・・人生を豊かに幸せに生きる為には・・・学び以上に大事なモノなどあろうはずが無いのに・・・家族を見捨てまったく見ず知らずの赤の他人の為に命を落とす事を・・・・尊い事と思いこまされている不思議

私のブログや私がやらさせて頂いている各種セミナー・・・もっと易しくとか、もっと参加しやすく短時間でとか、もっとソフトにとか、色々なご意見を頂きます。私は原理原則を重んじる生き方をなるべくしようと思って日々生きています。

100組のご家族に解りやすい参加しやすいソフトなセミナーをやって・・・誰も助からないより確実に一組の家族の未来とその家族の子孫1万人以上(400年先?13代先で1万人)を助けるセミナーに真の価値が有ると思っています。

**********************

私も人間、慶びもしますし、悲しみもします。笑いもしますし、泣きもします。イライラもしますし、感動で打ち震える事も有ります。

古来より・・・仏の顔も三度・・・と云う言葉があります。そして”縁なき衆生”と云う仏の教えもあります。日々弊社スタッフに耳にタコができるほど話しかけている言葉があります。

どんなに素晴らしい先生でも、馬を水飲み場までは連れて行く事は出来る、しかし水を飲むか飲まないかは馬次第だよ!!!

原理原則とは・・・それを守る物には慈愛溢れて優しいですが、それを無視するもの、それに気付かぬ者には冷酷すぎるほど冷酷です。

私の最大の悩みと苦痛は・・・仏の顔も三度・・を超えてでもなんとか、何とかと仏以上は無理と知りつつ頑張ってしまう事です。そして何時も毎回結果として私の大きな大きなため息とともに失望と、わが無知を嫌というほど味わいます。

凡夫の私が背伸びする愚・・・まさに我愚かなりです。ふー

****************************

追伸;本日テレビなどでも活躍中の有名な経済アナリストの講演会に行ってきました。講演終わり、プライベートタイムで少しばかりお話をさせて頂きました。その内容は・・・簡単に言えば・・・日本の未来はかなりの確率で牧平さんの言っている通りになるとの事です。彼はもうすでに個人的資産に付いてはXデーに向けてキッチリ準備済みとの事です。10年前のリーマンショックをどんぴしゃりで予測して対策出来たのは私が真剣に原理原則を大事に学んだから出来たことと思います。私は毎日、毎日、3時間半真剣に学び続けています。生きる事は学ぶ事なのです。

あなたにも・・・良き学びを!!!自らの意志と決断と行動で!!!