« 2022年05月 | メイン | 2022年07月 »

2022年06月30日

少し学び!普通の事を普通にやるだけで・・お金持ちになれる

「真の金持ちになれる人の7つの特徴」

特徴1:お金が好き!⇒自分に正直になる⇒お金=自分の価値と知る
特徴2:リスクを厭わない!⇒取れるリスクと取れないリスクの判断⇒目標(高み)の設定
特徴3:金融に詳しい!⇒お金の言葉を知る
特徴4:素直⇒人の話を良く聞く⇒真の学びの動機付けが高い
特徴5:人に役立つ事に慶びを感じる⇒利他心
特徴6:リスクリテラシーが高い⇒時系列・レイアー的思考が出来る。
特徴7:睡眠第一主義⇒人体のメカニズムの理解⇒健康第一思考

注:時折バクチ打ち的な成金を見かけるが⇒時と共に確実にフェードアウトする。

「金持ちになりたい!」⇒「お金を好きになる!」⇒「リスクを取る!」⇒「金融に詳しくなる!」を実践。

【貧困のデメリット】

「貧乏になると不幸になる! そして、不幸になるほど貧乏になる!」
「貧乏になると頭が悪くなり、さらに貧乏になる!」
「貧乏になると確実に不健康になる」⇒さらなる貧乏へと下がる⇒さらに不健康⇒ド貧乏
「貧乏になると人間関係に苦労する!」⇒価値ある人は寄っては来なくなる⇒類は友を呼ぶ

素直にお金を愛している人は、やはり、お金からも好かれる。「取るべき必要なリスクは取る!」

「金持ちになるなら不労所得を作るのが確実!」⇒これなくては金持ちには成れない事を知っている。資産運用が上手な人は、若いうちから資産運用を始め、着実にお金を増やしていく。

お年玉を40万円貯蓄した中学生14才が投資の勉強を始めて・・・一度も仕事に就く事無く投資利益で生活しながらそのお金を30年後に4億円(手持ち金)にした人も存在する!⇒ハンドルネーム・かぶ1000さん⇒真の金持ちか?どうか?は判別不能

私はリアルな社会貢献しない人を”真の金持ち=一流人”とは思わない⇒ただの数字だけの人間である。

お金が好き⇒好きな事は勉強したくなる⇒「金持ちは金融に詳しい!」

金融資産をあまり持っていない人は、「資産運用」よりも、「家計の改善」のほうが即効性が高く、短期間で大幅な貯金⇒余裕が出来る⇒リスク耐性が上がる⇒投資の種銭が出来る。

「無理せず節約⇒節約してできたお金を貯めて節税⇒節税できたお金をさらに投資に回す!」⇒プラスの循環サイクルでドンドン増え続ける。

「お金を好きになる!」
「リスクを厭わない!」
「金融に詳しくなる!」

あなたが金持ちを目指しているのであれば、上記の3点から実践を推奨

僕らは「健康(睡眠・食事・ストレス軽減)」「趣味」「人間関係」「お金」には目がありませんね!

現実問題として「お金持ちになりたい!」と考える人が多い⇒考えるダケで何もしない人も金持ちと成りたいと思う人の97%存在する事実

お金持ち体質が判明⇒お金持ち研究の最たる例が、「金持ち体質は自制心が強い!」という発見。

A:スタンフォード大学の心理学者、ウォルター・ミシェルが行った研究は有名。研究によると、「長期的な視点で考える人」と「将来のために今を我慢する、自制心を持った人」が、お金持ちになりやすい。

さらに研究の結果、お金持ちの食生活に共通点⇒「お金持ちはファストフードを食べない」「コンビニ食品を食べない」⇒危険な事を熟知している。

B:トロント大学の研究⇒ファストフードの近所に住む人ほど、貯金額が低い⇒理由としては、ファストフード=ジャンクフードが安くて美味く便利。

ファストフードには商業主義に凝り固まった大企業の最先端の科学が詰め込まれている⇒「世界一美味しい」美味し過ぎるがゆえ、脳の暴走⇒ドーパミン中毒。その結果、欲求をコントロールできなくなる(=自制心を失う)⇒この自制心消失の大問題は食事だけでは無くあらゆる人間活動にも同様の影響を与える!⇒危険

「ファストフードを頻繁に食べる」→「自制心が下がる」→「貧乏になりやすい」⇒原理原則

お金がない人こそ、ファストフードは危険!⇒ファストフードは美味しいうえ、安くもあるからです。500円もあれば、コンビニで極上のファストフードランチが買えます。安いからこそ、手に取りやすくなる⇒人間の行動規範は99%は損得(早くて安くて美味しい)

若者に人気の早い、安い、旨い!おしゃれ・・・ジャンクフードと云う超危険な加工食品の特徴です。このファーストフード、ジャンクフードにほぼ確実に使われている食品添加物、その中でも健康をうたい文句にした・・ゼロカロリーや糖質ゼロ・・の飲み物や食品、これは2022年3月、フランスの10万人以上を7.8年間調査した前向きコフォート研究(よりエビデンスが高い)で証明されました。

人工甘味料と発がん性は強くその相関性がある!!!と云うモノです。日本では大量に使われている以下の4つの人工甘味料⇒ヤバ過ぎる現実を直視しましょう。

人のDNAを破壊し発がん性の高い最も危険な2つ、とそれなりに危険な2つを紹介します。飲み物やお弁当などを買う時は必ず裏に書いてある成分表の確認をお願いします。長期に渡り何度も摂取すると発がんの可能性は爆上がりとなる事が証明されている事実を事実として受け止めましょう。

★★★★アスパルテーム
★★★★アセスルファムK・・・砂糖の200倍の甘味

★★スクラロース
★★サッカリン

以下外部参考サイト⇒しばらく前でもこれだけ危険⇒2022年3月発表は下記にエビデンスを与えた
https://kunichika-naika.com/information/hitori202006
https://kunichika-naika.com/information/hitori202007
https://kunichika-naika.com/information/hitori202007-2
https://kunichika-naika.com/information/hitori202009

ファストフードは自制心を著しく下げる⇒人生の成功のカギは自制心⇒お金持ちは、ファストフードは食べない。

そしてもう一つ大事な事!それは安い事=安全は二の次⇒激安原材料や美味しく感じさせる食品添加物(科学物質)が山盛り使われている⇒食べ続けると康被害は確実に起きる。

そしてもう一つの商業主義が私達の健康にダイレクトに被害を及ぼすのがコンビニである。基本コンビニに置かれている食品は添加物てんこ盛りのファーストフードと殆ど同じである。なぜか?基本は同じ・・・早くて安くてそれなりに美味しい・・・ファーストフードと全く同じビジネスモデルである。両ビジネスモデルを一言で言えば・・ありとあらゆる知恵を使い金を莫大にかけてバカからなるべく多くを搾取する目的産業である。

参考図書:1,食品の裏側―みんな大好きな食品添加物  2,食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物 安部 司著

学べば直ぐに判る事であるし、金持は経営的センスや原価分析などを含めてビジネスモデルの分析もする⇒直ぐに判る事⇒この価格では安全に作る事は不可能

種銭を作る為の「節約で削ってはいけない4つの出費」⇒『健康・価値を生む交際(メンター)・教育・食事』

私は健康オタクでも有りませんし、ベジタリアンでも有機栽培や天然食材至上主義者でも有りません。普通の学びが大好きな人間です。原理原則的に普通に考えて危険な物は危険なのです。

貴方は「真の金持ちになれる人の7つの特徴」に一つでも合致した所はありますか?誰でもお金持ちになれます、お金持ちの方程式は一つ(弊社WEBセミナーの参加者はすでに知っている)しか有りません。ただ、それを実行すれば余程運が悪く泣ければ殆どの人がお金持ちになれます。しかもそれほど高度な頭脳が必要な訳でも有りません。

しかし、普通に危険を知って居ても現実はあれこれ出来ない理由をわざわざ探しまくって価値ある安全行動を実行するひとは30人に1人しかいないと云う摩訶不思議な事が起きています。

つくづく・・人間と云う生き物は不思議すぎる生き物だと・・思いますね・・・ふー

自己保身、出来る事さえ、出来ないと・・・先送る也、愚鈍の日本

2022年06月29日

トヨタは凄い!凄いぞトヨタ!トヨタにあらずんば人にあらず

一昨日豊橋で・・・推定中型バイクと豊田商店の最新SUVが衝突した・・・何と1/5程度の軽いバイクと衝突して豊田商店のSUVは大破をしてしまった。バイクはまだ原型を留めている。どれだけ日本向けのクルマは手抜きをすれば済むのか?恐ろしい限りである。

私は命が欲しいので高速道路や長距離移動には日本製には乗らない!!!と常日頃から心がけている。本当に恐ろしい国である。

世界に向けて2021年末に宣言した・・・「今まではBEVには興味が無かったが、これからは本気でBEVに取り組む」⇒その新型BEVは発売早々タイヤは外れるリコールはするは!!!性能は10年前のテスラ以下だし・・どこが本気か???理解不能

タイヤが外れるリコール・・・信じられますか???原因は技術的未熟、ホイールを止める止め方をナットからボルトに変更したからと云う理由ですが・・すでに欧州のクルマなんて何十年も前からボルト止付け(その方が対応応力が強い⇒安全の基本のキ)なのに・難しい技術でも何でもない普通のメーカーが普通に何十年も前からやって居る事・それすら追いつけない。

乗り出し700万円以上(10年間のリースで約1000万円)もするBEVなのですよ!!!普通の労働者の1.5年分もする高価な商品でさえこの程度のテイタラク

そして充電性能は最悪・・・カタログ値には追い付けないどころか気温10度を下回ると極遅となり氷点下20度以下になると充電不可となる、しかも急速充電は1日2回以下、それ以上はバッテリー保護で普通充電性能並み(フル充電に20時間程かかる)になる!

社長が世界に発信”本気のBEV”での性能がこのテイタラク

マスゴミやエセ自動車ジャーナリストに金をバラまきヨイショの凄い、凄い、なんだか凄いを連呼する記事や動画を拡散しまくる。

私が株主なら臨時株主総会で役員全てのクビを切る。そんな大不祥事を起こして居るんですよ!!!日本人は政治でも経済でもリーダーの無能には全く無風どころか、錯誤の大応援団に成っちゃう不思議な国民なのですよ!

この大企業はクズばっかりの大企業では無いのです、若者はそれはそれは素晴らしい技術や情熱を持っているハズです。大企業病で忖度利口バカの無能な茶坊主ばかりが幹部になったせいで起きている恥ずかし過ぎる不祥事です。

日本人はとにかく正しくモノを見て判断する力が全く無い、リアリティー欠落症候群を罹患しています。

まさに小説・・”トヨトミの野望”に書いてある通りの事が今の今でも起き続けて居るのです。

老衰の、マンモスやがて、倒れしは・・・氷河の時代、長きに続く

全てのモノを腐らせる・・ぼんんぼん菌・・の破壊力、腐敗力の強さをまざまざと目の前で見させられている、まさに恐ろしき光景、ウジ虫どもの世が来たり!

若者をアンポンタンにする教育により搾取するぼんぼん政治屋

日本人の老後が大変な事になりそうである。日本はシルバー民主主義と言われて早50年、特にひどくなったのがこの30年、若者から搾取して経済的価値の無くなった老人にその富を移転する。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査をもとに分析⇒日本の給与水準は20代前半を100とすると、30代前半は90年が151.0、2020年は129.4だった。伸び率は30年で14%縮んだ。50代にかけての上昇も緩やかになった⇒簡単に云うと年功序列の昇給率が激減していると云う事である。

国際的にも日本の若年層の経済力は低い。経済協力開発機構(OECD)のデータをもとに計算すると26〜40歳の可処分所得は2.6万ドル(約350万円)と、米国(5万ドル⇒675万円)の52%と半分しかない。欧州主要国よりも低い。

若者はド貧しくなり自分のやりたい事も出来ない・・・あきらめ族や悟り族が多発してしまった⇒若者のソロ化が進行した!

そして止めを刺したのが2001年発足のおっちょこちょいボンボン、スモールスプリングと政商バンプーセンターの我田引水の派遣の全面解禁である⇒若者は自分の子孫さえ経済的に残せなくなった。

1975年子供は190万人/年間生まれていたのが・・2021年はたったの81万人まで激減した。この減少はこれからも続くのであろう。

政治屋は自分のミスを隠すために年金を積み立て運用方式(自分で積み立てたモノを老後自分が受け取る)から1985年賦課方式に国民が知らない間に改変してしまった。賦課方式は、年金支給のために必要な財源を、その時々の保険料収入から用意する方式。現役世代から年金受給世代への仕送り。

基本賦課方式は・・・人口が減らない事が前提で成立する方式である。年金純受給額は1965年度以前生まれの人ではプラスであるが、それ以後の生まれの人はマイナスである。損得でいえば、65年度以前生まれの人は得をしているが、それ以後の生まれの人は損をしている、その損は1人当たり6000万円にも及ぶ(若い人が損をする⇒確定事項)

憲法違反?法の下の平等はとっくに崩れている⇒それでも暴動を起こさない日本の不思議すぎる若者。

今どきの夫婦2人の老後の生活の場合。夫婦2人がゆとりある老後生活をおくるのに必要な金額は月額36万1000円。

「ゆとり」と考えるのは旅行やレジャー、趣味、教養にかかる費用、それに日常生活費の充実。

夫婦2人で老後生活「最低日常生活費」月額22万1000円⇒病気も出来ないギリギリ生活

ゆとり生活とギリギリ生活の月額の差は・・・14万円/月額

夫婦共働きの厚生年金⇒夫が月額約16万円で、妻が約10万円⇒月額26万円

奥さんが専業主婦の家庭⇒女性平均月額5万4000円+ご主人16万円⇒月額214,000円

ただし、持ち家ローン終了前提⇒賃貸住宅に暮らしていて、毎月10万円以上の家賃、定年後も住宅ローンの支払いが長期間残る場合は超厳しい。

年金だけでは毎月10万円の家賃分が赤字⇒10年で1200万円、老後生活が30年続くとしたら、家賃だけで3600万円の貯蓄が必要。

そして日本人の場合寿命前11年程度は不健康寿命となりますから医療費が確実にかかります。

厚生労働省の「平成22年度 医療費の動向」によると、70歳以上の医療費は年間 79.3万円となっています。 月額に換算すると1人 6.6万円。患者が実際に負担するのは、70歳以上の場合1割(高所得者は3割)⇒月額夫婦で1.3万円程度 1.3万円×12月×30年=468万円(平均)

しかし、医療費負担が増えたり、ガンや心疾患、脳疾患にかかれば・・高額医療となり患者負担は爆増する。余裕をそれなりに持てば医療費は夫婦で1000万円程度は蓄えるべきである。

★隠れたリスク(先送りに次ぐ先送りのごまかし)爆弾を山ほど抱えた日本と云う国の未来を生きる若者は本当に気の毒だと心底思う。少しでも若者の助けになればと真剣に思い弊社のWEBセミナーは出来ている。

★★この先日本が超幸運が重なり破綻を免れたとしても・・・年金などは今の半額程度出れば良いと推定される。もちろん、国力が低下し続けて円安が止まらなければ物価は上がり続けるから当然金利も抑え込む事は何れ不可能となるであろう。まさにスタフグレーションである。

こんなに若者の人生をメチャクチャにしたボンボン政治屋を未だに若者は支持をし続けて居ると云うもう・・狂気・・そのものの日本の現実である。

若人を、狂人にする、学び舎は・・・世界で唯一、不思議の世界

貴方も素早く弊社の提供する”真なる学び”に気付かないと一族郎党搾取されまくりゴミクズの様に捨てられる未来と成りますよ!

気付き・・・が不可欠です。

2022年06月28日

リアリティー無きジジイぼんぼん族の跋扈(ばっこ)

今の今、選挙で・・防衛費2倍(11兆円?)なんて声高に叫んでいる、山ほど通常軍備が有ったとしても1発の核弾頭の抑止力には敵わない!(注:私は核武装推進派では無い)しかし、経済力が無ければ戦争継続能力も無いのである。そんな当たり前の事すら理解をしていない。日本の自衛隊を揶揄した川柳に有るように・・・

”たまに撃つ、弾が無いのが、玉に傷”・・・見かけだけの張りぼて!借金山ほど抱えて産業は衰退に次ぐ衰退をして莫大な借金だけを積みます国賊政治屋、現実を直視しないリアリティーの無いボンボン族が日本を亡ぼす、それを唯々諾々と応援をする壊れた民族

日本人は本当にリアリティーが欠落しているとつくづく思う。リアリティーである。昔から日本人は精神論と確証バイアスに汚染された自己都合のみの計画数値に拘り過ぎて・・・時系列の確実に発生するであろう不具合やリスクに対しての思考が欠落をしている様である。

80年前の戦争もしかり、今の大借金放置問題もしかり・・・日本の未来に対してのリアリティーが無いのである。今後、少子高齢化、産業衰退国でさらに地球温暖化、1000年に一度の巨大地震多発期突入で今後どれだけの莫大過ぎる金が必要になるのか、なんて直ぐに判る事である。

先の戦争、国力が11倍強で有り、その戦略的物資の6〜7割の輸入に依存しているアメリカに宣戦布告(騙し討ち)なんて事を仕掛けるメンタリティーも・・もう狂人レベルの自己妄想である。

戦闘機でも数値だけの性能に拘り続け・・・被弾した場合のパイロットの命の保護なんてまるで考えられていない設計となって居る愚かさ

戦艦でもやたらデカイだけで何にも役に立たないモノを必死で作り続けた愚かさ、そしてその設計も被弾した状態でも戦闘力を最大限維持して沈没を免れる配慮(乗員の命の保護)の設計など皆無である⇒魚雷を片舷に受けただけで大きく傾き戦闘不能になったり、機関の停止、航行不能を直ぐにしてしまう愚かすぎる設計⇒敵軍の止まっている的に撃つ容易さ

実際の戦闘でも情報戦に敗れるどころか、リアル索敵機の取り決め通りの敵発見情報を1時間も思案(自分の事前想定と現実発見情報の乖離で悩んだ)して利口バカの決断が遅れ・・日本海軍は空母4隻、航空機約300機、とあまたの優秀な莫大な金と時間をかけて養成したパイロット等を失うという大きな損害を受け、以後の作戦の主導権をアメリカ軍に譲り渡した⇒しかし、ぼろ負けなのに本国では勝った、勝ったと大勝利のマスゴミ報道、誰も責任を取らない。以下詳報

https://www.jacar.go.jp/modernjapan/p15.html

まさに、今の日本の大衰退の主原因である、利口バカの無謬性が上記の戦争判断の愚かさでも見て取れます。しかも、その後も同様の失敗を先の戦争でもその後も何度もしでかして居る現実が有ります。

今の今現代でも日本の政治屋や官僚はその本質的なリアリティー能力が欠落をしている。

★例えば・・・某お腹痛い、痛いで2度もやめちゃったボンボン氏は・・・「日本はどれだけ借金を積み重ねても破綻する事など無いと断言をしている。」⇒そんな事は100%あり得ない事⇒まさに80年前の戦艦大和は不沈戦艦と云うのと全く同じメンタリティー

国会で118回も公的に認定されたウソをつきまくっても平気である⇒こんな御仁を日本人は圧倒的に支持をしている。ロシアのプーを支持しているロシア人と日本人は全く同じアホーである。

★日本の大企業も全く同じである。基本のキ、原理原則が全く理解できていない経営者ばかりである。組織論を全く理解して居ない。企業は人なり・・・基本のキが理解できていないのである。

日本の民間企業の人的資本投資額はGDP比・・ドイツの1/6、アメリカの1/5、フランスの1/5、イタリアの1/3しか無い!⇒これでどうやってグローバル競争に勝てと云うのか???まるで80年前の愚かな戦争を精神論と云う空想でしかけたバカと瓜二つである。

さらに日本国としての人的資本への教育投資はもっと、もっと悲惨である。フランスの1/15、ドイツの1/10、イタリアの1/5、アメリカの1/1.5しか無いのである。

さらにさらに、その上に日本の義務教育を始めとする高等教育までが全く時代遅れの序列教育となり経済的価値ゼロ近傍で若者は社会に放り出される!素材が最悪で料理人が全くやる気もスキルも無かったら・・・出来上がった料理はどうなるのか????

そんな簡単な事さえ・・・日本の利口バカ(為政者やリーダー層)は理解できていないのである。

大企業は下請けから搾取し、企業は社員から搾取し、国家は国民から搾取する・・・80年前と全く同じである。

繰り返す、愚の連鎖也、日本人・・・無限ループの、哀れなりけり

2022年06月27日

日銀の資金循環統計2022年第一四半期⇒発表

日銀の資金循環統計2022年第1四半期の資金循環の最新版が発表されました。以下がその概要ですから皆様もキッチリ頭の中に入れておいてください。

https://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjexp.pdf

ジャブジャブの借金漬けである事に変わりは有りませんが・・・将来不安と貧富の差の拡大や老若差の拡大から・・国民の金融資産も借金と同様に伸び続けて居ます。ドンドン、貧富の差の拡大はその格差を広げつつ有ります。

原理原則⇒借金は借りた人間が確実に返済義務が存在する⇒こんな当たり前の事さえごまかしちゃうボンボン族の為政者!!!これをデタラメと言わずに何と言うのか?

全く見ず知らずの他人様の食った”うな重の上”の請求書が貴方の子供に支払い義務者決定と云う通知と共に来たら貴方はどう思いますか???

今後、確実に来るその他人様の借りた借金の請求額は・・・うな重の上の1万倍以上になります。

しかも、しかも、自分が外遊で良いかをする為に外国人にも大盤振る舞い!自国民の1/3は苦しんで居るのに・・・あほか!以下その詳細

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/307398

例外無く100%貴方と貴方の子とその子孫に来ます⇒断言

世界のインフレ⇒円安⇒コストプッシュインフレ⇒スタフグレーション⇒交易条件の劣化⇒エネルギー、食糧の暴騰⇒・・・世界の不安定化

日本の富裕層や老人が何らかの事情やアクシデントで一気に預金を引き出したらどうするのでしょうかね???日本は一発でジエンド・・

1000年に1度やって来る巨大地震の多発時代や、地球温暖化の気象の激烈悪化による大被害や、価値観の違いによる台湾有事等の東西の大規模衝突や、日本や中国や発展途上の複数国同時の発の世界恐慌やら・・・アホープーの核ミサイル発射のパニックやら・・・食料やエネルギー争奪の世界紛争やら・・リスクの芽は爆増しつつあるのに・・

100%確実に起きる巨大リスク⇒その対応は日本は全く、全く、全く、全く、全く!!!!!!!!何もしていない。

ゆでガエル、気付けし時は、遅し時・・・崩壊の国、責任者無し

大きな、大きな、ため息が出る‥ふー

毒を平気で食らう民⇒それは日本人、我が子に毒を盛る毒親の居る国

医食同源・・・原理原則ですよ!・・・食するモノの安全は日本の商業主義と日本人の安全リテラシーの欠落で・・今の今、恐ろしい事に成って居ます。欧州で一つの食品添加物を禁止したら数年後にガンの罹患率が激減したと云う事実が有ります。その添加物は日本では未だに合法で使われ続けて居ます。先進国で唯一ガン死が第一位であり、増え続けて居る国は日本だけです。

商業主義に汚染された現代社会の外食や食品業界は・・・金の為に顧客の健康を最悪にする魂を悪魔に売り渡した連中である。

糖質を隠し味として入れるとなぜか?美味しく感じてる⇒脳内のドーパミンが放出され快楽中毒⇒多食やリピートが稼げる。糖質過多がもたらす健康被害はもうキッチリエビデンスが確立している⇒もっとも毒性の高いのがAGE。

AGEとは糖質とタンパク質を同時に加熱することでできる終末糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)のことで、強い毒性を持ち、老化促進の元凶として注目される物質です。タンパク質に過剰な「糖」がこびりつき、タンパク質が糖化され、AGEと呼ばれる劣化したタンパク質のなれの果ての物質が溜まる⇒老化の加速⇒老化に伴うあらゆる病気の発症(最悪ガン)

広範囲にさまざまな病気の発症⇒皮膚に蓄積されればしみ、しわ、たるみとなり、血管であれば動脈硬化、心筋梗塞、脳血管障害に、脳であればアルツハイマー病などの認知症に、目であれば白内障に、骨であれば骨粗鬆症、その他がんや変形性関節症など。ありとあらゆる場所で深刻な病気を引き起こす⇒AGE値が高い人は、老化の進行が顕著で寿命が短くなる。

AGE⇒糖質とタンパク質を同時に加熱⇒こんがり焦げた褐色の部分が、糖化した部分⇒ホットケーキのきつね色の焦げ目⇒ステーキやトーストを焼いた時の褐色の焦げ目⇒美味しいけど猛毒

★さらに恐ろしいのは日本の世界一規制の緩いあまたある食品添加物である。

日本は衰退の連続の30年間で原価低減圧力が増し、より安い原材料に食品添加物を使い、味、見た目、食感を良くする。 そこでメーカーいかに安い原材料で売れる商品を作るかが開発の最重要ポイント。 日本人の味覚は敏感なので、かなりシビアな味の調整が必要となり、ここで食品添加物がどんどん使われるようになるった。

「米国では食品医薬品局(FDA)で発がんリスクが認められた『ベンゾフェノン』や『アクリル酸エチル』など6種類の香料を使用禁止にしましたが、日本は野放しで使用を続けています」

「冷凍食品の総菜や揚げ物に使われる加工デンプンは、細かく11種類に分類されますが、そのうち『ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン』と『ヒドロキシプロピルデンプン』は発がん性が疑われており、安全性が確認されないとして欧州食品科学委員会が警告を発しています。しかし日本では加工デンプンとして一括表示が許されており、これらの添加物が含まれているかどうか、食品表示から判断できません」

そしてこの度、消費者庁は食品添加物の表示基準を変更しました、今迄の表示基準のいい加減さを直すと云う名目で無添加とパッケージに表示する場合にはメチャクチャめんどくさくなる様な基準の導入です⇒真実は超危険なのにお役所が認可している添加物は安全を浸透させるために無添加食品など作るな!!!と云う様なお達しです⇒日本は世界で有数の食品添加物大推奨の国です。

★★そしてさらに恐ろしいのはトランス脂肪酸⇒食品業界と癒着している日本のお役所(農林水産省)でも、でも以下の警告をしている⇒WHOや欧米ではさらに強い警告を出しているので警告を出さざるを得ない状態に追い込まれた?以下日本の農林水産省のトランス脂肪酸への警告

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/trans_eikyou.html

トランス脂肪酸については、飽和脂肪酸(ミリスチン酸及びパルミチン酸)心血管疾患(CVD)、特に冠動脈性心疾患(CHD)のリスクを高める確実な証拠がある。

トランス脂肪酸は血液中のLDL(悪玉)コレステロールを飽和脂肪酸と同様に増やす、HDL(善玉)コレステロールを減らすため、飽和脂肪酸よりも血液の脂質プロファイルをアテローム性(動脈硬化などの原因となる)に変化させる。トランス脂肪酸の摂取は冠動脈性心疾患のリスクを増やす。

ドーナツやフライドポテト等々のジャンクフードは金出して猛毒を食している事と同じである。

商業主義は知らぬ間に一人一人の人間の真の幸せを奪う恐ろしい人間の持つ強欲の発露としての最悪の結末へと導く・・・

幸せを、求めて知らず、幸せは・・・皆皆知らず、うたかたの泡

2022年06月26日

途方も無く暑くなり途方も無く大量に上がった水は・・・爆下がりの大雨

地球温暖化間違いなし、群馬県伊勢崎市で40.2℃を観測、今年全国で初めての40℃到達で、6月に40℃を観測するのは国内での観測史上初めて。

地球が温められれば、その分、水蒸気は空気中に上がり続ける、やがて冷えて土砂降りの雨となる、当たり前の事ですね、今後は大洪水の可能性が日に日に高まり続けるのでしょうね。日本の都市計画は基本ド古く、災害の事など微塵も考えられては居ません。

集中豪雨で河川反乱が起きれば日本中何処の街も、ほぼ30〜50%程度は水没エリアが存在しています。水没する様な線状降水帯を持った豪雨がどこで何時降るかは運任せと云う事になります。しかし、そんな危険な所に平気で住めるメンタリティーにも驚きますが・・さらに驚くのはわざわざその危険な30〜50%の所を安くも無いのに選んで購入して新築住宅を作る人間が年間20〜30万人も存在すると云う驚愕の事実である。ふー

確実にリスクリテラシーは欠落していて、日本の教育が崩壊している事の査証となり得る。高等教育を受けて医者になった医者でさえ、人々の命を病を治して救う事が仕事としている、本分を忘れてこの超危険なエリアに開業をしたり自分の住宅を新築して居る図を見ると・・・大きな、大きなため息が出る。ふー

世界では大規模な山火事が多発したり、干ばつ等々で飲み水さえ確保できなかったり、52度なんて気温で人が行き倒れになったり・・大変な事が起きている。

日本は森林が多く、比較的降水量の多い気象が多い地域だから飲み水などの不足の実感は無いかもしれないが・・・一度カードが裏返ると・・・大洪水のリスクが存在する。

災害復旧や被災者応援にも莫大な金がかかる、日本は少子高齢化や産業の衰退がさらに悪化して、アホ政治屋は借金を積み増してごまかす事しか出来ない。そんなアホー政治屋をこれまたアホー国民が応援をしている図が存在する。

釈迦曰く・・・一切皆苦・・・の苦の比率や苦の深刻度はこれから増していくのだろう。

捨てられし、下位3割の、負け組は・・・生きるすべ無く、イディオクラシー

答えが解って居るのに・・・O点しか取れない日本人とは?

大気の状態が不安定で・・・突然の雷、大雨・・・風雲嵐を告げる!・・空も日本もである。

日本人と云う人種は実に不可解な人種であるとつくづく思う。答えが出ているのにその答えを答案用紙に書かなにのである。同じ間違いの繰り返しでテストの度に連続0点を取り続ける民族・・0点しか取れないのになぜか?自分自身を幼い大昔に取った0点から70点を取れた成長(昭和の成長)を、なぜか?凄い100点(俺は世界一)と錯覚し優秀と信じ込んでいる生粋のアホーである。

1989年ジャパンアズナンバーワン・・なんて、実は無かった。正確なデーター分析をすれば、バブルの頃でも日本は置いてきぼり国家であった・・ただ、人口が多くアメリカの下請けが好調だったダケ⇒失われた30年が過ぎやがて失われた40年と呼ばれる前に・・・普通の国としての日本と云う国そのものが存立しない可能性さえあり得る。

現状維持の日本では、どれだけ真面目に働いても給料が上がらない⇒企業の労働生産性が低い。日本の一人当たり労働生産性は、2019年はOECD加盟37カ国中、26位、主要先進7カ国比較では(日本、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア)日本は50年以上も連続最下位⇒バブルの頃でさえ最下位!!!

国際競争力はバブル前の世界1位から・・・今は世界34位まで低下してしまった⇒この現実をっヤバすぎると心底心配する日本人が居ない。ふー

日本は30年もの間、働き方の大改革に無着手。1980年代に頂点の成功体験に酔いしれ仕事の進め方、組織構造、学校教育などは一切変化していない。失業者の再教育の場も30年前と全く同じ⇒零細企業の工場で下働き出来る作業教育しかしていない⇒価値無き人間しか生まれない。

日本人の衰退を改善する為に必須の事は間接業務のデジタル化を進めて生産性向上⇒35〜55才のクビをドンドン切る⇒ぬるま湯状態では掛け声だけの現状維持⇒下位1/2は強制失業⇒やる気の有るモノと無いモノの選別⇒本気の失業者は再教育によって21世紀に必要なスキルを身に付けさせる。

日本政府は現状維持の対処療法「要らない人を失業させ、公的責任で21世紀のスキルを身につけさせる」⇒痛みが伴う覚悟が無ければ絶対に進化などしない⇒それが日本人の本質。

もう答えは何年も前から出ているし、何人もの賢者が”これが正しい答えだ”指摘をしている。

日本人と云う不思議な民族は、その正しい答えをあえて採用もしないし、答案用紙にも書かない⇒行動しない⇒間違いの連鎖をやる事に拘り続けて居る。

目の前の子供が一番大事、子供が可愛い、子供の為なら何でもやる!!!なんて声高に叫ぶ親も自分の子供の未来が確実に崩壊する事に対して何の違和感も持たないし、唯々諾々と子供の未来の棄損を承認している⇒バカ親を通り越して私は鬼親だと思う。

日本人には思考する能力も時間軸で考えると云う能力も確実に欠落をしている。

まさに82年前に白洲次郎氏が・・・日本にはプリンシプル(原理原則)が全く無いと断言した様に私も今の今心底そう思う。

ずるずると、先送りなり、やるべきは・・・放置の付けの、虚脱なりけり

2022年06月25日

マインドコントロールされるウソ社会でどう生きるか?

商業主義が人間の思考まで再定義して・・・搾取しやすく顧客を洗脳するビジネスに急速に移行

AIにコントールされない様に・・・自分で思考する能力を爆上げしないとこれからの時代は搾取され続ける運命が待っている。すでに広告宣伝やネット販売には大量にAIが導入されていて、少しでも気を抜くと自分の考え方までAIによりAI(AIを仕掛けた大企業)に都合が良い思考回路に誘導されてしまう⇒特に危険

今はネットでは閲覧披歴などなどをAIがモニターしていて、閲覧者が見たいものが全面に出てきてアピールする様な仕掛けとなって居る。閲覧者を思考誘導し確証バイアスを補完、増強して売りつけるのである。

その1,「リスティング広告」では、登録されたキーワードが検索されたときに、そのキーワードに関連する広告を配信。Googleなどの検索結果画面に表示される広告をイメージ。この方式は、利用者の行動を分析するのではなく、広告主が想定した「キーワード」を広告表示に用いる。

その2,「リターゲティング広告」は、一度あるサイトを訪問した利用者のブラウザに情報を保存しておき、他のサイトを表示しているときに、過去に閲覧したサイトに関する広告を配信、特定の情報に興味を持った利用者を誘導するには有効。

その3,「インタレストマッチ広告」は、利用者の性別や年齢層、過去に訪問したサイトなどの情報を組み合わせて、関心が高そうな利用者に向けて特定の広告を配信。便利だが、自分の行動が監視されている。

その4,「リコメンド機能」において「傾向の似ている人」を見つける手法としては、「アソシエーション分析」や「マーケット・バスケット分析」ビッグデータ分析を行うためのコンピュータの性能が向上で、現実的販促として提供。

★それは、それは、恐ろしいですよ!ダイナミックプライシング・・我が家で同じ商品を妻と私で別々のパソコンで私のブラウンの髭剃りの刃を同時に検索したら・・・時間も商品も販売企業も全く同じなのだけど販売価格が違って表示された・・私の方が800円(価格の2割程度)程安かった。(新品定価8000円⇒ネット販売4000円)粗悪なサードパーティーには注意

このAIの思考を私なりに考えて見た推測が・・私は男(必要者=商品知識が有る)そして私はこのブラウンの刃の検索を複数回、複数のサイトで検索した!妻は私に言われて初めて検索した。ダイナミックプライシングは検索する人間の知能やスキルや考え方なども考えて価格を表示している。

★★さらにこのAIによるダイナミックプライシングの恐ろしさは・・妻がミネラル一杯入った天然の無添化のヒマラヤ岩塩を買った。全く同じメーカーの全く同じ商品である。マイナーな無添加サイトだと288円、メジャーなアマゾンだと1275円と云う4倍の差が有った。全く同じ商品で全く同じ時間である。ダイナミックプライシングの原理は・・・需要が高ければドンドン価格を吊り上げていくと云う値付けであり、需要が下がればドンドン価格は下がるという事である。

全ての一人一人に全く同じ商品でも違う価格、その人間が買えそうで一番利益率が高い売り方をしていくのがAIのダイナミックプライシングの本質である。客の顔(コイツバカだから)を見て吹っ掛けると云う昔々の悪徳商法の現代版なのかも知れないね・・ふー

販売だけではない、ニュースや論文等の思考迄・・・AIにより確証バイアスの補完と増強がなされている。ネット会社は閲覧者のページビューを稼ぐだけで儲かるシステムとなっているからモノを売らなくても儲かるのである。

時々自分の意見と違う事を言われてネットで自分の意見が正しい事を証明する為に検索しまくる人が居る・・・それはAIにより自分の意見が正しいと確証バイアスを補完・補強する記事しか出てこないのである。

そもそもネットに出ている情報の約5割はウソ(真に価値有る情報は1〜2割程度)である。もちろん、嘘の程度は軽微なモノから真逆の大嘘までバリエーションは豊富であるが・・・特に功名なのは嘘と宣言をしながらウソを信じさせるテクニックが使われている素人を騙す高等なテクニックが駆使されたモノまで存在する。

同じ研究の高位の学者が書く論文(ペーパー)でも真逆の結果が出る事が良くある!その同じ研究の論文を片っ端から当たりまくり読みまくり多くの論文(なるべく多く・出来れば30程度)の深掘り思考をしてメタ解析をすると・・・本当に正しい意見にたどり着く事も良くある事である。

とにかくなるべく多くの書籍や論文などを高度なスピードで読み込み、解析し、比較し、思考する能力が無い人間に真実(未来の現実)など見えてこない。

読書と考える事が苦手なんていう人間は確実にAIの餌食になり搾取されまくる人生となる。

普通の国は善人が5割、悪人が5割である。正規分布となる、しかし、残念ながら日本はあらゆるモノが例外なく劣化をしてしまって居るので・・善人1割、悪人9割と考えて生きる事が不可欠な国となってしまって居る。さらにこの先その弊害は顕著に表れる事は間違いない事である。

大昔の侍が居た時代、4公6民であり、5公5民になると大重税、6公4民になると命がけの一揆がおきたと言われている。今の時代は未来の子供たちへ許しも無く大借金を積み充てても現在5公5民状態である。いずれ借金が出来なくなれば確実に7公3民程度までならざるを得ない。

明確過ぎる日本の未来である。

さらに恐ろしい事は日本国憲法では法の下に万民の平等をうたってはいるが現実は大きく違う脱法行為を日本人のほぼ全ての人間が認めている。

徴税の基本のキ!所得税は・・・利益からの税負担・・・が大原則である。累進課税さえ本質論から言えは憲法違反である。一番公平なのは他の税を全部無くして消費税1本にしてしまうのが法の下の平等と言える。

日本国のGDPは540兆円・・消費税を20%のみにすれば…税収は108兆円=現在の国家財政となり借金などしなくても全く問題無いし公平である。

しかし、今はあらゆる税が私たちにのしかかる、なぜか?税を徴収したり計算する山ほど居る役人(行政機関の権力と職員の数の温存のためである)その利益の補足割合は・・昔からサラリーマン9割、自営業6割、農業4割・・と言われていた。しかし、今の今利益の補足は・・サラリーマン10割、自営業5割、農業3割、政治屋1割と云う状態である。

サラリーマンが100%搾取の対象となって居る!!!!だから日本国民はみんなサラリーマンにする様な世の中の常識作りがマスゴミや教育屋や大企業経営者、官僚が日本国民を洗脳する為に世の中の常識を作り上げている。

とにかく日本の社会は為政者や大企業の決めたルールに従わないアウトロー(起業家・自立者)は徹底的にいたぶり邪魔をし潰すと云う社会モラルが構築されている⇒経験者談(私の事)

人生の七味唐辛子を頭から何度も何度も騙し討ちの様に被りまくった経験がある。弱いと見るや豹変して平気で手のひらを返して攻撃してくる。味方と思ったら後ろから鉄砲を撃たれて死(倒産)にかけた事も何度もある。

注:人生の七味唐辛子とは「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」この7つ⇒頭からかぶりまくっていた頃は・・死と隣り合わせ的な・・必死だったけど、今となってはこの七味唐辛子で私は鍛えられたと感謝をしている。

書籍:国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶⇒著者・加谷珪一、性悪ニッポン何時まで続ける?幻冬舎新書・・・の内容が痛い程同感として私の心に刺さりまくる。

親ガチャ大外れの私は12万人に1人の・・日本の過酷過ぎる過酷を超幸運にも生き延びた人間なのですよ・・統計的にはね(笑)

原理原則・・・日本が大衰退するには大衰退しつづける理由が確実に存在します。それは日本人の劣化、悪徳化以外に理由は存在しません。日本で大量に売れている高額商品は全てに言える事ですが・・・”超下品”です。正規分布が維持できなくなり山が左(劣化)に大きくズレている現実を見ても判る事です。あらゆる日本のデザインが下品側に移行して居ます⇒真の先進国では売れない。

だって日本は選挙で為政者を選べる国ですから・・・一応ロシアや北朝鮮などの様に独裁者による選挙改ざんは無さそうですからね!

今の現実(大衰退)は日本人が自らイディオクラシーで選んだ結果に間違いは100%有りません。

不思議なり、オラオラ顔の、下品物・・・爆売れ日本、不幸度MAX

幸せを、求めて不幸、何故なんだ・・・自らバカと、悟べきかな…→哀れな民族日本人

2022年06月24日

笑っちゃうぜ!!!一丁目一番地さえ出来ていないボンボン大企業

笑っちゃうどころか・・・基本のキ・・さえ出来ていない日本の大企業・・以下日経記事要約

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は23日までに、新型の電気自動車(EV)の販売を停止した。販売を止めたのはトヨタの「bZ4X」とスバルの兄弟車「ソルテラ」。急旋回などでタイヤのボルトが緩み、脱落する恐れがあるとして国土交通省に同日付でリコール(回収・無償修理)を届け出た。リコール対象は双方合計で204台。リコールの原因を特定し、生産・出荷のメドが立ち次第、販売を再開する。

不具合や事故は確認されていないが、脱輪の恐れのあることが海外からの情報で判明した。リコールの対象は3月2日から6月2日までに国内向けに生産された全車両で、bZ4Xが112台、ソルテラが92台。bZ4Xは海外向けも含め約2700台を生産したが、海外では各国の制度に沿って対応するとしている。

****************以上、日本経済新聞の記事である。*****************

ボンボン社長が大見えを切った・・・「トヨタ本気のEV」・・・の実力である。もちろん、新車には初期不良やリコールは時折散見されるが工場出荷直後の新車の・・”タイヤが外れる”・・・と云う車としての基本のキがダメになるのは・・

(ボンボン氏が決算会見で大見えを切った⇒俺は車屋!だ!!!・・・⇒ほんとにそうか?)

私の記憶では・・三菱のトラック・・・空飛ぶタイヤ・・しかない。結果外れたタイヤの直撃で母と子が死んでいる⇒なんと・・・それを隠蔽しようとした三菱の経営陣が存在したのである。ドラマにも映画にもなった、是非まだ見ていない人は見て下さい。日本の大企業の本質が良く理解できます。

それとリコールでも何万台、何十万台の中の、何年にも及ぶ疲労等の蓄積により、そしてそれなりの割合の事故や不具合でなされる事が多い⇒企業としては莫大な損失が出る。

https://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/report.html

スバルなんて金魚のウンコに成り下がったメーカーであるから問題外の何れ消えてなくなる運命と私は思う。

このたった3ヶ月3000台しか生産していなくてリコールを発表するのはその発生国が推定アメリカと云う事だろう。このボンボン氏、アメリカのフロアマットのリコールでヒドイ思いをした経験をしている。以下はその事件の要約

「2009年から10年にかけて複数のトヨタ車に対して発生した「意図せぬ急加速問題」では、豊田章男社長自身が米議会の公聴会で証言した後に、アメリカの運輸省当局は基本的な自動車の電子制御に関する欠陥はなかったことを明らかにしています。その一方で、この問題に関する民事訴訟では、トヨタ側は最終的に和解に応じており、その総額に関しては訴訟費用等を入れると30億ド(3000億円)以上になると言われています。更にこれに加えて、先週3月19日にトヨタは米司法省との「和解」に応じており、12億ドル(1200億円)の和解金を支払う代わりに「刑事訴追」を免れることとなりました。」

素朴な疑問・・・公的に欠陥は無かったと証明⇒何故に?1200億円も支払ったか?⇒明らかな司法取引?

それにしても今回のBEVのリコール、基本エンドユーザーの所には殆ど手わたって居ない状態でのリコール、この生産台数だと試乗車とか展示車で全ての台数が消化する。

ライバルメーカーに比して性能が3割低く、価格が2割高く、デザイン最悪、そしてタイヤが外れるって車!!!私は本気のBEVと言われても・・???何と思ったらよいのか???

経営センスゼロ!!!!としか思えない。千度を軽く超す溶岩流が流れる所に何千人が住む新町を作る決断をするだけの事は有る。ふー

この”溶岩流の街を造る理由”を、どこのマスゴミもジャーナリズムも全く質問をしない事をもってしても日本にジャーナリズムは存在しない事の証明である⇒日本は本当に恐ろしき国と痛感する。

中国全体での自動車の年間販売台数は2627万台、国別のシェアでは、中国系メーカー車が41.2%、日系22.6%、ドイツ系22.3%、米国系9.6%、韓国系2.7%、フランス系0.4%、その他欧州系1.2%そして日本の最大貿易国中国での日本の高級車の販売シェアは全体シェアと比してお寒い限りである。中国での高級車の区分けは車両価格が30万元以上(日本円で605万円以上)のクルマは347万台(約全体の13%)売れたとのこと

ドイツメーカーが圧倒的(66%)、BMW⇒83万台、ベンツ⇒78万台、アウディ⇒68万台、テスラ32万台、中国新興3社⇒28万台、レクサス⇒21万台(6.0%)である。

中国でももはや日本車は安いから売れているダケである。

全く今回のリコール不祥事の企業と全く同じ匂いのする大企業を扱った・・・テレビドラマ再放送を数か月前に見た!その名は・・・「ザ・商社」である。1980年放送、松本清張原作、山崎努主演

日本の今の大企業が42年も前の大企業と同じ匂いがする・・・情けなさ、場面や業種は少し違うがビジネスの構成、ビジネスモデルは全く同じ企業文化を感じる。

原理原則⇒本質論・・それは日本人が劣化し、日本製品の競争力が1980年代と比してその割合は44%にまで激減(世界全体の輸出シェアが9%⇒4%に激減)した事が主因である。当然製品が悪いのだから安くしなければ売れない、マーケットも先進国から後進国へ移る⇒国内に入る富は減少し続ける。

その現実を見つめようとしない日本人が居る⇒81〜85年前と全く瓜二つである。責任の押し付け合い足の引っ張り合いに明け暮れ疲れ果て、皆がそれなりに忖度出来る”ぼんぼん力”で解決する事など絶対不可能である。

ぼんぼんの、毒素が廻る、忖度の・・・茶坊主跋扈(ばっこ)、繰り返す也

燃える街、タイヤ外れし、新車かな・・・それでも平気、不思議超越・・・⇒まさに日本人の負のDNAそのモノである。

生きづらく、鬼畜の所行、目の前に・・・私は人で、在るを望みて・・・生きる事は修行!ふー

選挙だ!足し算引き算も出来ない!まともな文章も書けない読めない、そんやアホーを議員にしてどうするの?

生命保険文化センターが2019年に行った「生活保障に関する調査」によると、「老後生活が経済的に苦しくなること」を不安に思っている50代女性は52.1%と半数以上

老後生活への不安を聞くと、79%が不安を感じている⇒特に30代女性では88%が不安を感じており、全ての性年代で最も高い⇒女性40代でも87%、20代でも82%と8割を超え

不思議な事に日本の場合、老後までに時間が多くある人程不安度が高いと云う結果、そして老後直前の男性60代では56%が「備えをしている」と回答⇒4割以上は備えができていないと云う事実の存在をどう見るか?

定年後の貯蓄の実態⇒全体の平均、二人以上の世帯における2021年平均の1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)

総務省が2021年5月「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2021年(令和3年)平均結果-(二人以上の世帯)」世帯当たりの貯蓄額。1世帯当たり貯蓄現在高1880万、貯蓄保有世帯の中央値1104万円

貯蓄平均1880万円を下回る世帯が約3分の2、以下、貯蓄額の分布

 ・4000万円以上・・ ・・12.8%
 ・3000万〜4000万円・・・6.7%
 ・2500万〜3000万円・・・4.8%
 ・2000万〜2500万円・・・6.4%
 ・1800万〜2000万円・・・2.7% ⇐平均貯蓄額(1880万円)これ以上が1/3、以下が2/3
 ・1600万〜1800万円・・・3.6%
 ・1400万〜1600万円・・・4.0%
 ・1200万〜1400万円・・・4.9%
 ・1000万〜1200万円・・・5.3% ⇐貯蓄保有世帯の中央値(1104万円)⇒正規分布の下振れ
 ・900万〜1000万円・・・3.1%
 ・800万〜900万円・・・3.7%
 ・700万〜800万円・・・3.5%
 ・600万〜700万円・・・4.0%
 ・500万〜600万円・・・4.6%
 ・400万〜500万円・・・4.2%
 ・300万〜400万円・・・5.0%
 ・200万〜300万円・・・4.9%
 ・100万〜200万円・・・5.3%
 ・100万円未満・・・10.5%

★「無職の高齢者世帯」世帯主「65歳以上の無職世帯」の貯蓄

【65歳年金暮らしの夫婦の平均像】

・貯蓄:2,524万円、負債:22万円・収入:23万1,079円(そのうち公的年金が21万5,603円)
▲支出
・食費:6万5,789円
・光熱/ガス代:1万9,496円
・家具/家事用品:1万0,434円
・被服/履物:5,041円
・保険医療:1万6,163円
・交通/通信:2万5,232円
・教育娯楽 1万9,239円
・その他(理美容、身の回り品、交際費等)4万6,542円・・・合計約25万円

出所:総務省『家計調査報告 家計収支編、貯蓄・負債編』より

しかし、今後日本の衰退で年金の実質が下がったり、円安等々で物価が上がる可能性が大、そして上記シュミレーションのごまかしは圧倒的に少ない「生涯健康に暮らす夫婦」が大前提。

平均・・と付いたら確実に疑う必要がある。ごまかしの為に役人は平均を多用する。

★高齢者の資産分布を無視している⇒平均以上1/3、平均以下が2/3の存在割合、そして下位1/3は貯蓄も上記の1/3〜1/10(無貯蓄14.3%・無年金3.5%・国民年金5.6万円/月のみ22.4%)以下である現実

★★役人のごまかし体質が顕著、マスゴミの忖度体質が顕著⇒日本人の老衰死の割合は平成30年の全死亡者に占める割合は8.8%⇒ここ5年で3倍以上に増加⇒金無し老人の終末医療の放棄と推定

【日本人の死因(2019年)】⇒病気=莫大な金が必要

1位 悪性新生物(腫瘍) 27.3%・・・・⇒ガンが死因第一なんて国は先進国には日本以外無い
2位 心疾患(高血圧性を除く) 15.0%
3位 老衰 8.8%・・・・・なぜか?ここ5年程度で3倍⇒医療放棄?
4位 脳血管疾患 7.7%
5位 肺炎 6.9%
6位 誤嚥性肺炎 2.9%
7位 不慮の事故 2.9%
8位 腎不全 1.9%
9位 血管性及び詳細不明の認知症 1.5%
10位 アルツハイマー病 1.5%

厚生労働省によると、日本人の生涯医療費は約2,700万円。そのうち6割ほどが、65歳以降にかかる費用。つまり、老後平均18年間は1,600万円ほどの医療費がかかる⇒老後1年当たり90万円(1ヶ月約7.5万円程度。夫婦2人世帯では2倍の年間180万円(月当たり15万円)の医療費が平均的な医療費となる。

もちろん、保険適用の場合高齢者の負担は今の所2割程度(上限57,600円)ですが、今後この割合は少子高齢化大衰退の日本の財政を考えると上げる(2〜3倍?)しか他に方法は無い。社会保障関係費は現在36兆2735億円/年額、今後毎年1兆円づつ高齢者を中心とする社会保障費は増え続けて行く事は間違いない事⇒そしてその増額加速度は増していく事も間違いない。

たぶん高齢者3640万人の約1/3〜1/2は落ちこぼれるだろう、そしてその高齢者を貴方が強制的に徴税されて実質面倒を見させられると云う近未来画確実に来る。同様に高齢者以外の落ちこぼれが、これまた人口の相対的貧困率は15.4%程いるので・・・これも同様に貴方に負担がかかる。

会社員らの健康保険組合は加入者の賃金水準が新型コロナウイルス前に戻らない中で、高齢者医療を支えるために毎年3兆円超を拠出(今後爆増間違いなし)、22年度は全体の7割にあたる963組合が赤字予算。

現役世代の苦境は今後さらに深刻になる。政府の推計では、現在40兆円の医療給付費は2040年の医療給付費は68.5兆円と20年度の約1.7倍に増える一方、20〜64歳の現役人口は2割近くも減る⇒費用は7割増えて負担者は2割減る⇒ザックリ9割増えると云う事。社会保険料は、企業と従業員が約半分ずつ負担、負担額は従業員の給与によって異なり、介護保険を含めると給与の約16%を両者で負担。

日本の相対的貧困(1ヶ月約10万円以下で暮らす人)は65歳以上の高齢者世帯や単身世帯、一人親世帯が多い。2019年に生活保護を受けた世帯のうち、54.1%が高齢者世帯、49.5%が単身世帯

労働者6000万人の内上記1/4の1500万人が国民全体の下位1/4の人3000万人の面倒を見る社会が来ているのだろう。なんとも勝ち組も負け組も同様に恐ろしい日本社会である。

バカ過ぎる政治屋やアホリーダーを選び続けた愚が・・・まさに日本人に因果応報としてもたらされるのであろう⇒これから日本で多くの人生を過ごす今の若者やこれから生まれ出でる幼子の人生を思うと・・胸が苦しくなる。

バカ親の、我欲のつけが、子に注ぎ・・・親ガチャ外れ、大苦大凶


2022年06月23日

真実を見つめる勇気と英知を持とう⇒どれだけ虚飾しようがウンコはウンコ

羊の皮をかぶったオオカミと呼称された、昭和の良きスカイラインGTR、今の豊田商店のデザイン部長が・・中身がオオカミで有ることが重要と「狼の皮を被った山羊になってはならない」…デザイン部長が語る・・とのネット記事が有った。実態はオオカミどころかウンコの形態をした・・・醜い金儲け主義の昭和の遺物

子供のお絵描きレベルのデザインをする豊田商店のデザイナーって???・・・理解不能、ロクでもない汚らしい汚物を製造して世界にバラまく・・犬のウンコ(豊田商店の汚物)だらけに世界をするのだろうか?。

空気抵抗を殆ど理解していないと思えるオラオラ感MAXの実力の無いマウンティング志向の劣悪なデザインである。中身のデザインなどは時代感全く無し、もちろん、未来感も全く無し、昭和そのもの・・・確実に年功序列型50代のオッサンデザイン⇒見るも痛々しい!

