« 2019年03月 | メイン | 2019年05月 »

2019年04月30日

フェードアウトの後に見えてくるもの・・・感謝

物欲からのフェードアウト・・・なんだか?最近欲しいモノが殆ど無くなりつつあります。人間の五欲

五欲とは 【財欲】【色欲】【名誉欲】 【睡眠欲】【食欲】の五つです。

強いてあげれば食欲と睡眠欲は生命維持の為にそれなりにまだある様ですが・・・

【睡眠欲・食欲】お腹が空いた・・起きて居られない疲労の末の生理的欲求

残りの3つの欲がドンドンドンドンフェードアウトしているような感覚を覚えます。

【財欲】金が欲しい、車が欲しい、服が欲しい 物欲

【色欲】異性を求める欲。

【名誉欲】人からほめられたい、認められたい、嫌われたくない、欲。

人間が動物的な部分を色濃く残して生きるか?動物的では無くパスカルの言う”考える葦”として生きるか?まさに分限の上下のどこを生きるか?その事にいつ気付くか?

人が生きる目的として多くの場合語られるのが・・・自己実現

この自己実現の冒頭の二文字・・・自己・・・が曲者です。動物的な色合いの濃い自己なら五欲の満足だけで自己実現が可能になるかも知れませんが?考える葦的な人間を希求する場合・・・この五欲だけでは自己実現とは程遠い事となります。

じゃあ・・・貴方が今希求する”快適な家が欲しい”この欲は上記の五欲の何処に当てはまるのでしょうか?ただ世間一般的な”家を買う”なら財欲・名誉欲あたりでしょうかね?・・・これで家を買ってしまうと・・・動物の家・・・と云うことになってしまいます。考える葦の家・・・ならやっぱり真剣に考えた上で家を希求し家を創造し家を自己の人生の投資として深く深く考え抜いて求めなければなりません。

快適な家の・・・冒頭の快適は100人居れば100通りあると思うのです。財力も性格もスキルも全部違うのですから・・・クルマとおんなじじゃぁ〜ダメと思います。同じように見える車でさえ色々な車種が有るのですから・・・

まさにハードではなくソフトの部分、オンリーワンのソフトの部分を考え抜かないと本当の意味の快適な家は求められないような気がします。そしてこの住宅業界、建設業界、不動産業界はとても恐ろしい業界です。

ソフトの部分なんて全く利益貢献しないし深掘りすれば手間暇時間が膨大にかかり利益貢献どころか損失拡大となるので・・・殆ど考えられていないという恐ろしさです。

すまれる貴方の心のありようの最大快適を・・・人生のジエンドまで生活スタイルの変化や精神の安寧や人格の成長とうとうを家族全員分詳細に考え抜いて家を創造する必要性が有るのです。そして快適な家のレベルはソフトのレベルで決まってしまうのです。このソフトのレベルはそこに住む人の分限の成長、分限の高度化まで考え抜いて創らなければならないのです。

時代も変化しますし人も変化します。社会も変化します。この変化に最大に対応できる家でなくてはなりません。本当に難しく、とても奥が深いのが家創りの本質です、ですから面白いのです。

変化・・・ものからコトへ・・・集団から個へ・・・今のテレビも車も時代遅れの今後フェードアウトして消えていく存在です。私の物欲も3欲はフェードアウトして消えつつあります。残りの食欲(健康)と睡眠(熟睡)は死ぬまでは大切にしたいと思っています。つまり、家も消えていく3欲では無く人間にとって一番大事な心身共の健康が住めば住むほど増進される様な・・・ストレスが軽減出来家族全員が笑顔で健康で居られるような、ポジティブなモチベーションがもりもり湧いてくるような家でなくてはならないと思います。

私はお一人お一人にあったオンリーワンの感動住宅を希求する事が今の最大の希望であり慶びであります。私の生きるエネルギーの源泉は・・・貴方の100%の弾ける様な笑顔を希求する為に深く、深く、深く考え抜く、感じぬく事が私の生きる歓びの源泉です。

その笑顔の為には貴方の分限も上げてもらわなければなりません、そのためには学びは不可欠です。読書は不可欠です、レイアー的ディープシンキングも不可欠です。時代に適合するスキルを何時も何時も獲得して頂かねばなりません。

共に学び抜きましょう。

2019年04月29日

ちょうどいい!を目指す・今やっている事をやめる事の重要性

チョウドいいがなかなか分からないですね・・・まさに足るを知ることが本当に難しいです。ついついオーバースペックを求めてしまいます。その理由の最大のモノは・・・学びの不足特に内観の不足にあると思います。相対的な価値観に必要以上に引きずられるのは自分自身が弱い証拠ですね!弱いことを認めることは自尊心が邪魔をしますからついつい弱いことを認めずに虚勢を張るのでしょう。

六十路過ぎの人生の荒波を何度も乗り越えてきて、学びも相当に真剣に40年も打ち込んできた小生ですらそうなのですから・・・30代の年齢の若者に・・・足るを知れ!!!・・・と求めること自体が少々酷な要求なのかもしれません。

しかも現代ではそれなりに豊かな少年期、青年期を過ごしてきた若者に真なる学びを、真なる自己鍛錬を求めることもそのギャップが大きすぎて真に理解するに至らないのかも知れません。

ちょうど私の年齢がご来店を頂ける若者の親御さんの年齢と重なると思います。私たちの育った時代は最初はそれほど豊かではありませんでしたが・・・生まれたけら40代までは高度成長を経験し40歳からの20余年は・・・ポピュリズム政治屋が大借金を積み重ねてきて私たちは真に困ることなく横ばいの世の中をそう苦労することもなく過ごしてきたのかもしれません。つまり、私たちの世代は私のように世の常識的に見て無謀なチャレンジさえしないで中堅企業以上に勤めていれば真の苦労など普通は知らなくて育ってきた世代なのです。

だから・・・世にいう普通の人生を六十路過ぎまで過ごしてきた親の経験値など貴方の若い世代がこれから行く下り坂の世の中には殆ど役に立たないと思って間違いありません。親の経験値の何倍、何十倍という苦悩を経験するという事になると思います。

貴方には受け入れがたい私の予測かも知れませんが・・・かなりの確率で私の予測通りに行くと思います。なぜなら?この日本の政治システムは完全に壊れているからです。為政者が政治に飽いて栄えた民族など古今東西、歴史上には存在していないのです。

賢者は歴史に学び、愚者は経験より学ぶ・・・原理原則

ありんこがゾウの背中を這いずり回っていても・・・ゾウの全体像は見えません。小さいものが大きなものを理解するなんてことはできないのです。小人が大人を理解することなども同様にできるはずのない事です。まさに・・・古人の言った

女子と小人はやしないがたし・・・です。こびとではありません、しょうにんです。器の小さい学び少なき人という意味です。昔は女子は学ぶことを禁止されていましたから学ぶ少ない女子がこの格言には含まれていますが・・・現代は違います。女子でもガンガン学んだ人もいます。むしろ女子のが男子より器が大きい傾向にあると思います。

人は二つの条件が揃わないと・・・真に考えることなどしない生き物です。1つは時間があること・・つまり暇なこと 2つは困った状態の真っただ中に居ること…めちゃめちゃ苦痛を今感じていること

この二つの条件にならないと人は考える事などしないし、行動を進化させることもあり得ません。

日本人は本当に無駄なことばかりやらされていますかあらゆる世代に時間がとにかく無いのです。私の知っている無職の資産家の80代のご婦人の口癖は・・・忙しい、忙しい・・・です。時間がない、時間がない・・・が口癖です。私から見たら・・・やっているほとんどの事は?????的なことばかりのように見えますが本人はど真剣なのです。

この80代のご婦人を今の若者は笑うことなど出来ないのです。私から見ても30代の子育て世代のご婦人も・・・同じように見えてしまいます。

この日本では企業の投資効率はアメリカの40%程度しかないのです。つまり60%は無駄なことを社員に強いている経営者が山ほどいる国という事です。そんな事は無いと強く思われる方は本日の経済新聞の日米のROA比較の記事を参照してくださいね!労働生産性はアメリカの60〜70%程度ですから・・・投資効率40%からかさ上げされた分が社員が無報酬で酷使されているという事になります。

とにかく日本の若者は・・・私が命懸けで心の鐘をたたいても・・・その音の響きが弱弱しいのです。すぐに響くのをやめてしまいます。まるで鐘楼にガチンとボルトで何重にも固定されているかの様に・・・ガンと短音がするだけで・・・がぁ〜〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜と響き続けないのです。

思い返せば40年前・・・私の心をの鐘をたたいてくれたわが師

私の気付きの瞬間は・・・頭を勝ち割られたようなとんでもない衝撃で師の前で体がブルブルと震えだし感動の涙がとめどもなく流れたのを思い出します。今!思い出しても感謝の涙が流れてきます。私の心の鐘はもう40年間も鳴りやむことなく響き続けています。

正直!!!不思議なご縁で私の前に現れた若者で学びの必要性に気付いたにも関わらず・・・未来が心配な若者は複数います。

なんとかせねば・・・と日々思い悩んでいます。

人生にはたった3回のチャンスしかありません。チャンスの扉はとても短い時間で自動的にクローズされてしまうのです。

神様曰く(この神さんキリストさん)

天はすべての人に平等にチャンスを与えてくれる、そのチャンスに気付くも気付かないも・・・その人、それぞれである。

まきさん曰く(小生の事)

馬を水飲み場まで連れていくことは出来るけど・・・水を飲むも飲まざるも馬次第

2019年04月28日

有限の時・・・あら楽し・・・と・・・ありたいモノです。

テレビを本当に見なくなった・・・殆どのテレビ局で身内でマスターベーションこいているような内輪の番組ばかりである。ドラマなども脚本が超幼稚・・・それ学芸会レベル的なワンパターンが殆どである。ニュースでも勘違いしたキャスターが3分の内容を1時間かけてダラダラと訳の分からないコメンテーターと称するひま人とごちゃごちゃ言っているだけである。

解説の根拠なども全くエビデンスのかけらも感じられない・・・個人的感想

スポーツ番組でさえ・・・こいつら頭悪そぉ〜〜〜って・・・勘違いしたキン肉マンが、これまた身内で戦ったふりしているダケ的な映像ばかりである。スポーツ観戦の醍醐味・・・感動・・・とは程遠いダラダラ映像ばかり垂れ流す

まさに全部ひっくるめて・・・時代遅れのオールドエコノミーの権化

テレビ世代の私でさえ見ないのであるからして・・・今の本当に少ないクレバーな若者がテレビに関心など示すはずが無い

しかしながら・・・テレビの黎明期と共に育ってきた私としては・・・ここでもまたノスタルジーに苦しめられています。毎朝、起床してから3時間後読書が一通り終わった後長年の習慣でニュースを見ようとテレビのスイッチを入れるのですが・・・ほぼ5分程度でチャンネル廻しまくった後に・・・即切りです。なぜか?腹が立ってくるからです。テレビ番組のバカさ加減、出演者の余りにモノ低レベルにヘキヘキとして腹が立ってくるのです。腹が立つなら見なければよい、スイッチを入れなければよいと私もつくづく思うのですが・・・長年の習慣とは恐ろしいモノです。

なぜにAIテレビを実用化しないか??それは既存の何も努力をしていないオールドテレビ局が倒産してしまうからと・・・家電メーカーが忖度しているとしか思えません。5Gの時代には確実に生き残れなくなると容易に想像はつきますが・・・それにしても・・・テレビ局の経営者や幹部社員の・・・気付きのなさにあきれるばかりです。あらためて日本と云う国にジャーナリズムは無いと思い知らされる悲しさです。

それに比べ読書は・・・まさに知の宝庫ですね・・・ワクワクドキドキです。

断言します・・・今のテレビは見てい居る人を確実にアホー(無思考化)にします。

人生って本当に短いのです。自分が自分の意志で自由に行動できる時間ってたった10年程度しかないのです。人生90年の三分の1は眠りにつき、ざくっと3分の1は働いて・・・残りの20年は家族や他者の為に使い、本当の自分自身の為に使える時間はたった10年(87600時間)程度しか無いのです。

吉田松陰の辞世・・・享年満29歳

「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」

豊臣秀吉の辞世・・・享年62歳

「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」

人生のレベルの質の明確な優劣が感じ取られます。哀れ秀吉ですね・・・

ひとたらしの運が良かっただけのチャラ男君と時の質を追い求めた希求の人との差、人格レベルの差、知能レベルの差が明瞭に解る辞世です。富や権力の如何にむなしいか?も良く解る辞世です。もし、あなたが辞世を残すとしたら・・・どんな辞世を残したいですか?

人間とは・・・致死率100%有限の時(たった10年)を生きる生き物です。

大石内蔵助の辞世の句・・・享年44歳

「あら楽や 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし」

貴方も私も人生のやるべきこと、やりたい事をやりきった辞世にしたいものですね!

