« 答えが解って居るのに・・・O点しか取れない日本人とは? | メイン

途方も無く暑くなり途方も無く大量に上がった水は・・・爆下がりの大雨

地球温暖化間違いなし、群馬県伊勢崎市で40.2℃を観測、今年全国で初めての40℃到達で、6月に40℃を観測するのは国内での観測史上初めて。

地球が温められれば、その分、水蒸気は空気中に上がり続ける、やがて冷えて土砂降りの雨となる、当たり前の事ですね、今後は大洪水の可能性が日に日に高まり続けるのでしょうね。日本の都市計画は基本ド古く、災害の事など微塵も考えられては居ません。

集中豪雨で河川反乱が起きれば日本中何処の街も、ほぼ30〜50%程度は水没エリアが存在しています。水没する様な線状降水帯を持った豪雨がどこで何時降るかは運任せと云う事になります。しかし、そんな危険な所に平気で住めるメンタリティーにも驚きますが・・さらに驚くのはわざわざその危険な30〜50%の所を安くも無いのに選んで購入して新築住宅を作る人間が年間20〜30万人も存在すると云う驚愕の事実である。ふー

確実にリスクリテラシーは欠落していて、日本の教育が崩壊している事の査証となり得る。高等教育を受けて医者になった医者でさえ、人々の命を病を治して救う事が仕事としている、本分を忘れてこの超危険なエリアに開業をしたり自分の住宅を新築して居る図を見ると・・・大きな、大きなため息が出る。ふー

世界では大規模な山火事が多発したり、干ばつ等々で飲み水さえ確保できなかったり、52度なんて気温で人が行き倒れになったり・・大変な事が起きている。

日本は森林が多く、比較的降水量の多い気象が多い地域だから飲み水などの不足の実感は無いかもしれないが・・・一度カードが裏返ると・・・大洪水のリスクが存在する。

災害復旧や被災者応援にも莫大な金がかかる、日本は少子高齢化や産業の衰退がさらに悪化して、アホ政治屋は借金を積み増してごまかす事しか出来ない。そんなアホー政治屋をこれまたアホー国民が応援をしている図が存在する。

釈迦曰く・・・一切皆苦・・・の苦の比率や苦の深刻度はこれから増していくのだろう。

捨てられし、下位3割の、負け組は・・・生きるすべ無く、イディオクラシー