« 2003年12月 | メイン | 2004年02月 »

2004年01月29日

まぁ〜・・・・・多様な価値観?

ランチに(12時05分入店)行ったらすでに席は満席、玄関ドア横で立待ち6名・・・・直ぐに席は空くでしょって感じて眺めて待ってたら、食事はすでに終わりで新聞を広げて隅々まで見ている30代、50代のサラリーマン二人。待つこと10分ほどで20代のお客様が席を空けてくれました。ランチ二つ!!!待つこと15分、ランチが出てきて食事が始まる。店はドンドン込みだして待ち人多数。新聞隅々サラリーマンは二人とも席に腰をづり下げて足を組み時に廻りを見渡し新聞を大開にして・・・何度も同じ記事を読み返して居るようだ。待ち人さらに増える。今度は新聞をやめて週刊誌だ、これまた読み終えると今度は無料配布の求人誌だ!!!私たちは20分ほどで食事を終え待ち人に席を譲る。かのサラリーマン二人はどうもお店を休憩所と思っているらしい、誠にくつろいでお見えになる。テーブルの上がとっくに綺麗に片づけられても一向にくつろいで見える。なおも待ち人多数。
出店際に良くお姿を良く拝見するとかのお二人は豊橋市役所のお役人の制服を着て見える。・・・・・・

弊社、事務員曰く・・・・やっぱ!!役人だ!!!(もちろん例外も有ります。)

2004年01月28日

一般の常識は役所の非常識

税務署には改善提案制度が無い!!!!!たらい回し5回(階段上がったり下がったりそして他の役所へも)にされたあげくへとへとの私の質問に・・・そんなものは有りません(キッパリ)・・・わたしゃそんなにキッパリ云える貴方がうらやましい(笑)

怒る気力さえ無い・・・・・・涙・・・・・

2004年01月27日

因果なお仕事

私の仕事は建物創りだ、因果なお仕事だ!!!特に住宅は人を幸せにするために在るべきと肝に銘じて日夜研究をしています。対象物を真に理解できなくてはこの命題は全う出来ないとこれまた、日夜、人とは・・・・とヒューマンスタディーをしています。先人の知恵等も勉強しながら、この偉大なる先人の知恵に触れるたびに人類とは殆ど進歩していない事に気付かされます。ガリレオおじさんは”人にものを教えることは出来ない、自ら気付く手助けが出来るだけだ”と300年以上も前におっしゃっています。じゃぁ〜この気付くとはどの様な時だろう?
人間は順風満帆な時に反省をする人は居ない、悲しみに打ちひしがれて慟哭の涙が枯れたとき、人は気付くので有ろう。なんともやるせない事である。ここ50年人類の科学技術はめざましく変化し人は益々分業化専門化が進み進歩したかの様に見受けられるが?・・・人はドンドン生物としての人の真理からドンドン遠ざかって居るようである。昔の人は真心が無ければ協調がなければ生きては行けなかった。しかし、今の時代、金さえ有れば生きていける?幸せになれると錯覚(意図的に洗脳されている)して居る人が殆どだ。表層心理での幸せとは大きく二つあるように見受けられます。大きく言えば2は1に包含されるのですが・・・・

1,自己の存在の確認と肯定・・・愛されること、優越感、認知、苦痛や悲しみからの逃避・・等
異性に愛される事、家族に愛されること、から高級車に乗ることやブランドバックを持って町を闊歩する事まで(笑)
2,自己の達成感・・・・・出来なかった事が出来るように成ること
例えば欲しかったものが当初は貧乏で買えなかったが努力して金持ちになって買えるようになった等・・・では、最初から大金持ち(例えばお金が空気の様な存在の人々)の達成感って何だろう。私の知っている大金持ちも本当に物欲はない。物では達成感が味わえないから・・・・・ズバリそれは他人を支配する支配欲なのです。人の心は金では支配できない(最近はそうでも無いようだが?)、だから出来ない事が出来るように成ると達成感が満たされるのです。

まてまて、先人の教えに”物事断定的に言うと嫌われる、聞く耳を持ってもらえない”ってのが有ったなぁ〜(笑)反省、反省

私は私の家の鉢植えに水を与えます。貴方は貴方の大切なものに何を与えて居るでしょうか?

