« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月30日

台風・・・!

台風襲来です。皆様お怪我など成されませんようにご留意下さいね・・・

さて、弊社では数日前より緊急災害情報自動発信のラジオが設置されました。豊橋市が補助で1500円で豊橋市民に購入可能としたものです。

先ほどいきなりスイッチが入り豊橋市危機管理の担当者が高潮の警報と避難準備エリアを発表していました。高潮最大高さ2.5mの襲来予定だそうです。

多くの低地のエリアが連呼され、避難行動を促していました・・・

私は思うのです。この低地は・・・そもそも人が住んで良いところだろうか?と・・・台風の高潮だけではなく当然、地震に対してもとても弱い地域です。私は信じられないのですが・・・このエリアに未だに世間的にはブランドの大企業やブランド工務店により新築工事が成されています。

(弊社のお客様は全員包み紙には惑わされない内容をキチンと見分ける能力をお持ちの真のクレバーなお客様ばかりですが・・・・(笑))・・・でも時々アレ?って事も起きますが・・・

アレ?:穴が空いているのを承知でそこに落ちて行く人々が居る!

東日本大震災の大災害を受けて・・・蒲郡の市長さんが言った言葉がマスコミの袋だたきに合い、市長は言った言葉の撤回と謝罪を余儀なくされました。

蒲郡市長の発言

”歴史的に大津波が来ている記録が有るのに、そこに家が建っている事自体がおかしい”

100年に3度も町全体が無くなり過酷な試練を受けているにも関わらず町を再生する愚かさ!!!誰がどう考えたって愚かだ!!!

正しい事を言い、多くの人の財産と姓名を守るのが政治家だ!!!政治家の一丁目1番地だ!!!こんな正しい事を言う人をマスコミや世間は袋だたきにする・・・・?????

日本ってなんだ???

マスコミは神か???

被災者はそれはそれはお気の毒だ!!!私もそう思う、しかし、お気の毒と云う事と愚かと云う事は何れも別々の事だ!!!この愚か者は・・・何の罪も無い全く無辜の人々に大迷惑をかけている事実をマスコミはどう報道するのだろうか???

この愚か者のために莫大な、それこそ莫大な税金が無駄に何度も、何度も使われている!!!この税金が有ればどれだけ被災者以外の多くの人々が救われるのだろうか???

例えば被災地の予算が25兆円とも云われています。この25兆円有れば・・・来るべき南海トラフの大震災の被害を受けるべき最大の原因の耐震性の無い建物がどれだけ耐震化出来るか?

昨日の防災講習会の資料によれば1軒の耐震化に平均110万円が必要と有りました。日本中の耐震性の無い住宅全て(全国で1000万棟)を無料で耐震化した上でなおかつ半分以上余る金額なんです。この余った金額で地震が来る前に危険な低地から高台に町を移転させる事も可能となるし・・・多くの人の命が救われると思います。

300兆円とも言われている莫大を通り越した今度の被害の殆ども減らせるし、その結果日本の未来も救えるし、世界にも迷惑をかけないで済む・・・もちろん、今の日本が苦しむデフレや不景気からも救われる!

つまり、被災する3,000万人の殆どが救える可能性の有る金額が・・・たかだか被災者となる事を知りつつ被災者となった30万人の為に浪費されようとしています。もちろん、この30万人の中には本当の意味で自分はキチンと準備、対策をしていたのだけれども愚か者の為に火事を出されたり、もらい倒れ等々の無辜の本当の意味の被災者も居る事も事実です。

ですから一緒くたに全部が可哀相な被災者では無く、被災者の過失割合をキチンとだし、その過失割り合いに応じて救援の量と質を区別すること無しに・・・未来の自然災害の被害など防げるハズが有りません。

助かりたいと思って居ない人を助ける事など出来ないのです。自助がなければ共助も公助も基本的には無いのです。自分の愚かさ故に無辜の他人様に迷惑をかけないようにするのは人間としての一丁目1番地と思うのですが・・・・(他人を不幸の道連れにする権利など何人たりとも無い!!)

私の考え?間違ってますか???

自動車事故と考えれば理解しやすいと思います。勝手に飲酒運転で川に落ちた人に・・・税金で車を買い換えるなんて事はあり得ない事ですよね!!!自然災害でも過失割り合いをキチンと出す・・・これが一番重要な事です。

先にブログで書いたハイパーレスキュー隊の費用対効果 B/C(ビーバイシー)を考えなければ、この国の未来は有りません。100倍以上の生き金になるのに・・・おろかとは・・・困ったをとおり越して犯罪だ!

すこし、クリアな頭脳ですこし俯瞰して見れば小学生にもわかる事が利口馬鹿には全く見えなく茶の木畑に迷い込んで自分の事しか考えない・・・やから・・・がこの国の未来を壊死させる。

最大の犯人、ばい菌、はマスゴミだ!!!

2012年09月29日

本日も・・・超多忙!

年がら年中・・・多忙、多忙、多忙・・・・・

私の趣味の時間は何時取れるやら?・・・時代が悪すぎます、本当に時代を五感で感じるとき、寸暇を惜しんで働かなければなりません。時間は無いのです、リミットまで本当に残された時間が無いのです。

ゆでガエル

灼熱地獄

蚊帳の外

嘘にまみえる

現代社会

******************
正解が有るのに答案用紙にそれを書かない!!!

不思議な受験生!!!日本人???

******************

せめて・・・せめて・・・嫌われようが怒られようが本日も手取足取り正解レクチャーをさせて頂きました。

行政マン、学者、政治家、教育者・・・に私は言いたい(命の限り叫びたい!!)

”あんた!!!何の為に生きてるの?”

2012年09月25日

カレーライス?では無く・・・カレー・ナン!

昨夜、お腹を空かして友人と久しぶりに食事会に行きました。友人推薦のお店・・・私は初来店

ネパールカレーの店!!!

色々なナンと色々なカレー、そして色々なお肉とサラダ・・・好みに合わせてチョイス可能です。もちろん、辛さもチョイス可能です、お肉の焼きの仕上がりも燻製ぽくて美味しかったです。

初来店でしたがなかなか私の口には合い・・・美味しかったです。特に安くて美味しいこれが一番です。

ディナーセットで1,500円程度のセットメニューを注文しましたが美味しくてお腹いっぱいで大満足です。何度もこのお店を使っている友人に云わせるとランチは行列が出来ているとの事でした。

私は今までこの本格的なカレーは実はあんまり好きでは無かったのですが・・・これならいけると思いました。本来私が大好きなカレーは女性には評判最悪の・・・”田舎カレー”・・・が実は大好きなのです。

小さい頃食べた・・・オリエンタルカレーとかバーモンドカレーとかスーパーで売っている箱入りのカレーのルーををアレンジして・・・オニオン、ガーリックなどをみじん切り、炒めて少しだけ加えた普通の田舎カレー

お肉はブロックでは無く、豚の細切れ、ニンジン、ジャガイモは・・・形がキッチリ残って居ないとイヤなのです。カレーと云うよりカレーシチューに近いのかも知れません。このルーを熱々のご飯にたっぷりかけてバクバク食べるのが大好きなのですが・・・

専門店に有るようなペースト状のルーは実はあんまり好きでは無いのですが・・・・昨夜のカレーはそれなりに満足出来ました。

東南アジアの専門店はどちらかと云うと雰囲気や食器類等がメタルっぽくて、グレーの感じがして、そしてゴテゴテのデザインであんまり好きでは無かったのですが・・・このお店はそれなりにパリっとして清潔感に溢れ、昨夜の店員も現地人でしたがとても清潔感に溢れて居ました。

お店の場所は・・・豊橋市の佐藤町に有る自動車のディーラーレクサスの西側の橋を渡り直ぐのビルの1階の貸店舗?の中に有ります。名前は?覚えていません(笑)

気心の知れた同級生と久しぶりに美味しい食事をし、話の内容は・・・昔から、今まで、あっちに飛び、こっちに飛び、とりとめのない会話、しかし、このディナーの2時間は私にとって素晴らしく輝ける2時間でした。タクシーを降りるときの2人のガッチリとした握手、笑顔!!!友とは素晴らしい!実にありがたい存在ですね!

さてさて・・・

実はカレーは脂肪分がメチャメチャ多い超高カロリーメニューですかから・・・

今朝ほど体重計に載り・・・唸りました(笑)さて、これから3日が大変だ!!!(涙。。。

2012年09月24日

空腹感!

これだ!!!・・・今午後5時30分です。私はメチャクチャお腹が空いています。この空腹感!これを感じる事が・・・そしてしばし、この空腹感に絶えることがとても重要です。

これはどんななレシピより食事を美味しく頂く基本中の基本です。或る意味普通の人には苦痛の空腹感でも楽しみと捕らえると・・・それなりに快感になったりします。しかし、これをやり過ぎると拒食症になったり過剰ダイエットになったりして体を壊してしまうことも有りますので要注意です。

お陰様で私の体重は適正値(BMI=20前後)をキープし続けています。統計的な長生きの人はこのBMIが23から24程度の様ですが・・・体脂肪率13%程度を維持しています。

私も良く日帰り温泉に出かけますが・・・私より体型の良い50代を見たことが有りません(自慢)古代ローマの彫刻の様な体型をしています。努力有るのみですね・・・

食事に限らず・・・色々な局面でこの”空腹感”を感じる事がとても大切な事だと思って居ます。満たされすぎるとこの空腹感を感じないままの人生を送る・・・・それが実は人間と云う生き物の感覚を麻痺させる。退屈で、退屈で、退屈な人生につながってしまうような気がします。この退屈を癒す為に必要の全く無いにも関わらず多くを求めてします。食事しかり、お金しかり、名誉しかり、・・・五欲を適正にコントロールする方法は唯一です。

意図的に”空腹感”を我慢する精神力

人間の欲は際限有りません、家も設計をしながらドンドン大きくなりがちです。土地も予算を無視して高額になりがちです。

まさに”足を知る”

この答えは・・・如何なる時にもしばしの”空腹感”

おなかすいたぁ〜〜〜でももう1時間我慢するぞ!!!

そして満腹感を感じないように・・・・腹8分でストップする精神力!!!

もちろん、栄養バランス、カロリー消費に対する知恵はとても大切ですけどね・・・

でもなかなかこの空腹感を我慢できないのも”人間”なんですね・・・私も人間、そして貴方も人間、我慢できないときは我慢しなくても良いのです。しかし、しかし、その後の努力の方が何倍も何倍も苦しい事実を知っているのが・・・

”賢者”

賢者であろうとなれる猶予は3日間しか有りません、3日間で必ず元に戻る死ぬほどの努力が必要と己の欲を見つめましょう。

欲におぼれるのが・・・

”普通の人”

おぼれ続けると・・・まとめてツケを払わされるのも人生です。

この事はダイエットに限らず、大きく分けて9カテゴリーの人生のリスクに対して人間がそれなりにつつがなく生きていく為の基本セオリーの様な気がします。

おなか・・・すいたあぁ〜〜〜!!!

2012年09月23日

まままぁ〜いった!!!

本日はドおっどどどどどどどどおdさおあr9えをらちえらどどどどぉ〜〜〜忙しかったぁ〜

朝から晩までお客様の渋滞が出来ました、お店にお客様が入り切りません、出直して頂いたお客様や、お店の外でお待ち頂いたお客様やら・・・弊社の3つの接客ブースは終始満杯でウエイティングで・・・ご来店を頂いたお客様には誠に申し訳ございませんでした。

この様な事にならないように・・・弊社は土日は予約制でお願いをしているのですが、初来店のお客様やら当日御予約のお客様やらで・・・時折収拾が付かないほどの忙しさになる事が有ります。

御予約もフルネームで頂かないと同じ姓の方も複数居ますので御予約のお客様のご希望を確認するだけでも大変です。定期的にご来店を頂いて居るお客様はそれはそれはスムーズに事が運ぶのですが・・・何ヶ月ぶりとか何年ぶりなんてお客様もお見えになりますので・・・それはそれは対応に苦労をします。

そんな多くのお客様の中でキチンと定期的にご来店を頂いて居る弊社に取ってはとてもありがたくも大切に思うお客様がお見えです。本当にこのお客様は絶対に良い物件を購入して頂けますように弊社は全力で頑張って居ます。お子様がつい最近お生まれになりとても大変な時期なのに・・・

”定期的に来店をしないと忘れられては困る”・・・とのありがたいお言葉で本日のご来店の御予約を頂きました。私はこのお客様は絶対に忘れはしないのですが・・・弊社があまりにも多くのお客様が居る事をご存じですので心配になったようです。(定期的にご来店を頂いて居るが故の弊社の理解)

弊社は優良物件しか販売しないと宣言をしています。故に販売物件の80%以上は南道路です。残りの20%に付いてもご予算の許す限りこの問題点を設計力や提案力でカバーした上での販売です。弊社は70点以下の物件は販売することは基本的に有りません。

本日もご予算の少ない方が弊社で云う50点以下の物件をご要望されましたが・・・私はキッパリとお断りをさせて頂きました。この物件をご希望される場合には他社で買って下さい!!!

私は自分自身がその地域に住むつもりで何時も物件をチェックしています。私は何時もお客様より真剣な場合が多々有ります。不思議ですけど毎日弊社の接客コーナーで起きている事実です。

弊社は永遠の零細企業を宣言しています。多くを売る必要は有りません、ご縁が有る限られたお客様に本当に優良物件のみを買って頂きたいのです。だから・・・東三河エリアのたった3%程度の優良物件しか扱わないので・・・当然の帰結として”超零細企業”です。

しかし、何度も、何度もご来店を頂き弊社を本当に理解して頂いて居るお客様は弊社の実力を良くご理解頂いて居ます。30坪3LDKの住宅に設計料だけで400万円以上も取る日本的なカリスマ設計士に依頼しようか?弊社に設計施工で依頼しようか真剣に考えてお見えです。この真剣に悩まれているお客様も実は一級建築士です。

弊社は実はその道のプロが選ぶ会社です。

今までに何度も何度も同業のプロの住宅を設計施工させて頂いた経験が有ります。

弊社は営業も宣伝もチラシも何もしません、唯一正確に弊社を理解するのは何度も何度もご来店を頂き、弊社の生の姿を長期間観察されれればおのずと理解出来ます。

プロだってアマチュアだって誰だって”良いモノが安く欲しい”のです。誰だって同じです。しかし、殆どのお客様が自分に取って本当に必要なモノ、良いモノの理解が不十分な場合が有る事も事実です。

メーカーやブランド工務店が売りたいモノ(利益の出るモノ)を自分に取って良いモノと錯覚されているケースも多々有ります。

100人いれば100通りの住宅が有ります。自分に取ってのベストは何か?真剣に勉強して見つけ出す努力も無しに良い住宅なんてできっこ有りません。

私は目の前のお客様に何時も何時も宣言をします。

お客様のベストが弊社のベストです。お客様が真剣に勉強をして、真剣に自分の家族を見つめ、その上で弊社を選ばない事がベストならそれも私のベストです。

100人いれば100通りの人生が有り、100通りの価値感が有ります。当然です。弊社が選ばれない事も当然の帰結として起きうることです。あったりまえです。

私は私のハートを熱くするお客様のみの家を創らせてもらいたいのです。お金のみを目的に自分の貴重な、貴重な生きているこの時間を使いたく有りません。貴方はイヤイヤなやりたくない気分で自分自身が納得出来る仕事が出来ますか?自分自身が感動するような”やりきった”満足感に満ち満ちた仕事ができますか?営業マンの対応がどれだけ気分が良くてもそれが貴方が感動するほどの良い住宅につながりますか?自分自身の事として真剣に自問自答して下さい。貴方も人間、他社の社員さんも、営業マンも人間、そして私も人間です。私の家創り、土地探しは・・・・お客様も私も同時にハートが熱く、熱く、相互信頼で結ばれるそんな仕事のみがしたいのです。

”感動住宅”

”感動不動産”

そんな時間が流れることが私の唯一の生きる意味、生かされている意味です。

本日もとてもとても多くのお客様のご来店を頂けましたことを心より感謝申しあげます。

ありがとうございました・・・

2012年09月22日

人間とは?不合理な生き物の様である。

私も同感である。

本日、某経済学の大家の論文を読んでいたら書いてありました。不合理な生き物人間!!!

おもしろくもあり・・・悲しくも有り・・・です。

ほんのちょとだけ自分の直近の損得を離れて・・・俯瞰すれば(少しだけ自分自身の体から魂を浮かして自分自身を見る)即、わかる事がゼンゼン解っては居ない現実!

シンプルに生きる!最近私はこの事にこだわって時を過ごす事が多くなりました。年のせいなのか?あんまり五欲が沸き上がってきません。いかん事とは思いつつ・・・若さが減退して枯れてきたのかも知れませんが?若い頃より随分粘り強さが弱くなってきたようです。

その分、人間の本来持つ不合理さも弱くなっているようです。まぁ〜早く云えば面白くない人間になりつつ有るのかも知れませんね・・・

しかしたった1つだけ・・・若い頃よりも遙かに欲深くなった事が有ります。

それは・・・

学ぶ事です。

そして深く掘り下げて クリティカル シンギング Critical thinking 絶えず自分自身の思考や行動を検証し、批判し・・・クリエイティブな思考の連鎖を導き出すこと

*****************

ちまたによくある・・・”私は真剣に一生懸命にやっている”これ以上出来ません!!!・・・と云う人が居ます。しかし、アウトプットの検証をすると結果に進歩が無い!そんな事がよくあります。

現状維持は・・・後退です。・・・これが続くと社会から間違いなく淘汰されます。そういう時代を、そういう価値感を私達は選択をしてます。(選択させられているが正解かも?)

常に進歩を求められて居る・・・生きる為に常に進歩しなければなりません。

今までの日本の国民は川の流れに沿いさしたる努力もせずに廻りと同じように土手にぶつからない程度に注意をして流れて居れば・・・それなりに生きて行けました(過去形)しかし、今、この国に流れて居る川は逆流の川です。川の流れに流されていけば、ナイガガラの滝壺です・・・行き着く先は”不幸の連鎖”又は”人間として生きる権利の剥奪”です。(モノ扱いされる人生)そうならないように誰も彼も経営者で有ろうが労働者で有ろうが知識人で有ろうが必死で川の流れに流されないように足をバタバタさせて泳がなければなりません。効率が良い力強い泳ぎ方(価値有るスキル)が求められて居ます。

同じワーク(仕事)ならどんどんその仕事にかかる時間を短縮させ熟練をして行くのが普通の事です。時間が短縮できない事は実はサボタージュと同じ事なのです。時間がかかると云う事、時間が短縮できないと云う事は・・・100%生きる努力の不足です。努力しているつもりになっているだけ・・・なんですね!!

そんな或る意味シンドイ時代を私達は生きています。否、生きていくしか選択肢が無いのです。

冒頭のタイトルにも有るとおり”人間とは実に不合理な生き物”なんです。自分の望む所に行きたいと思って違うところに行かなければならない、行き着いてしまう。そんな理不尽が今の時代です。今この日本では約7割の人々が老後に十分な備えなど無く不安で有ると云う結果が有ります。これは60才と云う年齢で何十年と培い獲得して来たスキルの価値がゼロになる?又は本当の意味の価値有るスキルなど持っていたとの錯覚から目覚めると云う事になります。この現実は私が嫌いなアングロサクソンの価値感にも及びません。

原始人の様な自給自足の世捨て人にならない限り私達に選択肢は有りません!!!!!やるしか無いのです。生きる事にオンもオフも有りません。生きている限りやるしか無いのです。

自分が能力(センス)が無いと云う自覚が有るのなら・・・能力を補うのは何回も何回もチャレンジして体で覚え込むしか無いのです。”一時が万事”と云うことわざが有るように仕事を変えたら解決するという問題では有りません、一つの事に成功しない人間は何をやっても成功などする事は有りません。

私は何時も弊社の社員に申しあげています。1人を満足させられない人が100人を満足させられることなど絶対に無い!!!

これからの時代、この不合理の深さやしんどさはドンドンきつく、きつくなっていくでしょう。生きる為のスキルの質もドンドン高度化して行きます。

自分のもてるスキルでこのスキルだけは誰にも負けないと言うスキルを持たないと生きて行けない!!!それが私達の向かう電脳社会なのです。

シンドイだけのとんでも無い不合理な社会に不合理な人間たる私達は向かっています。

学ぶとは生きる事です。スキルアップ(効率化)は呼吸をする事と同じです。如何なる人も呼吸を止めたら生きて行けません。

2012年09月21日

6点

100点満点の6点・・・

某中学生の生徒の点数です。5教科で全部で36点とか?

私はこれを教師の犯罪と思って居ます。教育者のネグレクトと思って居ます。

注:(英語: neglect)は児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待のひとつであり、子供 に対するそれは育児放棄(いくじほうき)

今、教育が壊れています。

この6点の生徒さんも絶対に痴呆でもチンパンジーでも有りません、人間です。

この6点の意味を深く教育者は掘り下げる事が無いと本当の意味の教育なんてできっこ有りません。この6点の生徒は本来頭が良くて意図的にテスト放棄したのか?本当に小学生の時代からネグレクトされ続けて今に至っているのか真剣に教育委員会及び市長、PTAは深く掘り下げないと・・・一時が万事・・何も変わらない不幸の連鎖です。

たまたま・・・今テレビでいじめ問題でつるし上げられている”教育者”とおぼしき人になるか?ならないか?は運のみと云う事になります。

人間はやりたくないことをやれと云っても・・・今時の子はやりません、!!!教育者のポケットに色々な引き出しが沢山有り、その引き出しの中の”やる気のスイッチの元”がこの6点の子にどれだけ合うか?合わないか?真剣に試行錯誤、そしてこの6点の子を感じる事により最適のスイッチ(自らの目標の設定)を入れる事が・・・出来て初めて”教育者”と呼ばれる資格が有ります。

何度も何度も期待を裏切られ、そして挫折や悲しみを乗り越え、膨大な時間や労力が必要かも知れません、しかし、教育者の一番の達成感はこの永年に遠い遙かなる道のりを乗り越えて見えてくると思うのです。

私が名前も姿も何にも知らないこの6点の子を感じようと努力をすると・・・なぜだか?哀れで涙が出てきます。可哀相すぎます、この子は多分、何年も、何年も、さまよい不安になり・・・そして感じなくなってしまった・・・そして無理矢理作り笑顔を演じている・・・そんな気がします。

昔からのあったり前の事が今、教育現場で出来ていないネグレクト集団、給料泥棒集団になった・・・そんな気がします。真反対の事をやっている教育現場、出来る子供などほかって於けば良いのです。親が真剣に係わっているからこそ点数が良いのですから・・・場合に依っては塾通い、家庭教師まで付いているのですから先生の出番は必要ないし、むしろ邪魔かも知れません。教育者を本当に必要として居るのは6点の生徒なのです。本当に喉が渇いて死にそうなのは、この6点の生徒なのです。先生は6点の生徒に関わる為に存在をしているのです。この6点の子の成長を前提としてお給料を頂いているのです。

教育の一丁目1番地

やってみて、やらせてみて・・・誉めてやれ!!!

教育者がやって欲しいこと(テストや問題集)をやるのでは有りません、子供が嬉嬉として喜ぶ、好奇心を満たしスキルが獲得出来る事を教育者がやって見せるのです。この子が学ぶ事の慶びを見つけ出す事が一番重要なんです。山登りは1つのルートしか無いのでは有りません、365度色々な数え切れない程の登り口、登り方が有ります。知恵の使い所です。

本来、学ぶと云う事はとても楽しい事です。学ぶという事を”苦”にしてしまったこの愚かなる罪は100%教育者が背負うべきです。なぜなら出来もしないのに教育者ずらして高額の給料を取っている現実を・・・6点の生徒を作り上げてしまった教育者は反省すべきです。

或る意味、私も教育者かも知れません、ご縁が有る社員の皆様をキチンと世の中に貢献できるプロに仕上げる使命を帯びています。社員の皆々様を1人、1人、感じようと真剣に努力をしています。社員の笑顔、曇り顔、怒り顔、苦痛顔・・・毎日、毎日・・・考えて居ます。

人はモノでは有りません、ダメなら取り替えろ、ダメなら無視しろ、の今の時代は・・・とても失うモノも莫大な未来に向かっていると思います。

この日本の資源は・・・”人”・・・しか無いのです。

ネグレスト偽教師は・・・犯罪です、犯罪者は刑務所に入れるべきです!目の前の犯罪を見て見ぬ振りをする多くの思考停止の市民も共犯者です。

6点の生徒さんに出会いの”幸運”が有りますよう、慈愛が降り注ぎますように心よりお祈り申しあげます。

2012年09月20日

秋色・・・

もう20日・・・亜熱帯地方にも秋の色が差し始めたようです。・・・

そろそろ庭の水やりからも解放されて、そしてにっくきモスキートからも解放されそうです。しかし、このモスキートは昨今、越冬するやからも居るようですから、まさに亜熱帯地方ですね?

亜熱帯地方の家創りをしないとこれからの日本の家は時の経過と共に色々な問題点が出てくる可能性が有ります。どんな問題でも原理原則が大事で家創りも”気候風土”は家創りの一丁名1番地です。しかし、何故か?今時の工業化住宅は、この気候風土をあまり考えずに力づくでねじ伏せるような家に見えてなりません。

本当に快適か?

快適の質が今と昔では違うのか?

人間の感性まで狂ったのか?

考えさせられる事が多い、そんな新技術?やトレンド住宅が多々発売されているようです。その一見魅力的なアイテムやデザインが長い、長い、長い・・・時に絶えうるか?私ははなはだ疑問を多く感じる事が有ります。

弊社でも某社員が・・・

社長、日本は60年前は全部田んぼの田の字型の田舎屋だったんだから・・・今の住宅とは全く異質の住宅になっているんだから・・・これから60年先、同じ事が起きる可能性が有るのだから・・???今から60年先を考えるのは???はたして?どうですかねぇ〜〜〜・・・

なんて意見をもらいました。

しかし、私はどのような新技術や新しい価値感が生まれようが?・・・人間と云う生き物はそんなに進歩しないし感じ方もそれほど変わらないそんな気がするのですね、基本を大切に大切に設計をすれば60年後でも十分絶えうる住宅は今から創れると真剣に思って居ます。

今でも古民家のキチンと哲学を込めて創られた建物は、その魅力を十分発揮しているし、60年前でもキチンとした設計士は田んぼの田の字の家ばかりを創っていたわけでは有りません。今時のハイテク時代でも十分機能する動線計画やプライバシーも十分確保された住宅は少数ですがキチンと残っています。昔は殆どの国民が農業を主体として生計を建てていたし、貧しいが故の相互扶助のコミュニティーも有りました、生産拠点=住居、そんな価値感から普通の家は田んぼの田の字・・・となった必然性が有ると思います。

日本人に限らず東洋人は無形の価値をあまり評価しない国民性が有ります。その意味ではかつての西欧を始めとする先進諸国には精神的に追いついていない側面も未だに有るような気がします。建築分野でも哲学をキチンと持った設計士も田んぼの田の字の時代と同様にとても少ないように思います。

人間を人間として輝かせる精神世界・・・例えば俳句、短歌、茶道、華道、香道・・・等々の禅の価値感を始めとする”哲学”的な境地が高い設計士が設計すれば・・・長い、長い年月、時に対してもその風化はかなり少なく長く、長く、長く、美しさや存在感を持つ建物が出来ると思います。

朝夕の秋風を五感で感じながら・・・この世から私の存在の無くなった遠い未来の私の真心を込めた家を想像しています。

2012年09月18日

クオリティー!

悲しいかな弊社のクオリティーは弊社のお客様には普通に写るんですよ!社長!!!

と本日、弊社の女子社員全員で弊社のお客様の住宅の完成検査(完成検査の2度目の検査)のより高度化の打合せをして居たときに、女子社員から言われた言葉です。

弊社の建物は工程毎の検査はもちろんの事、とても多くの第三者検査機関の検査を経て、完成検査に至ります。そして確認機関の最終検査を経て・・・1,現場監督の検査、2,女子社員全員の詳細検査、3,社長(私)とお施主様、殆どの職人同行検査・・・全てを行い手直しを完了してからのお施主様への建物のお引き渡しとなります。

確かに・・・住宅展示場などの大手ハウスメーカーのクオリティーはかなり低いらしい!でもこの低いクオリティーでもこの展示場しか知らない人には・・・普通に写るんですね・・・

ブランド力とは凄い力を持っているのです、このブランド構築の為に大手各社やブランド工務店は莫大な宣伝広告費を注ぎ込む理由がわかるような気がします。この莫大な宣伝広告費も実はこのメーカーに発注をした建て主様がご負担をして居るのですね!。

ブランド力はクオリティーが70点〜80点程度でも素人には100点に感じられるから・・・その力は絶大ですね(笑)

是非、弊社の限定的新築見学会を見終えたら他社の展示場に即、足を運んで下さい。そして建物の規模や設備の豪華さでは無くディティールを詳細に比較をして下さい、私の言って居る意味が良く理解出来るハズです。

私も以前、東三河のブランドメーカーの社長より同業の補完提案を受けたときに、このメーカーの建物の展示場を社長自ら案内してもらった事が有りますが・・・申し訳ないですがクオリティーに多くの問題とレベルの低さを感じました。でも、この社長は胸を張って私に建物の案内をしてくれました。その後、不動産(土地)での補完業務は実現しましたが・・・建物では申し訳ないですが弊社のお客様に推薦は出来ませんでした。

弊社のクオリティーに十分は有りません、まだ、まだ、まだ・・・さらなる高みを実現するために全社員、全職人が心を1つにして頑張ります。3ヶ月に一度の職人勉強会も、現場での私の抜き打ち指導も欠かすことは出来ません。現場監督も毎日、毎日、現場をチェックします。

人は安きに流れる生き物の様です。絶えず緊張感をもち日々努力を怠る事は出来ません。際限が無い己との戦いなのかも知れません。

私が我が息子に最初にプロになるための心構えとして小学校3年生の時に教えた言葉!!!

”克己心”

弊社のクオリティーは関係者全員の克己心の持続無くして実現しない永遠のテーマです。

普通のクオリティー!!!とてつもないブランド力(弊社に言わせれば壮大な無駄)に負けない普通のクオリティー!

人間とは本当に不思議な生き物です・・・

2012年09月17日

言いっぱなし!!!しかし、重要な事は告げず!

これを無責任と言います。こんな奴らが大学教授です。こんなやつらがマスゴミです。

トホホほほ〜〜〜〜のホ!・・・です。

本日の新聞記事、某大学教授が私達が近未来遭遇する南海トラフの大地震の被害想定を200兆円〜300兆円に上ると研究結果を発表しました。

それがどうした!!!???

殆どの思考しない事をすり込まれた一般国民の感想の様な気がします。

日々、お仕事をしていて・・・つくづく嫌になる事が有ります、”それがどうした!”の人々に正しい未来を教えてあげても・・・聞く耳を持って頂けないことが多々有ります。(行動が助かる方向に変わらない現実)

あなたの進んで行くその道に・・・人生を破滅させる大きな穴が空いてますよ!少しの努力で回避は出来るし、その方法を手取足取り教えて差し上げても・・・何故か?そのまま、そのお客様は穴に落ちて行く!

不動産、建築をお仕事としていて・・・ただ、お金を儲けるだけなら私はイヤになる事は無いと思います。普通の会社がやっているように”お客様の選択は100%お客様が人生をかけて責任を持つ”この考え方に立てば何にも悩む事は有りません!

それは・・・私の人生では無いからです。

しかし、しかし、しかし、不思議なご縁で私の前にお座りのお客様の笑顔を、お子様の笑顔を感じるとき!本物のプロ中のプロの私は普通の選択が出来なくなります。

プロとは実に損得で言えば損な役回りです。

えぇ〜〜〜〜〜い!!!望まれもしないのに、あんたの人生なんか世話を焼かない!!!

と思えれば・・・会社の利益は今の2倍〜3倍は軽く行くでしょう。

しかし、望まれもしないのに・・・そしてむしろ煙たがれつつ・・・本日も要らぬ世話を焼いてしまいました。

人間とは一旦思い込んでしまうと・・・どうにもならない生き物の様です。

どこかでこの不思議な辛さに縁を切らないと私の精神が持ちません。そこで弊社は”一期一会”目の前のお客様には誠心誠意全力で尽くしますが・・・一旦、同じ空気を共有しなくなれば”一期一会”の精神で・・・

後はお客様の”運”に任せたいと思って居ます。思うように努力をしています。

”舎絵の三億”

「仏世には遇い難し。優曇波羅樹の華の時々一度有るが如し。説くが如く、舎衛の中に9億の家あり。3億の家は眼に仏を見え、3億の家は仏ありと耳で聞くも眼では見えず、3億の家は聞かず見ず、云々」

お釈迦様でも3割の人しか救えなかったのですから、私の様な凡夫は100人に一人でも救えたのならそれはそれで良しとしなければ行けないのかも知れませんね。

今、私がこのブログを書いている現在も・・・人生を破滅させる家作りが多くの人の大好きな大企業やブランド工務店を始めとする多くの企業でメチャメチャ多く実行されています。私は、その現場(他人の現場)を車で通り過ぎるとき何故か?異様な怒りが沸き上がってきます。そして悲しくなります。

弊社は、例えお客様が強く望まれても絶対にお引き受けはしません!!!絶望の家作りは!!!絶対にしません。貴方は友人が無知故に自分を殺してくれと哀願したらその友人を殺すのですか??死なずに済む方法が有るにも係わらず、その方法を知って居ても努力することなく、自分が友人が助かる努力をする苦労や説得は損だと思い、唯々諾々とその悲しい要求に従うのですか?

本当に重要な事!!!その多くはハートでしか感じ取れません!ハートで哲学を感じ取るしか見えないのです。

貴方は本当に大切なモノをキチンと見て居ますか?守る努力、守る行動をしていますか?

2012年09月16日

女子大生の感想!

先の防災セミナーに・・・某、女子大生の参加希望が有りご聴講を頂きました。

女子大生のファーストインプレッション

なんか?サンハウジングの社長のセミナーって・・・上場企業でとても大会社の社長が言っている講義みたい

以上が女子大生の感想でした(笑)

米粒の様な超零細企業の社長の言っている事とは感じられなかったとの事です。

確かに、確かに・・・私はメチャクチャ勉強をして居ますので世界経済から医学、心理学、地質学、物理学等々専門の建築知識だけでは無くグローバルな視線で物事を学び、そして咀嚼し、皆様にお伝えしています。

現在はイチ専業主婦でも世界経済の影響を受けます。目の前の事だけでは家族の未来の幸せは無くなる可能性が色濃い時代です。

先頃、某上場企業の有名社長が・・・私が20年前に言っていたことと同じ事を述べていました。この社長は上場企業の中でも実績も、人格もそれはそれはブランド社長です。

”これらの企業は・・・・アメーバー企業・・・でなくてはならない!!!”

この事は弊社が20年前から取り組んで実践してきた企業像です。真剣に学ぶと大会社であろうが中小企業であろうが零細企業であろうが・・・当然同じ答えが出ます。たまたま、私がこのブランド社長より20年前に気付いただけの事です。偉くも何とも有りません、ただ、真剣に学んでクリエイティブに思考しただだけの事です。

先のブログでも述べさせて頂いて居ますが・・・私達の生かされている今と云う時代は、パラダイムの大転換が起きている時代です。200年後の教科書には必ず、時代名がくっきりと記される時代に生きています。

企業の大きさなんてあんまり意味を持たない時代になります。今、かつての超優良大企業がこの成功体験を捨てられず、アメーバーの様に形をニーズに応じて自由に変えられず苦しんで居ます。(正確にはニーズ、何処にも無い価値、を創造出来ずにが正解)今、新聞各紙で報道されているように大リストラが起きています。今後もこの傾向はドンドン進んでいきます。

風水や易に・・・”大吉”はあんまりよろしくないと云う考え方が有ります。大吉の先は大凶だからです。一般的には中吉が一番よろしいとされています。”大吉”つまり大企業とも置き換える事が出来ます。人は何故か?深さを求めず大きさを求めてしまう傾向に有ります。優しさを求めずに強さを求めてしまう傾向に有ります。優しさと優柔不断(弱さ)の区別さえ付かない人々がとても増えてしまったような気がします。

作り手(建設会社)の高級住宅の概念と貴方の家族にとっての高級住宅とは本来全く異質の価値感です。殆どの建て主が”家創りを学ぶ”機会がこの国では限り無くゼロですから、この本質に気付けるお客様はとても少ないと思います。

例えば・・・

ちまたで評判の大手ハウスメーカーやブランド工務店の施工する高級住宅(ブランド住宅)は・・・本当に貴方に取っての素晴らしい家でしょうか?私には全部同じ味を感じてしまいます。同じなんでず全部!!!

何故?同じ味になるか?それは・・・家作りの”哲学”の第一優先順位が”金儲け”だからです。

唯一無二の人生に唯一無二のジャストフィット住宅・・・これを真剣に考え実行すれば同じ味など殆どしません。残念ながらこの哲学は・・・膨大な手間暇がかかります。気の遠くなるような膨大な労力が必要です。もちろん、お金儲けを第一とする考え方に於いては企業効率も最悪かも知れません。

女子大生に・・・弊社の社員が言いました。

うちの会社の社長!かなり変わって居るから・・・うちの会社は小さいことを望んで小さい会社なんです。小さいことに最大の価値を見いだしている会社なんですよ!!!全く宣伝をしないことに最大の価値を見いだしている会社なんですよ!!!

女子大生・・・理解不能?(笑)

2012年09月15日

哲学!

私は経営者として弊社を普通の会社と思って居ますが・・・世間一般的には、どうも変わった会社と写るようです。
良いモノをよりお値打ちに末永く!との思いで日々お仕事をしていますが・・・時にお客様とバトルが勃発する事が有ります。それは、先に掲げた”良いモノ”の中身を巡ってお客様と対立する事が有ります。普通の会社ならバトルなぞせずにお客様の望む家を自分の哲学、信念などゆがめてお金儲けに徹すれば簡単な事です。しかし、私は絶対に自分の哲学、信念を曲げてまで仕事をしたいとは思いません。これは首尾一貫した弊社の哲学です。どんなに貧乏でもどんなに苦しくても昔からこの信念は曲げたことが有りません。お陰様で現在は多くのお客様に支えられて貧乏とか苦しいとかそのような感覚は味わったことは有りませんが・・・実にありがたい事です。

絶対に譲れない土地探し、家創りの信念

不思議なご縁で結ばれた、それぞれのお客様の限られた条件の中での

”最大限の安全の追求”

(自然災害からの安全・人間関係の安全・経済的安全・心の安全・・・等々)

土地を求めて或る方がご来店を頂きました、その方はのご希望エリアは自然災害にとてもデインジャラスな地域でした。私は、ご希望エリアの安全な地域への変更をお願いしましたが・・・ガンとしてお聞き入れしてくれませんでした。そして私も一歩も引きませんでした・・・結果・・・お客様は私の意見に反対を唱える事をしなくなりました・・・しかし希望を粉砕されたことにガックリ来ているようでも有りました。そして・・このお客様は二度と弊社にはご来店を頂けませんでした。

東三河でもこのデインジャラス地域に約15万人がお住まいです。近未来この15万人の方は東日本大震災で現在苦しまれている人々と同じ苦しみを味わう未来がかなりの可能性で有ると推定されます。殆どの人が自分の頭で真剣に自分の一生や家族の一生を考えることなく、安易に自分の目先の損得で都合の良い考え方をする様です。

人間とは実に不思議な生き物です。

今度の南海トラフの大震災の被害想定は尋常では有りません、おろかな政治家、おろかな官僚、愚かな経営者・・・そして何も真剣に自らの頭で考えない国民

今、この国の未来を救う方法は2つしか有りません

1,既存不適格建物(耐震性の無い建物)の強制的耐震化の法律の制定・・・違反は罰則有り

2,安全な都市計画(都市設備含む)の再構築

これを早急に行わないと・・・原子力発電のメルトダウンと同じように日本全部がメルトダウンします。最悪日本初の世界が大恐慌で苦しみ・・・その世界の人々の怒りは日本へ、日本人へ向かう可能性が大です。

私達の建設業界でも色々な会社が有ります。

貴方は津波や液状化でお客様が苦しむことが解って居る地域で土地を販売したり、新築工事を行う会社を信用出来るのですか?自分は知識が有るから大丈夫って本当に言えるのですか???

お客様により安易に哲学をひらりひらりと代える経営者を信用出来るのですか?あんに立派な事を述べているチラシやパンフレットと全く違う事を平気でやる企業を信用出来るのですか?

政治家から始まり、世のリーダーが平気で嘘を言い・・・それになれてこの国は大嘘だらけがノープロブレムの国になってしまったのでしょうか?自分だけは大丈夫!!!

本当にそうでしょうか?

”哲学”・・・善と悪を判断する本当に大切な大切な道しるべです。

2012年09月14日

高性能住宅!

今、住宅業界は二極化がドンドン進んで居ます。この二極化は大きく2つのカテゴリーで進みつつ有ります。

第一カテゴリー(経営)

勝ち組,経営的に優秀な企業

負け組,経営的に苦しく倒産、廃業したり大手の傘下に下る企業(中小零細が多い)

第二カテゴリー(商品力)コストパフォーマンス等

勝ち組、バリュー【value】(ソフト&ハード)

value for money
Value more than a price

価格以上の価値を提供出来る企業

負け組、・・・バリューが提供出来ない又は感心の無い企業(勉強していない企業)

********************

この大きく分けて2つのカテゴリーにも”虚と実”が有ります。この虚実を見分けるのもカスタマー(顧客)として一番大切な事です。一見、勝ち組の様に見えても実は・・・実は・・・そうでも無かったり・・・

例えば・・・決算書は黒字でも子会社は大赤字で利益の付け替えをしていたり、オリンパスのような粉飾決算だって簡単にできます。建設工事は実は大赤字なのに別の業種の利益で決算書上は優良企業だったり・・・
内容は殆ど無いのに、かつて稼いだ資本力を元に丸投げピンハネで利益を出していたり、さも技術力や提案力が有りそうなHPや宣伝、顧客対応をしていて、それなりに評判の企業で有るのだけれども・・・全国的にフランチャイズのノウハウ提供会社からノウハウのみを買って居たり(精神が伴わない)素人ならだませる??
的な見かけ上の勝ち組優良会社・・・

例えば・・・ディスカウントで大企業になった会社の商品力って?現在はそれなりに価値は有るかも知れないが?不動産の中古評価基準ではたった14年でゼロになる住宅だったりする事も有ります。

例えば・・・新聞やテレビコマーシャルでバンバン宣伝して居る某有名ハウスメーカーで或る人が家を買いました。このメーカーを選んだのは多額の値引きをしてくれるという謳い文句にコロッと心が動いたそうです。そして最終的には1,500万円の追加工事をしてトータル家だけで約40坪で4000万円かかったそうです。その有名企業の家をプロの私が見たところ・・・・とてもじゃないが・・・???・・・です。

しかしご本人様は今の所大満足です。知らないと云うことは或る意味幸せな事かも知れません。

例えば大手ハウスメーカーの高性能住宅

確かに、確かに良い住宅と推定されます。少なくとも30年程度は・・・・どんなモノでも、どんなサービスでも、どんな事象でも・・・高性能には扱い方がとてもトリッキーな一面を持って居る事実をどれだけ認識して購入されているか?はなはだ疑問です。高性能はタダでは有りません。高性能がドンドン高性能を追求すれば加速度的に金額も増えます。もちろん、弊社でもご予算が十分有る方で、ご希望が有れば超高性能住宅の建築は可能です。しかし、超高性能住宅が全ての人に取って費用対効果がベストだとも思って居ません。

例えば断熱性能・・・今は、台所の魔法瓶や釣りに使う魚を冷やすクーラーと同じように中が真空に出来る断熱材が有ります。真空ですから理論的には熱損失は有りません(現実は少しだけ有るけど)家事外壁を真空断熱材でまるっと囲えば断熱性能一番です。もちろん、高気密高断熱の極致です。しかし、この性能を100%発揮しようとしたら中に居る人間は窒息すると云う事をご存じですか?

だから今の住宅はこんな超高気密高断熱の住宅でなくても高気密高断熱は24時間換気が法的に義務付けられています。わざわざ全く熱や空気が通わないようにして、意図的に穴を空け換気扇を24時間365日廻しっぱなしにしなければなりません。もちろん、エネルギーをある程度回収する熱交換型換気扇を使えばそれなりの効果は有りますが換気抵抗が大きいので大きな低周波の音の問題が有ります。

かつてのアメリカの車やアメリカのボートが陥ったオーバースペックの負の連鎖に陥る事も有ります。高性能が故に、それを使う人を苦しめる(使いにくい・我慢する)事も起きています。

いくら荷物が沢山積めて安全だからと云ってダンプカーでスーパーに買い物に行く主婦はいません。いくら早く走れて格好が良いからと云ってフェラーリでスーパーに買い物に行く人も居ません。(なかには苦難をかえりみず自己顕示のみで頑張る人も居るようだが?)見る人が見れば・・・パロディー?

今、成熟製品の自動車ですらスペック競争で車が多く売れる時代では有りません、家もスペック(ハード的高性能)が全てでは有りません。少し勉強して自分自身の実力を正しく見つめ直せば・・・スペック一辺倒の望みがリスキーか問題無く安全か?直ぐに解ると思うのですが・・・何故か?人はスペックをことさら追い求めます。実に不思議です。

お金は大切です。とくに有るお金を有るだけ使う分には・・・パロディーになったとしてもご本人様やその家族には不便は有っても強烈な迷惑はかかりません。しかし、これが借りるお金の場合には、ご本人様や家族はもちろんの事、多くの人に死ぬほどの悲しみを伴う迷惑をかけます。そしてさらに銀行や勤務先や親戚等々関係者全員に大きな迷惑をかける範囲はさらに広がります。場合によっては古里を捨てる覚悟さえ必要になる場合も有ります。

自分自身をキチンと見据え、そして家族全員の一生の幸せを真剣に考え・・・正しい知識を獲得して・・・

足を知る(たるをしる)

ハード的に最先端の素晴らしい家はそれは素晴らしいです。それは貴方が素晴らしい収入(資金力)が有る事が前提です。

本当に素晴らしい家はハードの素晴らしさだけでは獲得したことになりません、住まう家族全員の心の安らぎを一生守る家で無くてはなりません。

残念ながら・・・私達の暮らすこの国は・・・”必要にして十分なお金”が一生無いと幸せにいきられない国のようです。

”必要にして十分なお金”を一生絶やさないためには真剣に勉強をして正しい知識と、優越たるスキルを獲得する事以外に実現できません。・・・これが唯一無二の方法です。後にも先にもこれしか無いのです。

昨今のちまたのニュースを我が身として見て下さい、一流大企業の一流社員がドカンとリストラされています。何千人、何万人と首切りに有っています。貴方は今、首切りに有って今の収入を来年も再来年も死ぬまで確保出来るスキルを現在お持ちですか?

貴方のもてる正しい知識、卓越したスキルのみが貴方の家族の唯一の安全保障です。

家創りに伴うリスクを回避する正しい知識は弊社から学ぶ事が可能です。是非、弊社で正しい知識を学んで人生の9大リスクの1つ・・・大規模借入(住宅ローン)のリスクを回避して下さい。

是非、”足を知る”を学んで下さい。この事で9大リスクの多くの回避の手助けに間違いなく出来ます。

学ぶとは生きる事、生きるとは学ぶ事です。

2012年09月11日

意図的老朽化(計画的陳腐化(Planned obsolescence))

或る電気屋さんが、おばあさんに頼まれて節電の為に最新のLED照明器具を取り付けに行きました。そして古い白熱灯(まだ使えるモノ)を取り替えようと手をさしのべて電球の球にさわり電球を廻すとシュワシュワシュワと電球がつぶれたそうです。

おばあさんは・・・この白熱電球はかれこれ40年前のモノだとの事です。家を新築してから一度も取り替えたことが無いとの事で、殆ど毎日点灯させ40年の長きにわたりこの電球は光り続けた事になります。電気屋さんもビックリだそうです。

実は・・・この白熱電球=短寿命・・・と云うのは間違いです。

先頃NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー「シリーズ 消費社会はどこへ」と云う番組で電機業界の陰謀についてやっていました。

エジソンが1880年に世界で初めて白熱電球を発売した当初は、電球の寿命は1200時間ありました。
それから数十年の間もテクノロジーの進歩によって電球の寿命はどんどん伸びて、1900年代初頭には寿命は2000時間も超えていたと言われます
1925年頃、アメリカの白熱電灯の寿命は2500時間に達しようとしていたが、寿命が長いと電球の需要がなくなり成長を維持(市場が飽和して売上が無くなる)できなくなるという考え方から、メーカー各社が集まり上限稼働時間を1000時間と設定し、それに違反すると罰金を徴収するというシステムが作られた(ポイボス・カルテルの1000時間寿命委員会)。そのため大手メーカー各社は共通の利益目標の為に談合し、それぞれ悪くするための創意工夫を重ね、耐用時間を短くするためのイノベーション(意図的な老朽化)に邁進したという。そしてこのような習慣は、他の電器業界にも踏襲されて今でも有名所ではエプソンやキャノンのプリンター、もっとも新しい所ではアップルのiPodの電池の寿命=製品の寿命(電池交換出来ない製品)等々、大企業の常識となっているようです。エプソンの場合はわざわざ或る一定枚数プリンとすると壊れていないのにプリントを止めるプログラムが組み込まれていたとか!!!

そして修理に持ち込むと・・・この事実を告げずに・・・買い換えを促すセールスをする。又は意図的に高額な修理代の見積をする・・例えばタイマーをリセットするだけなのに・・・何万円なんてね?

何故か?最近の冷蔵庫、エアコン、家電製品は・・・不思議と10年を目処に壊れる?昔は20年も30年も寿命が有った様な気がします。車も最近のモノはチャンと10万キロで壊れるように出来ているようです。

これをしかける大企業はあなたたちが大好きな”ブランド企業”です。

買い換えが頻繁に出来る低額のモノなら意図的老朽化も新しいモノが使えるメリットが有るのでそれなりに良い面も有るかも知れませんが・・・・これが一生の内の最大の買い物”住宅”となると・・・空恐ろしい寒気がします。

現代住宅の住宅寿命は日本だけが西欧諸国の三分の1しか無いのが現実です。しかし、昔の住宅は平気で50年以上100年程度の寿命が有りました。なぜ?こんなに現代の日本は何千万円もする高額商品が寿命が短いか???

住宅も”意図的老朽化???”

某大手企業の30年保証、50年保証も・・・本質を良く見ると???のテクニックが練り込まれています。
(ブログでは言えません、是非実例をお話ししますのでご来店を下さい。ここで書き込むと又、内容証明の警告文や大手企業の顧問弁護士から訴訟をちらつかせた恫喝が有るかも?知れません)

特に最近、エネルギー問題を機に省エネ住宅の大キャンペーンです。高性能、高性能、高性能、大手企業の耳にタコが出来るセールストークです。そして日本の住宅は西欧特にドイツと比べると断熱性、気密性は10年以上遅れていると云ううたい文句、そして我が社(大企業)の住宅はドイツと同等の性能が有りますよ!!!

私に云わせればアホーです。ドイツはド寒い国です。日本は亜熱帯・・・超高温多湿です。日本でドイツと同じ住宅造って何も考えずに住んでいたら間違いなく・・・短期間で腐ります。

高性能住宅はその高性能が故のリスクを熟知して住まい方を日々の生活がどんなに不便でも高性能住宅に合わせる必要が有るのです。
そんな事、どの大企業もお客様に教えて居るという事を私は聞いたことも見たことも有りません。本質は意図的な老朽化が仕込まれているのに・・・”貴方の住まい方が悪いので短寿命になった”・・・

そんな言い訳が見ず知らずの何度も、何度も転勤等で代わった貴方の家のアフター担当者から聞こえてくるようです。

大企業・・・・・とても恐ろしい!金のためならなんでもかんでも有り???

(でもこの日本国民は大企業と云うだけで信用してしまうのだから?不思議?・??実に不思議)

某、国立大学の構造力学が専門の某教授が・・・世界的大手企業に設計を依頼されたとの事です。

”先生!10年で2割だけ壊れるように設計をして下さい”との依頼です。この設計がとても難しいとこぼしていました。10年で全く壊れないか?10年で全部壊れる設計は簡単だが!2割だけ壊れてくれと云う依頼は設計が本当に難しいと・・・云っていました。

注:弊社社員が直接この教授から企業名も、この意図的老朽化の依頼の話しも直接聞きました!

もちろん、弊社の哲学はこのような意図的老朽化とは対極に有る、”良いモノをお値打ちに末永く”ですからこのような意図的老朽化など考える事はしません。私達の業界は談合等々は大得意の業界ですから・・・信用なりません(笑)

この意図的老朽化を見破る知恵を是非、弊社に学びに来て欲しいと思います。

キッチンセミナー”エコ、スマートハウス”の講義でこのからくりをお話しをしています。もちろん、個人的なご来店希望をお聞かせ願えれば、ご希望されるテーマでレクチャーすることも可能です。

学ぶ事無しに”幸せに生きる”事が出来ない時代なのかも知れません。

2012年09月10日

本日も3人分以上のお仕事

メチャメチャ忙しい日々が続きます。何処まで続くのか???・・・深い、深いため息が出るときが有ります。

土地を探し、家を造りたい!と強い意志を持って弊社に土地探しでご来店を頂けるお客様のローン審査をしますと・・・殆ど全てのお客様のローンはOKとなりますが・・・このOKが安全か?どうか?は別問題です。ちまたの売ることを真剣に考えて居る大手企業では・・・問題無くOKでも、真剣に親身になり目の前のお客様の人生のライフサイクルを60年先まで考えてさし上げると・・・大手でOKのお客様の90%以上は?が付きます。

ご紹介でなく、ご来店を頂けるお客様は弊社が初めての不動産探しでは有りません、どこかしら複数の大手会社で土地探し、家探しをされて・・・満足が行く物件を発見できずに、不思議なご縁で弊社の入り口に立たれます。お陰様で、弊社OBのお客様のご紹介で初めての不動産会社が弊社と云うお客様もとても多いですが・・・そうでない方もそれなりにお見えです。

圧倒的に多くのお客様に恵まれた弊社ですが・・・何故か?お客様に対して”この方家を買うの無理”そして”夢と実力の乖離”をプロとして解ってもお断り(門前払い)する事が出来ません。ご本人様は強い夢の実現を確信して私の前にお座りです。

私がやんわりお断りすれば私の忙殺はそれなりに緩和される事は解って居ても・・・不幸に落ちる可能性を強く残した若者を・・・そのままにする訳には行かないのです。わたしを慈しみ慈愛を持って育ててくれた”母なる慈愛”が・・・私にリスク(嫌われ役)を取らせます。

初めてご来店を頂けるお客様の多くは私の話を聞き終えると・・・・・

お顔は笑顔でも気分は超ブルーになり家路に着かれます。ご夫婦とも、たぶんしばらく家の事なんて考えたくない!!!そんな気分じゃあないかと推察申しあげます。

このブルーな気分は夫婦で真剣に家族全員の60年先までの人生を語り合うこと無しに解消する事は出来ません。このプロセス無しに本当に満足する家など不可能なんです。

あまりにも土地探し、家創りに対しての正しい知識がなさ過ぎます。運悪く気付く事無く進み勘違いのまま、着工した方は長い人生の中で早ければ5年後、遅くとも20年後には具体的な苦難を味わう可能性が・・・この日本国の未来を思うとき、とても高くなると推定されます。

学ぶ事は生きる事

生きる事は学ぶ事

私は本日も多くの初来店の若者のお帰りの折に背中を見送るときに・・・心の中で真剣に念じました。

”お願いだから気付いて!”・・・貴方は何の為に家を創るの!!!生きる事は学ぶ事!学ぶ事は生きる事!

ブルーな気分を受け止めて、そして夫婦で真剣に話し合い、正しい選択をするために真剣に学ぶ事が如何に大切か!!!!!!!!

お願いだから気付いて!

忙殺にため息を付き、そして忙殺を選択する・・・本日も不思議な私の一日が過ぎて行きます。

2012年09月08日

キッチンセミナーbQ9無事終了・・・ありがとうございます

もう・・・ヘトヘト・・・です。

全身全霊を込めてセミナー講師をさせて頂きました。今回も会場に入れないほどの多くの方のご参加を頂きまして心より感謝申しあげます。

心の奥底(感動の領域)にまで言葉を届ける事は本当に難しい事です。そして本当にエネルギーを消耗し、ヘトヘトになります。ジムで3時間ストイックに自分を攻め込んだ時より疲労します。

正しい知識を獲得されて感動する心で正しい事前行動に変えて頂き、具体的に行動して頂き例えお一人様でも人生のリスクを軽減して頂ければ実にありがたい事です。

ご縁が有る方の少しでもお役に立てれば私の生きている意味に新たなる価値が生まれます。

私の知る限り、弊社は何処にもない会社だと思います。スタッフ全員が本物のプロ集団を目指して居ますからスタッフ1人1人が手際よくお客様の事を感じながらセミナーを運営してくれています。各々のセミナーの事前準備、運営準備の細やかさやお客様お一人お一人を感じながらの手配には本当に頭が下がります。

私が具体的に指示することは殆ど有りません。正確には全く有りません・・・私はただただ講師をさせて頂くだけです。1人1人が大切な、大切なお客様の満足の為だけに心を1つにして各人、各人が自発的にキビキビ動く姿を社長として端から見ていると・・・社長として、1人の人間として、とても気分がさわやかになります。

生き生きとキビキビと活動する・・・細胞の一つ一つまで活性化している!!!

素晴らしく美しい光景です。このような光景を見ることが出来る私はとても幸運な男と思います。

私は社員の皆様に何時も申しあげています。”弊社は道場”です。人間力を磨き上げる鍛錬場であり修行の場でありますよ!!!・・・その私の言葉がスッポリと心の奥底に浸透しているようです。

本日もセミナー修了後スタッフ全員が主体的に反省会でケンケンがくがく、改善点が多く討議されています。そして次なるセミナーをより進化させるべく全員が意見を出してくれます。そして改善案を具体的に次なるセミナーの進化に結びつけます。

弊社のセミナーは同じテーマでも毎回、毎回、より深い感動を求めてドンドン進化し続けます。同じテーマで2回、3回とご参加して頂いたお客様も・・・もっともっと参加したいと言うお言葉も頂きます。

1人1人の社員の皆様に自発的に成長するために適正な負荷をかけ続けるのが私の仕事であり、応援させて頂くのも私の最大の仕事の様です。

弊社の最大のサービスは・・・全て(社員、職人、関連企業)に於いてスペシャリストが対応をさせて頂くと云う事です。

人間と云う生き物を研究して三十数余年・・・感動と言う言葉、感動という野生、感動という感性を備えたスタッフを通して・・・お客様に感動を感じて頂く、感動を身につけて頂く、感動を伝搬させる・・・唯一無二のそんな集団を目指します。

本日は大変多くのお客様のご参加を頂き、素晴らしい一日を過ごさせて頂きました。心より御礼申しあげます。

皆様に出会えて!!!本当にありがとうございます。

2012年09月04日

感動住宅獲得スキル習得・・・漫画2公開間近!

解りやすくをもっとうに・・・正しい知識獲得の為の漫画シリーズを公開予定です。本日ほぼ出来上がり後はバグ取りだけです。

家(優良物件)の正しい買い方なんて・・・だれも正確に学んだことなど有りません。この国には国民の人生に一番大切な本物の住居学が無いのですね(大泣)・・・実に、実に、実に不思議な国です。

正しい事を伝えない、教えない・・・もちろん教えもしないのだから、正しい事を行わない!!!

昨日の総務省消防庁の本庁の参事官室の高級官僚も私と真剣に話すと・・・私の言って居る通りだと心底同調してくれるし自分も全くその通り(私の意見)だと心から言ってくれます。しかし・・・それが組織となると真反対の事をする様になる。組織が大きくなればなるほどそのベクトルのズレは大きくなり修正が殆ど出来ない現実をイヤと云うほど見せられます。

人間と云う生き物を研究して早37年!!!実に不可解な生き物です。

人間と云う生き物が皆々幸せに人生を全うできる生き方と・・・時代はそのベクトルをドンドンずらして居るようです。大自然の一部の人間、この大自然の摂理・・・法則に反して絶対に幸せになどなれません。こんな簡単な事、歴史上絶滅した種により遙か昔から証明され尽くして居ます。

しかし・・・

同じ過ちの道をたどる順番の”種”が人間なのかも知れません。

今、時代は猿からチンパンジー、古代人、現世人、に進化してきたように・・・今の愚かな人間から新たなる進化の新種としての人型動物の出現が求められて居るのかも知れません。

日本の存立産業が製造業で有る時代はやがて終焉を迎え・・・知的産業の”まんが”が日本の存立産業(世界から富を稼ぎ出す)の1つになる事は疑いの無い事実の様です。

弊社が”学び”と”まんが”を合体させたようにこの国も知的学習、クリエイティブな人間を創造する為にもっともっと漫画、アニメを活用しないとダメなような気がします。

そして・・・一番大切なのは知識が行動に結びつく人間の感性をどう磨くトレーニングを教育全般に取り入れるか?その答えを私は知って居ます。

多くのご縁が有るお客様がこの一番重要なスキルを弊社の各種勉強会を通して獲得して頂いて居ます。その勉強会が9月8日(土曜日)開催されます。ご参加のお客様が今回も会場に満タンでございまして・・・実験コーナー、キッズコーナーはスペース的に取れそうも有りません。

ありがたい事です。

生きるとは学ぶ事です。幸せになると云う事は知識を行動に結びつける具体的な第一歩の勇気・感性です。

2012年09月03日

不思議?ほんとうに不思議???

日本は本当に法治国家か?・・・私には放置国家?痴呆(ちほう)国家?に見えるが・・・(何でもほったらかし?頭脳グチャグチャ国家?)

役人、官僚、政治家の裁量権が有りすぎ・・・法律さえ勝手にねじ曲げる事がいとも簡単にできてしまう。軽法犯なんて・・・殆どが放置なのに、コイツいじめてやれと思えば重箱の隅をつつき倒してマスゴミと結託して人物破壊や自殺にまで追い込むことを平気でやり誰も何も言わない。・・・

中世の専制君主制とそんなに変わらない?現実

何にも考える事をしない国民をこの60年をかけて義務教育と称し大量生産した結果の・・・この国の哀れです

ほんの一握りの利口馬鹿の為の国家になってしまいました。こんどは70年前の軍部とマスゴミがこの国を奈落の底に突き落としたことが利口馬鹿と大多数の思考停止国民により再来しそうです。

例えば・・・あなたはこんな事実をどう考えますか?

今や災害の度に取り上げられマスゴミ等のメディアで花形の”ハイパーレスキュー隊”・・・テレビドキュメンタリーにもなった中越地震での2才の子供の崖崩れで車ごと生き埋めになった感動的な救出はテレビで何度も何度も繰り返し報道され皆様も涙無しには見られなかったと思います。

まさしく・・・ハイパーレスキュー隊は・・・現代のヒーローですね・・・

しかし・・・

私はこんな組織要らない・・必要ないと思って居ます。!たぶん?日本中でこんな事思って居るのは私だけかも知れません。

なぜなら・・・

現在、この日本にはハイパーレスキュー隊の数は全国で約5,500隊、人員は55,000人程度居ます。推定の年間予算は6,000億円を悠にに超えます。毎年6000億円です。莫大な金額です。しかし、このハイパーレスキュー隊ははたして過去にどれだけの人々の命を救出したでしょう。

このデーターは私が探した範囲ではどこにも出ていません。ただ今総務省消防庁に問い合わせ中です。

私が感覚的に推定するに、全国のハイパーレスキュー隊は過去10年間で1,000人も命を救っていないと推定されます。殆どが死体捜索です。

10年間で6兆円の税金を使い、1,000人の命を救ったとして1人当たりの救出費用60億円と云う事になります。

私達の死ぬ思いで納めた税金がたった1人に60億円使われています。

例えば家の耐震化に平均150万円必要です。耐震化で救われる命を仮に1つの命が救われるとして・・・ハイパーレスキュー隊より4,000倍もの人々が救えます。この国では1世帯約3名が居住をしていますので・・・現実は一万倍以上の効率で人々が救えると云う事になります。

ブレイク!!!ブレイク:ただ今、総務省消防庁の参事官室の担当から私に電話が有りました・・・・

ふむふむ・・・話を聞くと何人救助したか?そのデーターは消防庁としては重要視して居ないので”無い”との答えです。20分ほど話し込むと・・・どうやら10年間で100人も救助はして居なさそうです。一人600億円?

世界各国にも過去数十年で国際救助援助隊としてハイパーレスキュー隊が何十回と出かけていますが過去の出動回数すべてで・・・たった、お一人だけの救出実績が有るだけだそうです。

1人1人の命の重さはお金には換えられません。当然です。私は消防活動を否定する者では有りません。

しかし同じお金でたった1人だけ救う方法と最低でも4,000人以上(最大12,000人)救える方法が有るのなら・・・私は後者を選択しないのは愚か者を通り越して犯罪者かも?知れません。

大災害の現実は・・・あなた1人で助かる為に行動(事前行動が90%、発災後行動10%)する事が全てです。

消防署員も医者も役人も誰も助けてくれません。ましてやハイパーレスキュー隊など存在そのものが貴方に取っては百害あって一利無しです。

世の中には情報が溢れて居ます。おぼれそうです。しかし本当に正しい情報は、砂漠の中で一粒の砂金を探すより難しいのかも知れません。

なんで?こんな国になってしまったんでしょうかね?

不思議?ほんとうに不思議???

2012年09月02日

弊社防災セミナー近し・・・9月8日(土曜日)開催

昨日は防災の日9月1日でした。テレビで防災の特集やら避難訓練やら対策会議やら・・・救助訓練やら・・・
多くの映像が一日テレビでは賑わいました。

しかし・・・

殆どが・・・パフォーマンスで殆ど実効性が有りません。

対策会議やら救助訓練やら・・・殆どが原稿を読むだけ!!!何百人も居る会議室で事務方がこれまたメチャクチャ沢山いる会議室で・・・ただ、ひたすら原稿を読む首相やら知事やら市長やら町長

ばぁ〜〜〜〜〜か!!!丸出し!!!

阪神大震災では地震後数時間で集合できた役人は数人・・・東日本大震災では殆どが会議らしい会議など殆ど出来て居ない・・・

どこかの刑事ドラマの青島刑事が叫びそうです。

”事件は会議室で起きているのでは無い”・・・と・・・

こいつら恥ずかしもなく良くテレビで会議など映せるね!!!利口馬鹿の真骨頂をあらわ・・・口ばっかりで何にも実効性の有る行動をしないやからの典型です。

だから地震大国日本で同じ悲しみが毎回の地震で何度も何度も殆ど減災もなく繰り返されるのです。この愚かな事実を指摘もせず・・・タダ、タダ、金儲けの為に垂れ流すマスゴミ!!!

ハイパーレスキュー隊がどれだけの命を救えるのか?莫大な予算をかけ莫大な機材、備品を税金でそなえ・・・ほんの、ほんの、ほんの・・・砂漠の中の一粒の砂を救う事が何の意味が有るのか?お金なんか一円もかけなくて大砂漠の砂の殆どを救える方法が有るのに・・・だれも見向きもしない!!!

ばぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜か!を通り越して開いた口がふさがらない!!!

助かる答えは・・・”安全な都市計画と建物の強制的耐震化法の整備、実施”・・・これしかない

そして行政、自衛隊、消防、役人は宣言をするのです。救助活動は一切しない、備蓄も非常食のひとかけらも国民には与えない!避難所も仮設住宅も一切設けない!!!

後にも先にもこれしか無いのです。唯一の方法なのに誰も何も言わない、もちろん、実行も何もしない!!

東日本大震災をを正しく検証すれば私の言って居ることが正しい事が直ぐに解ります。危ないと言われて居た住人は殆どが助かり、大丈夫だと言われて居た人々が殆どお亡くなりに成った事実をキチンと見つける事です。

人間と云う生き物は第一義的には具体的な我が身に降りかかる損得でしか動かない!じゃぁ〜助かる方法具体的な行動と直近の損得をリンクさせれば済むことである・・・まったく猿でも解る簡単な解決策である。

でも・・・猿に馬鹿にされても決定権の有る利口馬鹿は何もしない!!!俺は利口だ、俺が国民を指導しているそんな勘違いを認めたくないので・・・何十万人、何百万人の国民が死のうが、この国の存立がそのものが危うくなろうが・・・正しい事を、だだしい助かる方法を知らせない!!!

実に不思議です。不思議を通り越して悪意さえ感じます。悪意、国家財政厳しき折、年寄りが大量に死ねば年金払わなくて済む、相続税ががっぽり稼げる?悪の巣窟、利口馬鹿の資金源の土建屋が儲かる・・・土建屋から賄賂や献金が要求できる???

この不幸な未来はこの国では救いようが無いかも知れません。せめてご縁が有る皆様には弊社防災セミナーで助かる方法(ノアの方舟に乗れる方法)を具体的に学んで下さいね・・・

知識のワクチン!!!

原理原則・・・”神は自ら助くる者を助く”

2012年09月01日

季節の足音

鈴虫の・・・

音色聞こえし・・・

夜明け前・・・

************

もう夜明け前は秋の空気が漂います。まだ、まだ、日中は暑くて熱中症になりそうですが・・・午前3時過ぎはもう秋の空気が漂っています。

木々も敏感に秋を感じ取っています。

人間だけが感じる心”感性”が微弱になっているのかも知れませんね・・・

本日は防災の日です。皆様、家具はチャンと転倒防止の金具でキッチリ壁の下地に止めてありますか?東京直下型地震、南海トラフ地震・・・いつ来ても不思議では有りません。キチンと準備が出来ていますか?地震前、地震直後、地震後1日〜10日の瞬間、瞬間の正しい行動をキチンと家族全員でシュミレーションして有りますか?何度も、何度も具体的に家族全員で行動を共にした想定シュミレーションをして居ないと、いざと云うときに体が動きませんよ!!!

人間は頭で考えて居ることが即、行動に結びつかない生きのモノ様です。出来ると思って居ても出来ない事は山ほど有ります。行動を何度も何度も実際に行い体に染み込ませないと・・・動けないのです。

この頭の思考と行動を結びつけて居るのが・・・”感性”・・・感じる心です。この感じる心が現代人の多くは退化?もしくは固着しているような気がします。

この感じる心のトレーニングに・・・俳句や和歌、川柳はとても有効です。

秋の夜長・・・家族全員で歌会でも催したらどうでしょうかね?出来映えなんてどうでも良いのです。詠んだ歌の向こうに情景が感じられるかどうか?家族でけなし合ったり誉め合ったり・・・

感じる心を磨いてみてはいかがでしょうか?

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP