« 2014年11月 | メイン | 2015年01月 »

2014年12月26日

ほっ・・・

やっとブログを付ける時間がうまれましたぁ〜〜〜超ハードスケジュールでフル回転です。死ぬほどお仕事をして、死ぬほど断捨離をして・・・アクシデントなぞも有り・・・フー、フー、フーの一週間でした。フー

皆様のお陰様を持ちまして、お仕事も本日が本年の仕事納めです。ありがたい限りです。

多くのお客様のお顔が、お声が目に、耳に浮かんでこだましてきます。本当に多くの素晴らしいお客様に支えられ本年のお仕事も無事終了出来そうです。

年末にご挨拶させて頂いたお客様から・・・素敵な言葉を頂きました。

””あなたの存在そのものが私の安心出来る人生になっていますよ””ほんとうにありがとうね””

とのお言葉を頂きました。

サンハウジング創業1ヶ月目のお客様からのお言葉です。

26年間もごひいき下さいまして・・・たた、ただ、頭が下がるばかりです。

今できる最善を今・・・26年間、やりきってきた結果のお言葉とありがたく感じ入りました。

皆様も本年、色々な事が、色々な出会いが有ったことと思います。過ぎ去ろうとしている1年に、そして今、生かされている瞬間に感謝して、年末のお礼の感謝のご挨拶とさせて頂きます。

来るべき平成27年が皆様におかれましてつつがない年で有ることを御祈念申しあげます。

ほんとうにありがとうございました。・・・

2014年12月22日

重圧感・・・

やることが山ほど有ると・・・ホント、精神的にシンドイですねぇ〜〜〜マッターホーンのふもとでそびえる雪の岩山を見上げて・・・びびってしまう?そんな感じでしょうか???

これもホントシンドイ精神的なプレッシャーになりますね(大泣)

私はこんなプレッシャーと戦い続けて40年が経とうとしています。この絶え間ない辛いプレッシャーに突然、望みもしない、そして自分の責任でない辛い、辛い、生きて居るのも辛いような輪を掛けてた想定外のアクシデントのプレッシャーを何度も、何度も、乗り越えて来ました。現在も乗り越えつつ有ります。

マッターホーンの3合目で上を見たらマッターホーンの頂上にエベレストが突然乗っかって現れた心境でしょうかね???ホント辛い・・・先が全く見えない辛さ

何時もそんな時・・・

何時も疲れ果てて、そして前後裁断・・・何が起きようが?何が襲いかかろうが?・・・取りあえず今は五体満足に生きて居る!!!

今・・・だけを感じようと、今だけを生ききろうと何時も、何時も思います。平たく云えば開き直りの境地でしょうかね???

そして、一息付いて・・・上を見ることをやめ、自分の足下だけを見るようにします。一歩、一歩、今できる事を今、やりきる。

後にも先にも・・・私にはそれしか出来ないのですね!!!

日々、出来る事を出来るだけやれば・・・

それで良し

その時思うのです。際限なくやらない・・・前後裁断・・・疲れ切ってしまわないように・・・時をバシッと切るのです。

バシッと切ることが出来ないと・・・生身の人間は必ず再起不能の壊れ方をします。

”それなりに”・・・生きる

”それなりに、それなりに・・・とても大切な鳥瞰的な、俯瞰的な思考”・・・

出来る事を出来るだけ・・・そして・・・疲れたら休む・・・休んだその時多くの人は自分の甘い心に負けて休み続けてしまう愚かをしてしまいます。

易きに流れるのが人間の人間たる所です。・・・・・・これを防ぐには教育、そして使命を持つことです。

再起は・・・自分との戦いです。

戦い続けるから、”男”で在り続ける事が出来るのです。

最大の敵、戦う相手は自分自身の甘い心(人間の本質)なんですね・・・

原理原則・・・原因が無ければ結果は無い、行動しなければ何も変わらない、むしろドンドン沈んでいく、劣化していく

生きるとは学ぶ事で有る。重圧を取り除く唯一の道・・・それは・・・目の前の一歩!!!である。

2014年12月21日

年の瀬や・・・

「年の瀬や 水の流れと 人の身は」・・・「明日待たるゝ その宝船」

有名な赤穂浪士・大高源吾の歌舞伎での両国橋での俳諧の師匠との出会いの発句、付句の一説歌である。

風流人が今の時代は本当に少なくなったとつくづく思います。出会いと時の流れ、本質を心から楽しむ、ゆとりの様な懐の深さが欠落した時代だからでしょうか???

時代・・・アベノミクスだかアホノミクスだか知りませんが?、一番大事なことが抜け落ちては居ませんか???

それは・・・教育

無から有を生み出す教育です。

今の時代、知って居る事にそれほどの価値は有りません。つまり、テストの点が良いことにそれほどの価値がないと云うことです。クリエイティブな思考、ひらめき・・・これが一番重要なのですね・・・

世は官僚というテストが大得意な一部の人々に支配されています。しかし、この官僚と云う職種はクリエイティブな発想をすることを禁じている職種でもあります。

官僚も政治家も停年(最長勤務期間)を10年間とすれば・・・この岩盤規制の日本もそれなりに時代に追いつくような国創りが出来るかも知れませんね???

どんなものでも・・・年を経ると固くなるモノです。もろくも成ると思います。

新しいことにチャレンジするにはフィールドを変える事が一番良いと思います。もちろん、伝統芸能や研究者は、1つの道に一生を注ぎ込む事は必要だと思いますが・・・普通の仕事なら10年で一人前、芽が出なければ永遠に芽は出ません。人生を低レベルの惰性で生きるようなもったいない人生になる可能性も有ります。

今の時代、男も女も有りません。社員も社長もありません、個人、個人が自立できることが生きる為に不可欠な時代の様な気がします。

感じる心

感動するこころ

思考するこころ

そして・・・

時(今)を楽しむこころ・・・

******************

年の瀬や・・・断捨離チャンス・・・マインドの

山ほどあふるる・・・その歴史かな?

******************

2014年12月20日

人生救助隊

学び、学び、そして学び・・・訳が分からなくても、何度も何度も、解らなければ解らないなりに解ろうと前向きに目で見、,耳で聞き、ハートを感じようと努力をあきらめなければ・・・

必ず・・・ふっと・・・解るときが来ます。

今日もそんな若者との出会いの時が有りました。ありがたい限りです。

日々、多くのお客様と接しているとき・・・セミナーの講師をしているとき・・・

多くのお客様の既存の知識の差が多くあります。どのレベルに合わせて講義をすれば良いか???何時も何時も悩ましく思います。

簡単に、解りやすく、丁寧に多くの時間を使えば・・・知識有る人からの不満の声が聞こえてきたりします。今日のセミナーの様にメチャメチャ難しく、難解な数式を説明すれば・・・

現実として頭が痛くなり・・・聞く耳を閉じてしまう人も居ます。

方や・・・”これこそ私が待ち望んでいたハイグレードセミナー””・・・と慶んで頂く人も居ます。

多くのお客様が居て、多くの1人1人の人生が有ります。経験の差、知識の差、ハートレベルの差・・・多くの差の中での講師、全ての人に満足をして頂こうとの思いも有ります。

なかなか難しい事にチャレンジし続けなければなりません。

人生救助隊・・・本当にやりがいが有るけど、メチャメチャ頭をフル回転させないと勤まらないお仕事でも有ります。

弊社のハートフルなスタッフに恵まれてこそのセミナーでも有ります。ありがたい限りです。

ただ、ただ、やりきった!!!疲労感が身体的には辛いけど心地よくも感じます。

ありがとうございました。

2014年12月19日

キッチンセミナーエコ&スマート住宅(未来住宅)

必死になって明日の講義の資料を作成しました。

今回のテーマは、これからの家創りにとても重要なテーマです。以前の資料の8割をリニューアルしました。

フー

何時も、何時も、絶えず進化するサンハウジングのキッチンセミナーです。

明日の講義は少々難しい講義になると思いますので・・・どうお客様にご理解頂こうか?真剣に悩みました。私の頭はマルチタスクで全開で働き続けました。フー

自分でも不思議なくらい没頭出来て・・・集中出来て・・・

頭使いすぎであまいものが欲しいです。

これからの時代は・・・絶えず我が身にムチを打ち学び続ける人しか快適な人生は保証されない、そんな時代を迎えつつ有ります。

大企業の経営者でも時代を読み違えたら一瞬で排除される時代です。

しかし・・・

大企業の経営者って・・・クレバーな人に会ったことが無い、どうして官僚的な思考回路になるのだろうね?実に不思議である。

リーダーが群れを正しく引き連れないと・・・全部が死滅する

原理原則・・・野生の法則である。

2014年12月18日

縦割り社会・・・縦割り行政・・・縦割りコロニー

くそくらえの様な縦割りの日本である。

役所の某課の証明書の為に同じ役所の別の課の証明書を山ほど出させる。

本人確認すれば・・・データーは役所の中に全部有るのに、PCでちょこっと確認すれば全く問題無いのに・・・

書類、書類、書類・・・しかも有料・・・しかも超高給取りの役人が普通の書類を出す。

アホー

誰も異を唱えない

役人なんて・・・キチンとデーターベースを作りアクセス権限、アクセス披瀝を残すようにすれば事故も事件も情報漏洩もない

そして役人は3分の一で全くOKとなる。

増税なんてしなくても・・・全く問題無く日本は借金が返せる。

そもそも役人は優秀なのだから自分の本来の能力を活用して世のため人の為活躍出来る場は山ほど有る。

こんな簡単な事が理解出来ない政治家を山ほど当選させた

フー

シンプルに生きてるペンギンに笑われそうだ!!!

人が普通に幸せに生きていくためには、そんなに多くのモノを必要としない。本来、ペンギン村を見習うまでもなく思考する能力の有る人なら普通に解る。

一番の省エネは・・・コタツで家族全員顔を合わせて丸くなる事だ!!!

シンプルイズベスト

原理原則である。

2014年12月15日

断捨離準備中ぅ〜〜〜

年末にかけて我が家では、今年の大規模断捨離第2弾に向けて準備中です。

そうとう捨てなければなりません。

もちろん、使わないけど捨てられない思いでの大切なモノが山ほど有りますが・・・私のモノを中心に大幅に断捨離しようと思います。

私は凝り性で趣味人でもありますので・・・山ほど趣味のモノのアイテムが有ります。同じ趣味のオタッキーには垂涎のモノまで今回はバンバン捨てる決意をしています。見ると、その趣味に燃えていた時代を思い出して、その時代にワープして体が止まってしまい、1つを捨てるのに30分以上もかかる恐れが大ですので・・・今回は見ないで捨てようと思って居ます。

後ろを振り向かない!!!その決意で大大大、断捨離の決行です。

普通トラック山盛り3杯は推定の処分量となると思います。

今年の春先の大断捨離・・・トラック複数杯の山盛りの断捨離の時は・・・あれほど執着していたモノをスッパリ捨てたときのスカッとした爽快感を今回も感じたいと決意をしています。

それと・・・モノが必要以上にたまってしまい収納問題が起きる原因の1つは・・・働き過ぎも大いに有ると思います。自分のゆとり有るプライベートタイムが殆ど無い生活をここ数十年してきましたから、この点も今回大いに大反省です。

シンプルに生きるとは本当に難しい事ですねぇ〜〜〜

ゆったりと生きるとは本当に難しい時代ですねぇ〜〜〜

とらわれずに生きるとは本当に難しい・・・大いなる成長が必要なことですねぇ〜〜〜

2014年12月14日

空気感・・・と云う名の今時の常識?

時々・・・今の時代が苦しくなることがあります。

先日も・・・若者の行動が私をド気分悪くさせました。自分さえ良ければ自分の仲間内で勝手に盛り上がり、その場に同席している私の価値感をおちょくった行動を目にしたからです。

教育者は何をしているのか???

親は何をキチンと伝え教え育てたのか???

廻りの大人は何をこの若者に教えたのか???

一言で馬鹿と切り捨てる事も出来るのだけれども・・・なんとなくこのわがまま放題、無礼お構いなしの若者が国立大学を出た若者の集団である現実を鑑みるとき・・・

少々、この日本の未来が心配になる。

歴史教育の本質を取り違えた教育者の罪なのかも知れません。

慇懃無礼な中国人を笑うことなど出来ない足下のていたらく・・・泣けて来る。

今時の若者は???ウンヌン・・・と云うフレーズは数千年前のピラミッド築造当時の落書きにも有るように常識を打破するのは若者の特権、若者だからこそ出来る変革なのだけれども、他人様に迷惑を掛けない常識打破なら大賛成である。しかし、私が目にした不快な若者の行動は自分の五欲、自分の仲間のおふざけ、おちゃらけ・・・自分たちさえ気分良ければ何しても他人なんて知らない的なはちゃめちゃな行動、それを大ホールの厳粛な儀式のなかでやる・・こいつら!!!

原因が有って結果である。

盆栽がボウボウに枝が伸びきってからでは、剪定をするとその盆栽は枯れてしまう。盆栽なら自らが枯れても抵抗はしないけれど若者は成人してからでは猛烈な抵抗をする、時には矯正者の命さえ奪う・・・成人してから人格を矯正することは現実的には不可能で有る。

ただ、テストの点の良いだけの1つの事が優れていれば・・・本当に大切な人間力、愛、慈愛、大自然の摂理への造詣などカケラも無くても何故か?組織の長となり、組織を動かす自己利益しか考えない利口馬鹿が増殖する。

矯正など出来ない・・・愛のないヤツは愛する事の本質を終生しらないで生きる。愛さえも世の常識、マニュアルで愛すると錯覚して一生を終わる。

人は成人してから変わる事、進化する事は基本的に出来ない、出来るとすれば莫大な労力と超幸運が必要なのである。

刑務所出所者の再犯確率を見ても・・・容易に推定が出来る

教育の本質、一番重要なのは3歳児教育である。幼稚園、保育園の先生の質をもっと高め、この3歳児から6歳児までの教育者を一番優秀な人材を当てなければならない!!!

大学の先生なんてぼんくらでもそんなに困らない

幼いとき、人間としての幹の本質、根幹が出来るときが一番大切なのである。

親が今、親をしないじだい、親が親になろうとしない時代、だからこそ・・・このところに金と人財を注ぎ込まないとこの日本の快適な未来は無いかもしれないと・・・

つくづく感じた

2014年12月05日

気持ちが良い外国人・・・

外国人とお取引です。素晴らしく気持ちの良い若い外国人です。

素晴らしく頭の回転が速いです。私の好きな人種(クリエイティブマン)です。

方や・・・

ロクでも無い日本人も多々居ます。

劣化

我が国のキーワード・・・全てに劣化・・・傾向大の様な危惧を感じます。

さてさて・・・如何なりますことやら我が国の近未来

利口馬鹿の増殖の日本・・・ため息しか出ません。

2014年12月02日

菅原文太ぁ〜〜〜

朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり (あしたにみちをきかばゆうべにしすともかなり)

意味:人としての道を悟ることができれば,すぐに死んでも悔いはない。

菅原文太さんがお亡くなりに成りました・・・晩年、時の期限を知ったとき彼はメチャメチャ勉強をしたそうです。人には必ず生まれ落ちたときから期限が有ります。その期限を殆どの人が日々意識しないで過ごしているようです。だから・・・ダダクサな時を無駄にするような生き方をしてしまうのかも知れません。

野生・・・野生を忘れた現代人・・・

一刻、一刻を生ききる・・・意識せずに生ききる

覚知にまじわるは証則にあらず・・・私の座右の銘です。

人は迷い、五欲にまみれ・・・生きるのが普通です。普通が一番尊いと私は思います。

真理なんてくそくらえ・・・生きたいように生きる

自分の意思がキチンと生きたいように生ききれば・・・それで良しとすれば良いと思います。

故に

なかなか真理には到達出来ません、故に人は何時までも生きたいのかも知れません。

煩悩マルケのマッキー

凡夫此処にあり!!!

2014年12月01日

師走・・・です。

一年が早いですね・・・

あっと云う間に12月忘年会のシーズンです。

めちゃめちゃ真剣に仕事をすると時がアッと云う間に過ぎゆきます。これも・・・やりすぎると人生短くするようです。

豊臣秀吉の時世

露と落ち露と消えにし我が身かな浪花の事は夢のまた夢

晩年の秀吉は少々見苦しかったようです。それは・・・人格・・・が備わって居なかったのかも知れません。

秀吉は人垂らしと云われたように・・・人間関係を上手くするのは天才だったかも知れません。運もメチャメチャ良い男だったかも知れません。

しかし・・・

器が小さいまま富と権力を手にしたモノの末路・・・

人格の上下は・・・親から子に生前遺伝するモノです。

小さい器を自分の力で、自分だけの努力で大きくするのは本当に、本当に骨が折れる努力が必要なのかも知れません。

人格とは・・・人の品性とは・・・最低3代かからないと高くならないような気がします。

品格を上げるためには・・・人間の持つ五欲を超えた社会貢献や仕事への一途な思いが無いと達成出来ない世界観なのかも知れません。

私の人生を省みるとき・・・気付きが遅く・・・この品格向上には余りにも時間が足りないようです。

誰しも親は選べません・・・

生まれの運は人に取って最大の・・・運・・・なのかも知れません。

私も普通の運により普通に・・・この世に露と落ちたようです。お陰様で社会人になってからの出会いは中盤以降それなりに良い運に、良い出会いに恵まれて・・・この気付きが有りました。

気付き・・・

年の瀬で、この一年を反省し、思いを巡らすとき・・・

気付き・・・

気付きを放置した自分を見つけ出すのかも知れません。チャンスの扉には門限が有るようです。

遅れないように心を澄まして・・・今を生ききる、今を動ききるしか・・・道は無い様です。

慌ただしい年の瀬に・・・時に置いてきぼりを食らわないように今を共に生ききりましょう。

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP