« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月30日

食物連鎖

また長男がやっかいなものを捕まえてきました(^o^;A

ヤゴです。

逃がすように説得しましたが、

「どうしてもトンボになるところが見たい!!」と。

いつもは虫の命を大切にする子で、

カブトムシでもクワガタでも

きちんと山に返してあげられますが、

今回は好奇心に負けたらしい┐( ̄ー ̄)┌

弱ったらすぐに逃がす、という約束をして、

精一杯お世話させて頂くことになりました。

さて、エサには困った。

メダカを食べると聞いたので、

早速5匹・98円で買ってきました。

ヤゴくんと同じ水槽に入れると、

気持ちよさそうにスイスイ。

すると子供たちの視線はいっきに

ヤゴくんからメダカたちに。

「メダカのエサ買ってよ(ヘ_ヘ)」と。

「へ!?エサのエサ?」と思いましたが

ヤゴくんも新鮮なエサの方がいいだろう、と

結局、メダカのエサと冷凍アカムシも買いました。

冷凍…、そう、今彼らは我が家の冷凍庫で冷凍されています(+_+)

「アカムシをメダカが食べ、メダカをヤゴが食べる。まさに食物連鎖だ!」と長女。

その続きは?と聞かれ

「カエルがヤゴを食べる…」「続きは?」

「続きは…(急に聞かれても困ったよ〜)、人間がカエルを食べる…?」

シーン。

あ…、気持ち悪い。早く虫の季節が終わればいいのに(ToT)

2006年05月29日

飛び込み営業・・・多し

事務所に居ると・・・大手から中小まで飛び込みで
営業マンが来店します。

その多くの営業マンが会社の命令通りの営業をします。

ハッキリ言って”顧客の事は何にも考えて居ません。”

大手の昔、堅い商売で有った代表格の営業マンも
営業テクニックは洗練もされ訓練もされて居ますの
でそれはそれは・・・・ツイ・・・口車に乗る可能性も
否定出来ません。

お客様の幸せを願う商品のセールスはハッキリ言
って皆無です。自分の所さえ儲かれば良いという
営業スタイルです。

昔、昔、私もサラリーマン時代とても営業で辛い
思いをした経験からなるべく訪問者(例え一目で
インチキ?って思っても)に対しては話はチャンと
聞くように心がけてきました。しかし、最近の飛び
込み営業は・・・・こちらが得るところは何にも無い
ことばかり、むしろ、悪意や作為を感じてしまいます。

時代が・・・・人間の心を・・・無感覚にし・・・ドンドン
”こころ”が壊れて行っているような気がします。

2006年05月26日

色々な・・・・人?が居る

昨日、大型、多浴槽、多露天風呂のお風呂に行ってきました。

実は・・・最近良く行くんですが・・・・(笑)温泉は遠いので・・・
疲れちゃいます。

そこで見たモノは・・・否、見た人は7部ハゲのポニーテールで
パーマ頭の上、茶髪のおじいさんでした。

しかも・・・・口ひげも茶髪でした。あまりに私の視線を独占したので・・・

7部ハゲ+パーマ+ポニーテール+茶髪+口ひげ茶髪のおじいさんに
会釈されちゃいました。

世の中、色々な人が居る物です。

2006年05月25日

最近はまった物

最近、お豆腐にはまっています。

男前豆腐店の『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』です。

すごくクリーミーな豆腐です。

今までの豆腐の常識が覆るような(^_^)

他にもいろいろなシリーズがありみたいですよ。

豊橋ではまだ見かけませんが、

出会うのを心待ちにしております。

そのホームページも

なかなかおもしろい。

豆腐もホームページも是非おためしくださいね(^o^)/

2006年05月19日

性善説と性悪説

どうも?建築基準法関連の各種法が・・・・性善説から性悪説に変わるようだ

と・・・・云うことは????・・・・今までは

だましたヤツが悪い!だったけれど?これからはだまされたヤツが悪い!!!

と云うことか?(涙・・・・

何れにしても弊社はだますことはあり得ないので関係ないと云えば関係ない(笑)

2006年05月17日

台風一号

台風一号がどうも日本に向かってくるようです。一号です!一号!!!

今までは10号ぐらいまでは南方で出来ては消えて日本に影響のあるのは10号以降、そして7月以降の時期でした。私たちが幼い頃40年くらい前は台風と云えば9月のイメージでした。ドンドン日本が亜熱帯かしている現実が有ります。建築物も加速度的に亜熱帯化が進む事を見越して・・・・熱帯仕様で設計する必要があるかも知れませんね???

2006年05月15日

脳みその中のハナコちゃん

最近、ちょっとおもしろい本を読みました。
脳について書かれた本です。
人は、大なり小なりストレスの中で生きています。
そして現代人は、
そのストレスに弱くなっているのも事実。
だって『本当に怖い家庭の○×△』を見ていると
ほとんどの病気にストレスが絡んできてますよね。
病気になる人ならない人の違いは、
脳にある視床下部が強いか強くないかの違いらしいですよ。

小難しい話だからここまで読んでくださったかた、
ストレスを感じてませんか?

ちょっと簡単なたとえ話。
脳みその中に、ある姉弟が住んでいます。
視床下部にいるのは、ハナコちゃん。
おおらかで笑うことが大好きな明るい子です。
その周りにある大脳皮質というところには
弟のまなぶ君。がんばりやで勉強大好き。
まなぶくんは勉強したことを一生懸命覚えます。
一般的には記憶する、ということです。
そうやって覚えたことをハナコちゃんに口うるさく言うのです。
ハナコちゃんは、弟のまなぶくんにあれこれ言われるたびに
怖くておびえています。
これが俗に言うストレスを受ける状態。
まなぶくんからもたらされる外部の情報に縮こまっていじけている状態です。
それを放っておくと、
ある日ドカッとハナコちゃんは、ぶち切れてしまうのです。
ドカ食いに走ったり、最悪の場合、病気になったり。
ハナコちゃん、こわいですね〜(*_*;)

ハナコちゃんにもっと強くなってもらわないと、
現代社会、生きていけません。
そのためには、おおらかなハナコちゃんが喜ぶことを
してあげればいいのです。
具体的には、
楽しいことやきれいな物をみたりさわったり香りを楽しんだり、
きれいな音色に耳をかたむけたり
五感をフルに活用してやることらしいですよ。

新緑の季節、みなさんのハナコちゃんはお元気ですか?
ハナコちゃんを楽にしてあげられる絶好の季節ですよ〜( ̄◇ ̄*)ほっほっほ

2006年05月12日

オリジナル思考

色々と考えることはとても面白い・・・・(笑)オリジナルな発想で色々
なテーマに付いて思考を重ねる。建物の設計に付いても・・・釣りの
仕掛けに付いても・・・魚のさばき方に付いても・・・・

将棋の棋士の思考に近いかも???(笑)色々なパターンを想定し
深く深く・・・広く、広く

今の若者の教育問題・・・有る程度以上の教育に付いては研究者
志望の人を除いては直接的に社会に出て役に立つことは残念なが
ら日本の教育カリキュラムでは少ない。

教育は”脳”のトレーニングになっている側面が大である。

どうせ、トレーニングなら・・・・落ちこぼれを防ぐ意味でもバリエーシ
ョンの選択制にしたらどうだろう。基礎教育を終了したモノに付いては・・・

1,通常高等カリキュラム
2,将棋及び囲碁カリキュラム
3,発明カリキュラム
4,問題点克服発想カリキュラム
5,コミュニケーション推進カリキュラム
6,各種技能追求カリキュラム

等々・・・・頭脳が新しいことを思考し着想力が付くトレーニングをする
ためなら何でも良いのではないだろうか???

訳のわからない数式や難解な語学を無理矢理させるのでは無くもっと
各自が前向きになれるカテゴリーの選択の自由が有っても良いと思う。
こころがもっとフリーダムで有ることが本当の自由な社会なのではない
だろうか?各人が自分の持つ能力で本当に社会に貢献できる教育シ
ステムが有るべきとつくづく思う。

人間にとって考えることはそれはそれは楽しいことだから!!!

しりこだま

しりこだま』てご存知ですか?
かっぱのお尻にある玉らしく、
それを抜かれるとかっぱは溺れてしまうらしいです。

スイミングでスランプ(?)に陥っている
我が家の子供たち。
ある日、スイミングの帰りに
弟「お姉ちゃん、人間にもしりこだま、あるの?」
姉「あたりまえじゃん!」
小学二年生にして、なんととぼけた回答(;゚听)

その後、人間にはしりこだまが無いことを教えてやると
長女はびっくりしながらも納得。
理解できなかった長男は
お風呂あがりに一生懸命しりこだまを探していたのでした。

長いことのぞき込んでいたら、突然、
長男「おかあさ〜ん!大変だ〜!しりこだまがあったー!
    しかも二つもあるよー\(^o^)/ 」
母「じゃあ、次のスイミングきっと大丈夫だね。」
長男「だめだぁ、だってまだ小さすぎるもん(・・、)」

それを見ていた長女は
すごいとばかりに拍手喝采
我が子は、ある意味二人ともすごいと思った瞬間です(T^T)

2006年05月11日

ダンゴムシパラダイス

ゴールデンウィーク前は肌寒かったのに、
いっきに梅雨入りした感じです。
いよいよ虫が大好きな
我が家の長男の季節がきました。
この季節だけは幼稚園でも人気者。
お友達も頻繁に遊びに来ては
白熱した虫話。
ああ、気持ち悪い(>_<。)


今、庭には、待ってましたとばかりに
ナメクジやらダンゴムシやらが
わんさかわんさか(XoX)

今朝も傘をさして
雨の中、20匹くらい捕獲してました。
透明なケースの中で
コロコロコロ、コロコロコロ…
ダンゴムシにしてみれば、
突然訪れた悲劇ですよね。
長男いわく、ダンゴムシパラダイスだそうです。

幼稚園でお友達に見せた後
逃がしてあげるらしいです。
シメシメ、と思いきや、
幼稚園生まれ幼稚園育ちのダンゴムシを
お持ち帰り。
最近、ダンゴムシが増えているような…

でも夏の終わりとともに
虫の数が減り
とともに長男の人気も急降下。
冬眠にはいるがごとく(=^_^=)


2006年05月01日

人を幸せに出来る人

不思議なモンです。たった一本の短い電話で人は幸せになったり不幸せになる。たった一通のメールでも同様の事が言えます。同じ電話、同じメールなのにこの天と地の差はなんだろう。

それは・・・・おもいやり・・・・・が感じられるか?感じられないか?

人はまごころの本物か偽物か感じ分けられる本能を持っているようだ

寂しい人、猜疑心の強い人は警戒心が強い傾向に有る。しかし、この本能は逆に出てしまう様でもある。詐欺に遭う人、おだてに乗る人は何度も同じ過ちを犯すそうだ?

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP