« 2002年05月 | メイン | 2002年07月 »

2002年06月25日

原因・・行動・・結果

自分を良くしよう、例えばお金持ちになろう?何でも良いんです。ポジティブに発想する、ここまでは普通に出来ます。しかし、その後の種まきという行動がなかなか難しいんです。その種に水をやり、肥やしをやりと云う継続的な行動が益々難しいのです。発想すらしない人、前向きな行動も起こさない人はドンドン沈んで行きます。何にもしないのは現状維持では無いのです。地球の引力に引かれるようにドンドン海底に沈んで行きます。海底には竜宮城は無いのです、冷たい暗黒の世界が有るだけです。海面に向かって一生懸命泳がないと・・・泳ぎ続けないと行けないように出来ているようです。

ここで、重要なことは泳ぎ続けるエネルギーの元を供給してくれる家族や良き友人の有ることではないでしょうか!!!
人間関係の基本は”思いやり”って良く聞く話です。思いやり、全くの他人がいきなり”無償の愛”の思いやりの世界には行けません、それは
第一ステップは認識・・・相手の存在を自分の中に確たるものとし認知する事です。無視は最高の侮辱です。
第二ステップは信用・・・信用って何?ギブアンドテイクが正しく速やかに行われる事により構築されます。人間行動が真実です。
ここで重要なことはテイクアンドギブでは無いことです。ちまたでは後輩と云う名の元にテイクテイクテイクテイク・・・・と云う人を見かけます。
どんなに後輩でもテイクすれば進歩をします。ありがとうの一言でもギブなのです。そして今度は貴方からギブする番です、自分の力で無理せずに何が出来るか真剣に相手の事を思うこれが重要です。とても重要です。インターネット社会はテイクテイクテイクテイク・・・後は知らんぷり?って人多いような気がします。
第三ステップ・・・慶び・・・度重なる信用が慶びに変わるんですね・・信用されている、信用している人の名前を思い浮かべるだけで心が何となく熱くなって、うれしくなって来るんですね。(笑)
第四ステップ・・・慶びが感謝に変わるんですね・・・
第五ステップ・・・おもいやり

2002年06月20日

今日のランチは最高

同じ趣味、近い価値観、弾む会話、そして心、そんな環境がそろうと食事も美味しく頂けます。仮に五つ星のレストランで食事をしても猜疑心や見栄や他人が自分をどう見ているかなんて考えながら食事をしたら???味わう所まで行かないような気がします。

今日はとても素晴らしい一日でした。感謝。

2002年06月17日

ワールドカップ

ワールドカップの試合はすごいですね、選手がすごい勢いでぶつかりあっています。よく壊れないなぁ〜って関心しています。武器を持たない戦争ってよく言ったもので凄い迫力です。

ここで重要なのは何故あんなに凄いアタックが出来るかと云うことです。それはピッチの芝に有ります。芝のコンディションが素晴らしいので選手は思いっきりプレイが出来るのだと思います。

話は変わりますが・・・今、日本の中小企業はコンクリートのピッチでサッカーの試合をしているような状況と思います。思い切って試合の出来る最低のプレイ環境を整えない限り日本の不況は直らないと思います。その環境とはそう難しいものではないのです。

1,公平の原則の堅持
(大企業は倒産しても経営者の個人資産は温存される、中小企業は再起不能まで丸裸にされて夜逃げをしなければならない位たたかれる。)
それ以前に大企業を倒産から助けるために税金を入れるは、健全な中小企業のお金を引き上げて銀行が意図的に潰す。・・・涙・・・かれた。
2.チャレンジャーに対しての資金の供給(チャンスの窓)
(真のバンカーや投資家が日本にはほぼゼロ、貸し手責任を認識する資本家は皆無)
3.信賞必罰(あらゆる面で確実に実行する)
手柄のあった者には必ず賞を与え、あやまちを犯した者は必ず罰すること。情実にとらわれず賞罰を厳正に行うこと。

ワールドカップの選手って上の3項目が完全に守られていると思いません(笑)

2002年06月12日

徳川家康

最近、徳川家康の偉大さが身にしみて解ります。すごい男ですね(驚愕)人間と云う生き物を深く、深く、深く洞察して法を策定しています。多分、現代の法は江戸時代より悪いのではないかとさえ思います。原理、原則を貫き色々な法にそのバックボーンがしっかりと入魂されています。

特に、最近の国状をみるに付けこのままではとんでもないことが起こる予感がします。人類の精神は何処まで退化すれば(神様の意志からドンドン遠ざかって行っている、そのスピードは加速度さえ付けている)・・・止まるのでしょうか(涙、涙、涙)

大自然の法則(神様の意志)と云う哲学に裏打ちされた指導者が皆無の現実。虚の蔓延る世界、価値観、・・・虚を求めて彷徨う人々

さて、さて、私の方丈は何処・・・・・・

アーカイブ


○トラックバックについて

株式会社サンハウジングが提供するブログ(以下、「弊社ブログ」という)の記事にトラックバックされている記事は、弊社ブログの記事にリンクしている第三者が作成したものです。内容や安全性について、弊社では一切保障できかねますので、ご了承ください。また、弊社ブログ事務局の判断により、トラックバックを削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

○コメントについて

弊社ブログの記事に付されるコメントは、その内容や安全性について弊社では一切保障できかねますので、あらかじめご了承ください。また弊社の判断により、コメントの記載内容を削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Copyright (C) Sunhousing Co.,Ltd All Rights Reserved. サンハウジング TOP