« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月30日

昨日の嘘つきが明日を語る事なかれ!

たしかに・・・

これが1番大事だ!!!

目糞(めくそ)鼻糞(はなくそ)・・・泥棒に法律(刑法)を作らせる・・・と同じかも・・・

泥棒は確かに悪い!!!

しかし・・・

泥棒を見て見ぬ振りをする警官はもっと悪い!!!

泥棒に犯罪の手を貸す警官はもっともっと悪い!!!

泥棒と警官が結託して共に自分の大切な大切なモノを奪われているのを目のあたりにして文句や防御をしない市民は何だろう???

泥棒と警官と悪徳市民が結託して泥棒を手先にして・・・善良な市民から搾取する

自分の手を汚さない悪徳市民(利権集団)はヤクザのオヤビン???

泥棒=政治屋

警官=マスゴミ

ヤクザのオヤ?ビン=悪徳市民

善良な市民も・・・いくら善良でもアホや無関心は犯罪(同罪)かも?同じ穴のムジナ???

なんて図式がぴったりとする今の世の中?ってなんだろうね?

私の大好きなこの”美しき日本”はいったいどうなってしまったんだ!!!

一日中、テレビと云う箱(板?)から毎日、毎日ゴミがあふれ出て居る。汚染物質(情報)をばらまいている!!!

目を覚ませ!!!!!

2012年11月27日

本日も・・・ありがとう・・・

ありがとう・・・ございます・・・

本日も一生懸命・・・生きぬきました!

多くのご縁が有る人々にお役に立てたかな?

・・・・・・・

2012年11月24日

感情・・・(情動)(emotion)

私が何時も苦しくなると・・・心の中で唱える言葉が有ります。

”今”・・・今しかない!前後裁断!

そして・・・物事”中庸”を持って旨とすべし

何度も何度も唱えても・・・直ぐには私の感情(こころ)を救ってはくれません。残念ながら現実ですが、それでも、それでも唱え続けます。

そうすると・・・時々”から元気”が出てくる場合が有ります。

私は常々社員の皆様に何時も何時も昔から申しあげている事が有ります。

”人間は思ったとおりの人になれる”・・・必ずなれるだから思え!!!社員の皆さんからは反論も有りますが嫌がられても何時も何時も申しあげて来ました、そして今も申しあげています。

”自分がなりたい自分を思え!!!”

しかし、今回なりたい自分が突如霧散してしまう事も有る事を知りました。アクシデントなど無くても、なりたい自分を見つけられない、思うことすら出来ない事が有る事を知りました。

人間と云う生き物は昔から言い伝えられては居ますが・・・そう・・・”感情の動物”・・・なんですね!初めて骨の髄までこの言葉の意味が理解出来ました。

”感情”・・・慶び、喜び、歓喜、怒り、悲しみ、苦しみ、その他感情を表現する言葉としては・・・

「胸が痛む」、「断腸の思い」、「血湧き肉躍る」、「手に汗握る」、「胸をおどらせる」、「腹が立つ」、「はらわたが煮えくり返る」、「頭に血が上る」、「むかつく」、「苦々しい」、「鉛を呑んだような」

この感情は弊社住育セミナーでも学びますが・・・第一義的には子供が成長する過程で個々の家庭環境、親子関係、家族関係で大脳皮質、皮質下、等に有る共感脳と云われる所が育つ過程で個々に身につけます。特に母親との言外コミニュケーションの影響はとても大きいモノが有ります。

しかし、感情の起伏の無い人間など世界中探しても一人たりとも居ません。(病的、事故的な人を除く)

相手を本当に心底理解するとは・・・この個々の身につけた”感情”の差まで理解する事無しには不可能です。この感情の差を理解する過程で必ず個々の感情の差が原因の小さな衝突や場合に依っては大きな衝突を繰り返し・・・初めて相手を本当に理解出来ると思うのです。例えばどんな動物でも群れの中で必ず争い、そして序列を決めていきます。平たく言えばとっくみあいのケンカをしないと相手の本当の強さは解らないと云うことです。

ましてや男と女と云う全く別の生き物の、そして個別の親御さんであり別々の環境で育ち上がった別々の個体の感情に差が無く同じなんて事などあり得ません。

私は・・・恵まれた環境で育つことが出来ませんでした、とてもハードな感情の起伏の環境で育ちましたので、他者から見るととっても”怒りんぼ”の様です。とっても”泣き虫”の様です。私の廻りには世間一般的に云う”被害者”続出”で申し訳なく思っています。申し訳なく思えるようになったのもお恥ずかしながら40才を過ぎた当たりからですけれども・・・それでも・・・直りませんし、未だに廻りに迷惑をかけ続けてしまいます。


子育ての本に”子供を感情的に叱ってはいけない”・・・と有ります。声を荒立てず、諭すように優しく注意をする事が重要。・・・なるほどですね!

しかし、子供は子供です、普通の子共は賢者でも学者でも有りません。嫌な事は・・・”お耳日曜日”・・・とばかりにスルーする能力を本能的に身につけて居ます。心のゲートウエイが閉ざされた状態で何をどう優しく解りやすく言っても・・・それは親の自己満足以外の何者でも有りません。

”感情”の爆発は・・・良い悪い、被害の有る無しを別にして・・・心の叫びの真実です。その人そのものの実像がクッキリと現れています。

本日の某新聞にも下記の様な内容の記事が有りました。

「優しいと言われたい、思われたい母親は感情的に怒ると親子関係が悪くなると心配して、子供に嫌われる事を恐れて叱れない親も居るが、真に子を思う親であれば、我が子の心の扉をこじ開ける為に感情的に叱っても親子関係は上手くいく。そして人として大切な事をないがしろにした場合には毅然とした態度で叱る事が大切であり、感情を込めるからこそ事(失敗・過ち)の重要性が伝わり、子を思う親の気持ちが通じる。」

世の中には一度も親に怒られた事のない子供が居るそうです。

世の中には一度も夫婦喧嘩をした事が無い夫婦が居るそうです。

”怒りんぼ”で”泣き虫”の欠点だらけの私が言うのも申し訳ない気がしますが・・・

実にもったいない、実に、実に・・・もったいない!!!

仏教の禅宗、曹洞宗の修証義(しゅしょうぎ)第五章(行持報恩)の一部にもこう有ります。

徒(いたず)らに百歳生けらんは恨むべき日月(じつげつ)なり、
悲むべき形骸(けいがい)なり、
設(たと)い百歳の日月は声色(しょうしき)の奴婢(ぬび)と馳走すとも、
其(その)中一日の行持を行取(ぎょうしゅ)せば一生の百歳を行取するのみに非ず、
百歳の佗生(たしょう)をも度取すべきなり、
此(この)一日の身命は尊ぶべき身命なり、
尊ぶべき形骸なり

(意味)
かくて意味もなく百年の年月を生きても、それは只はかなき生のいとなみのみというべく、無駄な年月であり
つまらぬ形骸(むくろ)というべきである。
されど、そのように物の世界の中を走りまわったような百歳であっても、
その中で一日でも、真実の道理に従った生活ができたならば、その一日の行持の功徳は、あまねく一生の全体を蓋うだけでなく、
更に又そのようなすばらしい百年のいのちをもう一度過ごしたのと同じ徳があることになる。
この一日のいのちは尊ぶべきいのちであり、
尊ぶべき身体である

まさしくこのお経の様に生ききった不器用な親子を私は知って居ます。

2012年11月23日

片肺飛行で離陸中・・・

飛行機は片肺飛行でも飛べるし、着陸も出来るし、離陸も可能です。大型飛行機の様にエンジンが4機付いている飛行機で3機のエンジンが止まっても、たった1つのエンジンでチャンと飛べるように出来ているそうです。

我が飛行機も順風満帆全速力で飛行をして居ましたが、何故か?4機有るエンジンが全部止まってしまいました。エマージェンシーコールが鳴り響く中、滑空状態でクルーみんなが冷静に懸命に努力をして頂き、多くのお客様に最小限のご迷惑やかすかなるご不安を我慢して頂くだけで済みそうです。ハートフルで優秀なクルーのお陰様でパワーを(優しさ)懸命に注いで頂いたので墜落寸前で1つのエンジンがかすかながら息を吹き返しました。まだ、まだ、この1つのエンジンが高回転になったりプスプスと不調になったり時として不安定では有りますが・・・その度に優秀で優しいクルー全員が必死で支えてくれています。

まだ、まだ、低空飛行で一山、一山、力を振り絞り上昇をして何とか無難にクリアして居ます。・・・ありがたい事にお陰様で徐々にパワーが盛り上がりつつ有ります。

本当に、ありあたい事です。

このアクシデントでまた多くを学ばせて頂きました。住処(すみか)の大切さも再認識させて頂きました・・・

私のライフワークである”感動住宅”に入る生命体である人間と云う生き物の本質もより深く、より多く学ぶ事が出来ました。

ご縁が有るお一人、お一人の優しさをパワーに代え・・・

我が年代物の飛行機も素晴らしきクルーに助けられ、多くのご縁が有る方々に助けられ上昇飛行に移りつつあります。、皆様にご迷惑をかけないように巡航スピードになるべく早く達し、まだまだ、多くの皆様にお役に立てそうな”希望”が少しだけ沸いて来ました。

”今”できることを”今”・・・ただ、ただ、愚直にやりこなすのみです。

ありがとうございます・・・

2012年11月18日

ありがたいお言葉

”まきひらさん・・・応援してますよ!”

本日のお客様より頂いたお言葉です。本当に有りがたい言葉です。

笑顔で真心のこもった優しい言葉をかけて頂くとウルウル来ますね・・・

ありがとうございます。

************************

しかし、難しい時代になったモノです。私の様なモノには辛い時代でも有ります。

ポジティブでも感じたまま本当の事を云うとセクハラになる時代です。

職場では長い間の同僚でも姓で呼ばないとだめらしいです。名で呼ぶとセクハラになる時代だそうです。

本当にシンドイ時代になりました。・・・

2012年11月17日

柿・・・食べました・・・

柿・・・食べました・・・

1つだけ我が家のキッチンカウンターに残った柿を食べました。

ありがとうございます。

”味”がしました・・・

美味しい味がしました・・・

少し柔らかめではありましたが・・・

多くのご縁が有る方に毎日、毎日、支えられ・・・ありがたい事です。本当にありがたい事です。

”今”出来る事を”今”一生懸命頑張って居ます。

ご安心くださいね・・・

2012年11月15日

くりきんとん

美味しいですね・・・栗きんとん!

美味しいですね・・・鬼まんじゅう!

ありがたいですね!!!渋茶と頂くとそれはそれは・・・優しさが心に染み込みます。

ニコニコタイムズも担当者が一生懸命仕上げにかかって居ます。私の原稿は今より1ヶ月以上前に入稿していますので今月は楽ちんさせて頂いて居ます。今度の号も私の小難し話で恐縮をしていますが・・・なかなかホットハートな心温まる文章が不得手で申し訳なく思います。

多分、読者の皆様の中にはお腹立ちの方もお見えでは無いかと心配をして居ますが・・・広いお心でお許し下さいね・・・

我が家の台所にはお客様より頂いた柿が、食べそびれ1つだけ台所のカウンターの片隅に有ります。


柿眺め・・・

朱色深まり・・・

時は行く・・・

2012年11月14日

みなさん・・・ありがとうございます。

涙・・・枯れ・・・

心、ち切れし・・・

若葉・・・落つ・・・


********************

耐えに耐え・・・多くの皆様のご縁に、多くの皆様の真心に励まされ・・・

今・・・

素晴らしきお客様に労られ、・・・素晴らしき社員に支えられ・・・

今・・・

一歩、・・・・・・・一歩・・・

ありがとうございます。

本当に、本当に、心よりありがとうございます。ありがとうございます。・・・

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP