« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月28日

仕事納め・・・一年ありがとうございました!

本日で、今年のお仕事も終わりです。

のつもりでしたが・・・

終わりそうに有りません(涙・・・・・・

涙、涙、涙・・・のお客様を救うために明日もお仕事となってしまいました・・・フー

*****************

昔からの格言で・・・

一日一生

と言う言葉が有ります。

今という瞬間を大切に生きなさい・・・と云う教えです。

私が日頃から多くの皆様に私の生き方としてお話しをさせて頂いて居る”即今充実”と云う言葉とも通じるモノが有ります。

今という瞬間、瞬間の積み重ね・・・そしてその今は何時でもエンディングになり得る瞬間でも有ります。次なる瞬間が訪れるありがたさ・・・しかし、必ずエンディングは全ての人に平等に訪れます。

ありがたい事です。今年も多くの事が起きましたが・・・今・・・私は生かされています。ありがたい事です。

一重に皆様方とのご縁が私を生かしていて下さっていると思って居ます。多少なりともお役にたてていると云う充実感

ありがたい事です。

ご縁が有る皆様、お一人、お一人の瞬間、瞬間が輝ける瞬間で有る事を御祈念して今年の年末のご挨拶とさせて頂きます。

本年はひとかたならぬご愛顧にあずかり本当にありがとうございました。

来年と云う日を迎えることが私に許されたとしたら、その来るべき瞬間に感謝しつつ頑張りますのでその節には、本年同様によろしく御願い申しあげます。

まきひら

2011年12月26日

寒波・・・おお寒

寒波が来ました・・・

これが平年並みだそうです。

***********

寒波来る

キリギリスとて

寒かろう

明日は我が身の

大地震かな

***********

今、やれる事をやりましょう。

出来る事だけやれば・・・

キリギリスではなくキリギリスを心配するアリさんになれるのですから・・・

おお寒・・・寒さが来るのも当たり前、大地震が来るのもあたりまえ!!!

2011年12月24日

本日もランチ抜き・・・フー

朝から、今まで(現在午後5時20分)休み時間ゼロ・・・

弊社は本日もウルトラハードな一日でした。出来る最善を尽くす!!!頼まれてもいないことを一生懸命やってしまうのでアポイントメントとアポイントメントの間から、お昼のランチ時間迄働いちゃうのですね(涙・・・

明日も朝一番から午後9時までびっしりの御予約で埋まっています。しかし、御予約が無くとも緊急を要する話しとか?自分では判断がつかず、チョットだけプロの知恵を借りたいとか?少しの時間で済む話ならドンドン問い合わせのお電話やご来店を御願いします。

契約以外の場合には、接客させて頂いて居るお客様にチョットだけご無理を言って時間を取らさせて頂くように御願いをします。

全てのお客様が・・・一世一代・・・人生の岐路・・・とても大きな決断の為の時間です。最優先して差し上げなければならないと肝に銘じています。

なぜか?

それは・・・中途半端な決断をされますと後に大きな禍根を残すこととなります。本日、ご依頼の査定物件も顕著にこの傾向がうかがえました。

なななんあなんあかななぁ〜〜〜〜〜んで・・・こんな家買ったのよ!!!

現地調査を終えて、車に乗り込み信号待ちの時に、この査定依頼をされたお客様のお気持ちとお顔を思いだしたら・・・涙が止まらなくなっちゃいました。信号が変わってもしばし動けなくなりました。

あまりにも・・・可哀想で・・・可哀想で・・・

家を求める大事業をするには正しい知識が不足しすぎ!!!のお客様でした。

***********************

その他・・・買いそびれて・・・弊社にたどり着いたお客様

メチャクチャラッキーです。本当に買いそびれた悔しさや悲しさが・・・メチャクチャ幸運な事と直ぐに思える日が来ます。断言します。弊社でしっかり正しい不動産の買い方、求め方をしっかり勉強して欲しいと思います。いくら弊社で勉強しても弊社から必ず買う必要は有りません。断言!!!

弊社は・・・

お客様のベストが弊社のベストです。

ご遠慮なくベストを選択して下さい。本日も他社で決められた方からお礼のお電話を頂きました。弊社でしっかり勉強をされているので・・・私も大安心です。こころよりコングラチュレーションとお祝いを申しあげます。

残念ながら大小を問わす・・・真剣に正しい知識を学ぶ機会や所が私達の業界には皆無に近いです。無いなら気付いて居る、知識の有る誰かが社会貢献するしか有りません。

ちまたの営業マンに営業されて・・・損得の価値観で決断した場合・・・良い家など出来るハズが有りません。良い家(感動住宅)は建て主、買い主、さんの正しい知識と、正しい見識、正しい内観、これが無いと絶対に獲得は出来ないと思います。

本日の・・・悲しい涙がとまらなくなる・・・事例が証明をしています。人生、若ければリベンジは可能です。このお客様にも幸運がもたらされることを心よりお祈り申しあげます。

2011年12月22日

感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・・・・・・・

家を建てさせて頂いたお客様や土地をお世話させて頂いたお客様より・・・何時も、何時も弊社を気にかけて下さいます。本当にありがたい事です。

本当に涙が出るほど・・・ありがたい・・・です。

人の縁(えにし)とは不思議なモノですね。

弊社では毎日、毎日・・・サプライズが起きています。全くの他人がこんなに愛おしく思えるような人間関係になれるありがたさ!!!

本日は、弊社で勉強されて弊社ではなく他社で建築をされて見事に素晴らしい家を完成させたお客様より、喜びの完成報告のご連絡と家を作る計画の有るご友人をご紹介したい!!!とのご連絡を頂きました。

私はなんだかとても嬉しくなり・・・素晴らし家の完成!!!本当におめでとうございます。と声を張り上げてお祝いを言わせて頂きました。

本当に・・・良かった!!!

毎日、毎日、コツ、コツ、コツと・・・私としてはお客様を感じながら出来る事を出来るだけしようと普通の事をしているだけなのですが、ありがたいです。

恐縮です。

本日ご来店の弊社で家創りを完成させて頂いた上記とは別のお客様は・・・弊社のみならず、弊社の”未来のお客様”にまでお心配りを頂きまして・・・何とも何とも感謝、感謝、感謝・・・無限大  です。

御家族全員・・・素晴らしい笑顔で私の前にお立ち下さいました。なんとも、なんとも・・・こみ上げてくるモノが有りました。

最前線で日々、お客様とオンリーワンの”良い家”を創ることだけに私の生きているこの時の全てを注ぎ込んでいる瞬間、瞬間

輝く時(とき)!

私はなんと”幸運”な男だろう!!!

2011年12月20日

愛社精神

愛社精神・・・

今時そんなモノは無い・・・・・・と言われそうです。

しかし・・・

人がつつがなく人生を生きていく為に重要な事は・・・リスクを事前に認知して、そのリスクとどう向き合うか?どうヘッジするか?がとても重要です。そしてその上で自らの行動に正しく優先順位を付けて行動すると云う事ではないでしょうか?私はこの優先順位を正しく、場面場面で付けると云う事がとても大切では無いかと思います。

なんだか?この優先順位を正しく付けて居ない人々をとても多く目にします。実に悲しい事です。

例えば間違ったケースとしては・・・

1,地震が起きたらつぶれる家に住んでいて直さずに・・・新車を買う

2,幼子に十分な躾けをしないでピアノ教室に通わせる

3,自分自身の未来の能力開発(勉強)をしないで過大なローンを組んで豪華な家を買う

4,家庭を帰り見ず、残業、残業ばかりをする

5,家庭を帰り見ず、ボランティア活動をする。

6,我が子の躾けや教育が十分出来ていないのにPTA活動に邁進する

7、仕事より赤の他人を優先し趣味や会合を優先する。

8,こころより・・・モノを大切にする。

9,生きている今の時間を犠牲にして?軽く見て?・・・死んだ後の子孫の心配をする

10,職場の仲間よりアカの他人を重要視する。

等々・・・数え上げたらキリが有りません。

************************

私は良く”自己中”との批判を受けることが有ります。まぁ〜〜〜自己中心主義者でしょうか?対象が自分自身に近い人々、つまり心が通った人々との関わりは自己中と言われようと何と言われようと最優先をします。

誰が何と言おうと・・・・・誰でも・・・”自分が一番大切です”当然と言えば当然です。

それでは・・・自分の何が?一番大切なのか???・・・

それは・・・私自身の心の有りようなのです。つまり、幸せな心の状態・・・これが一番大切です。つまり、この心の状態は自分自身だけでは絶対に維持できない事なのです。多くの廻りにいるこころの通った人からのみ与えられる感情なのです。

私は人間関係では一番大事なのは心が結ばれた家族(恋人も含む)です。二番目に大切なのは生きる糧を与えてくれる職場の人間関係です(私は第二の家族と言っています)三番目に大切なのは親友です。四番目に大切なのは職場に糧を与えて下さる職場のお客様かもしれません(勤務時間内限定)そして五番目に大切なのはご近所の人々で有ったりサークル仲間や趣味の仲間かも知れません

場面場面や出来事等で上記の優先順位は変わるかも知れません。が・・・直ぐに元に戻ります。しかし、この順番がとても大きく変わったままで・・・大切なモノを放置している悲しい現実を見ることが有ります。

まぁ〜〜〜〜〜誰でも自分の行ったことは自分の所に帰結しますから・・・間違いは間違いとして帰結し、正しい順番の行いは心の豊かさ、感謝、幸せ感として帰結する様ですね(笑・涙・・・

自業自得

人は神様でも天使でもありません、昔から衣食住足りて礼節を知る。です。つまり、幸せになる前提として生命の維持と五欲の適切な満足が無ければなりません。各人の価値観に応じた必要なだけお金が必要だと云う事です。

この優先順位は場面場面で入れ替わったりもしますし、適度なバランスが重要なのです。しかし、大きく順位を入れ替えるとそれは多くの場合”負”として自分自身に帰結する様な気がします。(経験者談・私本人)

今の時代にはそぐわないかも知れない”愛社精神”・・・どんな場面で必要なのか?もう必要など無いのか?必要ない人々は当然働く仲間として庇護される事も望んでいないのかも知れませんね?これもマネーゲームが最優先、お金が最優先、能力主義の某国の影響なのでしょうか?

育てる日本型の価値観・・・私はこの価値観が”美しい”と思うのですが・・・人余りのこの時代、そんな余力はこの国にもこの国の企業にも、そしてこの国の国民にもなくなってしまったのでしょうかね?

そんな価値観では絶対に人間と云う生き物は生きている時間が本当に輝くことは無いと私は思います。

2011年12月19日

地震は来ない!

本日ご来店のお客様より・・・言われた言葉です。

お客様:先日テレビで学者が討論会をしていたとき、某大学の学者が東海地震等の大地震は30年間は絶対に来ないと断言をしていたそうです。

その言葉を本日ご来店のお客様は信じたようで・・・私に冒頭の言葉を強く断言されました。!!!

*********************

私は思ったのです。東日本大震災の前もなにやら同じような言葉を発していた学者が沢山いたようなきがします。

1,津波は5mだ!!!

2,原発は絶対大丈夫だ!!!

3,地震は、マグニチュード8以上はこのエリアには絶対来ない!!!

*********************

これらの言葉に洗脳された多くの人が命と生活を失っています。・・・

でも誰も責任を取りません、取らせようともしません!!!

不幸な現実は進行形なのに・・・もう”収束した”と宣言する我が民族の一番のリーダー???

自分の事は自分でする!!!当たり前と言えば当たり前ですが・・・貴方の人生のリスクを誰も責任を取らない御用学者やこれら御用学者を上手く利用して莫大な利益を上げるマスコミを本当に信じて良いのでしょうか?自分の安全は自分で守る・・・

つまり、・・・

どんな規模の地震が来ようが・・・出来る最善を何時も尽くす事なしに助かる道は有りません。今回の東日本大震災でも最善を尽くした人はほぼ全員助かり、行政や学者やマスコミの云う事を聞いてしまった、洗脳されてしまったとても多くの人が命が有ろうが無かろうが”人生の全部”を失っています。

行政や加害企業は・・・責任は取る、保証はする!!!と声高にマスコミを通じて自分に都合の良いメッセージを流させていますが・・・

避難して何ともならない人に・・・1ヶ月当たり迷惑料8万円、ぽっきり、実費損失は領収書を出せ!!!

こんな事を言われて・・・怒りを、そして具体的な怒りの行動を起こさない人々???

なんだろう・・・この国は・・・???

なんだろう???この国民は?????

そして具体的に目の前での愚かな現実を見せられても・・・

地震は絶対に来ない!!!と言い放つ学者・・・そしてそれを信じようとする被災予備軍の人々

不思議だ!!!

実に節異議だ!!!

2011年12月18日

冬本番

木枯らしの・・・

寒さ吹き飛ぶ

我が事務所

熱き会話の

尽きること無し・・・

*****************

ありがたい事です。本当にありがたい事です。全ての瞬間、瞬間に生きている充実感を感じています。

ご縁が有るお客様のお役に少しでもたてている充実感!!!

キラキラと輝く瞳のお客様、お客様・・・

私は素晴らしく”運”が良い男です。

2011年12月17日

本日も頭が膿んだ?ぁ〜〜〜

本日、午前10時よりキッチンセミナー住育を始めとするメチャクチャ重い勉強を多くのお客様にして頂きました。

セミナー修了後も午後から夜遅くまで住育セミナーにご参加のお客様を始めとする多くのお客様に、これまたメチャクチャ勉強をして頂きました。

さぞ・・・脳がくたくたとご推察申しあげます。お子様たちもおとなしくキッズコーナーで遊んで頂き感謝申しあげます。

講師の私もくたくたです。

講義のレベルが誠に申し訳ないですが・・・相当ハイレベル(学術的な内容)な内容ですので直ぐに100%ご理解頂けなかったかも知れませんが・・・解らない部分や難しい部分では今後何度もご参加を頂きますとストンと心に落ちていく瞬間が有ると思います。

本日は・・・本物の家創りの玄関先にやっとたどり着いたに過ぎないかも知れません。今からが本当の意味の勉強の始まりと思います。

100人いれば100通りの”感動住宅”を見つけるスタートラインです。ある意味パンドラの箱を開けてしまったのかも知れません。

全身全霊でお客様お一人お一人のオンリーワンの住宅の創造、発見のお手伝いをさせて頂きます。

本日は全員くたくた・・・の一日でした(笑)

2011年12月16日

クリエイティブ脳

何は無くとも脳みそだ!!!

パラダイムの大転換・・・そんな時代に私達は生きています。太古の時代からそんなに進化しているとも思えない人類が本当にこのパラダイムの大転換時代を迎えて・・・幸せになるのか不幸になるのか?

私にも解りません。

しかし、全く解って居る事が無いわけでは有りません。

人間と云う生き物が太古の時代より生きて来た歴史を人間の心と云う視点で再度深く検証をすれば・・・この未来の時代に向けてどう人間の云う生き物が反応、行動するか???大凡の推定、推測が可能になります。

エジソンの時代から発明などの法則は全く同じです。

失敗?と云われる人間が考える脳のアナザーワールド、アナザーシンキング、サムシングエルス・・・思考の外・・・つまり失敗から”新しいモノ”が突如として顔を瞬間的に見せるようです。

失敗を只の失敗として処理しない・・・失敗の瞬間に見せる神様の微笑み・・・これに気付く脳がクリエイティブ脳です。

これはハングリーな脳で無ければ働かない様です。つまり、満たされた脳では機能しない部分かも知れません。

日本人の生きる道は・・・クリエイティブ脳を育てる教育システムの構築しか無いのかも知れません。官僚や教師や教授には絶対に出来ないそんな不幸をこの国は持ってしまったようです。なぜなら、彼らは自らが成り上がる事を第一の目的として日々研究とやら云う自己実現を目指しています。ベクトルの方向が神様の意志(人間の心の進化)とは少し違う様な気がします。

今、まさに教育の自由化が求められて居ます。しかし・・・最短の道や目的地が解って居て出来ない社会、人の心・・・不思議です。累々とした屍の愚を経験しないと気付かない愚かな生き物・・・そして膨大な悲しみの末に気付いた”神様の導き”さえ時と共に忘れてしまう。何度も何度も同質の過ちを繰り返す。それが人間と云う生き物なのかも知れません。

世の中的に・・・超変わり者・・・変人・・・故に気付く、そんな私かも知れません。

2011年12月14日

オーバーローン

まぁ〜〜〜誰も100%未来予測など完璧に出来ないけど・・・

どう考えても・・・そりゃぁ〜〜〜リスキーですよと云うお電話を頂きます。

殆どの大手ハウスメーカーは平均3,000万円位の家が中心です。節約しても2,500万円は間違いなくかかるような現実が有ります。

そこで適正住宅価格1,700万円のお客様がハウスメーカーの建築条件付きの分譲宅地(それなりに良いところしかメーカーは買わない、つまり土地でも儲ける)を含めて・・・諸経費(1)込みの総予算5,000万円〜5,500万円程度の販売をしているようですが・・・

頭金500万円〜800万円、年収が500万円前後の人がこれを買おうとすると・・・

ギリギリのローン審査を通すために目先の月払いの少ない35年ローンの変動金利?を勧められる様な事となります。

年齢に関係無しの35年ローンもリスキーですし・・・変動金利も超リスキーです。

せっかく弊社で正しいリスクの取り方を勉強してもなぜか?穴ぼこに落ちていく選択をされる方がお見えです。実に、実に・・・もったいないですね!

貴方の属性では大手ハウスメーカーは予算的に超リスキーですよ!!!別に弊社で無くてももっと予算の少なくて済む建設会社は山ほど有ります。家を建てられる方の約8割は適正予算を守るべくよりお値打ちな中小零細企業での建設を今でも選んでいます。建て主が建築知識が無い状態で価格だけで中小零細を選択する事がリスクを包含しているだけで・・・一生懸命正しく学びキチンとした建築知識を持てばブランドに頼らなくても正しいバリューフォーマネーは実現可能なのです。

家は何の為に必要なのか???よぉ〜〜〜く考えて下さいね!!!と何時も申しあげています。

近未来の予測としてはこれらオーバーローンの方の住宅が大量に中古住宅として市場に供給される予感がします。この国の経済指標で明るい材料はたった1つも有りません。私は目の前にお座りのお客様の勤務先や年収、等々から始まり、このお客様の現在のスキルから未来の可能性まで感じながらご説明をさせて頂いて居ます。

一流大学を出て大手優良会社勤務の未来に対して有望な可能性の有るインテリジェンス豊かな方なら何も申しあげません。只、勤務先が大手会社だけでは今の時代は安心など出来ません。能力競争に負ければ即、リストラです。少なくともインテリジェンス豊かな方は・・・見栄の部分はご自分で正しく判断してみえる様な傾向が強くうかがえます。住宅ローンは定年10年以上前に終わらせると云う強い決意です。つまり借りるときは定年迄のローン期間を契約してもキチンとスキルを磨き繰り上げ返済の強い決意と強い努力をすると云う信念を感じます。

少なくとも変動金利など絶対に選択しません。

総支払い予算の中の諸経費なるものも実は3種類有るのです。

諸経費(1)土地建物を買う為に不動産会社や建設会社に支払う諸経費(司法書士費用・申請費、地盤調査、外構等々)

諸経費(2)建て主様が建設会社不動産会社以外に支払う住宅取得に伴う諸経費(保険とか借入経費等)

諸経費(3)建て主様がご自分で購入する備品の費用(カーテン・エアコン・家具・神主代・各種備品等)

一般的なシュミレーションでは諸費用(1)しか表示されて居ません。建設に伴う工事進行中に発生する追加工事やオプション工事費用も契約金額の10%〜20%程度普通のケースでは発生している様です。その他に日々の生活のための手持ち資金として安心度として不慮の事故や病気に備えて最低でも100万円程度は必要と思われます。もちろん、この金額は多ければ多いほど安心ですけれども・・・

身に余る素晴らしい家は出来たけれども・・・俗に云うスッテンテンでは・・・夫婦喧嘩の毎日の予感がします。ケンカを毎日している家の子供たちが心豊かで優しい子供に育つ可能性は普通は有りません。ゼロです。

幼子を抱えての奥様のパートなどの資金を当てにするような家作りはとてもデインジャラスです。

あなたは何の為に家を求めるのですか???

2011年12月12日

買いそびれたぁ〜残念!

長い間不動産のお仕事に就いていると・・・

とても多くの方が・・・買いそびれたぁ〜残念、無念・・・と云う辛い思いをされる光景を目にしたり、この様な弊社としても申し訳ないご連絡をする場面が多々有ります。

やっと、やっと・・・気に入る物件が見つかったのに・・・

その第一原因は・・・

誰しもが気に入る80点以上の物件の競争倍率は30倍から100倍の大競争で有る現実

第二原因は・・・

買い主様の不動産知識の不足

第三原因は・・・

あまりにも高額のお金が動く事への諸費用知識やローン知識の不足による不安に伴う決断力の不足

これら不幸な言葉を発しないために出来る事が有るのにやらない買い主様、キチンと正しい知識を教えてもらえる環境の無い不幸・・・・・・・(大泣き)

************************

これらを防ぐ方法はたった1つ・・・

事前の準備

1,学ぶ事(注:自分自身をキチンと見つめ直した上で・・)

2,不動産会社をキチンと選び抜く事

3,建設会社を選び抜く事

選ぶ基準は・・・”相互信頼”・・・です。殆どの方が目先の損得、値引きや格好の良さなどの表面的な事で選んでいる傾向が大です。これではダメです。大手ハウスメーカーなどの売る側はプロです、損得の価値観では勝ち目は有りません。万が一、損得で勝とうと頑張れば頑張るほど残念ながら大手会社は貴方をクレーマー(お客様としての不良品)の部類に分類してしまう可能性が大です。なぜなら大手ハウスメーカーはこの不景気にも係わらず売上棟数は殆ど減少はしていません、展示場は全ての家を建てたいと思った方が必ずと言っていいほど行来ます。つまり、大手は住宅建設のマーケットの全てを把握していると云う事です。大手に取ってお客様候補は何時の時代も十分充足していると云う事です。貴方が伴侶を選んだように”こころ”で選べば本物か?偽物か?簡単に見分けは付きます。

実は私も日々多くのお客様のご来店を頂けますが・・・”こころ”で対応をさせて頂いて居ます。そして”こころ”が通じそうも無い方には・・・多くを語りません。約15分程度でお帰りになられる方がとても多いです。弊社は超零細企業(町の不動産屋としては大きいかも?)ですから多くのお仕事をさせて頂く事が出来ません。

弊社にはなぜだか?生きる事に前向きな向上心の豊かなハートフルなお客様ばかりになってしまう傾向が有ります。

本当に、本当に・・・ありがたい事です。

2011年12月11日

寒くなりました・・・

温かい食事が良いですね・・・

温野菜・・・ジダンナベに最近はまっています。野菜のうま味をそのまま食せます。しかし、少しばかり欠点も有ります、野菜が焦げた場合や、お魚を入れた場合に・・・少しばかり臭いが部屋に充満すると云う欠点が有ります。それとプレートの底に接して居るところに焦げが付くとなかなか洗っても直ぐに綺麗にならないですね

野菜スープも良いのですが・・・野菜のうま味がスープの中に出てしまいますのでスープ全部を飲まなくてはなりません。そうすると思ったより野菜の量が採れないのですね?

草食動物の私は色々と知恵を絞るのです。

如何にしたら?知恵でグレードを上げられるか?限られたアイテムでさらなる上の発見にトライする、この発見の瞬間がまたまた慶びでも有ります。

寒さ故

知恵を使いて

新発見

師走の夕げ

ワクワクタイム

**************

何事も知恵のスパイスで楽しもう!!!

2011年12月09日

弊社の社員は独創力が有る!!!

本日、弊社のニュービジネスに付いて会議を催しました。

各人からそれぞれ素晴らしい意見が多出しました・・・こんな会議を国会でやって欲しいと思います。直ぐにでもニュービジネスになりそうな案から未来の発展系の案まで・・・私も各人の意見を聞いていて・・・ウン、なるほど、それそれ・・・を連発しました。

早々に独創案の正確なマーケットリサーチをしたいと思います。

人はクリエイティブに思考をする事を体験すると・・・ドンドン進化する様です。楽しい限りです。全員の話がドンドン盛り上がり全員のテンションが最高潮になった所で・・・

もう、幼稚園迎えに行かなくっちゃ・・・の一言で

タイムアップです(笑)

経営者の本当の仕事って・・・計算する事では無く、人を創りあげる事かも知れません。ありきたりのスキルの向上ではなくクリエイティブな脳を持つマルチタスク人間の創造

本日のスペシャルキーワードは”絆”(きずな)です。大企業の一番苦手とするカテゴリーかも知れませんね?

さぁ〜弊社のセカンドファミリーは全員で温泉旅行(忘年会)です。もちろん、幼子同伴OKです。

無いモノを新たに生み出す力・・・その根源がクリエイティブ脳です。無いモノ、稀少なもの・・・優良宅地でさえ弊社は生み出す力を持っています。

2011年12月06日

年の瀬・・・

こがらしの

音が聞こえし

食卓の・・・

一部屋光る

箸一膳

***************

巣立ちたり

親鳥さみし

師走かな

***************

有るモノが有る、居る人が居る・・・こんな普通の時の流れが一番大切なんですね

覚知にまじわるは 証則にあらず!!

道元

2011年12月05日

先鋭的勉強、研究は馬鹿に通ず!

何事も突出して居ないと競争力が有りません。ですからドンドン先鋭的な研究を縦割りセクションで世界中が行っています。

全部の新しい新技術や新研究成果が人間の心を幸せにするとは限りません。大量破壊兵器を生み出した人類ははたして心底幸せになったか?何時もおびえてけん制をしあっています・・・

パソコンやオフコンを始めとするコンピューターは確かに便利になりました。しかし、便利と思えるのは人間個人個人の一生からすれば・・・その便利の幸せ感はホンの瞬間です。直ぐに有って当たり前の普通の感覚になります。・・・

そして・・・

電車の中では若者の全員が友人とは無言で携帯電話やスマートホンの画面に見入ってなにやら異様な雰囲気をかもしだしています。適齢期の若者の約半数以上が付き合っている異性がいないとか!!!

異性を必要としない感覚・・・これは生物として?どうなんだろう???

と・・・思うのは私だけでしょうか???

昔から学者馬鹿と言われるように・・・人間としての総合力評価をすると・・・とてもじゃないけど落第点をつけられてしまう総合的な人間的能力や魅力、この点が特に日本人は不得手の様な気がします。

外国にはオリンピック選手で学者とか色々なマルチの才能を発揮しているリーダーが多く排出されています。

総合力 バランス力・・・これが重要  人間も精神と肉体、脳も右脳と左脳・・・過去と現在と未来

私も凸凹の激しい人間ですから色々な所に私の意図とは関係なく波風が立ってしまう事が時折有ります。修行中の私としても内観をしながらバランスを求めて心技体で研鑽しています。

2011年12月04日

生物兵器!

馬鹿な学者が居たモノだ!

学者馬鹿もここまで行くと問題だ!

某ウイルスの毒性を下げる研究をしていたら偶然?毒性を何倍にも高める方法を見つけ出しちゃいました。そして事も有ろうに、この方法を学会で公に発表してしまいました。

あほーもここまで行くとどうしようも有りません。

何の為に”研究”をするのか?何の為に研究の最終目的が有るのか?

まさに研究の一丁目1番地

この一丁目1番地を間違えた最悪の例と思います。

人類のウイルス感染への不幸を減らそうと研究して・・・その真逆の結果を導き出し、それを発表してしまう愚かさ!!!(自分だけの心の中、又は研究所内だけにとどめて置くべきです、そしてこの何倍にも毒性を増幅するウイルスの解毒剤を必至に研究すべきです。そしてそれを危機管理上必要と思えば同時に発表したいならその時点で発表すべきです)

この不幸にも発表されてしまった方法をテロリストが用いると最悪人類の50%程度が死滅するとの報告も有ります。

本当に学者馬鹿もここまで行くとどうしようも有りません。

色々な学者と面談や研究成果等々を勉強させて頂く機会が私はとても多くありますが・・・学者の約80%程度は????がとても多く付いてしまいます。

貴方も貴方の人生や、土地探し、家創り等々のそれぞれの行動、目的の一丁目1番地をキチンと再確認しましょう。

2011年12月03日

やっと時間が取れたぁ〜〜〜

フー・・・

です。

ホント

ありがたいです。

超有名なブランド力抜群の大手ハウスメーカーを乗り越えて・・・世間一般的に見れば吹けば飛ぶ様な弊社にお仕事をご用命頂きまして心より感謝申しあげます。本日も弊社打ち合わせブースが空いている時間は有りませんでした。

しかし、本日初来店のお客様も土地予算と建物予算のバランスが最悪でした。なぜ?土地が無ければ家は建たないのに、なぜか?殆どの買い主様が土地より先に大手ハウスメーカーが立ち並ぶ住宅展示場に行ってしまう現実

そして・・・超少ない予算で・・・危険な土地や環境のド悪い土地を買う現実、買おうと努力する現実

素晴らしい住まいとは・・・家などの限られた空間の仕上げの豪華さだけでは無く、家の廻りの環境や家そのモノが立地する地域や広範囲での利便性等々、そしてなにより廻りの全ての人間関係が良くなければ意味がありません。

なのに・・・極小のたった30坪から40坪程度の空間を先に決めてしまう不幸

何事も順番が大切です。全ての事に於いて順番を間違うと必ず後でとんでもないしっぺ返しを食らいます。

例えば恋人も居ないのに・・・結婚式場を予約する?

普通はこんな事はよほどのア○ーで無いと行いません。しかし世間一般的な家作りに於いては、こんな事が時折起きているようです。

土地探し、家創りで行う正しい順番

1,自分の職場のなるべく近くでそして地盤や津波等々総合的に安全な所を選定する。

市役所などの行う防災セミナーや大学研究室の行う防災セミナー等々に参加して知識を得る。
図書館の書籍等や市役所、国土地理院等々の公的機関の書籍やホームページで知識を得る。
その他、売り込みの無い色々なセミナーの活用

2,各種不動産会社のホームページ等で上記で選定した地域の土地相場を認識する。

基本的にホームページ等に載って居る土地は70点以下の所ですから、それ以上の点数を望む場合は表示坪単価の10〜20%アップをさせて予算組をする。

3,不動産の優良宅地とはと言う知識を自分なりに確認をする。

南道路、接道条件、間口、日当たり、環境、交通アクセス、地域性等々・・・解らない場合には弊社の不動産探しの一丁目1番地(弊社HPトップ参照)を研究した上でご自分の条件をさらに加味する。

4,不動産会社等のホームページで訪問予定不動産会社を10社程度選定する。

ホームページが自社製か?外注か?その情報の数と密度をチェックする。
ホームページ上のその会社の”経営理念”を必ずチェックする(絶対に行って下さい)理念を表示して居ない会社など論外
ホームページの美しさや格好の良さ、写真の数などの見かけに惑わされないように・・・毎日のように最低2週間ほど閲覧してその使いやすさや情報の入手の仕方、更新度合い等々をチェックする。

5,上記のネットチェックで10社の順番を付ける、そして上位の順番から不動産会社の能力チェックの訪問を開始する。この訪問の目的はホームページの宣伝と実際の実力が乖離していないか?このチェックが目的

いままで自分が勉強してきた疑問等に付いて質問をしてみる。そしてその回答の度合いをチェックする。
不動産会社の情報力やお店の雰囲気(活気があるか?無いか?)従業員のマナーや顔つき(真心をチェック)・・・いきなり売り込みや現場案内を言い出したら要注意

6,不動産会社がどの様なシステムや方法や条件で情報提供をしているか勉強をする。

媒介契約書の内容のチェック(契約を結ばなくてもかまわないのでこの契約内容を熟知する)この内容を買い主様が知らないが故に多くのトラブルが不動産会社との間で現実に起きる

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/fudousan/shokan_hourei/text/yakkan.tokekomi.pdf

その他、専任媒介契約書等に付いても知識が有るとなお良い

この媒介契約書の内容そのモノが不動産会社が行う不動産の紹介行為の基本である。

7,実際の不動産会社の訪問を通じて10社から3社に情報提供を依頼する不動産会社を選別する。

実際に情報提供を受ける、その提供のされ方や情報の質、頻度、説明の善し悪し、売り込みの有る無し、不動産探しのコツの伝授等々・・・いかにお客様に親身になってくれる会社かどうか?1ヶ月〜2ヶ月ほど様子をみる。

この7の段階を6ヶ月ほど続けるも良し、3社の仲から一社に絞り込むも良し、これはお客様のご希望でかまいません。情報提供を受けたら、複数のどの不動産会社から情報提供を受けているか?明示して、それぞれの不動産会社の情報提供に対してキチンと返事をする。見送る場合や他の会社から同じ情報を受けている場合にはキチンと理由を明示して連絡をする。

8,ご自分の土地、建物、諸経費、その他費用の総合計を出して、ご自分の月々の返済に無理のない購入及び返済シュミレーションを行う。

シュミレーション公式は以下を参考にしても良いし、各種銀行のホームページを参照するのも良し

土地価格+建物価格+建物オプション費用+諸経費+ご自分の購入物費用・・・諸経費は土地+建物+建物オプション費用の3つの合計の2割程度、ご自分で買うような物品費用は100万円前後?かも???

建物オプション費用はメーカーや工務店で異なりますが・・・大手ハウスメーカーで表示価格の約2割、ディスカウント系の住宅メーカーの場合はメーカー表示価格の3割〜5割(注:オプション費用のみです)

適正な購入予算の上限は・・・ご自分の税込み年収の7〜8倍程度まで

総予算から自己資金を引いた借入金額の上限はご自分の年収の5〜7倍まで

年齢が40才から45才の人はそれぞれ6倍と4倍までとする。その他属性の良い人悪い人で上下2割程度の差は有りますがおおむねこの範囲に収めないと・・・・後で後悔する事多し

9,土地と建物、諸経費の総予算に対する適正配分は下記とする

土地40% 建物類40% 諸経費20%

例えば年齢35才、年収500万円、家族3人、自己資金(1,500万円)を含めた総予算が5,000万円(借入3,500万円)の人なら

土地費用2,000万円 建物価格1,800万円 オプション等400万円 外構工事 200万円 諸費用500万円 その他自己購入品100万円

ざくっとこんな感じでしょうかね?

住宅ローンの事前申請を行う。毎月の返済方法やローンの知識を深め、リスクに付いてキチンと理解する。

10,適正予算の範囲内の土地を見つける・・・土地契約を行う。

11,建物予算に合う建設会社を3社〜10社程度複数訪問する(選別方法は土地探しとほぼ同じ)

ここで重要なのはご自分の適正予算になるべく近い建物(前後10%〜15%程度)を見学する事

1,800万円が適正予算なのに3,000万円以上の建物を見ても百害あって一利無し

12,有力候補の順番を付けて最有力の建設会社と建物設計を十分時間と手間をかけて行う

毎週2時間〜3時間打ち合わせで最低3ヶ月〜5ヶ月・・・同時に見積書ももらう

13,プランが完成したら各種設備メーカーのショールームを廻る

見積内部の選定品等を実物を見ながら再確認を行う、

14,建築メーカーを最終的に選ぶ

自分が本当に納得出来ない場合には複数の建設会社と12,13番を行う

15,選んだ最終メーカーの設計士と再度のプランと価格と実物確認を何度も行う。

16,建築契約

17,ローン申請

これが失敗しない正しい順番です。弊社は他社と比較される事を大歓迎します。しかし、最後の最後の10番目の会社にして頂くのが条件です。選考の途中でご自分が納得出来る会社が見つかれば、その会社で施行される事をお勧めいたします。

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP