豊橋・豊川の土地・不動産は株式会社アール・イー・サンハウジング 不動産のお問い合わせは
0532-47-0333

建築なんでも相談コーナー(サンハウジング提供)

HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

■13 / 親記事)  屋根材コロニアルスレート瓦について。
  
□投稿者/ 奈良の困惑人 -(2010/07/16(Fri) 10:09:16)
    はじめまして、宜しくお願い申し上げます。
    当方の建物は、平成20年7月末に屋根吹き替えで、近隣の工務店を通じ下請けの屋根屋で施工しました。処が、本年7月初めリホーム業者で別件で、屋根にあがり、判明した事で葺き替えたばかりの瓦が
    約40−50枚が、亀裂している事を告げられ、唖然としまして早速、工務店へ連絡を居れすぐに施工した瓦屋へ連絡され、見に来て貰った処、その亀裂の瓦を確認した者である。
    これ等は施工当時より亀裂が発生していた事になる。
    瓦屋の発言では、はじめの亀裂は、見抜けない時間の経過で、症状が現れるとの事である。
    たまたま、別の業者が発見した事で明らかに成り、早い措置が取れた事は幸いであつたが、どの様な扱であろうとも施工人の責任もとうぜんであるが、製造元では、高耐久性と、金鎚で叩いても割れないと業者は勧めた事も記憶の中で、何故此れだけの割れが生じた者か大金を叩いて遣り変えた消費者の疑問が払拭する事はできない。
    其処で謳い文句の頑丈さを売り物にする○○○○○屋根材開発事業部へ連絡し相談窓口へ事情を伝えたが、消費者の言い分を軽んじ、メーカーは飽く迄施工側よりの依頼を元に施主へ伺うとの言い分である。
    当方は消費者の立場で、やり直せば済むと業者は思う所であろうが、今後亀裂が、発生する事の疑問が残る所をメーカーで、責任の所在を求めた者であるが、応じては貰えず不信感を募らせています。
    つまり、個人は受注は一回限りであるが、業者は其の都度取引を期待する処で業者側の発言に終始している事である。

    責任ある製造元の因果関係を把握する上で、この事態の説明を求める所である。

引用返信/返信 [メール受信/ON] 削除キー/
■14 / ResNo.1)  Re[1]: 屋根材コロニアルスレート瓦について。
□投稿者/ サンハウジング -(2010/07/16(Fri) 10:25:13)
    さぞ、お困りの事とお察し申し上げます。ご相談内容に付いて三つの視点からの問題発生の可能性が有ると推定されます。1,コロニアル瓦の施行の問題 2,コロニアル瓦そのものの強度不良(ロットの不具合)の問題 3,第三者の悪意又は物理的破壊

    今回のケースの瓦の割れ具合を詳細に調査しないと原因の特定が出来ないと思います。この割れの原因に依ってその改善策及び今後の対応が変わってくると思います。

    コロニアル瓦は一般的によく利用されている屋根材であり人が乗ったぐらいでは普通は割れません、当然メーカーも施工性や耐久性を考えて作成していると思います。また、ご相談文に有ります金槌でたたいても割れないとの性能表現は明らかに誤りであると推定されます。それほどの強度は元来有りません。

    素朴な疑問点・・・1,何故このリフォーム業者さんは屋根に乗ったのか???どのような理由で屋根に乗る必要が有ったのか???リフォーム屋さんは新規のお取引なのか???普通はお付き合いの有る工務店でリフォームもする可能性が大 

    2,屋根を施工した工務店は昔からの付き合いの有る信頼できる会社なのか??

    3,原因を正確に特定するためにはこの屋根材の持つ基本的な強度を第三者(出来れば信頼できる設計士立ち会いの元)強度試験をする必要が有るかも知れません。メーカーの製造工程の不具合なのか?施工時点での不具合なのか???第三者の悪意なのか???

    原因を正確に特定した上で改善策を講じることをお勧めいたします。


引用返信/返信 [メール受信/ON] 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ
相談者とサンハウジングのみ投稿可能。

相談案件を書き込む

Pass/

HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ


Copyright©2015 Sunhousing Co., Ltd