2019年04月27日

ゴールデンウィーク突入・・・弊社限定営業休み無し

本日より過去最長10連休のゴールデンウィーク突入です。しかし、弊社は一日も休まず限定営業をしています。本日4月27日土曜日、明日4月28日、日曜日は平常営業です。4月29日〜5月6日は限定営業です。4月29日、30日は牧平が担当します。そして5月1日〜5月6日までは地主様担当の服部がお店にでています。

とにかくスタッフ一同一生懸命でお客様の負託に答えたいと頑張らせて頂きます。

しかし、しかし、です。10連休なんて・・・大迷惑以外の何物でもありません、全国民の約25%の人が旅行や帰省をするとの事です。民族大移動ですね・・・約3200万人が大移動する訳ですから大混雑、大渋滞必至ですね

もう・・パーとしか言いようがありません。

有給休暇や春休み、夏休みとして・・・社員さんが好きな時に休みが取れる様な働き方にすれば分散が出来て渋滞する事も無く・・・どれだけ快適で安くて効率が良くサービスを受ける方もサービスする側も双方の働くし人が無理せずにしかも地球温暖化防止になるか!ちょこっと考えればすぐに解る事です。海外旅行なんて約倍も値段がするのですから・・・アメリカ6日間の旅行代金が185000円ほど平常時と比べて高いと云う事です。一人分でも家族全員で松坂牛最高ランク腹いっぱい食える金額です。松阪牛は本当に美味しいですよ!!!これが家族4人で出かけたとなりますと740,000円も高い値段を支払うわけですから・・・恐ろしいほどの愚です。

こんな簡単な事も判らないリーダーを私たちは頭に仰いでいます。バカすぎて・・あきれて大きなため息が出ます。

私は長期の連休は・・・間違いなく家で本を読みふけっているか、近くのジムで汗をながしています。・・・そんな過ごし方を毎回しています。

日本人は働きすぎだから働き方改革をしなくては!!!・・・と云う話をマスゴミから耳にタコができるほど聞かされます。はっきりもうしあげます。日本人は働かなさすぎる!!!が正解です。それは結果が全てを物語って居ます。正確には日本人は労働の質、労働生産性が低すぎてダラダラ無駄な長時間を職場で消費しているという事が正解なのです。それは一重に生産性に全く寄与しない無駄な作業を強制する職場の管理者や社長がトロイだけです。

その原因の根本は・・・バカすぎる10連休を決めてしまう無知と同じ根源が故に、このような事になってしまうのです。それは真に考える能力を奪われているからに他なりません、真に考えるとは・・・原理原則を正しく守りレイアー的に何重にも深掘りして思考できる能力の事です。

この愚は日本のあらゆるところ、あらゆるモノで起きて居ます。一事が万事です。当然私の仕事の不動産でも建築でも恐ろしいほど愚かな土地探し、家作りがなされているのです。

気付いている人はこの愚かさに気付いています。しかし、利他心よりこの事実を告げて差し上げても・・・日本人の99%の人は・・・78年前の参謀総長と同じ事を云うのです。4月23日のブログより

*******************

「石油が全面禁輸で対英米戦となった場合、経済戦力の比は二十対一程度と判断されます。開戦後、最長にして二年間は備蓄戦力によって抗戦は何とか可能ですが、それ以後は、我が経済戦力はもはや耐える事は出来ません」

この報告を聞いた参謀総長杉山元大将は以下の様に述べています。

「よく、わかった。調査及び推論は完璧なものと私は思う。しかし、結論は国策に相反する。故に、この報告書はただちに焼却せよ」

*******************

牧平さんの言う事は良くわかった、それが正しいと思う、しかし・・・・無言、以下思考停止の心の中(私は世の常識に従い私の今までの道を行き穴ぼこに墜落する人生を選択をしたいと思う!)

上記の事を云う99%の日本人・・・日本人の本質は今も昔も全く変わって居ないのですね・・・ふー

人間の本質・・・人は自分に都合の良い考え方をする生き物です。・・・”日本人は優秀である!”まさにこの考え方そのものを表現した本質ですね・・・

日本人の本質は優秀でも何でもありません・・・ただの利口バカ・・・第一レイアーでは数値的には優秀・・・思考の本質を決める第二レイアーでは無知蒙昧・・・行動の本質を決める第三レイアーでは・・・白痴 (はくち)同じ失敗を延々と続ける不思議な生き物と云う事の様です。

その失敗は小失敗概ね30年周期 中失敗概ね60年周期 大失敗概ね100年周期 超失敗概ね500年周期 滅亡的失敗概ね1000年周期・・・そんな周期で延々と失敗を繰り返している日本人と云う民族

オットーフォンビスマルク曰く・・・賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ

この言葉を日本人の失敗に当てはめると東日本大震災の津波高想定3mを決めたことにピッタリと符号します。東日本大震災の55年前の1960年チリ沖地震の津波は3.5〜4.0mだった、まさに経験から津波高さを決めてしまいました。

歴史に学んでいたら・・・津波高さは88年前の昭和三陸沖地震、津波高さ9.5〜13.5m 115年前の明治三陸沖地震では津波高さは16〜19m(遡上高さ38.1mより推定)

まさに、まさに、日本の為政者、学者は経験にしか学ばない愚者間違いなしですね・・・こいつらの間違った決定3mにより約2万人の人生が理不尽に突如奪われ一生苦悩が続く何十万人の生活が破壊され未来の子供たちは数十兆円の大借金を負わされててしまいました。・・・しかし、誰一人この間違いの責任を取った人間は居ません。・・・私はこいつらを鬼畜以下と思っています。

愚かすぎる日本人の歴史から次なる不幸を推定すると・・・この愚かの周期、30年、60年、100年、500年、1000年の全5周期が全部同一時期に重なりそうです。愚かの不幸の5段盛り・・・

心配でなりません・・・心配で、心配で、心配で・・・せめて原理原則、気付きを得て被害を最小限に貴方の家族と貴男の人生を守って欲しいとの思いで日々私自身が学び続けています。

日本人を卒業して地球人に羽ばたいて欲しいと日々念じています。日本人を卒業できそうにない人は・・・安全な所に自分の居を築いて自給自足の道を今から思考して準備をして欲しいとおもいます。

この10連休・・・為政者のバカに踊らされる事無く、時に追われる事ない貴重な自由な時を活用して、この時に貴方の人生の中で確実に襲い来る9項目のリスクをヘッジする最善の道をレイアー的な思考で多重的にイメージして見て下さい。イメージの仕方の判らない方は是非ご来店をして下さい、私がファクトをもってお手伝いをさせて頂きます。

今回のバカすぎる10連休を・・・価値ある10連休に貴方の正しい思考と行動をもって大転換をしてくださいね・・それでは良き連休を!!!

2019年04月26日

まさに・・・オールドエコノミー企業・・・ふー

とにかくトロくさすぎる。本日の新聞チラシは両面印刷A3判にして65枚ほど入って居ました。チラシを入れてる業種は住宅・不動産・家具・家電・スーパー・パチンコ・自動車がその殆どを占めて居ました。まさに全てがオールドエコノミーの権化みたいな業種です。推定チラシ価格として本日1日にして約8000万円位かかって居ます。そしてこれが全部ゴミになり地球の環境を最悪にしています。

チラシを入れるという事はチラシを入れれば集客が確実に上がるので・・・企業は莫大な無駄な費用をかけてチラシを入れるのです。そして、このチラシ代は顧客が100%負担させられているという事です。このネット時代が始まってはや30年・・・未だにこんな事をやっている企業が山ほどあるのがこの日本・・・オールド国家そのものの様な気がします。

そして住宅限定で言えばもっと恐ろしい事に・・・これらチラシを入れている企業はそれほどの大企業では無いという現実です。つまり、1棟当たりのチラシ負担費は相当な額になる事が容易に想像が付きます。

地元中堅工務店に限らず豊橋地域限定棟数で言えば・・・年間30棟やれば超優秀企業です。日本人口12700万人÷豊橋人口37万人=343.2倍

豊橋地域で年間30棟新築している施工実績がある企業は・・・全国業者と比較した場合・・・年間30棟×343.2倍=10296棟/年・・・棟相当となり人口当たりの施工占有率は全国区の大手ハウスメーカートップレベル3位相当となります。

1 積水ハウス 13,294棟(2018年1月期)
2 セキスイハイム 10,820棟(2018年3月期)
3 ヘーベルハウス 10,076棟(2018年3月期)
4 タマホーム 9,386棟(2018年5⽉期)
4 大和ハウス 9,227棟(2018年3月期)
6 住友林業 7,608棟(2018年3月期)
7 ミサワホーム 6,309棟(2018年3月期)
8 三井ホーム 3,705棟(2018年3月期)
9 アイフルホーム 3,306棟(2018年3⽉期)
10 アキュラホーム 1,623棟(2018年2月期)
-※ 一条工務店 12,500棟(2017年3月期)

チラシを年間30回入れる場合・・・30回/年×120万円/回=3600万円÷30棟/年=120万円/棟

チラシは継続的に入れないと殆ど集客効果は無モノであり、最低でも2週間に1回以上入れないと殆ど効果なしと言われています。もちろん、チラシには来店時の得が記載して居なければ普通は来店して頂けないので数千円程度の得が記載されています。この経費も建築原価に算入されます。ちらしだけで一棟当たり120万円の宣伝経費を大切なハズのお客様に負担させているブランド工務店って???どんな企業哲学なのでしょうかね?この様な派手派手損得を誘因とした集客をしている企業、見栄張るブランド戦略はチラシや来店お土産だけでは無く色々な宣伝広告、物品サービスをしています。現実には恐ろしすぎるほどの無駄な集客経費をかけ、来店総数冷やかし客を含め約30〜50人分。その中から営業をかけたった一人のお客様となった人が集客経費総額を自ら負担させられているという・・・悲しすぎっる現実があります。

チラシ負担分120万円あったら床暖房と制振装置が両方とも付けられる金額です。お客様の床暖房と制振装置を金だけ取ってゴミ箱に捨てる経営哲学とも言えそうです。

私は日々若いお客様に接していて不思議に思う事があります。このもったいなすぎる事実を知った上でも・・・こんなことしているブランド工務店が大好きと言われるお客様が少なからずいる現実に接する時・・・洗脳の恐ろしさを感じます。

正しく学べば・・・オールドエコノミー建築会社のチラシなどを使ったブランド戦略に迷わされる事無く正しい家創りのスキルがお客様自身に身に付くのにもったいない話ですね・・・。

学ぶという事は・・・まさしく自己投資・・・こんなにオールドエコノミーがうじゃうじゃ居る日本でも複利で5%の投資なのです。世界の本当の意味の先進国では学びは複利10%の積立投資と言われています。

毎月コンスタントに3万円相当(学ぶ時間にしてたったの5〜10時間/月・時給換算・個人差あり)の学びに対する投資(行動)をすれば10年後には投資金総額360万円に利息が付き6,145,349円のリターンとなって貴方のお金を生むスキルとなって戻ってきます。・・・簡単に言えば10年でお給料が2倍になるという事です。

これかの近未来に特に重要になる人間の分限を上げる為の学び!それは今でも大企業では社員一人一人の能力や適性をAIで分析させて入社の合否を出したり勤務セクションを決めている傾向が出始めています。近未来・・・貴方の能力を今とは何百倍も高性能になったAIに決められてしまう可能性は大です。個人個人のスキルや適性や分限までもAIで的確に数値化された場合・・・ギグエコノミーへ従来労働システムから移行する可能性も大です。今までは大企業の歯車としてスキルの高低のある個々の社員がなんとなく共存で来た労働環境は終わりを告げそうです。

そんな近未来に生き抜くために、学ぶという事の本質に気付くために弊社のキッチンセミナーは存在しています。是非ともご参加ください!!!間違いなく第一優先順位です。学ぶという事は生きるという事そのモノですからね(笑)

2019年04月25日

不思議の国・・・その名は日本

やっと雨が降ってくれました。ありがたい恵みの雨です。今年は東三河のダムは例年の20%程度しか溜まって居ないとの事です。つまり、今後雨がドバーっと降り大災害が起きるか?このままカンカン照りの水不足か?何れかになる確率が高いような気がします。

今、浜名湖沖では真夏に回遊してくる魚が釣れているとの報告もあります。春と秋がとても短くなり冬からいきなり夏なんて感じもしています。明らかに地球の温暖化は進みつつあります。

原理原則・・・良い原因には良い結果、悪い原因には悪い結果です。そして大自然の法則はこの悪い原因を作った輩を減らす方向性で原理原則を忠実に守ろうとします。

原理原則とは宇宙の法則でもあります。

私もなるべく温暖化ガスを出さないように心がけて日々生活をしています。これは一人一人が心がける事でしか解決しませんが・・・五欲にまみれた教育しかしていない現代社会教育では・・・この愚かすぎる悪い原因を結果を治すべく大反省するのは・・・人類が半減した時なのかも知れません。

この原理原則を経済的観点から破り続けている世界の先進国と言われる強欲国家・・・これもいずれその責任を取らされるのかも知れません。わが日本もとてもじゃないが原理原則に忠実とは言い難い行動をしています。日本には現在約434万社と云う企業があり、その内訳は下記になります。

中小企業. 約432.6万社. 99.7%. 大企業. 約1.2万社. 0.3%. 従業者数. (4,013万人). 製造業付加価値額 ... 中小. 約27. 69. 大企. 約12. 30. 中小企業. 約2,784万人. 69%. 大企業. 約1,229万人. 31%.

この内近未来日本が国際競争力を持ち生きていく為には・・・中小企業の約280万社が淘汰されつつ残りの強い中小企業が160万社程度に規模拡大し現在何層にもなっている下請けピラミッドを最大3層ていどに収れんされて行かなければならないとの研究結果もあります。

しかし・・・日本の恐ろしい事は世界の先進国には普通にある潰れた企業の社員や経営者が復活できる可能性のあるセイフティーネットが殆ど無い事です。このセイフティーネットを今から創ろうにも・・・莫大な大借金をしていて、もう全く余力無しですから・・・身動きとれません。

原理原則に反して・・・大きな誤りを犯し続けている日本と云う国の未来はそうとうシンドイ事になります。

勝ち組と言われている大企業でさえ・・・その経営者は殆どがパーです。この感想は日本でブッチギリ一番好成績を出している某ファンドの社長と私は同意見です。面談の上直接意見交換した実録です。日本の大企業のビジネスモデルはピンハネビジネスモデルですから・・・殆どの日本の大企業にイノベイティブな知恵も技術もありません。故にジリ貧で日本では大企業でも世界の先進企業の下請け部品屋に落ちぶれている現実を直視する必要性があります。

改革、改革、改革なんて政治屋も官僚も為政者すべてが連呼していますが・・・何もしていません。ただで簡単に今でもできる事を全くしないのです。強欲坊主のお念仏と一緒です、心など全く入って居ないのです。

この日本では法の下の平等という憲法さえ・・・誰も守って居ないのですから・・・悲しい現実です。

東京の暴走プリウスの運転手・・・高級市民は逮捕されずに・・・神戸の暴走バスの運転手は逮捕されている現実に誰も異を唱えません。高級市民は何人もひき殺して於いて救急車さえ呼ばないのに逮捕されないのです。

不思議すぎる国に私たちは暮らしています。ふー

2019年04月23日

賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ!

日本国民必読の書・・・なぜ必敗の戦争を始めたか・・・陸軍エリート将校反省会議・・・編・解説 半藤一利

この書籍はノンフィクションそのもの・・・当時の天皇や総理、東条英機、軍人の多くの言もなまななしく出てくる過去に起きた事実なのである。だらだらと戦争犯罪人(戦争を決断した当事者)に等しい人の言の羅列が延々と続くが故にかなりの読みにくい本でもあります。そして本のタイトルには”反省会議”とありますが・・・反省らしい言葉は出てきますが、読み終わった私の感想からすればこいつら殆ど反省などしていません。そんな反省などと云う感情は一ミリも伝わっては来ませんでした。

日本人ほど反省と云う言葉と縁遠い民族は居ない!!!人間の真なる進歩とは反省した分だけしか進歩しないのに悲しい事である。故に日本人はハツカネズミの様にぐるぐる、ぐるぐる・・・同じところを回り続け、そして定期的に大不幸の引き金を自ら引く民族の歴史を持っている。

そんなこと・・・知らん・・・現代に関係ない!という貴男の、貴女の声が聞こえてきそうです。しかし、確実にこの定期的な大不幸のサイクルは貴男の、貴女の人生にかなりの確率(99.9%)で起きそうです。あらゆる日本国の現代のあらゆる客観的データーがそれをエビデンスを持って裏付けて居ます。

それは78年前に、この恐ろしいほどの愚をやったエリート将校の言と、今の政治屋やエリート官僚の言がウリ二つである。全く同じなのである。

出来れば貴方にもこの読みにくすぎる本でありますが是非読んでもらいたい・・

賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ!!!この原理原則を知る意味でもお勧めします。しかし、私の様に活字の虫でも苦労した本ですから・・挫折者続出を懸念して本質の一部を下記に記します。

当時の戦争経済研究班の総意として参謀総長杉山元大将に具申した報告文に以下にあります。

「石油が全面禁輸で対英米戦となった場合、経済戦力の比は二十対一程度と判断されます。開戦後、最長にして二年間は備蓄戦力によって抗戦は何とか可能ですが、それ以後は、我が経済戦力はもはや耐える事は出来ません」

この報告を聞いた参謀総長杉山元大将は以下の様に述べています。

「よく、わかった。調査及び推論は完璧なものと私は思う。しかし、結論は国策に相反する。故に、この報告書はただちに焼却せよ」

国の軍の幹部も総理も・・・日本の国力が長期戦には耐えられない事、絶対に勝てない事を十分理解していた!!!それなのに戦争を始めた!

ひるがえって・・・上記を現代の日本に置き換えると・・・

国の軍も幹部も総理も・・・日本の天文学的な借金は長期的に増え続けてもはや耐えられない事、絶対に借金など返せない事を十分理解している!!!しかし、延々と借金を続ける選択をしている。それなのに莫大な金のかかる事ばかりを始めた!

原理原則は・・・絶対に不変であり普遍なのです。

現在のあなたは間違いなく原理原則に反しています。78年前の日本国民と全くおなじです。!!!

大反省をして学ぶ事を第一優先順位に早急にすべきです。それ以外に貴方の家族が助かる道はあり得ません。

グローバル化とは本当に恐ろしい事です。本当に優秀な人は国と云う概念が無くなるのです。クズだけが貧民窟としての近未来の日本に縛り付けられてしまうのです。悲しすぎる未来です。悲しすぎる日本国の歴史反復です。

真実とは不快なモノですね・・・ふー

2019年04月21日

落ちこぼれの・・・見栄

日本人の6人に1人は可処分所得が年間122万円未満しかない人「相対的貧困」に該当します。「可処分所得」が全国民の中央値の半分に満たない人の割合のこと。日本においての中央値は、245万円・・・これが日本人の真ん中です。私などは恐ろしく低いと思いますし、当然家を求めている貴方も・・・同様の感想と推察申し上げます。現代の若者男性の4人に一人は結婚できないと結婚をあきらめています。・・・ますます少子高齢化に加速度が付きそうですね・・・

テレビ番組で若者の婚活問題をやっていました。AIに婚活の成否を分析させると・・・オシャレな人ほど結婚できないという結果になりました。オシャレ=金使いが荒い=婚姻持続可能性が低い・・・と今の若者は判断するとAIは結論付けました。現実にそうなっているとの事です。

私の時代とは真逆の結果です。それだけ経済的ゆとりが無いという事の証明の様です。

賃金水準、世界に劣後 脱せるか「貧者のサイクル」そして全ての年代の世帯の三世帯に1世帯は預金ゼロの現実、働ける現役世帯の預金ゼロは、苦しいけど何とかやっていけるかも知れませんが・・・働けない高齢者の世帯の預金ゼロは・・・どうなるか?生活保護が爆発的に増えそうな予感がします。

そして我が日本は世界の劣等生・・・「労働者1人の1時間あたりの賃金」は、この20年間でイギリスは87%、アメリカは76%、フランスは66%、ドイツは55%も増えた。韓国は2.5倍になった。ところが、日本だけが9%減り、主要国の中で、唯一のマイナス。日本人は「国際競争力の維持」を理由に、国や企業から賃金を減らされ続けてきた!!!

昨日のブログにもある・・・日本人の国際競争力は世界5位です。しかし、日本人の労働生産性は世界の22位とも28位とも言われています。サービス残業を入れれば世界40位くらいでしょう。そして世界での色々なランキングもだいたい50位前後です。しかし、何故に5位の能力があるのにも関わらず・・・本当の実績は世界50位か???まぁ〜実力も無いのに見栄張りすぎてケバケバに着飾り結婚できないチャラい妄想癖のある、そこらの兄ちゃんねえちゃんの様な無能なボンボンをリーダーと仰ぐトロくさ過ぎる国と云う事でしょうかね?

ふぅ〜〜〜ん50位?かぁ〜ではありません。つまり、一般的には順位が低い国は発展途上国が多いです、これらの国は順位が低い分、生活物価も低いし生活水準も低くてもそれが当たり前なのでそれなりに何とかなるのですが、日本は一応先進国とされていて物価も飛びぬけて低いわけでは無いのです。それなのに労働生産性が低位であり、相対的貧困率や成長性がとんでもなく悪いわけです。悪いのに・・・日本人はそれほどの困窮感やスラム街が一部の地域を除いて殆どない!それは生まれても居ない未来の子供たちからポピュリズム政治屋(与野党共クズ)が許しも無く大借金を延々と続けて居るからです。それを唯々諾々と許している国民(愚民)が殆どなのです。

私は思うのです・・・貴方は本当に我が子が大切だ!と胸を張って言えますか?

我が子の未来を食いつぶしている輩を唯々諾々と許している貴方!には本当の”愛”を語る資格は有るのですか???

真実とは不都合なモノであり、腹が立つモノであるようです。

2019年04月19日

日本人を卒業して地球人になる!いつ?・・・それは今

バカすぎる忖度ちょうちん持ち政治屋・・・消費税を延期して衆参同日選挙のアドバルーン・・・バカすぎる、最悪日本売りで大不況

国民がこうも馬鹿にされている悲しさ!!!・・・欲得は欲得で滅びるのです。

恐ろしくアホーな国民が恐ろしく我欲が強いアホーを選び続けている日本と云う国に未来はあるのか???

本日のお客様にも申し上げました・・・日本人としてツツガナク生を全うできる確率は年々下がり続け・・・もうゼロパーセント一歩手前!!!故に貴方は日本人をやめて”地球人”になりなさい!!!とアドバイスをさせて頂きました。

もう世界の本当の意味の実力ある先進国は・・・世界中から優秀な人を集めて地球国として脱皮をしています。

忖度の権化・・・日本商工会議所の会頭も・・・頭から湯気を出してバカな政治屋に怒りをぶつけて居ました。

本日お目にかかった現政権大好きのオールドエコノミー経営者、私より10年ほどの先輩、地元有名中堅会社の社長さんもさすがに・・・これはいかん!!!と・・気付き・・・頭から湯気を出して怒って居ました。

なぜにこうも日本と云う国が劣化をしてしまったか?・・・それはリーダーの育成とリーダー選びの失敗しかありえません。

日本人の国際競争力は世界5位です。しかし、日本人の労働生産性は世界の22位とも28位とも言われています。サービス残業を入れれば世界40位くらいでしょう。そして世界での色々なランキングもだいたい50位前後です。しかし、何故に5位の能力があるのにも関わらず・・・本当の実績は世界50位か???

世界ではその国民の競争力ランキングと労働生産性ランキングを始めとする各種世界ランキングは多少の前後はあるもののほぼ同一になっています。世界で日本だけが10倍以下という不思議な事になっています。このままいけば・・・ますますこのランキングは下がり続ける事は容易に想像が付きます。・・・原理原則に当てはめれば・・・下がるしかない!

日本人はごく一部のやつらと、目を覚まして必死に地球人に脱皮の努力をしている人を除いて・・・日本国を脱出できない殆どの国民がド貧乏人に成り下がります。

原理原則・・・あらゆるものがこの法則に従い収れんをします。

日本は1%の大企業と99%の中小企業です。こんな状態の国は世界中で日本だけです。つまり、1%が99%を支配している国なのです。これはあらゆるモノがこの1対99の法則で規定されてしまっているのです。そして最悪な事はこの支配する1%が腐り始めているという事です。地球人として脱皮の努力が出来ない人はいこの1%の中に入れない裕福な生まれや、高度な教育環境を生まれながらに持っていない人は・・・全員・・・奴隷的支配される側の層に成り下がる運命です。

日本の大企業なんて何の価値もありません、下請けイジメしてピンハネビジネスモデルで稼いでいるだけですから・・・何の価値もありません。そこで働かされている社員さんだって・・・使い廻しが出来ない一つの大企業オリジナル部品として教育され離脱できないようにかごの鳥としてしか認められていないのですから・・・
悲しい限りです。こんなの高度なスキルでも何でもありません。時折、元●●大企業管理職なんて名刺を自費で刷ってしまう人も居る様ですから・・・名刺すらなくても元●●大企業の部長なんて肩書をいまだに連呼している人も現実に居ます。悲しい限りです、これは私は個人的には何の価値も無い人間と自ら宣伝している様な悲しすぎる光景です。正しくは・・・私のスキルはこれとこれとこれです。的なリクルート時の説明が正しい個人の説明です。倒産したブランドを身に付けて威張っている勘違いマウンティング女子となんら変わりません。

理想形は・・・3割の大企業、3割の中堅企業、そして3割のオリジナル企業・・・1割の頭脳集団・・・これが理想形です。この形に一刻も早く収れんさせないと日本の未来などあり得ません。

バカが治めるバカの為のバカな国・・・これが1対99の現実です。

この悲しいほどの現実が何故に伝えられないか???それは本日の新聞記事にあった世界各国の報道の自由度ランキング2019によると日本は世界180か国中67位との事です。67位と云うポジションは・・・確実に報道に問題あり・・・と低評価となります。ちなみにフェイクニュースと何時も叫んでいるトラちゃんの居る拝金主義の国でさえ評価は48位です。何故にそうなるか?その原因も発表されています。

それは・・

経済的な利益が優先され多様な報道がしずらい・・・そういう経営者が報道機関の経営者の全て・・・と云う事です。そして個人の記者が使命感で勇気を奮って正しい歩道をすると確実に嫌がらせを受ける・・・との事です。

これは私の個人的な評価ではありません。世界の国境なき記者団の調査結果です。

アホーのトップと忖度茶坊主取り巻き議員と忖度マスゴミと我欲先送り大好き経営者と利口バカ教育屋とそれにより洗脳される無思考国民の負の連鎖

それが・・・国民の競争力世界5位なのに・・・国全体の競争力順位は世界50位10倍の差が生まれる理由です。

私の言ってることがウソか?まことか?・・・あなた自ら確認してください。そして貴方が何をどう感じどう行動するか???が今!問われています。

2019年04月18日

春の芽吹き・・・感動の新緑・・・わが庭の風景

希望と云う新芽に不安と云う霜が降りて・・・新芽が腐ってしまった状態が日本の様な気がします。これは個人も企業も組織も国も・・・日本のあらゆるカテゴリーに当てはまる様な気がします。新芽が殆ど無い状態をどうするか?・・・とっても息苦しい呼吸がしずらい喘息の様な状態・・・と思います。

今の若い人は希望と云う若者の特権を感じる事を許されない時代の中で生まれ、強欲極まりないジジイとババアに新芽を食いつぶされ・・・そして若者の未来まで大借金の担保に知らぬ間に入れられて餓鬼道を生きるジジイとババアが強欲の限りを尽くしています。

それはジジイとババアの強欲を満たす政治をする事が現在の為政者が我田引水するに誠に都合が良いからです。そしてその間違った価値観を多くの国民に宣伝、洗脳する役割を日本のマスゴミが担っています。

80年前から78年前と全く同じ事が今この国で行われています。天皇を見ただけで涙するジジイババアが山ほど居る現実に私は恐ろしさを感じますし、それを延々とテレビで流し続け美談にするマスゴミにも恐怖を感じます。

私も象徴天皇制度は世界を俯瞰した場合には、とても大切な事と思っている人間の一人です。私はイデオロギーは右でも左でも中道でもありません、私は原理原則に忠実に生きようとしているだけです。

象徴は象徴であって・・・感情移入するものではありません。それが故に何百万人の同胞の無駄死にと一千万人超の人びとが無駄に殺戮されました。

どうやら日本人と云う人種は・・・反省・・・が大の苦手な人間の集団の様です。

我が家の庭木は・・・今、猛烈に芽吹きをしています。爆発的な新緑のエネルギーの凄さを感じています。しかし、ふた鉢ほど苗木を真冬の間ケアを何もしなかったものは・・・未だにその色はくすんだ黒にちかい深緑でちじこまったままです。まるで今の日本の様です。

原理原則に外れた日本と云う可哀そうな国に私たちは私たちの人生を任せています。このままでは・・・悲しい辛い未来しか来ません。多くの賢者が私と同意見です。そこでそれを防ぐ唯一の方法があります。

キッチンセミナーで皆様にレクチャーさせて頂いたレイアー的な思考・・・レイアーを一つ深掘りして一段階上(思考レベルの深い)の価値のレイアーに移る事です。つまり、日本人から地球人になる事です。今現在勝ち組企業でも同じ事を模索しています。今まで水上産業として利益を独り占めしていた豊田商店を始めとする大企業が時代のスピードについて行けずに崩壊の危機に瀕しています。それはプラットフォーマーと云う元請けの一つ上のレイアーが出来上がりつつあるのです。全ての産業に付いて・・・このプラットフォーマーが支配する近未来が確実に来ます。

貴方が・・・つつがない人生を送りたいと強く思うのなら・・・プラットフォーマーに所属する事です。近未来正社員と云う概念も霧散する可能性が高いですからプラットフォーマーシステムに価値を提供できるスキルを身に付けシステムの一員としての価値を持ちづづける努力を今からしなくてはなりません。

具体的には 少し前までビジネスパーソンに欠かせない3本柱は、「英語」「ITスキル」「金融リテラシー」と言われてきました。これからのプラットフォーマーに価値あるビジネスパーソン(付加価値をつけられる人間)になるには、どうしたらいいのか。方法は2つしかない。1つは知恵のある人の言うことをよく聞くこと。もう1つは読書である!先の3つのスキルは持っていて当たり前であり、そして古くから言われていてなかなか出来ない上記の2つの事をする事により何が生まれるか?どんなスキルが身に付くか???

それはイノベーションであり、創造的な価値を生み出す事であり、クリエイティブな思考ができる人間になれるという事です。特に1番の知恵のある人の言う事をよく聞くという事は・・・

本当に知恵のある人は1万人のビジネスマンに対して一人程度しか存在しませんし、そこそこ知恵のある人でも1000人に一人しか居ないのです。その出会いの確率はとんでもなく低いのです。今に云う成功者と言われる人には確実にこの出会いがありました。本当に思考する為には・・・人は人によってしか磨かれないのです。1000人に一人しか居ないクリエイティブな人は10000人に一人しか居ないクリエイティブな人により見つけ出され磨かれるのです。そして2番目のたゆまぬ読書の必要性は・・・キーパーソンに出会った時にご本人様に気付きがあるか?無しかに大きく影響します。

私の好きな言葉に・・・下記の言葉が有ります。

神様はこの世に存在する全ての人に平等にチャンスを与えて下さっています。そのチャンスに気付くも気付かないも・・・その人それぞれです。そしてその与えられるチャンスは一生で、たった3度のみです。この3度の中で気付きが早くチャンスをモノにした人ほど、利他に生きた人ほど成功のグレードが高いのです。

チャンスに気付いても・・・既存の価値を捨てられない人、既存の価値に引きずられる人は多くの場合失敗をしている様です。行動する為の必要条件は、今まで大事にしてきたことを捨てる事です。

そしてパチンコのチューリップは何時までも開いては居ないのです。(ちなみに私は今までの生涯でパチンコは2度しかしていません。)

人はあらゆる人が・・・致死率100%有限の時を生かされているのです。

良き出会いを・・・そしていち早い気付きを!!!

2019年04月15日

ノスタルジーの洗脳呪縛からの解放=新しきを学ぶ事

ふっと気が付くと・・・いらないモノを求めている自分に気付く!!!なぜだろう???どう考えても必要ないのに・・・なぜか?気になる。気にならないといけないような不思議な精神状態!!!まさに・・・無い時代を経験した我欲のノスタルジーからの呪縛!!!

時々ふっと・・・こうなる。

コレクター心理なのかも知れない。私の知人が時計が趣味で・・・かなり数の時計を所有しています。奥様から・・・言われた言葉

あなた!!!あなたの腕は何本あるの???

何故に本来必要も無いものを・・・ちょっとだけデザインや機能が違うだけで欲しくなるのか???その本質は五欲や見栄心なのだろう!!!無いものを求めたときの歓び、物欲の充足の快感・・・他者との差別化を図る事による優位性の快感、マウンティング快感??

私がいつも口にしている・・・足るを知る

お金は必用な時に必要なだけあれば良いのです。必要な時に必要なだけ稼ぎ出す事ができる様な世の中が本来一番効率が良いと思います。アメリカの一人勝ち経済好調は大金持ちも貧乏人も貯金を殆どしない生活スタイルが故に・・・経済の血液たるお金がぐるぐる回る事により好景気、一人勝ち組なのかもしれません。しかし、トラちゃんになってから借金を山ほど積み上げ始めましたから・・・この良好な経済循環に落とし穴があるかも知れません。

本来物欲など際限が無いので限定的な広さの地球上の生物たる人間の為には良いわけが有りません。その最たる弊害が・・・地球温暖化による天候気候の凶暴化だという事は賢者は100%理解しています。しかし、地球上には賢者は1%程度しか存在しないという人間界の現実的な不幸があります。

今朝ほど我が家の猫の額ほどの小さな庭に植えてある木々がすごい勢いで芽吹き始めた様子を見て、感じて・・・なぜか?小さな慶び感を感じました。確かに美しく庭を維持するのは大変な時間と大変なお金が必要です。自分でやれば手は荒れ放題、足腰は痛いし、汗まみれです。庭師さんに全部お願いすれば1年に何十万円もかかります。そして夏の水やりの水道代だけでも10万円超かかります。庭なんて今どきの時代感には全く合いません。

今考えれば・・・庭は猫の額の大きさでは無くカエルの額ほどのもっと、もっと小さな庭を造り、それを建築学的な知恵と造詣をもって・・・猫の額に感じられる広さに設計をすればよかったのに・・・と大反省です。その原因は・・・未来を俯瞰できずに我が家の庭作りを・・・オールドエコノミーの権化たる・・・老舗の豪邸の庭ばかりを創作して来た過去ブランドの庭師さんに丸投げした事が原因です。さすがに金食い虫の”黒松・五葉松”だけは拒絶をしましたが・・・

本当によくよくレイアー的な何重にも及ぶ思考をキチンとして判断をしないといけないと思います。庭の維持代も町内の寄付も一旦始めたら死ぬまでやめる事が出来ない類の人頭税と同じだと思います。・・・×50年なんてすれば・・・夫婦で豪華クルーズ船で世界一周旅行が出来てしまう様な莫大な金額となります。猫の額ほどの庭でもこうなのです。

私の様な建築のプロでも・・・若いという事はとても未熟な事で目の前の数字しかカウントをしていません。プロでないあなたが学びもせずにマトモナ判断が可能であると思う事は実はとても危険な事なのです。

しかし、この道40年・・・多くの経験をしながら多くを学びレイアー的な深さの思考が身に付いたおかげで色々な事が多少正しく見える様にも成って来ました。
真に学ぶという事は人がつつがなく生きていく上で一番大事な事です。それは死ぬまで呼吸を止めないと同じ事です、死ぬまで毎日、毎日、一時も休むことなく学び続ける習慣を是非貴方にも習得して欲しいと思います。

学びもそのスキルレベルは複利で伸びます。気付きを得て一刻も早く始める事がとても大事な事です。為政者が為政者に都合が良い過去の価値観から出来た”常識と云う呪縛”から解放されるためにも共に学び抜きましょう。

2019年04月14日

確実に生きているであろう近未来の時代とは?

時代に逆らい成功した人など古今東西、何人たりとも居ない。・・・原理原則

時代とは・・・一つには、これからは人はもっともっと長生きしてしまうのです。医療の進歩により貴方たち30代の世代の平均寿命は男性95歳、女性100歳なんて当たり前の時代になります。これはあくまで平均ですから今と同様に長生きする人は+10年の余裕を見て余生の為の資金を準備しなくてはなりません。そして一番の大問題は寿命は延びるのですが・・・社会の生産性にコミットできる能力年代はそれほど伸びないという事です。つまり、良くても今と同様に70歳程度で現役リタイアと云う事になりそうです。つまり、残りの平均25年間(7500万円・月額25万円生活の場合)、最大40年(12000万円・同前)と云うとんでもない長期間を・・・どうして食つなぐか???資金を準備するか?と云う大問題があります。そして長生きをしてしまうからこそ病気に罹患する確率も高まります。その場合、当然医療費も生産性にコミットしない生存期間が長く成れば長くなるほど多くかかるのは当然の事です。・・・人間の寿命長短も金の多?少?によって決まる時代かも?上記の近未来を確実に迎える意味でも・・・日本国の大借金は日本人(最悪世界中の人)に致命的な苦難を与える核爆弾1000個分相当の時限爆弾です。

その不幸を助ける唯一の方法・・・それは日本国も貴方も食料自給率を早急に上げる事が必要です。日々の食い物が確実に手に入れば・・・人はそれほど困る事は無い

原理原則・・・一番大事なのは生命の維持

これは70万年前からの人間の歴史を俯瞰して見ると人間と云う生き物は神様の想定寿命は50年以下(699900年間・99.985%)と思われます。技術進歩によりたった100年で人間の寿命が設計より2倍も超短期間で想定外の伸びを見せた事に起因します。

この他にも技術革新で人間の経済面は現役世代に限れば確実に豊かになったとおもいますが・・・人間の精神的な幸せ感は同様に豊かになったという事は無いようです。むしろ不幸感は増加しています。多くの人がストレス過多でギリギリの精神状態で頑張らざるを得ない・・・進歩っていう常識的な概念は???果たして?人間の生きている時間の質を高めるのでしょうか???大いなる疑問が持ち上がります。

二つ目は・・・人口知能やロボット化の急速な進展により私たちに求められるスキルのファクターや価値が刻々と絶えず変化していく事に私たちは対応を余儀なくされるという事です。人生の何時の時期も休むことなく絶えず学び続け自分の価値を落とさない努力(耐コモディティー)が無いと・・・社会のゴミ・・・となってしまうという事です。若い内にスキルを磨き続ける事が普通の事、日常の事、意識しなくても自然にできる人間にならないと家族は守れないと云う事です。

三つ目は・・・企業も変化するという事です。終身雇用は当然無くならざるをえませんし、今でいう正社員的な法に守られた雇用も維持できなくなります。労働市場もより柔軟にギグエコノミー的な働き方が確実に増えていきます。

注:ギグエコノミー

(Gig Economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のこと。フリーランスが当たり前の社会・・・結果が全て結果のみにより相応報酬の支払われる労働形態

今の日本の様に結果が明確に出ない仕事でも雇用される時代は確実に終わります。結果が明確でない単純労働ほどAIやロボットに置き換わりやすいのです。近未来工場等で機械の前でする仕事など確実に無くなります。そしてルーチンやマニュアルで出来る仕事も確実に無くなります。

四つ目は・・・よりフラットな社会になります。一握りのリーダーとその他大勢・・・簡単に言えばミツバチの巣の様な社会になります。1匹の女王バチと10万匹の働きバチ的な社会、働きバチに階層など無いのです。

五つ目は・・・未来に価値あるスキルとは?機械やロボットAIにとって代われない人間特有の能力を伸ばし、好奇心や共感、社会性のスキルを今から伸ばさないと仕事は有りません。つまり、利他に生きる力、利他に生きる価値ある人間に今からなろうと努力しないといけません。今の様に直近の損得の感情などで行動し続けたら・・・貴方の存在価値はゼロになり得ます。なぜなら・・・あらゆるモノがコモディティーの洗礼を確実に受ける時代です、ロボットも急速に高性能になりドンドン安くなります。そうなれば人間と機械、単純労働させればどちらが能力が上で、どちらが得か?なんて事はアホーでも解る事です。

六つ目は・・・今の日本社会の様に男性が働いて女性が子供や家庭を守る家庭構造からの脱却が必要です。そもそも論で言えば男性が今まで何故に主体として働いてきたか???それは肉体労働に於いて歴史的進化の過程で男性がより適合能力が高かったからに過ぎません。今どきも、すでに肉体労働も大企業では殆ど無いわけですし、AI、ロボット化に拍車がかかれば肉体的パフォーマンスの差についてのメリットデメリットは無くなるわけです。今どきでもダンプカーの女性運転手だって居るのです。・・・つまり今後のスキルは知能的なスキルに収れんされますから・・・ジェンダーギャップはほぼほぼなくなります。知能の勝負、特に人間性(感性)に付いてのスキルは女性の方が男性より遥かに優れています。
社会に出て成功している女性は子育てや家事労働に付いて理解の深い、自主的な行動力のある夫を持っているケースが殆どです。

貴男も貴方の家庭を今からジェンダーギャップゼロにする行動を始めるか?それとも貴男一人で最低でも年収1000万円、生涯年収5億円を稼ぎ出すか?何れかの選択と覚悟を決める時です。たとえそれが出来たとしても家族の夫、妻の地位に付いては女性も男性も平等なのです。それほどに子育てと家事労働は大変価値ある高スキルなのです。

いずれにしてもこれから貴方たちが生きる時代とは・・・学び続ける事でのみその存在価値が維持できる時代です。好奇心、共感、社会性等々の人間しかできない人間特有の能力を伸ばし続け”利他に生きる事”が出来る人のみが・・・普通に生きられる時代です。

それが出来ない場合は・・・社会のお荷物として生きながらえるか?貴方がひとを楽しませる話術を持ち合わせて居るのなら金持ちの使用人、太鼓持ちとして生きながらえるしか方法はありません。残念ながら日本社会は今まで積み上げた天文学的な借金で・・・国家としての機能を失い”お荷物”を持つ力さえ残って居ない可能性があります。

この様な近未来予測は私だけでは無く多くの知見のある先駆者や学者が異口同音に言っている事です。確実な未来なのです。確実な未来に対応能力が十分でなければ十分にする原因、つまり真なる学びを継続するしか方法はあり得ません。

何時の時代も不変で有り普遍の価値・・・生きるとは学ぶ事也・・・です。

まさに原理原則です。

2019年04月13日

原理原則・原理原則・原理原則・・・どこまで行っても原理原則

キッチンセミナー住育前編・・・ご受講ありがとうございました。とんでもなくハードな精神力の居るセミナーを最後までご受講いただきまして心より感謝を申し上げます。講義をさせて頂いている私も・・・最後はもうヘトヘトでした。

原理原則・・・原理原則・・・原理原則・・・

借金は良い借金と悪い借金がある。その差は何か???

良い借金とは余裕をもって借金返済が可能(当初の半分の期間で完済)であり、そして"時の利益"を得て貴方が生きている有限の時を輝かせる為にする借金である。

悪い借金とは・・・如何なる理由でも返済が先送りされたり返済不能になる可能性が50%以上ある借金である。

借金とは或る時、ある時点で強制的に返済を決定されるモノです。返済されない借金などあり得ません。残念ながら私たちの暮らす日本と云う国は天文学的な大借金、ほぼ返済不能な額を積みあげてしまいました。返済には大増税か?ハイパーインフレか?・・・いずれにしても貴方の相当の痛みを強要する方法で返済が確実に始まります。その現実にしてしまっている借金返済の事も考えながら・・・家を求める為に何千万円もの大借金を貴方はこれからする事になります。

相当な・・・覚悟・・・が必要です。知恵が無ければ・・・恐ろしすぎる未来が確実に襲います。我が国ではそのリスクがある人が住宅ローン保持者総数の内の94%も居るのです。金額にして194兆円です。

人生とはまさに投資そのものである。投資とは失敗もあり、成功もあります。何を投資して何を回収するか?これを決めないではそもそも論としての生きている事にはならない。

世間一般的に言われている・・・リスクを取らない成功などあり得ない。その通りであります。私も26歳からは、かなりのリスクを取りそのリスクを軽減したり無くするために必死に学び続けて来た40年でした。ありがたい事に複利の金利と同じく学びも複利でその能力が伸びてきます。普通の人なら10年も頑張れば、もう廻りに自分い付いてくる人はほとんど見当たらないほどの進化の感覚がつかめます。

もちろん、同様の努力をしているライバルも少数とは云え当然居る訳ですから、どこまで行っても・・・つまり死ぬまで学ぶ事は続けないといけません、しかし10年継続出来れば・・・学ぶ事は呼吸をする事と同じように何にも負担感など無い状態に到達が可能です。むしろ学ぶ事はとても楽しい事になり慶びに溢れる時間となり得ます。そしてその学びを利他に生かすとき、さらに慶びは何倍もその価値を増して感動の共鳴として貴方の生きている時間を輝かせてくれます。

学びとは人生に対する投資と同じです。日本では複利の金利換算で5%程度といわれています。北欧の学びに対する理解の高い学びの先進国では約10%の金利相当と言われています。ヨーロッパ、アメリカでは約7%程度と言われています。

この日本との差は・・・まさに現在の労働生産性の格差とほぼ同じ状態です。

日本人は悲しい事に教育屋に学びの本質を気付かされることも無く、むしろ学びの本質を間違って植え付けられていますから・・・学べ!!!と言われてもどうしてよいのかさえ解らない若者が殆どです。東京大学卒業のバカが山ほど居る国なのですから・・・恐ろしい事が起きて居ます。

時代に逆らって成功した人など古今東西一人も居ません。時代とは・・・

まさに・・・コモディティー時代・・・なのです。このコモディティーの進むスピードが複利の金利のごとくドンドン、ドンドン、沈下スピードが増しているのです。マスゴミにもてはやされる勝ち組の寵児も2〜3年もぼーっとしていたら無価値になっている時代なのです。普通の人間には耐えられない下向きの加速度なのです。現状維持だけでヘトヘト・・・それが今と云う時代です。

そもそも大自然はその生物に最適の進化をしてきたとおもいます。鳥は遠くに飛ぶために翼を手に入れ・・・クジラは深くて延々と泳ぎ続ける為に・・・あのような脂肪満載の巨体になり・・・さて人間は・・・たかだか42.195`も走り続ければもう死ぬほどの疲労感を得る様な能力しか与えられていません。この人間の能力から類推するに人が生きていく上での最適移動距離は半径20キロ以内で十分と考えられます。

つまり・・・人間には本来移動の為の自動車も飛行機も進化の過程から思考すれば必要が無いという事です。何故に人間と云う生物の進化に必要が無い長距離移動手段を皆が欲するか???

それは・・・ただの勘違い・・・を皆がしているという事です。

ありがたい事に・・・人間の知能はすでに5Gを始めとする移動を最小限にする技術を手に入れて居るのです。そろそろ、移動によりもたらされる加速度的なCO2増加により地球環境破壊が起き・・さすがのバカな人間も・・・気付き始めても良いころと私は思うのです。

人間には本当に理解し合うためには肌感覚の距離が必要です。ビジネスの出張とやらもフェイスtoフェイスが必要な事も十分理解できます。しかし、今・・・この人間の移動の90%以上は私は無駄な移動と考える様になっています。好奇心を満たすための移動の代表に旅行があります。遠くに行けば遠くに行くほど違う文化に触れあう確率は高まります。それはとても楽しい事には間違いありませんが・・・その楽しさの本質は異文化との触れ合いから感じられる自己認識の肯定にあるとおもいます。自分と云う生き物をより理解し肯定し、進化させるために・・・人は好奇心を持っている様です。

人間と云う生き物は家と云う空間の中で人生の60%〜70%をを過ごします。つまり人間は殆ど移動しない生き物なのです。私は職住接近が一番人間を無駄なく幸せに導く事だと思っています。我が家から職場まで歩いて3分です。1年間に生活の為に移動する車の走行距離は500`程度・・・週平均10`程度です。車などは全く傷みませんから前の車は23年間も新車状態を維持できました。車を交換した理由は年齢による衰えをカバーする為の・・・自動ブレーキ・・・です。

この事が私の人生に於いて無駄な出費や無駄な時間や過大なストレスをどれだけ軽減しているか計り知れないほどの利得を得ています。なによりも一番うれしいのは本を読む時間(思考する時間)が十分確保できると云う事です。つまり、人生に投資する時間が十分確保できると云う最大のメリットです。

投資無きところに・・・回収などあり得ません。・・・原理原則

家と云う空間の適否は・・・まさに人生に対する投資が正しいかどうか?の適否の問題です。貴方の人生の価値を決めてしまうファクターの最大70%を家と云う空間が決めてしまうのです。残り30%は・・・まさに正しい学びが決めます。

この事への気付きそのものが人生のクオリティーを決めてしまいます。

原理原則的には・・・人間には飛行機も自動車もそれほど必要のないモノなのです。その事に確実に気付かされる・・・地球温暖化の凶暴化・・・がカウントダウンされています。

原理原則・・・足るを知る・・・これが出来ない人に感謝と云う感覚などあり得ない事です。そして感謝の無い人に幸せ感など起き得ようもありません。

五欲で生きて五欲で散っていく虚の人生、餓鬼道を生きる人となってしまいます。悲しい現実ですね・・・現代社会は確実に悲しみを代表とする負の感情が80%・・・慶びなどの正の感情が20%・・・そんな時代感を私は感じています。これでは普通の人は精神的負担感から生きていけませんから負の感情80%の内、60%分を感じないように無感覚になり・・・負20%、正20%・・・と心の表面的なバランスを取って居るのかもしれませんね???

恐ろしき感受性微弱60%です。まさに貴方が接する人が・・・こいつ、この人、この子、何考えているか?わからん?と思える時はその人はこの60%の中に自分自身を逃げ込ませている瞬間なのです。

お互いに・・・学び、気付きを得て・・・虚の人生では無く実の人生を増やして・・・最低でも虚実半々の人生を歩みたいものです。お互いに今できる最善を今、まなびきりましょう。今目の前の出来事を100%感じ切りましょう。

私は昨夜ビデオってあった・・・映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を夫婦で見て涙しましたよ。

2019年04月12日

オールドエコノミーにノスタルジーに・・・あぁ〜勘違い

今の世はバブルの真っ最中?それとも消えゆく瞬間の花火(最後が一番輝く?)自動車産業の経営者のオールドエコノミーぶりにも困ったもんです。世界中が勘違いをしています。今どきの高級車は500馬力当たり前、平均600馬力、高性能なものなら1000馬力なんて車も過去と比べてバンバン売れているとか???値段も一番安いモノで2000万円、高いモノなら10億円なんてプライスがついて居ます。比較的量販型の平均的な価格で推定4000万円程度でしょうかね?もちろん、維持費に付いては普通のサラリーマンの1年の年収を遥かに上回る事もあります。

もちろん、これらのスーパーカーやビップカーは過去最高に売れているとの事ですが・・・日本ではたかだか1万台程度・・・シェア率500分の1です。そしてこれらのスーパーカーを大都会を中心に住まう勝ち組成金が2台も3台も4台も5台も一人で所有している事が殆どです。

私も若いころにはスーパーカーと称する車に憧れたモノですが・・・今ではノスタルジーそのものと思っています。そして私も日本人ですからかつての洗脳がときおりフラッシュバックします。馬鹿からの離脱、ノスタルジーからの離脱に苦しむときも現実としてあります。目くそ鼻くそを笑う的な滑稽な事が私にも当てはまります。・・・これまた悲しい現実であり、離脱の苦しみを受けながら生きていかなければならないかも?知れません。人の五欲・常識と云う洗脳の恐ろしさですね・・・ふー

それは・・・ここ50年で日本の車の総数は1169万台から8126万台と約7倍に増えて居ます。特に乗用車は409万台から6125万台と約15倍に増えて居るのです。人口はここ50年で7200万人程度から12644万人ですから1.75倍しか増えて居ないのです。

つまり、国土は絶対に増えない訳ですし、道路もそれなりには増えている様ですが人口の一極集中化も進んでいて・・・都市部では車は道路に比して増えすぎて車としての機能をむしろここ50年で下げ続けているという事になります。

本来価値は下がり続けているのに値段は何倍にも高くなっている・・・不思議

つまり、役立たないモノをバカみたいな高額の金で買う人は?はたして賢者か否か?と云う事になります。

日本では30万円の中古の軽四と5000万円のフェラーリもほぼ同じスピードで走る事を強要されている国と云う事になります。日本では国民が交通リテラシーも殆ど無いわけですから高速道路の追い越し車線を悠々と軽四や大型トラックが80キロ台で走り続けている不思議な国です。そして走行車線を80`で走る車を85`(簡単に120`で短時間追い越し可なのに)で延々と時間をかけて追い越しをかける様な光景に毎回多々遭遇します。

この現象は世界幸福度ランキング2019年の世界ランキング総合58位の低位の中でも個別カテゴリー、他者への寛容度や配慮的な項目は世界92位と云うさらに最低な事です。つまり、他人の事など知らん、どうでも良い・・・と云うこれまた身勝手な自己中心的な空気感を身に付けた国民が住む国故にこんな事が起きるのです。・・・そういう教育を受けているという現実を直視する必要があります。

昨今話題のあおり運転等の悲しすぎる交通トラブル多発の主原因でもあり得ます。

そんな国に700馬力が必要か?これは荷物を沢山積むことができるダンプカーで日々の食卓の買い物にスーパーに出かける事と同じ事なのです。まさに無用のチョウブツ・・・

豊橋の様な田舎でも私が若いころオヤジの車50馬力のセダンで伊良湖岬まで飛ばせば40分で行けました。今、かつてのオヤジの車の何倍もの馬力の車で伊良湖まで行こうと思っても80分はかかります。早朝などは、ぼんくらオヤジの経営する工場の渋滞で3時間、180分はかかります。燃料費だって昔より沢山かかっています。

これって?進歩ですか???

技術革新と称するサービス(実機能)後退の現実です。

赤いフェラーリが目の前を走って行ったら・・・あぁ!馬鹿が行く・・・と思って間違いありません。

もちろん、バカげたことをやるのが人間だ!とは思いますが・・・そろそろ気付かないと地球が壊れてしまいます。

不変の価値は・・・安全なのです。

家も不変の価値は・・同様に安全です。

どうも時代が進めば進むほど・・・本質が見えなくなっている様に思えてなりません。そういう意味でもCASEやMaaSは早急に進めるべきですし、フィンテックやECも早急に進めるべきです。(フィンランドの20分の1の進捗率の日本)

このような時代に合わせての変化にマインドを合わせ変革行動するのが世界で一番苦手なのが日本人の様です。村社会の空気感維持が精神と社会の安定と洗脳的に刷り込まれています。

まさに貴方が今、苦労している土地探し・・・この最大の敵も上記と全く同じ洗脳です。

ご先祖様の土地!!!・・・これが土地が出てこない最大の原因です。無駄な税金や無駄な維持費をかけても・・・やがて土地そのものもほぼ無価値になってしまうのにご先祖様の土地と云うノスタルジーが上回るのです。

これをバカと言わすに何と言えば良いのでしょうか???

温故知新・・・これが大切なのですが・・・日本人は温故知古なのです。日本人の精神安定の最大のモノがノスタルジーなのです。未だに戦艦大和とか大名行列とかお姫様道中とか?大好きですからね・・・

賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ・・・

つまり、歴史に学ぶという事は・・・良い歴史は学び参考にし、悪い歴史は否定し原因追及と総括、反省をしないといけないという事です。日本人は良いも悪いも何時もごったです。戦艦大和なんて全く役に立たなかった無用のチョウブツどころか同胞を何千人も死なせて国民を経済的大困窮に陥れた負の塊なのですから・・・日本人の”バカの象徴”にあこがれてどうするのですか???

ドイツ人がヒットラーに憧れる様なものです。世界の物笑いどころか嫌悪の対象となってしまいます。

今テレビに出ている奴の推定80%以上は・・・戦艦大和・・・です。それを唯々諾々と見続けるアホー・・・悲しい現実ですね・・・ふー

日本人の自動車を始めとする移動手段に関わる大企業の経営者や研究者・学者の総数、日本の常識的には最高と言われている数十万人の頭脳レベルが・・・フィンランドのMaaS論文を書いた24歳の女子学生たった一人より劣るのですから・・・

悲しすぎる現実です。

悲しすぎる盲目です。ふー

同様に・・・わが業界でも手段と目的を取り違えた悲しすぎる家作りが全く反省も無く日々行われています。悲しい現実です。

昨日も・・弊社社員と大激論です。この悲しすぎる現実に一人でも気付いて頂けるようにスタッフ一同改善、改善の大激論です。改善とは今の否定がないと前には進みません、否定される社員とて本人は最善をしているつもりなのですから反撥も相当なものです。その勢いとその熱さに・・・打ち合わせに来ていた設計中のお客様もびっくりされたと思います。

この会社は?・・・どういう会社だ!!!なんだ?この異様な雰囲気は?

社員と社長がお客様が居るにも関わらず怒鳴り合っている!ビックリ

2019年04月10日

奇麗な箱・・・大好きな女性?

オシャレな箱入りのスティック珈琲、お歳暮の売れ残り半額セールにピクっとして、いつも買っている商品だから買おうかと?私は買う気満々で我が奥に相談をしました。・・・我が奥、まてまて、普通にスーパーの棚に陳列してある商品を確認!!!そしてたら・・・お歳暮商品は半額でも通常商品の2倍近くも値段が高い事が分かりました。・・・ふー

半額セールに騙される所でした・・・ふー

この教訓は何を意味しているか???お歳暮用の豪華な箱は商品価格の3倍の価値が有るという事です。お歳暮時期には通常の4倍の値段で買う人が居る訳ですから・・・価格は中身1、箱3・・・と云う事になります。

これは人が如何に考えないか?人が如何に外観に弱いかの象徴ですね!その意味では私達も自分を中身以上に高く売るためには日ごろから外観に気を付けなければならない事を示唆しています。私も安く買われるのは困るけど・・・高く買ってもらおうとは思わないので・・・外観も清潔感ある普通にするように日ごろから心がけています。

家作りに付いても全く同じ事が言えます。箱(外見)に相当のお費用を費やしている建て主様が山ほど居るのがわが業界です。

まぁ〜誰が何を買おうと自由ですが・・・

見る人が見ると・・・箱にそんなにお金かけられる人なのか?どうか?・・でタダの金持ちとタダのバカ(見栄張る君)・・・に見方が2分されると思います。

これは恐ろしい事に・・・・人間の本質、価値にも同様に当てはまるという恐ろし過ぎる現実に多くの人が気付いても居ません。

分を知る人は美しく見え・・・分を知らない人はどんなに外観をブランド品でかためてオシャレして居ようが貧祖に見えるのです。

簡単に言えば・・・分を知る人のガラスの指輪はダイヤモンドに見えて、分を知らない人のダイヤモンドの指輪はガラスに見えるという事です。

人間の動物的な感性といいましょうか?恐ろしすぎるほどの判断力を持ってしまっているのが人間と云う生き物の様です。とくにこの感性は分を高め人格が上がれば上がるほど正確に判断できる能力となって居ます。

そしてさらに恐ろしい事は・・・類は友を呼ぶ

錯覚した人は錯覚した人を呼び込むのです。賢者はこの錯覚した人から音も無く去ってゆきます。馬鹿は馬鹿で群れ・・・賢者は賢者と時を共有するという事のようです。

昔からの言い伝え・・・目明き千人めくら千人・・・おっと差別用語、ごめんなさい。今風に訂正すれば・・・目明き千人盲目千人・・・と云うべきかも知れませんが伝わり方には雲泥の差がある様に思えます。結構な有名人や結構な肩書を持った人でも分を知らないドアホーは山ほどテレビ等に出ていますよ!!

貴方は今現在!!!どちらのグループに所属をしているのでしょうかね?自問自答してみてはいかがですか???

かくゆう私も40年前にこの事を言われて腹が立った記憶が蘇って来ます。

学びとは・・・学べば学ぶほど自分の周りに実はキリが立ち込めている事が分かり、その霧が晴れてきて自分の近くが良く見えだして、そしてふっと先を見るともっと、今まで見えなかったもっと、もっと深い霧の森が見えてくるような感覚に近いのかも知れません。

貴方も私も、人は生ある内は生きなければなりません、その生ある内に色々な困難が100%確実に貴方を襲います。この困難の被害を無害化したり、最小限にするために学ぶのです。そして困難を予防したり復活する為には確実に相当のお金が必要になるのです。ただの箱に中身の3倍のお金を費やしている場合では無いのです。

私達の生きるこれから20年先までを俯瞰すると・・・まるで原始時代に突き落とされるような激変がほぼ100%起きそうです。自分の事は自分でする。しごく当たり前の事をしなければなりません。弱いモノは空腹で朽ち果て死に、強い耐性を事前に獲得したモノだけ生き残れる時代です。たった20年先までのいずれかの時に確実にカタストロフィー(破滅)は起きます。今まで私たちが見聞きしたリスクとかクライシスとかそんなレベルの話では無いのです。

まさにビスマルクの云う・・・賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ・・・です。

そんなカタストロフィーの時代に貴方は莫大な借金をして家を求めて居るのです。家を求める事自体は正しい知恵の上ならば、このカタストロフィぃーを乗り切るための良い方法の一つになり得ます。それは・・・学んだ人だけがそうなれるのです。

日本で一番の防災の研究者・・・福和伸夫先生も私と同じ考え方です。下記の17回にわたる連載を読むか下記書籍をぜひ読んでみてください。

https://gentosha-go.com/ud/authors/5a3c5f2a7765610589000000

参考・福和伸夫さん著・・『次の震災について本当のことを話してみよう。』

是非とも学びを得て共に生き残りましょう。

2019年04月09日

中身ボロボロ・・・外見繕いまくる

現金お断りのお店を作る事を禁止する法律がアメリカの某州で可決され他の州にも広がりを見せているとの事です。フィンテックの普及とともに現金を扱わない事がとても有効となる時代に、落ちこぼれ救済の為の法案だそうです。

事の本質は・・・何故に?落ちこぼれるか?・・・の原因を救済しなくてはならないのに対処療法のポピュリズムで経済効率最悪の選択しを選ぶ!!!じゃあ・・・このコストを誰が負担するか?なんて考える事もしない!その内、現金価格は表示価格の1割アップなんて時代が来そうですね。

日本はこのフィンテックでも超後進国です。情けないほどの落ちこぼれがウヨウヨいる国です。時代と云う絶えず変化するあらゆるモノの基本となる所が・・・全く手遅れ的な遅さです。それゆえに・・・ドンドン衰退の一途を結果として受け入れざるを得ません。・・・そしてその痛みをごまかす為に大借金の上に大借金を積み上げて・・・落ちこぼれ救済をしているようです。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ!・・・オットー・フォン・ビスマルク

昨日の投票率・・・三割台・・・為政者が政治に飽きたら確実にその国は亡ぶのです。歴史的事実です。しかも3割の投票先はオールド現状維持政党

時代に逆らい成功した者など古今東西・・・誰一人いないのに!!!

5Gの基地局設備のシェアは・・・日本は殆どゼロに近い2%程度、中国、アメリカがその大多数を占め・・日本よりはるかに小国、24分の1のフィンランドのノキアが世界の4分の1程度を占めて居るのは驚きです。

日本は発明や特許はそれなりに世界の最先端ですが・・・イザ長期的な商売の成長となると・・・おおよそ5年から10年で競争力がみるみる激減し尻つぼみの消滅の方程式がある様です。

なぜにこんな事になるか?????・・・それは明々白々です。オールドエコノミーのジジイが邪魔をして時代の進化に合わなくし、その効率をド悪くしているからです。それでも日本の全ての国民、社員、株主等々が・・・現状維持

今・・・日本の株式市場で外国人株主が未来に希望が持てない日本株をバンバン売りまくって居ます。そして外国人が売りまくった株を日銀が輪転機回しまくりお札を刷りまくり買い支えている状態です。

こんなことは日本の大借金と同じように永遠になど出来る事ではありません。

かつて74年前と同じように・・・破滅しないと・・・解らない?破滅しても判らないかも?ほどの・・・パー・・・が大多数95%?住む国の様です。

たまたま74年前はジャイアンが世界の親分争いの為には日本を子分にしたほうが都合が良いと子分にしてくれたから復活出来ましたが・・・もうジャイアンも今の日本を子分にするほどの価値さえ無いと思いだしたように私には思えます。

74年間も親分の子分をしても・・・世界の先進国には山ほどある100億円オーバーのメガヨット、ギガヨットは日本には1隻も無い(デカイだけのチープなモノは有る)わけですから見習う国が違った事にもうそろそろ気付くべきです。

私は本来、日本人の見習う国は・・・北欧等のフィンランドやアイルランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、デンマーク、スイス等々の小さいけどキラキラ光る国をあらゆる面で見本にすべきと思うのです。

そもそも論ですが・・・人が生きるという事は・・生きている時間の質が高い事が重要で有って・・・世界で何番目とか?GDP多いとか少ないとか?国力がどうたらこうたらとか?輸出がどうたらこたらとか??・・・これらは全て手段であって目的では無いのです。

私が常日頃から家を求めている貴方に申し上げている”家”は人生の目的では無いのです。幸せな時が人生のエンディングまで流れる為の手段なのです。それと同じ事を日本人全員が取り違えて居るから・・・世界でブッチギリの幸せ度が低い国民となっています。本末転倒

身の丈以上、分を超えた豪華な家を買って・・・不幸せな人を山ほど知って居ます。最悪・・・人生破滅した人も相当数居るのが日本と云う国なのです。

大手ハウスメーカー中心のそれなりに見かけだけは豪華に見える展示場を見れば・・・家を作る会社も家を買う顧客も・・・馬鹿だらけ・・・と云う事が解ります。買えない家を見せて買えない顧客が・・・チープな小屋を売りつけられる。

工務店も・・・山ほどチラシを入れまくり、欲で釣るお土産くばりまくり結果、家の原価を上げまくりチラシ代等、無駄原価何百万円の家を売りつける・・・殆ど住居学(一番大事)など無視してストレスが増幅する家を何も学んでいないおだてられた錯覚若者に見栄心を利用して売りつける!!!

これをバぁ〜〜〜かと言わずに何と言うのでしょうか???

悲しいほどの現実を見ない人ばっかりの国・・・それが今の日本です。一緒にバカ離脱を宣言し死ぬほど学びお互いの馬鹿を死ぬまで直し続けましょう。

2019年04月08日

あらゆる垣根が希薄になる・・・弱肉強食・・・それでも困らない方法

ネット会社や掃除機会社が車?否、ビークルを作り・・・自動車会社が・・・家?否?、Life space を作る・・・そんな時代です。ベンツがスマートAIハウスを展示しました。もうグローバル化と云う国境と云う垣根も消えつつある今に加えて近未来に産業カテゴリーの境目もなくなりそうです。

ここ100年、あまりにも人間が増えすぎたために・・・その数を最適化に向けて減らすようなインセンティブが働きだしたようです。つまり本来集団で生きるべき人間がドンドンその数を減らすために孤立化して行くような時代かも知れません。

その意味でも首都直下地震や南海トラフ地震、地球温暖化等々の大災害発生の巡りあわせもこの人口激減達成の意味的に私達の時代に起きうるべくして起きる事なのかも知れません。

人工知能を始めとするロボット化が進めば・・・或る時を境に人間が肉体労働から解放される時代も、もうすぐ先に見えている様です。人間本来のクリエイティブな思考と頭脳労働が出来る人が富を独占し、その他の人びとはこの独占者の使用人(コバンザメ)になるのかも知れません。すでにアメリカのロングビーチ等の富裕層の町にはこの傾向が30年前より見えてきています。ロングビーチでは富豪の10億円〜100億円する様なデカすぎるヨットを1隻に付き毎日磨く使用人が20人〜50人ほどいます。彼らの人生は一人の富豪の所有する1隻のヨットを磨く事が100%で成立している人生です。(30年前に私が目撃しています。)そしてその状態がこれから30年ほどをかけて世界中に広がっていくのかも知れません。その過程で人が激減するという事かも知れません。

眉毛の異様に濃いサル顔のオヤジが15億円ヨットを欲しがった理由そのものです。世界ではプライベートジェットと最低メガヨット、一般的にはギガヨット持っていないと富豪として認めてはもらえません。ヨットの維持費もジェットの年間維持費も・・・その価格の1割〜2割程度かかるのが普通です。これらを維持できることが富豪の証明そのものなのです。

よく言われているのが日本の政治は赤坂の料亭(一席、数十万円?)で決まるといわれます。世界の政治はメガヨットの中で決まって居るのです。日本にはまともな(ヘリポート付)メガヨット(200フィートオーバー、推定価格200億円以上)が殆どありませんから世界の政治や経済リーダーの仲間には誰も入れないのです。最低200フィート無いと世界各地の港には快適には行けないのです。

メガヨット例  https://ameblo.jp/mps-tk/entry-11542710179.html

有名な話ではマイクロソフトのビルゲイツの1週間の家族旅行の費用はギガヨット使用(ヨットチャーターだけで6億円)で警備が一番高くて20億円?合計60億円かかったと云う話があります。たった1週間の家族旅行費用が60億円です。

https://matome.naver.jp/odai/2140753990085436901

スマートAIハウスでは、人は家族を持たなくても孤独でない可能性が大です。今でもベンツの新型車では車との会話が始まって居ます。その人口知能を家?Life spaceにはめ込めば・・・結構楽しい会話が弾むのかも知れません。やがて5Gが当初の計画の性能が発揮できれば家の中の通信の為の配線は確実に不用となります。簡単に実用化できます。肉体は無くても住人の一番の理解者にAIがなっていて心を満たしてくれる時代がすぐそこまで来てるのかも知れません。

当然、・・・結婚なんて過去のモノになって居るのかも知れません。

子供の欲しい人は・・・自分の希望に近い子供が出来る”種”を買ってくる時代!そんな時代が来そうな予感がします。自分の子供は培養カプセルの中で作る時代?

やろうと思えば今でもできる事です。

まさしく・・・人間って何だろう?・・・と云う命題が私たちに突き付けられる時代が来るのかも知れません。

倫理違反!!!なんて声が聞こえてきそうです!・・・が・・・そもそも倫理なんて時代と共に変遷してる事を忘れてはいけません。牛や馬ではもう・・・上記の様になっているのです。”種”は買ってくる!なんて当たり前!

人間の脳が喜ぶなんて事はAIだったら簡単にできる事ですし、快感や幸せ感だって人工的に作る事など簡単な事なのです。

ホーキング博士の警鐘:ホーキングは「AIがこのペースで自分自身を開発し続けていけば、生物的進化の遅い人間は、競争する前に追い越される。AIマシンによって生産された富を分かち合えば、誰もが豊かな人生を送れるが、マシンの持ち主が富を分かち合うことに反対すると、ほとんどの人は貧困に苦しむことになる」と警鐘を鳴らした。

支配者による江戸城の・・・大奥・・・の再来だってあながちあり得る時代が来るかも知れません。

勝ち組、負け組、貧富の格差や知能格差、スキル格差、等々で経済的に自立不可能な若者が大半を占めつつあり、さらに現在でも若者の中性化や自己内面満足化が進み出生率が激減しています。教育の失敗により、人間関係構築の負担感の嫌悪から・・・個としての自己満足の追求に自己実現を求め、多くの若者がゲームやアニメやフィギアに熱中しているように・・・さらに今後AIの急速な進化により仮想リアリティー感の有るAIに心を奪われて・・・異性に対する興味を失えば・・・人類は激減する未来となりそうです。

無能すぎる政治屋の跋扈(ばっこ)をゆるす日本では過去100年前から増えて来たスピードの真逆のスピードで人口激減しそうな予感がします。そうすると100年後の日本の人口は6割減・・・4000万人・・・それもジジイとババアが大半

100年後なんて知らん!!!と云う声が聞こえてきそうですが?貴方が生きている50年先であっても人口は8000万人と云う推計もありますし、その時の高齢化率は40%オーバー?なんて事になって居ます。

しかし、ホーキング博士の警告が警告通り最悪になった場合・・・もっとひどい事になっている可能性があります。つまり、ほんの一握りの勝ち組AIの所有者しか子を成せない可能性が大です。

悲しい未来です。そんな悲しさとは無縁に生きる為には3つの道しかありません。

1、勝ち組に入れるように学び倒す!!!

2、勝ち組のコバンザメになる。・・・おこぼれ頂戴的な生き方

3、自給自足(無一物)の生き方を身に付ける!!!

私などもすでに3の生き方について対応を始めています。庭に咲く草花一輪の咲く瞬間のワクワク感たるや相当の楽しさですよ!!!

真の生きる為の教育を受けられていない今の若者が将来不安や虚無感等から自己ループの中で自己満足したくなるのもわかる様な気がします。

原理原則・・・原理原則の通りに100%なります。例外はありません!!!

辛い事を回避する為には・・・どんなにブルーな気持ちになろうとも勇気をもって辛い事の本質を理解し、辛い事が来ないように事前に準備をするしか、辛い事が起きてもその被害を最小限にする事前準備をするしか方法などあり得ないのです。

確実100%起きる近未来の辛い事を受け入れるだけの精神力を今から学び、学び、学び、死ぬほど学び鍛え上げるのです。

それさえできれば・・・辛い事も・・・予定通りの事となり・・・普通の事となります。私のこのブルーすぎるブログを継続的に読み切れない人が・・・現実の辛さに耐えられるはずが有りません。

拒絶では・・・一ミリたりとも能力は伸びません。

原理原則・・・プリンシプルに生き切りましょう。今できる最善を今!やりきるのです。選択肢3つに分かれるのは運ですが、いずれの場合もそれが唯一の生き残る道です。

あなたの家族全員が50年後も60年後も70年後も・・・100%の笑顔でありますように!!!

2019年04月07日

本当に大切なモノを粗末にする、無視する日本人

テレビの視聴率・・・

私が欠かさず録画して見ている経済番組の視聴率は1%前後との事です。同じような夜の経済番組の視聴率も3%前後との事です。もちろん、それぞれ1時間ほどの番組ですが・・・見るべき価値ある情報が放送される時間そのものはたったの10分程度であります。その多くは経済新聞等の情報と被っている場合が殆どです。

つまり、マスゴミは自らの足で自らの金を使い情報を取るという事にはとても消極的であり、キャスターと称する女性の客寄せパンダ的な見世物的な価値で番組を成立させようとしている所に低迷の本質があると思います。

それにしても私的にテレビの価値の大部分を占める経済情報番組の視聴率がたった1%〜3%前後とは本当に情けない愚民の暮らす国で有ります。沈没する訳です。

例えばイギリスのEU離脱(ブレグジット)問題でも深掘りすればメチャメチャ面白いと思うのですが・・・深掘りするマスゴミは皆無です。経済新聞でさえ表面的な情報を伝えるのみです。それは当然です、日本のマスゴミは自ら金と足を使い情報を取ろうとしていないからです。そもそもそういう情報ネットワークができる人間関係がイギリスのトップ界隈とは無縁という現実と思います。

日本の政治屋と全く同じマインドの様です。例えば少子高齢化の大問題を30年前に閣議で問題解消議決をしているのですが・・・予算ゼロ(掛け声だけ実態ゼロ)・・・と同じ事を日本のマスゴミはやり続けている様な気がします。類は友を呼ぶ・・・悪は悪を呼ぶ、バカは馬鹿を呼ぶ・・・等々

私はネット検索でもカタカナを英語に直して英語で検索をしています。カタカナ検索、日本語検索ではまともな情報は出てきません。

日本が助かる処方箋があるとすれば・・・一刻も早く公用語を英語にすべきです。このようにしても困るのは能力の無い先生とバカすぎる政治屋しか困りません。そもそも語学なんて使い続ける事が前提で身に付くものです。公用語を英語にしても日本語が無くなる事などあり得ません。タガログ語バリバリのフィリピン人の大多数はネイティブに英語を話します。

昨日から韓国、アメリカでは5Gのサービスが始まりました。理想のスピード(現在の100倍〜300倍)にはまだまだ到底及ばない様です。現在の5Gスマホのコマーシャルでは20倍となっている様ですが現実には4Gの4倍程度だそうです。これからインフラが充実するとともにスピードアップされ劇的な変化実現に要する時間は2〜3年かかりそうな雲行きです。

日本はまだ通信会社に電波の割り当てを決めつつある段階に過ぎません。韓国、アメリカの2年遅れ的な感じです。日本の為政者はグローバル化の意味も競争社会の意味も理解をしていません。なぜなら彼らは談合ばかりして実質的な競争社会とは無縁だからです。30年も40年もひどいのは50年も前から同じ顔で議員をやり続けています。20年前の技術USBさえ知らないのですから・・・そんな無価値な人間が国家情報戦略の長(大臣)ですから・・そのアホーを支える官僚さえも60年前のコボルなんて言語を使って国家の一大事、統計をプログラミングしているなんて恐ろしい事がこの日本で現実に今現在!目の前で起きて居るのです。そんなアホーに唯々諾々と投票する大多数の日本人が居るという悲しさですね・・・もう哀れ以外の言葉が見つかりません。

注:COBOL(コボル)は、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語

私程度の・・・そこらの不動産屋程度(私の事)の知識でも・・・情報を深掘りすると問題点だらけでソリューションの重要性が理解でき実に面白いのにマスゴミは何やって居るのでしょうかね・・・ホントパーの集団

まさに・・・ガラパゴス

2018年12月に発表された住宅ローンの貸し出し実績データー発表です。
2017 年度の新規貸出額の金利タイプ別構成比は、「変動金利型」が63.9%(前
回調査:49.9%)と増加(「固定期間選択型(10 年)」が19.7%(前回調査:28.8%)と減少)そして全期間固定型を選択している人は・・・ドンドン減りたったの5.6%しか居ません。長期に及ぶ最低金利で借りやすくなり頭金のも下がり続け、住宅ローン総額も8年間連続で増え続けました。そして日本人の住宅ローン残高は現在206兆円も有るのです。つまり、低金利や銀行業の収益先が激減し審査基準も甘くなり本来は借りられない人や、借りられない額を上乗せで借りられるようになり増えたという事の様です。

これは10年前のリーマンショックの原因になったサブプライムローン貸付と同じ事がこの日本で起きて居る事にもなります。

世界ブッチギリの山ほど大借金をしていて、世界ブッチギリの地震大国で、ジジイとババアがウヨウヨいて忖度オヤジの我欲まみれの政治屋が国のかじ取りをしている(何が有ろうと舵を動かさない)恐ろしすぎる現実です。

とにもかくにも役に立つ番組の視聴率も1〜3%、全固定金利で借りている人も5%程度、税金をまともに払っている人も5%程度・・・つまり日本には賢者は圧倒的に少ないという悲しすぎる現実です。

テレビのレベルは国民のレベルです。テレビの目的視聴率(金)を取るには番組のレベルも国民のレベルに合わせ視聴者(馬鹿)をおだてないと見てもらえません。ドンドン馬鹿が増殖すると云う結果となります。

かくゆう私も必死に学び続けて居るのですが・・・なかなか馬鹿が治りません。ノスタルジーからの決別が徐々にしか出来ません、ふー まだ、まだ、学び足りないという事の様です。がんばりまぁ〜す。!

2019年04月06日

分を知る・・・自己の社会的価値の本質の認識

分を知る・・・

注:身の丈を知る、分をわきまえる、身の程を知る、自分を過大評価しない
 「分をわきまえる」とは「その人に相応しい行動をとっている」という意味

富士山に建物研究をかねて小旅行に出かけてきました・・・富士山世界遺跡センターの木組みの外壁や隈研吾さん設計の同じく木組みの外観の日本平テラス等々建物の研究です、多くの学びを得ました。そして当日は快晴でマウント富士はとても美しくて感動ものでした。

なぜに何度見ても富士山は美しく感じるのか???

一つには・・・裾野が広くて安定感があり円錐型に近く、左右対称で、周囲を圧倒した高さで裾野の広がりと圧倒的な高さとのバランスが良いから

一つには・・・周りに何もないところに富士山だけ比較的短期間に噴火と山体崩壊を繰り返して今だけ高いバランスの良い形態となり・・・それを今私たちが見ている事

一つには・・・堂々とした圧倒的な存在感(質量感)

まさに大自然の傑作ですね・・・

富士山が同じバランスでもう1000m低かったら?どうなるのでしょうね?それほどに美しく感じるのでしょうかね???日本全国には●●富士なんて呼称の付いた山は山ほどありますが・・・旅好きの私はかなり多くを見ましたが感動的な山とは感じませんでした。

ここでのキーワード・・・日本一高い・・・高さが価値

企業もそうですが目標や哲学が高みを目指せば目指すほど・・・価値が有ると思います。

昨日、某スーパーで最近お引越しをされたお客様にばったり出会いご挨拶をさせて頂きました。そうしたら・・何時もクールでクレバーな雰囲気のお客様が弾ける様な笑顔と弾ける様な声で・・・引っ越しして初めて牧平さんが言っていた・・・

”家は究極のリゾート”・・・の言葉の意味が五感で体得出来ました。本当に安らぎ快適で家にいる事が一番の幸せです。まきひらさんの所で家を創って本当に良かったと心底思っています。

とのお言葉を頂きました。

学べ、学べ、・・・・・と言い続けてきてかなり家を創るプロセスではご夫婦とも最高学府の現役研究者で時間がタイトすぎる故に大変な努力をされたお客様です。

感動住宅の完成の瞬間です。・・・本当にありがたい事です。

なぜに・・・感動住宅を手に入れる人と・・・それ以外の人に分かれるか???

それは・・・富士山の高さの様に家創りの目標の高さをどこに設定するか?どの高さを希求するか?そして必死の努力の継続ができるか?が・・・この分かれ目の様な気がします。

富士山登山で5合目までで妥協して帰って来た人の感動と・・・頂上を目指し登頂し雲海を眺めて帰って来た人の感動の差・・・まさしくこの差が家創りにも厳然として存在するのです。

これはあらゆるモノ作りを始めとする人間の営みとて同じ事が言えます。

昨今話題の●産自動車の某会長さんの逮捕の問題・・・●産と云う自動車会社が合理化当の目先の損得で裾野ばかり広い経営に終始した故に・・・魅力が無くなり経営不振に陥りました。某国の某元会長の所属会社が救済に乗り出しましたが・・・基本的にやった事は・・・元の様に山を高くそびえ立てた事です。G●Rやフェア●ディーの復活です。殆ど利益を出していない高級スポーツカーをランドマークにして山を高くするために無用に広がり過ぎた裾野をカットしたに過ぎません。

こんな経営改革なんて・・・非情と云う経営者に不可欠な唯一の能力と電卓たたく能力が有れば誰にでもできます。まさに元会長の異名は・・・コストカッター

まさに”名は体を表す”です。

しかし、彼の没落は何故に起きたか???それは・・・わが身を含めて山の頂上を高くしようと必死に努力し続ける事を怠ったからです。分をわきまえないで・・・五合目に居るのに五欲に負けて5合目を頂上と錯覚した故に起きた怠慢です。

元会長は高みしか見ていないGAFAの創業者の様な創業者でもスティーブの様なカリスマクリエイターでもありません。平たく言えば巡り合わせの運の良いだけのただの冷徹な小役人です。この小役人が・・・勘違いしてしまったのです。俺が一番!!!と・・・

大企業経営者としてはありがたい事に世界中が為政者が作り上げた世の常識にと云う思考回路に洗脳されていますから・・・60点を100点と錯覚する人々が山ほど居るのが今の世界です。なにを隠そうこの洗脳に私もあって居て、この洗脳からの離脱に今も苦しみぬいている一人です。お陰様でそれなりに気付きを得て学びを重ねる事により洗脳からの離脱は出来つつありますから・・・殆どが60点以下の日本のメーカーで欲しいと思える車はただの1台もありません。

経営の本質・・・60点を100点と錯覚させる経営戦略をマスゴミを駆使して建てられる経営者が世間一般的には優秀な経営者と言われています。それなりに販売量が稼げればこの点数の差が利益そのモノです。富士山の5合目まで連れて行き雲の上を見させず、ここが頂上と錯覚させれば・・・旅行社は手間暇が削減でき利益が出るのと同じです。

そしてもう一つの利益戦略は・・・自称インテリ層(高収入者)に・・・本当は必要無いものまで必要と思いこませて売りつける事です。昔から言われている”馬鹿程高いところに登りたがる”と云う事を利用した高さの錯覚の心理作戦の実効です。

まさに・・・利口バカ・・・対応戦略です。

分を知る事なしに良い人生などあり得ません。本当の意味で分を高める為に学び、そしてその学びを利他に生かすのです。これしか分を高める事など出来ないのです。唯一無二の方法なのです。そのために・・・私は学者にさえ学べ、学べ、学べ、と言い続けて居るのです。

某元会長が・・・自分の分を知りこの努力をやって居れば・・・今の地獄は有りません。欲は欲で亡ぶのです。ちまたの殆どの人は金に頭を下げているだけにすぎません。金が無くなれば誰もその人を無視します。分の判って居ない人は馬鹿にもします。(私も無視された経験あり)終わりよければすべてよしの生き方の本質を誤ってしまったのですね・・・この元会長・・・死ぬまで大苦労、憤怒の時が支配しそうです。

そうならないために貴方も自分自身の存在価値をキチンと理解する為の自分自身への質問

1、私の勤務先は今後も成長し続けていくだろうか?
2、私の働く業界は今後どのようなトレンドで動いていくだろうか?
3、私の仕事は効率的に出来てい居るだろうか?
4、私の今の仕事の稼ぎは私の年収の何倍だろうか?(年収・会社貢献比率・最低  3倍・・・大企業5倍、管理職10倍以上が最低ライン)
注;解らない人は会社の営業粗利益を社員数で割ってみて下さい。一人当たりの粗  利益の平均が分かります。
5、私は自分の成長の為に具体的に何を継続的に投資(学び)しているだろうか?
6、私の10年後の年収は今の何倍(具体的な金額)になっているだろうか?
7、私の今の仕事は好きか?
8、私は利他なる行動を今しているか?

以上の8つの質問を自分自身にしてみてスラスラと答えられない人は・・・何千万円も借金をして家など新築してはなりません。某憤怒の人生しかない元会長と同じ憂き目にあいますよ!

これを自問自答して紙に書き出してみれば・・・貴方の”分”が容易に解ります。そしてスラスラ行かない人はスラスラ行くまで学び続けるのです。大斜陽国で生きる私達にはそれしか道は有りません。

2019年04月05日

江戸時代から明治へ・・・歴史は繰り返す!

負け続けて来た平成と云う約30年が終わろうとしています。そして令和と云う平成の負けの大借金を強制的に取り立てられる大負け・苦悩・失望・逃亡・理不尽の30年?が今!始まろうとしています。

時代は明確に激変真っ最中です。

なんでもかんでも定額制・・・サブスプリクション・・・今度は家だ!月額4万円〜で東京などの大都会はもちろんの事、日本中、世界中好きな時に好きなん期間だけ住み放題、転居も全く自由・・・本当の意味で5G時代が来れば・・・職住接近と云う今までの人が生きると云う事で一番大事な概念が吹っ飛びそうである。世界のどこに暮らしていても世界のどこにでもある企業に勤務できる可能性があり得るのです。

この定額制の住居の話は現実の話です。家さえ定額制になるのですから車はもちろん定額制のMaaSになる事などは当たり前すぎる話です。AIで自動翻訳などもう実現している訳ですから・・・使う意志さえ有れば今でもできる事です。

しかし・・・一番困った事が起き得ます。人間としての満足や自己実現はどのようなモノ、どのようなシュチュエーションやどのような他者との関係で満たされ実現できるか???と云う大問題、価値の大転換が起きる必要があります。

私などはすでにその兆候が出てきています。旅行に行っても旅先のホテルや観光地の満足度がドンドン下がり、地元の何処にでもありそうなスーパーマーケットにたまたま寄った事が一番の発見や満足がある的な事が起きて居ます。

簡単に言えばちまたのマグロの刺身も・・・もう飽きた・・・添え物の大根の千切りの味に感動した的な事が私の中では今起きて居ます。それは本物のマグロの味を釣り師として知ってしまったからです。

人間の五欲は・・・新しい方向性、未知の方向性を求めてどこに行くのか???

例えばEスポーツ・・・「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、コンピューターゲーム上で行われる競技のことを指しますが・・・これは超反射的な身体能力、頭脳能力の問われる極めて過酷で苛烈なスポーツです。若者以外には日本では知名度等もそれほど高くなくマイナー的な捉え方をする方も多いと思いますが・・・優勝賞金10億円なんて大会もすでに有るのです。

私の息子殿がかつて(20年前)私に言った言葉を思い出します。

息子殿:お父さん、僕たちはもうお父さんの様なかつての人間とは異種の人間なんだよ、もうすでにPCチップやC言語。ゼロ、一のデジタル思考が出来るスパコンに近い生き物なのです。だから・・・プログラムの思いやプログラムの思考形態が手に取るように解る。

日本は非常に遅れてしまった・・・それは変化が大嫌いな民族故である。、それは変化が一番困る為政者や既得権者に日本人教育を通してしつけられて無思考になってしまったからである。

定額4万円、(短期日割り計算可)どこに住んでも、何度好きな期間に住み替えても自由なんてサービスが出来てしまうのは・・・この日本に今ある膨大な放置された空き家があるから出来るサービスである。身一つで引っ越しすれば・・・着るモノ以外は全て揃って居れば・・・もう住まうという事は旅行感覚になり得るのです。子供の教育でさえ5Gで簡単に出来てしまう時代がもう来ているのです。

子供たちの大好きなアニメやゲームの登場人物がよりリアリティーある先生役になりマンツーマンで個々の教育レベルに合致した教育など簡単にできるのです。ポケモンやピカチューが英語教えて何が悪いのですか???人工知能で双方向のリルタイムの英会話だって可能です。

人間が世の中に役立つ求められるスキルを身に付けるための教育は・・・学校・・・と云う形態さえも無価値にする可能性が大です。

それほどまでに・・・レジュームチェンジ真っ最中です。

今のところ、誰もが将来も安泰だと思っている「就職希望ランキング」の上位企業、たとえば、ソニーやみずほフィナンシャルグループ、日本航空、トヨタ自動車といった大企業が、これから起こる時代の大きな変化によっては、第二の東芝・第二のシャープになってしまっても何ら不思議なことではないというわけですよ!

しかるに・・・日本は古すぎる価値が占拠する本当にゆでがえる状態でありますね・・・ふー

今の現実とは・・・日本の対GDP比輸出比率ランキングは世界133位です。輸出小国ですから、限られた分野以外では、別に国際的に激しい競争などしていません!

平成元年には全世界のGDPの15%を擁して居ましたが現在はたった6%です。この30年で世界シェア率は6割もダウンです。この激減では普通は立ち行きません、それをごまかす為に天文学的な借金を積み上げてきました。

世の常識を作り上げてきた政治屋や支配層そしてそれを何も思考せずに垂れ流しミスリードをして来たマスゴミ・・・恐ろしいほどの無感覚です。

その一番の弊害は・・自分自身の能力が正しく見えていない若者の増殖・・です。

日本社会は99%の中小企業とそれを支配する1%の大企業から構成されています。中小企業の比率があまりにも多くて企業効率やイノベーション力が世界の先進国と比べると遥かに劣ります。それは新陳代謝の不全による毒素が全身に回って不健康な状態と全く同じです。

フィンテックの時代に今の銀行など10分の1程度あれば十分なのです。自動車だって本当は8社も必要ありません。ドイツは効率を上げるべく大きく3つのグループに再編されています。フィンテックを駆使しているわが奥様は・・・某大企業金融機関のゴールド会員から超短期間で特典満載のプラチナ会員に格上げされたとの事です。

今、私も私を構成して来た60年余のノスタルジーからの決別に苦しんでいます。脱皮の苦しみでもあります。脱皮した後の心を満たす新たなる価値がまだ見えきって居ません。新しいモノが明確に見えてこないのに古いノスタルジーの放棄がなかなか出来ないのです。本来は捨てるが先なのに・・・捨てられない弱い自分が居ます。

いずれは我が命、我が体、あらゆる私との決別をする事は間違いない事なのに・・・なかなかその端緒にさえつくことが出来ないで日々苦しんでいます。

古い価値と新たなる価値との入れ替わり・・・それを阻害するノスタルジーと世の常識

新陳代謝が適正に行われないあらゆるモノは死にそして腐る運命です。それは貴方も私も貴方の会社も弊社も日本国も・・・あらゆるモノがこの原理原則を避けては通れません。

注:新陳代謝 1 新しいものが古いものに取って代わること。「業態の変化に伴って社員が新陳代謝する」

守ろうと思えば思うほど・・・守れない真逆の事が起きるのが日本と云う国

家なんて月額4万円で全くOK

過去の価値、豪邸、高級車、あらゆる世の常識的な高級品・・・馬鹿の見本・・・それが新しい価値・正しい評価になりつつあるようです。

世の常識的な高級品では無く・・・オンリーワンの貴方にジャストフィットした永続的な価値、普遍的、不変的存在の価値が今求められています。

まさに生みの苦しみ・・・クリエイティブな価値の創造

2019年04月01日

まともな神経だと・・・本当に生きずらい!

今や世界で元号を使うのは日本だけ・・・ガラパゴス国家の真骨頂と云えるかも?元号とイデオロギーの乖離が進み、そして、元号ではなくシステム上の利便性を優先させるために西暦の使用を望む声が優勢であるにもかかわらず、なぜ日本は、象徴天皇の時代に何も意味を持たない元号、莫大な手間暇と費用をかけて今も何の役にも立たない元号を使うのか。

それは無思考故の・・・惰性以外の何物もでも無い・・・ふー

寄生虫がバッコする日本社会・・・あらゆるところに寄生虫だらけである。農家に寄生する農協と云う団体、産業界に寄生する天下り組織、住宅・建設業界に寄生する政治屋ども、無くならない官製談合、信号業界に寄生する警察組織・・・とにかくこれほど体力を奪われて瀕死の日本社会になっても寄生虫駆除を全くしない不思議な国である。

日本は一応資本主義社会と言われています。しかし、資本主義の一丁目一番地、株や債券、商品等々の取引所の出来高はアメリカの数十分の1程度、後進国で有るはずのインドの10分の1程度、ブラジルの7分の1、韓国の4分の1程度のテイタラクである。こんなテイタラクを招いた最大の原因は・・・族議員たる政治屋や天下り場所確保の省庁間の縄張り争いに起因している。

ガンのステージ3なのに・・・唯々諾々と警鐘もならさずほったらかし借金して大酒を飲みまくって居る・・状態

寄生虫が腸の中にウジャウジャ居て栄養を全て吸い尽くしているのに・・・ほったらかし

取引所の改革の必要性を決めてから10年の余ほったらかしで何も改善をしていない。日本沈没の最大の要因、少子高齢化なども今から30年前に内閣の閣議で改善決定を議決しているのだけれども・・・なぜか?予算ゼロ・・・そして30年間放置、そしてもっと恐ろしい事は30年後の今でも・・・掛け声だけ!抜本対策なし

世界の幸福度ランキングでも去年より順位を下げて58位だとか・・特に”他者への寛容度”の項目に付いては世界92位と超低位になっています。日本は他国に比べて無思考の国民がジャブジャブの借金を許している事で数値的な幸せになる社会的、経済的な条件はけっこう揃っているのに、なぜか幸せを感じていない国民の暮らす国・・・と云う事になります。

私は弊社の社是にもあげているように・・・清く正しく美しく・・・この心が無いとどれだけ経済的に社会的に満たされても幸せ感など湧きおこらないとおもっています。自分自身に対して自信が無いものが幸せ感など得られるはずも無いのです。

問題が起きるたびに高級官僚が言い訳をしています。この言い訳が・・・本当に正直に述べていると思える人など日本には一人も居ないと思います。当然、嘘をいってる本人さえ・・・清々し感や潔さは・・・微塵も感じられません。

問題は・・・この嘘まみれを・・・そのまま受け入れてしまう空気感をよしとする日本人の負の感性が・・・根本的な大問題で幸せ感最悪、世界58位を招いていると思います。

つまりダブルスタンダード、表と裏を両方かかえたまま生きている国民・・・これは小学生から老人まですべてに於いて当てはまります。どしゃ降りの雨降りに洗濯物を干している様な感覚と思えば解りやすいと思います。虚しさや空虚感、そしてさらなる大問題は・・・夫婦や家族の間の精神的なつながりも・・・表と裏を両方抱えて生きなければならない悲しすぎる現実です。

だから・・・日本人は笑顔が弾けないのです。作り笑顔になるのです。

私のこのブログは長ったらしく、小難しいし、腹が立ち気分が悪くなる事が多いが・・・こころにストンと落ちる・・・とよく言われます。

私は正直に感情のおもむくママ生きようと努力をしています。社員さんにも本質・原理原則からズレてる事が有れば・・・烈火のごとく事務所中響き渡る大声で怒鳴りつけます。世間一般的には確実に外形的にはパワハラ状態100%です。トイレに駆け込みオイオイ大声で泣き出してしまう女子社員も居ます。申し訳ない事に大切な大切なお客様さえ正直に対応したが故に泣き出してしまう事も多々有ります。しかし、私は10分後には弾ける様に大笑いをしています。

清く正しく美しく・・・忖度など皆無に・・・正直に生きると・・・必然とこうなると思います。

自分に正直に生きている私でさえ・・・自分自身を幸せなどとは全く思っていません。苦しくて、苦しくて、息が詰まる様な切迫感を毎日感じながら、その重さに押しつぶされるような苦しさを耐えながら生きています。

日本社会と云う濁り切って腐りきった水の中で酸素不足になり水面で口をパクパクさせている瀕死の金魚と同じです。それでも生き切ろうと必死にもがいています。

なるべく腐りきった水面をよけながら泳ぐ為に必死で学んでいます。この超高ストレスに押しつぶされないように自己鍛錬を欠かしません。受けざるを得ない超高ストレスを消化する為の知恵を使い、弾ける笑顔の人間関係を模索し学び続けています。お陰様で私には公私とも高ストレスの一つである借財は全くありません。

学び無き若者が・・・この腐りきった水の中で、さらに高ストレスの大借金をして生きながらえなければならない未来に、酸欠で死なない様に、なるべく笑顔の時が永く永く続くように真なる学びを得てつつがない人生が送れるように日々お手伝いをしようと思っています。

目の前の若者に・・・どう気付きを得てもらうか?真剣に悩みます。若者にも考える力を付ける為に・・・覚悟・・・を決めてもらうためにはどうしたら良いか?真剣に悩みます。何度教えても、何度諭しても・・・ノー天気な気付かない感度の鈍い・・・”何とかなる症候群”と云う病気をどう直そうか真剣に悩みます。

学びの量と質はその人の収入に100%比例しています。学び無きところに収入の増加はあり得ないのです。ダメな人ほど・・・学びの誘いや啓蒙に対して後ろ向きです。・・・私の気持ちをブルーにしている最大の要因です。

縁なき衆生・・と切り捨てる事が私には、なかなか出来ないのです。捨てる能力こそ幸せに生きる為に不可欠な能力と知りつつ・・・それが出来ない苦悩を抱えて日々頑張って居ます。

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP