« 壮大な無駄をやり続ける・・・日本の大企業 | メイン | 秋晴れぇ〜〜〜 »

如何なるものも・・・劣化・・・します。この劣化をどうくい止めるか?

如何なるものも劣化する事なしにこの世に存在しえません。劣化を最小限に食い止めるためには・・・知恵とコストが必ず必要となります。家創りも全く同じです。

多くの初対面のお客様はこの現実を殆ど理解されていません。家は何十年と云う人生と同じ以上の耐久性を必要とします。この耐久性はただ、もてば良いというだけではその意味を成しません。時代の変化にもコモディティーを最小限に抑え、その快適性や機能性は維持する事がとても重要なファクターとなります。

多くの若いお客様は・・・家のなんたるか?なんぞ殆ど理解しないで家を買ってしまう様です。特に家の維持費に付いては殆ど正しい認識を持ち合わせておられないようです。そもそも、如何なるものもカスタマーとサプライヤーは利益相反関係者です。正しい知識などサプライヤーが出すわけは無いのです。相手が無知は金儲けの源泉ですから・・・お客様は素人であれば有るほどサプライヤーとしては金儲けに都合が良いわけです。

お客様は家に何を求めるか???それは学び無き建て主様は・・・世の常識やスペックやデザイン性を基にする押し出し、プレゼンスに重きを置くようです。・・・つまり、無学のお客様のご要望は本当に良い家とは全く無縁の性能を求めて家を買ってしまいます。また、このプレゼンス性能とメインテナンスコストは間違いなく反比例の関係に在ります。学び無き家の不幸

まさに・・・豪邸の憂鬱・・・となるのです。・・・私は豪邸に住まれて家、住空間に本当に満足している人を知りません。過去40年間、家(豪邸)の不満ばかりを毎回耳にタコが出来るほど聞かされてきました。

豪邸を建てられるほどの超裕福な方でも・・・そのプレゼンス性能を維持するために憂鬱(心的疲労、コスト的不満)になるのですから・・・普通のサラリーマンの方が同じくプレゼンス性を求めて家を買った場合・・・憂鬱どころか??最悪、家そのものを買った事の意味を無くします。つまり、家庭崩壊に伴う無住居の家・・・・となる可能性が大です。

世の中のあらゆるモノが劣化をします。それは人も、家も、企業も、この世に存在するモノ全てが劣化をするのです。勝者必衰の断り・・・形あるモノ無と化す!・・・原理原則です。そしてこの原則は絶対で有りますが・・・適正なコストをかければこの劣化のスピードを緩くできる可能性が有るという事です。このことも全てのこの世に存在するモノに当てはまります。

住居学を学ぶ事なしに・・・この真理にはたどり着けません。・・・まさに”足るを知る”・・・の家創り、人生設計です。

本日も・・・劣化の激しいおばさんに・・・車でぶつけられそうになりました。私が停車しているのに・・・真正面から私の車に向けて走ってきて・・・恐怖の私はクラクションを鳴らし続けて・・・やっと3mの所で止まってくれました。・・・まさに劣化人間です。人間はわき見をするのにも・・・時間がかかる生き物に劣化をしてしまうのですね・・・ふー

そして・・・命の危険を感じ、にらみつける私を無視して・・・知らん顔して通り過ぎて行きました。どうみても事故に対する賠償能力の無さそうな容姿の方でした。乗って居る車より保険代のが高いかも?・・・まさに・・・やられ損国家・・・日本です。

そして日本の人的劣化は・・・お年寄り等の年齢だけではないのです。人間的な全てが劣化をものすごいスピードでしている事です。ものすごいスピードです。

先日の新聞には・・・日本の最高峰の大学、東京大学の世界の大学ランキングで46位までい劣化したとの報道がありました。そして世界のトップ200大学の中には・・・日本は東大と京大(74位ランキング)の二つしかランキングされていないとの事です。

大企業の世界ランキングでも同様の事が起きて居ます。日本の大企業の社長で・・・格好が良い!!!素敵な人物感、さわやかさの漂う経営者なんていますか???どいつもこいつも・・・そこらのおっさん顔・・・そこらのおじいちゃん顔?・・・してません?

まぁ〜〜〜よくも下がりに下がりまくったモノです。

大学に限らず・・・卑近なところでは・・・ジムの浴室で・・・体を拭いてから脱衣室に移動するのは毎回私だけです。年寄りから若者まで私以外は体中ビタビタのまま床を濡らしまくって出てきます。そのたびに私の着替えた靴下は何時も濡れて嫌な思いをします。

こんな幼稚園児がかつては出来たことが・・・大の大人が出来ないのです。まさに・・・劣化、愚民の証拠

ありとあらゆる・・・日本人、日本そのものが・・・強烈な劣化をしています。当然、政治屋も劣化、劣化、劣化・・・・そして殺し合いに至るのですね?たぶん・・・ふー

私の未来は・・・ご縁がある人に学びの機会を与えるだけの体力が無くなれば・・・晴耕雨読の世捨て人かもね・・・(笑)

真なる学びを提供します!!!ぜひ9月9日(防災セミナー)こうご期待!!!