2004年01月26日

多様な価値観

今日、週刊誌でナベ○ネさんの批判記事を読んだ。誌によりますと彼の辞書には反省と言う二文字は無いそうだ(笑)過去の発言にも”世論は俺が造る”とか傲慢慇懃無礼な発言は多々ある。しかし、彼は日本のジャーナリズムの盟主でも有る。名門?プロ野球チームのオーナーでも有る。
一事が万事と云われる如くこの野球チームも金まみれである、他チームのスターを金で呼び寄せ腐らせて行く・・・だがすたれたとは云えこのチームの人気はプロ野球一でありそのファンはとても多い。私に云わせれば大人と子供の喧嘩を見て大人に勝て勝てと応援して、結果、大人が勝ってビールがうまいと言っている人々である。又は、ボクシングで云えばヘビー級とライト級の試合にヘビー級が勝って歓喜して枝豆が美味いと言っている人々で有る。ルール通りやっているのだから勝てば官軍の如くゼンゼン問題が無いと云うご指摘や価値観も有るでしょう。私が言いたいのは”このルール”に何の疑問符を付けない国民の感性、質、とりわけ有識者と云われるテレビ等で講釈を御述べになり高給を得ている人々の質で有る。
日本のジャーナリズムほどいい加減なモノは無いと思います。出来事の本質を澄んだ目で見て論評出来る人はどうもはじかれてしまうようです。崇高なジャーナリズムとアホ芸能界とほぼ同質の価値観でテレビ等で垂れ流されて居る。此処でも”金”至上主義故の弊害が出ている。
テレビ局の目的はコマーシャル収入つまり視聴率の向上。馬鹿なテレビ番組が国民をドンドン馬鹿にして、馬鹿な国民がドンドン馬鹿なテレビ番組を反乱させる、負の悪循環。ジェンダーフリーを金科玉条の如く叫び子育てを放棄したに近い母親と家庭を省みない教育者としての父を放棄した父親が善悪を判断せずにテレビを子供にこれまた垂れ流しの如く見せ続ける。無垢な子供は馬鹿が刷り込まれる。
為政者(資本家と政治家と官僚)にとって国民は馬鹿である必要が有るからこの事は誠に好都合なのである、洗脳教育の現実が此処に有るのです。国民が自らの頭で心で考えて、正しい判断をしてもらっては困ると云う私利私欲が此処に有る。どこかの政治家が選挙の時に無党派層は寝ていて欲しいと云った事の本音は此処に有る。まぁ〜有る意味本音の出る正直な政治家で有るが?(笑)
私の知り合いの警察官のつぶやきが思い出される。

やくざより最近の悪さをするガキの方が何倍も悪質で有る。

悪質なガキが問題なのでは無い、思考停止又はやすやすと洗脳された大人が悪いので有る。・・・・まぁ〜これも多様な価値観の一つで有る。
世の中因果応報なるようになるので有る。(笑)涙(笑)涙・・・・・

2004年01月22日

つづき・・・(笑)

批判はその対論を述べて初めて意味がある。(笑)

全ての事柄にはおまけもお釣りもない。これは私の師の言葉です。日本は貿易立国、そう日本は何年も前よりずーっと貿易黒字でその額は年10兆円前後を推移し2002年度は12兆円となります。普通に考えれば黒字が続けば富める国となり豊かな国家となるはずですが???何故か日本国民には富めると云う感覚は希薄の様な気がします。さて、この富は何処へ消えたのでしょうか?そう、我らが親分の国は赤字垂れ流し国なのです。子分が親分に上納金として納めて居るのです。つまり、この莫大な上納金がなければ親分国家はやっていけないのです。

日本も自力で他の多くの国とのバランスを取り貿易収支のバランスを取り循環サイクルを構築する努力を始めなくてはなりません、江戸時代は完全な自国循環サイクルが成り立って居ました。タダ、鎖国をしたために科学技術の発展等の情報まで遮断したことにより軍事技術の劣性により欧米列強に脅されただけなのです。
一番大事なのは食です。食料さえ自給できればこのバランス国家は成立するのです。昨今貿易の自由化との流れから云えば関税等の保護政策ではなく日本の科学技術の粋を結集して世界に競争力の有る食料生産国になれば良いだけです。日本の国土が狭いなんて云うのは嘘です。我が国民の食をまかなう広さは十分以上に有るのです。第一次産業の間違った保護政策によりその進歩が江戸時代の軍事産業と同じ過ちを犯して居るだけです。アメ○カが飛行機で肥料をまいたり消毒をする事で効率を上げて居るのなら日本も同じようにすれば良いだけのことです。同じ事をアメ○カ人と日本人がすれば遙かに日本人のが効率も良いしお得意の改善のサイクルが機能するのです。都市計画法を少し見直し、少しの規制を緩和し、バイオテクノロジーを調味料として加えれば簡単な事です。
今の日本を平たく云えば自宅に風呂が無く公衆浴場にかよって居るようなものです。自宅の風呂も作り、時には公衆浴場、時には自宅風呂をすればバランス国家は成立すると思います。大切なことは理想とする国家観を持ちそれに向かって少しずつ舵を切ると云う勇気と英知です。
我が愛すべき日本には、歴史と英知と過去の人々のDNAを引き継いだ潜在的に優秀な日本人という素晴らしい資源が有るのです。それを今の戦勝国アメ○カに骨抜きにされた教育を改め、日本人の潜在力を発揮できる教育に改めれば、日本には資源は無尽蔵に有ると思います。

国家の安全保障の問題も今のバランスを欠いた外交や日本の間違った富の使い方によりその危険性を増しています。親分国家同様マッチポンプ状態、自分で危機を造り自分でその予防策をしている。これはドンドン加速度的に悪い方向へ行く危険性が有ります。親分に上納して居る数十分の一を仲良しになるために日本嫌悪国に謝罪を込めて配分すれば・・・・10年も経たないうちにマッチポンプを解消出来ます。

日本は人に始まり人に終わる国なのです。人とはどの様な考え方を持っているかでその人が決まる。残念ながらこの愛すべき日本では人が自分の損得しか考えて居ません。人は1人では生きて行けないのです、自分の得は相手の損って事も有ります。英知を使い融和をはかり相手を思いやり不正義には断固として反対意見の言える人を育てる教育(自ら学ぶ事も含めて)が今、一人一人の人間関係のそれぞれの局面に求められて居るのでは無いでしょうか!!!!!貴方は自らの心で考え足し算と引き算両方を具体的な行動として行っているでしょうか?

2004年01月21日

洗脳された思考停止

日本は狭い島国である!。日本は資源が無い!。日本は貿易立国である!。日米安○条約無し日本国の安全は無い!。日本人は優秀だ!。等々・・・・・・・

ほんとぉかぁ〜〜〜〜?????・・・・・・

島国で全部廻りが海なのに漁業や海洋レジャーはひん死の重傷・・何故だぁ〜〜〜〜!!!!
資源って鉱物資源(石油も含めて)だけが全ての資源かぁ〜〜〜・なぜだぁ〜〜〜〜!!!!
日本は貿易立国だぁ〜・・・誰がそんな身体不自由国にしたのかぁ〜・・江戸幕府は鎖国でもやってこれたぞーぉ〜〜・・・・・・・なぜだぁ〜〜〜〜!!!!
日米安○条約は本当に機能しているのかぁ〜日本はアメ○カに次ぎ防衛費を5兆円も使い防衛的に自立出来ない?アホかぁ〜3位、4位、5位〜〜〜〜〜の国は自立していないのかえ??????〜〜〜〜〜〜何故だぁ〜
日本人は優秀だぁ〜・・・・確かに昔は!!!!!今は骨抜き軟体脳萎縮常時発情動物???何故だぁ〜・・・!!!

自分の両の目で見て、自分の頭で考え、自分の両足で立ち、廻りのバランスを考え行動する・・・そうお釈迦様の云う”中庸をもって旨とすべし”が世界で一番必要な国なのに世界で一番出来ない苦手な国民性ですね。

番外:アメ○カの国防費は41兆円でダントツ一位、日本は5兆円で二位・・・・平和の根本は協調だよね、世界と本当に協調出来る国なら何故相手を殺す予算がぶっちぎりなの?協調じゃなくて支配じゃあないのかなぁ〜それなら41兆円は理解出来る。
そも、平和って相手を認める所から出発するんじゃぁないかなぁ〜人格者って相手から認められて信頼されるから人格者じゃぁ〜無いのかなぁ〜やくざじゃあるまいしぶっちぎり重武装した(例えば玄関に戦車とバズーカ砲が置いてある)人格者って聞いたことが無い!!!!!

つづく(笑)

2004年01月20日

合理化?

リストラ、合理化、合併、利益至上主義・・・云々・・カルロスゴーンがもてはやされ大手はドンドン右に習え。本当にそれで良いのか?
多くの会社が儲かる仕事しかしなくなった、世の中儲かる仕事ばっかじゃない!!!!じゃぁ〜それを誰がやる?今、それは心ある中小企業のボランタリー精神でまかなわれている。しかし、多くの中小企業が疲弊して行こうとする現在未来に向けてそのボランタリー精神が継続出来る保証は何処にも無い。家電商品では大型量販店が町の家電屋さんを駆逐した如く我々の建設業でも心ある工務店が駆逐されようとしています。
損得強いモノが神様の先進国のアメリカでは営繕工事屋さん、や町の工務店は駆逐されて超大型ホームセンターがDIYと云う形でその分野を担っています。日本の住宅産業のそれぞれの部材メーカーもドンドンアフターサービス分野を縮小、廃止しています。最近は個別の修理部品は5年程度しか無いようです。それ以降に壊れたら全て取り替えるか、我慢して不完全なまま使うか?です。多分、世界で一番人件費の高い日本では個別の部品を特注すると全てが買えてしまうほどの金額になると想定出来ます。これが時代の流れなのでしょうか?ユーザーの選択の結果なのでしょう。なんともやるせない時代です。

2004年01月17日

阪神淡路大震災丸9年

もう、9年が経ちます。震災直後に社員全員と小学校3年の息子殿を連れてヘルメットに水筒、おにぎりを持ち震災現場に出向いてから・・・
今日の新聞のコラムによるとこの日本は2000年前のローマ帝国時代より震災の危機管理が遅れているとの事です。建物が命と幸せの入れ物と肝に銘じている弊社では日々耐震性能や火災等のアクシデントの対応向上にむけて日夜研究をしています。さて、個々の新築建物の安全性向上はもちろんですが都市の対災害性能を上げないことには最終的な安全は確保出来ないと思います。この事に対して政治、行政は全くの怠慢です。むしろ犯罪的な怠慢と云っても良いでしょう。市民に対する教育はもちろんのこと金がかからずに市民の命と財産、都市そのものを守る方法は有ります。
1,全ての建物に耐震診断を義務づける、そして建物の入り口に5段階程度の安全性を表示するカラープレートの取付を義務づける。安全性の低い建物は固定資産税等を割り増しする。特に不特定多数の出入りする公共性建物や商店事務所等は施工検査等を厳しくして罰則を設ける。商業性の高い建物は耐震性能表示をするだけで耐震改修の動機付けとなる。また、一部資産家や大企業の様に資産が十分に有るにも関わらず公共性の高い建物や賃貸建物の所有者には、耐震補強を義務付け違反者には罰則を適用する。やる能力が有るのにやらないのは市民の命を危険にさらしても良いと言う犯罪である。
2、建物全てにガス、電気は耐震切断メーターの取付を義務づける。震災後のガス漏れや漏電チェック機能を持たせ、安全性が確保出来ない場合には開栓、通電出来ないシステムとする。
3,市民全てに1週間分の食料、水、医薬品の備蓄を法的に義務づける。
4,暖房器具等(特に石油、ガス)の耐震安全性を見直しより高度な安全装置、安全材料を指定する。
5,町内の組みごとに電柱にソーラー装置を設置し防災無線及び情報収集、情報伝達の為の装置を設ける。無線通信を利用してインターネットに接続したり衛生電話経由でインターネットを利用出来るように最低避難所や行政本部はすべきで有る。
6,住宅用材料や家具、衣類等の不燃性能の向上の研究を助成する。町工場的な所で研究が進んでいるのみ・・・すでに一部商品は有り。安全性商品に付いては一般商品と消費税等で差別化を行い、その普及を促進する。

等々、やれることはいっぱい有る。でも何故かやらない。被害に遭ってから復旧にお金をかけるのも被害に遭う前にお金をかけるのも一緒。どうせお金をかけるなら悲しみの無いうちに。・・・少ない費用で済むのに・・・・・人間とは不可解な生き物だ。????

2004年01月15日

日本国憲法を普通に読む

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
第44条 両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。

先頃、参政権の一票の格差について判決が出た。格差5.06倍は合憲で有る。最高裁大法廷
ムムムムム・・・・・・国語的、数学的にはこの判決は明らかなる憲法違反、社会科的、法学的にはどうも合憲の様である。この二重人格とも云える国家を世界がまた、頭の柔らかい小学生が信用するで有ろうか?どうも社会科的、法学的には6倍を越えないと憲法違反では無いようである。日本の最高の法律家に云わせると1と5は同じだそうだ、なんとも理解しがたい国家である。小数点以下を四捨五入とか切り捨てると云う話は聞くが・・・・一の位を五捨六入するとは恐ろしい国家で有る。
教育の放棄とも取れる国家で有る。世の乱れ等々全ての原因は犯罪者やいかれ若者に有るのでは無くこれを放置している又は無関心または無知な大人全てに有るようだ。全員零点国民とでも名付けましょうか?

国民に人気のある○泉首相曰く

公約を守らなくてもそんなもの大したことでは無い(断言)

この言葉を国語的に聞いて何にもリアクションを興さない国民
私的に言い換えれば
法律をまもらなくてもそんなもの大したことではない(よぉ〜いわんが)今の世が乱れない方がおかしい、益々みだれみだれ殺し合う(涙)

2004年01月13日

考えてよ、もう少し深く

自由主義社会が目指す方向として規制緩和と云う名の元に弱肉強食の世の中に益々なろうとしています。浅知恵の私が申し上げる迄もなくただでさえ富の所在の偏在や富の配分の一極化が進む現在、アメリカでは2割の国民が8割の富を有するとも5%の特権階級が60%の富を有するとも云われています。、私がアメリカの西海岸を1人旅した8年前でも富める人だけの町が出来つつ有りました。現在アメリカではこれがさらに進み300万坪程度から500万坪程度のヨウヘキに囲まれた一般人は入れない富める人のみの町があちこちに出来て話題となっています。この日本でも或る有力経済新聞では1%の国民が個人金融資産の50%を持っていると言う推計が有ります。人間が損や得を生き方の主たる行動原因とする限りインターネットを始めとする競争社会の革新技術や手法や教育はこの偏在をさらに加速する劇薬となり得るのです。当然、はじかれた人々は生きていくために手段を選ぶ事はしません、治安の悪化、モラルの欠如、社会の崩壊等々・・・悲しいことに昨今の世情をみれば、すでにその芽は大きく育ちつつ有ります。ここで問われて居るのは生身の人間としての感性や調和を生かすべく知恵を出せるかどうか?と云う神様が人類に与えた試練とも考える事が出来ます。残念ながら日本国民の多くはその国民性や教育の偏りにより真の意味の思考が出来ません、例えて云うならば今、日本の若者の頭は全てと云っていいほど茶色です。つまり自己の自己たる哲学が無いと推定できます。深い思考とその思考に伴う行動が出来ない、これは若者だけでなく全ての日本人に大なり小なり当てはまる欠陥と思います。歴史に学ぶ迄もなく我々が進もうとしている富の偏在社会は結果として階級社会を生み人間の格付けに始まり、人間の人間による所有が始まります。はじかれた人々で犯罪を犯すことが出来ない人は富める者の為に働きその生きる糧を得るしか方法が有りません。その富める者の為に働く最たる理由にはしもべとして仕えるか富める人を反骨の弱者から守る軍なのです。人類も私の庭に咲く朝顔も一緒なのです。綺麗な花と綺麗な花を交配させれば綺麗な花が咲く確率はグンと上がります。強い者と強い者が交配すればさらに強い者が生まれます。人、個の特性上も優れた者とそうでない者が生まれる土壌が醸成されます。18才の私の息子でさえこの事に気付いています。政治家の息子は何代にも渡り政治家であり資産家の息子は仕事をしなくても資産家です。町工場や職人の息子は仕事さえありつける保証がない現実が今、すでに有るのです。これを貴族社会と云わなくて何と云うのでしょうか?もちろん、生物に突然変異が有るようにこれらの例外も有ることは当然ですがこれら例外は何時の時代も有ることです。形や呼び名や支配形態は違うかも知れませんが実質的には15世紀の封建社会の再来、21世紀型の封建社会の始まりかも知れません。教育の崩壊の恐ろしさは此処に有るのです。富める者の富める者のみに対する教育は崩壊はしていないのです。なぜなら今現在でも富める者は自らの哲学と資金で自らの子孫には先鋭的な教育をして居るのです。富める者はそ
れに飽きたらず弱者を支配するための教育にも食指をのばして現実に教育分野にスティルスの様に深く侵攻しつつ有ります。価値観を己の損得のみに有するのでは無く為政者の1人として他人の悲しみを自分のモノと感じ我々の所属する社会全体、宇宙全体に気を配り思考し判断し正しく行動する事の重要性が今問われていると思います。

2004年01月09日

我思う故に我有り

今の時代・何が正義か?本当に考えさせられます。シンドイ時代です。疲れちゃう(笑)私には抵抗が有り受け入れられないが、今時の正義が受け入れられたらどんなに楽だろうか?・・・・・・・勝てば官軍と昔の人が言ったとおり時代と共に人類の正義も変わって行くのかもしれませんね、チャーチルが言ったように”人類に取っての教訓は、人類は歴史の教訓に学ばないと云う教訓”同じ悲しみを繰り返す癖が有るのかもしれませんね・・・・神様はこの人類の無知なる癖を与える事により地球上のバランスを取っているのかも知れませんね

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP