« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月30日

仕事納め

本年のお仕事も今日が納日です。

最近は毎年思うことですが・・・アッと云う間の一年でした。

元来私はモノを捨てられない人ですが・・本年の大掃除は

私にしては多くのモノを捨てたと自分なりには思っています。

お陰様でこの1年は大切なモノは無くさなくて(捨てなくて)良かった年になりそうです。

今、モノが溢れ本当に大切なモノが安易に捨てられて居るような気がします。

どうでも良いモノに目が奪われて・・本当に大切なモノに気付かないのかも?

しれませんね

若いお客様には失礼ながら見るに見かねてあれこれ小言に近いアドバイスを

お節介にもしてしまったかも知れません。

眼からウロコと感激して下さった方

お節介なヤツと気分を害された方

私のアドバイスがイマイチ理解出来なかったように見受けられる方

色々な方と今年も出会うことが出来ました。

それぞれの方に唯一無二の人生が有ります。

それぞれ感じ方が違うお客様にもプロとして全ての方に

全力で対応させて頂けたことを私なりに慶びとしています。

来たる年があなた様にとりまして良き年で有りますように・・・

2006年12月22日

忘年会bT+はしご?

昨日、テニスの忘年会を挙行しました。(笑)

しかし、しかし、最近オープンした○江戸と云うお店に・・・

初めて行きました。

味と値段は普通

サービスは最悪でした。

料理が出てくるのに待たされるのイヤと思い

コース料理をお願いしました。

しかし、しかし、永遠と待たされてしまいました。

サービス係のお姉さんも・・・もう・・・余裕無し

顔にアリアリと注文催促したり飲み物を追加オーダーすると

眉間にシワをよせて顔の筋肉がもうピクピク・・心が嫌々言っているのが

丸わかり(なみだ・・・・

こんな従業員を雇う経営者も?????潰れるのは時間問題と見つけたり

メンバー一同、おなかは充足されましたが・・・心が不満足

そこで・・・

お隣の沖縄料理店に飛び込みでなだれ込みました。(笑)

ここはサービスも含めてマズマズ・・・でした。

2006年12月20日

キャベツ

このところの温暖化で・・・

野菜が豊作だそうです。

我が家にも本当は廃棄?する野菜が無料で・・・

大量にお裾分けされて来ました。

その名は・・・

キャベツと大根

このところの我が家の夕食メニューは

キャベツ、キャベツ、キャベツ・・の入った献立ばかりです。

そろそそ・・勘弁してよ(笑)

しかし、大根は・・・放置されっぱなしで・・・タクワンになりそうです。

そこで不思議です。

食糧自給率が先進諸国ではダントツで低い日本

みんなで余っている野菜を食べようとキャンペーンを打ったら良いと

思うのだけれども・・・・

誰も・・・無言、無反応

ここでも

愛 と リーダーシップの欠如が・・・

かつての我が家のキャベツお好み焼きの様に具と生地がバラバラ???

人は愚息(我が家のシェフ)も含めて進歩するモノです。普通は?(今は普通では無いらしい?)

なんと・・・我が家のお好み焼きの生地は今では山芋入りです。

バッチリ・・・美味しく頂きました。(笑)

環境の事を考えないと・・・・もう・・・待ったなし

しかし人々は近眼・・・・もう少し遠くを見る

必用が有るのでは???

もう少し・・・自分の頭で思考する・・習慣を付ける努力をすべきでは?

台所に使い切れずにデンと居座るキャベツをみて・・・

ふと・・・・思いました。

2006年12月19日

Mドナルドのおもちゃ

毎年、この時期、

MドナルドのHピーセットのおもちゃに悩まされませんか?

子供部屋を掃除すると必ず遭遇する、

コツコツと溜めてきた、

だがしかし、

それほど使われていないおもちゃ達(-_-#)

邪魔ですよね。

MドナルドのCMの

『今度はポケモンだよ!!』

なんてフレーズを聴くと

ものすごい宝物を見つけた

海賊のような(実際にはそんな海賊に会ったことはないけど)

キラキラの目で訴えかけてくる長男\(- -;)

物を大切にする彼は、

大掃除の際にこっそり捨てたはずの

Hピーセットのおもちゃ達を

人知れずもとの場所に戻すのです\(_"_ )

かくして、年末ギリギリまで

長男(捨テラレネーゼ)VS母(捨テロザウルス)の

母子の戦いは続くのです\(_ _。)

それも今だけですかねぇ。

長女は、おもちゃよりも味。

いつのまにやらHピーセットよりも

Tヤキバーガーを好むようになりました。

今年も子供部屋で繰り広げられるバトルを

涼しい目で眺める長女なのですヾ(  ̄▽)ゞオホホホ

2006年12月18日

感性?感性?情操?・・・・今の時代

感性?情操?・・・・今の時代

ふと・・・思う

今時の人は自分の命が取られる瞬間も・・・

キット  驚かない  だろうと・・・

野生が欠落して感じる力が退化しているのか?

感じる力が無い場合・・・幸せと云う事を五感で感じられず

・・・・・・

現実とバーチャル・・・道歩く人々が全て二重人格???

と疑いたくなる

バーチャルには異常に反応するが・・・現実には無感覚?

なんとも云えない”孤独感”を感じてしまう。

これって(孤独感)・・・・ヒョッとして  鬱(うつ)?(笑)

2006年12月16日

何回目の忘年会だろう?

昨夜・・・釣り仲間の忘年会が有りました。

好きな趣味が同じ仲間との時間は・・・本当に早く過ぎます。

危うく終電に遅れる所でした。

今年の忘年会も早、何回目だろうか?とフト・・考えました。

明日も別の釣り仲間との忘年会?です。

色々と理由を付けて飲んで騒ぎたいだけ?なのかも?????

否・・・・騒ぎたい・・・は多分卒業したと思います。

感慨にふけりたい?かな?(笑)

2006年12月14日

集中すると時間早い

今日は・・・集中してプラニングをしたら・・・アッと云う間の一日

でした。集中すると良いアイデアが次々にわいてきます。

オートクチュウールの住宅プラン・・・・出来ました。(笑)

住まう家族の一人一人に顔を思い浮かべながら

一人一人の365日24時間の行動をイメージし・・・

プランをさせて頂きました。

夫婦げんか、親子げんか、嫁姑けんか・・・

良いときも・・・悪いときも・・・家が慶びを提供

出来るように設計者の意図が込められて居ます。

多分、住人には意識出来ないかも?しれませんが???

確実に陰となり・・・住宅に込められて居ます。

2006年12月12日

CADキャドCAD

本日、CADメーカーの方よりアドバイスを受けました。

新機能にビックリです。

かれこれCADを使い始めて19年・・・CAD使いを自認して居ましたが・・・

その進歩にはビックリ、眼からウロコです。

まるで住んでいるかの様なビユーがコンピューター上で再現できます。

冬至や春分などの日影が家の何処まで来るか?

今までも図面上で二次元的に説明をして居ましたが・・・

今後は三次元バーチャルでストレートに理解出来ます。

一日を1分程度の早送りで部屋に差し込む太陽光などの動きが

ビデオで見て建築前に確認することが出来ます。

益々、我が社のお客様は”後でのしまった!!!”が

今以上に完璧に無くなると思います。

土地選びに・・・設計に・・・活用して行きたいと思います。

2006年12月11日

ワーキングプアー

働けど 働けどなほ 我が暮らし 楽にならざり ぢっと手を見る・・・勝ち組・・負け組・・・

現在では一人の勝ち組が出ると・・・・99人の負け組が出来る。

このまま時代が進むと1万人に100人の勝ち組の中から・・・

一人の勝ち組と99人の負け組が出来る。

つまり、一人の勝ち組に対して9999人の負け組が出来たことになる。

社会とは・・・負け組もそれなりに生きていけてこその社会であります。

そして99人の負け組がそれなりに勝ち上がる可能性があってこその・・・

社会で有ります。

ワーキングプアーを生み出して居る私たちの今世は・・・・???

2006年12月08日

昨日、長女の小学校に行きました。

今秋収穫したさつまいもが、まだまだ大量に余っているので、

それを使ってお母さんとクッキングという授業でした(=^_^=)

大学芋を担当したんですが、

子供達に大いに手伝ってもらいました(^∇^)

お芋を洗ったり、

包丁でお芋を切ってもらったり、

小さじ1杯ずつ砂糖を入れてもらったり…

少しずつ少しずつ役割を決めて、

手伝ってもらいました。

その時の子供達の瞳の輝きが、

とてもきれいでした♪~~((*^o^*)(o^_^o))~~♪

キラキラしてて、ワクワクしてて(^_^)人(^_^)

すごくかわいかったです。

今の時代、子供がらみの悲しいニュースが多くて、

「最近の子供は…」なんて思いましたが、

本質は変わってないんだなぁ、と思いました(=^_^=)

私が一生懸命揚げている時、

子供達は自分たちで使った道具を洗っていました。

私が一生懸命タレとからめている時、

子供達の一人が鍋のとってをそっと押さえてくれました。

なんて優しいんでしょう!!

とても嬉しかったです(o⌒∇⌒o)

テレビをつければ嫌なニュースばかり。

こんな時代の子育てはどうしたら良いんだろう。

なんて悩んでしまいがちな最近ですが、

まだまだ子供達の未来は

捨てたもんじゃないですね(〜^^)〜

2006年12月07日

役人応援団

私は役人が基本的には大好きであります。

一見の対応ですと・・・それはそれはひどいモノが有ります。

つい・・・この野郎って叫びたく成ります。

しかし、・・・・一見でなく・・・彼らの置かれている立場や背景を

感じながら、かれらに心で話しかけると・・・・

彼らの心の叫びが聞こえて来ます。

私は役人に本当の意味での仕事をしてもらいたいと思っています。

基本的に彼らはとても優秀です。しかし、アホな政治家や既存のシステムで

彼ら役人は本当の能力を発揮出来なく成っています。

本当の仕事が出来ないから・・・能力発揮している人が少ない故に

とても多くの役人が役所には居ます。

役人が持てる能力をキチンと発揮したのなら・・・・

役人の数は半分でも十分と思います。実に役人本人に取っても

一般住民に取っても産業界に取ってももったいない話です。

私は彼らに本当の仕事をして欲しいと常々熱望しています。

役人から仕事の熱意や権限を奪ってはいけません。

アホなマスコミのやる役人の特権批判などは問題外です。

仕事をする役人は優遇されてしかるべきと私は思っています。

仕事をしてはいけなくなっているシステムそのものに問題が有るのです。

マスコミは本来優秀な役人が役人としてその技量を発揮出来ない根本を

批判すべきです。

それは最大の悪害は政治家・・・そしてそのアホーを選び続けている

住民なのです。

役人が本当の意味の能力を発揮しキチンとリーダーシップを取れば

こんな壊れた社会、こわれた国には絶対成ることは無かったでしょう。

2006年12月05日

若返りのクリスマス

日曜日、あの寒空の下、

とうとうやりました!イルミネーション♪

そのせいか、今日になって肩や腰がいたい…\( ><)

最近、住宅街でイルミネーションやっている家って

多いですよね。

この間テレビに出ていたお宅は、

奥さんが一人で頑張ってました('o')

頑張りすぎて、電気代が半端じゃないらしい。

点灯の時間になると

レンジが使えないらしいですよ、

ブレーカーが飛んじゃうから(;゚听)

すごいです。

我が家では最近ではいやいややっている感じ。

そんなことではいかんいかん。

私の中では

【イベントを面倒だと思う】ことと

【飛んでいる蚊をぱちんとたたけなくなる】ことは

老化の始まりのサインなんです。

“ブレーカー飛ばし”の奥様のように

はしゃがないと老けてしまう(*`▽´*)

子供達みたいな瞳の輝き、

クリスマスの間だけでも

この濁った瞳に取り戻さねば(`-´ )ゞ

2006年12月02日

マグロ・・・・そして森林・・・・イースター島

日本人はどうやらマグロを捕りすぎ・・食べ過ぎの様である。

全世界のマグロの25%を食べて居るとか?

世界平均からすると19倍モノマグロ大好き国民です。

日本の住宅もその寿命は世界で最も短い部類に入り

たった30年である。イギリスの5分の1しか持ちません。

全世界で日本人は・・・森林を破壊し続けて居ます。

かつてイースター島(パスクワ島)ではモアイ信仰から・・・モアイ建築用材

として森林を伐採し続けました。そして・・・・森林は限りなく無くなり

肥沃土が流出し・・・食糧危機から・・・部族抗争が絶えなくなりました。

そして・・・・イースター島では森林が無くなりまもなく島民はほぼ絶滅しました。

(島民15000人が激減・奴隷による欧州への拉致等・最終的に残ったのは111人)

食糧難から・・・人食が当たり前の様に行われた様です。

今、このイースター島での不幸の先駆けが地球全域で起こっています。

今、日本人の危機なのです。浮かれて居てはいけません。

本当に日本人の危機なのです。この国には資源は何も有りません。

一つは・・・・哲学無き飽食・使い捨ての悪の文化

一つは・・・・確実に来たるべき大震災の被害による世界の金融危機

この人類に襲いかかる2大危機のトリガーを一番最初に引いた民族として

世界の人々から・・・そのバッシングの矢面に立たされる危険が大です。

サンハウジングは自然保護の観点から100年住宅を目指します。

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP