最近よく聞く「ZEH(ゼッチ)」って何?

お問い合わせは
0532-47-0333

はじめに
はじめに

■なんで「ZEH」をやるの?

温室効果ガスの排出量削減」という国際的な重要課題を踏まえ、日本の政府目標として 「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と掲げられています。 世の中の流れとして、「ZEH」もしくは同等以上の性能である住宅が求められます。


■「ZEH」の家を創るためには?

では、「ZEH」である家にするにはどうしたらよいのか?
それには、❶断熱 ❷省エネ ❸創エネ 3つのポイントをクリアする必要があります!

❶断熱(住宅の断熱性能=外皮性能)

1断熱(住宅の断熱性能=外皮性能)

【POINT】
外皮性能の値は、壁や床、天井などに入れる断熱材の性能と、窓やドアなどの開口部の性能で決まります。
ZEHの基準値では、2020年に義務化される省エネ基準より高い性能値が求められます。

❷省エネ(消費エネルギーを抑える)
住宅が1年間で消費するエネルギーは、❶の外皮性能等をもとに、暖房・冷房・換気・給湯・照明で消費するエネルギーを計算して求めます。
【POINT】
エアコン等の性能や、給湯器の種類、照明の種類等で決まります。
ZEHでは、省エネ基準となる消費エネルギー量より20%削減する必要があります。

❸創エネ(創り出すエネルギー)
太陽光発電システム等で創り出すエネルギーが、❷で算出した消費エネルギーより上回る必要があります。
【POINT】
太陽光発電等で創り出せるエネルギーには限度があります。
そのため、より性能の高い断熱材開口部の建物で、消費エネルギーの少ないエアコンや給湯器等の設備を導入し、「使ったエネルギー」をより少なくする必要があります。




■「ZEH」のメリット・デメリット




■「ZEH」導入の具体的な流れ




■まとめ

はじめに まずZEHとは「住宅で消費するエネルギーが正味おおむねゼロ」という住宅です
つまり「高断熱」の建物で高効率の設備機器を導入して「省エネ」を行い
太陽光発電などの「創エネ」で「創ったエネルギー」と「消費したエネルギー」が
プラスマイナスゼロとなる住宅のことです。
はじめに
はじめに
では、ZEHにするメリット、デメリットとは?

メリットとしては、光熱費などのランニングコストを抑えられ、 夏の暑さや冬の寒さをガマンすることなく快適に過ごせること、 ヒートショックなどの健康への影響を取り除くことができることが挙げられます。
はじめに
はじめに
反対にデメリットとしては、

高い断熱仕様や高効率の設備機器、太陽光発電等の創エネ設備を導入するために、初期コストが上がってしまうことやメンテナンス・買い替えのコストも必要となることです。また、必要な大きさのソーラーパネルを設置するために屋根や建物の形状、 間取りが制限される場合もあります。
はじめに
最後に

ZEHの普及は、日本全体のエネルギー消費を削減することに貢献し、国際的な地球温暖化対策への取り組みとしても期待されます。
「2020年には新築住宅の過半数がZEHになっている」という日本政府の目標もあり、世の中の流れとしては、 住宅の省エネルギー化が必要とされていますので、上記のメリット・デメリットを十分に理解された上で、 ZEHの導入を検討していただければと思います。
はじめに





Copyright©2018 Sunhousing Co., Ltd