豊橋・豊川の土地・不動産は株式会社アール・イー・サンハウジング 不動産のお問い合わせは
0532-47-0333

はじめまして。  (不動産購入売却相談コーナー掲示板)

1 名前: 池田博之 投稿日: 2010年03月13日(土)16時11分33秒

池田と申します。ネット見ささせいただきメールさせて頂きました。 突然のメールで失礼します。昼間なかなか電話できないのでメールにさせていただきました。
現在、僕は美容室で働いてます。開業したく事業計画や見積などは作成していざ日本政策金融公庫のほうに面談に行きましたそこで面接官から融資は厳しいと言われました。 なぜかと言うと美容室を開業しようとしてる場所が実家で実家は現在、理容室です。実家の土地を担保に保証人をおやじにしていたのですが土地がすでに担保に入っていて叔父の借り入れの担保物件になってます。評価格は3000万で残金は1400万叔父の家と僕の実家をあわせて2400万の抵当がせっていされてます。あと、問題は親父のクレジットの借金が400万あり根抵当が1000万で設定されてるみたいです。日本政策の人はクレジットが問題でクレジットの支払いをきれいにして担保の第一を日本政策金融公庫にしてもらわないと申し込みはできませんとの事です。担保の入ってる銀行に話した所担保の第一をのくのは無理との事でした。そんな状態ですが僕は2年前にマンションを購入しています。現在のマンションを売って親子間の売買ですが住宅ローンをくんで親の土地と家を買うことは可能ですか?親はもう家を売るとゆってます。僕としては残したいです。よろしくお願いします。携帯 09058879145

2 名前: REサンハウジング 投稿日: 2010年03月18日(木)11時24分54秒

池田さん、ご質問ありがとうございます。一般的な銀行では血縁者(2〜3等親)
の売買にはローンは付けて頂けない場合が私の知る限り殆どと思います。
詳しくは金融機関にお尋ね下さい。

Copyright©2015 Sunhousing Co., Ltd