世のなかがこんな汚物を受け入れていると云う事は・・・類は友を呼ぶがごとく、世の中も強烈な劣化をしていると云う事だろう⇒民度の低い人しか買わない?

この豊田商店の支援を受けて居る日本の弱小メーカーのデザインも同様に劣化が激しい。唯一、それなりのデザイン力の有るメーカーのデザイン車は余り売れていない。不思議なモノである。

日本人は・・本質を見る力・・が激減をしているのだろう、寄らば大樹の陰のごとく世の常識にがんじがらめに縛られて自己意志、自分自身と云うモノが自分自身で認識すら出来ていない、日本人の多くは、ただの人間の形をした動物と云う解釈が正しいのだと思う。

企業は公器・・と云う理念も全く感じられない。儲かれば顧客など死のうがケガをしようが関係ない。バカが19年前のド古い、ド危険なクルマを勝手に欲しいというから売ってやった!!!それの何が悪い!!!と経営者は思って居るのだろう。

世界ではすでに3年も前に19年前のクルマはより安全設計にモデルチェンジして売り出している。

安全なモノが在っても危険な旧型を売れるから売る!!!それの何が悪い!!!たとえ勝手に買って勝手に事故って死のうが生きようがそんな事は俺には関係ない!お寺でも作って手を合わせてやる!的な・・・商道徳・・の商店と云う事だろう。

世界では危険を理解して全く売れていない19年前の旧型を・・日本人は未だに爆買いしている!

日本人は確実に脳みそ軟化症・・・と云う事だろう。

豊田商店は、かつて私も顧客の1人で有り、大好きなメーカーであったが、ボンボン菌の汚染で・・見るも無残な図体(ズウタイ)だけデカイダケの中身スカスカの廻りは茶坊主だらけの裸の王様になってしまった様である。

まるで、実力など殆ど無いのに日本は凄い、凄いと為政者も軍部も国民も皆皆が連呼した85年前の日本の軍部と全く同じ空気感を感じてしまう。

私はもう車、ビークルと云うモノ自体から卒業する事が出来たので関係ないと言えば関係ないのだけど・・・

世界は確実にMaaSを求めている、フィンランドの女子学生たった1人の発案の素晴らしさをその大学教授が認め、そして首相さえ認めて国家プロジェクトとしてMaaSを強烈に推進している。そのフィンランドの賢さを先進各国がこれまた推進をして人類を救おうとしている。

日本のゲス野郎のネット発言では・・・ヨーロッパや中国は日本のハイブリッドには勝ち目がないからBEVなんてモノを作りだしただけだ!日本の技術で有ればBEVなんて簡単なモノ造りはあっという間に世界ナンバーワンになるなんて事は超簡単な事

なんて確証バイアス、現状バイアスに汚染されたネトウヨのバカ発言が聞かれる⇒85年前の軍部と全く同じメンタリティーである⇒現実は日本のメーカーのBEVは3割性能が低く2割高い・・と云うのが現実であり、日本の今の技術では無理なので、さらに中国製EVメーカーにOEMを頭を下げて御願いする状態なのである。

やたら現実を認めず無視し強弁する!これが歴史が証明する日本人の本質なのだろう⇒81年前と同じように日本人の負のDNAが暴走しない事を祈るばかりである。

線香の、花火消え去る、輝きや・・・最後の力、出すぞ寂しき・・・

真実を見つめる勇気と英知を持とう⇒どれだけ虚飾しようがウンコはウンコ

羊の皮をかぶったオオカミと呼称された、昭和の良きスカイラインGTR、今の豊田商店のデザイン部長が・・中身がオオカミで有ることが重要と「狼の皮を被った山羊になってはならない」…デザイン部長が語る・・とのネット記事が有った。実態はオオカミどころかウンコの形態をした・・・醜い金儲け主義の昭和の遺物

子供のお絵描きレベルのデザインをする豊田商店のデザイナーって???・・・理解不能、ロクでもない汚らしい汚物を製造して世界にバラまく・・犬のウンコ(豊田商店の汚物)だらけに世界をするのだろうか?。

空気抵抗を殆ど理解していないと思えるオラオラ感MAXの実力の無いマウンティング志向の劣悪なデザインである。中身のデザインなどは時代感全く無し、もちろん、未来感も全く無し、昭和そのもの・・・確実に年功序列型50代のオッサンデザイン⇒見るも痛々しい!

世のなかがこんな汚物を受け入れていると云う事は・・・類は友を呼ぶがごとく、世の中も強烈な劣化をしていると云う事だろう⇒民度の低い人しか買わない?

この豊田商店の支援を受けて居る日本の弱小メーカーのデザインも同様に劣化が激しい。唯一、それなりのデザイン力の有るメーカーのデザイン車は余り売れていない。不思議なモノである。

日本人は・・本質を見る力・・が激減をしているのだろう、寄らば大樹の陰のごとく世の常識にがんじがらめに縛られて自己意志、自分自身と云うモノが自分自身で認識すら出来ていない、日本人の多くは、ただの人間の形をした動物と云う解釈が正しいのだと思う。

企業は公器・・と云う理念も全く感じられない。儲かれば顧客など死のうがケガをしようが関係ない。バカが19年前のド古い、ド危険なクルマを勝手に欲しいというから売ってやった!!!それの何が悪い!!!と経営者は思って居るのだろう。

世界ではすでに3年も前に19年前のクルマはより安全設計にモデルチェンジして売り出している。

安全なモノが在っても危険な旧型を売れるから売る!!!それの何が悪い!!!たとえ勝手に買って勝手に事故って死のうが生きようがそんな事は俺には関係ない!お寺でも作って手を合わせてやる!的な・・・商道徳・・の商店と云う事だろう。

世界では危険を理解して全く売れていない19年前の旧型を・・日本人は未だに爆買いしている!

日本人は確実に脳みそ軟化症・・・と云う事だろう。

豊田商店は、かつて私も顧客の1人で有り、大好きなメーカーであったが、ボンボン菌の汚染で・・見るも無残な図体(ズウタイ)だけデカイダケの中身スカスカの廻りは茶坊主だらけの裸の王様になってしまった様である。

まるで、実力など殆ど無いのに日本は凄い、凄いと為政者も軍部も国民も皆皆が連呼した85年前の日本の軍部と全く同じ空気感を感じてしまう。

私はもう車、ビークルと云うモノ自体から卒業する事が出来たので関係ないと言えば関係ないのだけど・・・

世界は確実にMaaSを求めている、フィンランドの女子学生たった1人の発案の素晴らしさをその大学教授が認め、そして首相さえ認めて国家プロジェクトとしてMaaSを強烈に推進している。そのフィンランドの賢さを先進各国がこれまた推進をして人類を救おうとしている。

日本のゲス野郎のネット発言では・・・ヨーロッパや中国は日本のハイブリッドには勝ち目がないからBEVなんてモノを作りだしただけだ!日本の技術で有ればBEVなんて簡単なモノ造りはあっという間に世界ナンバーワンになるなんて事は超簡単な事

なんて確証バイアス、現状バイアスに汚染されたネトウヨのバカ発言が聞かれる⇒85年前の軍部と全く同じメンタリティーである⇒現実は日本のメーカーのBEVは3割性能が低く2割高い・・と云うのが現実であり、日本の今の技術では無理なので、さらに中国製EVメーカーにOEMを頭を下げて御願いする状態なのである。

やたら現実を認めず無視し強弁する!これが歴史が証明する日本人の本質なのだろう⇒81年前と同じように日本人の負のDNAが暴走しない事を祈るばかりである。

線香の、花火消え去る、輝きや・・・最後の力、出すぞ寂しき・・・

2022年06月22日

日本の富裕層は親ガチャ富裕層が約7割・C+E

不思議な事にコロナ禍で日本の富裕層は増加をしているのですね・・・しかし、中身に問題有り

日本の富裕層は全体の約2.7%程度(コロナ禍で0.2%増加)です、そしてその富裕層の内訳は下記のA〜Eの5通りに分類されます。日本では1億円以上の金融資産を持つ人を富裕層と定義していますが・・・

A、コツコツ努力型富裕層(日本では全体の0.2%程度⇒500世帯に1世帯)身を粉にして働き一世代で富を築いた人⇒真なる学びに貪欲な人⇒時間が生み出す価値を知っているので、時間を無駄にするのを嫌う⇒時間(価値)を生み出す為のコスト⇒惜しみなく費やす⇒自分に取っての時の質に拘りが強い⇒利他心を発揮できる人

B、投資熟知型富裕層(投資の本質を知り知識と行動力と時間を身に付けた人0.2%程度)⇒低位富裕層
投資の本質とは、世の中を良くしたり人々に真の幸せを提供する起業理念を持つ優秀な起業家や優秀な企業を心から応援して世の中を良くしようと思う応援団になる事なのです。長期、継続、分散が基本のキです。投資の真の目的は金儲けでは有りません⇒結果として世の中を良くした分のリターンがあると云う事です。

C、親ガチャ富裕層(日本では全体の1.3%⇒55世帯に1世帯)代々の医者や企業家や資産家の子息⇒親ガチャ当たり組⇒格に対する選別が激しい⇒猜疑心が強い⇒ブランド品を好む⇒日本の富裕層はこのCが殆ど

D、バクチ打ち型富裕層(日本では0.5%程度⇒時間と共にフェードアウト)投機的なバクチで運よく一時的に富裕層になれた人⇒時流に乗り起業⇒×幾つの単純軽薄ビジネスモデル⇒目立つ事大好き⇒マウンティング命の生き方⇒ブランド品大好き⇒テレビ出演大好き⇒成金富裕層⇒30年後には99.998%が消える日本の現実(ファクト)

E、都市近郊土地持ち賃貸貯蓄型富裕層(日本の都市近郊農村型富裕層0.5%程度⇒都市近郊に50〜80万人存在)代々の大農家や開墾等で都市近郊の大規模農地を手に入れて、昭和の人口爆増、高度成長期にアパートやマンションや貸店舗を建てまくった賃料収入型の富裕層⇒金融知識まるで無し⇒学ぶ事大嫌い⇒人を見たら泥棒と思えが心情⇒多くの不動産屋が入れ代わり立ち代わり突きまくって人間的にスレにスレている猜疑心の塊⇒とにかく郵便貯金が大好き型⇒金は山ほどあるが無職では体裁が悪いので適当に農業だけやるしかない的な働き方⇒ドラ息子が低スキルなのにお店を開店して失敗を繰り返すパターン⇒ぱっぱらぱ―型の息子夫婦⇒相続争い多発タイプの富裕層⇒やがて少子高齢化・大増税時代間違いなしの日本ではフェードアウトほぼ確実

タマホームで1000万円の広告に釣られて行き、結果6000万円程度の息子や娘の家(家のみ)をタマホームで買っちゃうタイプ、又は家創りの要望が隣の家より見た目を立派に作れと云うオーダーのみの建て主⇒屋根が神社の様にやたら重くてデカくて柱が太ければ後は何でも良いという価値観⇒渥〇のキャベツ農家型

以上、日本の富裕層の5パターンです。

アメリカや真の先進国ではA、B型の富裕層が多く、日本の場合はC、D、E型の富裕層が多い特徴があります。

アメリカ等世界の分類では金融資産をUS$1,000,000以上持ってる人のことです

世界では富裕層をさらに分類して
1,US$30M以上を超富裕層(イーロンマスクさん、バフェットさん他)
2,US$5M-30Mを中間富裕層
3,US$1M-5Mを”ただの富裕層”としています

日本における2019年の富裕層は前年比7.5%増の338万7,000人です、アメリカの富裕層は590万9,000人、ドイツの富裕層は1,466,000人、中国は1,317,000人となって居ます。

そして世界の富裕層の分布はアメリカ、日本、ドイツ、中国、この4カ国で世界全体の富裕層の61.6%が存在しています。そして・・人口割合で見ると驚く事に富裕層の占める割合は日本が2.7%程度、アメリカの富裕層の割合は日本より低くて国民全体の1.8%程度です。ドイツは1.7%、中国は0.1%となっています。

しかし、富裕層の規模は日本の場合は上記の3つのカテゴリーでは3番目の、ただの富裕層の割合が大部分を占めています。日本人はリスク耐性が世界一有りませんし、チャレンジも世界一しませんし、デタラメ政治の将来不安で貯蓄性向が世界一強い事がこの様な結果となっていると推定されます。そして親ガチャ富裕層、CとDの割合も日本がブッチギリ多いと推定されます。

アメリカではたった1%のけた外れの富裕層が富の約40%を独占しているとの報告も上がって居ます。そしてアメリカでは消費する事は美徳と云う文化も有りますので、富裕層と云われている人もドンドン、ドンドン、稼いだだけは全部使っちゃうと云う国民性もあります。そして使い切れない程、儲け続けて居る人のみが・・・2以上の富裕層のカテゴリーに結果として入ると云う日本との大きな違いがあります。

日本の場合はコツコツ貯蓄型の3の”ただの富裕層”になり、アメリカでは使い切れない人が殆ど1の富裕層のカテゴリーに結果としてカウントされると云う違いでしょう。
そしてこの円安ですから日本の富裕層は世界カウントに置き替えれば3割ほど少ないと云う事も言えます。日本1億円、世界は1億3500万円からが富裕層にカウントされる違いの差

日本の富裕層の割合は世界カウントに置き替えれば、3割減の1.89%となりますが、日本の場合はタダの富裕層の分布割合が1億円〜1億3000万円に多く分布していると推定されますから・・・世界基準での富裕層の実態はドイツより低い1.5%程度かも知れませんね!

多くの富裕層に接する商売の不動産業(資産管理型)から見えて来る日本の富裕層のまだら模様も俯瞰して見ると、人格と資産額の比率や、そのアンバランス等々もとても興味深く面白い光景で有ることは間違いありません。

富と人格に乖離があると・・・人は確実に不幸になります。そんな光景を山ほど見てきました。

糞見たいな人格!なんてヤツだ?なんて大金持ちも現実に居ます。金にスリスリすりよる金の亡者に祭り上げられ勘違いしている裸の王様ならぬバカのド下品みたいな人間が山ほど居ます。

糞みたいな圧倒的多くの富裕層が親ガチャ富裕層を延々と繰り返す日本と云う国を作る我欲政治屋(これまた親ガチャ富裕層)を延々と応援する圧倒的多くのド貧乏人の居る国・・それが日本、日本人とは実に不思議な生き物の国ですね・・・日本は本当に民主主義の国ですかね???、ふー

そんな日本社会から一刻も早く足を洗い・・・日本人を卒業して地球人になりましょう。

金、金と、頭を下げる、金亡者・・・親ガチャ当たり、孤独金持

2022年06月21日

人は見かけが9割⇒ホントにそれ良いのか???

日本人は「自分自身と云う価値観」を持っていない人が殆どだと思う。自分・・とは?・・日本人は同調圧力がとても強く、それが無いと心の安定が持てないのだと思う。

金儲けしか興味の無いマスゴミや商業主義で簡単に搾取しやすい民族である。そして見栄を張りまくる民族でもある。その見栄は人格レベルの低い人間ほど、その傾向は反比例して強い(高い)!・・なぜか?散歩の途中のオシャレで豪華に見えるヘアーサロンはメチャメチャ儲かって居るようだ!⇒この美容もブランド化出来れば笑いが止まらない程儲かるらしい・・・ふー

女性のファッションの中で最重要視されている基本のキがこのヘアースタイリングの出来不出来の様である⇒これさえハイクオリティーなら服は普通のモノを着ていても確実にオシャレ感が出せると断言するファッションコーディネーターも存在する。

ブランド飲食店もそれはそれは儲かる!ブランドスイーツ屋も・・同様である。マスゴミ使いインした使いマウンティング女子に気に入られブランドが確立できないと日本では成功などしないのだろう、中身の質より箱の質に拘り続ける民族である。

基本、日本人は黒髪、しかし今の若者のカラーリングしている割合は約7割程度との事(ポーラのデータ)

カラーリングのみの平均価格は5000円〜8000円前後、2020年度の日本全国のヘアカラーの料金の平均相場は「6041円」です。総務省発表の「小売物価統計調査」を元に計算。これにカット代+3000〜8000円位がオシャレに拘る若者の掛けるコスト(9000〜15000円程度)なのでしょう。

ちなみにブランドヘアーサロンのカリスマ美容師を依頼するとカット料金相場は4,900円〜13,750円。 通常のカット料金に加えてカリスマ美容師の場合ランクに応じて指名料(1000〜5000円)が加算

そしてカット及びカラーリングの頻度は平均2か月に1回、オシャレな人や目立つカラーの場合は1ヶ月に1度、控えめカラーの人は3か月に1度的な感じでしょうかね?

私が若い頃カラーリングなんてやっているのはロックバンドくらいしか居ませんでした。

夫婦二人で年6回カラーリングをすると・・6041円×2人×6回=72492円/年間費用

このカラーリング費用をアメリカの積立投資で30年間運用すると217万4260円が(20〜50歳)⇒総額は9,003,261円となります。4倍強にもなります。普通に美容院には行ってもOK、カラーをやめるダケで2年間の労働相当の金額が残ります。パートなら9年分です。

殆どリスクが無いと言われている投資でもインフレ率を勘案しても3,707,153円と2倍近くまで増えます。

私などはケチですから若い頃(当時は美容院は女性しか行かなかった)は格好つけて美容院なんて所に行って居ましたが、お金の真の価値を知ってからは年間の理髪代は4200円/年間でした。1050円カットを年に4回、コロナ禍になり最近は奥殿が私の理髪師ですから基本ゼロ円、お礼のパフェ代程度です。

ハッキリ申し上げます、貴女の、貴男の頭の色なんて誰も気にしても居ませんし、見てもいませんし自分で見る事も普通は出来ません⇒まさに商業主義の洗脳です。自分がお出かけ前に鏡を見た瞬間だけのナルシズムの対価としてはとても投資効率最悪と思う。

自分自身へのナルシズムは外観では無く自分自身の思考の価値等の内面に持つべきものである。

そしてこのカラーリングのお金を自己投資に投資したとしたら・・そのリターンは確実に数千万円〜数億円になります。

同様に人生の前半は本来は投資をする事で人生の後半に多くのリターンとなり人の人生の価値を上げてくれるものなのです。アメリカや欧州等の先進国はこの事を国民が理解をしていますから伸び続けて居ます。欧米では小学生から投資の授業があり、実際にロールプレイニングも行われ、この親も子供の預金を投資に廻して・・・子供と共に投資を学び続けます。

だから若い頃から投資は普通に皆皆がやれている訳です。だから発展し続けて居ると言う事です。

投資の本質は・・金儲け・・では無いのです。投資の本質は「世の中に役立つ有益な企業を皆で応援し続けよう」・・と云う事が投資の本質です。結果としてリターンを得て社会も応援団も豊かになるという事です。

しかし、日本の場合は投資はバクチと見なされ、人生の前半若い頃は低賃金で搾取され続け、商業主義で搾取され続け、生きる事だけで精いっぱいで投資どころでは無く・・それを我慢すると年功序列でお給料が上がる、そして年金で面倒を見てくれるという構図でしたが・・これは人口増加、産業発展、GDP増加が前提の社会維持可能モデルです。

しかし、バカ過ぎる政治屋をイデォクラシ―で選び続けた結果、この日本型社会維持モデルの前提である人口増加や産業発展もGDP増加も不可能となりました。少子高齢化が日本型モデルの持続性を不可能としてしまいました。

貴方は先ずはこの事実を認識し認める事が出来ないと、これからの正しい行動は出来なくなります。先ずは、日本は年々貧しくなり続ける事が前提での貴方の日本と云う衰退国で生きる為のソリューションが始まります。

あたまの色に1000万円!⇒誰も見ていない頭の色である⇒本人だけが悦に入って居る不思議な現象

もちろん、外観をさらして金を儲ける様な職業ならこの色の1000万円も投資として考える事は出来るかも知れない。趣味やファッションの一環として自己表現をする事が目的で消費するのであれば・・・その収入とのバランスがとても大切になる。生涯収入が一般の勝ち組の人で手取りが25000万円程度と言われていますから・・・カラーリング代+1000万円、26000万円稼ぐ事(生涯年収が910万円以上⇒50代の額面年収は1500万円程度)が最低条件になると思います。

日本人はお金の話をする事が忌避されています。お金の話をする人=下品な人・・と見なされる事が多いですからお金の話をする必要は有りません、しかし、お金の本質を知る事はとても大事な事です。日本では一旦落ちぶれたと見なされると・・・それはそれはヒドイ目に遇います。だからみんな必要以上の見栄を張り続けている文化が有りますが・・今まではそれでも何とかごまかしてやる事が可能でした。

しかし、大衰退国日本では・・・もうごまかしは不可能です。本当の意味の1/300人(学年で唯一の1人)の勝ち組になれなければ・・・老後はシンドイモノにならざるを得ません。

価値偽装、価値をあたえし、勝ち組の・・・箱に(見掛け)拘り、中身スカスカ

2022年06月20日

赤の他人が食った”うな重”の支払いを強制される貴方

2000年〜2022年までの間で今が過去最高の利上げ回数(今の所80回)を世界はしているのを貴方は知って居るだろうか?今後も利上げは続くと思うので・・・過去ブッチギリの利上げ回数となる事は間違いなさそうである。世界の先進国で唯一利上げをしない日本、どこまで耐えられるか?激安の円となる⇒輸入物価暴騰⇒全く資源の無い日本どうなる!!!

そして世界のなだたるCEOの60%が今後1年以内に不景気に突入するとも答えている。

日本の政治屋はこのド不景気の痛みをごまかす為に、またまた未来の子供達から大借金を積み上げて日本社会のお荷物にモルヒネ麻薬をバラまくのだろう。

しかし、このバラマキは確実に日本国民に重税となって跳ね返ってくる事は間違いない。万が一ポピュリズムをアホ政治屋が貫き増税をしないで行くところまで行けば・・・ハイパーインフレとなり税率99%と同じ意味を持つ円が紙くず(日本の狂乱物価)になる⇒最悪世界恐慌となる。

私はアメリカがそれを許すはずが無い⇒外圧による超重税国家となる確率の方が高い気がするが?南海トラフや首都直下地震が日本を連続して襲えばそれも出来なくなる可能性があり得る。

すでに日本は超重税国家・・と云う事を貴方は理解しているだろうか?、そして今後はさらに税負担率は確実に増大するしか他に道が無い。

令和4年は給与の半分以上が税、財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」⇒国民負担率とは、「国民の給料のうちどれくらいの割合が税金や社会保険料のような支出で差し引かれるか」という指標

江戸時代は五公五民⇒幕府も大名も借金体質⇒不作の時も減税は出来ずに農民は子供を売り飛ばしても生活出来ずに各地で一揆⇒今の今の現代も実は全く同じ五公五民⇒しかし、リーマンでもコロナ禍でも一揆は起きない。

日本政府が借金をしているから「令和4年度の国民負担率は、46.5%(借金軽減負担率)の見通しです」⇒実は借金を含めると「国民負担に財政赤字を加えた潜在的な正しい国民負担率は、56.9%」と記載⇒この56.9%の負担率でも天文学的に積み上げた1419兆円を超す借金の元本返済はゼロ、金利負担のみの現実

今の日本はカード破綻者と同じ自転車操業状態であることは間違いない事実である⇒金利がほぼゼロ近傍だから可能

国民負担の内訳は社会保障負担が18.7%とトップ⇒1970年の社会保障負担の比率は5.4%⇒約50年で3.46倍⇒少子高齢化と日本人の貧困化により今後、社会保障費は年間1兆円以上増え続ける事は不可避⇒勤労1世帯当たり3万円以上/年の加速度を付けての増加となる⇒20年後には勤労1世帯当たり100万円/年あたりの”増加”となる可能性もあり得る⇒その時点での国民負担率は70%超?

こんな状態になる事はすでに30年前にシュミレーションして対策の内閣議決までしている⇒しかし、先送りに次ぐ先送りで今の今!!!⇒国民もポピュリズムとイディオクラシーでこの愚か過ぎる行為を認諾

5月24日に厚生労働省から発表された人口動態統計によれば、21年度の出生数は、過去最低を記録した20年度よりもさらに1.3%減少して84万2131人⇒婚姻数も激減52万5273件⇒過去20年で約▲20マ万件減⇒年間1万件の減に相当するので・・・52年後は結婚する人ZERO人???

総務省は4月15日、2021年10月1日時点の日本の総人口推計(外国人含む)を発表した。 前年比64万4000人(0・51%)減の1億2550万2000人となり、減少幅は過去最大

多くの日本の過去30年の間違い過ぎた政治の結果が先送り出来なくなり不都合な真実(強烈な苦痛)として顕在化するまでにもう残された期間は5年程度しか無いと強く推定される。

★★★★★

しかし、今の若者は宦官(かんがん⇒去勢された役人)と石原慎太郎が言ったように・・自分たちの人生をとんでも無く破壊した今の政治屋を支持し続けると云うとても不思議な事が起きている。

目の前の我が子が大事、大事、習い事が大事、学習が大事・・・って言ってはいるが?本当に自分の子供の人生の質や価値に対して真剣に考えているかとても怪しい!世の中の常識にさえ従って居れば自分がなんとなく安心できる!、親の務めを立派に果たしている私は素晴らしい人間(親)なんて自己陶酔したいだけの人間かもね?

または、自分の子供をブランド化させたいだけかも知れない。バイオリンが弾けてピアノが弾けて一流大学で一流企業に勤めている素晴らしい子供⇒すばらしいブランド子供を育てた私は素晴らしい親とこれまた自己陶酔(我欲の充足)したいだけかもね?

★日本人は一番大事なモノや事を一番ないがしろにしても平気な民族である事は間違いない。過去の歴史が証明している議論など全く起き得ない明確なエビデンスが存在する。

☆☆☆・・・原理原則大違反・・・借金は借金したヤツが返済する、うな重を食ったヤツがうな重代を支払う!!!こんな当たり前の事さえ出来ない日本人(成人)

貴方の子供やまだ生まれても居ない孫が支払いを強制されると云う今の事実に貴方は腹が立たないのですか?怒り狂わないのですか?

貴方が食べても無い赤の他人が食べた”うな重”の支払いを強制されたら・・・貴方は怒り狂うでしょ!!!うな重の1万倍ものいわれの無い金をむしり取られる未来が確実に来ます。

☆☆☆・・・こんな簡単な事さえ理解できない日本人の頭脳とは???トホホ・・・

我悲し、国ガチャ外れ、搾取され・・・なおかつ外れ、親ガチャも也

日本と云う国で一生懸命働くと云う事は・・・搾取されイジメられバカの面倒を見せられてもなおかつ献身に慈愛を持ち続けると云う苦行なりけり

釈迦曰く・・・一切皆苦


2022年06月19日

日本は資源が全く無い⇒やがて食うモノさえ無くなる

日本人は不思議な民族だとつくづく思う事が多々ある。商業主義に完全に洗脳されて常識を構成しその常識に唯々諾々と従順なまでに従う⇒まるで搾取される事に歓びや安定を感じている不思議な民族である。

精神学ではこれをフレーミング効果と云う、羊や牛を柵(フレーム)に閉じ込めて飼いならし、買主が時期が来れば殺して金にすると云う商業主義の本質を表して居る言葉・・それがフレーミング

これを可能にしたのが日本の義務教育を始めとする権力者やリーダーが商業主義から最大の利益を得られる様に国民を躾ける教育なのだろう。そして教育を終わり社会にでてもこの洗脳・マインドコントロールから覚めない様にマスゴミに金をバラまきマスゴミを使いフレーミングが風化しない世に常々に補強をさせている。

私自身を考えても40歳位迄は・・・このフレーミングに洗脳されこのフレームの中でのみの価値観を大事に生きていた様な気がする。26歳から始めた真なる学びにより、商業主義の搾取目的のフレームの存在を認識できる様になり、15年後に・・・そのフレームが徐々に霞んで見えるようになり、フレームの外の世界(支配者達の世界)も徐々にクリアに見えるようになった。

普通に当たり前に云われているキーワードこそ・・・一番疑ってかかるべき言葉である。

例えば・・・”多くの人にとって日常生活の上では欠かせない「足」となる乗用車”・・と云うワードをよく聞く

確かに馬車から自動車へは便利になった事は間違いない事である。それから100年が過ぎ、色々な技術革新も置き・・自動車って不可欠なモノなのか???

自動車は1992年、いまから30年前は車は6年で買い替えられていた。しかし、30年後の今は9.2年程度で買い替えられる・・買い替えが30年で6年⇒9年へと3年延びた。

しかし、車の寿命は新車登録から13年程度、走行距離では10〜15万kmが目安。 目安の年数や走行距離を超えたからといってすぐに壊れたり、乗れなくなったりすることはない。 ただし、修理費や税金、中古車市場の価値などを考えると買い替えたほうがベターなケースが存在⇒これは設計時点で意図的老朽化が仕込まれているから新車に代えたくなるほどの経済的ダメージを使用者に与える為に壊れるのである。

どこかのボンボン社長がお”客様第一”なんて声高に叫んでいるが・・・大嘘である。

日本人はこの30年で途方も無く貧しくなったので軽四と云う超危険なペラペラの世界で唯一日本にしか存在しない自動車の占める割合は全体の4割にも達して居る。

人の一生から見ても一生で稼ぐお金の最大消費が車と云うモノである。稼働率たった5%のモノに約6000万円も消費して居るのである。年間走行距離の平均は2020年6,017km⇒約6000キロ

6000q×60年(20〜80歳迄)=36万0000q 1キロ走るのに167円のコストをかけている事になる。1ヶ月の自動車走行コストは8万3500円/月・・年間コストが100万円/台である⇒この金額は家族4人の1ヶ月の食費より高い!

我が家では殆ど買い物には出かけない。全くと言って良い程かも知れない。1ヶ月に1度程度かも?・・・それでも全く困る事など無い世の中にすでになって居る。

このお金を定期積立(アメリカ投資8%複利)にすると83500円(1ヶ月)×30年間=1億2400万円になる(総投資額3000万円)同様に日本投資(日本投資3.3%複利)なら5100万円になる。

一生車に乗らずに60年間投資し続ければアメリカ投資なら14億8534万2043.92円となる。

過去実績の運用利回りが3.3%しかない日本に投資したとしても同様に60年後には1億8895万5563.26円となる⇒これからの衰退国日本では無理かもね?

軽四なら1台当たりザックリこの半額程度と思ってよいと推定される。

商業主義に洗脳されクルマは人々の生活を便利にしてくれていると思い込んで居る。しかしカードの裏側には交通事故ダケでは無く全ての人にとてつもない不幸(ド貧乏)の存在、クルマは私達の人生を過酷な人生(搾取)に強いている事を理解しなければなりません。

そして目の前の過酷をごまかす為にボンボン政治屋は未来の生まれても居ない子供の人生から搾取しまくり今の痛みをごまかす金をバラまき続けて居る。

日本人が車に代わる産業をいち早く見つけて移動しなくても良い街づくりやシステムが可能になれば、今はたった2%しか居ない富裕層(1億円以上の金融資産を持つ世帯)が、日本人の働く殆どの人(60%以上の人)が富裕層になれるし、老後の心配など殆どの日本人が持たなくても良くなる・・・真に学べば車の持つ負の側面の極大さが理解できます。

そもそも、車の価値は距離の不便を解決する道具な訳です、1995年以降IT化が進み2005年以降はそれが極大化して随分便利になりました。2020年にはニューノーマル時代となりITやDXやXRは距離の概念を無くしました。もう距離の不便は殆どの場合人類は感じなくても生活できる時代に確実に移行しつつあります。メタバースがそれに終止符を打ちます。

人の移動は9割以上は無くても全く問題ない社会が今の今、始まって居るのです。つまり、自動車の価値は無くなった時代なのです。

時代に合わせてアップデート出来ずに、これから真に貧しくなる日本国で日本人が生きていく為には確実に無駄の排除、生活の断捨離は不可避である。真っ先に最大の無駄を生み出す自動車が無くても困らない社会にアップデートする事は不可避である。我が家ですでにほぼほぼ出来てる。

我が家の問題は・・荷物満載のド田舎のキャンプ問題と・・ド田舎温泉・・・この2つの問題だけ解決すれば車はEVを含めて生活には全く必要無くなる。早いところ100%ウイルスに感染しないフェイスマスクとMaaSが実現する事を願っている。

すでに答えは出ている・・MaaSへの早急な移行こそ衰退国日本が国民を貧しくても普通に生きていける道であることは明々白々の事である。

貧しい国がまずやるべき事の第一優先順位は・・・国民を飢えさせない事、農業の復活である。しかし残念な事に日本の農地の減少は年率7.3%前後で減少し続けて居る、そして日本の人口減少率は0.51%程度である。農業従事者は65歳以上の割合が6割、75歳以上の割合が3割を占めるなど、引き続き高齢化が深刻。農業就業人口のうち基幹的農業従事者数は、
1960年 1175万人
1965年 894万人
1970年 711万人
1975年 489万人
1980年 413万人
1985年 346万人
1990年 293万人
1995年 256万人
2000年 240万人
2005年 224万人
2010年 205万人
2015年 175万人
2020年 136万人⇒136万人と減少し、現在全就労者に占める割合は、たったの2.0%しか有りません。そしてこれらの基幹農業従事者の元で働く雇用者が15.7万人⇒農業従事者は合計152万人(全体の2.27%)しか居ません。

上記の基幹的農業従事者の減少率(1/8.6)を見て恐ろしく成りませんか???現在の農業従事者の高齢な年齢から確実にこの数字は激減する事以外に未来は有りません。日本人は本当に大切な事の順番が理解できない民族で有ることが良く理解できます。

人間に取って一番大事な食べる事さえ・・日本の未来はとても暗い事が良く理解できます。一般家庭でも輸入物価は上がり続けエンゲル係数は爆上がりして確実に日本人は貧しくなる。国力の衰退と共に交易条件の下がり続ける日本で一番大事な事それは、自給自足体制の確立でもある。自分の食うものは自分で創(手段)る・・・当たり前の事である。

少子高齢化ばく進中の日本にもうこれ以上家は不必要・・・断熱リフォームと耐震イノベーションを復活すべきである。

地球温暖化問題解決の解も・・・まさに・・MaaSを始めとした・・・CO2大量排出文化(商業主義)の洗脳やマインドコントロールからの離脱、解脱だろう。

太陽を始めとする大自然の恵みだけで何不自由なく生きていける社会の構築と、真に歓びを感じられる価値観の再設定が可能になる真なる教育の実施であろう。

人間の本来持つ好奇心を始めとする欲のベクトルの方向性を正しく大自然の方向性と同じくするように修正する真なる教育こそ人類に求められている事なのだろう。

私も釣り船を過去数回大型船にアップデートし続けた、しかし、今思うと一番最初の一番小さな船の時が一番楽しかった思い出が蘇る。クルマだって一番最初に買った車の時が一番楽しかった。

同様に・・・最良の料理の味付けは・・空腹・・である。最良の人間関係は・・感謝・・である。

「足るを知る」・・・そして、出会いの感謝・・・今生かされている事への感謝・・すでに私たちは満たされている⇒商業主義がその本当の気持ちを間違った気持ち⇒不満の増大へと錯覚させている⇒故に人類は殺し合いの歴史が存在する⇒権力者と結託した武器商人の暴利が示す様にその目的は権力者が搾取する為に間違いなく行っている。

貴方はロシアのウクライナ侵攻を防御する為のアメリカの大砲の弾が1発1000万円(大砲含まずGPS誘導の弾1発の値段)って知って居ましたか?戦車用ロケット弾2500万円、ミサイル一発1〜8億円、戦車1両4億円〜9億円、戦闘機が1機が100〜235億円、軍艦が1隻1000〜2500億円・・・人の命は7万円(兵隊の給料)

世界で定期的に起こされる戦争は・・軍備の賞味期限切れ廃棄防止の為にしかける政治者と軍需産業会社が結託した在庫一掃セール⇒これまた商業主義により起きています。

戦争(大量殺りく)さえ商業主義が原因で起きている事実をキチンと認識しましょう。

そろそろ・・・原理原則・・・の本当の意味と境地を理解しましょう。

稼働率たった5%の自動車、定員乗車率たった20%の自動車、人類を地球に住めなくする道具自動車・・・確実に無駄に費やす6000万円、これを無駄と思えない人類は確実に愚かな生き物です。

全く無理なく無駄を最小限にする答えがもう出ている⇒MaaS・・・2014年フィンランドのたった1人の女学生が素朴な疑問から出した答え

日本人は変化が大嫌いだし、正しい選択をする事も大嫌いな民族である。BEVも全くだしMaaSも全くやらない!!!・・ふー

ボンボン菌に汚染され思考停止したアポトーシス(自滅)民族なのだろうね・・たぶん

注:アポトーシスとは、あらかじめ予定されている細胞の死。細胞自体に組み込まれた自滅プログラム

サラバなり、フェードアウトの、無駄移動・・・心豊かな、深さの思考

2022年06月18日

労働生産性の極端に低い飲食業は倒産させることが最善の策

日々新聞を読み込んでいると・・この日本はメチャクチャな税金の無駄遣いをし続けて居るのが良く解る。どうでも良いところにジャブジャブにいわれの無い税金が補助と云う名のポピュリズムのバラマキである。

危機と名が付くモノに被害者がゼロなどと云う事は絶対にない。今の飲食や旅行業へのジャブジャブ税金⇒本当にこんな超労働生産性の低い業種に日本人を働かせてよいのか?

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると「宿泊業,飲食サービス業」は男女ともに最も低い賃金水準(男性:271.1千円、女性:196.7千円)となっており、最も賃金水準の高い2021年版「110業種のモデル年収平均ランキング」は、1位「外資系金融」(1,316万円)、2位「金融総合グループ」(859万円)、3位「環境関連設備」(833万円)、5位に「商品取引」(789万円)、7位に「銀行」(693万円)、8位に「生命保険・損害保険」(689万円)と、金融・保険に関わる業種・日本はそれにしても最高業種でも低賃金である。

飲食業が如何に労働生産性が低すぎる業界か理解できると思います⇒若者を補助金ジャブジャブに出してこんな低賃金のクソ最低業界で働かせては成りません。

このコロナ不況はチャンスである、労働生産性最低の飲食業からより労働生産性の高い業種に労働者を移動させなければ意味が無い。若者は少し訓練すれば700万円程度は稼げるIT業界の人材になり得るのである。何も考えない上記のポピュリズム補助金はこの若者のチャンスを潰す。

そしてこの若者は年齢を重ねるごとに社会のお荷物になり、社会コストを蝕む寄生虫となる。

現在の岸田政権の資産所得倍増は、日本にある個人金融資産は2,000兆円を活用したいという思惑。この2,000兆円、その約半分が預貯金で「ただ預けられているだけのお金」といわれていますから、その一部分が動くだけでも大きな効果が見込めます⇒この政策も若者無視である。そもそも労働生産性の超低い若者に金融資産など無い。

平均に騙されてはならない、つい最近では日本人の働く2人以上の家庭(約3000万世帯)では、このコロナかで月々の貯蓄額が毎月10万円から15万円に増えたとの記事があるが・・これも平均の罠である。殆どの若者に家は貯蓄額など増えるハズも無い、富裕層の貯蓄が毎月100〜300万円と爆上がりして平均値を上げているだけである。何時もデーターを見る時は正規分布図をイメージしえ平均値、中央値、最頻値のズレをキッチリ見て判断しなければならない。

新型コロナウイルス禍で家計に貯蓄が積み上がっている。日銀の試算では消費されずに貯蓄に回った額は7ヶ月前の2021年末時点で約50兆円(たった1年で1世帯当たり貯蓄が約170万円増えたと云う事)と、わずか1年で2.5倍に膨らんだ。貯蓄が物価高の痛みを和らげ、個人消費を押し上げるという日銀が描くシナリオ通りにはいかず、将来不安からさらに貯蓄が積み上がる可能性

この意味でもマスゴミはごまかしの天才である⇒政権や為政者や権力者に忖度して歪曲を目的で平均値を何時も発表する癖が有る。

そして、これからの日本は年金は確実に減る、そして少子高齢化は勿論の事、働ける世代でもお荷物の国民の割合が爆増する事は間違いない事です⇒社会コストの爆増⇒借金が出来ないほどの危ない状態⇒金利コストの爆増等々・・・人が普通に生きていける環境がドンドン悪化する事は間違いない事です。

ただ、一般層の所得倍増というのは無理のある話だと言わざるを得ません。金融広報中央委員会による『家計の金融行動に関する世論調査』によると、1世帯当たりの金融資産は平均1,563万円、中央値で450万円。日本の世帯数は5,572万世帯なので、平均値で計算すると、870兆円となります。一般世帯で持っている資産の合計は、報道でよく目にする2,000兆円の半分にも満たない。

そもそも金融資産の平均値と中央値の差に注目すると、その差は3倍程度にもなります。つまり一部の富裕層が平均値を押し上げているというのが現実で、一般層の感覚としては中央値のほうが近い。

個人金融資産は2,000兆円という数字から、「日本人、預貯金はもっている」というイメージは、本当にイメージでしかない。

給与があがらない日本…どこに投資するお金があるのか?資産所得倍増というからには、投資が前提。それには投資をするための元金が必要⇒「そもそも投資するお金なんてない!」が大多数。

国税庁『令和2年分 民間給与実態統計調査』によると、日本人の平均給与は433万1,000円。男女別にみると、男性532万2,000円、女性292万6,000円。雇用形態別にみると、正社員495万7,000円、非正社員は176万2,000円。

よく「日本人の給与は30年間上がっていない」といわれていますが、確かに、1990年の平均給与は425万2,000円ですから、まさにその通り。

バブル崩壊以降、経済は下降線を辿っていきましたが、その余韻から給与は上がり続け、ピークに達したのは1997年で467万3,000円。以降、2020年までの23年間。その間、前年比プラスを記録したのは8回、前年比マイナスを記録したのは15回。

不良債権問題からITバブル崩壊、リーマンショック……2000年代は2007年を除き、毎年給与は下がっていきました。しかし2013年以降、アベノミクス効果で、給与はプラスに転じます。「もしかしたら、平均給与の最高値を超えるのでは」と期待されていましたが息切れ。そしてコロナ禍、さらには昨今の物価高や円安によって、そんな甘い期待は消え去ったといえるでしょう。

浮上のきっかけも見えてこないなか、「資産所得倍増」といわれても、誰もピンとこないのは仕方がありません。給与が上がらないなか、投資にまわすほどの余裕はないのですから。

それでも昨今「自助努力」が頻出ワードになっています。少子高齢化が深刻化する日本。このままでは国が面倒をみることはできなくなるから、各個人、資産形成に邁進するように、というメッセージで「自助努力」は使われています。

「給与を上げることはできない、国も支えてあげることはできない。それでも投資をして資産を築いてもらうほかない」

「資産所得倍増」は、お手上げ状態の日本で生きるための、唯一の道なのかもしれませんね。

しかし、長年借金モルヒネで中毒症状を起こしている日本人にはピンと来ないスローガンなのかも知れません。

何時までこんなに日本を凋落させてしまった為政者や権力者を日本人は支持し続けるのでしょうか?不思議でなりません。

その日さえ、暮れれば良しと、何もせず・・・ある日突然、何も無くなる・・色即是空・空即是空

2022年06月17日

ダブルスタンダードの染みついた日本人

日本人はチャレンジ精神が最低でリスク許容度が最低で起業などのチャレンジをする人が圧倒的に少ない、全ての企業活動の世界のビジネスのしやすさランキングは日本は世界34位、新規チャレンジの日本は「起業のしやすさ」では世界89位

起業率の低さは産業の新陳代謝が進んでいないことをあらわし、中小企業庁が発表した日本の起業率(開業率)は2012年で4.6%、ドイツ8.5%、アメリカ9%、イギリス11.4%、フランス15.3%。

しかも日本の個人的起業(起業時10人以下)は起業者の中でも7.52%程度と推定される⇒全体としては0.34%、起業の殆どが大企業の支援や大学や研究機関の組織支援の仲間内起業

私の様にたった1人で起業した企業の割合は・・・0.10%と云う事になる・1/1000人と云う割合

そして全体の起業した企業の30年後の生き残り確率は0.02%しか無いのである⇒私はその生き残った極少の中の1人と云う事になる。

とにかく大多数のマジョリティーであるサラリーマンは自分と違うチャレンジをする勇気の有る人間が大嫌いなのである。自分が出来ない事をするヤツは許せない!!!的な妬みを始めとする七味唐辛子的な行動を徹底的にして新芽を枯らす!

人生の七味唐辛子⇒「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」

私自身も群れから離脱して起業したら・・親しくしていた人から山ほどこの七味唐辛子を浴びまくった⇒特に金融機関の支店長は手のひら返しがひどかった⇒コイツのした事(階段外し)でマジ倒産しかけた。

日本では「溺れる犬を棒で叩く」という冷血人間が圧倒的に多い現実が存在する⇒そんな国でまともな人間の精神を保ってどう生きるか?と云う大問題が存在する。

日本人は「上が決めたことなら仕方ない」と考えがち。生物学者で早稲田大学名誉教授の池田清彦氏は「結局、強い相手には口をつぐむ。一方、いじめてもよさそうなやつは徹底的に叩いて憂さを晴らそうとする。それが日本人の国民性だ」と断言

敗戦でも「はい、そうですか」、占領されても「はい、そうですか」
アジアには一神教を信じる国がけっこうたくさんあり、韓国は人口の約30%、フィリピンは90%以上の人がキリスト教を信仰している。中国でもすごくキリスト教徒が増えた時期があり、共産党が教会を建築法違反で取り壊したりして弾圧した、宗教には弾圧すればするほど信者集団が大きくなるという背理があるから、信者が10%ぐらいいる。マレーシアとインドネシアはイスラム教。だから、アジアには一神教が普及しやすい文化がないわけじゃない。

神様(現人神=天皇)が普通の人に成っても・・・「はい、そうですか」と受け入れる。

皆皆の家には仏壇があるけど日本は仏教国でもない。法事や墓参りでお寺には行くけれど、単に葬式仏教をやっているだけで、「私は仏教徒です」なんて人は少ない。日本は世界でもかなり珍しい部類に入る無宗教の国で、それが日本人の不思議な特性。八百万(やおよろず)の神(森羅万象に宿る無数の神々)による自然現象で、どんなことでも受け入れてしまう。

誠に商業主義に簡単に洗脳されたバカな平民から搾取を画策する輩には好都合な国なのである。

明治維新が起きたら「はい、そうですか」、戦争に負けたら「はい、そうですか」、アメリカに占領されても「はい、そうですか」。もし憲法が改定されて緊急事態条項が追加され、何かの間違いで日本に極右や極左の反米独裁政権がつくられたとしても、多くの日本人は「はい、そうですか」ってそのまま受け入れる。

山口のお腹痛い痛いのボンボン氏を神様だと新政権が言えば・・・神として拝み始めるのだろう。

中国の属国になってもレジスタンスなんか起きない!多くの日本人はそういった感性をもつので、日本では上に立つ人間が責任を取ることは滅多(仲間内権力闘争や裏切り以外)にない。そうなったのは、敗戦時に多くの戦犯が責任を逃れようとしたことも大いに関係していると思う。

B級戦犯は現地でたくさん殺された、上の人間で処刑されたのは東京裁判で裁かれたA級戦犯だけで、しかも裁判では「私は戦争には反対だったんだが、いやしくも上が決めた以上、従わないわけにはいかなかった」とA級戦犯の多くは揃って同じようなことを言っていた。この「いやしくも上が」っていうのも、言ってみれば自然現象(神様)のことだ。自然現象(神様の命令)だから仕方がなかったと言い逃れ。

ノモンハン事件の参謀・辻政信も責任を取らなかったし、史上最悪の作戦と言われ、作戦に参加した9万2000人の兵士の60%以上が戦死と戦病死したインパール作戦の指揮官・牟田口(むたぐち)廉也(れんや)も結局責任を取らず、戦後何も無かったように先生までして77歳までのうのうと生き延びた。

今の中央省庁の官僚もまったく責任を取ろうとしない、それは上が決めたことをやっているだけだから、自分たちは何も悪くないと思っている。そういうシステムが明治時代からずっと続いている。

日本人は政治体制が大きく変わってもびっくりしなければ反抗もしない。仮に中国が侵略してきて属国にされても、ご主人様がアメリカから中国になっただけの話なので、日本人は「はい、そうですか」って受け入れる。レジスタンスなんか起きないし、日本を取り返そうと死に物狂いで頑張るやつもほとんどいない。

自分が正しいと思っていても、反論しない学生や労働者たち
香港のデモを見ればわかる、中国人ならものすごく抵抗する、日本軍が撤退したあとに起きた第二次国共内戦は3年も続き、その血みどろの戦いの結果、蒋介石が追い払われて現在の中国が生まれた。

韓国も血の気が多いし、台湾なんて一時期、議会で取っ組み合いの喧嘩をしていた。日本では罵声が飛び交うこともあまりなく、せいぜいヤジを飛ばす程度。大学生や社員に覇気がなく、教師と議論も無い。自分が正しいと思っていても、反論せずに、陰口をたたく、そのほうが楽。

日本人を根本的に変えるのは難しい、今の支配階級は、戦後何十年もかけて、ろくでもない法案でも通してしまえば結果は最悪でもウソを突き続ければ問題無しになる日本人を経験的に学んできた。今の今でも国会で118回も公的に認証されたウソを垂れ流したボンボン政治屋が圧倒的に国民の指示を受けて居る⇒日本人に取って真実とか正義とかどうでも良いのである⇒有るのは唯一自分の我欲だけ!!!

憲法改定に関しても、国民的議論を巻き起こそうとは思っていなくて、デタラメな内容でも数の力で変えてしまえばいい。ウソでもなんでも法案を通してしまえば勝ちなんだよ。ウソをついたって韓国や台湾の様な暴動は起きない、今や政治屋は国民にウソつくことをまったく躊躇していない⇒そしてその大嘘を国民の殆どは「はい・そうですか」と受け入れる。

日本人がいちばん気に入らないのは、自分の廻りや平民で「上手くやってるやつ」
日本人が不思議な感性をしていると言っても、あきらめてばかりいたらフラストレーションがたまる。そこで、いじめてもいい相手を見つけ出して攻撃し、うさ晴らしをする。自粛期間中のパチンコ屋叩きであり、自粛警察であり、コロナ患者や医療従事者への嫌がらせであり、亡くなった女子プロレスラー木村花さんへの誹謗中傷だ。

不満のはけ口のストレスをぶつける対象にされやすいのは多くの人と違うことをするマイノリティ、実は日本人がいちばん気に入らないのは、自分が我慢しているのに、楽しそうにしていたり、上手くやっていたり、自分がやれない努力をコツコツとするやつや大真面目に真実を語るヤツ

自分はコロナや生活苦で大変なのに、自分に近しい隣のやつが儲けたりするとすごく腹が立つ。それは嫉妬、孫正義や三木谷浩史のような大金持ちが儲けるのはスルー。あまりにも経済格差がありすぎる⇒別格はしぶしぶ承認。

日本人の感性がヘン、日本以外の国の人なら、検察官が賭けマージャンをした程度の話なんて些末な出来事だと考える。そんなことより、国のシステムや法律が変わるようなときにこそ大騒ぎをする。それは国家安全法をめぐってとんでもないことになった香港を見ればわかる。でも、日本人は国を揺るがす大きな問題には反応しない。仕方がないと思って腹も立てない⇒長いモノには直ぐに巻かれちゃう!

どう考えたって、本末は逆。大借金をして未来の子供達の人生を棄損しようが消費増税には文句ひとつ言わないのに、なぜ不祥事を起こしてやめる公務員が退職金を受け取ることをあれほど騒ぎ立てるのか。緊急事態宣言中に出歩く人のことも極悪人のようにバッシングし、チャラ男君の石田純一なんかめちゃくちゃ叩いた!

結局、強い相手には口をつぐむけれど、いじめてもよさそうなやつをターゲットにして、みんなで徹底的に叩きまくる。溺れる犬を棒で叩いたうえで、石まで投げつける。日本人っていうのはそういう国民性。そうやって、日頃のフラストレーションを解消している。

日本人社会は・・ウソが9割、真実1割、そして大小悪党が8割、普通の人が1.999割、善人が0.001割と云う分布になるのかも知れない。

そして100年後に日本人と云う呼称は・・・歴史の中でフェードアウトして行くのかも知れない。

哀れなり、凄く哀れで、醜くて・・・我欲の亡者、いと悲しけり

日本にて、悲しく哀れ、若者の・・・普通に生きる、いと難しき

子はペット、私を飾る、アイテムの・・・一つに過ぎず、母ナルシスト⇒私の子供はこんなに可愛くてこんなに何でも高尚な習い事が出来て、そんな子供を持つ私(母)は、よそ様と違いとっても素晴らしい人間的価値の高い母親なのよ!とマウンティン愚したいダケ・・ふー

2022年06月16日

日本の政治屋とマスゴミは亡国の首謀者⇒80年前と同じ

今の今、世界は大激変をしています。グローバル化が終焉を迎え、ローカライゼイションが進み、さらにブロック化が激変で起きています。

ロシアのウクライナ侵略を契機として世界中で物価が爆上がりです、金利もアメリカを中心に爆上がりをしています。本日もアメリカのFRBは0.75%の利上げをしました。

日銀は莫大な借金がある故に金利上昇を世界の先進国で唯一強制的に抑え込もうと無理筋を通そうと必死です。外国からの日本国債売りのアタックも受けて居ますが・・ジャブジャブに輪転機を廻しいて買いまくって金利暴騰を抑え込んでいます⇒外国人が日本国債の保有を14%程度と増やしている段階で・・・どこまで買いまくる事が出来るか?不明

こんなギリギリ綱渡り状態で・・アホ政治屋のボンボン連中は・・・やれ軍事費だやれ生産性の低い飲食旅行を救うために借金してでも金をバラまけと大騒ぎ!!!ふー

はっきり言って世界で唯一の無茶苦茶政策を日本だけがやって居る状態です。日本国債の格付けがシングルAからBBBに下がれば・・もう収拾がつかなくなる事もあり得ます。

今の今世界の食糧輸出国30か国が食料の輸出制限をしたように・・・次はエネルギー輸出の制限がブロック化と共に始まりそうです。それによりエネルギー価格はさらに暴騰する未来が待っています。なぜか?

今後のWEB3.0の進展でエネルギー消費(特に電気消費量)は爆上がりする事は間違いない事です。

注:Web3(Web3.0)⇒これまで情報を独占してきた GAFAM や巨大企業に対して、テクノロジーを活用して分散管理することで情報の主権を民主的なものにしようという概念。

実際はどう変わるか?

ディバイス  スマホ⇒メタバース・ビジネス移動は90%減、スクリーンは終焉、不動産は大暴落
データー   SNS⇒ブロックチェーン
処理     クラウド⇒AI+量子コンピューター
お金     リアルマネー⇒仮想通貨
金融サービス 金融機関⇒DeFi
所有権    リアル所有⇒NFT
会社組織   株式会社⇒DAO・・・・働き方はヒエラルキー型⇒ホラクラシー型⇒ギグワーカー

注:DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Finance、一般に”分散金融/分散型金融”などと訳。
DeFiに属するサービスは、銀行や証券会社のような役割を果たす個々のプロトコル(コントラクト)群によって構成。これまでインターネット上で提供されていた金融サービスと比較して、集権的な管理者が存在せずアクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰にでも提供されることから、分散金融(Decentralized Finance)、又はOpen Finance (Op-Fi)などと呼称。

注2:DAO(Decentralized Autonomous Organization)⇒「分散型自律組織」となり、ブロックチェーン上で世界中の人々が協力してビジネスをする管理・運営される組織のこと⇒DAOは中央管理者が不在であり、組織に参加しているメンバー同士で配布された「ガバナンストークン」で意思決定⇒DAOは透明性が高く、スキルが有れば誰でも参加可能、どのようなルールに基づいて運営されているのかが誰でも閲覧可能⇒成果分配も公平・透明性有り⇒プロジェクトごとに離合集散

WEB3.0への移行は、何れも今までの数十倍どころか数千、数万倍の電気エネルギーが不可欠となる社会へ移行。日本のエネルギー自給率は12%程度(グリーンエネルギーのみではたったの2.4%)そして食料自給率は37%⇒生産資材やエネルギーを勘案すると実質は10%程度

バカ過ぎる政治屋とバカを通り越した自己保身の利口バカ官僚に日本丸の舵取りをさせると確実に沈没する。日本以外の先進国と進む方向のベクトルが89度もズレている!財務省の事務次官自ら警鐘を鳴らしたように日本丸は氷山に向かって進むタイタニック号そのモノである。沈没時に死なない為にも貴方も自己努力で大変革をして・・経済的バッファーや時代に価値有るスキルを今から得ていないと生きて居られない⇒その為に参考になるのが・・以下の富裕層の思考マインドである。

真の富裕層が嫌う20の項目。

★ブランド物のファッション

富豪であっても社交の場以外では、意外に大衆的で実用的なアイテムを使用している。ドレスコードの必要な重要なシーンのためにドレスやシューズを揃えては居るが、決して毎日着飾る必要はない⇒ビルゲイツ⇒10ドルの時計

★金持ちを演出する

そもそもお金持ちはマウントする必要は全く無い⇒目立つ事は防犯上も心理ストレス的にも危険

★テレビを殆ど見ない

ニールセンの調査によると、アメリカでは収入の低い家庭ほどテレビを長く視聴している。一方、富裕層の3人に2人はテレビをまったく見ない。契約している動画配信サービス、ネットフリックスやアマゾンプライム等の元を取るために、なんとなくドラマを見ているようなら、その定期購読は見直した方が、時間的にも金銭的にも得策!

注:Nielsenは、視聴者測定、データ、アナリティクスにおけるグローバルリーダーであり、メディアの未来を形成。あらゆるチャネルやプラットフォームにおける行動を測定し、視聴者が好むものを発見することで、クライアントの行動を促進する信頼できるインテリジェンスを提供する媒体

そもそもテレビとはマスメディアと呼ばれている様に圧倒的多くの敗者・普通者向け(平均値以下の7割に向けて⇒正規分布1σ〜-3σ向け)内容で制作されている⇒テレビは時間泥棒+馬鹿製造機と思って間違いない。

★無駄な時間の消耗

自己啓発・相互啓発等の価値を生まない無駄な友人関係・知人関係の継続、SNSは30分以内、ゲームは基本しない、しても30分以内の気分転換 SNSのやりすぎは人間破壊に至る⇒孤独と猜疑心の極大化

買い物等にも極力出かけない⇒電話1本でデパートが自宅まで来る。ポチで世界中から安全で高品質なモノを求めている。

商業主義的観光地には殆ど出かけない⇒旅行は大自然のリゾートライフやホテルライフを楽しむ(時間の質に拘る)

★高すぎるマイホーム

身の丈以上のローンは家計を大きく圧迫⇒必要以上は許容以上のストレスを生む⇒目立つ事は危険
ウォーレンバフェット70年前に購入した3万ドルの家に継続住居、成功者の自家用車がカローラなんて話も多く聞く

★最新のガジェット

モノは価値で判断、使わない最新機能は無意味、心に残る体験に資金を投じる

★流行のインテリア

流行は商業主義の金儲けの道具、金を搾取される事を嫌う、成功者ほど、時代を問わず使えるシンプルなデザインを愛好する

★必要以上の教育

序列を高めても実力が高まる訳では無い⇒大学ランキングでリクルートする企業に未来など無い

高学歴の親を持つ子ほど高学歴になる傾向、限度を超えて塾や家庭教師をつけたところで、本人にとって苦痛なら意味がない。高額なローンを組んで子供に教育を押し付けるよりは、子供時代にしかできない体験を重視⇒親の背中を見せる。

★子供への雑多なおもちゃ

子供の溺愛は毒、欲しがるおもちゃを無限に買い与えることは、愚かな出費、良質なものだけを与えるように心がけると、子供が自ら遊びを発案し教育上も良好な効果を生む⇒無い事、不便な事、が知能を活性化する。

★衝動買い

安くても自分にとって価値が無ければ全く必要なし⇒寄付する方がマシ

セールで物を買って得をした気分になっても、使わないのなら意味がない⇒真の金持ちはデパートには行かない⇒デパートが自宅にやって来る。

★複数のクレジットカード

アメリカの富裕層のうち複数のカードを利用している人々は8%⇒92%は1枚のカードのみ⇒カードのステイタスが爆上がりで結果多くの得点をゲット⇒自動的にガソリン15円引き⇒一流ホテル、特別室(1泊37万円)に普通料金(1万円)で泊まれる等々

★クレジットカードの遅延損害金

うっかりミスはしない⇒その為にもカードは1枚が一番リスクが少ない。

★タバコ

1箱580円とすると、毎日1箱を空けている人は年間で21万円の毒を吸引。さらに健康への影響は将来的な医療費を爆増⇒ガン=タバコ・・でほぼ間違いない。タバコ1本で寿命が14.4分短くなる統計上のエビデンスが出ている。

ガン保険診療内では初めてガンに罹患されたときの医療費は平均43万円、医療費以外にも平均22万円の出費があり、合計で約66万円の費用に。病期(ステージ)が進行している層ほど治療に要した年間費用は多くなり、ステージ0(平均37+22万円)とステージIV(平均108+22万円)では約2.9倍の差。保険外の先進医療を利用した場合には600〜2000万円/年間ほどがかかると推定されます。

タバコは運よく生き残れても人生の可処分所得を2000〜最大4000万円(タバコ代を投資+医療費)奪う事を知って居る。

★体重増加及び体重低下(無謀なダイエット)

真の富裕層は健康に対する投資は惜しまないし、健康は最優先事項の一番上、食事・睡眠・運動は必須の事項、特に医療リテラシーやリスクリテラシーは不可欠な知識と認識している。

糖質中毒がもたらすデブは糖尿病や認知症やガンのリスクが爆上がりする事を知って居る。

★ギャンブル

確率論が解る人は絶対に手を出さない

★高額な自己啓発プログラム

上昇志向の強い人ほど自己啓発プログラムに引かれがちだが、高価なセミナーを主催している指導者のなかには「自称億万長者」⇒(ねずみ講的な成功者が多い)といった人物も多い。巧みな話術でセミナー中は高揚感が高まるかもしれないが、真の成長をもたらすものではない。こうしたトークと教材に頼るよりは、偉人の伝記や著書を購入した方が賢い投資。

★私的年金⇒日本の未来を考えたら恐ろしくて出来ない。

真のお金持ちは・・価値を高め続ける事に歓びを感じている⇒一生価値を高める⇒価値が高められなくなるまでは引退などしない⇒死ぬまで世の中に貢献する事⇒生きる事
米CNBCが2013年に取り上げた調査によると、大富豪の半数以上は定年退職の年齢を過ぎても働き続けたい意向⇒富裕層は退職を念頭に置いた年金制度にはあまり興味がない

お金がいっぱい有るのが富裕層・・基本金の為には働いていないのが真の富裕層の本質なのですよ!働く事が楽しい、世の中の役に立つ事に真に歓びを感じて居るのが本物の富裕層なのです。

基本、富裕層は自分自身にどれだけのお金が有るか?なんて興味が無いのですよ!自分自身のお金など数えないのが真の富裕層です。

★コンビニには極力行かない、買わない(時の利益が得られる場合のみ使用)

コンビニの棚に並んでいる食品は間違いなく毒(添加物)が山盛り入って居ます。そして食品の原材料は健康被害が出る事がエビデンスとして確立している原材料を山ほど使っています。コンビニサラダでさえ超危険、トランス脂肪酸や白糖、高塩分や猛毒AGE⇒AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)のことで、強い毒性を持ち、老化促進の元凶として注目される物質分かりやすく言えば、糖質とタンパク質を同時に加熱することでできるこんがり焦げた褐色の部分が、糖化した部分です。 例えば、ホットケーキ。 小麦粉(糖質)を練って、牛乳や卵のタンパク質を加えて加熱したホットケーキの、きつね色の焦げ目こそがAGE

★安い外食は絶対にしない

簡単に云えばコンビニの超危険な商品を目の前で作る(レンジでチン)だけのお店

★プロスポーツ、芸能人、タレント等々の中身カラッポの只の有名価値には見向きもしない。

それがどうした?何の価値も無い事を知って居る、賞味期限切れのカスが未だにテレビにはゾロゾロ出ている、ネットにもユーチューブにもかつて有名人と云うゴミが山ほど出ている。・・しかし、真に価値有る感動を呼び起こすアーティストにはリスペクトする。

以上20の特性を真の富裕層は持っています。そしてあらゆる価値の高低を見分け、自己投資や金融投資も確実にしています。成金は真の富裕層とは言いません。お金は空気!有って当たり前のモノとして生まれながらに見に付いている人が真の富裕層です。自分自身に対してや世の中に対する真の価値を知り、それに拘り続ける人々です。

今の価値、絶えず鍛えし、真の価値・・・賞味期限の、切れしゴミクズ・・・

オールドマスゴミの賞味期限切れの吸血鬼・寄生虫を見て喜ぶはアホー以外の何物でも無い。


2022年06月15日

日本の富裕層は2.2%しかし、その殆どが親ガチャ富裕層

世界は急速に物価が爆上がりしています、9.5%の物価上昇、7倍のスピードで物価上昇です。日本のMMT崩壊はこのままでは時間の問題ですね・・・ふー

日本人と云うアホーは・・・目の前のコトさえ見えなくてわが身に苦痛が襲って初めて何が起きているのか理解すると云う恐ろしくも哀れな生き物の様です。

そんな中でいち早く自分の財産を海外に逃がし安泰をたくらんでいる階層も居ます。

「野村総合研究所、日本の富裕層(金融資産1億円以上)は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計」日本2021年の総世帯数は5,949万7,356世帯⇒富裕層は1/44.7世帯(2.2%)と云う計算になります。

総務省が25日発表した2020年国勢調査の速報集計では、1世帯当たりの人数全国平均は2.27人、東京は1.95人と全国最低で初の「2割れ」に突入した。2021/06/26

から推定すると日本では富裕層が301.91万人居る事になる。

日本経済新聞出版社より2019年11月に刊行された日経プレミアシリーズ『親リッチ』からの抜粋。

全国に235万人、急増する親リッチ、親リッチを「親もしくは祖父母の世帯の純金融資産保有額が1億円以上(富裕層・超富裕層)である20代〜50代の人」と定義すると、その数は全国に235万人と推計。

親ガチャ大当たり富裕層が全体の富裕層の77.83%となり、平民から自力で富裕層に成りあがった人間は極少富裕層全体の22.17%となり、その人数は66.91万人、その世帯数は29.47万世帯である。日本の全世帯に占める1代自力富裕層の割合は・・・201.8世帯に1世帯(0.49%)となります。

この日本では、とても自力富裕層は狭き門で有ることが良く解ります。そうしてみると弊社の先の6月11日に開催したWEBセミナーお金で貴方に教授した・・・「お金持ちの方程式」・・とその具体的ななり方についてはとんでもない価値がある学びで有った事が良く解ると思います。

私の言った通りやれば・・・大企業正社員の殆どの人がこの狭き門の自力富裕層になれる訳ですから、貴方は弊社の真の学びの価値を本当に理解できていますか???

原理原則は超簡単!!!もうやるかやらないか?の2択なのですよ!

私の授業を貴方の年代で私自身が受けて居たとしたら・・間違いなく私の今の資産は100倍を優に超えていたと云う強い確信が有ります。まさに人生は・・「うん」・・が全てですね!!!

セミナー後のアンケートを読ませてもらうと参加者は確実に正規分布から右ズレ(20%程)をしていますがそれでも・・本当に理解出来た人が20%程度、或る程度理解出来た人が40%、それなりに理解したと思われる人が20%、それ以外が20%なんて分布割合と感じました。

そして夫婦と云えども価値観の差、知識の差は紛争を確実に引き起こします。貴方の夫婦は共に同じ学びを深めて同程度ののリテラシーと同程度の感性を持つ努力を日々していますか???相互理解と相互共感の努力をどれだけしていますか???とても心配になります。

子が育ち、安どの気持ち、やれやれと・・・隣を見れば、不快極まり・・となる恐れが心配です。

貴方自身が私の云うどの?分布区分の何処に所属しているか?は自分自身が一番判る事だと思います。まさに「天知る地知る我ぞ知る」ですよ!

言葉には深さが確実に有ります、字ずら(あたま)だけで理解したと思っても具体的な価値ある行動には結び付かない事が多いのが人間と云う生き物の本性です。まぁ〜「舎衛の三億」に習う迄も無くそれなりの割合の人が価値を受け取ってもらえたと思えば、WEBセミナーを開催した価値と意味はあったと思っています。

注:舎衛の三億⇒釈尊と同じ時代に生まれ合わせたとしても、舎衛の3億の人々は、釈尊を見ることも聞くこともできなかった⇒〈「縦たとい在世に生ると雖も舎衛の三億の如きは尚見ず聞かざるなり、況んや像末辺土をや」〉⇒解りやすく言うと釈迦の話を聞き教えを乞えたのは1/3以下の人

釈迦レベルでも話を聞いてくれる人(価値を伝える事が出来る人)が全体の3割である・・凡夫の私ならその1/10以下でも上出来であると自らの行動をプラスに考えると云う事が大事だよと云う教え⇒利他心を信じて行動する事に価値が在る。

★★★★★

さらに日本の現実を直視する時に・・富裕層になれなくても最貧困増に落ちない為の真なる学びをして価値を高め続ける事は不可避な事です。残念ながらここでも確実に落ちこぼれる人は出てしまいます。その差は・・・霊性実在知能の高低がもたらすEQ力やHQ力、LQ力の差でしょう。

★ 60歳代世帯「金融資産保有額」(※金融資産を保有していない世帯を含む)
 ・平均値:2427万円・中央値:810万円⇒正規分布から左に大きくズレている。
★保有額ごとの人数割合
 ・金融資産非保有:19.0%
 ・100万円未満:6.4%
 ・100〜200万円未満:4.8%
 ・200〜300万円未満:3.4%
 ・300〜400万円未満:3.3%
 ・400〜500万円未満:2.6%
 ・500〜700万円未満:5.9%
 ・700〜1000万円未満:5.3%
****************上記の迄の50.6%の人の老後は過酷である事は間違いない
 ・1000〜1500万円未満:8.4%
 ・1500〜2000万円未満:6.0%
****************上記迄の50.6%+14.4%=65%との人の老後は貧困である。
 ・2000〜3000万円未満:9.6%
 ・3000万円以上:22.8%
 ・無回答:2.6%
3000万円以上を保有する世帯は22.8%(一応安心)「金融資産を保有していない」という世帯も、19.0%⇒60代で、既に「老老格差」の現実

★★3000万円以上貯蓄している22.8%の人でさえ日本が破綻しない前提での一応安心と云う事である。そしてさらに追い打ちをかけるのは負け組1/3の人を勝ち組1/5の人が人権と云う国際法により強制的に面倒を見させられるという現実である。

そして日本人の最悪は・・殆どの人が人は平等だと信じ込む教育を受けてしまって居ると云う事です。自然界に平等などと云う価値観は皆無です。同種族の平等は原理原則大違反です。進化論でいう適応最適による生き残りの存在価値としての平等が地球上には存在するダケです。

簡単に云えば、犬も猫もネズミもミミズも貴方も私も存在結果としての価値の平等と云う意味です。

日本人がここまでバカになると当然の結果として大衰退は免れません、世界貿易の国別シェアは、この23年間で日本は7%⇒3.4%へと半分迄減ってしまいました。他の国は悪くても7〜8%前後でほぼ横ばい、中国などは同期間に3.3%⇒15.1%と5倍近くに伸びています。

さらに少子高齢化は加速度を増して日本を大衰退から超衰退に向かわせる事は間違いない事です。日本の官僚やシンクタンクの日本の人口減予測には、この経済的な超衰退が見込んでは有りませんので・・・現実は予測より大幅な減少となり悲惨な結果となる事は間違いありません。

バカがバカで有る事を自覚して猛反省しなければ・・・バカは絶対に治りません。しかし、日本人に反省をすると云うDNAが欠落している事実に暗澹たる気持ちになります。80年まえに11倍の国力が有り貿易の7割近くを依存していた超大国に・・騙し討ちのケンカを吹っ掛けたチンピラ国日本なのです。鬼畜米英恐ろるるに足らず!!!!なんて連日提灯行列して騒ぎまくっていたアホーが今の今もそのままですから・・・

上記論証の証明する出来事

霞が関の主な中央省庁の2022年度の残業代予算が、初めて400億円を超えた。前年度と比べて約18%と異例の大幅増で、昨夏に各省庁が出した概算要求額385億円を上回る「増額査定」

中央省庁で働く国家公務員のうち「過労死ライン」の月80時間を超える超過勤務(残業)をした職員が、昨年12月〜今年2月の3カ月間で延べ6532人いることが分かった。 そのうち、月100時間超の職員は延べ2999人いた。2021/03/30 官僚たちの時間外勤務は年平均で350時間。これに対し、民間企業が131時間。2倍以上となっています。

さらにうつ病などの精神疾患で1か月以上仕事を休んでいるのは3495人、全職員に占める割合は1.2%ほど。民間企業の場合、その割合は0.4%という調査結果。公務災害、いわゆる労災と認定されたのは、平成28年度と29年度の2年間に7人。自殺した人も4人。

終電後タクシーで午前1時半に帰宅して午前2時半から午前6時まで3時間30分眠り、また出勤する連続⇒いくら東大生でも脳が破壊される。

人間のサーカディアンリズムを破壊すれば当然人間そのものも破壊される⇒負の連鎖⇒日本国のバカ政策の現状維持と負の結果の多発放置

注:サーカディアンリズム⇒概日リズム(サーカディアンリズム)を形成するための24時間周期のリズム信号を発振する機構。生物時計とも呼ばれる。脳内の視床下部の視交叉上核に存在する。
生物は地球の自転による24時間周期の昼夜変化に同調して、ほぼ1日の周期で体内環境を積極的に変化させる機能を持っています。人間においても体温やホルモン分泌などからだの基本的な機能は約24時間のリズムを示す。この約24時間周期のリズムは概日リズム(サーカディアンリズム)と呼ばれます⇒これが狂い続けると人間(脳)破壊となる。

☆こんな労働生産性を上げる為の知識の一丁目一番地でさえ東大卒は理解が出来ていないというアホー過ぎる現実が日本には確実に存在する。長時間労働は労働生産性を下げ続け全く意味が無いなんて事は先進国では当たり前の事となって居る。

一日4時間残業すると労働生産性は0.6割となる。7+4(残業)=11×0.6=6.6・・つまり、結果は下がり疲労が蓄積して残業代だけが増えると云うアホすぎる事になる。正確なエビデンスが存在するファクトである。

☆★☆★☆

バカ国民、糞政治有り、人壊れ・・・不幸の民の、未来消えたり

気付き有り、真なる学び、深めたり・・・常識の外、地球人かな

貴方に質問があります。本当に、本当に目の前の我が子愛して居ますか???我が子の人生に責任をもって育てて居ますか?

国無くて、何が人生、有りや無し・・・国防基本、財務健全

2022年06月14日

大激動の大苦痛が大愚民族に顕在化しそうである

この所、インフレ、金利高、連日大幅株安で・・・証券市場は大下落ですね・・・ジャブジャブマネーの限界点が来て重篤な副作用が顕在化しそうです。残念ながら日本はなすすべが有りません。

1,円安による交易条件の悪化⇒物価高⇒コストプッシュインフレ⇒スタフグレーション
2,莫大な借金による強制的金利抑制⇒円安⇒円安⇒円安
3,産業の空洞化(海外で稼いだ金が日本に戻らない)⇒国内投資の縮小⇒不景気
4,産業競争力の激低下⇒発展途上国型の経済
5,日本の円を外貨に換えたり海外投資(円安)の加速度化⇒日本の金が海外へ流出⇒不景気

日本は金利が1%上がると長期的には金利負担が14兆円増えます、国債の借り換えの短期の負担は3.7兆円程度、2%上がれば年間7.5兆円(消費税で3%)の負担増です⇒まさに負のループです。

日本は世界で唯一ジャブジャブマネーからの金融の正常化が出来ない国である⇒強烈な痛みを国民に課さないと何ともならない国に現在なって居る事実を多くの国民は知らないし、気にもかけていない。お金はジャブジャブ湧いてくると思っている!⇒原理原則大違反
こんなバカ政治をしたボンボン政治屋を未だに日本人は圧倒的に支持をしている愚⇒愚と云うよりもはや狂気⇒増税しない事は最大のリスクと云う事を理解して居ない⇒下りは1段、1段、下るのが被害が最小限、いきなり底が抜けて墜落するよりは遥かにマシ

大激動の時代が来ました・・間違いなく80年に1度の大激動の時代です。カードの表がパタンと裏に返るまさに今です。

今のような先がわからない時こそ、大失敗することもありますが、リスクリテラシーの有る人は大儲けできるチャンスです。

真剣に学びお金の言葉を知り投資でお金を失っても、失敗に耐えることができる人のみに訪れた大チャンスです。投資に必要なのは、“潤沢な資金”と“時間”と“情報”と”真なる学び”。

失っても困らないゆとり金100万円で株を買って、値上がりすれば誰もが儲かりますが、値下がりして、仮に50万円になった時に、なけなしのお金で買った人はそれが100万円に戻るまで待ち続ける事は不可能。けれど、50万円になった時にさらにゆとり金100万円ぶん買える人は、株価が70万円に戻れば儲けが出ます。“潤沢な資金”がある人のみが、儲かるのです。

真に学ぶ事が出来ずに3つのゆとりの無い人、特にゆとり金が無い人は投資などしてはいけません。

お金の言葉も知らずに、ゆとりの無い人が住宅ローンが残っているなら、投資などには使わずに、住宅ローンの「繰上げ返済」が一番最良の策、10年前に、金利1.5%、35年返済で3000万円を借りた人が、今、100万円を繰上げ返済⇒約44万円の利息の支払不要⇒100万円の投資で即リターン44万円が稼げる事と同じです。
同じ条件で5年前に借りた人なら、約55万円の確実な即リターンです。

しかし、真剣に学びゆとりの有る人なら・・・ローン固定金利1.5%を上回るリターンが確保できるリターン5%の金融商品に投資すれば・・・差額の3.5%が儲かる事となります。

何処まで行っても・・・孔子の教え通り・・敵を知り己を知らば百戦危うからず・・の言葉通りです。真に学ぶ事無しに利益を生み出す事は絶対に出来ません、まさに知は力なり・・です。

一番ダメなのは住宅ローンを家賃と見なして・・ただ、ただ、放置している人です。これらの人はこれからの日本では確実に没落していく人です。

あらゆるデーターがこれからの日本にはあまたのリスクしか存在しない100年を貴方も貴方の幼子も生きていかなければなりません、リスクを取れる能力を身に付けるしか他に方法は無いのです。

なにも学ばず、何もチャレンジせず、現状維持が・・最大のリスクになる時代なのです。

肉を切らせて骨を切る覚悟が必要な時代でもあります。無傷なんて事はあり得ない事なのです。

自分の行動の1/3は最低断捨離し・・・その時間で真剣に学び続けるのです。その断捨離は永遠に続く苦行の始まりでもあります。テレビやマスゴミ、プロスポーツ、余分な人間関係もスパッと切り捨てる覚悟が必要です。

私などはニューノーマルになってから2/3は断捨離しています。後ろ髪など全く無い覚悟が不可欠です。その分、真剣に読書や論文などを真剣に読み込みながらリスクリテラシーをさらに、さらに、それぞれの分野のプロの頂点に立つくらいの覚悟で学び続けて居ます。

正直、シンドイ、シンドイと思う事も多々ありましたが・・・人間とは環境の生き物、その内にそのシンドイ事が楽しみに大転換する瞬間が訪れるのです。不思議な生き物ですね、人間とは!!!

我欲ほど、導く不幸、不思議也・・・欲捨てさりし、富ぞ増え行く

2022年06月13日

正しい統計はウソを言わない⇒正しい統計は未来が見える

統計学がとても大事な学問であると心底思う。日本はこの統計学に担当する人が統計の持つ真の意味と価値を有効に活用できていない。

何が正しくて何がダメなのか???・・・それは統計を見れば一目瞭然で理解できる。

日本と云う国の価値や持続性だって統計に全て"ありのまま"に正直に出て居るのである⇒残念ながら統計の示す日本の未来は100%例外無しに真っ暗い!

例えば今の日本人の全ての世代の約25%は預貯金ゼロのその日暮らし、そして引退後の高齢者の5割は年金ダケで生きている、そして年金が無いと生活できない程の低収入の老人家庭が3割程度存在する⇒しかし、日本の年金制度は少子高齢化で賦課方式が成立しない事は明々白々である。

日本と云う国が破綻をしたら途端に6000万人程度が生活不可能になる可能性が大である。残りの6000万人には大増税が確実に実行される。仮に本当に運良く国家破綻を免れたとしても・・その生活レベルは1/2以下(果たして?生きていけるか?不明)に落ちる事は間違いない未来である。

しかし、この確実な近未来を誰も気にはしない!!!

原理原則・・・ダメなモノは正しく修正しなければ持続性などあり得ない⇒日本人はそれをやらない!!!現状バイアスに汚染され、現実の統計を無視し確証バイアスで生きている。

日本人は特に何か新し事をして損をするかも知れない?と深くリスクに対する拒絶感が強い民族である。私が子供の頃よりも日本人の人間的優しさや寛容さが激減していると日々ヒシヒシとかんじている。

これは如何なる組織でも個人でも全く同じ事が言える。同じ価値ある話を聞いても、同じ年収500万円(現在価値は同じ2人)の2人は・・10年後一人は年収8000万円に伸び、そしてもう一人は自分で思う必死の努力をしても年収500万円のママ一円も増加しない。

能力や性格のせいではない…「生涯43年働いても働いてもお金が貯まらない人と1億円以上貯まる人」の決定的な違い

人間的「能力」の差ではなく「脳の境界線」の差⇒人間はその能力においては、特別大きな違いはありません。一部の天才たちを除けば、知能も身体能力も、もともとさほどの違いはない

しかし1/20人には得る結果に大きな違いが出るのは、「脳の境界線」の差⇒現状バイアス、確証バイアスの壁が自らの学びを自ら生かして行動出来るか否か。そして残念ながら3/10人は確実に落ちこぼれて、生きる事さえ苦しくなって居る現実が目の前に存在する。

現状バイアスと確証バイアスが自分の脳に勝手に自分の限界を作り、思考や行動に様々な制限を自ら生む。

「自分にはできない」新たな努力をする事を損する事と深層心理が拒絶すると、やらない理由を探しまくる。確証バイアス⇒「選択的認知」⇒現状維持

自分が自ら限界と決めた範囲の中に、「安全安心」と思い込んで留まっている状態は、現代社会においてはリスクフルで非常に危険な行為⇒現代社会の変化のスピードが加速して激変。

2020年以降の新型コロナウイルス感染症のパンデミックで、ニューノーマル社会への変化の速度は10年分一気に進みました。

新たなリスクは危険と現状維持を選択し気が付いたらあっという間に後退し、周囲に大きく後れをとることになっていた⇒それが今の日本の国であり、企業であり、そう貴方で有ります。

私も多くのセミナー等に参加をして来ました、セミナー後のアンケート(アンケート用紙の裏側いっぱいに答えた事も何度も有ります)なども100%答えて居ましたし、毎回判らない所はセミナー後に講師に直接質問をする事が状態化していました。セミナーが90分なのに・・セミナー後の質問で2時間要したなんて事もありましたし、時間が無い場合などは後日メール等で質問と答えのやり取りをさせて頂いたものです。

残念ながら多くの日本人は統計学的に見て・・・真に学ぶ事の意味さえ教えられていません。

多くを学んだつもりで有り、つもりなのです。・・解らな事すら判らない状態・・・講義を聞く時間をただただ消耗するダケを学びと思っている節さえ有ります。

真に学ぶとは・・学んだ事を他者なり世の中に具体的な行動(利他心)を生かして価値を与えられるか?どうかを自ら検証しながら・・・さらに学びを深めて試行錯誤して価値をアップデートし続け、学びの気付きを与えて下さった方には心から感謝を伝える行為までを含めて”真なる学び”と云うのです。

私の経験則からでも居えますが・・・人は格上に上がる為の目の前に厳然とそびえたつ壁は自分一人では乗り越える事はとても難しい事です。私にも師が居て手助けをして頂けました。とてもありがたい事です。一生の恩人と今でも日々感謝をしています。

戦後の日本の間違った平等主義の教育が・・・人を傲慢にし不遜にし冷徹にしたようです。自分さえ良ければ・・自分の我欲を求めて・・後は知らん・・的な人間ばかりの様な気がします。

この私の今の日本人に対する感覚は今の今、統計の数字としてキッチリ目の前に出ている事実です。

空(むな)しくも、親子の縁も、空成りて・・・サルより劣る、日本人かな

群れ離脱、自ら歩む、慈愛道・・・我高らかに、地球人也

今できる最善を!今できる慈愛を!・・・急がず、怠けず、コツコツと・・道を究め行く

2022年06月12日

大地に立たない(触れる事をやめた)唯一の生き物⇒人間

約500万年も前から二足歩行をしていた人類⇒人は靴をいつから履きだしたのだろう?⇒たった100年程前・・・現生人類は約30年前から存在しているので・・・100/500万0000年、100/30万0000年しか経って居ません。

ワシントン大学の人類学者、エリック博士の研究⇒人類は4万年前から靴を履いていたと化石の足の骨の形状から推定

物として確認できる古い履き物は、BC.2000頃のエジプトで貴族がシュロの葉や動物の革でできたサンダルを履いていた。しかし、一般人は裸足。ここまでの数百万年は人類は裸足。

日本では?

縄文時代にはカンジキや長靴型の革靴の存在の可能性有り。弥生時代には農作業用の田下駄、板に縄を張っただけの、カンジキの延長。これは履き物では無く道具の要素が高かったと推定。

古墳時代になると藤の繊維でおった布の半靴が履かれる⇒中国との交流の中で伝承。

8世紀から9世紀の奈良・平安の頃には、天皇など宮中では表が彩色され内側に絹を張った烏皮沓を履き、内親王や高位の女官は緑や銀色の沓を履いた。草履・草鞋・下駄の原型がこの頃に登場して、裕福な一般人も裸足から草履や草鞋を履くようになってくる。上流階級の履き物が靴。

裕福な一般人が靴ではなく、草履や草鞋を履くようになったのは、鎌倉時代・・・鼻緒の履き物が盛んになり、指の割れた足袋も生まれる。

そして・・・

蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)という、鎌倉時代後期の絵巻物に登場⇒足半(あしなか)という踵がすっかり出てしまう履き物は、武士だけではなく、一般人にも普及

『信長公記』にも信長が朝倉との戦いで裸足のまま活躍した兼松正吉に褒美として足半を与える場面がある。この足半は兼松家に家宝として受け継がれて、現在は名古屋の秀吉清正記念館に寄贈、展示あり

現代のような洋靴が履かれるようになるのは、幕末から明治の話。西洋式軍隊訓練が盛んになり、1870年に陸軍の兵士用の靴を国内生産するために、「伊勢勝造靴場」が設立。

1907年(明治40年)に三越呉服店でデパート初の靴売場を設け、紳士・婦人・子供靴が販売されるようになる。一般人にも洋服着用が広まるようになるのは、大正に入ってから。一般人に本格的に広まるのは戦後の話。

道具から装飾品へ変容⇒誰もが靴を履くようになって100年も経っていない。

人類が誕生して約500万年、現生人類が生まれて約30万年・・・平民はその殆どを裸足で生きて来たと云う人類史が確実に存在・・・その長きにわたるDNAの進化、たった100年?程度で時代の変化や生活様式の変化に・・人間のDNAが最適変化をして対応できるハズも無い。

この私でさえ公園や神社で幼い頃裸足で走り回っていた記憶が確実に存在する。保育園や小学校の運動会の徒競走では大人も子供も裸足で競争して居た記憶がよみがえる。もちろん、田植えや畑でのお手伝いは裸足で在った記憶も存在する。

人類は長きに渡り大地と接して居て体内の静電気等(体内静電気・体外静電気)を逃がして居ながら長きに渡り生息をして来た。

アース住宅は・・・人間の生活には価値が在る様な気がするのだが???

只今、私が半年前位からわが身を持って実験中である。一日に5〜10回ほど体にアースをする事を初めている。

確かに私の趣味の一つに27前より始めたガーデニングが有るが・・庭で大地と接する土に触れた後はなんとなくストレスが解消できて気分が爽快になる経験は何度もしている。

さて、さて、どうなりますことやら・・・未知の生き物人間・・・不思議な生き物人間ですね

我知らず、我が吾知る、学びとは・・・常識の外、チャレンジ大事

2022年06月11日

弊社WEBセミナーにご参加頂きましてありがとうございます。

本日は弊社WEBセミナーにご参加頂きまして心より感謝申し上げます。今日の学びを是非貴方の価値に代えて欲しいと思います。やがて来る大嵐を乗り切る知恵と勇気と行動が貴方に獲得できると信じています。

世界で唯一の日本国のやって居る経済運営のMMTは物価が上がらない事が成立要件であると・・発案者自らが断言して居ます。今、その大前提が崩れさる事が明確になって来ました。

日銀が発表した今年5月の企業物価指数は前の年の同じ月と比べて9.1%上昇しました。前の年の水準を上回るのは、15か月連続。

日銀によりますと、企業間で取引される商品の価格変動を示す今年5月の国内企業物価指数は、2020年を平均100としたとき112.8で、前の年の同じ月と比べて9.1%上昇。ウクライナ情勢の影響で4月に引き続き、石油・石炭製品など資源関連を中心に値上がり。

伸び率はオイルショックの影響のあった1980年12月の10.4%以来の高水準。

とにかく忖度官僚はごまかしの天才である。ウソを云う天才でもある。

金利は日本だけが低金利をかたくなに死守しようと日銀は必死である。2年債がマイナス金利であるのは日本だけである。10年債も日本だけは0.24%と世界各国と比べて1/10以下程度である。日銀は政治屋と共に間違った政策(アホノミクス等)を10年もやり続けた限界点の発覚をなるべく遅らせようと自己保身に必死である。

世界は日本を見限り始め日本の国力低下は顕在化した故の・・・今の円安である。基本自国通貨が強い(円高)と云うのは日本国の国力が強いと云う証でもある。その逆もまたあり、今の円安は日本国の国力が下がり続けてて、それをごまかしきれなくなった証でもある。

そして過去20年間は日本のGDPはほぼ横ばい、世界は2〜5倍にも増やしている国もある。ここでも本質を見れば日本のGDPは横ばいだが・・GDPを所得に置き替えた実質国内総所得(GDI)は、この1年で2.3%減(2.3%貧しくなった)となった。円安等々の始まる日本の交易条件の▲20%にも及ぶ悪化で国際競争力は激減をし始めた。

日本の経済はすでに進歩する事の無い負け組発展途上国型の経済と似通ってきている。

しかし、日本人の多くは現実を認めようともしない!未だに日本は最高?の幻想にしたったままである。リアリティーが無いのである。

やがて来る、確実に来る、大衰退・・・気が付けばもう、出来る事無し!

気付き有り、学び深める、行動は・・・ピンチがチャンス、価値を生む也!

さて、さて、貴方はどの道を選びますか???・・・

2022年06月10日

商業主義の本質⇒ドーパミン中毒⇒自制心の破壊⇒貧乏化

日本人は何時までハツカネズミの廻り車の様に同じところをグルグル回り続けるのだろうね、芸能界もスポーツ界も全く同じメンツでグルグルグルグル・・いつか見た光景を垂れ流し続けている様である。当然、視聴率なんてモノは稼げない⇒基本、孤独なヒマジンとバカしかテレビは見ない。

それは私が若い頃車大好き時代を過ごし私も成長したらしく車なんてモノに全く興味が無くなったのに・・・ブランドメーカーがどんな新しい車を出しても全く興味が湧かない事に似て居るのかも知れない⇒マウンティング大好きバカしか新車なんて買わない。

クルマなんて基本生活の中で9割以上は不要だし、どうしてもっていう時の為に、安全で動けば基本何でも良い!⇒もう時代はニューノーマルに入ったのである。

テレビやスポーツそのモノに人は価値観が持てなくなっているのだから中身なんて本質を変えずに見掛けをどれだけいじくろうが全く興味無し・・と云う事だろう。

特に氷の上の石ころ転がして喜んでいるスポーツと称する暇つぶしは・・何の意味があるのか意味不明⇒同様に考えるとプロスポーツの殆どは意味が居ない⇒商業主義でその業界の人が人々の好奇心等を喚起して搾取するダケの目的で成立している⇒もっと実業として世の中の人びとに役に立てと言いたい。

俳優堺雅人(46)が主演のTBS系日曜劇場「半沢直樹」の44.1%なんて視聴率が取れる俳優が今のドラマをやっても最新ドラマ堺主演のドラマ『ダマせない男』が6.7%

テレビコマーシャルをやって居る企業の質を見れば明らかである、食品ファッション業界を除くマトモナ企業はもうTVコマーシャルなんてやって居ない。インチキ臭い通販のオヤジがやって居るダケである。しかもコマーシャルタイム3〜7分に宣伝企業が多い時は20社程度も入る⇒CMを激安にしないともうCMが取れない時代。

確かに明確に時代が変わったのだろう⇒既存メディアの価値の激減

メディアの中でもテレビの劣化がとんでもなく大きい、今テレビを見て居るのは基本高齢者、一日平均5時間との事、若者はザックリこの1/5程度の1時間が平均値である。10〜20代の約半数は平日全くテレビを見ないとの事、30代は1/3の人が平日全くテレビを見ない、年齢が高くなるに連れてテレビ視聴割合は増加をする60代以上は95%の人が平日テレビを見る。

しかし、テレビは基本コマーシャルで食って居るので・・テレビを見ない層だが、購買動機の強い若者向け(幼稚ごのみ)の番組が多い!毎日テレビを見ている高齢者でさえテレビは面白く感じていない。寂しさを紛らす暇つぶしのBGTVと云う事だろう。

オールドエコノミーからニューエコノミーへ・・オールドノーマルからニューノーマルへの移行がガンガン進みつつあるのだろう。

テレビなどのマスゴミに出ている人間の人間的な格が上がらないのだから、上げる努力をしていないのだから・・・年令を加えるたびに下品(年齢と低中身のギャップ)がより顕在化して来るという事なのでしょう。日本が日本人がドンドン、ドンドン下品に成り下がって居る様な光景を多見する事が本当に多くなった。

キム〇クを始めとする軽薄な商業主義から生み出された軽薄な若者が軽薄のまま同じマインドで演じている姿など・・もう3秒も見続ける事はとんでもない苦痛をもたらす。下品が鼻に付く!

道端にころがっている犬のウンコを見たり、公衆トイレに入ったら先客が流さないで立ち去り汚物が存在している便器の中を見てしまった時の・・・いやぁ〜〜〜〜な・・・気分になる。

賞味期限が切れて全く価値の存在が無くなった元○○選手?的な中身のカラッポな輩がコメンテーターと称して出て来る図などは・・普通の事を普通にオウム返しで云うしか頭脳が無くもうシュールで哀れでさえある⇒引退後も基本自分のやる事(新しい価値)を見つけて真剣な人はテレビなどで暇つぶししている時間が無い!

人は年齢と共に中身を成長させ続け格を上げ続けなければその存在理由は無くなる。

日本のブランド外食店の味にも同様な・・とにかく刺激や・・・見かけや、金をかけてのブランド化ばかりに経営者のマインドが移行⇒商業主義の行き過ぎが過ぎて・・・本物の味、感動が無くなってしまった事と同じような気がする⇒素材の本来持つ感動の味が感じられない。

ドーパミン中毒にする様な味しかしない。

人類の歴史の30万年の本質は・・それでも変化はしていない、今の世のたった30年や40年変化が人間と云う生き物には合わなくなり飽きられたのだろう・・人は基本7年で飽きる生き物である。知恵を使い変化や刺激を強くしても7年×3倍の21年で確実に飽きる。私も大好きだった前の車は全く問題なく動いたし新車並みにピカピカだったけど22年目に取り替えた。

人間関係にも同様の事が言えそうである。たとえ夫婦や親子であったとしても”とてつもない努力”無しでは永遠などとはあり得ない。

人間と云う生き物に取って不変であり不偏の価値は・・感動と感謝・・なのだろう。人間関係の進化は欲では無く共感から始まるとも言われている。

欲や刺激の人間関係は・・それより強い欲や刺激であっと云う間に寸断され終わりを迎える。

シンパシー(sympathy)は他人と感情を共有することをいい、エンパシー【empathy】は、他人と自分を同一視することなく、他人の心情をくむことをさす。

家族はシンパシーを中心にし、家族以外はエンパシーを中心として人間関係を構築すべきだろう。

真なる学びの最終目標は・・人間と云う生き物の本質理解と自分と云う生き物の本質理解・・なのだろう。

生きるとは学び続ける事であり、中身が進化し続ける事でもある!学べば学ぶほど選球眼が鍛えられどうでも良い事と大切な事の順番が明確になって来る⇒価値ある人間に成る為に高みに行く為には下位1/3は常に断捨離する事の連続となる。

変わり行く、時代方向、どちら向き・・・本質ズレて、我ぞ悩みぬ・・・ふー

学び行く、価値を求めて、コツコツと・・・前しか向かず、我を信ずる!⇒今できる最善を今の今!やりきる!

2022年06月09日

蟻とキリギリス物語⇒キリギリス人=日本人

日本で本当の事を言うと間違いなくケンカになる・・・そんな人間関係が9割以上⇒だから日本人はウソ慣れして、そしてウソをつきまくる人生となる。他人様は元より親子でも夫婦でも全く同じである。

だから・・日本人にはこんな辛い人間関係の維持が出来ずにソロ族が爆増し、引きこもりも爆増している事実がある。孤独は人間の心も体も破壊する⇒人口比で世界一でブッチギリ多い認知症!2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16.7%、約602万人となっており、6人に1人程度が認知症有病者、予備軍まで入れると現在800万人超⇒今後も増え続ける予測有り。その他にも引きこもりも100万人程度存在。日本人の精神疾患者の数も450万人・・・ふー

ここ数年で世の中大激動である、しかし、環境対策も不可避である事には間違いない!日本の為政者や大企業のリーダーはこの環境対策の重要性を軽視している!!!この付けは衰退日本をさらに衰退のどん底に向かわせる⇒これは近未来の決定事項である⇒原理原則的に間違いない事

国際連合「世界人口予測2019(World Population Prospects 2019)」では、 2030年に85億人、2050年には97億人、2100年には109億人、2022年の世界人口:79億5400万人で、昨年に比べ7900万人増加。

食料自給率の37%しか無い日本はどうするのか?今の今ウクライナ危機で食料の高騰や一般物価も爆上がりである。食料輸出国が輸出禁止の措置を取り始めた。今の円安を始めとして交易条件が下がり続ける日本はどうなるのか?・・・誰も考えてはいない。日本に確実に存在する1/3(4000万人)の負け組放置の人びとはどうやって食いつないで行くのか?誰が税負担して面倒を見るのか?(現在の負担者はまだ生まれても居ない未来の子⇒借金)・・・誰も考えてはいない。

世界のGDPはこの40年間で8倍に増えています⇒エネルギー使用量も8倍⇒CO2排出もザックリ8倍以上になって居る。しかし日本のGDPは同じ40年間で1.8倍にしか増えて居ません、40年前〜30年前の10年間で1.7倍に増えて、その後過去30年間は殆ど増えていないのです。

世界の人口が増え続け、GDPも増え続け、その加速度が増して居る現実を見たときに近々に世界のエネルギー需要は爆増しエネルギーの奪い合いになる事など明々白々である。以下が各年代の日本のエネルギー自給率の推移(上年代・下自給率%)である。
1960 1970 1980 1990 2000 2010 2011 2012 2013 2014 2015
58.1 15.3 12.6 17.0 20.2 19.9 11.1 6.2 6.1 6.0 7.0

2016  2017  2018  2019  2020  2021
8.2   9.5  11.8  12.1  不明  不明

上記の様に日本のエネルギー自給率は2011年東日本大震災で原発が止まってから太陽光が微増で殆ど増えて居ません。増やそうとしていないと言った方が正確です。

その理由は既得権益者と政治やと官僚が癒着して居る他の理由は無い⇒識者が認定、さらにロシアのプーのアホーの騒動にかこつけて・・・原発再稼働・新規開発の推進を既得権者が推し進めようとしている。

少子高齢化や産業の競争力の低下、交易条件の低下等々衰退不可避の日本に対して世界は人口爆増、新興国を中心に経済爆増の未来が確実です。必要エネルギーも当然爆増します。

人が増える⇒生産活動は活発⇒GDPは増加⇒エネルギー必要量は爆増⇒人が地球に住めなくなる⇒発電でCO2を出さないエネルギー転換は不可欠

世界は再生エネルギー主力化を爆速で推進している、国際エネルギー機関IEAの予測では2050年は世界の電源構成の88%は再エネ(自然エネルギー)になると予測⇒日本はここでも置いてきぼり

地球温暖化防止に向けて国境炭素税の導入は不可避である、日本で造ったモノには輸出時にこの税金が課せられ交易条件の低下と共に競争力を完全に失う⇒日本で造ったモノは激安にしないと売れない⇒さらに、さらに、低賃金にしないと産業は成立しない。

こんな不動産屋のショボイおやじ(小生の事)でも解る事が東大卒のエリートには理解不能⇒東大は馬鹿製造所⇒過去52年間誰にでも解るやるべき事を先送りに次ぐ先送りで全くやって来なかった事で証明される。

今の今太陽光等の自然エネルギーの発電コストは爆下がりして一番安い電力になって居るのにそれを推進しない!世界ブッチギリの火山国日本、地熱発電には最高に好立地の日本で地熱発電はほぼゼロ⇒強風の吹き荒れる日本と云う風力発電に超好立地でもそれほど伸びていない⇒アホー集団と云う日本の政治屋と官僚と大企業⇒もう痴呆症を通り越して狂人レベルである。

自然エネルギー投資をしないどころか・・・さらにさらに越後谷と悪代官のアホー政治は続く

1,日本は人以外に資源は全く無い!!!しかし、人に投資を全くしない国⇒人は消耗品・部品
2,日本にはエネルギーが12%しか無い⇒しかし、太陽光・風力・地熱・水力等々の自然エネルギー開発を殆どして居ない。たった12%しか自給率が無いのにも関わらず、自然エネルギー比率はとても低い

2000年から2020年の20年間の自国のエネルギーに占める自然エネルギーの比率増加は

日本9%⇒19% ドイツ6%⇒44% 英国3%⇒43% 中国17%⇒28% フランス13%⇒24%

2019年時点でアメリカのエネルギー自給率は97.7%と、2007年から比較して12年間で自給率が約22%も上昇しています。2021/09/15

資源の自給率が高いアメリカでさえ・・8%⇒20%と自然エネルギーを増やして居る

自然エネルギーに限らず主要国のエネルギー自給率はイギリス70.4%、ドイツの自給率は37.4%フランスの自給率は55.1%。スペインは27.4%「日本」は世界で第5位の石油輸入国、主要国の「エネルギー自給率」2019年、日本は45ヵ国中42位

世界主要国「エネルギー自給率」トップ5

1位「ノルウェー」709.2% 2位「オーストラリア」345.5% 3位「コロンビア」289.0%
4位「インドネシア」195.2% 5位「カナダ」175.3%

エネルギーに限らず日本の基幹産業たる自動車産業も実態は3周遅れである。日本車は簡単に云えば民度の低い国々の人々にしか売れない状態である。日本の大企業の最先端と公言するBEVが実は4年前の他社のBEVより遥かに低性能と云う事を日本人だけは知らない⇒具体的には1000`走るのに7回(1回当たり140`程度走る分しか普通には充電出来ない⇒それ以上の充電は激遅い)も充電しないと普通に走る事が出来ないって貴方は知って居ますか?⇒スペックは普通だけど実態は充電性能は超低性能⇒これがボンボンの云う・・・今までは電気自動車には興味が無かったが、これからは本気で真剣に取り組む・・と公言した・・・”本気のBEV”の現実の姿です。

2010年12月に発売されたニッサンリーフの抱えていた同様の充電性能の熱ダレ低下の大問題を日本の全てのBEVが未だに解消できていない。

世界の先進国では充電性能が350Kwhの超高性能充電インフラが爆速で増え続けて居るにに日本ではまだ、90Kwh級の充電インフラさえ満足ではなく、その上の性能の充電器を設置する予定も殆ど無い。今後蓄電池そのモノの受電性能が上がったら・・もう日本は世界からパッシングされる。

こんな超低性能なガラパゴス陸イグアナ(日本製のBEVにイメージそっくり)を日本のエセ自動車ジャーナリストと自称する腐りきった殆どの輩がネットでも雑誌でも新聞でも日本製のべた褒め記事を書きまくって居る⇒日本の忖度文化そのものである⇒恐ろしい事に私のやって居る住宅業界でも全く同じ事が起きている。

そもそも長距離には絶対不向き、日本の自宅で真夜中12時間充電し、一日最大200`程度以下しか使わない用途に限定されている設計⇒それ以上の性能は日本のメーカーでは技術的に不可能!

今の今は民度の低い人の人口割合の多い国で日本のガソリン車それなりには売れて居ますが・・それらの国々がBEV化と共に自国産業として日本製に比して遥かに安く自前で作りだしました。

日本はBEV車のバッテリー自給率がとんでも無く低く、その製造の為の資源も全く有りません。レアーメタルダケでは無く通常の金属(銅)の確保さえ危うくなる近未来がありそうです。

通常のオールドカーガソリン車と比べてこれからのEVには銅が4倍弱も必要となるのですが日本は全く手が打てていません。以下1台当たりのそれぞれの銅の必要量。

23sガソリン車 銅の使用料
40sハイブリッド車
60sプラグインハイブリッド車
83s BEV

車販売2010〜2019年の自動車の年間増加率3%増加で計算すると2030年自動車販売は1億台⇒EVは全体の6割⇒銅が360万トン/年の増加⇒2030年銅の不足感⇒価格高騰

銅はあらゆる電子部品や電子的な機能を内在する器機に使われる、これからの時代に最も必要とされるありきたりの金属ですが埋蔵量に限界が有るのです。2050年頃には通常の経済合理性の有る採掘では限界点が来ると云われています⇒資源の全くない衰退国日本はここでも買い負ける。

まさに”魚は頭から腐る”の言い伝えと同じく・・・日本と云う国も”あたま=リーダー”から腐り、そして腐った頭を取り替え様としない不思議民族(痴呆の民)の暮らす国の様です。

真に学び続けると本質が見えて、未来が見えて・・現実のごまかしとの狭間で苦しむ事となる。

仮面夫婦を演じ続けて配偶者の浮気や不定に気付かない様にする事と似て居るのかも知れない。

日本は虚が9割、実が1割・・・エネルギー自給率と同じである。せめて虚が5割、実が5割、エネルギー自給率5割としてもらいたいものである。

だまされて、だまされ続け、自己満の・・・虚構人生、9割生きる・・・あぁ〜〜〜嫌だいやだ!

2022年06月08日

日本人は日本国が債務超過655兆円の国と理解しているか?

大借金の日本国、税金の使い道がとても心配になります。使われている税金の多くがまだ生まれても居ない幼子に負担させるかと思うと・・・とても心配になります。

北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」=19トン=が2022年4月23日午後に遭難した事故⇒2〜5度程度の海水温との事ですから生存者は居ないと思いますけどね???。

引き揚げを行う「日本サルヴェージ」とは捜索や事前調査のため、約8億7700万円で契約、今後、引き揚げ費用として約1億円で追加契約をする、引き揚げ費用の総額は現時点でおよそ10億円

船内には、すでに遺体は無い訳ですから沈没理由解明の為だけに10億円なんて無駄な税金を掛ける、アホーである。水中写真だけで原因なんて特定は可能である。

水中写真さえ見ていない私(外洋マグロ釣り経験30年)の沈没理由の推測としては・・・

そもそもKAZU1は外洋船では無い(瀬戸内海の観光船として設計運航のド中古)ので気象が荒れ、大波に逆らい大波を舳先ですくいあげ前面又は側面のガラス又は舳先のハッチが開いてしまったり破損し次々押し寄せる大波が船内に侵入してエンジンが止まり、操船不能で沈没

船の構造も隔壁に穴が開いていたのを検査で指摘され適当に塞いだとの証言もある、水圧でこの穴塞ぎが飛んでしまいエンジンルームに浸水⇒エンジン停止

その他で考えられる事は以前のこの船の事故での舳先の亀裂の放置(未修理)が故に船体が大きく日々割れ浸水した可能性もあり得る⇒水中カメラで判断可能

荒れる外洋では操船のド素人が船を沈没させてしまう殆どの理由⇒どれほど荒れても大波に逆らわずに乗員全てを床に伏せさせ重心を落としスロットルを絶えず上下し波とシンクロさせれば、当時の波高3m程度では沈む事など無い。しかし、5mではこの船のポテンシャルでは無理

日本海の外洋では波高3mなんて事は普通に良くある事である⇒瀬戸内海でも稀にあり得る波高3m⇒でも危険で在る事には変わりはない⇒私もプロも波高3mの予報では絶対に出航などしない。

予報は確実に予報値に対して、海域によっては海流衝突や異なる方向からの風のぶつかり合い等々で波と波が相互干渉して1.5倍ほどの上下があり得る。3m予報は・・上にズレ4.5mにもなり得る事が多々ある。

通常でも風や海流にもよりますが海が荒れても6〜10波に・・・特大大波が1波、中波が1波とリズムを持って波はやってきます。荒れたらそう簡単に方向転換すら出来ませんから、この中波が方向転換のチャンスです。〇〇灘・・と海図に有る地域は有れるとこの様な事が頻繁に起き要注意で有り、さらに普段の波でも、一般に1,000回に1回くらいは大波が混ざる。同じリズムで繰り返し打ち寄せていた波が、急に大きくなって驚く。通常の波高の2〜3倍・・・遠くを眺めると海が盛り上がって見えて来る⇒超危険⇒大至急その海域を離脱しないと確実に小型船は沈没

船長は荒天時の操船する船の特性を知り(熟知)全ての季節の海域特性を理解し、波を詠み、風を詠み、気象の変化を詠み、海底を詠めなければ船長など務まりません。とてつもない胆力が在りスーパーコンピューター並みの頭の回転が良くないと小型船での外洋航行は無理です。

経験豊富な優秀な船長ほど・・・おくびょう・・・です。命の限界を経験すると人は確実に憶病にならざるを得ません。

全ての死体捜索等々が終わるまでに2か月ほどかかるのかも知れませんね?その間の税金で賄われる費用は1日当たり1億円1日当たりとして60億円、引き上げ等々に10億円・・・トータル推定70億円程度の税金が使われる事となります。

「しきしま」などヘリ搭載型の大型巡視船は基準排水量6,500トンですから1時間当たりの燃料消費量は推定5万リッターですので、時間燃費×8時間=40万リットル×100円=4000万円/日と云う計算となります。巡視船が大小合わせて複数隻動く訳ですから・・・海上保安官の人権費等や船等の機材の損耗費を除いても一日当たり1億円は最低限の経費(税金)と云う事になります。

以前、どこやらの忖度テレビ局のキャスターが売名行為で盲目の人と太平洋横断をして途中で事故を起こして救助された時に巡視船や航空機の燃料代が6000万円?(ネットには1000万円なんて出ているがそんな事は不可能)と云われて居ましたから・・まぁ〜当たらずといえども遠からずと云う事でしょう。

日本人は税金の事に対するリテラシーが皆無である。官僚も公務員も政治屋も日銀もマスゴミも国民も税金は地下水の様に輪転機回すだけでジャブジャブ再現無く湧いて来ると思っている!

この日本と云う国はすでにとんでもない世界一の債務超過国です⇒財務省が毎年発表

資産⇒720兆8000億円−負債⇒1376兆円=債務超過⇒655兆2000億円・・・資産相当額の債務超過状態を年間60〜70兆円程度債務超過を増して行っている状態です。

解りやすく言えば皇居もうっぱらい天皇家には2DKのアパートに引っ越ししてもらい、国会も何もかも売れるモノは全部売っぱらっても・・▲655.2兆円の借金だけが残る状態⇒一世帯当たり▲1000万円の借金

解りやすく言えば冒頭の沈没船の観光船「KAZU 1(カズワン)」の捜索等の費用70億円は貴方の子供たちから許しも無くぶんどった金(借金)で賄われていると云う事になります。

70億円と云うお金が在れば約2300人の若者にリカレント教育やリスキリングが可能な金額です。そして2300人(1人300万円の授業料でITスキルプログラマー養成及び就職を保証する実績バリバリの会社の予算から人数を算定)の若者がスキルアップして稼ぎを高めてくれれば納税として全額以上が戻って来るお金でも有ります。

崩壊しかけて居る日本と云う国でどちらが価値ある使い方なのか???被害者に対する情も大事ですが・・よくよく感がえる人間的な知能が必要と思います。被害者補償は本来加害者がすべき事です。縁もゆかりも無いまだ生まれても居ない幼子がする事では有りません⇒原理原則

この腐りきった日本と云う国には同様の原理原則違反がこの沈没船騒動の何百倍、何千倍も隠れて存在をしています。

貴方は貴方の幼子の人生を考えて・・まだ見ぬ孫の人生を考えて・・・どう思いますかね?

現状の、出来事重き、感覚や・・・未来の負債、爆上がり也

俺さえ、私さえ、良ければ・・後の事は我が子、我が孫とて知らん!!!俺には関係ない!⇒それが99.99%の日本人の本性也

2022年06月07日

フェラーリはベンツの100倍以上燃える⇒こんなモノに人は憧れる不思議?

高級車は金食い道楽である、たぶん女道楽より金がかかる事は間違いない事である。

フェラーリは他のクルマよりも燃えやすいのだろうか?⇒結論⇒ブッチギリ燃えやすい!!! 

令和2年3月末時点の保有台数に対して、消費者庁データベースに掲載された火災情報(メーカー名+「火災事故、発煙・発火・過熱」で検索)

★フェラーリ:保有台数 1万4770台(1/5256台)に対し火災情報 20件
(1万台あたり13.5台)
★ポルシェ:保有台数 9万7329台(1/797台)に対し火災情報 33件
(1万台あたり3.4台)
★メルセデスベンツ(ダイムラー):保有台数 73万5485台(1/105台)に対し火災情報 21件
(1万台あたり0.3台)
☆トヨタ:保有台数 2126万4688台(1/3.65台)に対し火災情報 1473件
(1万台あたり0.7台)
☆日産:保有台数 879万5148台(1/8.82台)に対し火災情報 1019件
(1万台あたり1.2台)
☆ホンダ:保有台数 1044万4016台(1/7.43台)に対し火災情報 772件
(1万台あたり0.7台)

外車好きで安全を考えるならスタイルはドンくさくてブサイクだけどメルセデスが良いのかもね?⇒しかし国産車より多頻度で壊れる事を覚悟すべし⇒修理代もそれなりに高価

★☆全メーカー平均:日本の四輪車全保有台数 7763万8430台に対し火災情報 1万6278件
(1万台あたり2.1台)

高性能車は車両の走行性能を高める為に軽量なカーボンやマグネシューム等々の燃えやすい部品を多用したりギリギリの安全率で設計されている事が多いし、経年当たりの走行距離も普通車の1/10程度で有ることが多い⇒それでも火災率は数倍から数十倍あるので・・・通常使いに向いていない可能性が大⇒フェラーリは走行距離当たりの火災発生率はベンツの100〜150倍前後は有ると推定される。

フェラーリの営業マンはフェラーリは快適使用寿命が3年と公言をしている⇒古いモノは金食い間違いなしの商品である。

高性能車は正規ディーラーの定期的な超高額(国産車の10〜50倍高価)メインテナンスは不可欠

令和2(2020)年に、車両火災は3453件発生し、死亡者は90名。つまり日本中で1日に10件弱の車両火災が発生。車両火災の死者というのは放火自殺が多く、令和元年は死亡者数102人に対し放火自殺者等は60人と約6割。

令和元年の火災車両損害額は18億1610万円。単純に車両損害額を火災発生件数で割ると、一件あたりの損害額は50.7万円。

「出火原因」を見てみると、ワースト3は、排気管(552件、16.0%)、交通機関内配線(306件、8.9%)、電気機器(266件、7.7%)燃料・排気系と電気系トラブルが出火原因

ガソリンなどの着火物や可燃物や、高温になったエグゾーストパイプなどが、燃えやすいものに接触したり、電気回線がショートして出火。

それにしても不思議なモノである、人間と云う生き物は・・・バカ高くて壊れて不便なモノが大好きなのである。

人は無いモノ求めて、求め続けて、知恵を使い発案し他の動物には無い成長と云うモノを手に入れたのかも知れない。しかし、それを得てからもさらにその上を求め続ける過剰な欲と云う感情が肥大化して精神的には多くのモノを失ってしまったのかも知れない。

人間と云う生き物の承認欲求(マウンティング心理)を利用した商業主義が行き過ぎて・・・金の為ならなんでも許される的な風潮が蔓延して居る現代社会は、とうとう温暖化や環境汚染で人間がこの地球と云う星に住めなくなる可能性が年々高まり続けて居る本末転倒の事が起きている。

幸せになろと思って必死に頑張り続けるのだけど・・気が付いたらド不幸になって居る事にハッと気づくなんて事も良くある事となってしまった現代

原理原則を大事にしてあらゆるモノの本質、本性に向き合うと見えて来る世界が有ります。人は78億人と友達になる事も出来ないし、一食でかつ丼10杯を食べる事も出来ません、しかし、人はより多くに価値が在る、人が出来ない事に価値が在る、人が持てない問を持つ事に価値有り、勝ちが在ると洗脳されそれを求め続けてくたびれ果ててしまって居ます。

まさに・・・覚知に交わるは証則に有らず・・・ですね⇒意識したものに ほんものはない⇒転じて⇒日頃意識しないモノこそ本当に大事なモノなのですよ!と云う永平寺(曹洞宗)を開いた鎌倉時代初期の禅僧、道元の教えです。

まさに足るを知る・・・感謝の心のみが・・・人を平安に導くのでしょう。

フェラーリの、自己顕示なり、物欲の・・・赤が似合いて、火炎導く

しかし、未熟な凡夫に取ってはフェラーリのかん高いフェラーリミュージックと云われるエンジンの咆哮音と軽さ故の身のこなしの感覚は・・・依存薬物の様な魅力を感じ、魔性の女に魅せられる感覚に近いのかも知れません。

魔性の女に引っかかった凡夫や・・魔性の男に引っかかった女は・・100%不幸になる(原理原則)

未熟な人間と云う生き物が陥る・・”魔性”・・の領域なのかも知れません。ふー

2022年06月06日

日本のマスゴミは絶対に信じるな!!!犬である。

ちまたには豊田商店は凄いぞ、凄いぞ、顧客第一に考えて損益ぶんぎ点をたった数年で今の6割まで下げたぞ、凄いぞ、凄いぞ・・・下請けも思いも凄いぞ、豊田商店の技術力を社員を派遣しても下請けを助けて協力しあっているぞ・・・過去最高益だぞ、凄いぞ、凄いぞ!!!こんな大改革をしたボンボン社長は凄いぞ、凄いぞ!!!故にお客様第一で大満足だぞ!!!だから爆売れしている!・・・凄いぞ、凄いぞ、豊田商店にあらずんば人に有らず!!!凄いぞ、凄いぞ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2206/06/news029.html

上記記事の中に事実とは真逆の記述もある。

「それはト〇タ生産方式の最も特徴的なひとつである「カ〇バン方式」だ。つまり、川下が川上を支配する考え方だ。お客さんやサプライヤーという川下に対して川上の都合を振りかざさない。むしろ川下のニーズをしっかり拾い上げることで川上が変わっていく。ト〇タはそのト〇タ生産方式の基本に忠実なやり方で、当期の大逆風の決算を見事な成績でクリアしてみせたのである。」

▲ジャストインタイム、ティア3や4などの下請けは今迄1日10トントラック1回で運んでいたのに・・多すぎると2トントラックで5回も運ばなければならない事を・・・下請け思いと表現???

▲或る人気車は発注しても4年待ち⇒これって本気で”お客様思い”・・とこの記者は断じている。自社の利益の最大化を図って居て顧客などどうでも良い!⇒だから4年待ちなのである。

▲鳴り物入りの新型BEV・・・その高速走行後充電性能たるや・・もうボロボロ⇒確実に1回目と複数回目では強烈な劣化の事実を隠している。充電量が8割に達すると充電スピードは1/10に激減する事実もあり⇒実用化の意味がない⇒スペック表示を8掛けで判断する事が正解

▲19年前の超危険な旧式モデルを売れるからと日本国内だけは売り続けて居る、他国では2019年に安全な新型車を売りまくって居る。

これがこの忖度記者によれば下請け思い、お客様思いと云う理解らしい。

的な忖度マスゴミの記事が多見される。・・・・がぁ〜〜〜???本当にそうか?

日本の大企業お抱えの忖度メディアまでが・・・とうとうごまかしの限界点を悟り始めた。私がかれこれ5年も前から言って居た事と同じ事を今の今、忖度吸血マスゴミでも言い始めた。

以下が大メーカーヨイショの忖度マスゴミの記事タイトル

「このままでは日本の自動車市場が崩壊する危機に!」

クルマの主目的は遊び⇒クルマに乗りたい、クルマでドライブ旅行・・・忖度メディアの以下のコメントに真実が存在する。

”生活必需品とはいえ、ガソリン高をきっかけに移動手段として本当に必要かどうかをユーザーが本気で考え始めたらクルマの販売は間違いなく激減する”

以上

つまり、車と云う商品の価値を真剣に考えれば車の価値は半減すると云う事!⇒忖度マスゴミの莫大な広告宣伝費で作り上げたクルマの価値バブル(洗脳)の崩壊⇒稼働率たった5%以下のアホらしさに気付く⇒60キロの人間を1700キロ以上の鉄の箱で動かす愚⇒クルマを買って所有する事のアホらしさ!95%は車庫に存在⇒オブジェ?

人生に対する費用対効果ブッチギリ最悪の商品それが・・車・・間違いな事実である⇒商業主義の愚

今の今でさえ日本の円の価値は51年前と同じレベルに下がり続け、しかもアメリカと比して日本はザックリエンゲル係数が2倍も高い国(貧しい国)のアホ国民が一生で6000万円も自動車と云う媒体に使い、しかも稼働率がたったの5%以下・・バカでも解るバカさ加減である。

しかもド貧乏になった日本人は未だにクルマの販売は新車が6割、中古が4割・・・アホすぎる!しかも日本人は高級車に未だに憧れ的な感情を持つ⇒商業主義のマスゴミの洗脳⇒高級車ほど壊れやすくメンテ費用がバカ高い!

高級車は最低でも1500万円以上の値段、そして高級車は金持ち(年収3000万円以上)ターゲットで作られている、普通は2〜3年で新車に殆どが経費で替える人々である⇒耐久性など考慮して居ない!むしろ強制的に替えさせる為に意図的老朽化の設計期限は短い傾向にある⇒こんなアホなモノに憧れを持つ事態⇒商業主義のエサになっている。

しかし、高級車のたった1つだけ良いところがある、それは安全性がとても高いと云う1点だけである⇒金持ちの一番の訴求点それが安全性とステイタス性の2点のみである。承認欲求の強い(特別扱⇒快感)金持ちはステイタス性を求めるので基本型古には乗らない。

金持も同レベルの金持ちグループの中でマウンティングしまくって居るのが実情である。

クルマの販売は・・確実に激減する。

1990年には年間777万台以上⇒バブル時代
2021年度は年間421万5826台⇒国内新車販売台数(軽自動車165万台以上(シェア37.1%))含む
2040〜2050年に300万台以下(50%程度は軽)に減少しても不思議ではない⇒みずほ銀行産業調査部予測

やがてキューバの様にクルマは1台を50〜60年直し、直し、乗る様な国に日本も衰退するのかも知れない?又は貧しいが故にMaaSに解を求める事も十分考えられる。

もう世界の中国を始めとする先進国では自動運転タクシーが通常営業を始めている。運賃に占める人件費の割合が7割のタクシーであるから・・・自動運転になると公共交通機関のバス並みの運賃にする事が可能となる。

原理原則⇒内燃機関車の寿命の真実

良くベンツなどの広告に1台のベンツ歴30年、30万キロ走りました。すごいでしょ!!!的な広告が入るしかし、真実は内燃機関は連続稼働させると実は416日しか寿命が無い。

走行距離300,000キロ÷平均時速30キロ/時間=10,000時間÷24時間=416日・・となる。

高耐久の低回転が主体のトラックの寿命といわれている平均走行距離は約20〜70万kmと、乗用車の約10万kmよりも長寿命⇒冷却水・各機関部の”メンテナンスをこまめに行う”ことで、平均寿命以上に長く使用⇒摩擦部の極大な内燃機関はどれだけ長くても30000時間(90万q)が限界(連続稼働3.42年)

片や産業用のモーターは24時間連続稼働をさせてもその寿命は15〜20年(131400〜175200h)は有ると言われている。そして軸受けのベアリングに寿命が来るとの事であるからベアリングの摩擦係数をゼロ近傍に出来る素材や仕組みを発見すれば・・・ほぼ無限に動き続けられる可能性がある。

つまりBEVカーの寿命は内燃機関車に比べて数十倍長くする事が可能(地球温暖化対策に最良)・・・電池と半導体とサスペンションのショックアブソーバーやブッシュ、タイヤなどのゴム類だけが最大の寿命決定パーツとなる⇒その他のモノは金属疲労の破断限界まで使える⇒当然これらは共通化が可能であるからメインテナンス費も激減する。

電池寿命(現在10年間)が長くなる革新も続く事は間違いない事である⇒20年、100万キロなんて事は現実になる可能性が大である。

そうなればいよいよ日本の自動車市場は崩壊することにもなるだろう。

馬車消えて、馬消えたるは、当たり前・・・今起きるなり、歴史の狭間⇒激変時代真っ只中

販売台数が減るだけではない。販売の質や方法も変化、直販やサブスクが普通となり、販売店のディーラーは消滅し、BEV化に向けての途中で小型ハイブリッド車や軽自動車など燃料消費量の少ない価格の安いクルマに販売が偏りそれ以外のクルマは売れなくなる。

★多様性を失う日本の新車販売と物流コスト上昇による値上げが待ち受ける

輸入車は円安の影響もより大きく受けるため、大幅値上げは不可避

輸入車はグローバルでみれば、ごく小さな販売台数でしかない日本市場を今後見かぎる!輸入車は輸入車と云うだけで国産車の10倍の値段だった50年前と同じになる。

燃費一辺倒のエコカーと軽自動車(現在の4割⇒7割程度に増加)、そしてこれまた価格重視の小型EVだけ⇒遊びが無くなり実用主義。

巨額の燃料費がかかるトラック運輸も物流コストの上昇⇒物価高

疲弊した日本の物価高の痛みに国民がいつまで耐えられるかは未知数だ⇒資源高と円安のダブルパンチに永久に耐え続けるしかない。

何でもかんでも先送りの一時しのぎの政策でお茶を濁すような今の政治屋の指導力では過度に期待するのは難しい。

世界は今の今物価高騰を抑えるべくテーパリングを始めている。アメリカでは8%程度の物価高騰、日本でも2.1%程度の物価が上がりつつある。金利はアメリカは10年固定が日本の12倍、30年固定が日本の3倍迄上がって来た。

アメリカの投資家により世界のバラまかれた莫大な貸し付け等々の金がアメリカの金利高騰によりアメリカに還流すれば・・・新興国はそれを防ぐ為にさらなる金利を上げざるを得ない⇒資金ショートや金利暴騰による不景気となる可能性が大。

日本の自動車の主マーケットの新興国が疲弊すれば・・・日本車の売り上げも激減する。そして新興国もBEVは組み立てパソコンと基本同じになるので自国の雇用の為に自国BEVメーカーを作る様になる事は確実な事である。

売り上げ減⇒利益確保⇒日本の大企業の下請けがさらに過酷な原価低減を命令される⇒生きる為に手抜き・・となる可能性が大⇒リコール⇒莫大な損害⇒倒産・・・なんて構図が目に浮かぶ!

哀れとは、ナルシストなり、みすぼらし・・・虚構の上の、自滅やむなし

2022年06月05日

シュガードラッグ⇒ドーパミン中毒症⇒あらゆる病気多発

70歳の日本人の残存歯は平均8/30本だそうだ⇒先進国ブッチギリ最下位・・・世界の真の先進国では22/30本前後との事、この事が日本の全身のあらゆる所の病気を誘発し医療費を爆増させている⇒世界では当たり前の歯科の定期メインテナンスが行われていない結果との事・・・同様に日本は商業主義が世界で一番蔓延していて健康被害が爆増中である。

白砂糖の過剰摂取は最悪の病気をもたらす、その1つがガンである。このガンの罹患率は一日当たり25グラム(角砂糖5個相当)以上摂取する人は確実にガンの罹患率が上がると云う多数の研究論文が存在する。これは白砂糖ダケでは無く果糖などにも云えるとの事である。

例えば医者は病気にならない事は教えてくれない⇒病気になって儲かる様になってから病院へと云うスタンスである⇒ガンのステージV以上はほぼ確実に時間(長くても余命数年)の問題で死ぬ事を医者は統計的にも実感としても知って居ながら切り刻み薬漬け、放射線漬けにして儲けるだけ儲けて・・・後は放置⇒ガンの検診率は日本はブッチギリ低い!先進国では通常国の1/2以下程度しかない。

例えば車は安全であるより事故を起こして被害が大きい程儲かる⇒日本だけ安全がないがしろ

例えば人は83年以上生きるが家は30年もてば良い(日本だけ)、20年で経済的価値0円になる家を作った方が儲かる。世界平均の経済的価値の持続期間が1/4以下でも日本人だけは平気でそんな家(殆どの大企業の家)を好んで買いまくる。まさに人間の健康寿命と不健康寿命の関係性と瓜二つである⇒商業主義の搾取目的で家を売りつけている!

商業主義の罠の一つを詳しく教えましょう⇒金を出して好んで毒を買う。

精製された白砂糖は実は毒であると云う真実がとても大事である⇒確実に中毒性を持つ

白砂糖は別名「シュガードラック」⇒麻薬やると最後は体がボロボロになり死す⇒白砂糖も全く同じ

砂糖は中毒性の高い薬物の一種だという専門家がいるほど、砂糖には中毒性があると言われています⇒ドーパミン中毒になる。

我が家では基本白砂糖(ほんの少量の黒糖やハチミツや甘酒で甘さを出している)は厳禁の食生活をしている、久しぶりに出先で和菓子を食したらもう甘すぎて食べられない⇒砂糖も中毒性を持つのでドンドン甘さが過激にならないと砂糖中毒の現代人は美味しく感じない。

白砂糖はあらゆるモノをボロボロに風化させてしまう。菓子製造業の工場は木からコンクリートから全部をボロボロにする力を持っている。

白砂糖はその精製過程で、石灰やアンモニア、亜硫酸ガス等の化学薬品を大量に使うので、サトウキビの時にもっていたビタミンやカルシウム等を完全に失ってしまった、超アンバランス(超酸性)食品。

白砂糖が体内に入ると、その分解のために、皮肉にもその精製過程で失ったビタミンB1、カルシウム等を必要とする。故に白砂糖を日常 的に摂り過ぎると、体内のビタミンやカルシウムがどんどん奪われ、ついには骨から削ってくるしかない事態になり、骨は弱くもろくなり、骨折しやすくなったり、関節痛や腰痛を引き起こしたり、歯(歯茎)が弱くなったり、視力が低下したり、また、体液が酸性に傾くことによって皮膚かぶれや吹き出物等のトラブルも多発。

★さらに悪いことに骨から削り取られたカルシウムは、食物から吸収された新鮮なカルシウムとは決定的に違うことを「カルシウムパラドックス」で有名な神戸大学名誉教授・藤田拓男博士は次のように指摘。

「カルシウムが不足して、血液中のカルシウム濃度が低下すると、カルシウムセンサーがカルシウム不足をキャッチして、副甲状腺ホルモンが分泌され、 骨からカルシウムが溶かし出され血液中に補給される⇒甘いモノ大好き日本人で50歳以上の女性の3人に1人は骨粗しょう症になるといわれ、年代別には50代で9人に1人、60代で3人に1人、70代では2人に1人の割合で骨粗しょう症になる!

さらにカルシウムが溶け出す時、副作用としてあらゆる細胞内に余分なカルシウムを増やしてしまう。これがあらゆる病気(糖尿病、ガン、アレルギー、高血圧、アルツハイマー等)や老化の元凶となる。 」

さらに血糖値の乱れによって糖尿病はもちろん、慢性化すると動脈硬化を招き、高血圧、心筋梗塞・脳卒中などの原因、最近はアルツハイマーや統合失調症とも関係が深いことが指摘。過剰に摂取していると異常行動や錯乱、痙攣を起こしたりと、危険な状況を招く。

世界の糖尿病(血管がボロボロになる病気⇒あらゆる病気を誘発)人口は5億3,700万人。 成人の10人に1人(10.5%)が糖尿病に罹患⇒日本人の糖尿病は約17%⇒世界平均の1.7倍、今後増加間違いなし!糖尿病の人は糖尿病のない人と比べて癌罹患のリスクが2割高くなる。

糖尿病が進行すると三大合併症(細小血管症⇒手足が腐る)網膜症⇒失明、腎症⇒人工透析、神経障害 の三つあるため「三大合併症」と呼ばれ、糖尿病に特 有、すなわち糖尿病だけで起る障害が起きる。

また白砂糖は、ビタミンCにも悪影響を及ぼします。現代人に多いストレスを甘いもので解消している人は特に要注意です。このビタミンCは、抗ストレス剤として体内での副腎皮質ホルモンの合成や、骨や皮膚をつくるのに重要なコラーゲンの合成に不可欠ですので、ストレスの多い人や、骨や皮膚に病気をもっ ている人は特に白砂糖は毒であり厳禁。

さらにさらに、ビタミンB群を失わせる⇒疲労、めまい、貧血、頭痛、浮腫、心疾患、脳疾患などの症状を引き起こしやすくなる⇒ビタミンの欠乏によりくすみ、シワ、たるみの原因、白砂糖は女性の敵であり毒で有るエビデンスが確実に存在する!

商業主義が人間を壊す⇒コーラ350ml(角砂糖7.5個)ポカリ350ml(角砂糖5個)缶コーヒー(角砂糖(6.5個)ショートケーキ(角砂糖8個)ホットケーキ(角砂糖7.3個)アンパン(角砂糖6.5個)

健康の為には1日の砂糖摂取量はWHOが発表⇒目安は25g程度以下迄⇒「角砂糖5個分」以下とする事、例えばコーラ飲みながらアンパン食べたら角砂糖14個分⇒規定の3倍弱、その他の食事でも白砂糖は数倍は取るであろうから・・・まさに白砂糖は超危険な毒そのモノである。

昔々は甘いモノは超貴重で高価で有った故に平民は殆ど食べる機会が無かった、そしてその甘味は黒糖などの天然のモノであったのでたまに和菓子を食してもそれほどの健康被害は無かった。しかし、商業主義でやたら白砂糖で安く儲かる様に作り始めてとんでもない被害を出している。

時代に逆らい成功したモノなど皆無である⇒和菓子・・・の崩壊

東京「相国最中(しょうこくもなか)」創業74年の和菓子メーカー、紀の国屋が廃業。

2021年には「宝まんぢゅう」で知られる仙台の宝万頭本舗も自己破産。

2021年の1世帯当たりの和生菓子の年間支出金額は9920円。2008年の1万2172円と比べると、2252円と約2割減少、和菓子は手土産や旅行の土産などに限定!⇒全国的ブランド化に失敗した所は価値を失う。

1つは、和菓子を使う場面が減少⇒手土産でも喜ばれない可能性が大

2つ目の要因は、都市部を中心に和菓子文化の消滅、「ういろう」「落雁」「ねりきり」等定番和菓子を50代以上は約半分が認知、10〜20代は1〜3割しか認知、若者は伝統や日本文化を売りにする和菓子に、ハードルの高さを感じている

3つ目は嗜好の変化。あんこやようかん、最中が苦手が増加。洋菓子やスナック菓子といった、スーパーやコンビニでも手軽に手に入るライバルスイーツが増え、和菓子を食べる機会は減少

4つ目は、消費者の世代構成の変化。核家族を作る人が増え、祖父母と孫が一緒におやつを食べる機会減少。食文化の世代間継承不可⇒和菓子の衰退に大きな影響

5つ目は、製造者の世代交代の減少。和菓子屋のほとんどが小規模の個人店で、手作り、和菓子作りは重労働⇒コスパ最悪

★★★★

そもそも甘いモノの殆ど無かった貧しかった時代ならイザ知らず・・・今は殆どが炭水化物の砂糖の塊を食しても健康に最悪で良い事など一つも無い。ドーパミン中毒になり体がボロボロになるダケである。まさに・・・毒・・・そのモノが和菓子(砂糖の塊)なのだろう。

日本人もバカはバカなりに気付き始めたのであろう。

医食同源・・・まさに糖質中毒はあらゆる病気を誘発する・・恐ろしい事である。

毒くらい、健康大事、大合唱・・・我が子毒盛る、毒親悲し・・・貴女は毒親??賢親?

毒食らい、医者に出かけて、毒もらい・・・商業主義の、マッチポンプ也・・・ふー

世界一不健康寿命の長い日本人の愚かさなり!

日本人、死に待ち人の、うめき声・・・俺が俺がの、強欲の民・・・ふーぅ〜ガックリ

2022年06月04日

多重知能理論(Multiple Intelligences Theory:MI)

心理学者・中野信子氏の・・この世はウソだらけ・・との言説に私も全く同感である⇒世界でもっともウソが大蔓延しているのが日本と云う国であろう。

ウソを見破り、嘘に引っかからい為には・・・真の学びによる”真の知力”や確証バイアスに陥らない”優れた感性”と”正しい判断力”が不可欠と云う事だろう。

多重知能理論(Multiple Intelligences Theory:MI)米理論ハーバード大学教授のハワード・ガードナー博士が1983年に提唱、人の知能に関する画期的な考え方。

日本国の明治以来やっている序列明確化の為の教育は最高学府まで基本下記の1と2の能力しか必要としない。

1,言語・語学知能・・・・・・・・・・利口バカ的な知能
(linguistic intelligence)
2,論理・数学的知能・・・・・・・・・利口バカ的な知能
(logical-mathematical intelligence)
3,視覚・空間的知能
(spatial intelligence)
4,音楽・リズム的知能・・・・・・・・食える程の価値を生み出せる人は1/100万人
(musical intelligence)
5,身体・運動的知能
(bodily-kinesthetic intelligence)
6,対人的知能・・・・・・・・・・・・EQ力
(interpersonal intelligence)
7,内省(内観)的知能
(intrapersonal intelligence)
8,博物的知能・・・・・・・・・・・・歴史や自然から学ぶ力
(naturalist intelligence)
9,霊性 実在知能多重知能(MI理論)による9番目の知能⇒もっとも大事な知能⇒HQ力
(Multiple Intelligences Theory:MI理論)

「霊性・実在知能」とは、人の内面(人間性・精神性)に関する認識能力⇒以下特徴

1. 誰しもが生まれ持った知能
「心臓を動かす能力」のように、必ず備わっているもの⇒能力の上下の幅が広い

2. 人生における「究極的な問題」への関心
神はいるのか?人はなぜ生きるのか?どこから来てどこへ行くのか?愛とは?など。

3. 人生の価値を追求
人生の目標を 富や名誉の獲得以上のものに置こうとする。

4. 奉仕の精神
個人的な満足感よりも、大きな共同体のために生きようとする。

5. 社会正義の追求
限られた人々だけの利益ではなく、より公益性を追求しようとする。

6. 共感と発展
他者との共感を通して、自己の能力をより一層 向上させようとする。

「霊性・実在知能」を持つ人の特徴

☆幅広い視野
☆人生の目的や幸福の意味を より大きな次元で捉えている。
☆周囲の環境や状況を理解し正しいポジショニング(中間浮遊)が出来る⇒多様性の理解、持続性力
☆他人を理解し、共感能力が高い。
☆大胆な態度
☆自らの多重知能を発揮し、より多くの人々の幸福に寄与しようとする。
☆社会全体の発展のために何をすべきかを理解している。
☆壁にぶつかっても乗り越える勇気を持っている。
☆大衆を導く力
☆平常心を保つことに長けており、何かしらのリーダーである場合が多い。
☆与えれた環境や状況に屈せず、よい変化を起こそうとする。
☆世代を超えて社会全体に気付きを与えている。

彼らの共通点は、周りの人々の「霊性・実在知能」までもを引き上げる⇒利他心の発露

「霊性・実在知能」は、人生の方向性を決める。持って生まれた才能(能力)を生かし、人生において何をすべきか、何のために誰のために生きるのか?⇒生きる事、考える基本のキ

霊性・実在知能が発達すると確実に「利他心」が芽生える。困っている人を見ると放っておけない、何とかしてあげたいと考えるようになる。

その想いが強い「使命感」へと変わり、富や権力では決して得ることのできない "為に生きる道" を歩みはじめる知能。

多重知能理論における「他8つの知能(才能)」は、この「霊性・実在知能」があってこそ 本当の意味で開花する⇒世の中に真の価値を生む⇒この知能の開花と練度が人間の器を大きくする唯一の方法である。

9番の霊性・実在知能が欠落していたり、微弱であると利口バカとなり時に本質を見失い災禍を発生させる。

まさに5000年前のユダヤのタルムードの教えと全く同じである。「利口者が間違う時にはとてつもなく大間違いをする」⇒事例⇒81年前の日本の戦争突入⇒今の日本の高級官僚の日本国崩壊のカウントダウン

今のアホ政治屋のポピュリズムと現状維持、問題の解決の先送り、目先の痛み軽減でしかない小手先の対処療法⇒「新しい資本主義」や「根拠なき願望の積極財政⇒30年もやり続けて失敗の連続でもまだやろうとする愚」⇒そのエビデンスの明確に存在する愚行を支持する国民

真の解決策は・・・痛みを受けれる事⇒愚行を恥懺悔して全部を入れ替える覚悟⇒相続税や資産(世の中への価値を一定割合以上生み出さない)課税を強化する⇒その金を若者の真の教育に投資する⇒イノベーションが生まれる⇒新芽が出る⇒応援する⇒成長軌道に戻る事が出来る唯一の道

何にも難し事では無い⇒北欧等の生産性の高い国では例外なくやって居る事をまねるダケである。

さらに愚行の卑近な例では国税担当者の持続加給付金詐欺・・や医大生のレイプ事件等々⇒大企業のデーター改ざんや検査偽装⇒人と云う生き物には口がある事さえ理解して居ない⇒少し考えればバレる事など明々白々⇒そして人生を棒に振る

残念ながら今の日本人はこの霊性・実在知能は弱体化して退化してしまったのではないかと思う程心配になる。とにかく今の日本人は見かけや目の前の損得しか考えない!

特にヒドイのが家業として政治屋を延々とやり続けて居るポピュリズム政治屋である、今後世界は不安定になる事は間違いない、今の状態はジャブジャブマネーの低金利がリーマンショック後10年以上続き、さらにコロナ禍でそれが加速し、そしてプーの戦争突入で物価の高騰と金利高騰、需要増大が止まらない・・・これがどこかでポッキリ折れる変節点が確実に来る。今の状態に酷似したたった2回の過去がある、それは1929年の大恐慌前とITバブルが膨れ上がった1995〜2000年である、そして大不況に突入した。

そしてその時に、さらに一番過酷な事は・・・「霊性・実在知能」の皆無の政治屋がポピュリズムで真逆の行動を取る事である。火に油を注ぐ愚行をする恐ろしさである。それをこれまた「霊性・実在知能」の希薄な国民が支持する愚行をすると云う事は残念ながら容易に想像が付く⇒人類の歴史が証明

5000年前のユダヤの教えタルムード⇒「知者(利口バカ)が間違う時には途方も無く深刻に間違う」

近未来?近々未来の混沌と苦痛から逃れる方法は一つしかない。

真に学び、「霊性・実在知能」を持つ仲間、同志を見つけ出し、類は友を呼ぶ様に真の知者との助け合いが不可欠である。一人は1人の価値しかない、しかし、真の賢者が3人よれば混乱期でも数十倍の価値(困難を乗り越える力)を生み出す事が可能となる。

後は貴方に「霊性・実在知能」が有るか?無いか?強いか?弱いか?の問題ダケである。

本質は、天知る地知る、我ぞ知る・・・内観有りて、真の価値生む・・・人間は行動の質が全て也

2022年06月03日

数字の持つリアリティーを肌感覚で理解しよう。

日本はこの30年でとんでもない貧しい国になってしまいました。その主因は時代遅れの教育を延々とやり続けて居る事です⇒国民が正しい判断が不可能となる⇒時代に合わせて変化する事が不可能な洗脳教育です。

正しい統計はウソを言わない、多種の統計をキチンと分析、解析すると確実な未来が見えて来る。

下記が日本の大卒の賃金ですが・・・まさしく世界に例をを見ない年功序列となって居ます。

【大卒・正社員の男/女別給与】  年齢区別人口(学歴考慮無し人口)

20〜24歳:3,415,500 円/3,293,500 円・・626万人

25〜29歳:4,518,400 円/4,154,300 円・・639万人・・・20代合計1265万人

30〜34歳:5,335,200 円/4,488,200 円・・653万人

35〜39歳:6,252,200 円/4,918,900 円・・733万人・・・30代合計1386万人

40〜44歳:6,844,800 円/5,467,700 円・・812万人

45〜49歳:7,480,400 円/5,715,200 円・・968万人・・・40代合計1780万人

50〜54歳:8,418,800 円/6,661,200 円・・938万人

55〜59歳:8,334,000 円/6,478,400 円・・781万人・・・50代合計1719万人

60〜64歳:6,497,600 円/5,214,800 円・・779万人

生涯平均:6,344,100円/5,154,688 円

出所:厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』より算出

大卒の平均生涯収入は男性は43年勤務で2億7279万円、同様に女性は43年勤務で2億2165万円

そして0〜19才迄が2041万人、70才以上が2798万人⇒年齢的に働けない人合計4839万人

そして大問題は労働参加率が日本はとても低いのです。日本の2020年人口は1億26,14万6,099人、勤労者数は6727万人ですから労働参加率は53.3%しか有りません。ザックリ日本人は2人に1人しか働いていない。30年前の1992年の労働参加率は63%程度(3人に2人が働く)でしたから2割程度低下しています。この労働参加率は今後日本は急速に低下の加速度を付けていきます。2060年頃には40%前後と予測されます⇒社会コストを貪(むさぼ)るクズとボケが大多数の国⇒日本

世界標準では15才〜65才が働く事となって居ますが・・・日本の場合は平均20〜21才程度から働き始め終わりは70才程度と推定されます。そうすると本当の意味の日本人の働ける人の人口は7355万人と云う事になります。

現在の日本の勤労者数は政府の発表では6727万人と云うことになり、その差628万人が無職と云う事になります。

人口減の本質は働ける人が減ると生産が滞る事が本質ではない、これはロボット化やAI化やIT化での解決は可能である。一番の大問題は稼げる人が減ると需要(消費)が減ると云う事が本質である。それと共に納税者が減ると云う事でもあり、過去の積みあがった大借金の1人当たりの返済義務額が爆増(大増税)すると云う事でもある。

そこで上記の年齢別の人口を見て頂くと今後10年程度で働く中心世代(40〜49才)が394万人減り、今後20年で515万人も減少すると云う事である。この40代の消費の中心世代が激減すると云う近未来である⇒確実な未来!⇒その後はさらにこの減少幅は急速に加速度を付けて減って行く!

冒頭で述べた様にこの30年で日本は大衰退をしてド貧乏になった、それをまだ、生まれても居ない子供達への大借金でごま化し続けた。今後の10〜20年では、この人口の大減少に加えごまかし借金も出来なくなり、社会保障費も爆増し、大地震等の自然災害の天文学的な大損失も不可避である。

この100%変わり様の無い事実を貴方は先ずは認めて、受け入れて、それを前提としての貴方の人生デザインをする事がとても大切な事である。バカ過ぎる政治屋やバカ過ぎるトップリーダーを選び続けた愚かすぎる日本人の自業自得とは笑えない⇒リアルな貴方の過酷過ぎる人生である。

それはバカをやりはじめた中心的人間(老人)は逃げ切って居るからである。あなた達若者もバカがそのまま遺伝しバカをやり続ける事を応援した罪は免れない。俺は、私は、今の政治屋なんて応援して居ないと云う反論は受け付けません、結果として応援(選挙の棄権や投票行動・無視行動)して居る事は間違いない事実です。ダメなもはダメと出来る意志行動をする事がとても大事です。

原理原則・・・不変であり不偏である事は疑う余地など全く有りません。

私さえ、俺さえ良しの、我欲故・・・衰退苦痛、我にも及ぶ⇒不変の法則です。

まさに「貧すれば鈍す、鈍すれば貧す」・・・の負の無限連鎖が急速に痛みを伴い私も貴方にも確実に及びます。

まずは・・・夢見る夢子、夢見る夢男・・から卒業して、リアリティー有る目の前の現実を受け入れて今後確実に訪れる貧困耐性を今の内から付けておく事と、バッファー(余力)を蓄える知恵と行動をして下さい。

それさえ出来れば・・・後は今できる最善を今やりきれば・・・人生至る所青山有・・で生き抜くダケですよ!

私もリスクリテラシー、金融リテラシー、健康リテラシーを高めつつ着々と準備及び行動を実践中です。

目の前の、日本国也、恐ろしき・・・認め受け入れ、今を生き抜く

2022年06月02日

あらゆるファクターで激変真っ最中!

今の今・・・46年前の大学時代の日比教授の教えに心底納得した・・・教授の教えは・・

科学技術が加速度的に進歩する唯一の機会・・・それは殺し合い戦争時である。そういう歴史を人類は持つ・・・と云う教えである。

ウクライナ軍がカーシェアリング会社ウーバーの顧客と車をつなぐ技術を使ってロシア軍の大軍を全滅させた。英国の日刊紙「タイムズ」が5月14日(現地時間)に報じた。

一瞬で戦車や装甲車など70台以上を破壊し、大隊クラスに相当する1000人以上の兵力を瞬時に全滅させた。

ウクライナの開発した「GPS Arta」と呼ばれるプログラムが決定的な役割⇒距離測定器や偵察用ドローン、スマートフォン、GPS(衛星測位システム)、北大西洋条約機構(NATO)のレーダーなどから得られた情報を総動員し、敵の位置を確認した上で周辺の野砲やミサイル、戦闘用ドローンなど各種の兵器の中で最も適切な攻撃手段を選択⇒近隣に散在させた兵器からピンポイントで瞬時に同時攻撃可

「通常は軍が目標を識別し、攻撃を開始するまで20分ほどかかるが、GPS Artaを使えばこれが1−2分で可能」「ターゲットさえ確認すれば、非常に迅速かつ効率的に多方面から集中砲撃を浴びせることができる」⇒今後この判断をAIにさせれば・・1秒で攻撃開始。

狙われたらもう絶対に助からない。

攻撃用の兵器は分散配備してあらゆる方向と距離から敵を攻撃できる。敵に対して一瞬で集中攻撃を加える一方、こちらの位置は攻撃兵器を単独で広範囲に設置する事で敵に把握されないため、被害も最小限に抑えられるプログラムを開発⇒これを使えば世界中の何処にいても動く事無くターゲットを瞬時に捕捉し瞬時にピンポイントで攻撃可能。

まさにインターネットが距離の概念や移動の概念を希薄にした事が戦争でも可能となったのが「GPS Arta」である。

2014年のロシア軍によるクリミア半島併合直後からウクライナのプログラマーが開発しウクライナ陸軍が使用開始

GPS Artaはイーロン・マスク氏率いるスペースXの衛星インターネット・サービス「スターリンク」を活用より短時間により精度を増した。

インターネットは研究目的⇒開発には米国国防総省傘下の研究所の資金が投入「インターネットは軍事目的で開発された」とよく言われていますがそもそもの目的は、新しい通信技術を実用化するための研究とされて居る・・・しかし今の今確実に戦争に無くてはならない技術である事は間違いない。

先にこのブログでも紹介した、イスラエル国防省の上空からの攻撃ドローンやロケット弾に対応するレーザー防空システム「アイアンビーム(Iron Beam)」上空のミサイルと攻撃ドローンをレーザービームで撃墜することに成功⇒この到達距離が2キロから20キロに延びれば・・また戦争も激変する。

最先端の攻撃用のシステムを保有する権力者に取っては、不要な人間や不都合な人間、敵対する人間を瞬時に抹殺する事が可能になる近未来でもある。

攻撃者は何処に居ても何時でもAIに指令だけ出せば・・抹殺ターゲットの頭上間近から誰にも知られず証拠も残さず瞬時にターゲットの人間を抹殺可能になった!

世のなかにハッカーやテロリストが確実に存在する様に、上記の兵器の闇市が出来ても全く不思議ではない。

その他にも欧米諸国40カ国がウクライナに提供した携帯型のミサイル兵器が、ウクライナの都市がロシア軍により攻撃され、ウクライナが撤退の時に放置した武器がロシアの占領品として・・テロリストに転売される可能性があり得る。

一発2500万円のシャベリンや一発1000万円のドローン型の小型ミサイルなどは・・・年俸たった70万円のロシア兵の取ってはウクライナの民家から略奪した家電品転売で稼ぐより遥かに魅力に感じる事は間違いない。超モラルの超低下したロシア兵なら・・・闇転売を当然やる事は想定内である。

1000億のヨットに乗り1500億円の宮殿に住み資産16兆円の腐敗政治のプーのアホーのやらかした戦争のロシア兵やロシア人の負の拡散が心配である。日本でもかつてオオム真理教がロシアの兵器を買って居た様に・・テロリスト集団が目を付けないハズが無い。

魚は頭から腐るのである。日本も全く同じである⇒故に日本も大衰退が止まらない。歴史の事実として存在する事象である。下記も腐った頭の魚には同様に確実に起きる事である。

★衰退に向かう国は攻撃性を強める!★子育てが重い負担になる社会は、衰退を避けられない。★働き手の減少は確実に衰退に向かう。★自分の愚政治で起きた国内の危機に直面した指導者は外に敵を作り国民の不満を逸らす⇒手先のマスゴミを使いプロパガンダの拡散⇒戦争をする⇒歴史上例外なく何度も繰り返されているファクトである。★日本も世界も衰退国は暴発、戦争のリスクと向き合う事になる。

人類の科学技術の進歩は・・・繰り返される殺し合いから確実に発展を続けて来た歴史を持つ

私は貴方の幼子が63円の紙切れ一枚で殺し合いの戦場に引きずり出されない事を只々祈るばかりである。

2022年06月01日

スタフグレーション時代を生き抜く方法とは?

本日より6月ですね・・・5月に35度なんて所もありますし、今年は暑いやら寒いやら???

日本はどうやらスタフグレーションの色合いが月を重ねるごとに色濃くなり始めました。

日本の大衰退は2001年4月26日から始まった明確な根拠がある。スモールスプリング政権がバンプーセンターと云う政商に支配されてからである。このスモールスプリングも、家業として代々政治屋で超おっちょこちょいのボンボン菌が頭に生えている輩であった。

行われた大転換は・・若い人・・人間を・・材・・と判断した誤った行為であった⇒私は明らかに憲法違反だと思う⇒若いと云うダケで差別を受けて居る!⇒派遣の全面解禁⇒同一労働をしても1/2の給料

日本には約360万社の企業が存在し、大企業はたったの0.3%しか存在しない、その大企業は全労働者の約3割が働き、99.7%の中小企業に労働者の約7割が働く、そして全労働者の約4割が非正規雇用である。基本政治献金が欲しい政治屋は・・忖度官僚や大企業経営者とつるみ大企業経営者等の支配層が搾取するには有利法整備。大企業の経営者以外の95%に取っては超非効率な衰退不可避の法律なのである。

そしてそれに輪をかけて原理原則違反で衰退を加速させた・・アホノミクスである。

輪転機でお札を刷れば景気が良くなり産業構造が最新化出来るなんて事はあり得ない事である⇒原理原則の大違反をなぜか?信じ続けて早10年余⇒衰退に次ぐ衰退と云う明確な結果が出ているにも関わらず・・・無謬性・・で現状維持

従業員を投資の対象である人的資本と位置づける考え方は企業経営の基本のキ。製造ラインでの作業などが多かった時代は、人件費を材料コスト(部品・消耗品)と捉えた。

だから結果は当然のごとく・・日本人の仕事に対するエンゲージメント(仕事そのものへの情熱・熱意)がある社員は全体の6%程度しか居ない。

ギャラップ社が全世界1300万人のビジネスパーソンを調査「従業員エンゲージメント指数」日本企業はエンゲージメントの高い「熱意あふれる社員」の割合が6%で、米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位レベル。「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、「やる気のない社員」はなんと70%⇒その他の調査でも傾向は全く同じで日本は最下位レベル

私が日々お仕事で多くの若者(25〜40歳程度)に接して居る感覚とぴったり同じです⇒ハートが熱い若者が殆ど居ない⇒中身がスカスカな感じを受ける事が多い!⇒頭でっかちで自分の殻に籠って自分の価値観だけを守りながら生きて居る感じがする⇒実に悲しく実にもったいない感じを受ける。

日本企業は知財・無形資産を生かし切れていない。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われたのは発展途上のアメリカの下請けの工業化社会の時代で、モノづくりの成功体験を引きずり、情報化社会で出遅れた。データを駆使する価値創造社会の今、知財・無形資産の活用は欠かせないのに全くやらない。

今は経済のデジタル化が進み、従業員が生むアイデアが企業に利益を生む時代

オールド経営者の人的資本への投資無視は、日本企業が競争力を失った。無形資産の価値⇒米国90%、欧州75%、韓国57%、中国44%、日本は32%⇒アメリカの1/3。米企業は人材への投資で無形資産を積み上げ企業価値が爆上げ。

米国企業による投資の半分近くが無形資産⇒日本企業ではいまだに有形資産が80%近くを占めている。経営者マインドと政治屋マインドが古すぎて産業構造が時代遅れすぎるのである。

日本人は時代の進化に合わせて自分の価値観や行動を進化させると云う事が根本的に大嫌いな民族性を持っています。恐ろしい程の現状維持、先送り特性です。

なぜに?こんな事になるのか?・・・それは明らかに古すぎる価値の無い教育・・故です。

真なる学びを深め続けて居る私が・・今の日本には恐怖すら感じています。殆どがウソを嘘で塗り固めた社会と成り下がってしまって居ます。その最大の犯人は権力と結託したマスゴミです。

参考図書:テレビは見るな!新聞は取るな!船瀬俊介 (著)

脅迫・威嚇に屈しない船瀬俊介氏、『日本の真相!』告発シリーズ最新刊!日本人は「知らぬがホトケ」、「知らないうちにホトケにされる、そして「命もカネもむしり取られる」コロナ迷走報道ですっかりバレた日本のマスコミの惨状、徹底追及する真相

参考図書:News Diet ニュース ダイエット 著者:ロルフ ドベリ

確証バイアスの呪縛から解放されて、多角的にモノを見る力が必要です、上記の2冊は・・・一つのモノの味方の参考として紹介します。

先のWEBセミナーでも紹介した様に人が正しい判断やクリエイティブに思考する為には3つのゆとりが不可欠です。1,時間的ゆとり 2,精神的ゆとり 3,金銭的ゆとり・・この3つが得られて初めて確証バイアスからの離脱が可能となります。

簡単に云えば・・・やりきった後の・・・頭と体がカラッポの解放された状態・・です。マインドフルネス等でカラッポの状態に自分自身を置くと云う事です。解りやすく言えばフリーズ状態の凝り固まった状態のPCをリセットする様な事です。まさにシンク・クリアリーです。

貴方も私も国ガチャには大外れである、しかし、私は時代ガチャには恵まれた。日本の歴史上最高の時代に生まれる事が出来た。しかし、貴方は時代ガチャも半分以上大外れした様である。貴方の子は可哀そうだけど・・・国ガチャも時代ガチャも日本と云う国の存立の歴史の中でもブッチギリの外れと思われる。

その過酷な時代に生き延びる為には・・・力を付けるしか他に方法は無い、知力・体力・経済力・影響力・人間力等々・・真に学び知力を高め価値を高め続けて・・・出来れば日本人を卒業して地球人になるしかマトモニ生き延びる方法は無い。まさに、一切皆苦・・である。

一面泥沼の一輪の蓮の花の様に生きるしか他に道が無いのである。

今できる、最善尽くし、日々重ね・・・原理原則、大事に生きる


アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP