« 2022年02月 | メイン | 2022年04月 »

2022年03月31日

腐りきった魂(たましい)

未だにロシアで金儲けする大企業が存在する⇒経営者の人間性が問われる。恐ろしい事である。

ロシアの経済活動がウクライナに落とすミサイルや爆弾製造の元(納税)となる。

ロシアにビジネスを継続し滞在を続けているとした日本企業など50社について、ウクライナの外務省が公式フェイスブックでロゴマークをリストアップし、波紋が広がっている。(下記サイト参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/29f90a458ca5f92fe4ae74e8bac9f684f7bb4f18

その中には、日本企業2社、1グループがあった。名指しされた各社は、どのように対応するのだろうか

日本企業からも、大手タイヤメーカーのブリヂストンや横浜ゴム、戦前の財閥の流れをくむ三菱グループの3社が存在・・・3/50である。撤退等は米エール大学のまとめでは、世界の企業や団体は、3月24日の時点で約450社

特に三菱の企業哲学は・・・空飛ぶタイヤ・・の隠蔽体質やデーター改ざん体質に現れる様に、人間性のかけらもない哲学の様な気がして私は大嫌いな企業である。未だにクソ企業である。

特に深く考えていない人間から散見される意見が・・・「ロシアの国民は悪くない」・・的な意見である。

大間違いである。ロシアの国民が選んだバカが無差別殺人や無差別破壊をしているのである。

1931年頃〜1945年迄の日本も全く同じ過ちをしていた事実を忘れてはならない!!!世界の安定をぶち壊し世界の人びとにとんでもなく苦悩を与えている。世界の貧困層の30億人がどれほどの苦難にあえぎ・・仮に1%の人が経済苦で生きる力や生きる事が出来ない場合、3000万人の人生を破壊し殺して居る事になる。

仮にロシアのプーのアホーが核ボタンを押せば、かなりの確率でこの戦争はエスカレーションして取り返しのつかない核戦争に行くだろう・・その時、地球上の最低でも数億人が死に、世界の経済は完全に20年間ほど破壊される。中国まで参戦すれば・・人類滅亡さえあり得る。

ロシア人はバカ過ぎるリーダーを選んだ責任をどう取るのだろうか???

ロシア人の愚と同様に未だにロシアでビジネスを続ける決断をした企業のリーダーはどう責任を取るのだろうか???こんな愚かすぎる戦争をやめさせるためには最大限の努力をしなくてはならないのに・・・金儲けを優先・・・させる人間とは???⇒鬼畜以外の何物でもない。

こころある人間ならウクライナの為に上記50社のビジネスに強力する様な事をしてはならない。それが核戦争を防ぐ最大の貢献である。

怠惰故に順調に行かなくなると権威維持の為に確実に戦争になる

ついに無人のGM系”無人自動運転車の実用化”が始まった。「日経ビジネス」の記事(2022年2月28日号「GM系無人運転車、都市を快走」)によれば、クルーズが「運転席に人が乗らない自動運転車」として登録した車両が自動走行した距離は延べ6366マイル(約1万km)に達した。

事前の無人運転社内関係者テストでは2021年11月に始めたサンフランシスコ市街地での社員や関係者向けテストは2022年2月1日までに600回以上、無事故で走行距離にして約2万マイル(約3.2万km)に上った

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は2022年2月15日までに、セーフティードライバー付きの自動運転試験を許可されている企業の走行距離が、2020年12月〜2021年11月の1年間で合計約410万マイル(約660万キロ)に達したことを発表。

前年よりも200万マイル(約322万キロ)以上増加

1位Google系Waymoで、合計距離は232万5,843マイル(約374万キロ)

2位GM Cruise合計走行距離は87万6,105マイル(約140万キロ)⇒無人運転車実用化1番乗り

3位中国系スタートアップのPony.aiで30万5,617マイル(約49万キロ)

4位Zoox(アマゾン傘下)59,100マイル(約25万キロ)

6位メルセデスベンツ5.9万マイル(約9.5万キロ)

14位トヨタ(Toyota Research Institute)1万3,959マイル(約2.2万キロ)

15位Apple13,272マイル(約2.1万キロ)

23位日産(Nissan North America)508マイル(たったの818`)

トップ15社のうち、米国企業は8社、中国企業は5社で、ドイツ企業1社、日本企業はトヨタが14位(成績的にはその他)にランクインしているにすぎない、そしてトップ4社とそれ以下の開きは極大である。

さらに中国でも自動運転タクシー、2021年末時点で公道での試験サービスを実施しているのは北京市や上海市、広東省広州市など10都市(一部有料認可)完全自動化する「レベル4」の実用化に向けたルール作り作成⇒現在は緊急時対応乗員在り

2022年2月17日、インターネット大手の百度(バイドゥ)は広東省深圳市で自動運転タクシーの試験サービス開始(中国で7都市目)

自動運転の現実を直視すれば日本のトヨタ自動車の能力は1位のGoogle系Waymo1/170しか無いと云う事になる。5周遅れ処の話ではない!!!確実に勝負有り!勝負は終わった!!!

自動車のビジネスのビジネスモデルが「製造」から「サービスやシェア」「ソフトが9割の価値を持つ移動体」へ確実に移行、新たなる企画が価値を持ち⇒製造が価値を極端に落とし、⇒そしてサービスが価値を持つ時代である。

この先、日本は何で飯を食っていくのか???とっても心配になりますね・・・あらゆる組織の出来不出来はリーダーの価値で決まります。トヨタが今の様な隆盛を極める事が出来たのも世界視野があり未来を感じる事が出来る優秀な経営者Iさん、Oさんが存在したからです。しかし、今の今このIさんもOさんはトヨタの歴史(社史)から抹殺されています。

日本人は本当にお世話になった人間に冷たいし感謝もしない民族で有る事の証明の様な話です。このご両人が居なければすでにトヨタなんて今の今この世に存在して居なかったかも知れないのに・・・感謝どころか抹殺(存在を無い事にする)です。

私もこの抹殺された感覚をイヤと云う程味わったモノの一人として・・・日本人は本当に恐ろしい民族と心底思います。今の今、ロシアがウクライナにやって居るような事を平気で85年前にはやり続けた民族それが我々日本人のリーダーで、そのリーダーを選んだ愚民、日本人です。

日本人は溺れる犬を上から棒で突きまくりもてあそぶ事を平気で出来る民族でも有ります。それでも少しでも世の中に役立つべく利他心を継続する事の本当の精神力が必要なのですが・・・

我凡夫、時に苦しみ、激痛や・・・耐えて耐え抜く、我が師の教え

事実とは真実とは・・・不快に感じる・・・それは魂が腐りきって居るからですね。

実にやっかいな生き物・・日本人!!!!

美談とは、虚構の上の、創作や・・・醜さ隠す、偽りの顔

2022年03月30日

基本のキ⇒原理原則⇒企業は公器⇒ぼんぼんには理解不能

日本人は本当に脳みそが軽い輩が山ほど居る・・・悲し過ぎる国である。日本の自動車メーカーも18年も前に発売された車を・・ただ、売れるから、売れているから・・・と云う理由だけで危険を顧みず売り続けている!

登場から18年が経過してもドル箱で、新法規に対応できないからといって新型を意図的に販売を遅延しても販売しないというのはもったいなさ過ぎると経営者は考えている様である。

簡単に云えば・・・顧客はバカで危険なクルマでも買ってくれるので売り続ける⇒事故の被害者や顧客の命などどうでも良い!⇒自分さえ良ければ・・との哲学(卑しい商道徳)である。

危険なクルマ⇒事故が多いし被害も多い⇒医療費が多くかかる⇒7割は保険で支払われる⇒7割の負担は国民⇒特に高所得者の負担割合が莫大

この私が商店と呼称する大企業の哲学は・・・どろぼう?(関係ない無辜の人からふんだくる)哲学に等しい⇒自社が利益を上げる為なら社会負担が増えても関係ない!!!だから溶岩が流れて来る事が確実な土地に3000人が住む新町なんて建設出来てしまうのだろう???

こんな危険すぎる車を買う顧客は・・総じて低脳レベル、低EQレベルが圧倒的に多い現実がある⇒すでに世界では3年前から発売している安全な新型にすると価格が上がり、現在の日本だけの圧倒的に多くの負け組顧客が経済的に買えなくなり利益を失うとメーカーは考えているのだろう。

この日本では超恐ろしい事に・・この「危険=高利益低価格商品」の販売図式は車だけではなくあらゆる商品で行われている。食品で在ったり家であったり医療・医薬品であったり・・あらゆる商品で金儲けの為に顧客を危険にさらしても平気な経営者(政治屋と結託)ばかりである。

例えば中国製の加工食品等⇒中国人が恐ろしいと食わないモノを日本に輸出して日本人が食いまくって居る⇒当然病気になる⇒医療費が山ほどかかっている⇒医療者が儲かる⇒それなりの成功者個人が超高額医療保険代として負担させられている!

世界では保険屋さんが車種別の事故率、被害率で保険料を決めているので危険すぎて買う人が居ないのでもう3年も前に新型の安全なクルマにモデルチェンジ済みである。

日本では保険屋も大企業と結託している様である⇒車種別の衝突テストをしない。

日本の大企業の経営哲学なんて・・基本、目の前の金、金、金、金、金・・・しかない。

経営改善とは社員や下請けを叩く事+顧客を勘違い(欺く)させる事・・と心底思い込んで居る。その手先が大手広告宣伝会社と結託したマスゴミである。

利益の3〜4割相当の金をぶち込んでもそれ以上の価値(利益増)が在るのが広告宣伝である。

日本人がこの愚を望んで居るのである、この愚かな行為を要求しているアホー国民なのである。

社長がHPの企業哲学や企業理念で述べている事の真逆を平気でやる・・そんな民族、それが日本人である。経営理念⇒幸せの増産⇒一人たりとも取り残さない⇒事故で死ぬのは問題無し⇒溶岩で焼け死ぬのも問題無し

まぁ〜〜〜日本には自ら思考出来る人間が生まれない様な教育システムを教育屋と大企業と為政者が結託して延々と存続させている訳ですから致し方なし!!!!なのだろう。

日本の製造業の大企業の内製率は約75%前後である。下請けに75%を作らせている、その下請けの60万社が黒字廃業をするしか他に道が無い現状でも有る⇒跡継ぎが居ない!現経営者がアホすぎる大企業に搾取され続ける事(労多くして益なし)を骨身にしみているので息子に後を継がせない。

乾いたぞうきんを絞りまくり、やがて繊維がちぎれてブチぶちと音を立てても平気な大企業⇒どうやら代わりは幾らでも居ると思い込んで居るらしい!!!大企業の経営者が決算大会で堂々と3次下請け以下は名前さえ知らないと断言しているのである。名前さえ知らないのだから殆どの多数を占める下請けの経営内容など知る由もなし!!!

歯槽膿漏の様に・・限界点が来れば一気に歯が抜ける(下請けの大廃業)恐ろしさをこのボンボンは理解すらしていない。

そして3年にも及ぶコロナ禍で日本の政府のやった無担保無保証の融資残高が現在23兆円も存在し・・それが今年3月から返済が始まる予定だったが・・・倒産爆増を恐れて3か月先延ばしにした。そもそもゾンビ企業が群がった融資であるからこの先日本の大倒産時代は不可避と推定される。

ロシアのアホプーちゃんのアホ行動で物価が高騰⇒債権が下落⇒金利高騰⇒・・・ローン破綻の爆増・・・これも日本の確実な未来でも有る。果たして日本国内に高額商品の顧客は存在するのか???なんて未来なのである。

2020年-2021年の日本の自動車業界の業界規模(主要対象企業9社の売上高の合計)は57兆0,022億円

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1月5日に発表した2021年の新車販売統計(速報)によると、総台数は444万8340台総台数のうち登録車は279万5818台、軽自動車は165万2522台

日本の2020年の国内自動車販売額は推定10兆8927億円と云われていますがトヨタ自動車の販売の85%が外国ですから・・・それと外車も産業用の車両等も含めてですから・・・現実には家庭用自動車の販売はもう少し少ないと推定されます。

日本の自動車メーカーはザックリ年間2800万台(世界全体8000万台の35%)作り、その内約900万台(32%)を国内生産、そして国内販売が450万台(16%)と云う内訳の様です。この比率から推定すると日本の自動車の国内メーカーの国内販売総額は9兆1200億円となります。

株イード(メディア事業、リサーチ事業、そしてECを中心としたテクノロジー事業)は2022年2月28日、国内のMaaS関連企業に関する調査を実施。MaaS国内市場は急速に拡大し、2030年に12倍の6兆4000億円に達すると見込みであるとの調査結果を発表

国内販売総額は9兆1200億円(2020年)の内2030年にはMaaS関連の6兆4000億円がこの自動車販売総額を激減させる事は不可避です。そしてその時は新規販売のビークルの殆どはBEVでしょうから・・・部品は1/2、価格は1/2〜1/3となる近未来となりそうです。

主使用用途は「通勤・通学」⇒5 割が毎日利用。
・全体に比べ「通勤・通学」での使用が高く、6 割弱。
・毎日利用が 5 割と全体に比べ利用頻度が高い。
・車の1人乗車の割合は64%

・年間維持費は「〜20 万円」「〜30 万円」がそれぞれ 26%。
・削減希望額は 10 万円までが 6 割強。年間維持費が高いほど、削減希望額は上昇。
・車関連出費が大きな割合を占める出費と感じている人は 15%、負担に感じている人は 28%
・今後減らしていきたい人は 37%

年間走行距離の平均は、男性は6,293km、女性は5,741kmで、平均は2019年6,316km→2020年6,017kmと、299km短くなった。ちなみにアメリカ人は日本人の2.7倍も走行する。アメリカこそ電費がガソリンの1/2以下のBEVが最適ですね・・・イーロン賢い!!!

ちなみに我が家の年間自動車走行距離は日本平均の1/10以下である。

そして近年、自動車に使用頻度は1年で1%つづ減少し、軽自動車に移行する割合も1年で1%つづ増え続けている事が解ります。そして1台の自動車の保有年数も1年で1ヶ月ほど長くなり続けている様です(現在7.1年程度)

若者層でのクルマへの関心度の高い人、それなりの人は関心がある計(非常に+まあ)が37%。関心が無い、殆ど無いが63%との結果です。そして今後のクルマ関連の出費について減らして行きたいと考えている人が37%

現在の自動車はその減価償却+維持費合計で普通車で平均70万円程度の出費となります。日本人の平均年収が433万円(手取り335万円)ではかなりの負担(2割オーバー)となって居ます。移動の殆どは1人乗りですから・・・これからのBEVは4人、5人乗りなんて不必要かも知れませんね・・・自家用のBEVは1〜2人乗り、そして家族で出かける時はシェアリングなんて云うのが普通になりますね・・・これから日本はドンドン貧しくなりますから子供も1人しかもうけられなくなる事ですので2人乗りの子供は母の膝の上なんて・・ぶつからない自動運転なら可能です。

オールアルミ超高圧力の1体形成の軽四より一回り小さい自動運転BEV(100万円以下程度)が求められる解の様な気がします。

長距離移動は自動運転の5〜10分以内於きに発射する新幹線になる事も間違いないでしょうから・・・移動需要に合わせて連結車両の数を変化出来る⇒それこそ、それ以降の目的地迄はMaaSでOK

日本の自動車産業は・・残念ながら私の大嫌いな中国新興企業にぼろ負けになる。なぜか?それなりの品質で安いモノを作らせたら中国企業に勝てはしない!!今も昔もこれからも・・・永遠にである。なぜか?中国人は”適当”が身に染みて居る。

もう自動車産業のマーケットは低開発国に移らざるを得ない!!!安い!・・と云う価値が99%の国々が市場の中心である。現在中国では50万円のBEVが爆売れだけど・・欠陥や品質的問題など無い⇒リコール等の大問題のニュースは皆無である。

日本人は多きな価値観が転換する様な変化は嫌いな民族である、一つの価値を少しずつカイゼンしつつ定期的に新商品として発表して売りつける事ばかりを考え続けている。変化の瑣末化である。ほんのちょっとでも変わって居れば中身は殆ど変化しなくても買う日本人と云う不思議な民族故に・・・それでよかった。

携帯電話でも毎年新商品を出し続けていたけれど、それはもう必要ないレベルの延長線故に根本から新しい価値を見直す事が出来ずに・・スマホの競争に完膚なきまでに負けた。家電製品でも全く同じ事が起きている、ロボット掃除機やダイソンと云う着想は日本人からは生まれなかった。

常に物事の本質を見続け、原理原則を大事に原点回帰で考え続ける事が出来ない民族故に、イノベーションの罠にはまり、変化の瑣末(さまつ)化の罠にはまる。

そのような負けが見え始めると必ず日本人は日本人特有のシンボルを頂き精神論に走り自己満足(エビデンスの希薄な空論)を追求する様になる。それが天皇であり、本家であり、創業家・・的な精神論に走り本質を見ようとしなくなる。日本人の美化(精神病)が始まると・・・もう日本に未来は無い。本来やるべき事は衰退の原因を調査し、検証し、総括し、反省し行動を新むる事なのだけど・・・これを日本人全員が嫌う。

信賞必罰の無い如何なる組織も崩壊する。

日々是新た、否を受け入れ、可能なり・・・ことなかれ主義、全崩壊す

2022年03月29日

他者の眼から真実が色濃く見える!⇒歴史はウソを言わない

日本と中国⇒中国に対する親近感⇒中国に親しみを感じるかの調査(令和3年度)
「親しみを感じる」とする者の割合が20.6%
「親しみを感じない」とする者の割合が79.0%

現在の日本と中国との関係は全体として良好だと思うかの調査
「良好だと思う」とする者の割合が14.5%
「良好だと思わない」とする者の割合が85.2%

前回の調査結果と比較では3ポイントほど好感度は悪化している。

中国人は日本人よりもっと日本人感情は悪いと推定される(中国国家教育で幼い頃より洗脳)

日本人の85.2%も中国との関係は良くないと感じている国、中国に日本は経済的には全面的に依存をしている。これって???85年前のアメリカ(敵対国)依存と同じ状態

ほんと!!!権威主義の独裁国家で大嫌いな国に依存すると云う日本人のサガってなんだろうね?

こんなアホーが出来る日本人と云う民族のメンタリティーは・・・金、金、金、しか無いのかも知れない。75年前も幼子を捨てて逃げた!・・満州国の軍隊なんて国民全部を捨てて一番最初に逃げた。

つい最近のアメリカアフガニスタン全面撤退で・・日本の大使館の職員が同胞や協力者を全部捨てて一番最初にイギリスの飛行機で逃げ出した事件と同じメンタリティー

日本人=冷酷無比・・・と思って間違いない。とくに高学歴者や地位が上に行けば行くほどその冷酷度は比例して増している様である。

第二次世界大戦末期の混乱のなか、日本への引き揚げがかなわず、中国に残留を余儀なくされた日本人が数多くいます。その中には、親が命を落としたり、親とはぐれてしまった多くの子どもたちがいました。いわゆる「中国残留孤児」です。戦後、日本と中国の国交がなかったこともあり、日本政府は長きにわたり、残留孤児の問題を放置

戦前戦中に日本人の命は一銭五厘の感覚を持った同じ為政者(政治屋や高級官僚)が、戦後も日本人を進駐軍に支配されながら戦前と全く同じ人間が日本国を統治

中国孤児総数  2,818人・・・これは戦後27〜37年を生き残った幼子の成長し日本人と判明した数⇒現実にはこの数倍〜数十倍の幼子が放置⇒うち身元判明者 1,284人

肉親に出会い、帰国した“その後”が大問題。「祖国なのに冷たい」と感じ、日本になじめないで苦しんでいる帰国者の方々のことに関心を寄せてくれる人は少ない。中国では日本人と蔑まれ、日本では、「日本人なのに、なぜ日本語が話せないんだ」などと言われ、孤立してしまう。結局、祖国に二回捨てられた!

上記も日本人の世界一冷酷で不寛容な民族である事の証明である。

今迄は(1960〜1990年頃)アメリカの下請けでそれなりに金だけは稼ぐのは上手かった、1990年にバブルが弾けて、その後32年・・日本は衰退に次ぐ衰退で失われた30年と言われ続けた。

日本人が貧しくなり金が無くなれば・・・世界の人びとは誰も日本人を評価しないし相手にもしないだろう。実質の日本人及び日本国の経済力は世界30位前後である、日本人の幸福度は世界54位
そして今後この地位はドンドン下がり続ける事は既定の路線である。

だからこそ・・・だからこそ・・・自分が付き合う他人様(日本人)のハートレベルが重要なのである。極少の利他心溢れるハートレベルの高い人と人間関係を大事に維持をしないと幸せには絶対になれない。

そして類は友を呼ぶ・・・のである。自分自身の否(冷酷な日本人)を受け入れて、日本人の持つ負のDNAを理解し認知して・・・自分自身を鍛え上げ学び続けハートレベルを上げ続けなくてはならない。

幸せな人生を送る事は・・・日本人は世界一難しい民族である。その事実をキチンと受け入れて自分自身の感性を高めて鍛え上げなければならない。人は本当に精神が強靭でないと他者に優しくは成れない生き物である。

私自身が日本人を何時も何時も”冷酷な民族”と断定する事は・・それがファクトであるからである。歴史が証明しているし私の60年余の人生で何度も何度も血の涙を流すほど経験した事でもある。人生の七味唐辛子を浴びまくり・・・この世に、この日本人に絶望しながら学んだ事である。

荒涼たる砂漠で・・一粒の砂金(ハートフルな隣人)・・を見つける様な努力が必要である。

騙されて、捨てられてなお、感性を・・・豊かに保つ、試練ぞ厳し

2022年03月28日

類は友を呼ぶ・・・超危険なリーダーを選ぶ同質の国民?

まさに類は友を呼ぶ・・・27回も全く成果が無いのに会合を持つと云う事は普通はあり得ない。(政治的な首脳外交なら事前に官僚が成果を出す交渉を確実にする)しかし、まったく成果なく27回も山ほど金をかけて会合を持ち3000億円の供与である。

この2人には同質の精神構造が有り、逢う事がただ、ただ、楽しいのであろう!!!個人の利得だけで法を変えようとする行為も全く同じであり、現実に2人とも何の抵抗も無く実施をした事実が存在する。

このプーとア〜〜〜〜ホは・・・同類の精神構造をして居るのだろう。言論の自由封じでロシアの国民はこのプー過ぎる輩を8割の国民が支持をしているとの事⇒日本と同じ光景である。下記はその一つの事例

https://dot.asahi.com/dot/2022032700011.html?page=1

89年前と同じ匂いが日本中に立ち込めている様な気がしてならない⇒もう後戻りは出来なくて負の加速度は増すのだろう!(原理原則的にはそうなるしか道が無い)

為政者のデタラメを許す愚民が居るから・・・国は乱れ、人々は殺し合いをする!!!

参考図書:そしてメディアは日本を戦争に導いた⇒歴史的ファクトである!!!

信賞必罰無き組織は確実に腐敗し悲惨な状態に陥る⇒あまたの歴史が証明して居る。

そして権力は100%例外なく腐敗をする!!!それが人間と云う生き物の本性である。例外は無いのである。

貴方の目の前の幼子がはがき1枚で招集され人殺しに出かける未来が来そうですね!!!

原理原則⇒原因が同じなら結果も同じ⇒89年前と同じ今の今!!!⇒その直後から9年後には多くの若者が殺し合いを強制された⇒日本の若者は世界の1500万人を殺し350万人(6割は餓死)の日本人が死に13年後には日本は焼け野原となった。(第二次世界大戦1939〜1945年の全死者は6600万人)

そんな歴史を今の今繰り返そうとしている現実を貴方も直視した方が良いと思います・・ふー

これはオーバーシンキングでも私の妄想でもない!!!原理原則的な未来予測である。

歴史は繰り返す、衆愚政治が破壊する

歴史上の大混乱や世界大戦は・・たった1人の為政者の勘違いや妄想から始まる。そこに政商と云われる我欲集団と我欲集団に操られたマスゴミがバカ国民を煽りまくり火に油を注ぐ

世界には現在核弾頭が1万3131発存在する・権威主義のヤバイ国ほど核弾頭の数を増やして居る・冷戦時の核兵器はその破壊力において、広島を破壊した原爆を凌駕していた。実験爆発では、ワシントンの兵器が最大で広島の1000倍(3億人殺傷)、モスクワの兵器には3000倍(9億人殺傷)の威力があった。今は使える核兵器にする為にその威力は極少〜極大まで存在する。一発で30万人が殺せるとすると約40億人殺せる数である。もちろん、放射能で汚染されて命は有るけど原爆病などになる人はこの数倍存在するであろうから・・地球上の現在79.1億人は全部まともでは居られない。

どう見てもまともな神経では無いと云う権威主義国のリーダー(独裁者)が全体の核弾頭の6820発(52%)の発射ボタンを握って居る事である。

120年前も同じコロナ禍、スペイン風邪により世の中の当たり前の秩序は大激変し、2度の世界大戦、世界恐慌、産業の大激変(馬車⇒自動車)や大規模な自然災害が次々と起きた。

今の今、歴史は繰り返す、ロシア危機、コロナ禍、第4次産業革命、1000年に一度の大地震遭遇時代、地球温暖化、そして大きな問題は、リーマン+コロナ禍と世界中の中央銀行が、歴史的にはありえない大規模な金融緩和を行ってきた⇒ジャブジャブ経済に世界が慣れてしまった⇒歴史上無い事

スタグフレーションの危険性大、ロシアによるウクライナ侵攻は株式市場に大きなダメージ⇒金融引き締めショックが異常な金融緩和による壮大なバブル崩壊に与える影響⇒金融緩和が史上最大なのだから、崩壊も史上最大級の可能性有り。

歴史上無い事(過ち)をやったので⇒結果は歴史上無い結果(災難)となる⇒原理原則

金融引き締めとインフレの長期継続による株価暴落リスク大⇒確証バイアスで市場は無視

ロシアが勝ったとしても、途中でロシアが侵攻を止めても、ロシアが行き詰まって、停戦が実現したとしても、すぐに世界はロシア制裁を解くわけにはいかない⇒国家としての戦争犯罪を許す訳には行かない。

ロシアが頼みの中国も不動産バブルが弾けそうでヒヤヒヤ⇒ロシアを支援する余裕などない。出来るのはロシアのエネルギーを買いたたいてド安く買う位の事しか出来ない。

制裁はプーチン大統領が消えるまでは続けることになる。実際には独裁者プーチンは簡単には消えないから、制裁に伴う世界の大混乱は市場の願望からかけ離れて長期化⇒世界は負の連鎖

負は連鎖をするのである⇒限界点まで進み自爆⇒・・・再生と云う名の同じプロセス連鎖

連鎖する、致し方なき、負の渦や・・・人の本質、罪深き也

2022年03月27日

類は友を呼ぶ!!!

ロシアの普通の人の平均的な月収は6万6000円程度とか2020年のロシア人の月給の中央値は約4万5000円・・・ルーブルの大暴落やインフレによりその価値は今は半額程度と推定される。

プー〇ン大統領が着ていたダウンコートは、イタリアの高級ブランド「ロロ・ピアーナ」のもの。1万ポンド、日本円にして約160万円、着込んだセーターも2400ポンド(約37万円)と、セレブ

大統領プー〇ンの総資産は一説に20兆円超、欧州一の資産家

大統領府が公表する、プー〇ンの年収は1千万ルーブル(約1400万円)ほど。資産はロシア製自動車やトレーラー、アパートなど非常につましく偽装

7千ヘクタールの土地に建つ大豪邸で、11のベッドルームやカジノ、映画館や屋内アイスホッケー場を備えており、資産価値は推定1千億ルーブル(約1400億円)その他840億円の超豪華クルーザー(巨大ヨット)なんてのも出て来た。

他にも北西部の保養地バルダイに延床面積7千平方メートルの「別荘」があることも公開。

自分の取り巻きと政商のグループでロシアの富を搾取しているにも関わらず国民の支持率は71%⇒77.4%⇒本日のテレビ報道では86%?とか!

しかも・・ウクライナに侵攻し無差別に破壊しまくって居ても・・戦争はしていないと強弁

原理原則⇒腐敗しない権力者など皆無⇒権力は100%腐敗するのである。だから定期的に取り変えないとダメ、そして2期8年以上は継続を不可としないと・・まともな政治など絶対に出来ない。

コンサルティングのオンライン・プラットフォーム“コンサルタンシー・ヨーロッパ”によると、英国経済回復センターとコンサルティング企業との共同研究の結果「ロシアはウクライナへの全面侵攻の最初の4日間に一日あたり70億ドルほどの戦費を使った、戦闘激化以降は一日200億〜250億ドル規模の戦費を使っている」と推定。

1日当たり2兆3000億円の戦費を消耗している。戦闘が1ヶ月も続けば70兆円なんてお金が消えていく、しかも経済制裁分を加味すると・・国家予算の40〜50%がエネルギー輸出だからGDPの10%が棄損したとすと合計90兆円・・・どうやらウクライナ紛争は長期化しそうな予感がします。

3か月続けば・・・ロシアが270兆円、ウクライナと支援の西側が100兆円???合計370兆円なんて膨大な金が人殺しと都市破壊に使われる。この紛争で世界が被る被害は推定世界全体のGDP(90兆ドル×120円=1京0800兆円)の10%が損なわれたとすると・・1080兆円が吹っ飛ぶ事になる。合計推定損失は1450兆円と日本の3年分のGDPに相当する・・・リーマンショックが60兆円の焦げ付きを端に発生した事を思えば恐ろしい程の損失である。

ウクライナの人びとはもっと悲惨である、いきなり攻め込まれて勝手な理屈を並べて無差別攻撃である。

バカをリーダーにすると例外なく国民が疲弊する!今の今、世界中がこのバカの妄想暴挙でとんでもない苦労を強いられている。こんな世界ナンバーワンのバカと27回も会合をして3000億円も貢いで自称プーの友人と称していたアホノミクスのボンボンも我が国ではロシアと同様に日本国民には大人気である⇒類は友を呼ぶ!!!(このアホノミクスの御仁も戦争大好きの右翼である)⇒なぜにアホ国民は殺し合いをさせる人が大好きなのだろうか???理解不能

日本人もプー〇ンをバカにして笑ってばかりでは済まない・・日本のリーダーもプー〇ン程ではないが相当におバカさんである⇒借金が現在約1450兆円も存在する⇒金利が上がったらどうするのか???⇒過去10年の様に日銀が強制的に抑え込む体力が間もなく無くなる⇒世界のインフレがそれを強制的に許さない環境となる⇒債権が売られる⇒金利が確実に上がる⇒考えたダケで恐ろしい。

そもそも紛争、戦争、仲たがい・・等々は2つの事でしか起き得ない。

1,イデオロギーの違い⇒考え方の違い⇒価値観の違い⇒好き嫌い
2,経済的損得

1と云う基礎の上に2と云う建屋が載って居るのである。

世のなかのもめ事はすべてこの図式のズレがどちらか一方の許容値を超えたときに勝手に始まる。戦争なんて自動的に始まる事が歴史で証明されている、しかも定期的に、兵器の在庫処分に合わせて始まって居る歴史が厳然と存在する。

この紛争を防ぐ方法はたった1つしかない・・・それは、上記1の違う人(国)とは関わらない事である。この基本のキを誤らせるのが人の欲である。

どれだけ立派な家を建てたとしても基礎がしっかりしていなければやがて崩れ落ちる!⇒砂上の楼閣⇒原理原則である。893からの被害を受けないためには893とは一切関わらない事しかない。

こんな簡単な事が日本の利口バカ(為政者や大企業の経営者)には理解できない程度の頭脳しか持ち合わせていない⇒不都合な真実

NOと言っても紛争にならない適度なる距離感がとても大切なのである!!!

今の今の日本は・中国にとんもなく依存する経済である⇒中国がくしゃみをすると日本が肺炎になる状態・・台湾有事が有った場合(プー〇ンの思考と100%同じ)日本は今のウクライナより悲惨な目に遇う確率は80%程度は存在する事を忘れてはならない。

そもそも条約なんて片方の国の国益により自由に破棄できるモノである事を忘れてはならない。この条約違反を取り締まる世界法も無いし損害を取り戻す事さえ100%出来ない。

ただの締結国の国益と云う損得関係が条約成立の基本であり、根本であり、基礎である。

適度な距離感が大事、基本的に損にも得にもならない距離感の国に莫大な戦費(大損をしてまで)をかけて攻め入る理由は普通は発生しない。

原理原則・・・足るを知る・・・普通の一家4人暮しで30坪の家の住人はド不幸で100坪の家に住む住人が幸せなんて事はあり得ない!

それと同じである、日本は運よく少子高齢化で貧しくなるしか選択肢が無くなった!!!だったらお金が少なくても幸せな時を生み出せる生き方を研究したり模索する方がどれだけ賢いか!!!簡単な事である。

日本の政治屋は真逆の禁じ手に手を染めた!!!!30〜40年前の栄華が忘れずに天文学的な大借金を積み上げている。これはソ連に憧れ回帰を願う今のプー〇ンとどこが違うのだろうか?私には全く同じに見える。

人間関係は確実に選択が必要であり、その度合いに於いての適度な距離感が不可避である。まさに”足るを知る”境地とその境地から生まれる利他心や感謝である。

かつ丼は1杯有れば大満足なのである、かつ丼を10杯1度に食おうと生きるのは実はとても大変で苦しい事なのですね・・・未来への不安やマウンティング心理が10杯を求める我欲の民(愚民)を生み出す。

哀れなり、誤謬(ごびゅう)の人や、プー〇ン氏・・・虚構積み上げ、砂上楼閣

2022年03月26日

まさに歴史は繰り返す・・・80年毎に・・・

ロシアのウクライナ侵攻はや1ヶ月(30日)が経過しようとしている、1日当たりのロシアの戦費は2兆5000億円とも云われている。ルーブルが下落する前のロシアのGDPが約190兆円程度でしたから・・・もう75兆円も戦費が使われた事になる。

ロシアの労働者の年収平均が77万円程度と言われて居るから・・・2021年1月1日現在で記録された人口は1億4623万8千人、ロシアの労働人口(労働力)は72,809,444人の労働者が1年半ただ働きさせられたほど無駄に消費された⇒この先どれだけ損耗をするのか???

世界がコロナ禍をまだ克服できていない時期にこのプーの超愚かな行為である。

戦争程儲かる商売は無い!!!兵器産業の定期的な在庫処分⇒それ故に定期的に戦争は起きる。

1本何億円なんてミサイルが何百本、何千本とガンガン飛んでいくのだから兵器産業は笑いが止まらない!!!

〈アメリカの主要戦争の直接費用総額、戦費総額の終戦年GDP比〉
・第1次世界大戦…… 260億ドル、 36%
・第2次世界大戦……2880億ドル、 132%
・朝鮮戦争………… 540億ドル、 14%
・ベトナム戦争…… 1110億ドル、 8%
・湾岸戦争………… 610億ドル、 1%
・イラク戦争……月額40億〜50億ドル、1%以下

第2次世界大戦戦費、現在の貨幣価値に換算⇒アメリカの現在のGDP(国内総生産)は約20.94兆ドル(2020年)。その132%といえば「27.64兆ドル」⇒日本円3178兆円(1ドル=115円)⇒たった3年と8か月で消費している。

アメリカは戦勝国であり、1941年の途中から参戦⇒敗戦国は超過酷。

アフガン戦争のコストは2001年9月11日からの20年間で、2兆2600億ドル(約247兆円)
イラク戦争は少なくとも3兆ドル(約305兆円)

太平洋戦争における大まかな戦費総額は、約7600億円(一般会計+特別会計)。あくまでも旧大蔵省が調べたものだけであり、アメリカの2880億ドルに対して少ない印象があるかもしれない。

当時の日本のGDP(当時はGNP、国民総生産)が「228億円」(1937年)⇒GDP比率は実に「33倍」=国家予算に対する比率は「280倍」

(太平洋戦争時の費用については当時の金額で1935億円、GDPの「8.5倍」という説も存在)

現在の価格に直すとアメリカの戦費が日本円で3178兆円+日本の戦費が1京8150兆円=2京1328兆円⇒たった3年と8か月で無くした富である。

そして同胞350万人と外国人1500万人の命が無駄に消えた⇒けが人はその数百倍は居るのだろう、それでも日本人は真に反省などしない。そんな途方もないアホすぎる事を決断した人間を歴代首相が靖国神社で拝礼をして居る愚

まさに人類の歴史は殺し合いの歴史である。

日本の戦前を思う時にソ連との紛争で満州など手に入れても、そもそも満州など不毛の地であり何にもない、何にも取れないカス土地・・・こんなモノを守るために、ソ連との戦争や中国との戦争、そして太平洋戦争の日本の戦費が今のお金にして1京8150兆円もドブにすてた判断をキチンと検証して総括しなければまた同じ過ちを今度は中国とする可能性があり得る。

この莫大なお金を日本人の”真なる教育”(昔と今の教育では無い)に投じ日本人の価値を高めていたとしたらどれだけの莫大な富を生み出して居たか、想像すると途方もない間違いをした事に気付く

国民一人当たりの教育費として現在価値で2億4200万円/人・・と云う教育費がかける事が可能であった金額である。この金額は全国民一人当たりですから若者に限定すれば若者一人当たり7億円強の費用がかけられた。先生1人生徒1人のマンツーマン教育も十分可能である金額である。

今の今でも生産性の高い国は教育投資が十分行き届いて居る。こんな国を富ます簡単な方程式され日本の為政者は実行しない。まさにイディオクラシー民族日本人である。

威厳とは、馬鹿がバカたる、証明や・・・メンツ拘り、国を亡ぼす!

今の今、超借金衰退国家日本・・・その罪の重き4人の戦犯

1,●原●太郎・・首都移転を廃止⇒まもなく日本の首都は地震で崩壊
1,小●純一●・・日本人(若者)を資材部が扱うようにした張本人
1,●中平●・・・政商、上記頭の軽い人間を凋落して政商として君臨⇒派遣から生血を吸う吸血鬼に現在なっている。
1,安●晋●・・・MMTで日本を借金漬けの実験国として倫理を崩壊させた⇒今日本を核戦争が出来る国にしようと暗躍している。

貴方の人生を過酷な奈落の底に突き落とした4名である。

哀れなり、日本の民や、洗脳に・・・後先無しの、大応援か・・・80年前と同じ、今のロシアの民と同じ!!!

書籍⇒そしてメディアは日本を戦争に導いた・・・を是非熟読して下さいね!

リアリティーが重要なのですよ!!!リアリティーの無い愚民は確実に云う言葉が有る。

”そんな大げさな”・・”今迄何ともなかったのだからこれからも・・・”・・”政治家だってバカじゃないのだから・・”・・と確証バイアスに脳を洗脳されている。

歴史を俯瞰すれば・・・人間と云う生き物は定期的に殺し合いをして来た生き物・・それが人間と云う生き物のリアリティーあるファクト(本性)です。

貴方は貴方の家族にリアリティーを感じて日々行動をしていますか???レイアー的思考で未来を洞察できていますか???

原理原則・・・確実に・・・未来は見えている!!!

貴方は、貴方の未来が自分自身でクリアに見えて居ますか???・・・

良く学び、原理原則、当てはめて・・・イメージすれば、未来はクリア

2022年03月25日

時代のニーズが解らないトンチンカン日本人(大企業)

世界は全部繋がっちゃっているから一つのエリアで問題発生するとその問題は、池に大きな石を投げ込んだと同じように、その悪影響は同心円上に全て地球全体の国々の一人一人の生活にまで負を与えてしまう。

ロシアのウクライナ侵攻でバッテリー材料が高騰しBEVも各社値上げしている⇒食料も高騰⇒大きく時代を逆回転させたが・・停滞後、時代は確実に前に進む事は間違いない事である。

今の今日本の稼ぎ頭の自動車産業、燃え尽きる前の線香花火状態である。自動車からBEVへの流れは不可避であるが・・・世界の2021年のBEV総生産399万台(世界全体の販売台数は7797万1234台)BEVはまだ総生産の5.11%でしかない。

しかし、確実に5.11%の新芽(ビークル)がものすごい勢いで芽吹き始めた。しかもこの新芽の出ている国は非常に偏って居る。中国が全体の57.4%、欧州が22%、米国が12%、そして日本はたったの0.9%しかない。世界で一番早くBEVの変化に気付き生産を約13年前に始めたのにも関わらずこのテイタラクである。

今後のBEVの生産はCAGR(年平均成長率)26.8%で成長し、2030年には3475万6000台に達すると予測、その他にもEV世界市場、2030年には7倍の4792万台を予測 コロナ禍による減速のシナリオも(矢野経済予測)⇒これらの2つの研究機関は保守的な傾向の強い研究機関である。

現在日本の自動車メーカーの世界シェアは推定20%程度を確保しているが・・BEVが主流となる2030年度には現状のママの推移と推定すると.09%×7倍=6.3%程度と1/3程度まで激減する可能性があり得る。当然1台当たりの単価(現在1台平均380万円)も1/2程度までには激減するであろうから産業としての金額ベースの世界シェアは1/3×1/2=1/6程度まで下がる事が予測される。

現在のBEVのコストの1/2〜1/3が蓄電池コストと云われている⇒すでに中国等の電池先進国では電池コストを現在の1/2〜1/5程度まで低減する生産が始まって居る。その他の生産のモジュール化も爆速で進みつつある(70〜90個の部品を1個に集約等々)

この予測値を導き出す根拠は3つ

1,日本人は変化が大嫌い 2,日本のバッテリーの生産価格が現在中国の2倍強 3,下記ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)対応及び能力が世界最遅

ビークル産業に於いては車両設計および開発において機械学習、人工知能(AI)、クラウドコンピューティング、エッジコンピューティング、コンテナ化、ビッグデータといった非消費者テクノロジーが重要な役割を担っていく

このソフトウェア中心の技術の集約をソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)と呼ぶ。その本質は、車両が部品構成表(BOM)のハードウェアコンポーネントに依存することなく、むしろエクスペリエンスやパフォーマンス、機能は、ハードウェア上で実行されるがハードウェアと深く結びついていないソフトウェアによって主に定義されるという点

経済はその経済合理性を絶えず追及をしている、BEV等のハードウエアーの製造業はモジュール化を避けては通れない。モジュール化が進めば進むほどそのコストは下がり続ける。もうハードでは新たなる付加価値を加える事が出来ない程時代はハード的進化を終えている。

ソフトの価値が全てを決める時代!!!そのソフトの根源が・・・人間の思想や感性・・である。思想や価値観や感性の違う人との関わりは何れそのストレスが限界点を超えて紛争を引き起こす。

人が生きると云う事はどのような時代に進化しようがリスクは確実に存在する、むしろリスクは増大しているかも知れない。

リスクに対しての正しい唯一の付き合い方は・・・リスクの分散である、それは1にリスクの大小やリスクの時系列やリスクの地域性や、リスクの発生確率・・投資の世界に似ている。

長期分散継続(リスクヘッジ)・・・である。ソフトの根源が・・・人間の思想や感性・・である以上このソフト部分の差異により人間的社会的国家的距離感は大きく違って来なければならない。この人間の思想や感性を我欲により軽視して距離感を縮めるとストレスが増大しやがて殺し合う程憎む関係性に発展して来た・・人間の繰り返され続けた殺し合いの歴史が厳然と存在する。

まさに歴史は繰り返す・・である。地域格差社会や階層社会は必然として何時も生まれる。同質の価値観や感性とグルーピングする事が安心に繋がる⇒人間と云う生き物が持つ本性なのであろう!!!

環境破壊と云う人間生存に著しく不可を掛ける高ストレス社会が確実に来る!今迄貴方にお伝えした7つの経済的混乱、9つの大リスクの他に・・もう一つ戦争と云うリスクの芽が出始めた。

バカ(今の政治屋や大企業経営者)をリーダーにする民族や組織ほど・・・その被害は確実に大きくなる。

どの様な組織でもトップの哲学の出来不出来がその組織の運命を決めて来た歴史が厳然と存在をしている!ぼんぼんだらけの日本で、実務は忖度茶坊主で、ヨイショマスゴミではその衰退は不可避である。

浦島の、目が覚めにけり、現実の・・・ガラクタだらけ、虚勢の島か

2022年03月24日

低ハートレベル・・・それでも自画自賛

もはや・・日本を先進国と呼称する事は著しく不適当と言わざるを得ない。

昨日午後6時からのウクライナのゼレンスキー大統領の国会演説を聞いた⇒同時通訳のレベルの低さには驚いた!!!

そして最前列で日本の首相の横で聞いていた外務大臣の態度にはもう驚愕の驚きと恥ずかしさを感じた。

椅子にオオヘイニに座り、足は前に投げ出し足組し、顔はマスクの下で大あくびをしながら聞いていた⇒これが世界に配信されるのである⇒私はこの醜態を録画で撮ってある!

そして山ほど居る議員は時折居眠りをしているのやら・・とにかく場の緊張感や高揚感や真剣度が全く感じられない。ゼレンスキー大統領は命がけで国家の存亡や国民の何万と云う命の重みを背負って話しかけているにも関わらずである。

イギリスやアメリカの議会での演説映像とは・・・雲泥の差である。

まさにこれが日本人の正しい姿(低ハートレベル)なのだろう。

貧すれば鈍す・・・この25年でとんでもなく日本人は貧しくなった、この現実をごまかすために未来の子供たちから許しも無く莫大な借金をしてクソ我欲国民にバラまき続けている。

本来はこんなバカすぎる無能で我欲だけの政治屋を選び続けた国民本人(35〜80歳)が痛みを耐えながらシュリンクして行く道を自ら選択すべきなのである。未来の子供たちに付け回す((略奪)のは犯罪に等しい。

過酷な国で特に現在でも特にしわ寄せが行っているのが・・・働く女性・・である。世界で一番過酷な人生を本人が気付く事もなく・・何も考えずに・・ただ、ただ、生きているダケである。

英誌エコノミストは7日、先進国を中心とした29カ国を対象に、女性の働きやすさを指標化した2021年のランキングを発表。首位は2年連続でスウェーデン。上位4カ国を北欧諸国が占めた。

日本は下から2番目の28位、最下位は韓国で、両国は少なくとも16年から6年連続で同じ順位。

世界銀行は1日、190カ国・地域の経済的な権利を巡る最新の男女格差調査を公表。職業や育児、年金など8項目の評価の総合点で、女性の職業選択や賃金、起業に関する制約が低位の結果

日本は昨年の80位タイから103位タイに急降下。

その他にも総合的な世界経済フォーラムが毎年公表する「ジェンダーギャップ指数」によると日本のジェンダーギャップは先進国で最低レベルとなっている。 2021年は156カ国中120位。

この様な家庭の中心であるべき女性が超過酷であり思考する事が無い状態では幸せな人生など得られるハズも無い。それゆえに日本人の幸福度は世界の56位程度をさまよっている。これは男女平均の幸福度であるから・・・男性、女性と分けた場合・・男性が世界30位程度、女性が世界82位程度になるのだろう(推定)

世界には196ヶ国が存在していても・・民主主義でまともな国は25カ国程度である。経済的にも上位20ヶ国で全体の8割を占めている。圧倒的に多くの170ヶ国は混沌とした理不尽の横行する国家である。人間とはそういう生き物であることが人間の本質なのである。

だから知恵と勇気と学びが不可欠で・・・まともな国を維持する為に信賞必罰が必要条件となって居る⇒日本人はこの信賞必罰が全く出来ない民族でもある!⇒歴史が証明

歴史はウソを言わない、歴史に裏打ちされた結果としての数字もウソを言わない!!!日本では唯一の正しい事であり、この事以外は全部ごまかしのウソだらけ(9割以上)と思った方が正しい選択が出来る⇒世の中の常識通り生きたら地獄に落ちる。

今の今1000年サイクルで起きる極大地震の連鎖と云う大自然の猛威が起きている時代である、そして最低でも7つの災害が私たちを長期間(20〜30年間)確実に襲う!!!⇒日本人の9割以上は全く準備をしていない。

死ぬ程の超過大なストレスを抱えながら貴方は生きる宿命は不変である⇒確実に来る近未来

まずは・・まともな人生を送りたいと思うのなら・・・”住育”的な学びは不可欠である。弊社WEBセミナー4月9日(土曜日午前10時〜)の住育・・・の学びは夫婦そろって是非にも学んで欲しいし、学びを即実践して欲しいと熱望する。

知って居る事と出来る事は全く違う事である!!!!

哀れなり、虐待女性、気付く無し・・・イライラ抱え、孤独と共に

2022年03月23日

時遅し・・・成功体験の夢の呪縛⇒時代感の喪失

豊田商店の決算書を分析したら解った事がある。もううすうす推定をしていたが・・・リーマン後トヨタは屈辱の赤字となり、その後約6年間で下請けに対する原価低減を約30%有無を言わさず命令した結果、今のトヨタの高利益体質を獲得している。

豊田の内製率は約25%程度と豊田商店の社長自らが決算で報告している様に・・・75%は下請けなのである。下請けもリーマン後同様にとんでもなく苦難であえいでいる時に有無を言わさずの原価低減30%命令である。

某役員がマスゴミとの懇談の中で・・「豊田商店さんは乾いたぞうきんをさらに絞る!!!」・・・的な話を持ち掛けた時・・・役員は・・日本は湿度が高いので絞っても絞っても湿っちゃうのですから絞り続けるしか他に方法が無い!・・と答えたと某書籍で読んだことがあります。

そして大問題はここからなのですね・・・

★豊田商店には16社のグループ会社が存在⇒豊田商店をトップに君臨

その下にティア1と云う一次下請けが6380社

さらにティア2と云う二次下請けが3万5047社

さらにティア3と云う三次下請けからティア5,6,・・・という町工場まで入れて45万0000社

廻りをお友達茶坊主で固めた豊田商店の社長自らティア2以降は知る由もないと述べている。

このピラミッド階層の底辺の部分に思いを馳せる時・・原価低減30%の命令は階層ごとにピンハネされて続けて最下層ではとんでもない地獄で有る様な気がする。ピンハネされて下に行けば行くほど自動的に低減率は高くなります。(末端だと半額程度まで下げさせられている可能性有りかも?)

日本の産業の場合に特に多重構造のピンハネビジネスモデルがとても多いです。住宅業界も建設業界も自動車産業と同じように多重下請け構造となって居ます。末端はもう生きるのにやっとのその日暮らし・・・お客様の強引な値引きは全部、次から次へと下層の下請けに付け回し要求され続け・・・末端の精神を破壊します。生きる為に手抜き工事をやると云う選択を迫られるのです。多くのリコールや多くの不祥事がその事(現実)を推測させます。

最近では系列販売店での大規模不正車検の発覚
度重なる自動車生産計画の下方修正
重要サプライヤー日本製鉄の特許侵害訴訟
次世代を担うエース人材の流出ラッシュ
グループ企業による大規模排ガス不正(欧州のVWの排ガス不正⇒罰金2兆円+数兆円のリコール費用)それを知りながら同じ犯罪に手を染める⇒染めざるを得ない上からの命令・・・等々

実際の現場で一つ一つ汗水流す人を考えて大切にしなければ良いモノなど出来るハズも有りません。

会社経営で一つの顧客様からの受注が30%を超えると危険水域、一つの商品アイテムが50%を超えると危険水域と云われています。断る余裕が無いと自分が思うような経営が確実に出来なくなりもはやそれは自分が社長の会社では無い事と同じ事に成ります。

小さいながら弊社が不動産業(仲介・販売・買取・管理)もやり建設業もやり、住宅販売もやり、コンサルタント業などなどのノウハウ産業もやって居る事が弊社の自立性を確保させて頂いて居る事に成ります。そして重要な事は下請けは全くしていない・・・ゼロ・・・と云う事です。

弊社の仕事はResidential environment creator(住環境クリエーター)とOverall real estate business(総合不動産業)とCustomer problem solving enterprise(顧客問題解決企業)とResearch laboratory(総合研究所)です。そして弊社の一番の強みはソフトの部分です。

私は創業当時から自社の仕事を”アメーバー経営”と読んで居ました。京セラの稲盛氏も後にこのような呼び方をした事があります。

利口バカの大企業の連中は一番大事な事を理解できていない。国家も社会も組織も人間も生き物も健康で一番大事な事は・・・末梢神経と抹消血管の健康である。そしてプロバイオティクスがとても大事なのである。

注:プロバイオティクス⇒(probiotics)は共生を意味するプロバイオシス(probiosis;pro 共に、〜のために、biosis 生きる)を語源。英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義「腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」が重要。「十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物」(FAO/WHO)という定義も有り。

魂は末端に宿るのですね!!!

日本はあらゆるカテゴリーのあらゆる末端がボロボロに疲弊し崩れていく状態に有るのです。

豊田商店も3月5日発売の某雑誌の未来予測では現在の売り上げ約30兆円から10年後の2032頃には50兆円の売り上げ、利益5兆円なんて云う予測もありますが・・・??販売比率のBEVが1割と予測?・・・豊田商店のボンボンが2030年にはEV350万台販売発言からこの売り上げ予測を信じれば豊田商店の総販売台数は3500万台と云う予測になります。10年後にガソリン9割は、それは不可能

そんな事が現実としてなったとしたら環境時代に反逆したとして豊田商店は自動車業界のプーチンになっちゃいます。

私はこの予測は名古屋本社の東海東京調査センターは、東海東京フィナンシャル・グループの総合調査研究機関、豊田さま様ヨイショ調査機関の予測であり・・信じる事は出来ません。

私はこれからはビークル時代となり競争相手は山ほど増え、ビークルの稼働率は上がり(最大3倍)、そして1台当たりのコストは1/2〜1/3程度まで下がる事は確実視されていると思います。時代遅れの日本車の場合の販売先の低開発国さえ・・・自国でビークル産業を興す時代がもう来ているのです⇒販売先が無くなる。

ビークル作りが超簡単に出来るディスラプションがすでに起きています。中国では50万円のBEVがバカ売れ・・そして普通車のビークルも100万円程度で販売されます。日本製のBEVは日本以外の国のBEVに比して性能がド悪く、コストがド高い!!!故に殆ど売れていない(他国のメーカーの1/10〜1/30程度のテイタラク)スマホと同じく日本はビークル産業ガラパゴス国家と成り下がりました。

日本の頼みの豊田商店の全個体電池も・・・耐久性とコスト問題で袋小路、2025年頃の実用化がどうやら10年ほど遅れる見込みとの報道もあり、その間に新しい激安ナトリューム電池が開発されちゃいそうですね・・・

現在3周遅れ⇒近々5周遅れ・・・それほど遅れた状態で復活する確率は???

もう人が動くと云う事が最小化される時代へ向かっている現実を理解できないとダメなのです。すでに私の自動車(ビークル)での移動はこの5年で1/10以下迄激減した事を見れば当然の事です⇒それでも私の生活は全く困る事など皆無なのですね!

今の今はプーちゃんの愚かな戦争で世の中大混乱で物価が高騰していてBEVも値上がり高騰していますが、何れこの混乱も終息すれば・・・自動車用の蓄電池の世界マーケットも現在の4兆円程度から2035年には8.5倍の34兆円規模にまで伸びるとの予測もありますし・・・単価は1/3程度の1Kwh当たり5000〜6000ドル程度にまで確実に下がりますから規模は25.5倍に伸びると云う事です。

現在の豊田商店の1台当たりの平均価格は378.4万円/台ですが・・BEV時代になればこの1台当たりの単価は1/2〜1/3程度まで下がる可能性さえあり得ます。なぜか?ビークルはMaaSを始めとしてインフラ化して行きます。汎用ビークルは確実にモジュール化をして行き経済合理性から価格は確実に低下して行く事は必然です(誰でも出来る組み立てパソコン化)。

もちろん、ごく一部の勝ち組が・・・陸のクルーザー的な移動手段として使うかも知れませんがそれはごくごく一部、そしてeVTOLの時代が確実に来ます。これもMaaSの中に組み込まれて行きますから個人所有なんてほんのほんの1部とならざるを得ません。

これからの時代の富を生む産業は・・・

ヘルス産業・・・そして上医産業(人を病気にしない産業)である。人々を健康に生きさせる為のIOT活用の総合的調査やデーター収集などを通してアドバイザリーが出来る産業である。

そしてエンタメやワクワクドキドキを提供するWDMaaS産業⇒時間の価値を高める産業でもある。

もう製造業の時代は終わった・・・製造業なんてAIとロボットのする仕事である。人のする仕事ではない!!!

ぼんぼんの、会社ごっこの、成れの果て・・・後の息子に、レール敷く也・・・企業は私物

ボンボンは0.17%の株保有率、親族全部合わせても持ち株比率2%程度で・・社員37万人、40兆円企業を私物化出来、関連企業16社を支配出来ると云う日本と云う国の異様さ

まさに自分を部下に”オヤジ”と呼称(本田宗一郎氏のマネ?)させ1番のヨイショ部下を番頭と呼び、腰ぎんちゃくも自分自身を番頭(下請けよりのいきなり副社長転入⇒お友達人事)と公的な場所で涙ながらに自己主張する異様さ

しかし、日本の場合なぜか?創業家が引退すると大会社が官僚組織に成り下がり現状維持が経営者目的となり衰退する現実(ホンダ、ソニー、パナソニック)もある、これもまた世界の非常識、日本と云う国の異様さ

本田宗一郎氏と決定的な違い・・・企業は公器・・・

利他心の、発露の末の、情熱が・・・企業は公器、成らしむる也

2022年03月22日

”ぼんぼん族”+忖度族が日本と云う国を亡ぼす

日本は戦争中を除いて150年以上続いた製造業立国、しかし世界の産業の中心は製造業ではすでに無くなった・・日本は製造業でさえ世界に比して時代遅れとなり世界に売るモノがドンドン開発出来なくなった。貿易赤字国になり今後もその赤字幅は拡大し続ける様相である。

個人の研究者の着眼点は良いのだが・・・開発者は孤軍奮闘でその着眼点を諸外国にマネされて実用化までの競争力が無い現実がある。データー・ソフトウエアー・知的財産・ノウハウ等の無形資産投資⇒人的投資は先進国の中でとても低位でその伸び率もとても低い、そしてその無形資資産投資の中でも競争力を高める様な投資は世界最低レベルで有り、過去27年間でほぼ最低変化無しのGDP比2%程度である。世界の無形資産投資は先進国平均日本の3.5倍のGDP比7.0%前後である。年々その差は開くばかりである。

日本人は製造業にしか視点が行かない国民性なのかも知れない。製造業に拘ったとしても下記の様な技術革新の芽を育てる事がとてもへたくそである。

世のなかを劇的に変化、進化させる2つの技術への研究・・・下記の2つのニュース

★1,岡山大寺西准教授らは、市販のコイン型リチウムイオン電池(直径2センチ)の正極に、立方体(1辺20〜30ナノメートル)にしたチタン酸バリウムを600度で焼き付けるなどして付着。3・3〜4・5ボルトの電圧をかけて充電したところ、容量の8割の充電時間が12分から3分に短縮。

☆今の今、最高の充電性能のEV(韓国製)は18分の充電で400`の走行距離分が充電可能である。上記の技術が実用化されれば・・BEVの充電は5分(最短ガソリン補給と同じ時間)で444`分の充電が可能になる。

★2,スマートフォンなどの半導体の消費電力を100分の1に⇒「磁気記録式メモリー(MRAM)」。半導体の次世代技術の本命だ。MRAM研究をリードする東北大学の遠藤哲郎教授は、普及に「20年の計」。

MRAMは電子が持つ磁石の性質(スピン)を利用⇒人工知能(AI)用のチップに採用され、消費電力を2000分の1にできたケースもあり。

MRAMの研究開発は東北大の大野英男総長や遠藤氏が先頭⇒2008年ごろに実用化への研究を始め、12年に企業との連携拠点を開設し、遠藤氏がセンター長を務める。18年には同大発スタートアップのパワースピン(仙台市)を創業。

「スマホやサーバーでMRAMが使われるのは2030年ごろ」遠藤氏予測は下記の技術進歩の年月より推定されている。

1987年「ハードディスクドライブ(HDD)からNAND型フラッシュメモリー置き換え⇒20年後(2007年)。

NAND型フラッシュメモリーの3次元化⇒2000年ごろに記憶素子を積み重ねる研究を発表、当時は「「学者のお遊び」⇒2020年たった今、中心的技術

☆超省エネ半導体が実用化されれれば・・・地球環境の温暖化問題にも多大な貢献が出来るし、あらゆるモノの省エネ化が実用化される。まさに白熱灯からLED電球に変わった以上の大変革が起きる。BEVの満充電当たりの走行距離も軽く1500`程度まで伸びる事が可能となる。又はBEVの価格の激烈低下が実現する。

上記の二つの技術が普及すれば2030年頃にはeVTOL(空飛ぶタクシー)の実用化も爆速で伸びる可能性があり得る。

しかし、変化(進化)の大嫌いな日本人では世界の先進国に後れを取る事になるのだろう。まさに日本の負けパターン⇒新芽を育てきれない⇒儲けるビジネスまで行かない過去の失敗と同じようになるのだろう。

もうハード(製造業)の時代はとっくに終焉を迎えているのに・・・製造業に拘り続ける愚

世界の労働生産性の高い国々は無形資産投資が爆速で増え続けている、そして世界から超優秀な人間が集まる様な仕掛けづくりを進めて居る。

片や日本は資源が全く無い、そして世界との相対的国力が下がり続けているから(30年で1/4まで下がった)あらゆる輸入品で買い負けていて、日本に輸入する素材等々の資源は1級品は買えない、そこで3級品やジャンク品を買って、それを元に製造をしているので・・・今の日本製品はその根本的品質がとても悪い⇒機械ものなど昔と比べてよく壊れる⇒3級品の半導体を使用

東南アジアの部品下請けもクオリティーを高めた条件を付けると日本の希望するコストを大幅に上回ってしまうので・・・クオリティーの低い条件で発注をするしか方法が無くなる。

一番判りやすい例としては・・・日本の輪ゴムは良く切れる・・ゴムの質が悪化

国内の部品下請けでも言われも無い何の根拠も示されない一方的なコスト低減命令で・・・生きる為に手抜きをしているのが現状である(関係者よりの直接の談である)

30年前は日本の製品は高品質でコスパ最高で売れた!しかし、今はただ、ただ、安いから売れているだけである。日本の製造業は世界の100円ショップと化してしまった。

日本の世界に於ける総合的地位はあらゆるモノを総合すると世界30位前後である。この現実を日本人そのものがマズは認めなければアップデートは不可能である。否・・を認め総括し反省し信賞必罰をキチンと機能させる事である。

日本は苦しい・・・それをごまかす為に・・中国依存を高めている、とても危険な行為である。

中国は日本を敵対国と確実に認定をしている、ロシアと同じ権威主義の独裁国家中国に依存する事がどういう事か???普通ならアホでも解る⇒しかし、日本人には判らない。

今のウクライナは近未来の日本かも知れない・・・ふー

その時衰退に次ぐ衰退をしている日本に価値が無くなって居たらアメリカが同盟を維持しているか?なんて解らない。国益が無ければ同盟など直ぐに破棄される。

日本はあらゆる組織のリーダーが・・・”ぼんぼん族”・・・で占められている。ガンの幹細胞であるボンボン族が日本を亡ぼす

階級社会の頂点にボンボン族が君臨する国なんて世界に日本しか無い!

信賞必罰不全の国・・・新陳代謝不全の国・・・老化細胞だらけの衰退国・・・循環不全の国・・・原理原則無視の国・・・ふー

張りぼての、中身スカスカ、虚勢張り・・・先進国の、呼称空しく

2022年03月21日

総論賛成各論反対⇒先送りに次ぐ先送り⇒衰退をごまかす借金

地球温暖化は避けては通れない人類に対する危機で有ることは間違いない事です。日本でも今後この温暖化対策で社会は激変する事になるでしょう。

人間の経済活動と温暖化ガスCo2排出量は確実に反比例の関係に有ることは間違いないファクトです。例えばガソリン車からBEVに変化させると世界は大号令です。

しかし、まだ、まだ使えるガソリン車を廃棄するにもCo2を山ほど出しますし、新たにBEVを製造するにもCo2を山ほど出します。

一番Co2を削減できるのは・・・今の今のガソリン車になるべく乗らない様に1/10程度まで活用を下げると云う事です⇒すでに我が家は平均の1/20程度まで下げる事が実現できています⇒そして1生その車を最低限の使い方で直し直し使い続ける事です。

決めるだけで簡単に出来る事です。しかし、世の多くの人はこんな簡単で超有効な温暖化対策をしません。それは経済が回らなくなるからです。

言っている事とやって居る事が大きく違うと云う不思議な事は人間社会では多発している事です。総論賛成各論反対・・・は日本では特に日常的にあらゆる場面で起きている事です。

今の今でも地球温暖化の影響で地球上の24億人が食料難で困窮して居ます、約9000万人が移住を余技無くされています。人間の根源的な欲求が満たされない食えない人は、まさに1/3人です。

温暖化放置によりグリーンランドと南極の氷床は温暖化による深刻な消滅影響、氷床の溶解の最悪のシナリオだと米国の沿岸部は現在の予測よりもさらに0.5〜1.5mの上昇、つまり2100年までに計1.1〜2.1mも海面上昇するかもしれないとの予測も存在する。

今後日本も過去30年と同様に日本のポジションも加速度を付けて下がり続けるでしょうから何れ自給率のド低い食料やエネルギーを諸外国と比して買い負ける時代が確実に来ます。

日本の2020年の時間当たり労働生産性は年々そのランキングは落ち続けOECD38ヶ国中23位であり、先端国の約40%程度しかなく先進国と言われてる国の60〜70%程度しか有りません。

それでも日本人の誰も問題視にもして居ませんし、マスゴミも全く無風です。日本は人口だけは現在の所それなりに多く、最新世界人口ランキング( 日本は前年比40万人減、高齢化がより顕著に)「世界人口白書2021」によると、世界の総人口は78億7500万人で、日本は前年と変わらず11位

日本は毎年、毎年、豊橋市が突如無人になる様な人口減少であり、数年後には浜松市が1年で突如無人になるような激烈な人口減少の加速度が止まる事は有りません、延々と続くのです。

それでもそれなりに人口が有りますから過去数年はGDPは540兆円(今年は約1割の円安実質は低下?)と世界3位と云われてはいますが実質は先進40カ国・地域では、2021年の1人当たりGDP(市場為替レートによるドル表示)において、日本は4万0704ドルで、世界第24位だ。 世界第1位のルクセンブルク(13万1301ドル)に比べると、3分の1以下、アメリカ(6万9375ドル)の58.7%、アジア第1位シンガポール(6万6263ドル)の61.4%でしかない。ドイツ(5万0787ドル)、イギリス(4万6200ドル)に比べても低い

世界経済における日本の凋落、世界のGDPに占める日本の割合の推移をみると、

1980年に・ 9.8%
1995年には17.6%
2010年には 8.5%・・・30年前以下にまで下がってしまった!さらに下がり続ける事は不可避
2020年には 5.3%・・・この10%程度の円安により現在は4.8%程度と推定

今後の予測は人口減少と産業の空洞化により、2040年には3.8%、2060年には3.2%まで低下する

日本の凋落と比較して東南アジアでは爆増である。今年ユニコーン(時価総額1150億円以上の未上場企業)が倍増して去年1年で25社が出来て合計46社となったとの事です。日本はたったの11社、そして世界では2022年中に1000社を超えると予測されています。

ユニコーンとは簡単に言えば産業の新芽である。凋落したと言えども世界の5.3%の経済を担う日本にユニコーン比率はその1/5程度の1%(11/1000)程度しか芽生えていない。このファクトを見れば上記の2040年、2060年の予測値はかなりの正確性が有りそうだと理解できる。

なんでこんな事に日本は成るのか・・・その99.9%の原因は・・以前WEBセミナーで紹介した書籍、「国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶」、加谷珪一著・性悪ニッポン、いつまで続ける・・・の中に克明に描かれている。

もうこの日本人の性悪度は直そうとしても無理である、つまり、日本社会は分断は不可避、分断されたどの層で貴方と家族は生きるのかを決める必要がある。下記が一般的な区分割合である。しかし、日本の場合は特殊社会、特殊民族で有るが故にこの標準分布は大きくイビツになっている。下記の様に大きく下振れをしている⇒この下振れ幅は年々増加する事は不可避である。

イノベーター・・・・・2.5%⇒⇒⇒1.0%
アーリーアダプター・・3.5%⇒⇒⇒3.0%
アーリーマジョリティ・34% ⇒⇒⇒15.0%
レイトマジョリティ・・34% ⇒⇒⇒51.0%
ラガード・・・・・・ 16.5%⇒⇒⇒30.0%

上記の分布の信ぴょう性は日本は現在トップ4%の人が所得税全体の50%程度を納める国になって居る。さらにこの下振れ比率は今後確実に増大する。ラガードが権利権利と主張する国、それが日本である。

日本の過去50年の産業を見てもイノベーターは確実に存在し、新しい価値をこの世に生み出す、しかし、しかし、最初だけちょこっと出て・・後は利口バカ(学歴だけ高い管理職や雇われ社長)が全く応援しない、イノベーションのジレンマに陥り足を引っ張りまくる。

※注:書籍「イノベーションのジレンマ」には、「イノベーション」は「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」の2つに分ける事ができ、大企業はステークホルダーに利益還元する義務を負う中で、経済合理性の高い「持続的イノベーション」を選択してしまいがちな傾向にある「持続的イノベーション」を続けていると、ある時点でプロダクトやサービスが顧客のニーズを超え、オーバースペック⇒価格高騰⇒市場から見放される。

そうこうしている間に、新興企業による「破壊的イノベーション」が巻き起こされ、それが新たな価値として市場に受け入れられる事によって大企業の提供価値が毀損してしまう状況となる、という説明

日本のあまたある大企業の衰退は全てこの全く同じ”負の方程式”を利口バカが加速させた結果として起きている⇒気付いても直さない不思議な感性を持つ日本人の存在が在る。

私も超大企業のトップ管理職に不動産を売買した経験から感じた事は・・・コイツ?賢くない!・・である(万が一このブログ見てたら許してね・・本音だからしょうがない⇒お互いにもう付き合いたくないかも?)なぜか?私は何人たりとも忖度はしない性分!!!

このような超衰退イビツな国、日本を地球温暖化が襲うのである、先のWEBセミナー防災で学んだ多重苦が貴方と貴方の家族を近々(どんなに遅くとも10〜15年?以内・早ければ今の今)、襲うのである。

生き延びる為にも弊社WEBセミナー3月12日防災に是非ともご参加ください。真実を学ぶ事の苦は自ら取りに行きタイムリーに自己消化して生きて行かないと生きられない国日本に私たちは暮らしています。

9割以上がイディオクラシー民族、衰退に次ぐ衰退そして崩壊、日本人の当然の帰結!!!性悪日本人が自ら選んだ結末である。

都合が悪く成れば統計データーの改ざんなんて平気でやっちゃう日本国家、それでも殆ど問題視しない圧倒的多くの日本人、真実嫌いの日本人!そう貴方の事ですよ!真実とは不快で苦しく気分が悪いモノなのですね・・この感情を抱くのは世界広しと云えど日本人ダケです。

原理原則違反は・・・その存在すら許されない!・・・まさに原理原則です。

滅びゆく、見て見ぬふりの、他人事・・・アレ気付きたる、他人は我が身

2022年03月20日

うそだらけの日本のデーター・・・

超過死亡とは、一定時期の実際の全死者数について、例年の同時期に比べどれだけ想定以上に亡くなったかを示す指標。

感染症以外による死亡もすべて含むが、大災害が起きない限りは、感染症流行(エピデミック〜パンデミック)以外の死因で数字が大きく変動することはまずない

驚愕の推計データが3月10日、5大医学誌の1つ『The Lancet』に発表。日本の新型コロナによる死者数は、実際には10万人超の可能性、論文によれば、世界では2年間にパンデミックで失われた命は1800万人近くに上る。各国の公式発表を合算した死者数は世界で590万人とされているが、実際にはその3倍の可能性がある

日本政府発表ではこの2年間の新型コロナ死者数は、約1万8400人となっている。だが論文では、超過死亡はおよそ「11万1000人」(10万3000人〜11万6000人)との推計が示された。差は実に6倍だ(なお、厚生労働科学研究班による推計では、2020年1月から2021年11月までの超過死亡は「1万1955〜7万6215人」)。

世界平均では統計の3倍の死者(超過死)日本では統計の6倍の超過死・・以下に日本のコロナ対策がデタラメか?良くわかるデーターである。

(3月19日 17時時点)世界の感染者: 468,134,463人 死者: 6,070,849人(1.2968%)コロナ患者77人に1人が死亡すると云うデーターである。

つまり潜在的な世界の感染者数を推計すれば4億68,13万4,463人×3倍=13億9240万3389人の感染者の存在⇒しかもこの数値は今後も伸び続ける。2021年の世界人口:78憶7500万人ですから全人口の5.94%がコロナ罹患(実際は3倍の17.83%⇒5.67人に1人がコロナ罹患)

日本の累計感染者数は3月19日現在6,00万3,483人・・・超過死から真の感染者を推計すれば6,003,483×6倍=36,020,898人(日本人の4人に1人以上はすでに感染している事になる)

日本でも第一波の1日当たりの感染者のピークは約8000人、第二波も同様に約8000人、第三波は約27000人、第4波は約10万3000人・・・そして現在は4万9,955人⇒そしてコロナの規制は全面解除、第一波の6倍強の患者数でも問題無し???

コロナ慣れと・・経済優先・・・今後もコロナの変異と共に増大は続くのでしょう。そしてインフルエンザいと同じ第5類に分類されれば・・毎年永遠にコロナと共に生きる事になりそうですね・・・

どこまで行ったら真の意味でコロナ禍が終息するか先が見えない!!!

問題は・・・約2割前後の感染者に6か月から最大2年以上続くと云われる後遺症⇒インフルエンザと今回のコロナの大きな違いがこの年齢に関係のない後遺症問題

一般的に集団免疫が出来るのが全国民の7割程度の短期感染と云われているが・コロナの感染者すら2度、3度と罹患する現実を見た時・だらだら時間をかけて今の様に次々に変異型のコロナウイルスの発生を許すような事をしていれば集団免疫を獲得する社会は来ないかも知れない。

毎年のコロナウイルスの変異に対応できるワクチンをそれこそ毎年打ちながら生活する事に成るのかも知れない。

ただでさえスキルのチープなパープリンの日本人がコロナ禍の後遺症でさらに長期間能力が激減すれば世界の競争からもさらに負け続ける事になるのだろう。コロナ罹患者は確実にリスクリテラシーの低いパープリンの感染者割合が絶対的に多い(もちろん少ないけど例外もある)と云う事は確実な事である。

コロナ禍は、終わる事無し、長々と・・・生きるスキルの、獲得必須

プー太郎と晋太郎はお友達⇒相似の魂

長い歴史の中での100%間違いない教訓が有る、それはリーダー(為政者)がバカだと国は乱れ国民は殺し合いド貧困になると云う歴史上不変、普遍、の事実である。

勝ち誇り独裁を敷く事が出来た帝王プーちゃんは我が名をロシアの歴史に残そうと自分の名誉欲から大ソ連復活を画策し、原理原則違反をしてしまった。

日本もプーちゃんの事を笑っている場合では無い、ロシア(権威主義からの戦争)とは違う形で同様に国家が崩壊しつつある現実を日本人の殆どが知らないし、80年前と同じようにバカ為政者を支持しまくって居る。

日本は過去30年、アホ為政者が自分自身を当選させるために問題の先送りに次ぐ先送りをし続けて来た・・アホ為政者の間違い政治より生まれた痛みをごまかすために未来の子供たちから何の許可も無く大借金をして・・・その金を痛みをごまかすモルヒネとしてジャブジャブに負け組国民に与えて来た。アホノミクスの少し前に誕生したアホ晋太郎内閣の10年に及ぶド間違いの経済政策、これで日本は重度のジャブ中になってしまった。

今や日本の実力は下がりに下がり中国に抜かれ、ポーランドにも抜かれ、いまや日本同等の国は、ペルー、パキスタン、レバノン、ベトナムなどといった国。そしてもっと恐ろしいのはこれらの国にも負け続け下落する事は確実な事である⇒シャブ中故の確実な未来である。

類は友を呼ぶのごとく・・・アホボンボンはプーちゃんと大の仲良しで有った事実が証明

時代に逆らい成功した人など歴史上存在しないのである。

商業主義優先で、とんでもない権威主義体制国家をなあなあでのさばらせてきたことが、このようなウクライナ危機を作らせたという反省が、世界的に広がっていく!地球を壊滅可能な核弾頭6000発の発射スイッチを半狂人が握って居る恐ろしさを・・貴方は感じているだろうか?

プーチンの孤立⇒自滅でロシアで権威主義体制が完全に否定され、親欧米の協調的な民主派政権が誕生し、NATOとロシアとの歴史的な和解が成立するとすれば、世界の中でも特に厄介な権威主義国家は中国と北朝鮮のみとなる。

アメリカと中国の対立が激化すれば・・・日本は板挟み

その世界で一番リスキーな国と商業主義第一優先で依存している日本の政治屋や大企業の犯した罪もまもなく顕在化し日本に苦難を呼び込む可能性が高い。

それは余力の全くなくなってしまった少子高齢化の衰退国家日本を直撃する。

わが庭には大輪のバラが咲いて居る。そしてそのバラが盛りを過ぎ、枯れゆくさまもとても美しいので毎日眺めている。日本が今の今やるべきことは・・・「美しく枯れゆく」・・選択をする事だと思う。

人間の物理的幸せってあくまで相対的なモノである。心で感じる幸せ感とはまったく違う作用を及ぼす・・・物理的にシュリンクしても幸せな人生は存在する。

私も若い頃よりマリンスポーツや釣りが趣味で・・・乗るボートも若い頃かが数えれば7回乗り換えて来た。一番最初の一番小さいボートの時が一番ワクワクドキドキ楽しかった記憶がよみがえる。大きくなるにつれて波には強くなり悪天候でも沖に出る事は出来るが・・その分心労は増えた。トータルの楽しさは一番最初のボートである。

まさに、相対的な価値観でモノでの幸せ感は決まる様に見えるが、心の幸せ度は自分がどれだけワクワクドキドキした時を過ごせたか!!!による。デートでも初デートの時が一番ワクワクドキドキするのと同じである。

原理原則・・・人が人として幸せに生きる為に不可欠な事(環境)

1,金銭的にゆとりのある事 2,時間的にゆとりの有る事 3,精神的にゆとりの有る事

この3つが不可欠な必要条件である、この必要条件の中にはモノの多さや豪華さは入っては居ない。

今の今から貧乏になっても問題なく生きられる生き方、価値観や生活スキルを見に付けるべきである。

まさに「足るを知る」・・・その時に一番価値を持つのが・・・快適な家・・経済的負荷のかからない3つのゆとりをもたらすマイホームである。もう我が家は在宅率は98%以上である。健康維持の為の木々の中のウォーキング等以外は外出などしない。自宅にもジムが存在している。

バカ為政者がマスゴミと結託しクズ国民を煽りまくり崩壊させた社会(まもなく確実に顕在化)トリアージは不可欠(トリアージに自動的に確実になる)どう生きるか!!正しい知恵が不可欠である。

ウンコ出す、健康体の、証なり・・・社会のウンコ、便秘爆発

信賞必罰⇒新陳代謝・・当たり前の事が行われない日本社会と日本人!!!

2022年03月19日

自給自足率を上げる事が生き延びる唯一の道

世界はたった20ヶ国でそのGDP全体の8割を生み出して居る・・・196ヶ国の内残り176ヶ国はおまけの様な存在である

しかし、レアーメタルなどの希少金属はそのオマケの国でその多くが産出されている!

日本はそのリーダー選びがとても苦手な国民性を持っている、まさにイディオクラシー民族と戦後の教育が原理原則違反をやってしまった。

事実をよく調べず、丹念でもない。いまや「価値ある情報」の99%は、英語で世界に流れている。残念ながら、日本語情報はほとんど役に立たないどころか、むしろ有害だ。したがって、自分で日常的に英語情報をチェックしていない人の話が論外なのは、言うまでもない。

格付け会社S&Pは3月3日、ロシアの格付けを「BBプラス」から「CCCマイナス」に引き下げた。さらに、S&Pは17日、ロシアの長期ソブリン格付けを「CCCマイナス」から「CC」に引き下げた。主要国の対ロシア制裁強化やロシア政府の資本規制でデフォルト(債務不履行)のリスクが高まったとし、既に投機的水準(ジャンク級)だった格付けをさらに引き下げた。

世界は民主主義国家と権威(覇権)主義国家に大きく2分される時代を迎えている、日本は本来は内需経済で日本の存立を考えなければならないのですが・・なぜか?昭和の高度成長社会の貿易立国的な思考を直そうとはしません。

豊田商店の社長が・・決算大会で・・豊田商店の一人勝ちを質問されたときに、1社ぐらい勝てなければ日本はどうなるんですか?と質問者に逆質問した。豊田商店のお陰で日本は経済的になんとか延命できている的な深層心理が垣間見れた⇒もっと豊田商店をリスペクトして感謝しても良いのでは?との願望が有りそうだ!!

しかし、全生産の7割は日本外であり、日本からの輸出は15%、国内が15%程度しか現実には無い。

日本の衰退の主原因は上記の思考のまま輸出産業を中心に世界から金を集める的な思考を延々と続けている事である。もうベクトルの方向性は90度もズレまくって居る。経済的な覇権を追求するのではなく・・・バランスの取れた内需型の幸せ国家へと本来は舵を切る必要がある。

自給率をなるべく高めて世界の動乱に影響されない様な国を目指さないと、少子高齢化の日本では未来が無い。豊田商店の製品でさえ3万点に及ぶ部品の主要部品の一つでも欠けたら全製品が生産出来ない!⇒あまりにもリスキーな企業運営である。

第4次産業革命末期の今の今・・・ディスラプションをディスラプションされる時代なのである。原理原則・・幸せの原点・・それは何か?を本来はリーダーは真剣に議論しなければならない

豊田商店の企業哲学は「幸せな世の中を造る」・・との事である。だったら自社製品で引き起こされる不幸の削減(事故に伴う死亡や障害削減)が第一優先順位のハズだが?そうはなっては居ない。世界ではこの自動車と云う製品が及ぼす不幸は山ほど存在する。

しかももっと恐ろしい事に同じ車種の安全なクルマを外国で3年も前から売り、日本では安全性の超低い型古の18年前設計の危険なクルマを売れているからと云う理由だけで売り続けている⇒危険性など気にしない日本人のバカに付け込み稼ぎまくって居る⇒新設計の安全性の高い車は当然高くなる、貧しい日本で売る為には利益率を下げる必要がある⇒これがイヤなのである。

生産現場でもカイゼン、カイゼンと連呼して・・・人を人として扱う事をしない!

市場の時代遅れのバッシングに耐えかねて2021年12月14日の豊田商店のEV戦略の発表会、16台の未発表モデルの公開、しかしその内11台は粘土製(クレイモデル)年度に塗装をしただけのギミック

しかも一番大事な事は・・・”充電インフラは自動車会社の仕事ではない!”・・・と断定するお粗末⇒EVを売らないのは時代遅れと云われる事が経営者としてプライドが傷つくから売るけど、顧客の使い易さや利便性なんて俺は知らん・・と云っている様なモノである。

日本は世界に先駆けて2004年慶応大学の清水教授がエリーカ号(最高速370`・加速はポルシェターボを上回る)を開発し日本の自動車メーカーすべてにEVの開発を呼び掛けた、唯一呼応したのは三菱自動車、2009年6月5日に軽四のアイミーブを正式発表⇒清水教授のエリーカ号とは真逆の自社開発で・・結果清水教授の提案は無視

清水教授が強く訴えかけたかったEVの最大利点は理解されなかった!

そして2010年のニッサンのリーフの発売・・・(未来性が微塵も感じられない愚鈍なデザイン)

弊社ももう15年以上前から住宅にはEV用の200V専用コンセントは標準仕様にしている。ショボすぎる超零細企業の弊社でも清水教授のエリーカ号から未来を的確に予測して実行をしている。

私は清水教授のエリーカ号を見たときにとてつもないインパクトと感動を感じた記憶を今でも思い出す。その時に感じた事は2020年頃には走る車の殆どがEVになっていると心底予測をした。しかし、先行者独り占め(EV界のマイクロソフト)が出来るハズだったのに・・・日本の利口バカのお馬鹿さんの愚行に次ぐ愚行

現在日本はガラパゴス状態、EVの充電規格のチャデモ規格というのは、2009年に日本で開発された世界初の、電気自動車用の急速充電規格⇒この時も世界に呼び掛けて世界と打ち合わせをして世界標準として決めたハズ!(日本だけがそう思い込んで居た)

今の今、日本が世界に先駆けて開発した電気自動車用の急速充電規格であるチャデモ規格を、世界中で今後採用しないという、いわゆるチャデモ外しの動きが本格化⇒充電規格のパイオニアであることに甘んじて、その後の改善を続けてこなかった、全ての日本メーカー勢の責任は重い

ここでも1990年から何度も何度も起き続けている日本の負けパターンの方程式通りに進んで居る。

原理原則・・・自己否定できない人間に進歩など無いのである。・・わが身の・・否・・を熟考して受け入れ反省し次なる第一歩を踏み出さない人間に進歩などあり得るはずが無い

昔、昔、パナソニックは松下電器・・と云う社名であった・・・いつのまにか世間ではマネシタ電気と揶揄されていた。豊田自動車もトヨタ自動車となり・・・真似田自動車と世界では呼ばれていた事を日本人の殆どが知らない。

別にまねる事は悪い事ではない・・まねたモノよりより良いモノを創れば世界は評価してくれる。しかし、ウソはイカン!!ウソは!!ハイブリッドカーなど環境車で有るはずが無い!!!走行時のCO2を製造時に付け替えているダケである。日本と云う環境ではハイブリッドカーなど環境最悪の商品である事は・・・電卓たたけるほどの脳みそが有れば即理解できる。

BEVも今までの所は環境車でも何でもない・・・しかし、バッテリーやモーターの開発余地の膨大な余力とグリーン電力(現在日本のグリーンエネルギー比率はたったの2%)の普及により環境車になれる可能性の有る唯一の存在で有ることも間違いない事である。

BEVの実用使いの最大のネック⇒充電時間(航続距離はガソリン車と同等以上)これはBEV先進国ではこの高性能充電インフラが爆速で普及をして行っている。性能や設置個所は日本の数倍以上も普及をしている。テスラなどは殆ど自前で高性能充電インフラを爆速で整備中!さらに電気さえ自社で超大型ソーラー発電で補填をしている。

延びている企業と衰退する企業・・・その差は・・・経営者の差以外にない。

そしてここからが本日のブログの本題

内需型に転換して貿易比率を下げて・・・その貿易相手国もリスク分散は不可欠である。日本の場合は胆略的に目の前の利益を最優先して進出先や貿易相手を選ぶ傾向が殆どである。権威主義国家中国の貿易比率を見ると・・・恐ろしい限りである。中国はロシアがウクライナにして居る事が日本にも簡単に出来る。

そんな事は無い!アメリカが守ってくれる!!!なんて勘違いした自分に都合が良い確証バイアスに汚染された低脳の日本人から聞こえてきそうです。アメリカが中国と何故に対峙しているか?それはただ1点、アメリカの国益を損じているからに他なりません。他に理由など無い!

少子高齢化の衰退国日本を守るか守らないか?で・・アメリカが未来の損得を考えた時!果たしてどういう結論を出すか???

そもそもその中国が日本を侵略する原因を創ったのは日本の中国依存(今なら日本は中国の言う事を聞かざるを得ないと思わせた事)が主原因である。アメリカのせいではない。

妻が私にウクライナ紛争を見て言った!「日本は日本の廻りを日本が大嫌いな国に囲まれている」中国、北朝鮮、ロシア、韓国・・・周りの国が全部日本が大嫌いな国である。

日本は、大正9年(1920)に創設された国際連盟の常任理事国でしたが、満州事変を契機に脱退することになります。昭和8年(1933)2月24日の国際連盟総会では、中国の統治権を承認し、日本軍の撤退を求める報告案に対して、賛成42、反対1(日本のみ)、棄権1という形で、各国の意思が示されました

81年前も日本は孤立して国際連盟の日本政府代表だった松岡洋右は脱退した・・日本を味方に思ってくれる国は皆無、ゼロであった!

今の今のデタラメ国のロシアでさえ国連総会の緊急特別会合で採択された、ロシアを非難決議案には欧米や日本など合わせて141か国が賛成、ロシアのほかベラルーシや北朝鮮など合わせて5か国が反対、中国やインドなど合わせて35か国は棄権

39ヶ国(全体の22%)もロシアにそれなりの理解を示す国が存在している事を軽んじてはなりません。

日本は外交すらマトモニ出来ないアンポンタン国家である。当然である、日本人は底意地が悪く日本国内ですら同胞にイジメを平気でする性悪日本人ばかりの国である。

現実を直視せずに・・やたら美化したがるごまかし民族・・それが日本人そのものの本性、負のDNA

私は誰でも彼でもお客様には絶対にしない!!!恐ろしくてそんな事は出来ない!しっかり吟味した上で慎重にも慎重にお客様を選ばさせて頂いて居る。なぜか???日本の何の後ろ盾も無い1円も預金の無い個人が起業して30年間生き残る確率は・日本の起業率が4.6%程度、30年後の起業生存率が0.02%ですから・全く後ろ盾が無ければ30年生き延びる企業は推定20〜30万人に1人しかいない。(平均では10万8695人に1人⇒起業人の殆どが大企業や資産家の御曹司・又は大学等の組織の支援を受ける大学ベンチャー)

その起業率の世界ブッチギリの低さと成功率の低さは・・・起業者は異端と見なされ日本人からイジメまくられるのである。特に顧客様を選ばないと顧客様により潰される⇒日本人の拝金主義により潰される!!!

ありがたい事に貴方様は私が吟味に吟味を重ね選ばさせて頂いたとても貴重な存在です。私に出会って頂けて私の話を聞いてくださって、本当にありがとうございます。この日本で被害を最小限にマトモニ生きるには唯一この方法しかない。

砂浜の、砂金一粒、ありがたき・・・目を凝らしつつ、歩み行く也

2022年03月18日

壊れた教育が壊れた人を作り壊れた組織(国家)となる

東北の地震は時間が経てばそれなりの被害が確認できている様です。補強したハズの新幹線の高架橋が座屈で崩れて居たり、長い長い給水の行列ができて居たり・・・何をしているのか?

そして今回の地震で地層の一番軟弱な所の上を新幹線も高速道路も設置されていたという愚の発見・・・

日本にはジャーナリズムが存在していませんから・・原理原則の基本のキ、信賞必罰が全く機能して居ません。

日本のマスゴミは大企業や為政者から莫大な広告宣伝費等々をもらい権力者のポチ・・ロシアを笑う事など出来ないのですね!

日経広告研究所は2019年度の「有力企業の広告宣伝費」広告宣伝費総額は6兆1275億円

有力企業の売上高に占める広告宣伝費の割合は2.66%、上場企業の過去10年間の純利益率の平均が約4%程度ですから・・・利益額対比65%と云う莫大な広告宣伝費となっています。広告宣伝費ランキングは、1位が4708億円トヨタ自動車で、5年連続トップ、2位はサントリーホールディングスで3858億円、3位はソニーで3594億円

トヨタグループ主要11社全体では推定50兆円程度の売り上げをしていると推定されるので宣伝広告費はトータルでは年間1兆円近い可能性もあり得ます。もちろん、役所的な役員が天下りする様なティア1、ティア2のトヨタ支配の下請けも有るでしょうから・・とんでもない影響力を日本の産業にもたらして居る事は間違いない事でしょう。

それにしてもディーラーなどの広告宣伝費まで入れると車1台当たりの広告費は推定20万円/1台程度も有るのかも?と恐ろしくなる。

しかし、この巨大な企業群が・・・たった2%程度の持ち株比率の創業者一族本家(社長の持ち株比率は0.17%)に支配されている現実を見る時・・・?????????がいっぱい湧いてきます。

末端下請けには乾いたぞうきんを絞り上げる様に・・・毎年4半期決算?や半期決算ごとに原価低減を有無を言わさずに強要して居るのに・・・役員は特別の社有の豪華接待施設でロマネコンティ(推定1本50万円〜750万円?)飲み放題?なんて事もやっているとか?やっていないとか???よからぬうわさもある様な、ない様な・・・私には真相は判りません。

広告業界も金の力で抑え込んでいるようですし新聞でさえこの莫大な広告費の前には忖度記事のオンパレードです。どうみたって正しい事を伝えては居ません⇒これだけは断言できる!

どう見ても世界的に競争力の無いEV新車(コスパ最悪)をヨイショしまくり記事として取り上げて有った事実がある。

愛知県はトヨタさま様、で私共でも豊田商店様には膨大な恩恵を受けて居ます。決して感謝すれども敵意など微塵も有りません、かつてと違い今は大企業病の侵されている感覚が強く心底心配するからの疑問なのですが・・・

どの様な組織も内部から腐敗が始まります・・まさにおごれる平家では有りませんが、超心配なのです。魚は頭から腐ると云われています、そしてその兆候は目の輝きに確実に現れます。飼い犬のマスゴミに対してヨイショが足らないと不満プンプンの下記のたとえ話。

ロバを連れながら、夫婦二人が一緒に歩いていると、こう言われます。

「ロバがいるのに乗らないのか?」と。

また、ご主人がロバに乗って、奥様が歩いていると、こう言われるそうです。

「威張った旦那だ」

奥様がロバに乗って、ご主人が歩いていると、こう言われるそうです。「あの旦那さんは奥さんに頭が上がらない」夫婦揃ってロバに乗っていると、こう言われるそうです。

「ロバがかわいそうだ」

豊田商店の決算の株主総会のビデオを見たが・・・お涙頂戴のお友達役員が情緒的な話を延々と述べている事にとても異様な感覚を覚えました。日本的な情緒的な精神論に終始して居るような気持ちよい美談ばかりが強調されていて・・・この会社本当に世界的な大企業???と感じてしまいました。

まさに×(かける)幾つの図体だけデカイダケの大企業だなぁ〜〜〜〜・・・深さや哲学が全く感じられないド田舎の町工場がやたらデカくなっただけの企業、まさに豊田商店・・・そのものでした。もっとキレッキレっの発表が無ければダメ

自社に関連する膨大な社員や日本の多くの人に適当なモノをド安くなるべく沢山作り金儲けさえすれば幸せになれる的なマインドにとても違和感を感じました。お金は必要条件だけど十分条件では無いのです。

GAFAMの創業者的な夢や希望やパッションはかけらも感じられませんでした。世の中をディスラプションして現在の人間社会、地球、大自然を救うようなドリームが大企業の経営者には無ければダメ!

泥臭いドンガメのお涙頂戴劇場ではこの世界の置かれている大問題(人類滅亡並み)のソリューションにはなり得ない。

ボンボンの場違い勘違いもそうだが・・・それ以上に何時の時代も日本の大企業マスゴミの程度の低さにはホトホト嫌になる!!!ただのハイエナ的なクズどもの集合体である。

まさに・・・そしてマスゴミは日本を大衰退に導いた・・・ 半藤一利, 保阪正康,著 の「そして、メディアは日本を戦争に導いた」・書籍・・・の内容そのものである。

クズメディア、ハイエナごとく、立ち回り・・・日本亡ぼす、ガンの塊


2022年03月17日

明日がドンドン・・薄く、希薄に、ぼんやりと・・・フェードアウト

東北福島沖で地震が有った・・震度6強、マグニチュード7.3・・それなりにデカイしかし、被害は殆ど無いようである。津波が無かったし、建物が先の地震で強化されているからである。

安全な都市計画と耐震性の有る建物・・・この2つをキチンとやれば被害は出ないと云う事である⇒解が解って居るのに全く行動しない日本人とは???不思議な生き物である。

大衰退し続ける日本社会で・・・第一優先でやるべき事をやらないと???どうなるか?

総務省『家計調査 家計収支編』(2021年)によると、世帯主である男性の平均月収は42万1,323円(世帯人員3.28人、世帯主年齢50.1歳)。手取り約32万円(勤労世帯の平均的な姿)他国と違い日本はここ30年殆ど収入の増加は有りません。

収入の内、消費志向:72.1%(2000年)/73.4%(2011年)/62.8%(2021年)

非消費支出は:88,343円(2000年)          /112,634円(2021年)(127.50%)

そして税や社会保障費等はこの20年で約3割程度も増加をしています。

GDPに占める個人消費が6割と云われていますが、社会保障や税の負担が増えて、消費がドンドン、ドンドン減り続けています⇒それしか他にやりようが無い。

私が何時も云う・・・原理原則・・・日本の衰退は原理原則通りの事が目の前で起きているダケの事です。

イディオクラシーで無思考で我欲だけが生きがいの日本人の当然の結果です。そしてそれはこの先もドンドン、ドンドン、下がり続けていく事でしょう。こんなに貧しくなっても国民負担率だけはこの50年で25%から44.3%と2割近くも増大しています。そして50年前は財政赤字を含む国民負担率も同じ25%程度でしたが、今の今は赤字を垂れ流し現在の財政赤字込の国民負担率は56.5%(31.5%増)となっています。

この56.5%には積もりに積もった大借金の元本返済は1円も含まれては居ません。借金元本を返済するつもりならさらに56.5%に元本返済分を上積みする必要があります。少子高齢化、産業空洞化間違いなしの日本ですから・・・未来の子供たちや日本のSDGsを考えるなら元本返済も今の世代が負担しなければなりません。

住宅ローンと同じように35年で返済する為には年間45兆円分の元本返済をしなければなりません。消費税にして約20%(現在の10%+財政赤字解消分10%+元本返済分20%合計40%消費税)分です。国民負担率に直せば・・約15〜20%増となります。つまり56.5%+15%=71.5%は最低負担が必要となります。もちろん、これは平均的な負担率ですから圧倒的に所得の低い負け組に負担させる事は・・・世界法⇒人道・・・が許しませんから・・

勝ち組の貴方がより多くを負担する事になります。つまり貴方の適正な国民負担率は56.5%+15%+15%(負け組分)=86.5%負担となります。

つまり、貴方の生活は手取り13.5%で生きて行けるようにならないとこの日本のSDGsは成立しないと云う事になります。 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)

もしも貴方が日本国の首相なら・・・どうこの不都合な真実、不都合すぎる現実・・を乗り切りますか???

答えは1つしか有りません、81年前に日本の首相がした決断と同じです。その答えは先送りしつづけて後は踏み倒して文句が出たら文句を云うヤツを侵略し殺す!

今の今のプーチキンちゃんと同じです。

その頃は逃げれる人や企業はとっとと日本を後にしていますから・・・残るはカスのみ!

借金は誰にしても借金です、確実に返済するか踏み倒すしか他に方法は有りません。日本人のバカに付け込み合法的踏み倒し作戦をアホノミクスの一味は画策しましたが・・上手く行っては居ません。

インフレ率2%で金利をゼロに抑える戦略ですと・・・36年先には借金は実質半額となり、72年後には1/4になる事を計画したのがアホノミクスなのですが・・・上手く行かずに借金だけ倍増させてしまいました。ふー

ここでも5000年前のタルムードの教え通りになって居ます。

「知者(IQ的利口バカ)が間違うと途方もない間違いをする!」・・・無謬性・・の罠にズッポリ1億2610万人は、はめられてしまいました。

ノーベル賞受賞学者だって後日間違って居た事が判明し、とんでもない大被害を出す事が現実に存在する。リーマンショックが証明してしまった。

解は何時でも存在する・・

日本の置かれたとんでもない未来への解は・・・1、日本人を卒業して地球人になる。2,自給自足晴耕雨読のポツンと1軒屋(知的ワールドの中に生きる)

私はそれなりに高齢ゆえに・・・2を解と決めて着々と行動を起こして居る。来るべきメタバースへの移行は私の為に起きて居るような時代変革なのかも知れないとワクワクドキドキしている。

歴史から学べば・・・来るべきあらゆるリスクの大問題や大被害の殆どは防ぐ事は可能である。

しかし、やらない日本人と云う先送り、ごまかしの天才の民族・・・あぁ〜〜〜悲しけり

世のなかは、大ウソまみれ、ごまかしの・・・知りつつ生きる、ゆでガエルかな

2022年03月16日

世界中が・・・確証バイアス汚染・・・行きつく先は戦争

今も昔も戦争は情報戦!!!ロシアの戦費は1日当たり2.3兆円とか・・経済制裁の損失が1日当たり7000〜1兆円にも及ぶとの試算もあります。

戦争1日当たり3兆円の損失にどこまで耐えられるか???今のロシアの経済規模は戦争前は約190兆円(日本の1/3程度)世界11位しかし、ルーブルの暴落で・・今やその価値は半減以下

石油と天然ガスと小麦等の食料しか産業の無いロシア・・・今の今その5割程度が止められてしまった。まだロシアは余力がありウクライナ侵攻に伴い、西側各国がロシアに科した経済制裁が十分な効果を発揮していない⇒故に戦争継続である。

ウクライナの支援でアメリカの宇宙や国境ギリギリをスパイ機が飛んでる。それでロシア軍の通信とか、あるいは動きなんかをそのままウクライナ軍に伝え戦術まで指令、ウクライナが頑張っているのはこの情報の存在

アメリカは武器の供給も行っているという報道もあった。それが「ジャベリン・ミサイル」という対戦車ミサイル。

狙って撃つんじゃなくて、とりあえず適当に撃つと戦車を認識し軌道を変えて当たるというミサイル。すごく恐ろしい対戦車砲。これを含めて1万7000の対戦車砲が、1週間以内にウクライナに輸送。アメリカどころか世界中の戦争放棄していない西側諸国(現在13ヶ国)からドンドン兵器が無料でウクライナに移送⇒その数数万

戦争は始める事はアホな為政者が居れば始められるが・・・継続する事と終わらせる事が超難しい、そして継続的武力行使は基本的に経済力と比例をする。

ウクライナとロシアではその保持戦力は圧倒的にロシアが有利、しかし、継続し戦闘が長引けば長引くほどロシアが不利になっていく!

核戦力以外の通常兵器は西側(アメリカサイド)が圧倒的に高性能だし、情報戦もアメリカが圧倒的に有利と云う事は・・・まさしく経済力の差(アメリカ単体でもロシアの13.3倍)応援西側諸国のGDPを加算すれば推定30倍程度迄差が付く。

ロシアに致命的な打撃を与えるには、欧州への天然ガス供給を止める必要があるが、これは3年のコロナ禍で痛んだ西側経済にとって致命的大打撃となるため、なかなか踏み切れない

経済制裁が効果を発揮するまでには時間がかかるというタイムラグの存在である。だが、それ以上に大きいのは、ロシアにとって最大のアキレス腱である石油と天然ガスの禁輸措置が実施されていないこと

独裁の強権を持って国民を非常事態と強制的に管理し、世界に向かってのロシアのデフォルトは開き直り国家運営を進めていく、それはエネルギーと食料の自給率の高さが可能にする。お金は国家主導の為替管理であり、ロシア経済は完全に国家統制下とし厳しい状況に追い込まれてはいるものの、石油と天然ガスの禁輸措置が実施されない限り、外貨は稼ぐ事が出来中国よりの最低限の輸入も可能となりギリギリで経済を回すことが出来ている。

日本が80年前にやっていた事・・そのモノである、日本はエネルギーも食料も自給率が極少であったのでたった3年と8か月で焼け野原となった。

軍部のクーデターや市民蜂起が起きない限りロシアのプーちゃんは保有する核兵器で世界を脅しながら独裁者として延命する事は可能と思われる。

まさに権威主義国家の独裁者のやり口である。ロシアより10倍、日本の3倍もデカくて強い中国もロシアと同じメカニズムで動いている国で有る。そして日本もアメリカも世界中がとてつもなくこの中国に依存をしている現実を思う時・・・シー・ジンピン氏が中国の3500年の歴史に名を刻むと云う名誉欲から台湾有事に発展した場合

今回のプーちゃんの暴挙とは比べ物にならないドエライ事が起きる!!!その時は世界第3次世界大戦は不可避となろう。まさに人類の終末時計最短100秒の今の証明になってしまうかも知れない。

その主犯は・・バラクオバマである。ことなかれ主義のこの男が世界秩序を安定から変動に変えてしまった。せっかくソ連の自壊で東西冷戦が終わったのだから・・その安定を維持する事は政治家のもっとも大切にすべきことである。しかし、彼の中には・・人類の安定と云う世界観は無かった様である。

中国人の恐ろしい所は・・・自己主張がとてつもなく激しい民族・・・である。裏金大好き、とにかく儲かれば法なんて糞くらへ・・・と云う価値観で国内で3500年争い続けて来た民族である。シー・ジンピン氏が中国をまとめる為には外部に敵を常に作り続けるこの手法で敵対国に対して絶えず攻撃をかけ続ける事より内乱を抑え続けて統治する!!!

シー・ジンピン氏は・・ロシアをデカイ北朝鮮として西側に圧力をかけ続ける一択しかない。ロシアの核兵器でアメリカを潰すぐらいの事は考えたとしても不自然ではない。

仲良く安定などと云う価値観は中国人には全く無い!!!とくに権威主義の独裁では当然の帰結である。

独裁者に取り国民の命など・・・自分の我欲を実現する為の消耗品以外の何物でも無い!!!

歴史が証明をしているエビデンスである。

何でも先送りすればするほど、先送り時間に乗数をかけてその被害は拡大し続けるのです。何にもしなかったバラクオバマの先送りの8年間が・・・今の人類滅亡の危機を招いています。

日本も借金しまくり借金ジャブジャブの先送りに次ぐ先送りのアホノミクスの8年間が日本の抜き差しならぬ大衰退を招いて居る現実をキチンと直視しないと・・・助かる人生も確実に助からない。アホノミクスの前でも日本はもう30年以上も先送りし続けている訳ですから・・

有事に買われて来た円、米国同時多発テロ、リーマンショック、東日本大震災、コロナ禍でも円は買われた、しかし今の今ロシアウクライナ戦争の有事に売られる円に・・・真逆の評価となって居る現実・・それは日本の経常収支が今後赤字の垂れ流しになるしか道が無いと世界が判断

先送りし続けた負が山盛りに積もった故の今の危機が限界点なのかも知れない!!!

そして世界中がコストプッシュインフレになる事は間違いない事ですね・・コロナ禍で痛み切った世界経済へプーちゃんの暴挙⇒インフレ加速⇒債権下落⇒金利高騰⇒スタフグレーション

MMTの崩壊

何時!!!限界が来て・・ポキッ・・と折れても不思議では有りませんよ!

恐ろしき、未来を今に、体現す・・・アホ国民の、自業自得か

教育の荒廃⇒日本の衰退⇒未来の・・・消滅

中国企業が製造業で爆速で世界をリードしつつある!方や日本の企業は真逆で爆速で衰退しつつある。その原因は・・人間(日本人)の劣化・・それしかない!つまり教育を始めとしての人間関係からの学びが恐ろしい勢いで劣化しつつある。

私も日々多くの若者と接して居て痛切に感じる事でもある。私とスムーズに意思疎通が出来てスムーズに学びのステップを上げる行動が出来る人は1/10程度である。特にハートレベル下位3割の人(年収や勤務先に関係なし)と接するともう自宅に帰ると疲労困憊する。酒でもあおらないとやって居られない程の苦痛と心労と虚脱感を感じる⇒これは事実である。

いき成り弊社に初めての来店の方は殆ど居ない!!!展示場やブランド工務店のモデルハウスでヨイショされ勘違いして確証バイアスにドハマった・・哀れ(勘違い)な状態で来店される。

キチンと自分自身を内観しキチンと判断する事が正しい前提条件に正しい立脚点に立つ基本のキ!

日本の若者の99%の実像は・・

1,「自分自身に満足している」若者の割合はとても少ない、日本は10.4%で米国の1/5以下⇒学びの希薄さや利他心の無さの証明⇒正しい教育や行動が取れていない証でもある。
2,仕事に対する自信、日本はインドより3割も低い
3,15〜〜34歳の自殺による死亡率、独仏の2倍以上
4,「自身の行動は自由」と考える18〜24歳は、フランスの1/7
5,「幸せ=お金」と考える日本人は英独より6割多い⇒「人はパンのみに生きるにあらず」さえ理解して居ない
6,米中と比べて「自分が損するならお前も損すべき」と考える傾向が強い⇒日本人だけの特徴⇒実験で証明済み
7,「コロナ感染は自業自得」と考える日本人は米国の10倍

等々、とにかく日本人のメンタリティーはド性悪である。詳しく知りたい人は下記の書籍を熟読されたし!

国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶! 加谷珪一著

そして特にヒドイ傾向が今の若者は全く学ばない事である、とにかく学びとは上から降って来るもの、してもらうモノと思い込んで居る!!!やってもらって当たり前!!!感謝の欠片も無い!

めんどくさい事大嫌い、見えないモノ(ソフト)は無料と信じ込んで居る!!!

お金についても・・・借金を自分の金と心底思い込んで居るドアホーばかりである。私が借りたのだから私のお金!!!!・・・アホーの極みである。借りたお金は100%間違いなく貸した人のお金である。こんな事すら教えないと解らないと云う・・もう痴呆レベルの確証バイアスである。

注:確証バイアス⇒自分がすでに持っている先入観(ネットや大手HMにスリスリされた勘違い知識)や仮説を肯定するため、自分にとって都合のよい情報ばかりを集める傾向性のこと

そして一番大事な事は・・・貴方の能力を正しく判断して貸し手(銀行)はお金を貴方に貸して居る訳では無いという事である。政府の政策(基準値数点のみの調査・年収・担保・勤務先)としての住宅ローンである!!!

たった3点のみの判断基準⇒貴方がローン破綻をしても銀行は基本損をしないシステムを構築済み⇒審査など適当で可⇒昭和の高度成長から借金維持状態の水平飛行時代はこれでも良かった。しかし、これからは急こう配の下り坂の日本である。

私は今のママの日本の低レベルの若者であれば・・・家を買ったと云う事で人生を苦渋の生き方を強要される人が1/2は居るような気がして寒気が走る。運が悪ければ南海トラフ地震や首都直下地震を誘発源としてリーマンショックの3倍以上の苦悩が日本の若者の人生を襲う恐れが高いと心底心配をしている。そしてその時は復活可能な期間として20〜30年間にさらなる苦難(地球温暖化・AI時代・メタバース等々の第4次産業革命・最悪第4次世界大戦)も住宅ローンの知識の無く借りた若者を襲う!

日本のリーダー層に日本国の繁栄の国家感なんてまるでなし、自分の一族さえ政治屋を家業として継続出来れば良いという考え方しかない⇒国民(支持者)はバカで有ればあるほど自分に都合が良い⇒これがズバリ今の所大成功

日本の若者は自分や自分の子供の未来をボロクソに棄損されてもなぜか?8割の若者がこの破壊した政治屋を支持をしているという・・誠に不思議な事が起きている事実を以てして証明されている。

イディオクラシーの恐ろしさである。

注:イディオクラシー、為政者や自分の上に立つ人は自分と同等又はそれ以下が徹底的に支配されずに安心出来るという惰民、愚民の心理⇒バカがバカを選び続ける国⇒それが日本の現実

礎は、皆皆我欲、シロアリの・・・食い散らかして、崩壊間近

2022年03月15日

トヨタは凄いと云うプロパガンダ⇒現実未来開拓能力は1/100以下

日本のマスゴミはロシアのマスゴミと同等の歪曲や曲解や誤報道が当たり前になりつつある。

恐ろしい事である。以下歪曲ヨイショ記事の事例

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/fc1f2d38560d204130f3b582a35ee3eaf5053027/

上記の明らかな意図的歪曲部分・・・そのた論理のすり替えも意図的に多様している。

************以下記事*******
(トヨタは)どれくらい凄いかというと、「ハイブリッドにばかり固執して電気自動車には力を入れておらず、BEV市場参入に遅れをとってカーボンニュートラルに消極的」などと言われていたトヨタが出してきたクルマの電費が、世界最高水準の電費性能を持つテスラモデル3の127wh/kmをいきなり上回ってくる、という話、ちなみに世界初の量産BEVである日産リーフの現行モデルの電費は155wh/km、最新のアリアは166wh/km、メルセデス・ベンツEQCは236wh/kmであることからも、125wh/kmの電費を誇るbZスモールクロスオーバーの凄さ、トヨタの技術力の高さがわかる。

 BEV専業のメーカーではなく、HVもPHEVも、FCEVもガソリン車もディーゼル車も全て開発しているトヨタが、いきなり世界最高水準の電費性能のBEVを発売しようとしている、1km走行するのに必要なエネルギー量がたった125wh。100wの電球を1.25時間つけておくのと同じだけの、ほんのわずかな電力で、クルマが1km走る。
***********************

この忖度飼い犬筆者がトヨタbZスモールクロスオーバー電費が良く他のメーカーより超高性能と主張しているのは明らかに間違いである。ボディーが遥かに小さく蓄電池が小さく軽ければ電費が良いなんて事は当たり前であり、車両重量やボディーサイズを加味して判断すれば実は真逆の事となる。こんなに小さくて軽い(推定)ならもっともっと電費が良くなるハズである⇒当然の事・・・現実は7年前に発売されたテスラモデル3より電費性能は2〜3割ほど性能が確実に劣る!そして走行距離や走行性能、乗車空間等々まで踏まえるとトータル性能は5割ほど劣る!

5割も劣るモノをスゴイスゴイと声高に叫ぶ、80年前も日本のマスゴミは戦争ぼろ負けなのに勝った、勝った!!!と大騒ぎをしていた事実と全く同じである。

豊田商店のBEVは中国のBYDのBEVの丸パクリである事は少し自動車業界の知識が有る人間ならすぐに判る⇒(記事を書いて居る自動車雑誌記者なら知らないハズは無い)

まさに今の今の日本でもロシアのウクライナ侵略に見られる真逆の曲解報道がなされている。

プーチン=ボンボン・・・的なヨイショ報道である。

ロシアの次にヤバイのは間違いなく日本人である(日本人は81年前にプーちゃんと全く同じロジックで全く同じ事をしている民族である)我が子を戦場に送るのにバンザイ、バンザイ、おめでとうと叫んでいた親の居た民族である。

恐ろしき、日本の民の、愚かさや・・・我が子を死地へ、バンザイ叫ぶ

2022年03月14日

お金と時間の正しい(価値在る)使い方が重要

お金は価値ある使い方をしてナンボの価値である。特に健康に対しての投資としての使い方はお金の価値を最大限高める使い方と思う。

しかし、日本人はお金の使い方を知って居る金持ち(財産家)がとても少ない、我欲に凝り固まり金の高だけで満足する様なジジイ、ババアが圧倒的に多い⇒故にお金が若い人の所まで廻って来ないのである。

アメリカの研究では2001年から2014年にさかのぼる10億件の社会保障や納税記録を分析した結果、裕福な人々と貧しい人々の健康格差が拡大していることが明らかになった。

収入上位1%のアメリカ人女性と、収入下位1%のアメリカ人女性の平均寿命の格差は10.1年と大幅に異なる。収入上位5%の女性は2001年以来、平均寿命が3年伸びているのに対し、収入下位5%の女性はわずか0.04年伸びただけにとどまっている。

また、ニューヨークやサンフランシスコのような裕福な都市に住む貧困層は、豊かではない地域に住む貧困層と比較した結果、平均寿命が長いことも判明!

今の日本は経済的に強いかどうか?と云う大規模アンケートを日本経済新聞が昨年末に行った、日本が経済的に弱いと思っている人が8割、経済的に強いと思っている人が2割と云う結果で有った。2018年にも同様の調査をしているが約2割(4対6⇒2対8)の人が強いから弱いに変化している。

現実は日本の場合先行き不安でただでさえ消費活動を控えていた人がアホノミクス依頼さらに不安が増加し、そしてコロナ禍で不安は極限を迎え貧しい人さえお金を使わない人が爆増しているという結果である。これは企業も家庭も全く同じ様に新規の消費活動や投資活動を全くしていない。

せめて健康投資だけはしてもらいたいと思うのだけど・・・そんな啓発行動は日本では皆無である。私はすでに20年位前から1泊2日の宿泊の人間ドッグ(費用20万円程度)に毎年通って居るのだけど・・あまりにも参加者が居なくなりこの宿泊人間ドッグは廃止となってしまった。しょうがないのでこの大規模病院の近くにホテルを取りプライベート宿泊ドッグにした。その他にも1日日帰りドッグにも毎年欠かさず参加をしている。

健康投資と云えばその他にも食材は超厳選して安全性の高い食材を選びに選び抜いて居る。当然食費等はそこらのスーパーの3割〜5割高になるが・・・健康投資と思えばそれほど高いとは思わない。

通常の一人当たりの食費は年間20〜30万円/年程度であるから・・・安全食材としての健康投資は、たったの15万円/年増にしかならない。しかも車には全く乗らないし不要な買い物は全くしないので・・・その分が相殺され殆どトータル出費としては増えていない感覚である。

日本人はヘルスリテラシーが超低いですから未だにタバコを吸う人が山ほど居ます。タバコの害は・・・喫煙をしたり受動喫煙にさらされていると、肺がん、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、乳がん、その他のガン、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息などの広範囲な健康障害が起こる。

タール・ニコチン、一酸化炭素、約60種類の発がん物質、約200種類の有害物質、約4700種の化学物質等々が含まれています。血管がボロボロになり血液がドロドロになり糖尿病や発がんは数倍に跳ね上がります。確実に寿命が10年程度は短くなります。タバコ1本に付き寿命が14.4分短くなる事はエビデンスとして証明されています。

確実にタバコを吸う人は、その存在そのものが大迷惑な存在です。自業自得で病気になったとしても本人が苦しむダケでしょうがないではすみません、莫大な医療費の7割は私たちの納めた健康保険額ですからそれを消耗するそして保険料が上がり続けると云う大迷惑です。

そして一番の大問題は受動喫煙(副流煙)です、年間この受動喫煙で全く吸わない人が15000人も死亡しています。タバコを吸う人に年間15000人の日本人が殺されています。

★タバコの有害物質         主流煙   副流煙(受動喫煙)
タール (ヤニ、発がん促進物質) 1 3.4倍
ニコチン (ゴキブリの殺虫剤の成分) 1 2.8倍
一酸化炭素(酸素の運搬機能を妨げる) 1 4.7倍
アンモニア(目を刺激する)    1 46.0倍
 厚生労働省 「最新たばこ情報」をもとに作成

勝ち組でタバコを吸う人は圧倒的に少ないと思います。それは勝ち組の人は真剣に学ぶ事は不可欠ですし、物事の優先順位もキチンと把握をしています。だから勝ち組になれているのです、人が生きる上での最優先順位は健康で有る事です。

本当の意味の勝ち組先進国ではデブとタバコ吸い(程度の低い人間)は全く相手にされて居ない事をキチンと認識すべきです。

そして現在の日本はもうコロナ禍だけではなく常時非常事態なのですね!!!⇒崖っぷち状態

日々の生活の出費と時間消費はトリアージは不可欠な状態です。それをした人間だけが未来に生きる価値を与えられると言っても過言では有りません。

何をトリアージし断捨離するか?原理原則的に考えてみる事がとても大事です。そして浮いたお金と時間を未来への投資にすべきです。まずは種銭と人間的価値を高めるべく・・・自己投資です。真に学ぶ事が第一優先順位にならない人はこの衰退国日本で生きていく資格は有りません。

ちなみに私は・・・断捨離・・・テレビ、プロスポーツ全部、オリンピック等々、健康維持以外の全ての無駄な外出、メール、携帯電話、ネットサーフィン、SNS、出勤、人付き合い8割削減、とにかくあらゆるモノを1/3以下にしました。

そして生み出した2/3を真なる学びへの時間としました。それくらいしてもこれからの日本と云う国では生きていくのがやっとのやっと・・・との思いが強くさらなる断捨離をしつつ有ります。

極限の、未来の姿、思う時・・・さらなる負荷に、わが身耐え行く

2022年03月13日

日本の政治屋は皆皆・・寝ぼけた顔をしている

今のウクライナは明日の日本かもね???、日本を守るためにアメリカは助けてくれるか??私がアメリカ大統領なら日本を守るために核戦争確実で有りアメリカの存亡をかけて世界大戦開始の号令は出さない⇒当然の合理的な判断である。

条約なんて基本口約束と同じで何時でも自由に破棄出来るモノ

2021年の世界全体の借金総額は303兆ドル(3京4845兆円)リーマンショックからドンドン増え続けている。内訳は

企業債務が89兆ドル
政府債務が88兆ドル
金融債務が70兆ドル
家系債務が57兆ドル

ジャブジャブの金余りで世界では新興国に借金が膨れ上がっている。

同様に日本の借金総額も2300兆円となっている。そして日本でも同様に本来なら借金出来ない人の所に超低金利故に審査が甘くなりジャブジャブに借金漬けとなっている。

ロシアのスパイ大統領が戦争を始めた故に・・・エネルギー価格は暴騰する事は間違いない様である。そして食料価格等々を含めてコストプッシュインフレ(悪性インフレ)が今の今起きている。

ジャブジャブ資金がインフレに伴ない先進国の金利を引き上げる様な事に成れば、当然、安全を考えて資金は新興国から先進国のより安全な国へ移動する。これはBBBからAAAに移動すると云う事では無く・・BBB⇒BB BB⇒B B⇒A A⇒AA AA⇒AAAと・・順繰りにより安全な所へ移動する事は当然の事である。格付けが低い程金利が高い=リスクが高い・・・日本の現在のポジションはA−である。ギリギリの崖っぷちである。

新興国等の格付けが低い国ほど金利の上昇率も高くなるのが普通の経済の常識である。しかし、世界の常識は日本の非常識であり、日本の常識は世界の非常識!!!!

日本はもう債務膨張がとてつもなく大きく・・・金融市場の動きに対応出来ない状態、余力が全く無い状態故に・・・強制的に日銀等が金利を抑え込んで居る。これには内在する歪みが貯まり続けている。1%金利アップで23兆円の負担増(消費税にして+11%相当)仮に3%になれば消費税にして+33%・・・日本の1年間の全税収と同じだけ金利負担が増える。

どれだけ借金しても問題無し!!!なんて事はあり得ない事である。今の日本の政策の柱MMTにしても自国内で借金証書(国債等)が買い続けられる事、ともう一つ物価が上がらない事(金利が上がらない事)が前提条件である。

このグローバル経済社会で日本一国だけ特別なルールが成立するなんて云う事はあり得ない事である。こんな簡単な事さえ理解できないアホー頭脳の日本のエリート層である。

原理原則を大事に考えれば日本の政治屋や大企業のやって居る事は明らかに間違いである。

一番大事なモノ・・それは食料とエネルギーと住居である。・・この3つとも日本はとんでもなくリスキーな国家を作り上げてしまった

1,食料自給率は農林水産省の発表によれば、2020年度(令和2年度)の日本の食料自給率は37%(カロリーベースによる試算)しかも自国生産分の飼料は自給率25%、農産物の化学肥料自給率0%(ほぼ100%近く輸入)農業生産の為の各種資材の輸入依存度はもちろんの事、農業生産も今はエネルギーを膨大い使う関係上トータルの日本の食料自給率は1.5%程度なんて試算も有る。

2,エネルギー・・日本のエネルギー自給率はたった11.8%、先進国の中でも極めて低く、エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っている状況⇒今回の様に戦争でも起きればアッと云う間に困ってしまう。

3,住居である、日本にまともな欧米レベルの品質的にも内容的にも、まともな住居はたったの5%程度しか今の今存在して居ない⇒この低品質の住居が日本人の健康や家族関係を著しく阻害をしている⇒過去30年余にも及ぶ大手ハウスメーカの罪、日本はかつて1億総中流社会と言われて居ました、その時の状態で今のハウスメーカーはそのまま何のカイゼンも無く継続しています。

30年前もハウスメーカーの家は家だけで平均3000万円程度、今は平均3500万円程度です。この500万円の増加は建設物価が20%程度高くなっている事が理由です。標準仕様のママでは内容そのものは30年前と殆ど同じです。一見、断熱性の高いハウスメーカーでもお客様の認知しない本来削ってはヤバイ部材や人件費コストを削って断熱性を高めているダケです。

これに欧米並みの断熱性や設備性や収納性(欧米並みの性能)を高めてしまうと確実に1000万円ほど価格アップしてしまいます。そうすると・・・30年間賃金が全く増えていない多くの日本人には買えない商品となってしまいます⇒故に性能は低い事を放置するしか大手ハウスメーカーには選択肢が無いと思い込んで居る⇒莫大な広告宣伝費を減らせば可能なのに・・やらない!

そして最も危険な事は住宅ローン保有者に金融知識はほぼほぼゼロです、そしてメーカーの言うままにローン保有者の70%程度は純変動金利、残りの25%程度は期間限定の変動金利を選択(95%)させられて居ると云う恐ろしさです⇒一度金利が暴騰すれば多くの若者が家から追い出されます。

もう一人のサラリーマンの生活さえ世界の情勢と切り離す事が出来ない時代を私たちは生かされています。

今の今は世界では二つの大変革が起きています。一つは第4次産業革命、もう一つは民主主義と権威主義の対立です。世界には196の国が有りますが完全民主主義の国は24ヶ国程度です。

多くの国には法律が存在して居ますが・・・この法律には運用の仕方が2つあります。

1,近代国家(社会)、民主主義国家・・・では法は万民に法の下の平等を規定しています。

2,前近代国家(社会)や権威主義国家・・では法は上のモノが下のモノを支配する為に運用されています。

日本と云う国の立ち位置は・・・不完全民主主義国家であり、前近代社会を色濃く残す法の運用がされて居ます。簡単に云えば為政者や空気感により1と2をその場で都合よく使い分けている国家と言えるでしょう⇒ご都合主義が日本人の感性には合うのでしょう。

なぜに?こんなファジーな状態か?それは76年前以前は日本国家は完全に上記の2の国家でした。戦争に負けてアメリカにより民主主義を強制されたのですが日本人の多くは民主主義の何たるかが当時も今も未だに良く理解できていない状態なのです。

この論証の証拠は・・・先進民主主義国家と比較して圧倒的に低い選挙の投票率一つを見ても明確に断言できます。その他に地位の高いモノほど法律は甘く解釈されている事も多発しています。役人が為政者の為に公文書を改ざんしても・・無罪の国・・で有ることをキチンと理解しましょう。

そしてここからが本日のブログの本題です(前段が長すぎるとお叱りをうけそうですね、W)

今の日本国及び日本人は原理原則を無視しまくっても平気な民俗なのです。今も昔も!!!

日本と云う国の生殺与奪に近い依存度を上記2の国にして居るという恐ろしさです。まさにその筆頭国は中国です。むかし、アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく・・と揶揄されました。いまもその状況に変化は無いのですが・・・さらに加えて、中国が気分を害すると日本経済が崩壊して重篤の危篤状態になる・・と云うもう一つのリスクが負荷された状態です。

まさに今の今、目の前で起きたロシアとウクライナ状態に経済的になると云う事です。

2020年、輸出⇒1位中国1,5兆08百億円(22.0%)2位アメリカ1,2兆61百億円(18.4%)
2020年、輸入⇒1位中国1,7兆49百億円(25.8%)2位アメリカ7兆44百億円(11.0%)

これはとんでもなく危険な火遊びと同じです。ヤクザの女の色香に負けてクラブ通いしているアホオヤジと同じ状態です。明確に日本に敵対意識をむき出しにしている事は明々白々です。

中国は確実に2の国,前近代国家(社会)や権威主義国家・・では法は上のモノが下のモノを支配する為に運用されています。しかも独裁に近い状態に今はなって居る。

経営の大原則が有る・・商売のお取り先の一つの企業や地域で最高取引額が20%で要注意、30%をで占めると経営的にはヤバ過ぎる、倒産リスクが最大化された状態である!そしてなるべくお取引地域も顧客様も分散する事が一番大事な事である。

日本の貿易先は本当にイビツで危険な国(日本を明確に敵対視する国)に偏り過ぎている!!!

これはあらゆるモノに精通する原理原則である、投資も長期分散継続・・が基本のキである。

日本はすでに貿易立国でも何でもない・・・内需消費型の国である、しかもその国家存立の生命線(食料とエネルギー)を敵対国にゆだねているなんてアホーな事をやって居る。

だからかつては昭和後期の怒涛の復興、進歩と尊敬してくれていた東南アジアの多くの国が、最近では日本をスルーする様になってしまったのである。

嘲笑の、侮蔑浴びたる、わが身成り・・・恐ろしき民、日本人かな・・・・金も地位も無くなれば(私と云う中身は全く不変なのに)日本人は皆皆・・この様な対応を取って来た。今度は日本人が金がなくなりつつある、取られる対応はもう決まって居る。

天に吐いたツバは自分の顔に降って来る!!!!⇒原理原則

2022年03月12日

弊社WEBセミナーご参加ありがとうございます。

本日は弊社WEBセミナー防災、後編にご参加いただきまして心より御礼申し上げます。世界ブッチギリのリスクだらけの日本で如何に生き延びるか?真剣に考えながら、真剣に事前行動しながら生きなければなりません。

まさに生きるとはリスクと何時も対峙しながら真剣に学び続ける事!!!がとても重要です。

日本人の負のDNAが暴走しない様に何時も何時も細心の注意が必要です、歴史を研究すれば日本人は自ら自己変革した歴史など皆無の民族です。そしてリーダー選びもとても不得手な民族でもあります。

原理原則を無視し続け・・先送りに次ぐ先送りをして最後の最後の自爆して終わりの歴史が厳然と存在しています。こんどもかなり高い確率で自爆する運命なのでしょう。

それを前提にどう生き延び、どうリスクをチャンスへ、価値に大転換するか?今の今から考えて事前に十分な準備をして・・・XDay以降に価値を生む行動に移せるかが問われています。

歴史から多くを学ぶ事がとても大事です。木も森も同時に見なければなりません。

バカばかり、ピンチはチャンス、この日本・・・哀れなりけり、無辜(むこ)の幼子(おさなご)

注:無辜(むこ)罪のないこと

負けを認める勇気が一番大事⇒人生と同じ山あり谷あり

今の今、第4次産業革命がドンドン進み末期へと差し掛かりつあります。日本人は感性が破壊されていますから平気な顔をしていますが・・・一つ一つの事象を詳細に深掘りして見ていくと、その変化のプロセスで発生するミスマッチ、ミスジャッジが及ぼす影響の深刻さに恐ろしくなります。

例えば一番卑近で解りやすい事例として、その1つに物流や人流革命が起きています。

自動車からBEVへ・・その先のCASEやMaaS・・ビークルの稼働率を何倍にも上げ、その部品点数は最大1/3程度まで減る、もっとも大事なキーテクノロジーとしての蓄電池・・その技術革新や価格破壊もその先が明確に見え始めました。性能が2倍になり価格が1/2以下になる近々未来です。

ダラ遅れ、世界から3周遅れの日本の電池屋さん(プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES))でも「日本の電池の競争力を高める。25年には電池の原価を現状比で6割下げる」と断言しています。

しかし、日本と中国の蓄電池価格は現在でも2倍の価格差(中国製が安い)が厳然と存在しています。中国ではすでに蓄電池を1Kwh60〜70ドルで製造できる蓄電池メーカーも存在しています。日本はこの数倍、そして家庭用の蓄電池に至ってはエイデンの最新チラシでは1KWH当たり20万0000円(1739ドル)中国製の29倍高い・・・あほらしくなりますね!!!

日本の物流大手の佐川急便が1年前に物流基地からのラストワンマイルの配送をEVにする為に1.0〜1.5トンの佐川の配送用に特別設計した配送バンの見積もりを日本の大手自動車会社にしたら驚くほど高く、日本メーカーより3割安い中国・広西汽車集団が製造するEVを7200台導入

同じようにSBSホールディングス(HD)は2021年10月12日 (火)グループでラストワンマイル輸送を担う全車両をEV(電気自動車)トラック化する方針を明らかにした。SBSグループがEC(電子商取引)事業向けラストワンマイル輸送車両として稼働する2000台を対象に、今後5年間で全てEV化するとともに、協力会社を含めた1万台のトラックについても2030年度をめどにEVへの置き換えを働きかける・・・との発表

日本の大学ベンチャーに自社様に設計させたEVトラック日本の自動車メーカーに見積もりをさせたら1台当たり1000万円以上の見積もり、そして中国メーカー東風小康汽車製のEVの見積もりでは390万円との事で中国製を採用

どえらい差である、同じ設計者の同じ仕様のEVが39%で中国では製造可能なのである⇒勝負有った!である。佐川の事例は3割の差、その1年後SBSでは6割の差・・・

中国では今の今、日本の軽四より少し大きいEVが50万円でバカ売れである、そして今度はマーチやノートクラスのEVを100万円程度で売り出すとの事である。カローラクラスのEVはすでに中国BYDが270万円(ガソリン車と同等値段)程度で売り出して居る、EV電費はガソリン車に置き替えると一リッター当たりの価格で50`程度走る⇒すでに100`走る電費のモノも開発済み!

日本のEVの性能の2倍、価格は同等の中国製EVの価格(コスパ)がドンドン、ドンドン、魅力的に下がり続けている。

日本の普通セダン(マーク2)程度の大きさのEVの世界での基本発売目標は・・・満充電走行距離1000キロ、加速力0〜100`5秒程度、充電性能現在の2倍(20分で8割)、4人乗り・・・価格300〜400万円が一つの売れ筋開発目標となっている⇒トータル価格対性能は現在の日本のEVの4倍である。

簡単に云えば2500万円のポルシェ(ガソリン)の性能を500万円(現在700万円程度)のEVで実現しようと云う話である。

これからは開発力も大問題だが爆増するEVの需要を満たす原材料調達能力の差が勝負を決める。この点でも中国は自国の埋蔵量やレアーメタルの産出国コンゴ等のアフリカにパワーを持ち圧倒的に有利である。

私は中国びいきでも中国オタクでも何でもない、むしろ中国は好きでは無い⇒断言

世界は中国やロシア等の共産圏の権威主義とアメリカや欧州などの自由主義との争いになり大きく2分割をされている、そして発展途上国の多くは自由主義より権威主義になびいて居る状態でもある。世界には196の国が有り、GDPのトップ15ヶ国で世界の7割、トップ20カ国で世界の8割の経済を動かして居る。

日本は30年前は真のトップグループに存在していた国であるが・・・今の今、真の実力値は世界30位前後で年々下がり続けている状態である(GDP3位は人口が多いだけで達成できている数値)

如何なる生命体も如何なる組織も如何なる国家も・・・繁栄の基本はその正しい成長過程をたどる

76年前に戦勝国のマッカーサーが日本統治の為に日本に降り立った時、日本人に向けて、「こいつら全部中学生だ!!!」的な発言をした。片やドイツ人はいっぱしの成人と見なしていた。

産業も最初は1次産業、そして2次産業、3次産業へと進化をする、それぞれの産業もその中でさらに進化をする・・・欧米などの先進国の多くは・・・製造業でも知的製造業に進化をしている、むしろ製造業そのものをアウトソーシングで使う一つ上の立場の、頭脳集団IT産業や先進的金融産業へと進化をして行っている。小学生から中学生、高校生、大学生、大学院生、研究開発機関等々へ進化をして行って居るのである!

上程生産性は高い!!!日本は製造業(中学生)のママの国家体制を未だに中心に動いている⇒失われた30年と言われる所以である。日本も生産性の高い国と同じように30年前に製造業立国からステップアップしなければならなかった。真の知的労働の源流主義を希求してアップデートしなければならなかったのである。

この30年の日本の衰退の方程式・・・最後の一つ前は自動車産業、そして最後の最後は素材産業へと続く

日本の維持、本当に意味のSDGsとは・・・国家の主要産業を製造業から卒業して一つ上のステップへアップデートする事が不可欠である。輸出産業偏重から内需産業重視に大きく舵を切る事である。そして一時的には貧しさを覚悟して国家財政の持続性を確保する事もとても重要である。

そもそも、日本はすでに貿易立国などしていない現実をキチンと見据える必要がある。2019年のGDPの輸出額の比率では日本は世界で117位、人口1人当たりで見ると世界44位。つまり、日本は紛れもなく輸出小国です。

内需型の経済循環にしなければどれだけやっても景気などよく張るハズが有りません、外需に頼って居るエネルギーと食料は最大の未開発分野で有る訳ですから内需産業を興すにはもってこいの産業エリアですし、それとハイテク金融やIT関連教育産業などは、生産性を上げるのに最適の分野です。

なんでこんな簡単な事が理解できないのか・・・東大卒の殆どは時代遅れの頭脳を持つFAX程度の価値しか無い連中なのでしょう!EVなんて中国や韓国に作らせて於けば良いオールドエコノミーの権化の様な低レベルの産業です。

日本思考、哀れなまでに、役立たず・・・ゴミ増産の、最高学府

本質を見分ける力が極端に無い日本人、哀れを通り越してプーチンと同等レベル・・・ふー

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」⇒もう勝負は確実についています。同じ土俵(BEV)で戦う事は愚、愚、愚です。

アホたれプーちゃんが最悪の事例を目の前で見せてくれたのだから同じ過ちをしてはなりません、日本も80年前にプーちゃんと同じ過ちをしているのですから・・・

日本に残された唯一の正しい選択肢は・・・根本的に困らない様にシュリンク(貧しく)なる道を選択する事です。そして捲土重来に向けて・・・総括し、反省し、行動を改める事です。

一番難しい事であり、一番賢い行動は・・・撤退時期を正しく見極めて速やかに行動する事です。どのような事でも・・・否・・・がとても価値有り大切な事なのですね。企業でもデカくする事より適正にシュリンクする事の方が100倍難しいです。そしてそれは人間関係にも全く同じ事が言えます。どのような勇気の中でも・・・断る勇気、やめる勇気、否を受け入れる勇気、この勇気が最大に価値有る勇気です。

注:捲土重来(けんどちょうらい)とは、一度失敗した後に勢力を上げ、全力で巻き返してくるという意味

2022年03月11日

スパイト行動が顕著な日本人

2021年に発表されたWorld Giving Index(世界人助け指数)の報告によると、日本の「人助け指数」は世界でダントツの最下位。

日本も寄付額が増えたと云えども・・日本とアメリカで30倍も違う寄付金額、最新の『寄付白書』によると、日米英3カ国の個人寄付総額は日本が1兆2126億円に対し、アメリカが34兆5948億円と30倍!少し前の調査では日本はアメリカの1/100程度しか無かった。

一番この寄付を阻害して居るのが役人(東大卒)である、とにかく寄付受付団体は役人の天下り先となって居るケースが多いような気がする。

政府主導でやって居る半強制的募金の赤い羽根共同募金、各家庭を訪問して募金(町内会の半強制)をお願いする「戸別募金」が52.3%、法人からの募金は9.2%、従業員等からの「職域募金」は3.6%他、連合体の”中央共同募金会”のサービス活動収入は、45.5億円。(一つの組織の募金額)

支出は、43.4億円。その内、人件費が4.1%、事務費0.9%、広報広告費と思われる事業費が13.6%。
それ以外は、災害義援金、他団体への支援、共同募金のためにほぼ使用⇒簡単に云うと約2割は役人の天下りに消えている⇒寄付先も本当に困っている人かどうかは不明?前年踏襲?(役人の裁量)

赤い羽根共同募金会での全体の募金総額は17,3億65,69万3,358円との発表が有るから・・・

SNSには以下の様な感想も存在する。

★高校生女子です。 先日駅に座ってお椀を持っているホームレスに小銭を渡しました。
涙ぐんでお礼を言われて私まで温かい気持ちになりました。一方、最近学校で赤い羽募金を行い 担任が強制としてクラスで1人50円ずつ募金することになりました。
募金自体に対してはとても賛成なのですが クラスに強制して集めたお金だと思うと とても汚く感じます。募金は任意なのに、親が稼いだお金で募金を強制させるって道徳的にどうなのでしょうか⇒募金に忌避感を植え付ける教育

★募金をするのが 嫌とかいうのではなく 最初から 金額設定みたいなのが 有るってのに 違和感が あります一口 いくらみたいな感じで 来られると 内心 募金って 善意でするものなんじゃないの?って 思うんですけど 皆さんは どう思われますか?⇒募金に忌避感を植え付ける教育

募金の使い道についても、数百万から数千万単位での担当職員による横領事件が岐阜県、小樽市、京丹後市など、各地で起こっているので、快く思わない口コミが目立ちました・・との記述もある

どうせ赤い羽根募金は実施する事が法制化されているのだから、もっと簡単に云えば税金で取れば今より2割のお金(天下り役人の取り分34.6億円)が困っている人の所に多く届く

そもそも論から言えば募金を法制化すると云う事自体おかしな話である。

世界の人びとと日本人が・・・まず、大きく違うのは宗教観。神との約束によって寄付を行う考え方やノブレス・オブリージュのような価値観が根づいてる。

注:「ノブレスオブリージュ」身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観

世界一の富豪として知られるアマゾンCEOのジェフ・ベゾスは2月17日、気候変動と戦うために100億ドル(約1兆1000億円)を寄付

テスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOは、国連世界食糧計画(WFP)が60億ドル(約7000億円)を世界の飢餓対策に役立てる計画の詳細を発表した数日後、個人所有の500万株以上(57億ドル相当)のテスラ株を寄付

つまり、世界の寄付額が圧倒的に多いのは勝ち組の人びとの継続的な超多額の寄付が平均値を押し上げている。日本人の勝ち組は寄付をしない、なぜか???日本で多額の寄付をするともれなくバッシングを受けるからである。

私も若い頃(お給料30万円程度の頃)某慈善団体に初参加した時、多額とは言えないが1000ドル寄付をした事があるが・・周りから場の空気を乱す!目立つ事をするな!!!と大バッシングを受けた経験がある。慈善団体に入れてもらったのだからお給料も少ないし1000ドルでは申し訳ないが許してね、との思いで寄付をしたのだが・・・。後で聞いたがその団体のメンバーの寄付する人(構成員の3割以下)での寄付相場は1万円以下との事であった。

世界では宗教団体が信者を巻き込み毎週の様に多くの慈善活動をしている⇒日本では宗教者の慈善活動はほぼ皆無、ニュースで見たことが無い!!!(出来ない程日本人の宗教心は破壊されている)宗教グッズで金を儲ける事しか考えていない⇒それでないと宗教者は生きていけない程、お布施が少ない⇒感謝や価値を認めないからお布施をしない⇒負の連鎖

寄付文化とは助け合いの精神や利他心の大切さ等の意味や効用、人として社会の構成員の役割等々の基本哲学をキッチリ教育で教えるベキである、生徒一人一人の議論の末に・・・自分の寄付スタンスを自らが決める事が重要な事である。

もはや日本人の圧倒的に多くの人は・・・貧し過ぎて寄付処ではないのだろう。せめて成功者が寄付をしたとした場合、それがたとえ売名行為であったとしてもバッシングは控えるべきである。寄付により確実に援助され助けられる人が居る事には間違いない!!!⇒日本人の本質を見ない習性の愚かさ⇒自分が出来ない事をあいつがやりゃあがって!!!とマウント思考でしか見ない。

日本人はなぜに自分より優秀な人価値ある行為をする人をバッシングする腐った精神になってしまったのか???人生の七味唐辛子「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」をかけまくりたくなるのか???それは明らかに教育の間違いである。それ以外に無い!!!

哀れなり、自己内観の、出来なさや・・・他人の不幸、望む民也・・・

実験によれば日本人は「スパイト行動」、つまり「自分が損してでも他人をおとしめたいという嫌がらせ行動」が世界一顕著。日本人は他人が利益を得ようとして自分を出し抜くことを嫌います。いわゆる「フリーライダー」を許さない。タダ乗りする奴を許してはならない、なぜなら許せば社会の損失となるからだ⇒歪んだ正義感

マウンティングのみが生きる価値の日本人と云う特殊な生物・・上に上に新たなる価値を求め、向上心を発揮するのではなく下に、下に、よりクズ度の高い集団の中に自分のマウント出来る場を求める習性が日本の大衰退の原因である。

マグロの子、気が付けばアレ、イワシの子・・・食われる危険、蛸壺出れず⇒今の日本の実相

2022年03月10日

時代は超非効率のクルマをゆるさない!稼働率5%以下

第4次産業革命で淘汰されるのは・・・・??、第一次産業革命で自動車が淘汰した馬車と同じ、今度は自動車が淘汰される番である。日本には車があふれかえって居る、全ての自動車を道路に並べると・・・日本中のありとあらゆる道路が自動車で埋め尽くされて身動きが全く取れない。

地震時に皆が車で避難すると道路がが全て車で埋まりトラフィックロック(身動き取れない状態)が起きる所以である。

でも普通に自動車が毎日走り回れているのは・・・稼働率がたったの5%程度しか無いからである。自動車の一生の内95%は車庫に止めてある。

一般財団法人自動車検査登録情報協会の調べによると、2020年3月末日時点の国内の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は、13.51年とのこと。これは自動車税が新車登録から13年以上経つと15%も重課されるのと無関係ではない(18年以上経つクルマはさらに重課される)。

とあるが現実には自動車は自動車として機能(少なくともエンジンがかかった状態)しているのはたったの0.6755年(5917時間)しかない。しかも高速道路ならまだしも市街地では稼働している半分程度は信号待ち等で停車をしている、つまり、本来の自動車として自動している時はたったの0.38年(2958時間)程度である。そしてその稼働中性能の15%程度しか発揮をしていない。

こんな非効率であり、よくよく考えればバカげた乗り物が不可欠な世の中を構築してしまった人間と云う生き物の考える力の無さにもガクゼンとする。

日本人は1人当たりこの自動車と称する超非効率な乗り物に人生で平均約5000万円(年間約70万円×70年間)の出費をしている事を考えると・・・バカ過ぎる・・・実働時間当たり16900円/時間も注ぎ込んでしまって居る。

人間は120年間もこんなバカすぎるファクトに気付きもしない恐ろしくアンポンタンな生き物である。

キリストさんは人生で動いた範囲は半径1マイル(1.609344`)と言われている。確かに移動する事は人間の好奇心を満たしたり異文化に触れる事が出来たり交易で利益を上げる事が出来てドンドン移動が盛んになって行った。

しかし、今の今、IT時代でありメタバース時代になれば・・・ありとあらゆる人やモノが移動する事が本当にこれほど必要かどうか?真剣に熟考する必要がある。移動を最小限に出来る社会システム構築が可能な今の時代にオールドエコノミーの権化たる移動システムなんて必要かどうか???

私は地球温暖化の大命題を解決する方法は人やモノの移動を極限まで減らして、移動手段の稼働率を上げ、そして人々が貧しくならない(貧しく感じない)世の中の再構築が不可欠と思う。

公共物や必要不可欠な施設が徒歩圏内に存在する様な街創り、あるいは自宅に居ても移動しなくても目的が達成可能な街が一つの解になるのだろう。

我が家は10年前と比較すると・・・移動が1/20以下に激減をしている。自動車はその移動目的が機会としてのエンジン性能を維持する目的で動かして居る事が9割以上である(月に3回程度の公園ウォーキング目的のご近所の緑多き大公園までの移動)徒歩移動でも問題無いのだけど・・ふー

もうこの先今乗っている様な普通の自動車は不必要であり、新しく買う事は99.99999%無い、災害のエネルギーのバックアップ装置としてのEVビークルしか必要は無いのだろう。自家発電装置を新調したので・・・あくまでバックアップのバックアップになる。

この思いは若き頃より40年以上車を愛した人間(私)の思いである、今の今のZ世代の車離れでは無い。もう自動車はノスタルジーのオブジェとしての存在価値しか無い。

その他にも「昭和の価値」高度成長期の多くの価値は平成、令和を進み・・ドンドンドンドンフェードアウトして行く運命である。それが第4次産業革命の本質的な変化、入れ替わりである。

葬式に呼ばれて楽しい人は居ないと同様に、もう結婚式に呼ばれて楽しい人は仲良し家族しか居ないかも知れない。親しい親族や友人でさえ・・・義務感(負担感)で参列している事の方が多いと思う。貴方は引き出物の小冊子をもらってうれしいと思った事があるのだろうか???

同様にテレビの価値も霧散しつつある・・・全く面白くない!!!2時間を2分で見る事さえ最近ではやらない事が大きくなった、録画した1ヶ月分を全く見ないまま削除したり、録画の予約さえ消去する事が多くなった。

そのテレビ界の衰退を一言で表せば・・・貧すれば鈍す・・・金の亡者が金に嫌われた状態である。まさに日本のテレビ界の衰退は日本の衰退と丸被りの様相である。

有限の時間を読書に費やした方がどれだけ満足感が有るか!!!私も妻も読書、読書、読書の毎日である。最近では我妻は1冊(300ページ)を途中1回だけの休憩程度で一気に読み切っている様である。そしてその読書での感動を私に伝えに来る!!!妻は多い月は軽く30冊以上を読み込んでいる様である。

いつの間にか私と同様の活字中毒になってしまった様である。

私は原点に回帰する様な書籍が多い、まさに原理原則的な宇宙の真理に結びつくような書籍を多く読む!とにかく深く、深く、深く・・・探求する事が大好きである。特に私に気付きを感じさせてくれて感動した書籍は何度も何度もトコトン読み込む!

学べば学ぶほど未来が見えて来る、時代の移ろいが明確に感じられる様になる、今の日本社会はウソだらけ・・9割がウソ・・真実が1割・・・そんな比率である事が良く解る様になる。歴史に裏打ちされた事実のみがウソを言わない。日本の唯一の真実である、歴史は未来を教えてくれる!

日本に明るい未来は無い!!!故にその暗さをよりよく生き延びる為には暗さを明るさに変える知恵を学ばなければならない。価値ある学びは大変な努力と大変な精神的負荷に耐えて学ばなければならない。学んだだけでは殆ど意味がない!!!

そしてその学びを価値に変化・進化させるべく実行動⇒行動変容がこれまた大変な負荷がかかる。

裏切りの、恐怖と共に、人の世は・・・冷たき氷、抱き枕かな


2022年03月09日

国民の4%が所得税の50%を負担している日本

全体の56%の人から所得税が取れない程貧しい国になってしまった日本の今の今!

現在、所得税がかかる収入は、全体で約270兆円ありますが、色々な控除により、所得税がかかる部分の金額は、全体で約120兆円になっています(収入全体の約44%程度)。 この額に対して、所得税額は約13.4兆円、所得税は、収入全体の約5%程度が課税。平均するとたった5%

所得税額の5割をたった4%の高額所得者が負担をしている現実

厚生労働省が2020年に公表している国民生活基礎調査の報告書によれば、全世帯の年収中央値は437万円、世帯平均値は552万円・・・そして国民負担率のは2021年44.3%です。つまり平均収入に対して55.7%−77.9%=22.2%の増加、100−手取り率+22.2%と云うのがザックリとした国民負担率の年収別割合となりそうです。以下日本の年収別のお給料の手取り額です。

年収(給与)   健康保険料    厚生年金 雇用保険 所得税 住民税 手取り金額 手取り率
年収100万円 手取り61404 96624    3000 0      5000    833,972  83.3%
年収110万円 手取り61404 96624    3300   0   5000 933,672  
年収120万円 手取り68376   107604 3600   0      9000 1,011,420
年収130万円 手取り76752   120780 3900 3400     14200 1,080,968
年収140万円 手取り82332 129564 4200 7800     22700 1,153,404
年収150万円 手取り87912   138348 4500 12200 31300 1,225,740
年収160万円 手取り93504 147132 4800 16500 39800 1,298,264
年収170万円 手取り99084 155916 5100 19300 45300 1,375,300
年収180万円 手取り104664 164700 5400 21600 50000 1,453,636
年収190万円 手取り111648 175680 5700 24200 55000 1,527,772
年収200万円 手取り118620 186660 6000 26900 60200 1,601,620  80.0% 
年収210万円 手取り125604 197640 6300 29600 65500 1,675,356
年収220万円 手取り125604 197640 6600 33100 72500 1,764,556
年収230万円 手取り132576 208620 6900 35700 77500 1,838,704
年収240万円 手取り139560 219600 7200 38400 82700 1,912,540
年収250万円 手取り139560 219600 7500 42000 89700 2,001,640
年収260万円 手取り153516 241560 7800 43700 93100 2,060,324
年収270万円 手取り153516 241560 8100 47200 100000 2,149,624
年収280万円 手取り167472 263520 8400 49000 103500 2,208,108
年収290万円 手取り167472 263520 8700 52500 110500 2,297,308
年収300万円 手取り181428 285480 9000 54300 113800 2,355,992  78.5%
年収310万円 手取り181428 285480 9300 57800 120700 2,445,292
年収320万円 手取り181428 285480 9600 61400 127700 2,534,392
年収330万円 手取り195384 307440 9900 63100 131100 2,593,076
年収340万円 手取り195384 307440 10200 66600 138000 2,682,376
年収350万円 手取り209340 329400 10500 68400 141500 2,740,860
年収360万円 手取り209340 329400 10800 71900 148500 2,830,060
年収370万円 手取り209340 329400 11100 76000 156500 2,917,660
年収380万円 手取り223296 351360 11400 78200 160700 2,975,044
年収390万円 手取り223296 351360 11700 82300 168700 3,062,644
年収(給与)健康保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 所得税 住民税 手取り金額
年収400万円 手取り237252 373320 12000 84500 173100 3,119,828  77.9%
年収410万円 手取り237252 373320 12300 84500 173100 3,219,528
年収420万円 手取り251208 395280 12600 90800 185500 3,264,612
年収430万円 手取り251208 395280 12900 94900 193500 3,352,212  77.9%平均
年収440万円 手取り251208 395280 13200 99000 201500 3,439,812
年収450万円 手取り265164 417240 13500 103000 205800 3,495,296
年収460万円 手取り265164 417240 13800 111000 213700 3,579,096
年収470万円 手取り265164 417240 14100 119200 221700 3,662,596
年収480万円 手取り286092 450180 14400 121900 224300 3,703,128
年収490万円 手取り286092 450180 14700 130000 232300 3,786,728
年収500万円 手取り286092 450180 15000 138100 240200 3,870,428  77.4%
年収510万円 手取り307032 483120 15300 140700 242800 3,911,048
年収520万円 手取り307032 483120 15600 148900 250800 3,994,548
年収530万円 手取り307032 483120 15900 157000 258700 4,078,248
年収540万円 手取り307032 483120 16200 165100 266700 4,161,848
年収550万円 手取り327960 516060 16500 167800 269300 4,202,380  76.4%
年収560万円 手取り327960 516060 16800 176000 277300 4,285,880
年収570万円 手取り327960 516060 17100 184000 285200 4,369,680
年収580万円 手取り327960 516060 17400 192200 293200 4,453,180
年収590万円 手取り348900 549000 17700 194900 295800 4,493,700
年収600万円 手取り348900 549000 18000 203000 303800 4,577,300  76.2%
年収610万円 手取り348900 549000 18300 211100 311700 4,661,000
年収620万円 手取り369828 581940 18600 213700 314300 4,701,632
年収630万円 手取り369828 581940 18900 221900 322300 4,785,132
年収640万円 手取り369828 581940 19200 230100 330300 4,868,632
年収650万円 手取り369828 581940 19500 239000 338200 4,951,532
年収660万円 手取り390768 614880 19800 244300 340800 4,989,452
年収670万円 手取り390768 614880 20100 262700 349,800 5,061,752  75.5%
年収680万円 手取り390768 614880 20400 280800 358700 5,134,452
年収690万円 手取り411696 647820 20700 288200 362300 5,169,284
年収(給与)健康保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 所得税 住民税 手取り金額
年収700万円 手取り411696 647820 21000 306600 371300 5,241,584  74.8%
年収710万円 手取り411696 647820 21300 324900 380300 5,313,984
年収720万円 手取り411696 647820 21600 343100 389200 5,386,584
年収730万円 手取り432636 680760 21900 350500 392800 5,421,404
年収740万円 手取り432636 680760 22200 368800 401800 5,493,804
年収750万円 手取り432636 680760 22500 387200 410800 5,566,104
年収760万円 手取り432636 680760 22800 405400 419700 5,638,704
年収770万円 手取り453564 680760 23100 419500 426600 5,696,476
年収780万円 手取り453564 680760 23400 437900 435600 5,768,776
年収790万円 手取り453564 680760 23700 456000 444500 5,841,476
年収800万円 手取り474504 680760 24000 470100 451500 5,899,136  73.7%
年収810万円 手取り474504 680760 24300 488500 460500 5,971,436
年収820万円 手取り474504 680760 24600 506900 469500 6,043,736
年収830万円 手取り474504 680760 24900 525100 478300 6,116,436
年収840万円 手取り495432 680760 25200 539100 485200 6,174,308
年収850万円 手取り495432 680760 25500 557500 494200 6,246,608
年収860万円 手取り495432 680760 25800 577900 504200 6,315,908
年収870万円 手取り495432 680760 26100 598200 514100 6,385,408
年収880万円 手取り523344 680760 26400 612900 521300 6,435,296
年収890万円 手取り523344 680760 26700 633300 531300 6,504,596
年収900万円 手取り523344 680760 27000 653500 541200 6,574,196  73.0%
年収910万円 手取り523344 680760 27300 673900 551200 6,643,496
年収920万円 手取り523344 680760 27600 694300 561200 6,712,796
年収930万円 手取り551256 680760 27900 709000 568500 6,762,584
年収940万円 手取り551256 680760 28200 729300 578300 6,832,184
年収950万円 手取り551256 680760 28500 749700 588300 6,901,484
年収960万円 手取り551256 680760 28800 770100 598300 6,970,784
年収970万円 手取り551256 680760 29100 790300 608200 7,040,384
年収980万円 手取り579168 680760 29400 805000 615500 7,090,172
年収990万円 手取り579168 680760 29700 825400 625500 7,159,472
年収(給与)健康保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 所得税 住民税 手取り金額
年収1000万円 手取り579168 680760 30000 845800 635500 7,228,772  72.2%
年収1100万円 手取り648948 680760 33000 1043000 728100 7,866,192  71.5%
年収1200万円 手取り683844 680760 36000 1268900 824300 8,506,196  70.8%
年収1300万円 手取り760596 680760 39000 1494100 916300 9,109,244
年収1400万円 手取り802464 680760 42000 1815800 1011800 9,647,176
年収1500万円 手取り886200 680760 45000 2123800 1103200 10,161,040  67.7%
年収1600万円 手取り928068 680760 48000 2445500 1198700 10,698,972
年収1700万円 手取り969936 680760 51000 2767300 1294200 11,236,804
年収1800万円 手取り969936 680760 54000 3103200 1394000 11,798,104
年収1900万円 手取り969936 680760 57000 3439100 1493600 12,359,604
年収2000万円 手取り969936 680760 60000 3775100 1593300 12,920,904  64.6%

家建て世代の平成29年度 住宅市場動向調査報告書」によると、注文住宅で初めて家を建てる方の年収は400万〜600万円に次いで600万〜800万円の方の割合が多く、平均年収は670万円という結果、年齢と年収の割合は下記です。

40歳未満
400万〜600万円未満31%
600万〜800万円未満27%

40歳代
400万〜600万円未満21%
600万〜800万円未満27%

50歳代
400万〜600万円未満24%
600万〜800万円未満18%

注文住宅希望者平均年収670万円のトータル国民負担率は24.5%+22.2%=46.7%となりそうです。サラリーマンのとりあえずの目標年収1000万円の方は27.8%+22.2%=50.0%となります。

少子高齢化、産業シュリンクの日本国に借金は永遠に継続は不可能ですから、積みあがった借金は塩漬け放置(それでも金利は増加)にするとしてまずは、単年度の赤字を垂れ流すのをやめる為には税率は平均で+12.2%加算、当然圧倒的多くの低所得者は生活出来なくなるので平均以上の所得の方が割り増し負担となる事は間違いない。

1000万円クラスの人の真の国民総負担は50%+12.2%+加算分7.8%?=70%程度にはなるのだろう。ドえらい未来が待ってますね!稼いだ金の3割しか自分で使えない!ふー・・・高所得者!!

しかも今の今少子高齢化や産業の空洞化や労働者のスキルのチープ化等々で日本はドンドン、下膨れ(低所得者の増加)が進んでいます。

今でさえこのたった3割の中から住宅ローンも食費も日々の費用も賄う近未来ですね!

こんなとんでない未来を生き抜く知恵を弊社で貴方に授けましょう!!!是非アポイントメントの上ご来店を!!!

気付き得る、立脚点の、正しさや・・・生き抜く未来、可能ならしむ

2022年03月08日

心理学を悪用する大企業の恐ろしさ

多くの住宅営業は・・・心理作戦を熟知し訓練された営業マンのダマシのテクニック!その1つがプロスペクト理論

プロスペクト理論とは、人間は与えられた情報から、期待値(事象が発生する確率)に比例してものごとを判断するのではなく、[状況や条件]によって、その期待値を"歪めて"判断してしまう。⇒簡単に云えば1億円の展示場の家が自分の予算2500万円で買えると思ってしまう心理の歪み

プロスペクト(prospect)「見込み、展望、期待」「この先、どうなっていくのだろうか?」という見通し。

宝くじに当選して、数億円を手に入れる確率は限りなくゼロ。100万円買っても、同様。それでも、人は宝くじを購入します。それは、「当たるかもしれない」と思うからです。

購入する本人も、心のどこかでは、「ハズれるに決まっている。お金の無駄遣いだ。」⇒「タバコやお酒をやめて浮いたお金で買うから良いんだ」とか、「買わないことには当たらない」などと、自分に言い聞かせる。

ゼロに近い当選確率の宝くじを、自分ならば かなりの確率で当選すると信じる様に思考が歪曲して(歪んで認識して)いるから、宝くじを買う。

事象の確率を歪めて認知する(バイアスがかかる)ことによる人の行動を説明。

「人は損失を避けようとする習性がある」⇒損失を避けようとする人間の思考の習性を、「損失回避性」と呼ぶ。

人は目の前に「利益」(例えば10万円を得る)があると、利益(10万円)が手に入らないというリスクを回避しようとします。逆に、損失(10万円を失う)に向き合う場面では、損失(10万円を失う)を回避しようとします。

人間の「損失回避性」を突いた販売促進/キャンペーンが常套手段。

・今だけお得!
・このチャンスをお見逃しなく!
・期間限定!
・先着100名さま!
・貴方限定の特典

機会損失や回避心理を強烈に刺激し正しい判断力を奪う地球環境を破壊し続ける商業主義の恐ろしさである。

見掛け(ハード)で判断し中身(ソフト)は全く見ないしどうでもよい、ないしはまさにプロスぺクトにドはまり勝手に自分に都合よく推認して・・マウンティングハウスを買うアホー

プロスペクト理論の他にも顧客を騙す心理的手法は沢山存在する、フレーミング手法である。特にヘーベルハウスの得意とする手法である。お客様に一つの価値を絶対の価値と思い込ませる手法である⇒羊を柵(フレーム)の中に入れて逃がさない手法⇒フレームの中だけを全世界、全価値と洗脳する手法

大手ハウスメーカーの営業マンは徹底的にお客様の心理誘導するスキルをガンガン磨くトレーニングをしている⇒優秀な催眠術師と同じ⇒素人は勝てない!

大手ハウスメーカーやブランド工務店の住宅平均単価はここ10年上がり続けていて現在平均はもうとっくに坪単価100〜110万円を軽く超えている。しかもコロナ禍のウッドショックで昔の寿司屋の様に時価なんて事にもなって居る。しかし、広告やHP等の価格は全く変化をしていない、そのからくりは???・・・標準仕様の単価を変えないために標準仕様に含まれる中身を少なくし原価の付け替えを付帯工事に振るなどと同時に住設メーカーや内装品メーカーに圧力をかけてグレードダウンをして居るのである。

価格高騰は現実、建売のチラシを見ても5年前は3,000万円前後の販売価格が今の今では3850万円前後まで上昇している。建売でも人気エリアの高いのは4300万円なんてモノまで存在している。

高ければ売れないのでチラシ特価商品を出すために、豊田商店が下請けにリーマン後30%の原価低減をするのと同じ⇒しかし下請けも品質を落とさなければ倒産してしまうので内緒で品質低減を行っている⇒メーカーも知って居るが、工事の途中で品番アップグレードのオプション工事を取る前提だからあまり気にしない。

だからチラシ価格の5割〜以上増しなんて最終価格になってしまう。

某、実際は軽量鉄骨なのだけど重量鉄骨と強弁している洪水でも弊社の家は流れない!!!なんてアホ自慢(流れなくても建替え・洪水の所に知って家を建てる愚)のメーカーなどは・・・宗教化・・・をして洗脳営業さえしている。

真に学ぶ事が出来ない環境(義務教育で学びを嫌うと云う洗脳を日本人の95%が受けてしまって居る)の悲しさである。序列マウンティング教育の大弊害である。そしてトップ5%は無謬性の利口バカと化して・・・日本を衰退に導いた!

貴方のこれからの人生は日本の大衰退と共に生き延びなければならない、故に弊社では色々な真なる学びのWEBセミナーや個別セミナーを無料で提供をしている。それは弊社に不思議なご縁でたどり着いた若者への先輩者としてのせめてもの利他心の発露である。

人間そのものの真の価値をアップグレードする為には不可欠な何処にもない真なる学び!

是非共に学び抜きましょう!(自己)投資無きところに回収(幸せな未来)無し・・・です。

学び抜く、やがて見えるは、霧晴れの・・・未来の姿、先に見る也・・・まさに貴方の人生のVR・SR・AR〜XRの世界観が体得できますよ!

2022年03月07日

食事も・・・ソフト(食育)が一番大事⇒作るのはロボット

今日の日本経済新聞も・・毎度のごとく日本衰退の記事で埋め尽くされていた。ぼんくら日本人も実害となって日本の衰退がわが身に迫って気付き始めた様である。放物線の頂点を30年前に極めて・・・20年かけて頭頂部を緩く下がり、10年かけてその下り勾配は本来は急速に下がりつつあるのが実像なのだけど・・アホノミクスでごま化され、コロナ禍でごまかされて来た。

しかし、10年分の下り部分が今後一気に出てしまう、そして日本国の下り放物線の傾斜角はすでにとんでもない傾斜角になってしまって居る。

是非貴方も3月5日発売の週刊ダイヤモンド⇒絶頂トヨタの真実、を読まれる事をお勧めする。今週末3月12日の防災セミナー後編の予習にもなる。

日本人の価値観って・・江戸時代のママの様な気がします。前近代社会・・上の失敗は不問、上の失敗を下に押し付けて・・下の失敗とし切腹

例えば・・・財務省の記録改ざん問題・・赤木さんに全てを押し付けて終わり、まさにそのままである⇒日本国民の殆どは問題視すらしない。

例えば・・・二宮金次郎的な・・・一生懸命努力をすれば確実に報われる、的な価値観、真面目にキチンと努力をすれば、その人は価値が在る!!!的な日本の常識

本当にそうだろうか???・・一番の要点は”努力”の時間ではなく、”努力の中身”なのだけど、中身は殆どの人が気にしない不思議がある。中身が悪くて長時間努力をして結果が悪くても責めてはいけないとか・・努力だけは認めようとか?・・やるだけやったからしょうがない・・とか?

原理原則・・原因が悪ければ結果も悪い、原因が良ければ結果は確実に良い!・・・それしかないのである。しかし、日本人は原因が悪くて結果が悪くても・・・たまたま運が悪かった的なごまかしを平気でやる。このごまかしをやった人間を日本人は擁護して責任を取らせない文化がある。

無駄な時間や無駄な努力(ただの時代遅れの自己満足)をした人間をなぜか?擁護する。

社会を正しく機能させる不可欠な一番大事な事⇒それは信賞必罰・・・例えばこのコロナ禍での社会の大混乱の責任の一旦とされる正しい情報が取れない国家中枢、未だにFAXを使い工数が増えて時間効率が最悪で正しい情報が取れずに正しい決断が出来なかった事例⇒不問である。

このFAXを使っていたことを許した責任者は全部懲戒免職にしなければならない。FAX廃止を心ある官僚がした時に大反対をした者(上司)も全て懲戒免職にするのが・・信賞必罰・・の原理原則である。時代は時間効率や時間の質を求めている⇒まさに時代反逆罪である。

生きる事の基本のキ、それは時間の質を上げる事である、家事労働も時間の質を上げる事はとても大切な事である。

我が家の台所には11機の調理家電が即稼働出来る状態でスタンバイし鎮座している。全部の機器を最適解を求めて使い分けている。今年の新顔は、家事に仕事に毎日忙しい人の強い味方“ほったらかし家電”の最新の自動調理鍋「SHARP ヘルシオ ホットクック」。材料を入れてボタン一つで美味しい料理が完成

かき混ぜから何から何まで全て自動、ホットクック最大の特徴が、食材の旨みを活かした無水調理がかんたんにできること。材料を入れてボタンを押すだけで、あとはおまかせでOK。違うメニューを同時に2段調理も可能、火を使わないので調理中は目を離てもOK。ホットクックは密閉性の高い鍋なので、食材に含まれる水分を循環させて無水調理が可・素材の味が濃い。

その他にもシステムキッチンに付属しているフル装備のオーブンやスマホでコントロールできる自動調理のコンロなども有る。

中国では女性の家事労働時間が日本人の1/4程度である、そして今、中国では調理ロボットが爆速で開発され実用化されつつある、業務用はかなりのスピードで普及しつつあり、家庭用もそれなりに普及しつつある。共産圏なのに発想はまるで自由圏・・・またまた、中国の世界戦略商品で日本はぼろ負けかもね?

食に対する正しい知識は、まさに医食同源である・・家事労働の時間を学びに使っていてメニューの数も爆増、味はもうプロ中のプロレベル、今は地中海料理のハマりにハマって本当に多くのメニューが出てくる。もう外食などする必要は全く無い!!!一流の味の秘密はもう確実に学べる時代である。

そして夫婦それぞれの学びを毎日欠かさず3時のおやつの(1時間程度)会話の中に入れる事は勿論の事、それぞれに気付きや新たなる学びが感じられた時にはお互いに深掘りして話し合っている⇒まさにテレワークの恩恵である。

我が家の食卓テーブルは幅90p長さ2.4mほどあるが・・その1/2程度の面積は左右に書籍や資料やペーパー等々がうずたかく積みあげられていて、その隙間で食事をしている。妻はそれがイヤらしいが片付けても片付けても気が付いたらこの状態に戻ってしまって居る。そしてそのテーブルの横にはスタンドアップ式のパソコン机が有りネットでの学びやそこで思考や書き物をしている。活字中毒の私のサガである。

先日も私の脳は午前3時にいきなり気付きの爆発で目覚め、いてもたってもおれなくなりベッドを飛び出て朝まで真剣に学び続けてしまった。

我妻殿は専業主婦ではあるが・・・家事労働を如何に軽減すべきか夫婦二人で真剣に考えて掃除からあらゆる家事労働の効率化・工数低減・ストレス低減を真剣に考え抜いて居る。

もちろん、買い物などには全く行かないし、日々の献立等もそれぞれの嗜好を元に殆ど自動化出来ている。

正しく食すると云う事は・・・基本のキ・・・である。そして家と云う人生の7割程度存在の正しく快適な空間(家)を創ると云う事も基本のキである。

国ガチャに、破れ生まれし、わが子には・・・教育ガチャの、辛さしのびぬ

日本人を卒業して地球人になろう!!!

2022年03月06日

早くAI医師が爆速で進化しないかなぁ〜〜〜

この先、日本は経済的にも精神的にもドンドン、ドンドン、際限なく衰退していきます。原理原則からしてこの事は明らかな事です。

原理原則・・・原因が同じなら結果も同じ⇒日本人は変化する事が大嫌いな民族ゆえに、この変化無し⇒大衰退⇒自暴自棄⇒焼け野原

の方程式が今の今でも成立しています。残念ながら日本人として日本で暮らす以上、受け入れてどうこの大衰退の国で・・それなりにつつがなく生き延びるかを今から考えて対応力を見に付けておく必要があります。

まずは・・・健康で有ることは不可欠な事です。今のところは3割負担の国民皆保険ですが、これも永続的な維持は不可能である事は明白な事です。

健康維持の最大の原因リスク⇒老化⇒発がん・糖尿病・心臓病当の重篤な病気

書籍LIFESPAN(ライフスパン):デビッド・A・シンクレア著/マシュー・D・ラプラント著/梶山 あゆみ訳. 老いなき世界の初版発行2020年9月に発売されてから老化研究が爆速で進みつつあります。同様のテーマの書籍も次々と発売され研究もコロナ禍のmRNAワクチンの緊急承認により同様の理論で爆速で進みつつあります。

老化細胞除去の方法が確実に進歩しつつあります⇒ガンの多くが治癒できる研究でも有ります。

その他にも以前よりの経験則的な研究により老化のメカニズムは以前より下記の様に解明されつつありました。

細胞老化研究が近年進化⇒ごく少量のストレスが加わることで、老化を抑制可。

強すぎるストレスは逆に老化促進、マイルドストレスの継続が、ストレスに対する抵抗性を獲得可⇒細胞が老化するのを一定程度抑制。

ある程度のカロリー制限は、老化を抑制⇒ゆっくり野菜から食べて糖質を1日100g以内とし必要なカロリー摂取量の8割程度に控えて、食べたいという気持ちをぐっと抑えて軽いストレスをかける⇒腹八文目が重要⇒ゆっくり野菜から食べて血糖値スパイクを防ぐ⇒腹八分でも満腹感を獲得するコツ

カロリーを一定制限することで、体内にNAD(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)という補酵素が増加、空腹感を感じる状態になると、体が必要とするのでNADが増加。
(NADは代謝を促進することで加齢性のさまざまな症状を改善)

酸素は生きていくのに必要だが過多は有害⇒環境要因は大、紫外線と活性酸素の影響は要注意。

過剰な運動によって大量の活性酸素が発生、日頃から紫外線は大量に浴びない様に注意⇒一日15分程度で十分

健康の為と思い自分に合った「適度」な運動⇒運動を日課にすることで、強迫観念⇒一日走らないだけで罪悪感を覚えたり、一日でもやめると筋力が落ちてしまう不安⇒運動には中毒性もある。

ストイックで過重な運動はランナーズハイというか、脳内麻薬⇒この感覚に中毒性があって、そこに快感を覚えるのが「ジョギング病」

適度な筋トレはいわゆる無酸素運動⇒活性酸素は出来ない⇒過度に筋肉を鍛えすぎると、酸素の消費量が一気に増加、有酸素運動のやりすぎと同じ。

適度な筋肉量は大切⇒適量をはるかにオーバーするような筋肉量は、酸素消費増大⇒老化の加速。

ヘルスリテラシーを自ら真剣に確保する事は不可欠な事です、我が家では1日最低1時間は夫婦で健康の為の学びの時間を取って居ます。毎日、毎日、毎日、欠かさず学び、毎日、毎日、毎日欠かさずアップデートして行動を進化させています。

日本では下医と下医以下の医者しか居ませんので・・・自分で上医や中医の知識を身に付けるしか他に生き延びる方法は存在して居ません。

★上医はいまだ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医はすでに病みたる病を治す。
★上医の勤勉な医者は、毒さえも薬となして人を助ける。中医の凡庸な医者は、薬を薬として使って人を助ける。下医の怠惰な医者は、薬を毒となして却って病を重篤にする。
★化学合成薬を使って治療する医師を下医と言い、漢方医のことを中医、そして食事で病気を治す人を上医、つまり食医と言う。

医者に自分が病気になった時に自分自身で最適の薬のオーダーが医者へ出来るぐらいの最低限の知識は必要です。とにかく日本の医者は勉強をしていないので・・・厚生省の作った標準治療マニュアル・・厚生省ガイドライン・・のマニュアル診療しか出来ません。それが間違って居る事が多いのです。

学び抜く、混沌生きる、唯一也・・・切り刻まれて、後悔遅し

2022年03月05日

断捨離不可避・・・その時に備えよ!

日本の医療費総額42兆2000億円/2020年日本1億2610万人・・・一人当たりの年間医療費33.4655万円/年間、83歳迄の平均として生涯医療費は2777万円・・今の時点での総医療費であるからこれから少子高齢化が進み年間1兆円の医療費増が予測されて居るからさらにふえるのであろう。

財務省のhpによると日本の2021年の国民負担率が44.3%(借金をしない場合56.5%)

https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a04.htm

日本人の生涯収入平均

「ユースフル労働統計2019−労働統計加工指標集−」によると、「大学・大学院を卒業し、フルタイムで正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含まない)」は、男性で約2.7億円、女性で約2.2億円

大学・大学院を卒業後、非正社員(非正規雇用)でフルタイム勤務し続けた場合、生涯年収はさらに減少。同調査によれば、男性で約1.6億円、女性で約1.2億円です。正社員と非正社員では、生涯年収で1.1億円もの差。

男性 大学・大学院卒27000万円 高専・短大卒22000万円、高校卒21000万円 中学卒20000円

女性 大学・大学院卒22000万円 高専・短大卒18000万円 高校卒15000万円 中学生14000万円

平成28年度の学校種類別の男女の進学率を見ると,高等学校等への進学率は,女子96.9%,男子96.3%と,女子の方が若干高くなっている。 また,専修学校(専門課程)への進学率は,女子25.8%,男子18.9%と,女子の方が6.9%ポイント高い

2020年高校卒業者は前年より▲13,258人の1,042,549人。 大学進学者の割合は男子が女子 より高い一方、女子は短大・専攻科等・専門学校も含めると78.9%に達し、男子66.6%より も高くなる。 男女計の大学・短大への現役進学率は前年54.3%から55.4%にアップ

96.6%×55.4%=53.516%・・・半分強は大卒と云う事になる。その半分強の平均生涯収入は約22250万円、残りの半分の平均生涯収入は18000万円と云う事になり、総平均は20125万円と推計出来る。

2021年の全体の平均年収は403万円で、昨年からマイナス6万円となった。 男女別では男性がマイナス6万円で447万円、女性がマイナス2万円で345万円となり、いずれも17年以降の5年間で最も低い結果だった

日本人の平均年収はご存知ですか?令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は 436万円

436万円×45年(20歳〜65歳)=19620万円・・上記の20125万円を足して2で割ると・19872万円の生涯年収となる。

**********************

人生の大きな出費は・・(生涯共稼ぎの場合のシュミレーション)

1,家を買う事・・・約5000万円=夫婦2人(金利+メンテ費共)×1/2=2500万円
2,車を使用する事・約5000万円⇒300万円程度の普通車⇒生涯出費1年に約70万円程度)
3,子供を育てる事・1.34×2000万円×1/2=1340万円(2020年の人口動態統計によると、1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は1.34)
4,医療費・・・・・2777万円×0.3自己負担分=833

5,食費・・・・・・・・・・2.5万円×12ヶ月×83年=2490万円
6,生命保険・傷害保険・・・2.5万円×12ヶ月×83年=2490万円

1〜6迄の合計で1億4653万円となる。

フルタイム正社員共稼ぎの2人の総収入は3億9744万円、そして国民負担率が現在44.3%であるから・・・手取りとしては22137万円となりそれから上記の1〜6の合計14635を引くと・・・7502万円となる。1〜6以外に使えるお金は1人1日当たり7502万円÷(365日×83年)=2476円/一日(74280円/月1人)・・となる。

上記を本来この日本が借金をしなくてよい国民負担率56.5%にすると17288万円が手取りとなり・・残りのお金は2653万円となる。同様に1日で使えるお金は875円/日(26250円/月1人)となる。

上記の1〜6に含まれない生活出費は下記の項目が有る。

固定費    駐車場代などの支出項目
水道光熱費  水道代、電気代、ガス代などの支出項目
通信費    スマホ料金、インターネット料金、宅配便料金などの支出項目
保険料    生命保険・傷害保険以外の保険
変動費    外食費・酒代など飲食に関わる支出項目、嗜好品出費
日用品費   掃除道具やシャンプー、ティッシュペーパーなど日用品の支出項目
被服費    洋服や靴、アクセサリーなどの支出項目
美容費    化粧品やエステなどの支出項目
交際費    デートや飲み会、友人・知人へのプレゼント、冠婚葬祭などの支出項目
趣味費    書籍代や映画チケット代など趣味に関する支出項目
交通費    電車やバスの運賃などの支出項目
教育費    塾や特別な習い事・私立の追加分
医療費    保険外の医療費や医薬品の購入費などの支出項目
特別費    イベントなど、毎月発生しない支出の項目
雑費    親や自分の特別介護、介護保険以外の出費、旅行等上記以外の支出項目

上記の事から日本ではフルタイム正社員夫婦で無いと普通には生きていけない事が良く理解できる。奥様がパートや非正規社員では・・・生活出費以前に赤字となってしまう。

上記の1〜6の何を断捨離するか?を真剣に考えないと日本では今後生きていけない。もちろん、さらに老後資金最低2000万円を貯める必要もある!老後の時をそれなりに楽しみながら普通に暮らす為には5000万円は必要かもね?

2の車を買う事は今後MaaSなどになれば生涯で3000万円程は節約できそうである。Z世代はそもそもクルマなんかに全く興味がない。

どれだけ節約しようが・・イビツな国家日本、そして30年も先送りし続けた付けが確実に貴方の人生を襲う!!!これは住宅ローン破綻と同じで・・・8万円の毎月のローン返済が出来ない人に残りの残債3000万円を一期に返済しろ!と命令されるのと同じで・・この30年の放置の苦難が30年分まとめて貴方の人生を襲うと云う事である。

どの角度から検証しても・・・日本の未来は99.999999999%暗い!

アホ国の、アホ民族の、成れの果て・・・プーチン笑う、大和プーチン

2022年03月04日

ぼんぼんと忖度オヤジ(自称番頭)の限界

7年も後出しジャンケンで負ける日本の豊田商店待望のEV、その負け方もその差2倍以上、勝てる所が一つもない現実をボンボンはどう見ているのか???・・・最先端テスラダケでは無くほぼほぼ全ての他のEVメーカーにもぼろ負け

下記のA&Bはトヨタ待望の今春2022発売のBEV・・2015年に発売されたテスラモデル3にぼろ負け

A⇒トヨタ bZ4X(FWD)・・・・価格626万円(装備品標準仕様少なし)
・車両重量:1920kg〜
・最高出力:150kW(204ps)
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:71.4kWh
・0-100km/h:8.4秒
・1充電走行距離(WLTC):500km前後
・タイヤ:(前)235/60R18、(後)235/60R18

B⇒トヨタ bZ4X (4WD)・・・価格777万円
・車両重量:2005kg〜
・駆動方式:4WD
・電気モーター:交流同期電動機
・最高出力:(前)80kW(109ps)、(後)80kW(109ps)
・システムトータル最高出力:160kW(218ps)
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:71.4kWh
・0-100km/h:7.7秒
・1充電走行距離(WLTC):460km前後
・タイヤ:(前)235/50R20、(後)235/50R20

C⇒テスラモデル3(RWD)・・・価格494万円
・車両重量:1825kg〜
・駆動方式:RWD
・電気モーター:交流同期電動機
・システムトータル最高出力:239kW(325ps)
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:71.4kWh
・0-100km/h:6.1秒
・1充電走行距離(WLTC):448km前後
・タイヤ:(前)235/50R18、(後)235/50R18

D⇒テスラモデル3(4WD)パフォーマンス価格717万円⇒3000万円のポルシェの性能と同じ
・車両重量:1919kg〜
・駆動方式:4WD
・システムトータル最高出力:377kW(512ps)
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:78.4kWh
・0-100km/h:3.3秒
・1充電走行距離(WLTC):547km前後
・タイヤ:(前)235/50R19、(後)235/50R19

豊田のレクサスとテスラモデル3の側方衝突実験映像の差は・・・豊田商店のモノ造りの哲学(金儲けしか頭に無い)が明瞭に理解できる。

日本の自動車ジャーナリストと称する豊田商店の吸血生物?飼い殺し忖度生物は・・このロクでもない低レベルの性能(コスパ最悪)の豊田商店のBEVをべた褒め記事を書きまくって居る。まさに戦艦ヤマトをべた褒めしていた76年前のマスゴミと全く同じである。

住宅ジャーナリストも全く同じである、それ故に日本の住宅は世界と比べて30年遅れてしまった⇒先進国レベルの住宅は日本には5%程度(20軒に1軒)しか存在して居ない。このクソジャーナリスのお陰で日本人はアメリカ人に比べて約600兆円もの富を失っている。

この目の前の事実、ファクトを元に言える事はただ一つ・・・⇒ ”終わった!”

まさに沖縄出撃の戦艦大和と丸被りをする。ふー

「プーチンは悪いがロシア国民は何も悪くない!」それホント?

ウクライナの人びとが心配ですね・・・一人の勘違い野郎をリーダーに選ぶ愚民が行った不幸が目の前に展開されています。日本も80〜76年前はウクライナの光景より数倍悲惨な状態で有った事を忘れてはなりません⇒原因は同じです、愚民による間違ったリーダーを選んだ故です。

この悪徳愚民とそれを焚きつけるクズメディアと・・勘違いリーダー・・この構図は今でもあらゆるセクションで延々と続いています。

マスゴミクソゴミで流れている間違った言説!!「プーチンは悪いがロシア国民は何も悪くない!」オイオイ、一応選挙で選ばれたのがプーチンである。国民が選んだ人なのである、プーチンとは・・・

本質を見ずに曲解するのが大好きな日本人!医療も全く同じである。

コロナ禍のゴタゴタを見るまでも無く日本の医療は超遅れている可能性がとても高い、下記は日本の医療機関の医療箇所の内訳である。

5894・・・民間病院
84666・・ 民間診療所・・・民間合計96560・・94%⇒殆どの医者が医療の高度追求、研究の放棄
1575・・・公的病院
4509・・・公的診療所・・・公的合計6084・・ 06%
14272・・ その他医療機関

私達が普通に医療を受けられる病院は102644施設である。

不思議ですね私たちは高額な健康保険料を強制的に支払いをさせられていて、約7割は公的保険から支払われるのに・・・その受け皿としての医療機関の94%が民間であり、全体の82%が医療レベルの低い民間の診療所なのですね!

圧倒的に医師に有利です・・仕事の殆ど(総額42兆2000億円/2020年)が自動的に国民により作られている訳ですし、キッチリお金もサービスに関係なく公的保険から支払われる自動システムが出来ている訳ですから、メチャメチャ恵まれている商売です。

全国の医師数は32万7,210人/2019ですから医師一人当たり相当の医療売り上げは1億2897万円・・もちろん看護師のスタッフや施設や薬等も含めての売り上げですから全部が医師報酬と云う事はありませんが・・それでもスゴイ額ですね!

そして彼らは国民の健康維持については全くの義務を負って居ない!不思議すぎる事が起きています。残念ながら日本には下医とそれ以下の医者しか居ない悲しさがあります。

日医総研が公表している「医療関連データの国際比較−OECD Health Statistics 2019−」によると、日本の医師数は、人口1,000人あたり2.4人という結果、人口1,000人あたりの医師数がもっとも多いのはギリシャで、人数にして6.1人、オーストリア=5.2人、ポルトガル=5.0人、ノルウェー=4.7人、リトアニア=4.6人、スイス=4.3人、ドイツ=4.3人、スウェーデン=4.1人、デンマーク=4.0人、イタリア=4.0人

★上医はいまだ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医はすでに病みたる病を治す、下医以下は患者をいじくり回して死期を早めるか?又は放置と同等の薬漬けにして金だけ巻き上げる。

人生100年の時代。今や日本では男性の3人に2人がガンになり、女性の2人に1人がガンになり3人に1人がガンで死ぬ。脳卒中を抜き、ガンが死因の1位になったのは1981年。その後、ガンの罹患数、死亡数とも年々増加。ガンによる死亡数は30年で2倍以上に増加。

世界的に見ても、ガンは患者数も死亡数も増えている。だが、世界中でガンで亡くなる人の65%は発展途上国の人たち。先進国では、ガンが原因で亡くなる人は減り続けているという。欧米では、大体毎年5%ずつガン死亡数が減っている。

米国では1971年以降、がん全体の死亡率は低下10万人当たりの死亡率は、米国2020年で180人/10万人、日本では300人/10万人

日本ではガン増加が止まりません。1995年の時点では日本も米国も同程度でしたが、それ以降、差は拡大。米国では1年間にガンで死ぬ人は、59万8932人/2020年。日本人は37万8,500人/2021年。人口10万人当たりで換算すると、日本人のガン死亡率は米国の1.66倍になっている。日本は先進国であるにもかかわらず、ガンが原因で亡くなる人が増え続けている唯一の国。

今の今、日本では年間新たに約100万人がガンと診断され、その1/3は15〜64歳の「働き世代」です。比率としては男性より女性の方が働く世代のガン罹患率は高くなっています。そして日本では約180万人が死と隣り合わせのガンの闘病生活を送って居ます。

こんなにリスキーな現状でも日本人はガンの事を学ぼうとはしません、ガンはその原因の8割が解明されていて、ガンにならない方法も8割は存在しているのにも関わらず!!!ガンをガンと云うだけで忌避しています⇒恐ろしくアホーな民俗ですね!プーチン並みのアホーです。

★上医の勤勉な医者は、毒さえも薬となして人を助ける。中医の凡庸な医者は、薬を薬として使って人を助ける。下医の怠惰な医者は、薬を毒となして却って病を重篤にする。

★化学合成薬を使って治療する医師を下医と言い、漢方医のことを中医、そして食事で病気を治す人を上医、つまり食医と言う。

真の実力主義の自由診療のアメリカでさえ医原病の死者数は1位心臓病、2位ガンに次ぎ3位である。アメリカのジョンズ・ホプキンス大学が2016年に発表した調査では、アメリカ人の死亡原因の第3位は医療ミスや過剰な医療といった「医療過誤(医原病)」によるもので、アメリカ国内で年間25万人以上が死亡すると推定した。日本では医原病の死者数が1位38万人/年間のガン死より多い可能性さえあり得る。

日本の医療は確実に間違って居る、一人のアホー医者により日本の医療は捻じ曲げられてしまった。そいつは政治屋とつるみ権力を掌握し、我田引水をして日本人を医者なのに大量に無駄死にさせる日本の医療システムを築いた!!!1957年から1982年までの25年間医師会の会長を務めた金の力で巨大な政治力を持った武見太郎である、その結果、大病院の多くは経営的に苦しくて町医者(診療所)はそれなりにぼろ儲け・・・と云う二極化が起きている⇒医師の多くが大病院の過酷な労働に疲れ果て、報酬が高くて楽な町医者になる。

本来は医療機関は公的色合いがとても大きい職業であるので・・・公的大病院が7割で、その中で医者は技術を磨き上げながら医療を進歩させなければならない。病院と大学病院を定期的に行ったり来たりして学び続ける事が一番大事である。

今の日本の医療は大学病院や大病院では若い医者は殺されてしまう程の過酷な労働を強いられるので皆皆、地域の診療所を開業して健康と金儲けを優先してしまう。そして医療について全く学ばなくなるのである。経営的にも不要な薬を山ほど処方して製薬会社からバックマージンを受け取り生計を立てている。

私の友人の医者がぶつぶつ愚痴をこぼしていた事を思い出す。1年の決算をしてみたら俺は薬屋を儲けさせるために朝から晩まで過酷に働いていた事に気付いた・・報酬の殆どを薬屋に支払っていた!と嘆いていた。日本の医療費に占める薬代の割合はアメリカの3倍である。

そしてヘルスリテラシーを高めるべく一般の若者にも義務教育や高等教育までを通してしっかり医療知識、健康知識を啓蒙する事もとても大切な一番優先すべき仕事で有るハズである。しかし、この一番大事な仕事を医者はして居ない。なぜか?報酬がゼロになる日本の医療行政となって居る。

真に労働生産性の高い国々は自由主義社会に於いて有能な民俗と云える事は間違い無い事である。

OECD(経済協力開発機構)に加盟する先進38カ国1の2020年の国民1人当たりGDPをみると、
1位はルクセンブルク(118,726ドル/1,221万円)
2位アイ ルラン ド(95,513ドル/982万円)、
3位スイス(71,705ドル/737万円)、
4位ノルウェー(63,293ドル/651万円)、
5位米国(63,285ドル/651万円)。

23位日本の国民1人当たりGDPは、41,775ドル(430万円)

OECD加盟38カ国中23位であった。これは、米国の2/3程度に相当し、イタリア(41,964ドル/432万円)やチェコ(42,044ドル/432万円)などとほぼ同水準

2021 年 12 月 1 日時点で OECD 等が公表していたデータに基づいて日本の時間当たり労働生産性は、49.5 ドル。 OECD 加盟 38 カ国中 23 位とこれまた同様にとても低い

優秀な国の特徴は医療機関は公的な大病院がとても多い事が特徴である。なぜか?その方がトータルパフォーマンスが高いという事を知って居るからである。ルクセンブルグに住むすべての居住者は、無料の公共ルクセンブルク医療システムが利用可、特殊な状況では、民間保険が必要な場合がある。

生産性の超低い無能な国民の日本と云う超イビツな劣等国家ではマトモニ生きる為には医療知識も自ら学ばなければまともには生きられない。

日本は世界に冠たる皆保険制度があるから素晴らしいなんて喜んではいてはアホーのそしりを受ける、皆保険制度なんて大赤字の税金投入の持続不可能な制度、それは未来の子供たちに今の医療費を先送りして支払わせている事をしているのと同じである。

今の今コロナ禍で・・・医療にアクセスできずに死ぬ人多発・・・他者の痛みを感じない日本人

バカ者が、自分美化する、愚かさや・・・性悪日本、どこまで落ちる

2022年03月03日

平家物語・・・

本日の日本経済新聞の特集で第34回日経企業イメージ調査の大特集が全6ページを使い掲載

日本人はブッチギリトヨタ自動車が大好きで・・・21年トップ⇒ダントツブッチギリ

私も若い頃はトヨタ自動車が大好きでした、今はしかし、しかし、です私は???何ですね・・・詳しくは書籍「トヨトミの野望」を一読下さい。

大河ドラマで今の今やっている・・・平家の臭いがプンプンして来ます。平家にあらずんば人に有らず!!!的な・・トヨタにあらずんば人に有らず!!!的な俺様臭的匂いが鼻について、もう勘弁してね的な感覚を味わう事が多くなりました。

★実話としてトヨタの販売店の店長から派遣の受付の女の子が「俺の女にならなかったら派遣を切る!」と脅されて相談された事も事実として有ります⇒相談を受けた事がある。

★その他にも「不祥事」ア●シ●製造本部副本●長のト●タ●●氏が就職を希望する女子大生に、内定との交換条件に肉体関係を迫ったとされる問題

https://biz-journal.jp/2015/11/post_12615.html

そして一番の大問題は・・・この色ボケの御仁はその後、子会社の社長になって居ると云う事である⇒普通なら懲戒免職なんて当たり前

マスゴミはダンマリ・・・グループ会社で6000億円とも7000億円とも云われる広告宣伝費でマスゴミは飼い殺しになって居ると云う事なのでしょう。一般社員はたまったモノでは無い。

まさにグループ全体で40兆?円売り上げたとしてもド田舎の・・商店・・のレベルを脱していない!

それにしても日本と云う国は・・新芽の育たない土壌の様ですね。本当の意味で産業を強くしたり国家を強くするのは・・・創業者・・です。創業者のパッションが全ての競争力の根源なのですね・・・ボンボンには無理な領域なのですよ。もちろん、雇われ社長でも創業者が睨みを効かせて居るうちは成長できますが・・・創業者の没後の雇われ社長では・・衰退不可避です。

ですから創業者がガンガン出て来れる世の中が成長して世界競争に勝つために一番大事な事なのですよ!アメリカでもすごい勢いで成長しているのは全部陰に日向に創業者がリーダーシップを取って居るカリスマなのですよ!!!

起業難の日本でも一番起業しやすい業種が・・・飲食店・・・でも日本では成長や延命は超困難

「飲食店が新規開業して1年以内に廃業する割合は、およそ35〜40%、3年以内の廃業率は約70%]

飲食店を開業してからの生存率は、2年で50%、3年で30%、10年で10%。飲食コンサルタントによれば2年後に50%のお店が閉店してしまう理由のほとんどは、「飲食店経営で失敗しないための心得」を知らないこと⇒とにかく勉強して居ない何とかなる症候群で始めちゃう人が多い

飲食店の新規開業の件数も約16万件(平成29年度)でも、飲食店の総件数が142万0182件、新規開業が16万6105件

飲食店100店が開業すれば、3年後に店が残っているのは30店と、とても高い廃業率です。飲食店の経営を順調に進めることが、どれほど大変かは、この廃業率を見ても明らか!

飲食業が一番開業しやすい業種では有りますが・・・生き残るのは大変ですね!

業種を問わない企業における起業の生存率は1年後:27%(生存率:73%)5年後:58%(生存率:42%)10年後:74%(生存率:26%)

帝国データバンクの統計データによると、今現在存在する企業の10年後の生存率は約70%、20年後に約52%今誰もが知っているような大企業の数々も含めても、20年後には約半分しか生存していない

日経ビジネスによると、ベンチャー企業の生存率は、5年後で15パーセント、10年後で約6パーセント、 30年以上続く確率は、0.0021%日本で会社を創業することの厳しい現実がわかる。もちろんこれは全体的な平均値ですから・・・地域差も有りますし、起業の形態にもよります。

成功率延命率の高い大企業の子会社や別会社やフランチャイズ起業などもこの統計の中には入って居ますから・・・独立独歩の裸一貫からの起業は相当苦しく過酷な事が理解できます。

もちろん、時代感も有ります、昭和の40年〜60年代の日本が人口爆増、経済爆増の時代に起業した人は生き残り率もとても高いとは思いますが・・・2000年以降の人口減少、経済伸び悩みの時代の起業はとても過酷な事も容易に想像が付きます。これから日本は少子高齢化、人口減少の経済シュリンク時代に突入していますから・・・余程の能力と努力の無い企業はその延命率をドンドン下げ続ける事に成る事は間違いない事です。

誰もが知る大企業でも目の前で潰れかけたり解体されたり、分社化して身売りをさせられたりしている現実を見れば・・・相当過酷なこれからの日本社会となる事でしょう。

私も起業した人間の一人として私の経験談から申し上げれば・・本当に過酷な人生で有ったと心底思います。日本人は底意地悪くて性悪な人間ばかりで、人生の七味唐辛子を山ほど頭からかけられ辛酸舐め男を経験させてもらいました。

注:人生の七味唐辛子⇒「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」

私はいわれの無いひどい目に遇った時!私は涙ながらにその人に言った事が有ります。

「私!貴方に何か悪い事しましたかね???もし、私が気付かずに貴方の気分を害して居たら心から土下座でも何でもして謝りますから教えてください」

相手は何も言わずにふて台詞を吐いてそのばを逃げて行きます。こんな事が何度も何度もありました。日本人は裏と表を器用に使い分ける民族ですから要注意です!

その経験から起業して間もない若者には・・本当に真剣にその若者の能力や未来を見極めて対応をさせて頂いています。

起業して間もない若者に・・・家を建てると云う大借金をする行為をやめて頂いた事は何度も有ります。せめて起業した事業の借金が無く起動に乗る迄は家を建てる借金はするな!!!的なお願いをいて現実やめて頂いたことが最大の私の貢献と思う事も有ります。そのお願いで私自身の仕事が無くなり何千万円の仕事を自らフイにしています。

私は不幸になる家族をそれで防げれば、私の選択は価値ある選択と心底信じています。何日も何日も起業した若者の事を心底心配して眠れなかった事が多々あります。

それほどに・・・日本と云う国は過酷な国なのです。私自身も起業して間もない頃、この世にバイバイしようと思った事が何度も有ります。まさに血の涙を何度も何度も流した経験者としての悲ししさをご縁がある若者には経験して欲しくは有りません。

他者不幸、蜜の味たる、日本人・・・冷酷無比の、薄ら笑いか・・・恐ろしき民日本人

2022年03月02日

下り階段・・・は負荷が数倍!

世界的な物価上昇圧力が高まる現在、生産者物価指数(PPI・日本銀行が公表)と消費者物価指数(CPI)の2つに注目。

世界全体で卸売物価の上昇は鮮明だ。2022年1月の米PPIは前月比で1.0%、前年同月比で9.7%上昇。
同様に2022年1月のCPIは前年同月比7.5%上昇⇒40年ぶりの高騰である。

賃金の上昇圧力を背景に、徐々にコストを転嫁せざるを得なくなる企業は増える。

世界的にCPIも上昇、米国、英国、メキシコ、韓国などの中央銀行が物価上昇の圧力を抑えるために利上げを実施。

日本では続くコロナ禍で、2021年10〜12月期のGDPデフレータは前期比0.8%下落(季節調整値、速報値)デフレータの下落は3四半期連続⇒国内の需要が減少の継続。

徐々に苦しさ増すわが国での生活で当面の間、今迄と同じような日本銀行は異次元の金融緩和策を続けるだろう。

米FRBはかなり急いで利上げ(5回の利上げ予定が7回と増えた)や流動性吸収⇒物価鎮圧。

日本はステイ、アメリカはテーパリングから資金回収⇒為替レートに大きな影響を与える日米の2年金利差は拡大⇒世界で円安の拡大⇒輸入物価の高騰⇒原油、天然ガスなどのエネルギー資源価格、穀物価格も上昇⇒エンゲル係数の上昇⇒国民の生活苦。

そして日本国経済の大黒柱である自動車の生産は時代変化に対応出来ずに今後低迷が明白。今の所鉄鋼、鉱物性燃料、半導体などの輸出は微増、貿易収支は赤字体質となった。日本のの交易条件(輸出物価指数と輸入物価指数の比率、貿易による付加価値獲得のしやすさを示す)の悪化は不可避。

日本人も日本国の衰退を肌感覚で感じているので将来不安から貯蓄をドンドン積み増して居て平均貯蓄率は35%となり、トータル金融資産は2000兆円を超えている⇒金を使わない!⇒景気の悪化⇒政治屋が大借金をして金をバラまく⇒さらに不安が増大⇒さらに貯蓄性向が高まる。

企業経営者も内向き思考となり、投資をしない!日本企業は時代感を見誤り内部留保(484兆円2021年)を過去最大に積み上げたダケで変革に遅れた。デジタル家電、製造物へのAI化、国際分業やデジタル化、EVシフト、グリーンエネルギー化、メタバース等々ダラ遅れ。

簡単に言えば・・農家が種もみ(484兆円)山ほど貯めこみ田植えを全くしない状態⇒どうやら種もみを自分で食いつなぐ選択をした⇒何れ尽きる⇒それが日本

世界との競争環境を同等に高めなければ競争に勝てるハズも無い、急激な環境変化に、終身雇用、年功序列などの慣習で対応は困難⇒積極的に対応を進めようとする日本企業は多くはない。

成長期待の高い先端分野でわが国企業が競争力を発揮することは無い⇒日本国の貧困化はますます加速度を付けて増していく⇒やがて限界点にぶち当たる!

解っていてもこれを放置(政治屋は自己保身で放置する事しか出来ない)すれば日本はスタフグレーションを起こす確率がとても高くなる。日本人の殆どにファイナンシャルリテラシーは欠片も無いので・・・結果的に放置⇒限界に衝突⇒バーンアウト?

だったら貴方も私もそれを前提で、その未来を織り込み済みで生きなければならない!真に学び続け原理原則を大事に生きればどの様な時代が来ようとも何の事も無い。ピンチはチャンスである。

苦しくとも確証バイアスを一掃しファクトから真に学び、真に感じ正しい立脚点に移動し正しい視点で近未来をイメージし深掘りのレイアー的思考で考え続ける事である。

日は登る、ありがたき朝、今日も来て・・・今を生き切る、眠りつく迄

2022年03月01日

地球星、アジア圏、極東地域、ド田舎痴呆村、字ド田舎日本国村

各銀行が長期金利商品を中心に金利を上げ始めました・・世界はインフレ加速・金利を上げられない日銀!どこまで耐えられるか?

新型コロナウイルス禍で急拡大した実質無利子・無担保(ゼロゼロ)融資の実行額が2021年末に約42兆円。1年前から3割強増大。

倒産件数は6015件、1966年以来半世紀ぶりの歴史的低水準⇒全国企業倒産集計・2021年報

巨額資金の投入は企業倒産を57年ぶりの歴史的な低水準⇒今後返済が本格化⇒無条件か次第故に多額の貸し倒れの可能性大

このゼロゼロ融資は政府系金融機関の取り扱いは22年3月まで続く。

融資後3年間は無利子で、返済を猶予する「据え置き期間」最長5年の制度

企業は猶予期間を1〜2年に設定⇒コロナ禍3年目となる今年は返済が本格化

ゼロゼロ融資の貸出先で倒産が相次げば、債務の80〜100%を実質的に保証している国の財政に大きな痛手となる。民間金融機関も、ゼロゼロ融資自体は政府保証で貸し倒れに伴う損失リスクを負わないが、コロナ禍前に自前で融資しているケースも多く、無傷では済まない。

「政府支援がなければ国内銀行の20年度の不良債権処理費用は実際の3倍の3兆6000億円程度になっていた」⇒ゼロゼロ融資で2兆4000億円の焦げ付きが先送り

企業側の債務負担は増、中小企業で過剰債務の状態にあると答えた割合は32%にのぼった。コロナ後に債務が過剰が増大。

日本の企業の99%は中小企業、そして労働者の約7割が中小企業で働いています。そこがコロナ禍で痛んで居る事は誰の眼にも明らかな事実です。ガンの治療と同じでいち早く点検でガン細胞をみつけていち早く手当てをしないと全部が死んでしまいます。

その場しのぎの先送りポピュリズム!政治屋のやって居る事は・・・真逆の事をやっています。ガンのステージ1の発見を先送りしてステージ3とか4にしてしまう事です。

自民党内の案、政府による中小企業向け融資債権の買い取り構想⇒借金棒引きの令⇒法の下の平等を破壊する政治屋⇒前例は東日本大震災時に実施(明らかに法の下の平等を破壊)

可哀そうじゃないか?恵んでやれ・・・そして恵まれた企業も大倒産⇒延命措置が大半

その場しのぎのコロナ禍3年目に突入⇒大量倒産の可能性大、必要な支援は追加融資が可能か否か???

国家存立の基本のキ・・・税・・・をこれほど適当に扱う国や官僚や政治屋や国民は民主主義国としては世界中探しても日本しか存在しない⇒一党独裁の中国よりヒドイかもね?ロシア並みかもね???

社会学では前近代社会と近代社会の違いについて研究されている、日本は残念ながら明治維新をへて敗戦を経ても前近代社会の構造がそのまま残ってしまった前近代的社会である。

前近代社会の特徴は・・・日本の今の今の社会構造そのものである。

1,集団の意思決定⇒村社会、縦割り社会、既得権集団社会、業界団体社会、農村共同体
2,規律・・・・・⇒上下関係やコンセンサス、世の常識⇒法は平等ではなくその都度解釈変更可
3,関係性・・・・⇒地縁、血縁、学閥、宗教、
4,社会の意思決定⇒慣習、経験、前例、記憶、空気感
5,個人の意思決定⇒情緒、感情
6,成立要件・・・⇒島国限定、排他主義、単一民族の維持

今の今、世界はコロナ禍の正常化に向けて爆速で改善行動の開始を始めました、物価も世界中で高騰をし始め、金利も上げる国が多くなって行っています。しかし、日本は上げるに上げられないのです、金利を上げる事を一度始めたら・・もう収拾がつかないほどのリスクの眼がパンドラの箱を開けたような激変となる恐れが大の・・超痛み切った国、それが日本なのです。

病気治療を30年も先送りし、その病気が顕在化して早く手術が必要と宣告されてもさらに9年間もアホノミクスと云うモルヒネを打ちまくり痛みをごまかし続けた国なのです。そこにコロナ禍です。

なぜにこんなアホーな事が継続可能か?・・・それは日本社会が上記の様な前近代的な社会だから可能になるのです。

正しく考えて、正確な理論や考察や合理性や論理性やルール(法律)など・・・全部無視できる前近代国家なのです。

その現実を表現した証言が存在します。三菱総合研究所理事長の下記の証言です。

(日本では)「いわゆる学歴社会は実質的には壊れている。最近、高専の学生を採用して失敗した事例は無い。東大卒は(採用後の)成功例が大体半分」と企業人から聞いた・・との証言である。

日本の最高学府のてっ辺の東大卒の半分が役だたず!!!(2022年2月17日5面左上記事参照)

壊れ行く、日本国家の、哀れさや・・・気付けし者も、無視され続く

今や不人気のキャリア官僚、東大卒の役立たない下位半分が就職する所なのだろう???

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP